【GURPS】妖魔夜行/百鬼夜翔リプレイ【戦場は紅茶の香り】

けいさん
けいさんトピックリプレイ 押されたいいね! 3
登録日:2021/12/17 17:02最終更新日:2021/12/19 19:25

本作は、「Steve Jackson Games」が権利を有する「GURPS」の二次創作物です。

当リプレイは、GURPSというシステムのサプリメント「妖魔夜行」「百鬼夜翔」に基づき、現在に生きる妖怪たちとなって様々な事件に挑むセッションの一つを記したものです。
GURPS妖魔夜行・百鬼夜翔には「人間の想い」即ち想像力が命を得て妖怪になったという基本背景があります。一般人とは比べ物にならない能力を持つ妖怪キャラクターを、(ポイントを細かく振り分けるシステム特性も相まって)自分のイメージに沿って細部にわたり作成しプレイできるのが妖魔夜行・百鬼夜翔の魅力の一つでしょう。キャラクターに付けた「特徴」通りにRPすることが重視される点もGURPSの面白いところです。
オンセンSNSのコミュニティ「【妖魔/百鬼】葉間市怪奇譚」では、このような妖怪たちが互助会のようなもの「ネットワーク」に集い、妖怪の秘密を守りながら怪事件を解決していくセッションが繰り広げられています。
今回のシナリオは、参加募集要項でもラスボスに身バレさせているところの、英国の珍兵器「パンジャンドラム」がテーマ。さてどうなることやら。

キャラクターの自己紹介

GM/けいさん:では準備OKですかね。
マッドガッサー:いえーい!
水野 畔:いつでも行けまーす
ジャンティ:よろしくおねがいします!
橘 夕霧:はい
GM/けいさん:ではキャラ一覧の順に、軽く自己紹介をお願いします。
水野 畔:はーい
水野 畔:メタルスライムこと水野畔です。
水野 畔:最近光れるようになりました。
水野 畔:暗視取るより安かった!
水野 畔:普段はたまり場か河川敷で不審な液状生命体をしてます。
マッドガッサー:目立っても硬いから問題ないデザイン!
水野 畔:戦闘では攻撃手段は後衛なのにどんどん前に出ます
水野 畔:耐久力だけは自信ありです。
水野 畔:よろしくお願いします。
GM/けいさん:よろしくお願いします。888888
マッドガッサー:ぱちぱちぱちぱちー
ジャンティ:よろしくおねがいします!(頑張ってヒレを振る)
橘 夕霧:よろしくお願いします。
マッドガッサー:ではお次は私が。
マッドガッサー:都市型犯罪妖怪のマッドガッサーです!戦闘では相手に煙幕を撃った時点で仕事が終わります。
マッドガッサー:マッドガッサーの正体は色々な説があるので、青年と女の子の姿を使い分けられるので調査もそこそこ可能!
マッドガッサー:今回はパンジャンドラムって多分視覚に頼らない兵器であることが不安の種です!よろしくお願いします!
水野 畔:ぱちぱちぱちぱちよろしくお願いします。
GM/けいさん:よろしく!まあ、たまには毒ガスの方も撃ってみてはどうかね。
橘 夕霧:よろしくお願いします。
水野 畔:パンジャンドラムに毒ガスは効くのだろうか
ジャンティ:よろしくおねがいします!(キノコっぽい名前だと思ったけど違った)
橘 夕霧:毒無効がなければ効く。ゲーム的にはw
マッドガッサー:自分の限定で「無生物には無効」をとってるから妖怪パンジャンドラムには効く。実在パンジャンドラムには無効!
ジャンティ:ジャンティです。サメです。
ジャンティ:サメなので飛んだり透明になったりできます。
GM/けいさん:「サメなので」説明になってねえ!www
ジャンティ:カボチャ以外はだいたい何でも食べられます。
マッドガッサー:「サメなので」そのうちワープもできるはず
水野 畔:サメなのでそのうち地中にも潜るはず
ジャンティ:いつもはコレットの家(の水槽)で暮らしています。
ジャンティ:よろしくおねがいします!
橘 夕霧:よろしくお願いします。
マッドガッサー:よろしくお願いします!ぱちぱちぱちぱちー
水野 畔:ぱちぱちぱちぱちよろしくお願いします
GM/けいさん:88888。なお、コレットはNPCとしてGM操作になります。
GM/けいさん:何かコレットに特徴的な口調はある?
ジャンティ:基本丁寧口調で大丈夫です>コレット
GM/けいさん:OK。ではラスト、夕霧さんお願いしますー。
橘 夕霧: 橘 夕霧(タチバナ ユウギリ)。雪女と人間のハーフです。
橘 夕霧:物覚えがいいので知力ベースの技能はある程度フォローしてあります。妖怪としての力は人払いをしたり多少冷気を操る程度で大したことはありません(威力の高い妖術もありますが使いどころがほぼない)。
橘 夕霧:性格的には困った方を見過ごすことはできないのですが、外に出ると大抵ろくなことにならないので普段は引きこもっています。
橘 夕霧:戦闘は不得手ですし、雪女だけに火に弱いので今回の相手は相性が悪そう。なので他の方に期待かなw
橘 夕霧:以上。よろしくお願いします。
水野 畔:よろしくお願いします。パチパチパチパチ
GM/けいさん:よろしくお願いします!88888
マッドガッサー:よろしくお願いします!
ジャンティ:よろしくおねがいします!
GM/けいさん:では、GMは「ときどき悪いドラゴン、ときどきイケメンダンピール」のけいさんでお届けします(定番台詞)。
GM/けいさん:なお、今回はアホセッションなので、紅茶でもすすりながら(←今回重要)お気軽にお楽しみください。
水野 畔:はーいよろしくお願いしまーす
マッドガッサー:別の画面でパンジャンドラム動画をBGMにしています!
GM/けいさん:もしかしてブリルナさん的に今回のテーマはけっこうツボ?
マッドガッサー:こういうセッションテーマ超好き

導入…依頼人だけは常識人だった

GM/けいさん:それでは、君達はネットワーク「フォルクローレ」マスターの要請を受けて、千葉県は習志野市まで赴いたところ。
GM/けいさん:この面子だと、財産的に移動は電車かな?
ジャンティ:もしくはコレットの車?
橘 夕霧:車はないなぁ。タクシー使えれば楽だけど経費はマスター持ちでもないと無理w
橘 夕霧:まあヒッチハイクも可能と言えば可能だけど流石にねw
マッドガッサー:門ワープも演習場行きでは辛いかな
水野 畔:電車で問題なさそうなら電車で行くかと思います
GM/けいさん:では電車で。車内はけっこう混んでいる。
水野 畔:普段遠出しないのでワクワクしながら窓の外見てます
橘 夕霧:病気にはならないが……弱ったな。せめて女性専用車両に……
GM/けいさん:コレット「けっこう人が多いですわね…ジャンティ、ちゃんと付いてきてる?人とぶつからないようにね」
水野 畔:そういえば全員女性専用車両が利用できるメンバーだ
ジャンティ:ジャンティは天井ぎりぎりにへばりついています!
GM/けいさん:マッドガッサーは女性体なのかな
マッドガッサー:みんなに合わせて女性体で行きましょう
GM/けいさん:了解。正義の妖怪側は女性率が高いんだよなあ
ジャンティ:ジャンティはオスなので乗れないです……>女性専用車輌
マッドガッサー:ジャンティはペット料金がいるのだろうか
GM/けいさん:さて、マスターによるととりあえず駅前で「相場 茂人」という人物と待ち合わせて話を聞いて欲しいそうだ。
GM/けいさん:相場さんは自動小銃の付喪神。あと、事が起こりそうなのは翌日なので現地にホテルの部屋も用意してるとのこと。
橘 夕霧:了解です。
水野 畔:特徴とか聞いてるなら駅出て待ちつつキョロキョロします
GM/けいさん:背は低いけどたくましい、ごま塩髭の男性と聞いているよ。
水野 畔:自動小銃だと付喪神としては割と新しそうだ
マッドガッサー:「ミスター相場、ミスター相場はいらっしゃいまセンカー」
GM/けいさん:で、駅前ではその容貌の男性が「フォルクローレ御一行様」と紙をもって待っている。
GM/けいさん:作業服のようなツナギにコート、という服装だ。
水野 畔:近寄っていきます。紹介状的なのはあるんですかね?
GM/けいさん:紹介状、あることにしましょう。
ジャンティ:ジャンティはコレットのすぐ上でついていきます。
水野 畔:多分代表で夕霧さんが持ってると思うので後ろからついて行こう
マッドガッサー:「ヘーイ。ミスター相場、フォルクローレは我々デース!」
GM/けいさん:「ようこそ皆様!お話伺っております。自分が相場 茂人であり、今回の…」
GM/けいさん:と言いながらも顔が赤くなってゴニョゴニョ。特に夕霧さんと顔を合わせられないようだ。
橘 夕霧:他の方にお任せしたいかな<代表
水野 畔:「よろしくお願いします。水野畔です」
水野 畔:ではマッドガッサーさんに
橘 夕霧:交渉技術はあるが交渉は(ろくなことにならないので)あまりしたくない…
ジャンティ:ジャンティは「体調が悪いのかな?」と思って鼻先でつつきます(透明なまま)
マッドガッサー:「よろしくデース。毒島といいマース。お話を聞かせてクダサーイ」
マッドガッサー:マッドガッサー自体は犯罪妖怪なので、推定自衛隊の人に妖怪名を名乗りたくない!
GM/けいさん:「とりあえず近くの喫茶店にでも入ってお話を。え、いやいやこれはナンパなどではありません決して!」と超テンパり中。
マッドガッサー:うーむ初々しい
橘 夕霧:ではついていきましょうか。
マッドガッサー:「見えないサメがメンバーにいるので広いところでお願いシマース」
水野 畔:傍目には美少女2人と美女2人のグループ
GM/けいさん:「すみません、お美しい方ばかりなので。なにぶん私は、出自柄女性には慣れておらず…」
GM/けいさん:という感じでしどろもどろながら話を聞ける。何でも、明日ある自衛隊の演習で、妖怪絡みのトラブルが予想されるそうだ。
マッドガッサー:「男性のほうが話しやすいデスカー?ならば変身っ!」男性に変身!
GM/けいさん:え、街中でいきなり性転換?w
マッドガッサー:演習場近くなら人気のない場所があるだろう、と物陰でささっと。
GM/けいさん:OK。では今回の事の起こりは…自衛隊の演習の責任者の机の上に、何者かの予告状が置かれていたそうだ。
水野 畔:予告状とはまた
GM/けいさん:相場さんはその予告状の現物を持ってきていて、出してくれる。
ジャンティ:ジャンティはあまり漢字が読めません……
GM/けいさん:コレットが代わりに説明してくれるけど、ジャンティに分かる世界なのかなw
マッドガッサー:さて内容は如何に
GM/けいさん:内容は要約するとこんな感じ。

