【光砕のリヴァルチャー】Perfect Game 大統領と秘書の守備隊

グランドトライン0
グランドトライン0トピックリプレイ 押されたいいね! 2
登録日:2021/10/04 01:17最終更新日:2021/10/04 01:17

本作は、「瀧里フユ」「宝井ロメロ」「どらこにあん」「新紀元社」が権利を有する「光砕のリヴァルチャー」の二次創作物です。
(C)瀧里フユ/宝井ロメロ/どらこにあん/新紀元社

※チャット部分はいくつか編集・省略しております。

1対1で行われるロボットTRPG『光砕のリヴァルチャー』
7月の第3日曜日。フィアンセ(パートナー)で週末セッションを続けており、
今回はたかぽんさんがシュヴァリエ(パイロット)として参加することになった。
キャラクターは事前に作成しており、それに合わせてこちらも事前に作成することになった。
その結果、男性大統領と男性秘書というリヴァルチャー初となる男性同士の組み合わせとなった。
ボーイズラブでたまに見かける奴だ(笑)



『ビフォートーク』
たかぽん : こんにちはです、今日はよろしくお願いします!
グランドトライン0 : こんにちはー、こちらこそよろしくお願いします。
グランドトライン0 : 感情回路のうち一つは決めましたが、もう一つはどうしましょうか?
たかぽん : あ、すみません、3つ中あらかじめ2つきめるんでしたね
たかぽん : そうですね、「リヴァルチャーを使って全力で市民を防衛するぞ!」的な考えを持っているのでそれを使えればなと
グランドトライン0 : ありがとうございます。

・『リヴァルチャーを使って全力で市民を防衛する!』
・『プレジデントのやることにはいつも驚かされる。』

グランドトライン0 :この2つになりました。
たかぽん : あ、いいですね、ありがとうございます!
グランドトライン0 : では時間になりましたのでメインに移ります。
グランドトライン0 : 本日は光砕のリヴァルチャー「Perfect Game」に参加いただきありがとうございます。
グランドトライン0 : GMとトーマスを演じさせていただきます。グランドトラインです。
グランドトライン0 : TRPGはリヴァルチャーの他、サイコロフィクション、スチームパンカーズ、ゆうやけこやけなどマイナーなものを中心にやってます。
グランドトライン0 : よろしくお願いします。
たかぽん : よろしくお願いします!今回、初めてのリヴァルチャーになります、たかぽんといいます
たかぽん : TRPGはソードワールドやクトゥルフなど基本的なものを一通り体験しています
たかぽん :今回はロボットものということですが、ミリタリー大好きです、よろしくお願いします!
グランドトライン0 : よろしく!俺もロボットもの好きで、リヴァルチャーはちょうどいいシステムでした。



『デイズ』(シナリオ前半の日常)
グランドトライン0 : ではさっそく始める前に…
グランドトライン0 : シナリオ用に色々設定する項目があります。
グランドトライン0 : まずは今回のシナリオでどのようなゲーム大会が行われているかを決めます。
グランドトライン0 : 黒いチェスのアイコンに載っているリストからランダムか選択してください。
たかぽん : そうですね、RoCでよければゲームの項目であれば1か3が似合いそうですね!
たかぽん : 後はダイスロールで決めてもよろしいでしょうか?
グランドトライン0 : どうぞ
たかぽん : 2B6 [ゲームの経験/ゲームの状況] (2B6) > 6,1
たかぽん : 伝説のゲーマーとして知られている/シュヴァリエが勝利しつつある
たかぽん : プレジデント・ジェフは伝説のゲーマーだった…?
グランドトライン0 : なるほど…ではゲーム内容とトーマスのゲーム経験はこちらで振りますね
グランドトライン0 : 2B6 [ゲームの種目/トーマスのゲーム経験] (2B6) > 3,2
グランドトライン0 : トランプを使ったゲーム
グランドトライン0 : 未経験だが不思議とうまくいく
たかぽん : ポーカーやブラックジャックと言った渋めのトランプゲームですかね…
グランドトライン0 : なるほど、二人のイメージに合いそうだ!
たかぽん : ポーカーにしてみましょう ダンディなイメージが
グランドトライン0 : 了解!それではあらためてシュヴァリエの紹介をお願いします
たかぽん : OKです!

ジェファーソン : フォートレスにトーマスから市長の座を譲り受けた、ジェファーソン・デイビス。通称ジェフ。
ジェファーソン : 元々は他の地域からフォートレスに迎え入れられたいわゆる難民グループの1人であり、元々はフォートレスでも社会的地位は高くなかった。
ジェファーソン : だが、検査の結果、最高クラスではないもののシュヴァリエの適性を持つことが分かり、戦力としてリヴァルチャーに乗ることに決まり、一気に市長となった。
ジェファーソン : 防衛に適したペラゴルニスを操り、フォートレスを治めるべく、そしてソラバミからフォートレスを護るべく日々奮闘しています。
ジェファーソン : 「私の操るペラゴルニス・ギャリソンはソラバミを攻撃するものではない。フォートレスを防衛するためのものだ。」
ジェファーソン :「我々の住処を脅かそうとしたソラバミはひどく後悔する羽目になるだろう!我々のフォートレスに栄光あれ!」と人差し指を立てる

たかぽん : 以上です、ありがとうございました!
グランドトライン0 : ありがとうございます。
グランドトライン0 : ではこちらもフィアンセの紹介を

トーマス : フォートレスのかつての市長で現在はジェフの秘書を務めている、トーマス・ガルシア。通称トマ。
トーマス : かつてはフォートレスの市長だったが、シュヴァリエ適性がなく。敵に対しては逃げの一手のみだった。
トーマス : そんな中、難民の中からシュヴァリエ適性を持つジェファーソンが現れた。
トーマス : そのカリスマ性から自分よりも適任と判断し、市長の座を譲る。
トーマス : そしてインプラント手術を受けて、彼を支える側近となる。
トーマス : 基本的に仕事に忠実。丁寧口調で喋り、事務的で無感情に見えるが、時々「おふざけ」を入れることがある。
トーマス : 「それでは今日も仕事を始めましょうか、プレジデント・ジェフ」

グランドトライン0 : といった感じです。ありがとうございます。
たかぽん : ありがとうございました!おふざけ楽しみにしています
グランドトライン0 : それではさっそくデイズを始めていきたいと思います。



【名前】ジェファーソン・デイビス(Jefferson=Davis)
【クラス】シュヴァリエ
【適性】標準的
【物語】市長
【性別】男性【年齢】35歳【容姿】毅然とした軍人風の男性。
【性格】カリスマ性があるが、楽しいことには全力で遊んで楽しむタイプ
【パートナーからの呼び名】ジェフ、プレジデント・ジェフ
【設定】
フォートレスの王ではないが管理職、市長的なポジションに就くシュヴァリエの男性。
もともと今いるフォートレスの生まれではなく、他のフォートレスから追い出された難民グループの一員として受け入れられたよそ者。
そのまま一市民として過ごしていくつもりだったが、検査でシュヴァリエ適性があることが判明し、自分を受け入れてくれたフォートレスに恩を返すべく、シュヴァリエ、そして市長となった。
そのカリスマ性から市長というよりは大統領のように思われている。

【名前】トーマス・ガルシア(Tomas=Garcia)
【クラス】フィアンセ
【適性】インプラント手術
【物語】契約(秘書)
【性別】男性【年齢】31歳
【容姿】スーツを着こなす青黒いロングヘア―の男性。
【性格】丁寧口調で喋り、事務的で無感情に見えるが、冗談と遊びも忘れない。
【パートナーからの呼び名】トーマスくん、トマ、セークレテリー
【設定】
ジェファーソンに仕えている秘書で、後天的フィアンセでもある。
かつてはフォートレスの市長だったが、シュヴァリエ適性がなく。
敵に対しては逃げの一手のみだった。
そこへシュヴァリエ適性を持つジェファーソンが現れた。
そのカリスマ性から自分よりも適任と判断し、市長の座を譲る。
そしてインプラント手術を受けて、彼を支える側近となる。
基本的に仕事に忠実だが、時々「おふざけ」を入れることがある。

【名前】ペラゴルニス・ギャリソン
【フレーム】4脚型「ペラゴルニス」
【シールド枚数】6【シールド耐久】7
【ジアドエネルギー】6/12(補充量/最大量)
【ノーマルムーヴ】2【ブーストムーヴ】5
【ウェポン】
・ショートライフル「ファーボル・レイジングドッグ」
 射程:0-1 コスト:1 目標値:コストの出目 攻撃回数:1 + 3
・キャノン「グレンリベットCN」
 射程:2-4 コスト:2 目標値:9以上で4、8以下で2 攻撃回数:2 + 3or5
【クロニクル】
・レジェンド「神話の騎士」
・守護神「インドミタブル」
【アビリティ】
「エイムスタンス(ターン開始時発動選択、ムーヴ半減。目標値+1)
「高出力ジアドスフィア(エイムスタンス時、ダメージ-2)
「神話の騎士(エネルギーを2個獲得。シナリオ1回)
「インドミタブル(エネミーのアタック判定のダイス数を半減。シナリオ1回)

《感情回路》
『リヴァルチャーを使って全力で市民を防衛する!』
『プレジデントのやることにはいつも驚かされる。』

《デイズ》
トランプを使ったゲーム(ポーカー)
 シュヴァリエのゲーム経験:伝説のゲーマーとして知られている……!
 フィアンセのゲーム経験:未経験だが不思議とうまくいく。
 状況:お互いに対戦し、シュヴァリエが勝利しつつある。



『デイズ…勝負(ポーカー)は最後までわからないもの』
GM : フォートレスの大衆食堂。その日、市長ジェファーソン主催でポーカー大会が行われていた。
GM : ジェファーソンがポーカーのプロということもあり、優勝者には副賞として彼への挑戦権が与えられた。
GM : ポーカー大会は盛り上がりを見せ、優勝したのは彼の秘書でもあるトーマスだった。
GM : トランプはあまりやらないというトーマスだったが、今まさに2人のエキシビジョンマッチが始まる!