「自衛隊関係者各位の高い士気、プロフェッショナリズムにはいつも感銘を受けている」
「そこで、きっと貴殿らの役に立つものとして『回転機動型地上爆雷』の活用を提案したい」
「聞けばこの度の演習では、廃品戦車を標的に実弾射撃訓練も行われるとのこと」
「僭越ながら小生も演習に参加させていただき、パンジャンドラムの力を示したく候」
「偉大なるパンジャンドラムが戦車を吹き飛ばす雄姿、紅茶片手にご堪能あれ」

水野 畔:「ぱんじゃんどらむ……?」
ジャンティ:英国面だということだけは魂で理解した!
マッドガッサー:善意ではあるっぽいな
GM/けいさん:そして最後は、「ネビル・スラスト」という流麗なサインで締めくくられている。
橘 夕霧:まあ人間を巻き込んで爆発しないなら放置でも構わないけれど、史実通りならどこに向かって走るか知れたものではないですね
GM/けいさん:PLが知っているならそれでもOKですが、知力-2判定に成功すればパンジャンドラムが何かは分かる。

 橘 夕霧さんのロール(3d6=<13) → 13[5、5、3] → 13 → 成功(成功度:0)
 ジャンティさんのロール(3d6<=6) → 10[1、3、6] → 10 → 失敗(失敗度:-4)
 マッドガッサーさんのロール(3d6<=10) → 15[4、5、6] → 15 → 失敗(失敗度:-5)

水野 畔:経歴的に知ってるわけないと思うので判定放棄
橘 夕霧:ギリギリ知っている。まあトンデモ知識に近いからな。
マッドガッサー:くそーPL的にちょっと名前に聞き覚えがある
マッドガッサー:キャラ的には知らないことになりました!
GM/けいさん:では夕霧さんは知ってる。爆薬を車輪でサンドして、その車輪をロケット噴射で回転させて敵に突っ込ませようというトンデモ兵器だ。
ジャンティ:ジャンティはサメなので兵器のことは(も)よくわからないです。
GM/けいさん:第二次世界大戦でイギリスが考案したが、転んだらそれまでなので実用化には至らず。兵器の案自体が陽動だとも言われている。
水野 畔:「イタズラという可能性はないんでしょうか?」
GM/けいさん:相場さん「まあ、妙にファンが多い珍兵器とは聞いているので、誰かのイタズラだろうという話に隊ではなっております」
橘 夕霧:いたずらならそれはそれで問題ない。問題は本当だった時の話ですね
GM/けいさん:自衛隊ではイタズラを名乗り出る者がいなかったので、全員懲罰の腕立て伏せ、で話が収束したそうだ。
水野 畔:隊員可哀そう…
マッドガッサー:「本物だったら犯人は責任者の机の前まで忍び込める実力があるのデスネ」
GM/けいさん:相場さん「ただ、誰にも気づかれずに責任者の机の上に置かれていたことなどが気になり、妖怪SNSを通じてフォルクローレのマスターに相談したところ、
GM/けいさん:相場さん「これはジョークではないとの判断をいただき、皆様に動いてもらうことになった次第。」
ジャンティ:妖気知覚とかしたのかな?
水野 畔:「わかりました!お任せください!……何をすればいいんでしょうか?」
マッドガッサー:「それはモチロン・・・何でしょうか?」
GM/けいさん:相場さん「はい、お願いします。どうか、隊の皆が無事に演習を行えるよう、この乱入を未然に防いでもらえませんでしょうか」
GM/けいさん:「彼らは限られた予算の中で精一杯活動しているのです。戦闘力はともかく、予算のやり繰りは世界一の戦闘集団ですよ」
GM/けいさん:「廃品戦車とて無駄にはできません。実弾を撃てるのも貴重な機会なのです。予定通り行えるよう、何卒」
水野 畔:未然にとなると今から探し出して説得なり強硬手段なりでしょうか
ジャンティ:「ジャンティも頑張ります。イギリス人が作ったものはろくなものじゃないとコレットのパパが言っていました」
GM/けいさん:コレット「まあ、英国の方はときどき物凄い発想のものを力ずくで実現させますからね」

調査

橘 夕霧:どうやって探すかですよね。当日なら演習場の近くに張り込むことになるでしょうが……できればそれ以前に見つけたいところですけど。
マッドガッサー:事前にパンジャンドラムを見つける方法かー
GM/けいさん:相場さん「あ、手掛かりになるかは分かりませんが、予告状と一緒にこんなものが置いてありました」
水野 畔:パンジャンドラム個人の犯行なのか協力者がいるのか気になるところですが
水野 畔:パンジャンドラムにこっそり置手紙をする能力があるとは思えないので
GM/けいさん:と、彼はジャムの小瓶のようなものを取り出す。ラベルには「マーマイト」と書いてある。
マッドガッサー:犯人が妖怪パンジャンドラムなのか、兵器大好き妖怪がパンジャンドラム作ってみた系なのか
水野 畔:コレットちゃんが無言でゴミ箱にシュートしそうだ
ジャンティ:ジャンティもあまり食べたくありません。
橘 夕霧:まあ自分で味わったことがないのでコメントは差し控えるが。
GM/けいさん:マーマイトとは、ビール酵母を固めた、名状しがたい味がするイギリスの食品。
GM/けいさん:私は姉妹品(オーストラリア版)の「ベジマイト」なら食べた。しみじみとマズかった…
マッドガッサー:マーマイトの香りを漂わせている人を探す?とか?
ジャンティ:(これがどう手がかりになるんだろう)とジャンティは思っています。
水野 畔:来歴感知でもあれば何かわかりそうなんだけど
GM/けいさん:相場さん「ゲテモノですから、そう普通には売っていないものと思いますよ」
橘 夕霧:そんなの持っているの夢さんくらいかな<来歴感知
マッドガッサー:我々が言い淀んでいたのに、どうどうとゲテモノと言いおったな
GM/けいさん:この予告状を書いたネビルさんは「お近づきのしるしに、皆で食べてください」とのことでしたが
橘 夕霧:マーマイトって日本語で書いてあるの?つまり国産?ラベルに作った工場等が載っていれば其方から卸している店を特定できるかもしれないが。
GM/けいさん:相場さん「まあ、妖怪SNSを見る限り、英国系の方はけっこう食べてるみたいですねえ」
GM/けいさん:>夕霧さん 国産ではない。輸入食品の類だね。
水野 畔:「付近で取り扱ってるお店があるか調べてみますか?インターネットでも買えそうな気はしますが」
橘 夕霧:だよね…
ジャンティ:食べてみたらなにか分かるのかもしれない!
マッドガッサー:「インターネットが便利になりすぎて、調査が難しいデスネ・・・」
GM/けいさん:ジャンティ、食べてみる?SANチェックする?w
水野 畔:「どんなお味なんでしょうか?」←好奇心
ジャンティ:と思ったので、ジャンティは少しだけなめて見ます。
橘 夕霧:英国かぶれに変化するのか
水野 畔:同じくちょっとスプーンですくって食べてみます
ジャンティ:生命力判定?
マッドガッサー:影響がメンバーで半々になるように食べない
GM/けいさん:まあ何と言うか、佃煮からタンパク質成分とコクを抜かした味がします。味が無いのにマズい、という感じ。
水野 畔:普段食べてるものがアレ過ぎて意外と平気かもしれない
GM/けいさん:何と、「鉄の胃袋」持ちが二人もいるというw
水野 畔:「……個性的ですね」
ジャンティ:ジャンティは普段いいもの(コレットがくれる)を食べているので、少し悶絶します。
GM/けいさん:コレット「ジャンティ、貴方にも食べられないものがあるのね…」
橘 夕霧:使いようで食べられるようにはなるとは思うが。元々単品で食べられるものではないでしょう。
水野 畔:河原で虫とか雑草とかスクラップ食べるよりはなんでも美味しいという貧乏舌なスライム
マッドガッサー:ジャンティはセッションに参加するたびに嫌いな食べ物が増えていく・・・
ジャンティ:ジャンティはまた1つ賢くなりました……
GM/けいさん:相場さんはスマホをいじって、「ああ、パンにバターと一緒に塗るみたいですね」と画面を見せてくれる。
水野 畔:「これを普段から食べる方なら海外の方でしょうから多少は絞れる……んでしょうか?」この辺りの外国人の割合分からないけど
GM/けいさん:その画面は、先程話に出た妖怪SNSのようだね。ハンドルネーム「赤帽」さんが、「今日も元気だマーマイトが上手い」と投稿している。
橘 夕霧:www
橘 夕霧:まあ可能性はある
マッドガッサー:妖怪SNSいいなあ
ジャンティ:リアル情報がわかる投稿はないかな?
GM/けいさん:妖怪SNS、しばらく漁ってみる?
マッドガッサー:赤帽さんに接触してみたいな
橘 夕霧:調べてみましょう
GM/けいさん:相場さん「妖怪SNS、いいですよ。人間だとアクセスできない上に、ちょっとしたコツがいるのですが」
水野 畔:パンジャンドラムに関する投稿とか探してみたいですね
GM/けいさん:ではSNSをいじってみたい人は、技能のコンピュータ操作の判定ヨロ。

 橘 夕霧さんのロール(3d6=<17) → 13[5、6、2] → 13 → 成功(成功度:4)
 水野 畔さんのロール(3d6<=12) → 7[3、1、3] → 7 → 成功(成功度:5)

GM/けいさん:コレット「ほんとだ、私が操作すると404エラーになる。どんな仕組みなのかしら…」
ジャンティ:ジャンティが触ってたら使えるのかな?(妖怪の抵抗力で判定されるなら)
マッドガッサー:技能持ってないからファンブルを避けるため皆に任せよう
GM/けいさん:あ、そう言えばその増強付けたんですよね。ジャンティと接触していればコレットも使えました。
ジャンティ:ジャンティはそもそも操作できないのでコレットに任せます。
GM/けいさん:では成功した方は、妖怪SNSに英国系妖怪のコミュニティグループを見付ける。
水野 畔:「エクスカリバーの付喪神さんがマーマイトの作り方を紹介していますね」
GM/けいさん:そこに、ネビルさんからの投稿が。「諸君、〇月×日1020、習志野演習場にて新たな挑戦を行うぞ!乞う、ご期待!」
マッドガッサー:「基本善意でやってるから隠す気がないんですね」
GM/けいさん:更に赤帽さんが投稿。「おう、旦那の派手な爆発を祈って、前祝いだ!皆、本日19時に『赤い帽子』に集合!」
橘 夕霧:どこなのやら。
水野 畔:赤い帽子かー
水野 畔:検索してみますがそのまんまだと出なさそうですか?
マッドガッサー:パンジャンドラムよりレッドフードのほうが強そうである
GM/けいさん:出ますね、赤い帽子。習志野市にあるイングリッシュ・パブだ。
ジャンティ:隠す気ゼロ!
水野 畔:「行きましょう!」直情
GM/けいさん:さて、今は15時頃と思いねえ。19時まではまだ時間があるけど、どうする?
橘 夕霧:熟練のゴブリン……というよりは普通にレッドキャップが思い浮かぶな。厄介な敵だ<D&D系
マッドガッサー:事前に赤帽さんの説得を試しておくとか?
ジャンティ:ノリノリだし説得は無理そうな気もする。
水野 畔:事前準備として店の流しかトイレの排水管の中にでも潜んでいようか
GM/けいさん:水野さんは『赤い帽子』に突撃態勢かね。他の方は?
橘 夕霧:でも当該時間に店となるとそれを楽しみにしている別妖怪とかもいそうだからあまり荒事にはしたくないが。
水野 畔:あんまりお店に迷惑はかけたくないですね
ジャンティ:普通に客として行ってみる?
マッドガッサー:開店準備中に、穏便になるようまずは赤帽さんの説得を試す
水野 畔:出てくるのを待ち伏せすればターゲットはベロベロに酔って御しやすくなるはず!
橘 夕霧:まあとりあえず行ってみますか。
水野 畔:19時のパブにいたら目立つことこの上ない姿なのが困る
マッドガッサー:確かに解散したところでアタックしかければネビルさんひとりになるのか
GM/けいさん:了解。ではネットで場所を特定して『赤い帽子』に行ってみると。
GM/けいさん:地下のパブで、看板には血塗られた赤い帽子のマークが。
GM/けいさん:失礼、赤い帽子と斧だった。そして階段を下りた入口のドアには「準備中」の札がある。
マッドガッサー:うーむ明らかな妖怪のお店
橘 夕霧:人払いもあるかもしれませんな
水野 畔:開店時間何時からになってますか?
GM/けいさん:19時からだけど、本日貸し切り予定とあるね。
マッドガッサー:「準備中に失礼シマス」とドアをノックしてみる
ジャンティ:コレットは普通に近づけてる?(人払い的な意味で)
GM/けいさん:コレット「ジャンティ、私色々な意味でここに入りたくないんだけど」
水野 畔:「ちょっと中を覗いてみましょうか?」
ジャンティ:ジャンティはコレットと一緒に外で待っています!
橘 夕霧:お邪魔してみましょうか。ダメならダメで集会後の出待ちに切り替えよう
水野 畔:出入り口の隙間からぬるっと中に入って見ましょう
GM/けいさん:>ドアをノック すると、しばらくした後でしわがれた老婆の声で「準備中だよ、札が見えないのかい」と返事が。
マッドガッサー:アメリカ妖怪とフランス人と日本妖怪の入店だー!
水野 畔:返事あった!
GM/けいさん:ちょっと入力の調子悪さからタイミングが崩れたけど、水野さんは侵入する?
GM/けいさん:それとも会話を続ける?
橘 夕霧:「すみません。お邪魔とは思いますがちょっとお話があります」
マッドガッサー:まずは紳士的に行きマショウ
水野 畔:さすがにお店の人いるなら入りません
GM/けいさん:老婆の声「またにしとくれ、この後貸し切りだから仕込みが忙しいんだよ」
水野 畔:「すいません、ネビルさんという方を探していまして、もしご存じでしたら少しだけお話させてもらえませんでしょうか?」
マッドガッサー:「パンジャンドラムの活躍のことでご相談がありまして・・・」
橘 夕霧:「単刀直入に申し上げてネビルさんの挑戦を止めていただきたく」
橘 夕霧:<正直なので
マッドガッサー:皆で言い繕うの図
GM/けいさん:老婆の声「何だ、ご同類か。入りな」とドアがひとりでに開く。
橘 夕霧:ではお邪魔します
水野 畔:入ります「お邪魔します」
マッドガッサー:「お邪魔シマース」
ジャンティ:コレットは入れます?
GM/けいさん:コレットはジャンティと一緒だったら入れますよ。彼女は赤い帽子の看板にモーレツに嫌な予感を覚えただけで。
ジャンティ:ではジャンティも入ります(通常サイズで)
GM/けいさん:そして、中に入った君達を迎えるのは、斧を携え凶悪な面をした赤い帽子の小人と、奥で鍋を煮詰めている魔女風の老婆だ!
マッドガッサー:さーて穏便にいきたいのだが、この人らの常識はどんなものだろうか
GM/けいさん:ちっきしょー、ジャンティが例の増強をしていなければコレットが卒倒だったんだが。
橘 夕霧:妖怪でも恐怖判定必要な容貌ならw
ジャンティ:危なかった!
GM/けいさん:まあ皆様、+3で恐怖判定してくださいな。多分大丈夫だろ。

 水野 畔さんのロール(3d6<=22) → 8[1、3、4] → 8 → 成功(成功度:14)
 ジャンティさんのロール(3d6<=13) → 7[2、2、3] → 7 → 成功(成功度:6)
 マッドガッサーさんのロール(3d6<=15) → 14[6、3、5] → 14 → 成功(成功度:1)

ジャンティ:カボチャより怖くない
橘 夕霧:意志力判定だから14以上は失敗

 橘 夕霧さんのロール(3d6=<15) → 14[5、6、3] → 14 → 成功(成功度:1)

橘 夕霧:ほらw
マッドガッサー:この場合失敗度っていくつになるんでしたっけ
橘 夕霧:恐怖表か。失敗度は1?
GM/けいさん:まあ、ここは重要なとこじゃないから、ちょっと呆然とした程度でいいっすよ。
橘 夕霧:了解です。
GM/けいさん:はい、イギリスの殺し屋妖精レッドキャップと、同じくイギリスの人食い妖精ブラックアニスが切り盛りしているキョーレツな酒場でやんす。
GM/けいさん:切り盛り(直喩?)
水野 畔:「えっとですね、明日のぱんじゃんどらむさんの一件でして」
マッドガッサー:では我々はインパクトに呆然としているのでジャンティと水野さんが頑張って説得だ!
GM/けいさん:>水野さん「ああ、ネビルの旦那の件か。今宵の酒の肴だな。面白い話じゃないか」
水野 畔:「自衛隊の方たちから既に予定を組んである事なのでこういったことは困るという相談を受けたんです。それで、ネビルさんという方をご存知だったら紹介していただけないかな、と」
ジャンティ:いきなり襲いかかってきたりしないなら、透明を解除して挨拶します「ジャンティです。サメです」
GM/けいさん:「あいにく、ワシらにとっても格好の娯楽なんでねえ。イベントが無くなっちまうのは盛り下がるなあ」
橘 夕霧:「さて今度のネビルさんの自衛隊演習地への挑戦ですが、自衛隊としては困るのです。廃棄戦車もそうあるものではなく破壊されてしまえば演習になりません。更に犯人が不明となれば隊員がその責を負わねばなりません。」
橘 夕霧:「実際、予告状を出されただけで引責として罰則がありました。ネビルさんの意図はどうあれその責を負わせられる側はたまったものではありませんし、貴重な演習の邪魔になるのもよくありません」
橘 夕霧:「ですから何とか思いとどまらせることはできないでしょうか?」
水野 畔:「娯楽で人に迷惑をかけるのはいけない事ですよ。相手なら私たちがなってあげます」
ジャンティ:「代わりにジャンティが芸をします。火の輪くぐりもできます」
GM/けいさん:「ほう、あんたらが奴を止めると?それはそれで面白い。」
GM/けいさん:「ネビルの旦那を説得するのは無理だろうねえ。英国紳士だから、頭の造りが違うんだよw」
橘 夕霧:「暴力は好みません」
マッドガッサー:「演習会場の近くでパンジャンドラムの雄姿を動画撮影!拡散!とかではムリですか?」
水野 畔:「でも演習場でやってしまうと人に見られてしまうかもしれませんよ?そしたら皆さんだけの娯楽ではすまなくなってしまいます」
GM/けいさん:「別に人間に見られてもどうってことなかろう。あ奴が自爆するのはワシらにとっては風物詩のようなもんじゃよ」
水野 畔:うーむちょっと価値観が違うタイプの妖怪たちだ
ジャンティ:今までにも自爆してるのか……
マッドガッサー:「念のため確認なんですけど、イギリス妖怪の皆さんはネビル氏が派手に爆発するところを観れたらOKな感じデスカー?」
水野 畔:人の目を気にせず暴れるって言われると力ずくの線が見えてきてしまうんだが
ジャンティ:サメとパンジャンドラムのぶつかり合いで我慢してもらいたい
橘 夕霧:高速蘇生とか持ってそうだなぁ
GM/けいさん:「ま、OKな感じかは皆の意見を聞いてみないと分からんね。来るまで待ってみてはどうかい?」
マッドガッサー:こんなアイディアはどうでしょうか
マッドガッサー:イギリス妖怪の反応次第だけど、マリーちゃんに来てもらってネビル氏には気分よく打倒できそうな目標を幻覚で見でもらう。
橘 夕霧:まあ対話ベースなら待つのもありか。
水野 畔:戦車すり替え作戦ですな
マッドガッサー:で、演習の前の日のうちに気持ちよく爆発してもらってネビル氏は満足、イギリス妖怪も満足、演習も無事で自衛隊も満足。
GM/けいさん:レッドキャップ「あ、あの人『精神攻撃無効』持ってるから(シレっと)」
マッドガッサー:「オーノー!!」
橘 夕霧:まあ予想の範疇。
GM/けいさん:「精神系妖術も幻覚も効かない、HPが0になっても周囲を巻き込んで自爆する、厄介な御仁だよ」
GM/けいさん:「存在自体は面白いから、離れたところから花火を見物するに限るね」
マッドガッサー:そうなると民家の近くで戦うと被害がデカいな
水野 畔:一度話してみてまとまらなければ実力行使かな。このパブの中ならパンジャンドラムも出せまいて
GM/けいさん:あ、ネビル氏はこの飲み会には来ないよ?
水野 畔:あるぇー?
GM/けいさん:なんせ大事な大一番の前だ。周りが楽しんで盛り上がってるだけなのだよ。
橘 夕霧:「ではネビル氏がどこにお住まいかご存じですか?」
橘 夕霧:直接行くしかあるまい
GM/けいさん:「ああ、この近くのホテルに滞在中さ。『ホテル・ブリティッシュ・コロニアル』だ」
橘 夕霧:「ありがとうございます。直接話をさせていただこうと思います」
水野 畔:「では直談判です!」
マッドガッサー:「なんか毎年爆発してそうなんデスガ、去年は何を爆発したのデスカ?」
GM/けいさん:「前はどっかの紛争に乱入したけど、転がって動けなくなり自爆したって聞いたねえ。今回どんな改良を施してくるか、楽しみだよ」
水野 畔:悪のネットワークのたまり場にでも突っ込むなら素直に賞賛してやるものを
橘 夕霧:弱点が残っていたか。改良されている可能性はあるけど
マッドガッサー:うーむ爆発して良さそうな場所に誘導する必要がありそう
ジャンティ:ジャンティが頑張って運びます(多分無理)
GM/けいさん:さてそうこうしていると、「お、開いてんじゃねえか」と客も入ってくるんだけど、君達はどうする?
橘 夕霧:ここにいても仕方ないしお暇するかな
マッドガッサー:「色々参考になりマシター。失礼シマス」
ジャンティ:ジャンティはお客さんに挨拶してから外に出ます
橘 夕霧:「お邪魔しました」
GM/けいさん:GM的に言っとくと、この後この飲み会ではネビル氏の話を肴に盛り上がるので、何らかの情報は聞けるかもしれない
水野 畔:「お邪魔しました!」
橘 夕霧:まあそうなんだけど夕霧はあんまり酒を飲んでタガの緩んだ男性陣の相手をしたくないかなぁ。
水野 畔:直情だからホテルに行っちゃうな
マッドガッサー:門でホテルに飛べるはずなので私は残ってみます
GM/けいさん:レッドキャップ「あいよー、あんまり盛り下げんなよー。花火の場所が変わるなら言ってくれー」
ジャンティ:マッドガッサーさんは携帯持ってます?
マッドガッサー:現代の貧乏なら携帯は多分あると思われる
GM/けいさん:マッドガッサー、貧乏なら携帯ありでOKでしょ
GM/けいさん:では妖怪シャーロックホームズやら、妖怪レプラコーンやらが集まってくるのと入れ替わりに君達(マッドガッサー以外)はホテルに向かうと。
マッドガッサー:母語がアメリカ英語なので楽しく飲んできます。
ジャンティ:ホームズが居た!
GM/けいさん:ホームズ「初歩的な推理だよワトソン君。ネビル氏の傾向、研究進捗からしてこの国、この時期に決行すると予測したのさ」
ジャンティ:(だったら捕まえておいて欲しかった)
マッドガッサー:言われてみればホームズはこういうイベント横から笑ってる性格だ