トーマス : 「ふむ、手札がよくないみたいですね…」
ジェファーソン : 「ハッハッハ、ここまで来てくれて嬉しいよ、トーマスくん。かなり昔、市長になる前はよくトランプゲームをやっていたものだ」
ジェファーソン : 「さて、私の手札は……なるほどね」とあまり表情には出さない
トーマス : 「そうとう強かったそうですね。私はカードはセキュリティーカードとクレジットカードしか扱っていなかったもので…」
トーマス : 「あとは名刺ですね」2枚捨てる
ジェファーソン : 「そう言う意味では、君は過去に市長として仕事を完璧にこなしていたことがわかるな。」
ジェファーソン : 「ふむ、これくらいでいかがだろう」とチップをいくつか乗せる
トーマス : 「デスクワークだけですよ。ジェフと違って遊びや交流に力を注ぎませんでしたので…」
トーマス : 「それとリヴァルチャーも動かせませんでしたので…」チップを1枚多めに出す。
ジェファーソン : 「ハッハッハ、私がリヴァルチャーを動かせたのはたまたま、神の気まぐれのようなものさ」
ジェファーソン : 「放浪時代よく遊んでいたのが忘れられなくてね。市民たちも息抜きがあったほうがいいだろうとやっているわけさ。」
ジェファーソン : 「おっと、それならこっちは!」とさらにトーマスよりチップを多く出す
トーマス : 「放浪時代ですか。ふむ…」
トーマス : 「随分と楽しまれたそうですね。その様子ですと…」チップを全て賭けて……
トーマス : 「対戦相手はさぞ搾り取られたでしょうね」カードを伏せておく
ジェファーソン : 「まあ、何回か遊んだ後出禁になるくらいはね。おっと、トマよ、一度かけたチップは戻せないぞ?」とこちらもチップをすべてかけてカードを見せる。
ジェファーソン : 「J,J,J,4、そしてジョーカー。フォーオブアカインド(フォーカード)だ」

   そこそこ良い役を出してきたジェファーソン。それに対してトーマスは……

トーマス : 「おや、もっとすごい手が出るのかと思いましたよ?」
ジェファーソン : 「ロイヤルストレートフラッシュが出ると思ったかね?」
ジェファーソン : 「さすがの私でもそんなものをそろえられたら思わず舞い上がってしまうね、ハハハ」
ジェファーソン : 「ポーカーのコツは手札より駆け引きとはよく言ったものだ」
トーマス : 「いえいえ、ファイブ・オブ・アカインド(ファイブカード)が出ると思っておりましたので…」
トーマス : 「このように…」そういって2枚目のジョーカー…
トーマス : 続いて10、10、10と一枚ずつめくっていく…
ジェファーソン : 「ほほう、どうやら君も運に恵まれたようだな。だが、勝負は最後までわからないもの。次のカードをめくりたまえ」

トーマス : 言われて最後のカードをめくる。そのカードは…
トーマス : 2だった。

トーマス : 「フォー・オブ・アカインド。数字でジェフに一歩及ばずです」
トーマス : 「現実と同じくね」
ジェファーソン : 「ハッハッハッ!そう来たか!やはり君は私を楽しませてくれるね!」
ジェファーソン : 「そうとも、ここでノーペアになってしまうより、5カードか、はたまた10で一歩足りないか」
ジェファーソン : 「そのギリギリの瞬間がトランプゲームにおいては最も楽しいのさ」
ジェファーソン : 「市民のみんなも楽しんでもらえただろう!」
トーマス : 「でしょうね。私も楽しかったですよ、ジェフ」

  読み返してみるとポーカーらしいなかなか駆け引きの熱いやり取りをしている。実にダンディーだ。

GM : 勝負が一通り決着がついた。その時だった!
GM : 『ソラバミの出現を確認!龍型です!』

トーマス : 「おや、乱入者のようですよ?」
ジェファーソン : 「おっと、この楽しいひと時に随分と無粋な敵が来たようだ」
ジェファーソン : 「行こう。私が市長として最大の仕事をするときだ。サポートを頼むよ、セークレテリー」と上着を羽織って格納庫に急ぐ
トーマス : 「もちろんです。仕事を始めましょう、プレジデント」同じように上着を羽織って共に格納庫に急ぐ



『ブリーフィング…そして出撃!』
トーマス : 「ペラゴルニス・ギャリソンの準備は整っているようです」
ジェファーソン : 「よし。出撃前にトーマスくん。ギャリソンの通信チャンネルを開いてもらえるかな?市民全員にだ」
トーマス : 「少々お待ちを。その間に今回のソラバミについて説明します」
トーマス : 「今回のソラバミは龍型です。基本的なタイプですが、いくつか行動パターンの亜種が多いのも特徴です」
トーマス : 「こちらで解析しますので、どうか油断なさらずに」
ジェファーソン : 「了解した。基本に忠実に戦うとしよう。敵の行動パターンの指示をよろしく頼む」
トーマス : 「かしこまりました。通信チャンネル開きました」
ジェファーソン : 「よし。テストOK」

  ここからジェファーソンによる演説が始まる。これぞまさしくプレジデント!

ジェファーソン : 「フォートレスの市民よ!こちらに近づく龍型のソラバミが現れたことは既にご存知だと思う」
ジェファーソン : 「我がペラゴルニス・ギャリソンは正直に言って攻めるリヴァルチャーではない。”ソラバミの巣を滅ぼす”にはまったく向いていないと言えるだろう」
ジェファーソン : 「だが、”守るリヴァルチャー”としてなら、我がペラゴルニス・ギャリソンは何よりも優れているはずだ!シュライクやアルバトロスよりも!」
ジェファーソン : 「私はソラバミをこの世から一匹残らず滅ぼそうなどとは思っていない」
ジェファーソン : 「だが、フォートレスの市民を脅かすソラバミに対しては最大の報いを、ここに来たことを後悔させるような目に合わせることを約束しよう!」
ジェファーソン : 「我々が最後の希望だ、我々ならできる!」と人差し指を力強くたてる

トーマス : 「お見事です。では、ペラゴルニス・ギャリソン、発進します!」

GM : ペラゴルニス・ギャリソンはフォートレスを出て空へと舞う。無粋な敵から市民を守るために…
GM : ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ソラバミ:龍型、出現!
ジアド粒子の雲に、激しい紫電が走る!
空を割るように現れたのは巨大な龍のソラバミだ!
全身にまとった稲妻が、その悲鳴にも似た咆哮が、大気を震わせ殺到する!
GM : ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

グランドトライン0 : というわけで、準備のためにいったん休憩となります。
グランドトライン0 : 40分からの再開でよろしいですか?
たかぽん : 了解です!先ほどの演説(?)は我ながら自信ありです、そこから3つ目の感情回路を決められないでしょうか?
グランドトライン0 : おっと忘れてました。
グランドトライン0 : 「我々が最後の希望だ、我々ならできる!」で取りましょう。
《感情回路》
『リヴァルチャーを使って全力で市民を防衛する!』
『プレジデントのやることにはいつも驚かされる。』
『我々が最後の希望だ、我々ならできる!』←NEW

たかぽん : ありがとうございます!