直談判、そして英国面の誘い

GM/けいさん:ではホテル組。『ブリティッシュ・コロニアル』という割とシャレにならない名前のホテルに君達はたどり着いた。
GM/けいさん:どうします?
水野 畔:さすがにホテルの人間は部屋番教えてくれなさそうだ
橘 夕霧:出てきてもらえばいいんじゃ
橘 夕霧:呼び出してもらえばいい
水野 畔:なるほど確かに。フロントにお願いしますか。まさか偽名は使ってないでしょう
橘 夕霧:ですね。今度の挑戦イベントの話をしたいと言えばおそらく来てくれるでしょうし
ジャンティ:出てこなかった時のために、透明状態で内線の番号を盗み見しよう(そのくらいなら覚えられるはず)
GM/けいさん:読まれてるなー、確かに偽名などは使わない!「ネビル・スラスト様ですね、かしこまりました…こちらにお越しになるそうです。ラウンジでお待ちください」
GM/けいさん:ジャンティ了解。部屋は盗み見たところによると1501号室。


ここでキャラ一覧にネビル氏を追加。キャラの(妖怪時の)立ち絵は下記のキャラシURLを参照のこと。その後人間時の立ち絵に切り替えたんですけどね。



マッドガッサー:すでに人間の姿でない!
GM/けいさん:何といらすとやでパンジャンドラムのイラストがあったのですよw
マッドガッサー:流石いらすとや
水野 畔:うーんこれサイズどれくらいなんだろう。元の物とも違ったりするんだろうか
ネビル・スラスト:「英国紳士は逃げも隠れもしない。私に話とのことだが。紅茶でもどうかね?」
GM/けいさん:ダークブルーのスーツをピシッと決め、胸元にハンカチーフを忘れない、無駄にイイ声の英国紳士だ。
水野 畔:「いただきます!それで、お話があるんですが」
GM/けいさん:「明日のイベントの件と聞いたが…そうか!君達もパンジャンドラムの魅力に気付き、是非見学したいのだね?!」
水野 畔:「違います。明日の予定を中止してもらいに来たんです」
ネビル・スラスト:「いや、それは常識的に考えてありえないだろう。パンジャンドラムの発達を妨げるのは、人類にとってもマイナスでしかない」
マッドガッサー:この人好きだわ
ネビル・スラスト:「明日の演習は、私の研究成果を示す絶好の機会なのだよ!よかったら君達も是非!」
水野 畔:うーんパンジャンドラムにどれほどの未来を見ているのだろうかこの人
ジャンティ:「ジャンティは戦車よりサメで実験することを提案します」
橘 夕霧:まあ単に「中止してください」で取りやめてくれるとは思えないから代替案を提示するしかあるまいね。
水野 畔:「では然るべき手続きをするべきです。唐突にやってきて迷惑をかけるのは紳士的じゃありません」
マッドガッサー:やはりパンジャンドラムが活躍する別の目標を提示するしかないんだけど・・・
ジャンティ:「なぜならサメは戦車より強いからです(サメ映画では)」
ネビル・スラスト:「ふーむ、サメ程度で偉大なるパンジャンドラムの有用性を証明するのは厳しいと思うが」
ネビル・スラスト:「それに、日本の自衛隊の皆様に分かるようパフォーマンスを行わなければ、正式採用には至るまいに」
橘 夕霧:自衛隊に採用してもらう目的か
水野 畔:その目的だと別のターゲットでは満足出来ない感じかな
マッドガッサー:本人である妖怪パンジャンドラムは高性能なんだろうけど、通常パンジャンドラムは・・・
ネビル・スラスト:「そう、パンジャンドラムこそ、20世紀における英国人最高の浪漫の発露と言えるだろう。これを広めなければいけないのだよ!」
GM/けいさん:そうやってネビル氏はどんどんパンジャンドラムの素晴らしさを語っていく。座っていたのが、前に乗り出して腰がだんだん浮いてくる感じ。
GM/けいさん:そして感極まって、「制御不能」の「狂気」を皆さんにかけてしまう!
GM/けいさん:威力レベル4の妖術に抵抗してくれ。
マッドガッサー:wwww
水野 畔:うお!?
ジャンティ:ぎゃー!
GM/けいさん:英国面に引きずり込め―。
水野 畔:あきらめない有効で良かったですよね?
GM/けいさん:有効です。

 GM/けいさんさんのロール(3d6<=15) → 11[5、1、5] → 11 → 成功(成功度:4)
 水野 畔さんのロール(3d6<=15) → 9[2、6、1] → 9 → 成功(成功度:6)
 橘 夕霧さんのロール(3d6=<21) → 9[2、3、4] → 9 → 成功(成功度:12)

GM/けいさん:とりあえずこっちの発動判定は成功。
橘 夕霧:まあ4レベルくらいの術なら17以上振らない限りは。
GM/けいさん:コレットも範囲に入っているので抵抗しますw

 ジャンティさんのロール(3d6<=6) → 11[3、3、5] → 11 → 失敗(失敗度:-5)

橘 夕霧:流石に妖術をかけられたら正当防衛は成立するだろうけど、ここで爆発されるわけにもいかないんだよなぁ。
GM/けいさん:ってコレット抵抗力すごいな!
マッドガッサー:ああコレットが英国面に

 GM/けいさんさんのロール(3D6<=16) → 9[2、5、2] → 9 → 成功(成功度:7)

ジャンティ:ジャンティは英国面に呑まれました
GM/けいさん:コレットは抵抗成功。ではジャンティにのみ、-10CPの「妄想/パンジャンドラムは最高の兵器」をあげようw
橘 夕霧:コレットは知力系全振りだからなぁ。
ジャンティ:「ジャンティはパンジャンドラムは最高だと思います!」
GM/けいさん:コレット「えっ!ジャンティ何を言っているの!?」
水野 畔:動物虐待……
マッドガッサー:これ、自衛隊の人に片っ端からパンジャンドラムの魅力を語ったほうが正式採用に近い気がする
GM/けいさん:コレット「お願いだから正気に帰って!その道は危険すぎるわ!w」
橘 夕霧:そんなに長時間持たないから…
橘 夕霧:あ。永続か
GM/けいさん:狂気による特徴は永続、ただし解除方法あり。
橘 夕霧:でしょうね。あと当人も解除できるはず
橘 夕霧:「流石に妖術で関心を得るのは英国紳士のなさることではないと思いますが」
水野 畔:うーんそろそろ説得(物理)に発展しかねない感じになってきた
ネビル・スラスト:「ん?私が何かしたかね?」←分かってない様子
マッドガッサー:説得(物理)の前に、飲み会で役に立ちそうな情報はありましたでしょうか
ジャンティ:「コレットもパンジャンドラムの勇姿を見ればわかると思います!(ジャンティも見たことない)」
GM/けいさん:よしよし、「パートナー」の特徴を持ってきたときから仲たがいをしたかった
GM/けいさん:コレット「フランス人の誇りにかけて、そんなものを理解するわけにはいかないわ!」
橘 夕霧:というか精神攻撃無効なら、精神系の妖術使えないんじゃ?
橘 夕霧:百鬼だと違うのかしらん
GM/けいさん:ああ、ネビル氏は増強して精神系妖術を使えるようにしてます。
ジャンティ:酷い(笑)
橘 夕霧:そんな都合のいい増強あるのねw
橘 夕霧:さてどうしたものかな
GM/けいさん:ちなみにこの妄想、上手くRPにこじつけられれば、必ずしもネビル氏の味方をしなくてもよいよ
ジャンティ:ではジャンティは(最高の兵器であるパンジャンドラムはどんな味がするんだろう)と思っています
マッドガッサー:(味が)最高
GM/けいさん:ではヤバくなったところで、一旦飲み会の方に移りましょうか

うなぎのゼリーよせをつまみに、スコッチウィスキーを一気飲み(正気の沙汰ではない)

マッドガッサー:さー何か情報は引き出せたのだろうか?
GM/けいさん:飲み会は英国系妖怪のほか、対空竹槍とかトンデモ兵器系妖怪も現れて、カオスな感じだ。超盛り上がってる。
GM/けいさん:マッドガッサーは今反応修正どんくらい?
マッドガッサー:男性のままだから修正なしかな
GM/けいさん:ではその輪の中に巻き込まれたマッドガッサーに対して、こちらで反応判定を振る。「社交」とかあればそっちで振ってもいいけど
GM/けいさん:その結果次第で噂表を振ることになるね。無条件で入る情報もあるけど。
マッドガッサー:犯罪系だから社交とかないのだ「フライングパンケーキの妖怪はイマスカー!」
GM/けいさん:対空竹槍「おお、お兄さんはそっちのクチか。語ろうじゃないか」

 GM/けいさんさんのロール(REACT)→ GURPS 反応表(8) → 良くない

マッドガッサー:イギリス系じゃないからなー
ジャンティ:(メカシャークの妖怪はいないかな?)
GM/けいさん:対空竹槍「まだまだ知識が甘いな、珍兵器は奥が深いぞ。にわかだな」
GM/けいさん:特に反応判定による情報は得られませんでしたー。


<うらばなし>
ここではいつもの手で、反応表で「良い」以上なら1D6で以下の情報が得られる噂表を用意していました。
1.ハボクック(氷山空母)の姐さんが残念がってたぜ。海際でやってくれれば見物できるのに!って。
2.ネビルの奴、前回からロケットブースターを増設したらしいからな。ブースターが無事なら転んでも起き上れるそうだ。
3.お、SNSにドレイク卿の投稿があるぞ。今海外で見に行けない、誰か撮っといてくれ、だとさ。
4.しっかしネビルの旦那はどうやって演習場に入るつもりかねえ?正面突撃か?写真に映るようにするんだろうなw
5.アイツが敵基地に突っ込んで自爆したの見たことある。いやあ、派手だったね。ダメージ18Dはあったぞ。
6.そう言えばブラウニーが来てないな?アイツお手伝い大好きだから、この会や現場でも色々頼みたかったんだが。

また、反応表「とても良い」やRP次第ではレプラコーン君が作った靴のお守り(効果:GURPSで「一歩踏みこんで〇〇する」の際、高速走行の妖力と同様に更に一歩動ける。このセッションのみ使用可能)も入手可能でしたが、これもPCには渡らず。



マッドガッサー:「オー、申し訳ありまセーン。まだ兵器としての正体を獲得してないのデース」マッドガッサーは政府の秘密兵器説もあるのだ
GM/けいさん:ただこういう話が聞ける。「あの旦那を見てると、パンジャンドラム最高!って気分になっちゃうのよね。爆発するの見たら我に返ったけど」
マッドガッサー:まあ本人が爆発したら妖術解けるよね
橘 夕霧:まあ死んだら解けるのは普通だが<妖術
GM/けいさん:ネビル氏の狂気は、何でもいいから爆発を見ると解けるのだ
橘 夕霧:まあ狂気の妖術の方はそれほど問題じゃない。ネビル氏自身をどうするかだからな
マッドガッサー:なるほど

英国紳士は砕けない

橘 夕霧:さてどうしたものかな。
GM/けいさん:ほっとくとネビル氏は滔々とパンジャンドラムの魅力を語り、君達を英国面に引きずり込んでくるよー。
ジャンティ:ジャンティは透明なまま相槌を打っています
ネビル・スラスト:「そこのサメ君は話が分かるな。水中パンジャンドラムを研究するのも悪くなさそうだ」←ジャンティが見えてる
橘 夕霧:ぶっちゃけ夕霧にできることはないな。何でもいいから爆発したいなら浜辺とか人気のないところで爆発してもらえればよかったが。自衛隊に売り込むという明確な目的があるとなると。
水野 畔:「ではこういうのはどうでしょうか?自衛隊の方立会いの下、別の目標で披露していただくというのは。正式採用が目的であればそれでも良いのでは?」
マッドガッサー:とりあえず携帯で狂気の解除方法は伝えます
GM/けいさん:ほう、別の目標とは?
マッドガッサー:説得できそうな目標が思いつかない
水野 畔:いや何なら満足してくれるだろうと考えてました。別に岩でもなんでも良い気はするんですが
ジャンティ:「サメ!」
橘 夕霧:解体予定の建物(廃ビル)とかあれば?
GM/けいさん:うーん、戦車以上に力を示すにより良い目標案は出てこない様子。
水野 畔:まぁ実際戦車より頑丈なものを用意するのはちょっと難しい
橘 夕霧:だよね。
マッドガッサー:シャイアーテックス社…
水野 畔:葉間市ならシャイアーテックのたまり場に突っ込んできてくださいよって言うのもありかなってちょっと思っちゃいましたけど
GM/けいさん:シャイアーテックス社方向に振るのは面白いかもしれない。
マッドガッサー:なんの罪もないシャイアーテックスに何故か起きる爆発事故
水野 畔:質より量で廃車場にでも突っ込んでもらうとか
GM/けいさん:実はさっきの噂表の1D6の中に「3.お、SNSにドレイク卿の投稿があるぞ。今海外で見に行けない、誰か撮っといてくれ、だとさ。」を用意してた
マッドガッサー:SNSに投稿する悪の妖怪
GM/けいさん:えーと、このまま行くと、演習場に殴り込んだネビル氏と戦闘して、戦車に突撃する前に止める形になります。
水野 畔:実際戦車をどうこう出来るスペックの相手は怖いな
マッドガッサー:戦闘になるなら周りに被害が出なそうな演習場のほうがいいかもしれない
橘 夕霧:それしか手はないかな。
橘 夕霧:ただ相性は最悪。
マッドガッサー:狭いところで戦ったほうがパンジャンドラムは動きにくいと思うが、倒したときの爆発が怖い
GM/けいさん:ただ今日は時間が迫ってきているので、セッションの残りは日を改めてとし、その間に妙案が浮かんだらというのも手。
水野 畔:ちょっとこの英国紳士止められる手段が思い浮かばないので演習日程は可能ならずらしておいてもらいたいですね。流石に目撃者が出過ぎる気がする
マッドガッサー:精神攻撃無効なのがなー
橘 夕霧:まあ人払いで人間はその場に介在させなくはしますが<戦闘
橘 夕霧:言葉や妖術ではどうにもならん。
GM/けいさん:自衛隊側に働きかけて演習日程をずらすのはアリですね。ネビル氏にバレないように。
マッドガッサー:なんとか偽の目標(偽戦車とか偽ドイツ妖怪)を作れるといいのだけれど
橘 夕霧:幻覚は効かないとなるとそれっぽい物を作る資材だけでもお金が結構かかりますしね。技術があるかは別にして…
マッドガッサー:氷像と煙幕で偽物の倒すべき妖怪とか?
橘 夕霧:氷変形は覚えてない
マッドガッサー:無理だった
ジャンティ:ジャンティがメタルスライムと合体することで究極兵器メカシャークに!
橘 夕霧:今のシャンティならパンジャンドラムと心中も本望かw
水野 畔:庇うでアーマードシャークに?
GM/けいさん:そう言えば、コレットは大金持ちだな。
ジャンティ:中古戦車を買ってもらう?
水野 畔:正気に戻すための爆発物はもうポチってそう
水野 畔:シャイアーテック「C4を一つですね。ありがとうございます」
GM/けいさん:c4爆弾をネットで販売、流石シャイアーテックス。
マッドガッサー:最新兵器から家電まで売ってる(原作設定)シャイアーテックス
GM/けいさん:ではネビル氏の熱いトークからは撤退したことにして、セッションの残りは別日にして対策を考えますか?
マッドガッサー:了解デース
水野 畔:はーい
橘 夕霧:はい
ジャンティ:パンジャンドラムは最高!
ネビル・スラスト:「新たな理解者を得て私も嬉しい。今回のトライアルに君達が同席するのを楽しみにしているよ」
マッドガッサー:個人的には派手に爆発するパンジャンドラムを見たい!

後半戦

マッドガッサー:こんばんはー!結局ノーアイディア!
あいまる:戦車の質量が37tとかあってこれは無理ってなりました
マッドガッサー:ネビル氏が納得してくれるように、悪のドイツ妖怪でも演じてみようかしら。メタルスライムのガード性能を信じて真正面から受ける!
あいまる:うーん大きな問題がありまして
あいまる:庇うは一日一回の限定がかかっているので10秒しか効果持続できないんですね
マッドガッサー:悪のドイツ妖怪(マッドガッサー妖怪)は幼気な少女(マッドガッサー兼任)を人質にとってます!手加減して爆発してください!
マッドガッサー:あいつの弱点は「正義のイギリス兵器」なので手加減して爆発すれば人質は無事であいつは倒せます!みたいな与太話を信じ込ませる。
あいまる:普通の少女だと手加減しても手加減しても無事ではないのでは…
マッドガッサー:1d6でも人間には致命傷だからなー。
現人虫:倒してから爆発する前にネビル氏を庇えば……
マッドガッサー:ネビル氏戦闘になったら初手大自爆する可能性があるのが、やや怖い
GM/けいさん:ふふふ、英国紳士には手を焼いているようだねえ
現人虫:まあ人間さえ退避させれば後は野となれ山となれかなぁ
マッドガッサー:下手に英国紳士を説得すると、逆洗脳されるから難しい。迷惑さにすきがない。
現人虫:そもそも無感情だから情に訴えることもできないし。
GM/けいさん:さて揃ったようですが、皆様ご準備よろしいでしょうか。
水野 畔:大丈夫でーす
マッドガッサー:大丈夫ですっ!
橘 夕霧:OKです。
ジャンティ:はーい!
GM/けいさん:ではでは前回までのあらすじ。自動小銃の付喪神さんからの依頼、英国紳士を止めて自衛隊に無事に演習を行わせてくれ!
GM/けいさん:しかしこのパンジャンドラムの化身・ネビル氏、頭の造りがフツーでないので説得も難しい。
GM/けいさん:しかも、彼の熱いトークに感化されてジャンティも英国面に堕ちてしまった!というとこでした。
ジャンティ:ジャンティはパンジャンドラムは最高だと思っています!
水野 畔:英国紳士が悪の妖怪判定ギリギリアウトくらいのムーブなので説得(物理)も辞さない
GM/けいさん:とりあえず、英国妖怪の飲み会に参加しているマッドガッサーから、彼の「狂気」の妖術は爆発を見せると解けると情報は得ている。
マッドガッサー:説得(物理)か、どこか邪魔にならないとこで自爆してもらうか。
GM/けいさん:コレット「誰か、爆発の術が使える妖怪はいないの?!このままじゃジャンティが」
ジャンティ:「ジャンティはどこも問題ありません」
マッドガッサー:花火買ってこよう
GM/けいさん:コレット「どうしても手が無いのならこの『シャイアーマゾン』という怪しい通販サイトでc4をポチッと…」
マッドガッサー:www
水野 畔:なんなら本物のパンジャンドラムも用意してくれそうな通販サイトだ
GM/けいさん:この前シャイアーテックス開発部もできたしね。
水野 畔:「残念ですが戦車の代わりになりそうなものは思いつきませんでした。でもやっぱりそのままやらせるわけにはいかないんです」
マッドガッサー:説得(物理)してしまうとパンジャンドラム爆発を期待してる英国面妖怪が怒りそうなので、どこかで自爆していただきたい
GM/けいさん:さすがは「あきらめない」の水野さん。して、どうするね?
橘 夕霧:物理で説得するとそれはそれで爆発するんじゃw
GM/けいさん:うん、ネビル氏はHP0になると自爆する。
マッドガッサー:レッドキャップの面々には、説得(物理)現場にご招待すればいいか
水野 畔:「地方の廃墟などではいけないんですか?」
GM/けいさん:英国面妖怪やトンデモ兵器妖怪たちは、面白ければ良いというスタンス。
ジャンティ:人の目さえなければ演習場が一番安全といえば安全かな?
マッドガッサー:じゃあネビル氏には偽の日付を伝えて演習場に来ていただく感じかな?
水野 畔:既に日付知ってそうじゃないですか?
GM/けいさん:まあとりあえず、マッドガッサーはまだ飲み会会場で、絡まれてる。合流するなら何とかしてくれ。
GM/けいさん:ああ、ネビル氏はすでに日付も時間も知っていて、イベントは明日の1020からだ!とSNSにぶち上げてるからね。
マッドガッサー:本日合流するとネビル氏の説得(洗脳)にうっかり負けそうなのだよな
橘 夕霧:HP0の発動遅延なら、気絶させることができれば……頭部というか脳への部位狙いか。
マッドガッサー:自衛隊側の予定も動かせないよね、たぶん
GM/けいさん:>自衛隊側の予定も動かせない さあ?それはやってみないと何とも。
橘 夕霧:演習を中止にさせること自体は不可能ではないだろうけど。かなり迷惑
水野 畔:自衛隊側は人間なので強引な方法が効かないわけじゃないですがあまりやりたくないですね
マッドガッサー:これはネビル氏に「乱入予告のせいで演習が3時間前倒しになるらしい!」とか偽情報を与えるとかでしょうか?
橘 夕霧:それはそれであり<これは~
水野 畔:英国紳士による配信を妨害してしまったらタイミングずらせたりしませんかね?
GM/けいさん:特にネビル氏が配信を準備しているという情報はないけど?
水野 畔:あれ?パブの人たちどうやって自爆の瞬間見るんですか?まさかみんなして演習場に忍び込むんでしょうか?
GM/けいさん:うん。ライブで見に行く(シレっと)。
マッドガッサー:あいつら「見学」する気まんまん
水野 畔:迷惑~
GM/けいさん:妖怪たち「おう、レプラコーン!当日は『門』の準備を頼むぞ!みんなで旦那の晴れ舞台を見てやろうぜ!」
GM/けいさん:と騒いでいるのが現場にいるマッドガッサーには聞こえると。
マッドガッサー:英国面とは迷惑である
マッドガッサー:偽時間伝えるなら、バーから門ワープで飛んでいくけど飛んでいい?
GM/けいさん:飛んでいいですよー。でもどこへ?
マッドガッサー:皆が話してる喫茶店付近の建物
マッドガッサー:喫茶店じゃなくてホテルだったっけ
GM/けいさん:OK。では門でワープ。
マッドガッサー:ではさっそく慌てて駆け込みつつ
GM/けいさん:ネビル氏が宿泊しているホテルのラウンジで話してた
マッドガッサー:「ミスターネビル!大変でーす。かくかくしかじかで、演習が前倒しになりマース!!」
橘 夕霧:いっそゴリアテの妖怪を呼んできて戦わせるとかw
マッドガッサー:「1020ではもう戦車は爆破済みデース!」
ジャンティ:「パンジャンドラムの勇姿が!?(騙された)」
GM/けいさん:…と、いきなり駆け込んできた見ず知らずの人に言われてもなあ。こっちで反応判定にする?それとも「言いくるめ」にする?
マッドガッサー:いいくるめ振ってみます
橘 夕霧:お得意のはず。