  10分後…

グランドトライン0 : それでは再開しますね。
たかぽん : OKです!
グランドトライン0 : それでは



『ミッション…守備隊(ギャリソン)は崩れない!』
GM : ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

トーマス : 「上空にソラバミ龍型を確認しました」
トーマス : 「どのフライトレベルから始めましょうか?」
ジェファーソン : 「どちらでも対応できるようにしよう。7で頼む」



『1ターン目』
・ギャリソン:シールド6枚 フライトレベル7
・ソラバミ:龍型:シールド合計0枚破壊 フライトレベル8

トーマス : 「かしこまりました。エイムスタンスは行いますか?」
ジェファーソン : 「もちろんだ」
トーマス : 「エイムスタンス起動!ジアドエネルギーの補充と管理は私とプレジデントどちらが行いますか?」
ジェファーソン : 「私が行おう。ソラバミの監視を頼んだ!」
トーマス : 「かしこまりました。では補充をお願いします」6B6で

  ジアドエネルギーの補充はアビリティ『ハイタッチ』でシュヴァリエとフィアンセ同時に振ることを考慮して、本来はシュヴァリエが行うことになっている。
  結構自由にやっていたので忘れがちである。

ジェファーソン : 6B6 (6B6) > 3,4,3,1,5,5

system : [ ギャリソン ] E:5 : 0 → 2
system : [ ギャリソン ] E:4 : 0 → 1
system : [ ギャリソン ] E:3 : 0 → 2
system : [ ギャリソン ] E:1 : 0 → 1

トーマス : 「やはりエネルギーの管理はこちらで行います」

トーマス : ステータスのE:数字が出目の数となります。

  当時は『E:数字』の表記だったが、それだと数字が隠れてしまったので、後々『数字:E』の表記に変更することになる。

トーマス : 「今の位置ですと一番安全なCが来るようです。プレジデント行動を」
ジェファーソン : 「了解、行動を開始する!」

たかぽん : ちょっと行動順を考えますのでお待ちください
グランドトライン0 : わかりました。ちなみに今の位置だとレイジングドッグしか撃てませんね。

ジェファーソン : ではまずは「ファーボル・レイジングドッグ」を使用します 支払うコストは3で

system : [ ギャリソン ] E:3 : 2 → 1

ジェファーソン : 1AT<=4 [>=1:+3] アタック判定/エイムスタンス (1attack<=4) > 6 > ヒット数 0

たかぽん : 判定はこういう感じでいいですか?
グランドトライン0 : そんな感じです

   しかし、攻撃は回避されてしまった。

トーマス : 「敵攻撃を回避しました」
トーマス : 「リアクション、来ます」

ソラバミ:龍型 : 尻尾を激しく振り回して弾き飛ばしてきた!リヴァルチャーを2セル上昇させます。
         次に、リヴァルチャーのシールド耐久値を1点減少します。その後、ソラバミは2セル降下します。

・ギャリソン:フライトレベル9
・ソラバミ:龍型:フライトレベル6

system : [ ギャリソン ] S:耐久値 : 7 → 6

トーマス : 「逃げられましたね。今の位置だとBが来ます」
ジェファーソン : 「む、やはり簡単には勝たせてくれないか」
ジェファーソン : 「トーマスくん。ギャリソンは既にエイムスタンスを起動している。」
ジェファーソン : 「移動はかなりコストがかかると思う…このまま可能な限りの攻撃を行っても構わないか?」
トーマス : 「今のところ大丈夫だと思います」
ジェファーソン : 「了解だ、君の言葉を信じよう!」

ジェファーソン : キャノン「グレンリベットCN」で攻撃を行います 支払うコストは4,5で目標値は4+1です

system : [ ギャリソン ] E:5 : 2 → 1
system : [ ギャリソン ] E:4 : 1 → 0

ジェファーソン : 2AT<=5[=1:+3][>=2:+5] (2attack<=5[=1:+3][>=2:+5]) > 2,3 > ヒット数 2 > ダメージ 7

ジェファーソン : 「照準よし!グレンリベットCN、発射!」
トーマス : 「ソラバミに命中!シールドは破られてない模様」
トーマス : 「リアクションきます」

ソラバミ:龍型 : 翼を羽ばたかせながらゆっくりと降下していく。ソラバミは2セル降下します。

・ソラバミ:龍型:フライトレベル4

トーマス : 「1でムーヴして3,5で砲撃すれば、もう一撃行けますね。多少分が悪い賭けになりますが…」
トーマス : 「いかがしますか、プレジデント?」
ジェファーソン : 「今のところそれ以外に方法はないな。行こう!」

ジェファーソン : 1を支払い、ノーマルムーヴを行います 9>8へ

・ギャリソン:フライトレベル8

ジェファーソン : つづいて3,5を支払い、キャノン「グレンリベットCN」で攻撃します 目標値は2+1

ジェファーソン : 2AT<=3[=1:+3][>=2:+5] (2attack<=3[=1:+3][>=2:+5]) > 1,4 > クリティカル 1 > ヒット数 2 > ダメージ 7

ジェファーソン : 「グレンリベット、射程圏内!落ちろソラバミ!」

system : [ ギャリソン ] E:1 : 1 → 0
system : [ ギャリソン ] E:3 : 1 → 0
system : [ ギャリソン ] E:5 : 1 → 0

トーマス : 「シールド1枚破壊!お見事です、プレジデント!」
トーマス : 「リアクション、来ます」

ソラバミ:龍型 : 翼を羽ばたかせながらゆっくりと降下していく。ソラバミは2セル降下します。

・ソラバミ:龍型:シールド1枚破壊。フライトレベル2

トーマス : 「さらに距離を離されましたね。こちらはもう行動できそうにありませんが、いかがしましょう?」
ジェファーソン : 「ここでは敵の攻撃に備えよう。トーマスくん、敵の動向は?」
トーマス : 「Bが来ます。備えてください」
ジェファーソン : 「耐えられるかどうか、やってみよう!」ターンを終了します

ソラバミ:龍型 : ではエネミーターンです
ソラバミ:龍型 : インドミタブルを使う際は事前に宣言してください
ジェファーソン : OKです!
ソラバミ:龍型 : 12AT<=4 大きく開いた顎が襲い掛かる!リヴァルチャーを1セル上昇させます。
         (12attack<=4) > 2,2,2,2,3,3,3,5,6,6,6,6 > ヒット数 7

  ※高出力ジアドスフィアの効果-2でダメージ5

system : [ ギャリソン ] S:耐久値 : 6 → 1

トーマス : 「高出力ジアドスフィアの効果でかろうじて耐えることが出来ました」
ジェファーソン : 「おっと…かなりの攻撃だが、さすがだ、ギャリソン(守備隊)の名は伊達ではないな」

トーマス : ムーヴできるエネルギーがないのでそのままプレイヤーターンです。



『2ターン目』
・ギャリソン:シールド6枚 フライトレベル9
・ソラバミ:龍型:シールド合計1枚破壊 フライトレベル2

トーマス : エイムスタンスは行いますか?
ジェファーソン : 今回は行いません

system : [ ギャリソン ] エイムスタンス : 1 → 0

トーマス : わかりました。エネルギー補充をどうぞ

ジェファーソン : 6B6 (6B6) > 2,4,4,2,2,5

system : [ ギャリソン ] E:2 : 0 → 3
system : [ ギャリソン ] E:4 : 0 → 2
system : [ ギャリソン ] E:5 : 0 → 1
system : [ ギャリソン ] S:耐久値 : 1 → 7

トーマス : 「いまいちのようですね。いかがしましょう?」
ジェファーソン : 「低出力のジアドエネルギーを使って急接近すればこのままいけると思う。トーマスくん、敵の状況報告を」
トーマス : 「今の位置だとBが来ますね」
トーマス : 「グレンリベットCNの火力をもってしても、よほど当たり所がよくない限り2回攻撃しないとシールドを削りきれないようです」

ジェファーソン : 「了解した。ギャリソンのブースターを逆噴射!一気にソラバミに近づこう!」

ジェファーソン : 2,2を支払いブーストムーヴを使用します 8>3に移動

  正しくは強制上昇の効果でフライトレベル9になっているはずだが、当時はすっかり忘れていた。
  忘れないようにメッセージにもちゃんと書いているのに、何をやっているのだか……

system : [ ギャリソン ] E:2 : 3 → 1

・ギャリソン:フライトレベル3

トーマス : 「了解!一度守りに入りますか?それとも攻撃しますか?」
ジェファーソン : 「射程圏内、一気にファーボル・レイジングドッグでカタを付けるぞ!」

ジェファーソン : 4を支払いショートライフル「ファーボル・レイジングドッグ」を使用します
ジェファーソン : 1AT<=4[>=1:+3] (1attack<=4[>=1:+3]) > 4 > ヒット数 1 > ダメージ 4

トーマス : 「シールド半分ほど削られました。リアクションきます」

ソラバミ:龍型 : 翼を羽ばたかせながらゆっくりと降下していく。ソラバミは2セル降下します。

・ソラバミ:龍型:フライトレベル1

トーマス : 「地上に追い詰められましたね、どうしますか?」
ジェファーソン : 「むしろ都合がいい。地表を圧倒的火力で制圧する!」

ジェファーソン : 4,5を支払いキャノン「グレンリベットCN」を使用します

system : [ ギャリソン ] E:4 : 2 → 1
system : [ ギャリソン ] E:5 : 1 → 0

ジェファーソン : 目標値は4
トーマス : どうぞ

ジェファーソン : 2AT<=4[=1:+3][>=2:+5] (2attack<=4[=1:+3][>=2:+5]) > 1,2 > クリティカル 1 > ヒット数 3 > ダメージ 8