 マッドガッサーさんのロール(3D6) → 13 (3、4、6)

ジャンティ:「マッドガッサーさんはいい人です!」とジャンティも説得(?)します。
マッドガッサー:技能は14
橘 夕霧:成功ですな
GM/けいさん:では、ジャンティは信頼できる英国面の人とネビル氏は認識したんでそれも加味して…

 (シークレットダイス) GM/けいさんさんのロール(s3d6<=14) → 8[4、2、2] → 8 → 成功(成功度:6)

ネビル・スラスト:「ふむ。情報ありがとう。だが唐突な話だね、にわかには信じがたい。少し裏を取ってみるかな」
橘 夕霧:出目には勝てないか……
マッドガッサー:ネビル氏は無駄に何でもできてすごいなぁ!!
GM/けいさん:で、ネビル氏は座っている椅子の影に向けて「頼むよ」と言う。すると、椅子の陰からひげをたくわえた小人さんが現れる。
水野 畔:小人さんか。手紙おいてきたのもこの人かな?
ジャンティ:小人さんなら魅了が通じるかも?
マッドガッサー:せめて先に自動小銃さんに口裏合わせを頼んでおくべきでした(後の祭り)
GM/けいさん:小人「分かりましたネビルさん、調べてきます。貴方は大一番を控えた身、ゆるりとお待ちあれ」
GM/けいさん:といって小人さんはラウンジを出ていく。ブラウニーだね。ちなみに目がぐるぐるしてるw
マッドガッサー:ば、爆発が必要
ジャンティ:小人さんは歩いて出ていってるんです?
GM/けいさん:歩いて出ていってる。
ジャンティ:それってすごい時間がかかるのでは?
GM/けいさん:ひょっこひょっこひょっこ
GM/けいさん:癒されるねー
マッドガッサー:かわいいねー(目ぐるぐる)
GM/けいさん:言うまでもないかもだが、目がぐるぐる、っていうのはネビルさんの「狂気」がかかってる印ね。そういう限定。妖怪なら見てわかる。
ジャンティ:ではジャンティは「ジャンティが連れて行ってあげます!」と言って純粋な親切心で呑みこみます(無常識)
橘 夕霧:そして消化されると…
ジャンティ:消化はしません!
GM/けいさん:ブラウニー「キャーやめて食われるー!!!」
水野 畔:これジャンティが透明になったら中のブラウニー君もなるのかな?
ジャンティ:なりますね>透明(というか外からは見えない)
マッドガッサー:「小人サン、パンジャンドラム愛好の同士を信じるのデース」
GM/けいさん:ブラウニー「別にオイラは一人で行けるって!台所まで行ければ!」
水野 畔:台所限定の門なのかな?
マッドガッサー:結局爆発物は手元にないんでしたっけ?
水野 畔:ないですね
水野 畔:メントスとコーラでも正気に戻るならすぐ買ってきますが
GM/けいさん:手元にはないねえ
ジャンティ:小人さんは避けます?
GM/けいさん:妖魔/百鬼では、小さくなると「よけ」も絶望的になるのだ。よけられない。
マッドガッサー:自動小銃さんが爆発系妖術をもってることに期待して、連絡しておきましょうか
ジャンティ:ではそのまま飲み込んで外へ飛び出します。
ジャンティ:そして知力8なので迷子になります!(その間に事情を伝えてください)
マッドガッサー:メール「そちらに洗脳されたサメが参りマス。なんでもいいから爆発を見せれば洗脳は解けマス」
GM/けいさん:ではマッドガッサーは飲み会で君と話した妖怪「対空竹槍」さんが、竹槍の先に爆薬を着けていたことを思い出す。
マッドガッサー:対空竹槍ってそんな兵器でしたね言われてみれば!
GM/けいさん:B29だって落とせるぞ!
橘 夕霧:まあカセットボンベあれば即席で爆発くらいどうとでもなるが
GM/けいさん:何か非常にアドリブの連鎖になってますが、どうするのかな?
マッドガッサー:門ワープで、バーに戻って爆破をお願いしてみよう。
マッドガッサー:すべてのアドリブが通ると市内で連続爆破が起きる、のだろうか?
GM/けいさん:他の方々は?
ネビル・スラスト:「もう夜も更けた、明日のイベントに響いてもいけない。君たちも見に来てくれるのだろう?ゆっくり休みたまえ」
GM/けいさん:とネビル氏はあくまで紳士的スタンス。
橘 夕霧:まあ特にすることもないから休むか。
水野 畔:協力できることがないなぁ。なんなら朴訥なので本当に前倒しを信じてるまであります
水野 畔:「えええ!?そんな早くちゃ準備も出来ませんよ!」
GM/けいさん:マッドガッサーに対する対空竹槍さんの反応判定はあまり良くなかったねえ。
マッドガッサー:あんまり良くないですねー、とりあえず言いくるめしたい

 マッドガッサーさんのロール(3D6) → 11 (2、3、6)

GM/けいさん:これ言いくるめのロールね?
マッドガッサー:成功度3かな。反応の悪さを補えるだろうか
マッドガッサー:言いくるめのロールです
GM/けいさん:まあ相手は酔ってるし。補えました。飲み会の会場内で小規模な爆発を起こして周りから喝采を浴びたり怒られたり!
GM/けいさん:ジャンティは しょうきに もどった!
ジャンティ:「……は! ジャンティはなにをしていたのでしょう」
水野 畔:正気に戻ったのはめでたいけど世間的には本当に迷惑な連中だ
GM/けいさん:「そうか、オイラもあの旦那の熱に当てられちまって…でもブラウニーは手伝うのがナンボな生き物だからなあ、つい」
ジャンティ:「あんなのどう見ても美味しそうじゃないのに!」
マッドガッサー:ブラウニーさんに口裏合わせをお願いしたいところ
水野 畔:ブラウニーも英国面だと正気でも断られる可能性が
GM/けいさん:ブラウニーは迷ってる感じだね。彼の性質としては、もうこのまま手伝いたい。放り出すのも忍びない
水野 畔:ジャンティの圧倒的STで脅迫を
マッドガッサー:むしろブラウニーさん、偽戦車作れませんか?
GM/けいさん:いやそれは無理w
橘 夕霧:チョコケーキにして食べてしまうぞ、とか?w<脅迫
ジャンティ:「ブラウニーさんお願いします!」とサメがドアップで迫ります(悪気なし)
GM/けいさん:怖がらせるだけだろうなあ。
水野 畔:脅迫の技能なし値がST-5だからジャンティならまさかの66レベル相当だ!
橘 夕霧:www
GM/けいさん:いや、そういうときは一応疲労点を能力値の代わりに使うよ。それでも凄そうだが。
マッドガッサー:www
ジャンティ:ジャンティの疲労点は25ですね。
水野 畔:疲労点でも20あるこれは勝つる
GM/けいさん:地下のパブ、狭い室内なので最大巨大化はできないものとする。
GM/けいさん:やるかい?
ジャンティ:ジャンティは良い子なので(コレットに言われない限りは)脅迫はしません。誠心誠意お願いします。
GM/けいさん:面白いからやっても良かったけど。良い子だねえ。

 GM/けいさんさんのロール(REACT)→ GURPS 反応表(11) → 中立

マッドガッサー:どうやらネビル氏には説得(物理)しかないルートかな?
水野 畔:そうですね。でもなんとか時間の前倒しだけでも信じさせたいですね
GM/けいさん:「オイラもあまり人間に迷惑はかけたくないしなあ。じゃあ、この後は手伝わないことにするよ。でも彼に嘘を言うのはカンベンしてくれ」
GM/けいさん:「ネビルの旦那は真剣で、真摯な人なんだ。方向性は置いておいて」
マッドガッサー:ブラウニーさんが帰ってこなかったら、裏取りできないからとりあえず早めに来るしかないはず。
GM/けいさん:英国妖怪たち「別に俺たちは、旦那の自爆プレゼンが、お前らによる旦那の性能試験に変わってもそれはそれで楽しめるぜ」
水野 畔:とりあえず朝待ち構えますか
GM/けいさん:朝待ち構える、でOK?自動小銃さんから当日の戦車の予定位置とかは聞いていて、そこからルートは予測できるものとする。
橘 夕霧:私は特にすることはありません
水野 畔:ルート上で待ち構えます
水野 畔:人目に付かなさそうな場所はありますか?
ブリルナ:英国面妖怪に朝勝負するので見学したいならどうぞ、と伝えておきます
GM/けいさん:時間変更を伝える、了解。人目に付かなそうな場所、は演習場内という意味?
水野 畔:そうですね。演習場内です
ジャンティ:ジャンティは透明になってルート上空で見張っています。コレットは別行動かな?
水野 畔:一応人払い夕霧さんにかけてもらいますか?
GM/けいさん:オープンフィールドだけど、入ってしまえばそう人目に付くもんじゃない。むしろ問題はどう演習場に入るか。
水野 畔:液体の体なので見られないようにじゅるるるっとフェンスでもなんでも関係ないぜ
GM/けいさん:水野さんはそれでOKだねw 他の方々は。
ジャンティ:ジャンティが呑み込んで運ぶ?
橘 夕霧:夜のうちに忍び込むかなぁ
GM/けいさん:あと、コレットは別行動ですね。ホテルで待機。流石に荒事になるので。
ブリルナ:同じく忍び込み
GM/けいさん:一応、演習場は有刺鉄線付きのたっかいフェンスに囲われている。
橘 夕霧:そのくらいなら登って超えるかな。有刺鉄線の棘くらいじゃ傷もつかん
水野 畔:妖怪みんな防護点高いですしね!
ジャンティ:ジャンティが乗せて運びますよ!
ジャンティ:技能も取ったので!
GM/けいさん:OK、正攻法で行く人は技能「忍び」「登攀」それぞれ振ってくれ。ジャンティに乗るか、呑み込まれるならそれも良し。

 橘 夕霧さんの忍びロール(3d6=<14) → 13[5、3、5] → 13 → 成功(成功度:1)
 橘 夕霧さんの登攀ロール(3d6=<10) → 10[4、3、3] → 10 → 成功(成功度:0)
 マッドガッサーさんのロール(3d6<=16) → 13[6、4、3] → 13 → 成功(成功度:3)

橘 夕霧:とりあえず成功
GM/けいさん:そつがないな。では夕霧さんは人目につかないタイミングで、フェンスを登って越えたと。
GM/けいさん:ちなみにネビル氏はブラウニー君に「門」で入れてもらう予定だったのだが
橘 夕霧:ぶち破りそうか。それはそれで困るが。
ネビル・スラスト:「待ち人、来たらずか。袂を分かったとはいえ、これまでの協力には感謝する」
ネビル・スラスト:と言って妖怪化。パンジャンドラムの姿を現し、フェンスの前まで転がると、装備しているロケットブースターに点火。
水野 畔:ひょー
ネビル・スラスト:「超跳躍」でフェンスを飛び越える。すげー目立つ。
ブリルナ:登攀の技能なし値を調べてたら、それどころではなくなった
GM/けいさん:英国珍兵器には、ロケットブースターで段差を飛び越える戦車もあるのだよ!
橘 夕霧:ちなみに敏捷-5、体力-5<登攀の技能なし値
橘 夕霧:まあ私も使うことになるとは思わなくて今回初めて調べたけどw<登攀
ジャンティ:ジャンティに言ってくれれば運んであげたのに!
水野 畔:「そこまでです!」
GM/けいさん:水野さんの制止に、ごろごろ転がろうとしていたパンジャンドラムが止まる。
ジャンティ:ジャンティもすぐに飛んでいきます。
橘 夕霧:位置的にゴミ箱に片車輪突っ込んでいるように見えて笑えるw<立ち絵
GM/けいさん:そうそう、ゴミ箱の位置w


オンセンルームの仕様により、ネビル氏の妖怪時立ち絵がルームのごみ箱に重なっていたんですね。棺桶に片足突っ込みながら爆走するのがパンジャンドラムさ!



水野 畔:「警告無視を放置は出来ません!ここで止めさせていただきます!」
ネビル・スラスト:「ほう、私を止めようというのかね?残念だ、あのサメ君にはパンジャンドラムの素晴らしさを分かってもらったと思ったが」
水野 畔:「素晴らしいのであれば正規の手続きをもって行ってください!それをしないのであればあなたは無法者です!」
ジャンティ:「ジャンティはフランスのサメなので英国面には屈しません!(0勝1敗)」
ネビル・スラスト:「ふふふ、このロケットブースター然り、最終的には力でゴリ押すのが英国流とも言える」
マッドガッサー:「(犯罪系妖怪なのであまり他人様のことは言えないが)迷惑デース!」
ネビル・スラスト:「では昨今の改造の成果を、君達に試してもらうとしよう。無益な殺生は好かない、退くときは退いてくれよ?」
マッドガッサー:いったいどんな兵器になっているんだ妖怪パンジャンドラム・・・
GM/けいさん:と言うと、車輪に付けられたジェットが火を噴き、さながら直立したねずみ花火のように回り始める。戦闘です!

戦闘…のような何か

水野 畔:イニシアチブ7まで上がりました!でもこの面子だと遅い方な気がする
GM/けいさん:なお、本来の予定ではPC達に体当たりしまくって、全員転倒したら目標の戦車に向かって移動力16で疾走、タッチダウンという予定でした。
橘 夕霧:飛んでるサメも転倒するのだろうか
水野 畔:液体の体は転倒しないのです
ジャンティ:体力勝負なら勝てる!
マッドガッサー:相性はいいのだろうか?
GM/けいさん:ただ、時間をずらされたのでPC達を突破しても戦車は無い!
橘 夕霧:夕霧には相性は悪い。最悪に近い。
GM/けいさん:あと、この戦闘ではネビル氏とどの程度距離を取るかが重要です。
GM/けいさん:簡易的な距離ルールとして、至近距離か、5m程度の中距離(射撃に-2)、10mぐらいの長距離(射撃に-4)を選びつつ戦ってくれ。
GM/けいさん:ネビル氏は巨大化2Lなのでそっちの命中判定に+2ボーナス付くけどね。
ジャンティ:もちろんジャンティは至近距離です。
橘 夕霧:ですよね……夕霧の直接戦闘能力は至近距離か最大でも5mまでしか届かないから…
マッドガッサー:とりあえず中距離かな
橘 夕霧:至近距離でやるしかないのですよな。それが自殺行為だとしても。
水野 畔:夕霧さんと同じレンジにいます。最悪庇えるように
GM/けいさん:行動順はジャンティ、夕霧、水野、ネビル、マッドガッサーの順。ではどうぞ!
GM/けいさん:英国系妖怪たち「おーやれやれー」
ジャンティ:見えてるっぽいけど、一応透明のまま噛みつきます。部位とかあります?
GM/けいさん:二つの車輪の間の爆薬が致命部位と言えばそうだけど、やる?w
マッドガッサー:戦闘は終わるねwww
GM/けいさん:そしてジャンティは至近距離で自爆を喰らう。
橘 夕霧:でも最終的に爆発するなら遅かれ早かれじゃない?w
ジャンティ:命中修正はどのくらいです?
GM/けいさん:-3としよう。
GM/けいさん:このヒトにはダメージボーナスがないのだが、爆薬部分は防護点を抜けた分2倍とする。
ジャンティ:では狙ってみます!
GM/けいさん:どうぞ!

 ジャンティさんのロール(3d6<=13) → 12[5、5、2] → 12 → 成功(成功度:1)

GM/けいさん:よけろー。受動防御も1点ある。

 GM/けいさんさんのロール(3D6<=8) → 15[6、5、4] → 15 → 失敗(失敗度:-7)

GM/けいさん:ダメージください。
ジャンティ:「ジャンティは英国面に負けません!」

 ジャンティさんのロール(6d+1) → 17[4、4、1、5、2、1]+1 → 18

GM/けいさん:うむ、けっこう通った感じ。スリルのためまだHPはオープンにしないw
GM/けいさん:歯ごたえからすると防護点は8点ぐらいだね(具体的な歯ごたえ)
ジャンティ:「やっぱり美味しくないです……」
橘 夕霧:では夕霧かな?
GM/けいさん:ですね。
橘 夕霧:とりあえず冷気放射。
マッドガッサー:戦闘というより爆弾解除

 橘 夕霧さんの冷気放射ロール(3d6=<15) → 9[2、2、5] → 9 → 成功(成功度:6)
 GM/けいさんさんのロール(3D6<=8) → 11[3、3、5] → 11 → 失敗(失敗度:-3)
 橘 夕霧さんのロール(5d6) → 20[5、2、6、1、6] → 20

GM/けいさん:夕霧さんは至近距離だっけ?
橘 夕霧:です
GM/けいさん:了解。12点通った。
橘 夕霧:そして柔道で組み付きかな。
GM/けいさん:え、マジ?
水野 畔:このマシンに組み付く美女は凄い光景だ
マッドガッサー:柔道!?
橘 夕霧:マジですよ。そういうスタイルだからw

 橘 夕霧さんのロール(3d6=<15) → 13[6、6、1] → 13 → 成功(成功度:2)

橘 夕霧:英国ならバリツくらい心得はあるでしょ
GM/けいさん:えーと、英国紳士はキックを嗜んでいるのだが、この形態では足がないw
橘 夕霧:次のラウンドでは投げ飛ばしてやる。
GM/けいさん:普通によけかな
橘 夕霧:どうぞ

 GM/けいさんさんのロール(3D6<=8) → 14[5、3、6] → 14 → 失敗(失敗度:-6)

橘 夕霧:では組み付けたと。
橘 夕霧:終わりです。次どうぞ
GM/けいさん:組みつかれた…と言うのだろうか。サイズ差がありすぎるのだが。
橘 夕霧:www
GM/けいさん:あ、間違えた、組みつきは敏捷力の即決勝負だった
橘 夕霧:ほい。でも多分それでもこっち勝ってそうかな
橘 夕霧:こっちの成功度は変わらない。
GM/けいさん:まあ巻き戻すのも何なので、組みつかれたことにする。ネビル敏捷力高いけど。
水野 畔:妖術で攻撃します
水野 畔:ピンポイント攻撃持ってないので特に部位狙いはしません。

 水野 畔さんのロール(3D6<=16) → 11[3、5、3] → 11 → 成功(成功度:5)

水野 畔:曲射なので回避に-2になります
GM/けいさん:水野さんの攻撃よけますー。

 GM/けいさんさんのロール(3D6<=6) → 14[6、4、4] → 14 → 失敗(失敗度:-8)
 水野 畔さんのロール(7D6) → 29 (5、3、3、5、5、6、2)

水野 畔:切りですけど関係ないかな?
GM/けいさん:ダメージボーナスないけど、けっこうイタイ!
マッドガッサー:まだ爆発の気配なしか・・・
GM/けいさん:ではネビル氏。まず妖術。車輪に設置されたジェットがメチャクチャに火を噴くぜ!ランダム目標の妖術。
GM/けいさん:1d6振ってキャラ一覧順、5-6が出たらギャラリーの英国系妖怪に当たる。

 GM/けいさんさんのロール(1d6)→ GURPS (1D6) → 6

水野 畔:命がけの観戦だなー
マッドガッサー:これも醍醐味なんだろうな
ジャンティ:やったー!
GM/けいさん:では、ジェット噴射を受けてレッドキャップが「あじゃぱー!」と吹っ飛ぶ。
GM/けいさん:拍手喝采。
ジャンティ:あ、でもなんか変な奴にあたったら誘爆するかも……
GM/けいさん:そして、妖術後の行動では夕霧さんを引き摺ったまま、夕霧さん以外に突進!