ジェファーソン : 「ソラバミの逃げ場をなくすように誘導を頼む!ひたすら撃ちまくるぞ!」

system : [ ギャリソン ] E:4 : 1 → 0

トーマス : レイジングドッグのコストを支払ってなかったので減らしました。

  テンポがいいとたまにこういうことが起こる。

トーマス : 「シールド1枚破壊!いい感じです」
トーマス : 「と言いたいところですが、ソラバミが何か仕掛けるようです」

ソラバミ:龍型 : 翼を大きく展開して、砲弾のように体当たりしてきた!リヴァルチャーをフライトレベル12へ配置します。
     次に、リヴァルチャーのシールド耐久値を2点減少します。その後、ソラバミはフライトレベル5へ移動する。

system : [ ギャリソン ] S:耐久値 : 7 → 5

・ギャリソン: フライトレベル12
・ソラバミ:龍型:シールド1枚破壊 フライトレベル5

トーマス : 「シールドにダメージあり!この位置だと一番危険なAが来ます!」
トーマス : 「ノーマルムーヴを使っても逃げ切れませんね…」

ジェファーソン : 「くっ、なんという急激なGだ!もう移動に使えるジアドエネルギーは多くない…!」
ジェファーソン : 「トーマスくん、どこまで下がれば回避できるか分かるか?」
トーマス : 「フライトレベル9までいけばBになりますが、先ほど申した通り、ノーマルムーヴではたどり着けません!」
ジェファーソン : 「レベル9か…奥の手を使うのは今か!」
ジェファーソン : 「トーマス君、ギャリソンのサブジアドシリンダーを開放してくれ!それでどうにか逃げ切ってみせる!」

ジェファーソン : アビリティ:神話の騎士を使用します 即座にジアドエネルギーを2個獲得

トーマス : 「了解!サブジアドシリンダー解放!」

system : [ トーマス ] 神話の騎士 : 1 → 0

トーマス : 補充どうぞ

ジェファーソン : 2B6 (2B6) > 6,1

system : [ ギャリソン ] E:6 : 0 → 1
system : [ ギャリソン ] E:1 : 0 → 1

ジェファーソン : 「いいぞ、ジアドエネルギーは十分だ!ブーストムーヴを行う!」

ジェファーソン : 1,2を支払い、ブーストムーヴを使用します 12>7へ

system : [ ギャリソン ] E:1 : 1 → 0
system : [ ギャリソン ] E:2 : 1 → 0

・ギャリソン: フライトレベル7

ジェファーソン : 「ここまでくれば大丈夫か、トーマス君、敵の状況はどう変わった?」
トーマス : 「パターンBが来ます。ノーマルムーヴで同じフライトレベルに来ても、それは変わりませんね」
ジェファーソン : 「分かった、ここで耐えよう」
ジェファーソン : 「ジアドスフィアが弱いが、シールド1枚くらいはくれてやる」
トーマス : 「ええ、うちのギャリソンは頑丈ですので」

ジェファーソン : ターンを終了します
ソラバミ:龍型 : ではエネミーターンです
ソラバミ:龍型 : インドミタブルは使わない方向でよろしいですね
ジェファーソン : 今は置いておきます

ソラバミ:龍型 : 12AT<=4 大きく開いた顎が襲い掛かる!リヴァルチャーを1セル上昇させます。
          (12attack<=4) > 1,3,3,3,4,4,4,4,4,5,5,6 > クリティカル 1 > ヒット数 10

system : [ ギャリソン ] S:耐久値 : 5 → 0

トーマス : 「半減不能!シールド一枚破壊されました!エネルギーを回収します!」

system : [ ギャリソン ] S:枚数 : 6 → 5
system : [ ギャリソン ] S:耐久値 : 0 → 7

トーマス : 1d6 (1D6) > 2
system : [ ギャリソン ] E:2 : 0 → 1

トーマス : 「ムーヴは行いますか?」
ジェファーソン : 「ムーヴ、了解した!一気に近づいて決めよう!」

ジェファーソン : 2を支払い、ノーマルムーヴを行います 7>5へ

system : [ ギャリソン ] E:2 : 1 → 0

・ギャリソン: フライトレベル7→5

  正しくは強制上昇の効果でフライトレベル8になっているはずだが、当時はすっかり忘れていた。
  忘れないようにメッセージにもちゃんと書いているのに、何をやっているのだか……(2回目)



『3ターン目』
・ギャリソン:シールド5枚 フライトレベル5
・ソラバミ:龍型:シールド合計2枚破壊 フライトレベル5

トーマス : 了解!プレイヤーターンです。エイムスタンスは使いますか?
ジェファーソン : 「起動しよう!ここならほとんどのフライトレベルが射程圏だ、逃げられないぞ!」
ジェファーソン : エイムスタンスを起動します

system : [ ギャリソン ] エイムスタンス : 0 → 1

  エイムスタンス状態を忘れがちなため、専用のパラメータを追加。これが結構便利♪

トーマス : 「エイムスタンス起動!ジアドエネルギー補充お願いします」

ジェファーソン : 6B6 (6B6) > 5,2,1,2,4,1

system : [ ギャリソン ] E:5 : 0 → 1
system : [ ギャリソン ] E:4 : 0 → 1
system : [ ギャリソン ] E:2 : 0 → 2
system : [ ギャリソン ] E:1 : 0 → 2

トーマス : 「エネルギーの質の差が激しいですね、いかがします、プレジデント?」
ジェファーソン : 「このままいこう。さて、一気に撃ち込むぞ!」
ジェファーソン : 「暴れ馬のレイジングドッグもギャリソンに掛かれば乗りこなせる!撃て!」

ジェファーソン : 4を支払いショートライフル「ファーボル・レイジングドッグ」を使用します エイムスタンスにより命中力+1
ジェファーソン : 1AT<=5[>=1:+3] (1attack<=5[>=1:+3]) > 2 > ヒット数 1 > ダメージ 4

system : [ ギャリソン ] E:4 : 1 → 0

トーマス : 「良い当たりです!リアクションきます!」

ソラバミ:龍型 : 尻尾を激しく振り回して弾き飛ばしてきた!リヴァルチャーを2セル上昇させます。
         次に、リヴァルチャーのシールド耐久値を1点減少します。その後、ソラバミは2セル降下します。

system : [ ギャリソン ] S:耐久値 : 7 → 6

・ギャリソン:フライトレベル7
・ソラバミ:龍型:フライトレベル3

トーマス : 「シールドに多少のダメージ!ですがまだグレンリベットの射程内です!」
ジェファーソン : 「射程内ならこっちのものだ!当てるぞ!」

ジェファーソン : 1,1を支払いキャノン「グレンリベットCN」を使用します。目標値は3,エイムスタンスにより命中力+1
ジェファーソン : 2AT<=4[=1:+3][>=2:+5] (2attack<=4[=1:+3][>=2:+5]) > 2,3 > ヒット数 2 > ダメージ 7

system : [ ギャリソン ] E:1 : 2 → 0
system : [ ギャリソン ] E:1 : 2 → 0

トーマス : 「シールド1枚破壊!リアクションきます!」

ソラバミ:龍型 : 翼を羽ばたかせながらゆっくりと降下していく。ソラバミは2セル降下します。

・ソラバミ:龍型:シールド1枚破壊 フライトレベル1

トーマス : 「おそらく次に攻撃すれば体当たりが来ますね。プレジデント、ご決断を」
トーマス : (あのエネルギー出力で当てるとは…さすがジェフ)

  目標値3は割と不安だったが、命中するとはやはり大統領は持つものを持っている!

ジェファーソン : 「うむ、さすがに射程から離れてしまったか。ここで追撃するのは得策ではないか」
ジェファーソン : 「トーマス君、敵の攻撃は何が来そうだ?」
トーマス : 「パターンBが来ますね。どの位置にいても同じです」
ジェファーソン : 「了解だ、ここで衝撃に備えよう」

ジェファーソン : ターンを終了します
ソラバミ:龍型 : ではエネミーターンです。インドミタブルは使いますか?
ジェファーソン : ここはパスします

ソラバミ:龍型 : 12AT<=4 大きく開いた顎が襲い掛かる!リヴァルチャーを1セル上昇させます。
         (12attack<=4) > 1,2,3,3,3,4,5,5,5,5,5,6 > クリティカル 1 > ヒット数 7

  ※高出力ジアドスフィアの効果-2でダメージ5

・ギャリソン:フライトレベル8

  今度は忘れずにちゃんと移動させた模様。やっとメッセージに目を通したか自分……

system : [ ギャリソン ] S:耐久値 : 6 → 1

トーマス : 「高出力ジアドスフィアの効果でかろうじて耐えることが出来ました」
トーマス : 「我々は運がいい」
ジェファーソン : 「ああ、なんと効率のいい受け止め方だ!」
ジェファーソン : 「これもトーマス君の指示あってこそ」
トーマス : 「ムーヴは行いますか?」

トーマス : なおエイムスタンスの効果でブースト使っても2セルです
ジェファーソン : ここはパスします

ジェファーソン : 「まだエイムスタンスは続いているな。出力を1度切ってくれ」



『4ターン目』
・ギャリソン:シールド5枚 フライトレベル8
・ソラバミ:龍型:シールド合計3枚破壊 フライトレベル1

トーマス : ではプレイヤーターンです。

トーマス : 「エイムスタンス解除!エネルギー補充を」

system : [ ギャリソン ] S:耐久値 : 1 → 7
system : [ ギャリソン ] エイムスタンス : 1 → 0

ジェファーソン : 6B6 (6B6) > 2,5,3,3,3,5

system : [ ギャリソン ] E:5 : 1 → 3
system : [ ギャリソン ] E:3 : 0 → 3
system : [ ギャリソン ] E:2 : 2 → 3

トーマス : 「そこそこいい感じです。どう動きますか?」
ジェファーソン : 「エイムスタンスは切ったままで行こう。急襲、制圧だ」
トーマス : 「ブーストで5まで下がらないと射程外ですね」
ジェファーソン : 「ブーストをしなければいけないが、行こう。どうせ奴はもう下がれないんだ」
ジェファーソン : 2,2を使用してブーストムーヴを行います 8>3へ

system : [ ギャリソン ] E:2 : 3 → 1

・ギャリソン:フライトレベル3

ジェファーソン : 「よし、砲撃を行う!」

ジェファーソン : 6,3を支払いキャノン「グレンリベットCN」を使用します
ジェファーソン : 目標値は4

ジェファーソン : 2AT<=4[=1:+3][>=2:+5] (2attack<=4[=1:+3][>=2:+5]) > 3,5 > ヒット数 1 > ダメージ 4

ジェファーソン : 「1発命中!しかし、致命傷には至らないか......」
トーマス : 「体当たり来ます!備えてください!」

ソラバミ:龍型 : 翼を大きく展開して、砲弾のように体当たりしてきた!リヴァルチャーをフライトレベル12へ配置します。
         次に、リヴァルチャーのシールド耐久値を2点減少します。その後、ソラバミはフライトレベル5へ移動する。

system : [ ギャリソン ] S:耐久値 : 7 → 5
system : [ ギャリソン ] E:6 : 1 → 0
system : [ ギャリソン ] E:3 : 3 → 2

・ギャリソン:フライトレベル12
・ソラバミ:龍型:フライトレベル5

ジェファーソン : 「むう、なんと無茶な攻撃だ!エイムスタンスを起動していればもはや諦めるしかなかったな」
トーマス : 「この位置だとAがきます。どうします、ブーストで移動してもう一発キャノンを撃ちますか?」
ジェファーソン : 「ああ、これで厳しい攻撃を受けてはたまらない。ブーストムーヴを!」

ジェファーソン : 2,3を支払い、ブーストムーヴを行います 12>7へ

system : [ ギャリソン ] E:2 : 1 → 0
system : [ ギャリソン ] E:3 : 2 → 1

・ギャリソン:フライトレベル7

ジェファーソン : 「これでキャノンの射程圏内!」

ジェファーソン : 5,5を支払いキャノン「グレンリベットCN」を使用します 目標値は4

ジェファーソン : 2AT<=4[=1:+3][>=2:+5] (2attack<=4[=1:+3][>=2:+5]) > 1,6 > クリティカル 1 > ヒット数 2 > ダメージ 7

system : [ ギャリソン ] E:5 : 3 → 1

トーマス : 「シールド1枚破壊!大分削られてきたようです」
トーマス : 「敵、リアクションきます!」

ソラバミ:龍型AA : 翼を羽ばたかせながらゆっくりと降下していく。ソラバミは2セル降下します。

・ソラバミ:龍型:シールド1枚破壊 フライトレベル3

トーマス : 「ん?これは…?!」
トーマス : 「ジェノサイドドクトリン警告です!ご確認ください!」
トーマス : 「メインドクトリンに続けてくるようです!」
ジェファーソン : 「む、なんと強力な攻撃だ…!」
ジェファーソン : 「トーマス君。フライトレベル2に移動すればメインドクトリンは何が来る!?」
トーマス : 「もっとも安全なCが来ます。ですが…」
トーマス : 「吹き飛ばし効果でジェノサイドの射程内に入るでしょうね」
トーマス : 「私でしたら、フライトレベル11に逃げますね」
トーマス : 「そうすればパターンAだけを食らいますので」
ジェファーソン : 「なるほど、君の言葉に賭ける!ブーストムーヴを!」
ジェファーソン : 3,5を支払い、ブーストムーヴを行います 7>11へ

system : [ ギャリソン ] E:5 : 1 → 0
system : [ ギャリソン ] E:3 : 1 → 0

・ギャリソン:フライトレベル11

トーマス : ターンエンドですか?
ジェファーソン : ターンを終了します

ソラバミ:龍型 : ではエネミーターンです。インドミタブルは使いますか?
ジェファーソン : ここは使いましょう!

system : [ トーマス ] インドミタブル : 1 → 0

トーマス : 「見せてもらいましょう、ギャリソンが我々の『守護神』であることを!」
トーマス : 特殊なシステムを起動し、ソラバミの勢いをそぐ!

ソラバミ:龍型 : 「グルルルル……」ソラバミは苦しみだす…

  我ながらなかなかいい感じのロールプレイだと思う♪

ソラバミ:龍型 : 6AT<=5 全身の放電器官から紫電が放たれる! (6attack<=5) > 2,2,3,3,3,4 > ヒット数 6

トーマス : 「勢いが弱まったとはいえこの威力!スフィアを使いますか?」

ジェファーソン : 感情回路ですか?ここは使いたいです!
トーマス : わかりました
トーマス : 『リヴァルチャーを使って全力で市民を防衛する!』を使います

system : [ トーマス ] 感情回路 : 3 → 2
system : [ ギャリソン ] S:耐久値 : 5 → 2

ジェファーソン : 「このリヴァルチャーは何かから護るためのもの!ギャリソン(守備隊)の力を今見せようじゃないか!」
トーマス : (まだ耐えられるだろう、ギャリソン…お前は全力で市民を防衛する守護神なのだろう…)
トーマス : 「ジアドスフィア展開!」
トーマス : 「もちろんです、プレジデント・ジェフ!」
トーマス : 「…っと!ジェノサイド来ます!」

ソラバミ:龍型 : 16AT<=4 全身に紫電が駆け巡り、光と熱の本流が一帯を襲う!
         (16attack<=4) > 1,2,2,2,2,3,3,3,3,3,4,4,4,5,6,6 > クリティカル 1 > ヒット数 14

トーマス : 「射程外なのでダメージはありません」
トーマス : 「どんなに強力でも当たらなければ意味ありませんよ」
ジェファーソン : 「あの攻撃が当たっていれば致命傷は免れなかっただろうな…だが、回避できれば勝算はまだ高い!」
トーマス : 「ええ、ここで決着をつけましょう!」



『5ターン目』
・ギャリソン:シールド5枚 フライトレベル11
・ソラバミ:龍型:シールド合計4枚破壊 フライトレベル3

トーマス : プレイヤーターンです。エイムスタンスは使いますか?

system : [ ギャリソン ] S:耐久値 : 2 → 7

ジェファーソン : 「ここまで離れているなら使わないほうがよさそうだな。出力はOFFにしてくれ」
トーマス : 「了解です。ジアドエネルギー補充をお願いします」

ジェファーソン : 6B6 (6B6) > 3,5,1,3,1,3

system : [ ギャリソン ] E:3 : 0 → 3
system : [ ギャリソン ] E:1 : 0 → 2
system : [ ギャリソン ] E:5 : 0 → 1

トーマス : 「ふむ、少し頼りない感じですが、いかがいたします?」
ジェファーソン : 「いや、これでも方法はあるだろう。行こう!」

ジェファーソン : 1,1を支払いブーストムーヴを使用します 11>6へ

system : [ ギャリソン ] E:1 : 2 → 0

・ギャリソン:フライトレベル6

ジェファーソン : さらに3を支払いノーマルムーヴを使用します 6>4へ

system : [ ギャリソン ] E:3 : 3 → 2

・ギャリソン:フライトレベル4

ジェファーソン : 5を支払いショートライフル「ファーボル・レイジングドッグ」を使用します。命中力は5

system : [ ギャリソン ] E:5 : 1 → 0

ジェファーソン : 「一気に間合いを詰められるとは敵も思っていないだろう!今だ!」

ジェファーソン : 1AT<=5[>=1:+3] (1attack<=5[>=1:+3]) > 1 > クリティカル 1 > ヒット数 2 > ダメージ 5

トーマス : 「良い当たり所です」
トーマス : 「リアクション、きます」

ソラバミ:龍型 : 翼を羽ばたかせながらゆっくりと降下していく。ソラバミは2セル降下します。

・ソラバミ:龍型:フライトレベル1

トーマス : 「追い詰めましたが次はどうしますか?」
ジェファーソン : 「キャノンでさらに追い詰める!ここで敵を弱らせておくぞ!」

ジェファーソン : 3,3を支払いキャノン「グレンリベットCN」を使用します。命中力は2

ジェファーソン : 2AT<=2[=1:+3][>=2:+5] (2attack<=2[=1:+3][>=2:+5]) > 3,6 > ヒット数 0 > ダメージ 0

system : [ ギャリソン ] E:3 : 2 → 0

  ここでノーヒットは非情に痛い!

トーマス : 「そう何度も上手くはいきませんね、プレジデント」
ジェファーソン : 「むう、ここは当たってほしかったが…仕方ない、次に備えよう」

ソラバミ:龍型 : 翼を大きく展開して、砲弾のように体当たりしてきた!リヴァルチャーをフライトレベル12へ配置します。
         次に、リヴァルチャーのシールド耐久値を2点減少します。その後、ソラバミはフライトレベル5へ移動する。

system : [ ギャリソン ] S:耐久値 : 7 → 6

・ギャリソン:フライトレベル12
・ソラバミ:龍型:フライトレベル5

トーマス : 「さらにパターンは一番危険なAがきます」
トーマス : 「どうしますか、プレジデント?」
ジェファーソン : 「動くことはできないな…トーマス君、万が一のためにジアドスフィア集中展開の準備を頼む!」
トーマス : 「かしこまりました。備えます」

トーマス : ではエネミーターンでよろしいですね?
ジェファーソン : OKです
ソラバミ:龍型 : ではエネミーターンです。

ソラバミ:龍型AA : 13AT<=5 全身の放電器官から紫電が放たれる! (13attack<=5) > 1,2,2,2,2,2,2,3,3,5,5,6,6 > クリティカル 1 > ヒット数 12

トーマス : 「半減不能!シールド1枚破壊!エネルギー回収します!」

system : [ ギャリソン ] S:耐久値 : 6 → 0
system : [ ギャリソン ] S:枚数 : 5 → 4

トーマス : 1d6 (1D6) > 3

system : [ ギャリソン ] E:3 : 0 → 1
system : [ ギャリソン ] S:耐久値 : 0 → 7

トーマス : 「ムーヴは行いますか?」
ジェファーソン : 「頼んだ!次に一気に攻撃を仕掛けたい!」

ジェファーソン : 3を支払いノーマルムーヴを使用します 
ジェファーソン : 12>10へ
system : [ ギャリソン ] E:3 : 1 → 0

・ギャリソン:シールド1枚破壊 フライトレベル10



『6ターン目』
・ギャリソン:シールド4枚 フライトレベル10
・ソラバミ:龍型:シールド合計4枚破壊 フライトレベル5

トーマス : ではプレイヤーターンです。エイムスタンスは使いますか?

ジェファーソン : 「よし!ここは使おう。キャノンで一気に畳みかける!」

ジェファーソン : エイムスタンスを使用します

トーマス : 「少々この位置取りだと追撃できない可能性があると思うのですが?」
ジェファーソン : 「追撃は厳しいか?分かった、エイムスタンスは切ろう。新しいやり方を思いついた」

ジェファーソン : エイムスタンスはなしで

  新しいやり方、とな。とても気になりますねぇ…

トーマス : 「新しいやり方ですか、期待してますよ、プレジデント」
トーマス : 「エネルギー補充をお願いします」

ジェファーソン : 6B6 (6B6) > 2,2,3,5,6,4

system : [ ギャリソン ] E:2 : 0 → 2
system : [ ギャリソン ] E:3 : 0 → 1
system : [ ギャリソン ] E:4 : 0 → 1
system : [ ギャリソン ] E:5 : 0 → 1
system : [ ギャリソン ] E:6 : 0 → 1

トーマス : 「質も面白いことになりましたね、いかがします?」
ジェファーソン : 「このまま行こう。急襲だ!」

ジェファーソン : 2,2を支払いブーストムーヴを使用します 

system : [ ギャリソン ] E:2 : 2 → 0

ジェファーソン : 10>5

・ギャリソン:フライトレベル5

ジェファーソン : 6を支払いショートライフル「ファーボル・レイジングドッグ」を使用します。命中力は6

ジェファーソン : 1AT<=6[>=1:+3] (1attack<=6[>=1:+3]) > 5 > ヒット数 1 > ダメージ 4

system : [ ギャリソン ] E:6 : 1 → 0

トーマス : 「シールドに着弾!リアクションきます!」
ソラバミ:龍型 : 尻尾を激しく振り回して弾き飛ばしてきた!リヴァルチャーを2セル上昇させます。
         次に、リヴァルチャーのシールド耐久値を1点減少します。その後、ソラバミは2セル降下します。

system : [ ギャリソン ] S:耐久値 : 7 → 6

・ギャリソン:フライトレベル7
・ソラバミ:龍型:フライトレベル3

たかぽん : 今メインが盛り上がっているのでちょっと質問なんですが 敵のHPってもういいところまで来てます?
グランドトライン0 : ジェノサイドが終わったので半分は切っていますね
たかぽん : あとちょっとがんばります
グランドトライン0 : 休憩が欲しければ言ってくださいね

  今回は火力が足りなかったり、攻撃を外したりでかなりの長期戦になっている。
  6ターンまで行くのはなかなか珍しい。昼に開催して本当に良かった……

ジェファーソン : 「なるほど、これのためにエイムスタンスは発動しないでおくべきだったな、さすがだ、トーマス君」
トーマス : 「ええ、そしてグレンリベットの射程内です」
ジェファーソン : 「行こう!」

ジェファーソン : 4を支払いキャノン「グレンリベットCN」を使用します。命中力は4

ジェファーソン : 2AT<=4[=1:+3][>=2:+5] (2attack<=4[=1:+3][>=2:+5]) > 1,3 > クリティカル 1 > ヒット数 3 > ダメージ 8

system : [ ギャリソン ] E:4 : 1 → 0
system : [ ギャリソン ] E:5 : 1 → 0

トーマス : 「シールド1枚破壊!だいぶ追い込まれているようです」
トーマス : 「敵が逃げるようですよ」

ソラバミ:龍型 : 翼を羽ばたかせながらゆっくりと降下していく。ソラバミは2セル降下します。

・ソラバミ:龍型:シールド1枚破壊 フライトレベル1

トーマス : 「さて、次はどうしますか?」
ジェファーソン : 「もう攻撃はできないな。備えよう。何が来そうだ?」
トーマス : 「パターンBが来ます」
ジェファーソン : 「耐えられるかどうか、試してみよう!」

トーマス : ではターンエンドでよろしいですか?
ジェファーソン : OKです
ソラバミ:龍型 : ではエネミーターンです

ソラバミ:龍型 : 12AT<=4 大きく開いた顎が襲い掛かる!リヴァルチャーを1セル上昇させます。
         (12attack<=4) > 1,1,2,2,3,4,5,5,5,5,6,6 > クリティカル 2 > ヒット数 8

トーマス : ジアドスフィアを使いますか?
ジェファーソン : 使います!
トーマス : では『プレジデントのやることにはいつも驚かされる。』で

トーマス : (先ほどの低出力キャノンを当てるとは…プレジデントのやることはいつも驚かされる)
トーマス : 「ジアドスフィア展開!何とか耐えられました!」
ジェファーソン : 「すばらしいぞ、トーマス君!このまま畳みかけよう!」

system : [ ギャリソン ] S:耐久値 : 6 → 2
system : [ トーマス ] 感情回路 : 2 → 1

・ギャリソン:フライトレベル8

トーマス : ムーヴは行いますか?

ジェファーソン : 3を支払いノーマルムーヴを使用します 8>6

system : [ ギャリソン ] E:3 : 1 → 0

・ギャリソン:フライトレベル6



『7ターン目』
・ギャリソン:シールド4枚 フライトレベル6
・ソラバミ:龍型:シールド合計5枚破壊 フライトレベル1

トーマス : ではプレイヤーターンです。エイムスタンスは使いますか?

system : [ ギャリソン ] S:耐久値 : 2 → 7

ジェファーソン : 「ふむ、トーマス君。フライトレベル5を保ち、キャノンを撃てばまた先ほどのように上に飛ばされてしまうだろうか…?」
トーマス : 「でしょうね」
ジェファーソン : 「では飛ばされて差し上げよう。エイムスタンスは切ってくれ!」
トーマス : 「かしこまりました。補充を」

ジェファーソン : 6B6 (6B6) > 3,4,6,4,3,1

system : [ ギャリソン ] E:6 : 0 → 1
system : [ ギャリソン ] E:4 : 0 → 2
system : [ ギャリソン ] E:1 : 0 → 1
system : [ ギャリソン ] E:3 : 0 → 2

ジェファーソン : 「このまま行こう。あと少しなら、やり切って見せる!」

ジェファーソン : 1,3を支払いブーストムーヴを使用します 6>1

system : [ ギャリソン ] E:1 : 1 → 0
system : [ ギャリソン ] E:3 : 2 → 1

・ギャリソン:フライトレベル1

ジェファーソン : 4を支払いショートライフル「ファーボル・レイジングドッグ」を使用します。命中力は4

ジェファーソン : 1AT<=4[>=1:+3] (1attack<=4[>=1:+3]) > 2 > ヒット数 1 > ダメージ 4

system : [ ギャリソン ] E:4 : 2 → 1

トーマス : 「命中確認!体当たり来ます!」

ソラバミ:龍型 : 翼を大きく展開して、砲弾のように体当たりしてきた!リヴァルチャーをフライトレベル12へ配置します。
         次に、リヴァルチャーのシールド耐久値を2点減少します。その後、ソラバミはフライトレベル5へ移動する。

system : [ ギャリソン ] S:耐久値 : 7 → 5

・ギャリソン:フライトレベル12
・ソラバミ:龍型:フライトレベル5

ジェファーソン : 「やはり来たか!トーマス君の言ったとおりだ」

ジェファーソン : えーと、感情回路はまだ残っていますか?
トーマス : あと1回残ってます
ジェファーソン : OKです、ジアドエネルギー獲得を使わせてください!

トーマス : 「確か先ほどこう言いましたよね」
トーマス : 「『我々が最後の希望だ、我々ならできる!』と」
トーマス : 「見せつけてやりましょう、あのソラバミに!」

トーマス : 1d6 (1D6) > 5

system : [ ギャリソン ] E:5 : 0 → 1
system : [ トーマス ] 感情回路 : 1 → 0

ジェファーソン : 「ああ、我々ならできる、やり遂げてみせよう!」
トーマス : 「さあ、どうしますか、プレジデント?」

ジェファーソン : 3,4を支払いブーストムーヴを使用します 12>7

system : [ ギャリソン ] E:3 : 1 → 0
system : [ ギャリソン ] E:4 : 1 → 0

・ギャリソン:フライトレベル7

ジェファーソン : 5,6を支払いキャノン「グレンリベットCN」を使用します。命中力は4

system : [ ギャリソン ] E:5 : 1 → 0
system : [ ギャリソン ] E:6 : 1 → 0

ジェファーソン : 2AT<=4[=1:+3][>=2:+5] (2attack<=4[=1:+3][>=2:+5]) > 2,4 > ヒット数 2 > ダメージ 7

トーマス : 「シールド1枚破壊!あと一息といったところですね」
トーマス : 「ソラバミが逃げます」

ソラバミ:龍型 : 翼を羽ばたかせながらゆっくりと降下していく。ソラバミは2セル降下します。

・ソラバミ:龍型:シールド1枚破壊 フライトレベル3

ジェファーソン : 「ここで終わりだ、敵の状況は?」
トーマス : 「パターンBが来ます!備えましょう!」

ジェファーソン : ターンを終了します
ソラバミ:龍型 : エネミーターンです

ソラバミ:龍型AA : 12AT<=4 大きく開いた顎が襲い掛かる!リヴァルチャーを1セル上昇させます。
          (12attack<=4) > 1,1,2,2,2,3,3,3,3,4,5,6 > クリティカル 2 > ヒット数 12

system : [ ギャリソン ] S:耐久値 : 5 → 0
system : [ ギャリソン ] S:枚数 : 4 → 3
system : [ ギャリソン ] S:耐久値 : 0 → 7

・ギャリソン:シールド1枚破壊 フライトレベル8

トーマス : 大統領が増えたり減ったりw

  個人的にゲージが0になって残機が1減った後に、ゲージが回復する表現が好きだったりする。
  さらに言うと貫通攻撃で、
  『ゲージが0まで減少に→残機消滅→ゲージが回復するが→またゲージが0まで減少→残機消滅→……』
  という流れはなおさら好き。こちらが破壊する分にはだけど…

トーマス : 「シールド1枚破壊されました!エネルギーを回収します!」

トーマス : 1d6 (1D6) > 4

たかぽん : ごめんなさい、何か用事があったときのためにスマホでセッションできるようキャラクターを複製させてもらいました
グランドトライン0 : 備えているなぁ

  突然ジェフが分身したため驚いてしまった。うっかり複製ボタン押して増やしてしまうことってあるよね(笑)

system : [ ギャリソン ] E:4 : 0 → 1

ジェファーソン : 「くっ、こちらはようやく折り返し地点といったところだな。だが、敵はあと一息。粘り強さならこちらが上だ!」

トーマス : ムーヴは使いますか?
ジェファーソン : 使います!4を支払いノーマルムーヴを使用します 8〉6

system : [ ギャリソン ] E:4 : 1 → 0

・ギャリソン:フライトレベル6



『8ターン目』
・ギャリソン:シールド3枚 フライトレベル6
・ソラバミ:龍型:シールド合計6枚破壊 フライトレベル3

トーマス : ではプレイヤーターンです。エイムスタンスは使いますか?
ジェファーソン : ここは使いたいです!
ジェファーソン : 上に飛ばされてもキャノンの射程に入れるかも
ジェファーソン : いや、待った 切り捨てだからギリギリ届かない?
トーマス : リアクション後もノーマルムーヴで何とか届きますね
ジェファーソン : 少し戦い方を変えたいです エイムスタンスはありにして7に移動するだけで終わりたい
ジェファーソン : 要はこのターンにスキルを貯めたいです
トーマス : なるほど。ではエネルギー補充を

  これはこれでなかなか面白い方法かもしれない♪

トーマス : 「エイムスタンス起動!エネルギー補充を!」

system : [ ギャリソン ] エイムスタンス : 0 → 1

ジェファーソン : 6B6 (6B6) > 3,6,1,2,3,5

system : [ ギャリソン ] E:6 : 0 → 1
system : [ ギャリソン ] E:5 : 0 → 1
system : [ ギャリソン ] E:1 : 0 → 1
system : [ ギャリソン ] E:2 : 0 → 1
system : [ ギャリソン ] E:3 : 0 → 2

ジェファーソン : 「このまま撃っても先ほどと一緒で上に飛ばされるだけか…ここは耐えよう。エイムスタンスを起動してくれ!次で決めて見せる!」
トーマス : 「かしこまりました。このまま待機ということでしょうか?」
ジェファーソン : 「いや、いつでも撃てるポジションだけ取ろう。フライトレベルは7へ!」

ジェファーソン : 1を支払いノーマルムーヴを使用します 6>7

system : [ ギャリソン ] E:1 : 1 → 0

・ギャリソン:フライトレベル7

ジェファーソン : 以上でターンを終了します
ソラバミ:龍型 : ではエネミーターンです
ソラバミ:龍型 : 12AT<=4 大きく開いた顎が襲い掛かる!リヴァルチャーを1セル上昇させます。
          (12attack<=4) > 1,1,1,1,2,4,4,4,4,5,5,5 > クリティカル 4 > ヒット数 13

  ※高出力ジアドスフィアの効果-2でダメージ11

system : [ ギャリソン ] S:耐久値 : 7 → 0
system : [ ギャリソン ] S:枚数 : 3 → 2

  クリティカル4発で軽減しても11ダメージとかとんでもない出目を見た……

トーマス : 「シールド1枚破壊されました!エネルギー回収します!」

トーマス : 1d6 (1D6) > 6

system : [ ギャリソン ] E:6 : 1 → 2
system : [ ギャリソン ] S:耐久値 : 0 → 7

・ギャリソン:シールド1枚破壊 フライトレベル8

  シールドを合計4枚も破壊されているにも関わらず健在!
  やはり高耐久力の4脚はしぶとい!

ジェファーソン : 「かなり厳しくなってきたな…ここで決着を付けなければ!」
トーマス : 「はい、ムーヴは行いますか?」
ジェファーソン : 「不覚だが、わずかに射程から外れてしまった。レベル7に戻るぞ!」

ジェファーソン : 3を支払いノーマルムーヴを使用します 8>7

system : [ ギャリソン ] E:3 : 2 → 1

・ギャリソン:フライトレベル7



『9ターン目』
・ギャリソン:シールド2枚 フライトレベル7
・ソラバミ:龍型:シールド合計6枚破壊 フライトレベル3

トーマス : ではプレイヤーターンです。エイムスタンスはどうしますか?
ジェファーソン : 起動します!

トーマス : 「エイムスタンス維持!エネルギー補充をお願いします」

ジェファーソン : 6B6 (6B6) > 3,4,2,1,3,6

system : [ ギャリソン ] E:6 : 2 → 3
system : [ ギャリソン ] E:4 : 0 → 1
system : [ ギャリソン ] E:3 : 1 → 3
system : [ ギャリソン ] E:2 : 1 → 2
system : [ ギャリソン ] E:1 : 0 → 1

  前ターンのエネルギー引継ぎもあり、かなり充実している。

トーマス : 「エネルギーが充満しています。どう動きますか、プレジデント?」
ジェファーソン : 「これならエイムスタンスが入っていてもかなり動けるだろう。行くぞ!」
ジェファーソン : 6,3を支払いキャノン「グレンリベットCNを使用します。命中力は4+1

system : [ ギャリソン ] E:6 : 3 → 2
system : [ ギャリソン ] E:3 : 3 → 2

ジェファーソン : 2AT<=5[=1:+3][>=2:+5] (2attack<=5[=1:+3][>=2:+5]) > 4,6 > ヒット数 1 > ダメージ 4

トーマス : 「命中!ソラバミが逃げます!」

ソラバミ:龍型AA : 翼を羽ばたかせながらゆっくりと降下していく。ソラバミは2セル降下します。

・ソラバミ:龍型:フライトレベル1

トーマス : 「次はどう動きますか?」
ジェファーソン : 「エイムスタンスでコストはかかるが、追撃だ!」

ジェファーソン : 1,2を支払いブーストムーヴを使用します 7>5

system : [ ギャリソン ] E:1 : 1 → 0
system : [ ギャリソン ] E:2 : 2 → 1

・ギャリソン:フライトレベル5

ジェファーソン : 「よし、射程圏内!」

ジェファーソン : 6,3を支払いキャノン「グレンリベットCNを使用します。命中力は4+1

system : [ ギャリソン ] E:6 : 2 → 1
system : [ ギャリソン ] E:3 : 2 → 1

ジェファーソン : 2AT<=5[=1:+3][>=2:+5] (2attack<=5[=1:+3][>=2:+5]) > 3,4 > ヒット数 2 > ダメージ 7

トーマス : 「シールドの消滅を確認!プレジデント・ジェフ、止めを!」
ジェファーソン : 「さらに畳みかけよう!トーマス君、敵の行動パターンを指示してくれ!」

ジェファーソン : 6,3を支払いキャノン「グレンリベットCN」を使用します。命中力は4+1

ジェファーソン : 2AT<=5[=1:+3][>=2:+5] (2attack<=5[=1:+3][>=2:+5]) > 1,1 > クリティカル 2 > ヒット数 4 > ダメージ 9

system : [ ギャリソン ] E:3 : 1 → 0
system : [ ギャリソン ] E:6 : 1 → 0

グランドトライン0 : 演出だけでよかったんだけどwオーバーキルw
たかぽん : (あ、さっきの時点で死んでたのね)

  まあこれはこれでいいロールプレイの種になったのだけど(笑)

ジェファーソン : 「グレンリベットCN、方位、風速、照準、すべてオールグリーン!発射!」とソラバミをビシッと指さす
トーマス : 「プレジデントやり過ぎです…」ソラバミのいた場所を見ながら
トーマス : 「まあいいでしょう、ペラゴルニス・ギャリソン帰還します!」
ジェファーソン : 「ハッハッハ、まあいいだろう。ソラバミの最期を華々しくしてあげたのだよ」

GM : こうして無粋な敵から市民を守った市長と秘書はフォートレスへと戻ったのだった。
GM : ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

グランドトライン0 : さてここからミッションオーバーですが、いったん休憩としましょうか
たかぽん : はーい、ありがとうございました! 予想以上に大変な戦闘でしたが楽しかったです
グランドトライン0 : 25分に再開します。まさかここまでかかるとは…

  9ターンもかかる戦闘は初体験だった。本当に昼からでよかった。もう夕方だよ(汗)
  ここでステータスのリセットが行われた。そして10分後…

グランドトライン0 : では再開します。
たかぽん : OKです!



『ミッションオーバー…表彰式』
GM : ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
GM : フォートレス帰還後、二人は会場の後片付けを行っていた。

トーマス : 「そういえば、ジェフ。優勝賞品はなんでしたでしょうか?」

たかぽん : あれ、これ、てきとうに決めてよろしいので?
グランドトライン0 : お好きにどうぞ

ジェファーソン : 「優勝商品か、うん、君にはちょうどいい代物だったね」とメダルのようなものを取り出す
ジェファーソン : 「癖はないが、優勝と言えば金メダルかなと思ってね。今回のソラバミ撃退にも勲章としてちょうどいいだろう。」
ジェファーソン : 「さあ、観客の皆様、ぜひ、ポーカー大会に優勝し、フォートレスの平和を守ったトーマス君に盛大な拍手を!」

  まさかの大衆の中で表彰式である。トーマスもこれは照れるぞ(笑)

トーマス : (今この場でそれを行うとは、ジェフも人が悪い)
トーマス : (そういえば表彰などされたことがなかったな)
トーマス : (まあ今までする側であったし、されるようなこともなかったしな)
トーマス : 「ありがとうございます。プレジデント・ジェフ」そういってジェフの目の前に立つ。

ジェファーソン : 前に立ったトーマスを見て自分も拍手をする

ジェファーソン : 「今回はゲームでも、戦いでも素晴らしい活躍だったよ。ぜひ、これからも私のサポートをしてくれ、ミスター、トーマスよ」
トーマス : 「やれやれ、どちらも本当の勝者はあなただというのに…」
トーマス : 「市民もそろって私を褒めたたえるとは…」
トーマス : 「これではどちらが市長なのかわかりませんよ」少し照れながらメダルを受け取る
ジェファーソン : 「いいじゃないか、君もかつて市長ではあったんだから。1つの役職を2人が兼任するというのも悪くないかもしれないね、ハッハッハ」
トーマス : 「結構です。私は参謀に徹した方がいい人間ですので…」

  二人のこの信頼し合った者同士のやりとり本当に格好良い!

トーマス : (本当にこの人はいつでも私達を驚かせてくれる)
トーマス : (だからこそ、プレジデントにふさわしい人間なのですよ、ジェフ)

グランドトライン0 : 特に何もなければここで締めに入ります。
たかぽん : たかぽんもやりたいことは以上です!

GM : かくして完全試合を成し遂げた2人の市長はお互いに笑いあうのだった。
GM : ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー



『アフタートーク』
グランドトライン0 : はい、というわけで、光砕のリヴァルチャー「Perfect Game」これにて終了となります。
グランドトライン0 : お疲れさまでしたー
たかぽん : お疲れ様でした!ありがとうございました!
グランドトライン0 : ジェフの器のデカさが半端ない。さすがプレジデント!
たかぽん : 秘書ってTRPGでお会いするの初めてだったんですが、トーマスさんの秘書さも素敵でした!
グランドトライン0 : ありがとうございます。デキる男同士のリヴァルチャーも様になるものだ
たかぽん : かわいさは0でしたねw
たかぽん : それでもダンディなお二人のセッションは楽しかったです
たかぽん : 戦闘もかなり絶妙でしたね、ちょっと難しいまである?
グランドトライン0 : え?ハードモードのこと?

   ※こう発言してますが、たぶん用意してません。

たかぽん : このモードですら結構歯ごたえがあるんですけど!
たかぽん : 簡単すぎず、無理って程でもなくて楽しかったです
グランドトライン0 : ああそういうことね。公式の龍型を別パターンにしただけなんだけど
グランドトライン0 : 他のソラバミは割とハードモードなんだよね。見る限り

  攻撃回数最低でも8~9回くらいあるし……

たかぽん : (本来は重装甲にしてタンクキャラにでもしようかと思ったんですがしなくてよかった…)
グランドトライン0 : グレンリベットCNの調整とか上手いことしているわ
グランドトライン0 : 火力が微妙に足りなくて、一撃必殺出来ないのがはがゆい!

  ダメージ10に届くようで届かない。
  本当にはがゆい性能をしているよ、グレンリベットCN。

たかぽん : だから2発行ったのか…
たかぽん : さて、今日は楽しいセッションでした、ありがとうございました!と退出したいところだったんですが
たかぽん : 実はフィアンセの方もキャラを作ってあります、もし時間等合えば役割を交換して改めて募集してもよろしいですか?
グランドトライン0 : マジでか!時間が合えばぜひ参加したい!

   フィアンセばかりやっているので、シュヴァリエ経験がなかなかできない。

グランドトライン0 : あ、それと報酬とアチーブメントね
グランドトライン0 : 報酬はウェポンとクロニクルの中から1つ
アチーブメントはP154-155から選んでね
たかぽん : ありがとうございました!とりあえず不敗の猛禽の便利さが分かったのと、新しい武器に関してはWGフリューゲルRとか気になりますね
グランドトライン0 : どちらも人気の報酬だね
たかぽん : アチーブメントは選ぶとしたらエネルギー安定化かな?
グランドトライン0 : ではアチーブメント「Perfect Game」は「エネルギー安定化」で
グランドトライン0 : 感想を上げれば入手できます。ちなみに感想はどこへ上げてもOK(自分ところは割と緩い)
グランドトライン0 : 報酬はどちらにします?
たかぽん : またオンセンのほうで上げますね!

   結果、「不敗の猛禽」となった。ダイス操作便利だし、この二人にはお似合いだ。

グランドトライン0 : わかりました。それではこれで自由解散とします。ありがとうございます。
たかぽん : ではたかぽんはこれで、今日はありがとうございました!
グランドトライン0 : はいお疲れさまでしたー

いいね! いいね!  2

注意: 当ページの内容の転載、複製は著作者の許可がない限り行わないでください。

リプレイ一覧に戻る

コメントを書く

※投稿するにはログインが必要です。

コメント一覧

まだレスポンスがありません。