ダイスにより、目標はマッドガッサーに決定。



GM/けいさん:目標はマッドガッサーだ。体当たりなので敏捷力の即決勝負。
GM/けいさん:ただしネビル氏は夕霧さんに組みつかれたまま突進してるので-2としよう。
マッドガッサー:来たかー
ジャンティ:割って入って停めたりはできません?
GM/けいさん:ジャンティの阻止は無理だな

 GM/けいさんさんのロール(3D6<=13) → 13[4、6、3] → 13 → 成功(成功度:0)

GM/けいさん:即決勝負、こっちはジャスト成功。避けられるかな?

 マッドガッサーさんのロール(3d6<=16) → 10[4、5、1] → 10 → 成功(成功度:6)

GM/けいさん:避けられたか。あと夕霧さん、状況が状況なので体力で判定してくれ。成功したら組みついたまま。サイズ差がありすぎるし振り回されてるし。

 橘 夕霧さんのロール(3d6=<8) → 13[1、6、6] → 13 → 失敗(失敗度:-5)

橘 夕霧:体力は無理。
橘 夕霧:体力要らないから柔道選んだんだし。
GM/けいさん:了解。ではマッドガッサー。
マッドガッサー:ネビル氏は視覚に頼ってなさそうなので煙幕は無意味っぽいデース
マッドガッサー:通常の毒ガス攻撃撃ちます

 マッドガッサーさんのロール(3d6<=14) → 15[6、5、4] → 15 → 失敗(失敗度:-1)

マッドガッサー:あっ中距離の修正が効いた
GM/けいさん:中距離だったら-2修正、だたしネビルは巨大化2Lなのでプラマイゼロだよ
マッドガッサー:プラマイゼロならなんとか当たりそう
ジャンティ:体当たりしても距離はそのままなんです?
GM/けいさん:ジャンティは距離そのままでOK。相対距離を常に変化させる管理は、オンラインセッションじゃ無理だ。
GM/けいさん:マッドガッサーの攻撃は当たりかけてることにして、ではこっちのよけだな

 GM/けいさんさんのロール(3D6<=8) → 12[5、4、3] → 12 → 失敗(失敗度:-4)

GM/けいさん:ダメージください

 マッドガッサーさんのロール(5d6) → 14[2、6、1、3、2] → 14

マッドガッサー:あんまりダメージは出ないのです。14点
GM/けいさん:毒無効なので更に効いていない感じ。
GM/けいさん:ではジャンティどうぞー
マッドガッサー:うーむ相性が悪いね!
ジャンティ:攻撃対象が完全にランダムっぽいことを本能で察したジャンティは全力攻撃を決意します。
GM/けいさん:おおう。して、全力攻撃のオプションとしては何を選ぶ?
ジャンティ:爆薬に2回攻撃します。
GM/けいさん:おいおい、チャレンジャーだな。どうぞ!

 ジャンティさんのロール(3d6<=13) → 13[4、6、3] → 13 → 成功(成功度:0)
 ジャンティさんのロール(3d6<=13) → 11[6、2、3] → 11 → 成功(成功度:2)
 GM/けいさんさんのロール(3D6<=8) → 12[4、2、6] → 12 → 失敗(失敗度:-4)
 GM/けいさんさんのロール(3D6<=8) → 12[5、2、5] → 12 → 失敗(失敗度:-4)

GM/けいさん:両方喰らった!文字通り!
ジャンティ:1回くらいは外れると思ったのに!
GM/けいさん:面白いからHPオープンにしよう。

 ジャンティさんのロール(6d+1) → 19[2、3、4、4、4、2]+1 → 20
 ジャンティさんのロール(6d+1) → 20[2、1、3、4、6、4]+1 → 21

マッドガッサー:残り10?
GM/けいさん:残りHP10点!何かスパークしてる感じだ!
GM/けいさん:何か一回もよけられないんだよなー
橘 夕霧:では終わらせますか。
ジャンティ:ジャンティは少しだけ命の危機を感じます!
橘 夕霧:冷気放射で。
GM/けいさん:あの、距離を取るとか宣言してもよかよ。

 橘 夕霧さんのロール(3d6=<15) → 11[2、4、5] → 11 → 成功(成功度:4)

GM/けいさん:遅かったー
橘 夕霧:別に1回ならCPで打ち消せるからいいかなと。

 GM/けいさんさんのロール(3D6<=8) → 10[4、2、4] → 10 → 失敗(失敗度:-2)
 橘 夕霧さんのロール(5d6) → 14[4、4、2、3、1] → 14

橘 夕霧:さらば。
マッドガッサー:うおわー
GM/けいさん:いや、まだだね。防護点8点、残り4点。
橘 夕霧:ああ。出目がちょっと足りんかったか
橘 夕霧:では次どうぞ
水野 畔:液状生命体行きます!
GM/けいさん:いいんだな?夕霧さん普通の行動が残ってるから移動できるぞ?
水野 畔:ああ離れてた方がいいかもですね
橘 夕霧:では一応離れておきますか
橘 夕霧:まあCP50残ってるからまあ吹き飛んでも構わないが。
GM/けいさん:では至近距離にいた夕霧さんは移動力の7m離れたと。
水野 畔:では触手カッター!

 水野 畔さんのロール(3D6<=16) → 14[2、6、6] → 14 → 成功(成功度:2)
 GM/けいさんさんのロール(3D6<=8) → 10[3、3、4] → 10 → 失敗(失敗度:-2)
 水野 畔さんのロール(7D6) → 20 (4、1、2、3、1、5、4)

水野 畔:うわ低
マッドガッサー:来るか?
水野 畔:「反省してください!」
橘 夕霧:それでも超えている
GM/けいさん:でもHPが0を切った!では、「誓約」が発動して、威力レベル18の自爆がネビル氏を中心に炸裂します。
ジャンティ:「ぎゃー!」
水野 畔:なんちゅー威力だ
GM/けいさん:ネビル氏から1へクス離れるごとに威力レベルは-2される。ジャンティは至近距離、しかも格闘タイプなので18D直撃。よけは試みられるけど。
マッドガッサー:出目くされー
ジャンティ:全力攻撃中!
橘 夕霧:範囲だから後退よけで一歩下がるくらい?
GM/けいさん:よけたらダメージ半減。全力防御を宣言するなら1歩離れてよけられる。
GM/けいさん:遠距離攻撃には後退避けはできないしねー
橘 夕霧:ああ。そっか
水野 畔:夕霧さんと同じ距離だったので同じく至近距離かな?
GM/けいさん:水野さんはそう宣言してたね。
水野 畔:一応避け

 水野 畔さんのロール(3D6<=4) → 13[4、3、6] → 13 → 失敗(失敗度:-9)

水野 畔:はい
GM/けいさん:水野さんは熱に対して防護点あるからまだマシじゃないかな。
橘 夕霧:火は素通しで+1d6だから<夕霧
水野 畔:げげ熱ですかこれ?
GM/けいさん:夕霧さん、マッドガッサーは「よけ」はどうかね
水野 畔:防護点抜けたあと2倍だから下手すると蒸発するなぁ
橘 夕霧:範囲ならよけは無理かな……
マッドガッサー:念のためふります
ジャンティ:ジャンティは野生の本能は当てにならないことを思い知りました。
GM/けいさん:よけに成功すればダメージ半分

 マッドガッサーさんのロール(3d6<=5) → 12[3、5、4] → 12 → 失敗(失敗度:-7)
 橘 夕霧さんの振るだけ振るかロール(3d6=<7) → 6[1、4、1] → 6 → 成功(成功度:1)

マッドガッサー:爆発の出目が腐ることを祈ります
GM/けいさん:では、よござんすね?距離別に個別に振ります。
マッドガッサー:どうぞー
GM/けいさん:まず、7m遠ざかって、かつよけに成功した夕霧さん。18-14で4D、弱点で5D。ダメージ半減。

 GM/けいさんさんのロール(5d6) → 22[6、6、3、2、5] → 22

橘 夕霧:11素通しで貰っておきます

GM/けいさん:そして中距離にいたマッドガッサー、5m離れてるものとして18-10の8D。

 GM/けいさんさんのロール(8d6) → 20[2、5、3、1、3、3、2、1] → 20

マッドガッサー:生きてるから良し!
GM/けいさん:まあ、この次がお楽しみだ。至近距離にいたお二人、18D直撃!
水野 畔:うわーん

 GM/けいさんさんのロール(18d6) → 56[5、3、5、6、1、3、2、5、1、3、3、2、4、2、5、3、1、2] → 56

GM/けいさん:お、意外に生きるんじゃね?
GM/けいさん:エネルギー=熱の56点。
水野 畔:68点くらいます
ジャンティ:51点食らいました。
マッドガッサー:火力ー
水野 畔:耐久限界超えた熱で体内でおかしな化学反応でも起きてる感じかな
水野 畔:ブクブク泡立ってる
ジャンティ:ジャンティはほんのり美味しそうな匂いが漂っています。
GM/けいさん:何と、生命力判定まで行かなかったか。では「ちゅどーん!」とネビル氏は派手に爆発!もうもうと黒煙が上がる。
水野 畔:「うぅ…熱いです…」
橘 夕霧:「はた迷惑なことです」
ネビル・スラスト:「ふむ…まだ改良が必要だったか。良い経験をさせてもらったよ…」
GM/けいさん:という声が風にのって聞こえ、黒煙のなかにネビル氏の笑顔が浮かんだ。
橘 夕霧:「ともあれすぐに撤収してください。この騒ぎで人が来るかもしれません」>観客の妖怪達
マッドガッサー:「次は迷惑にならないとこでやってクダサーイ」
橘 夕霧:「私達も去りましょう」
水野 畔:「帰りましょー…」
マッドガッサー:ネビル氏のやり切った感!
GM/けいさん:英国系妖怪たちはバグパイプを取り出し、ネビル氏の健闘を称える音が辺りに鳴り響く…という感じで戦闘終了です!
水野 畔:また来年もしでかすんだろうな
橘 夕霧:どうせ高速蘇生持ちでしょうしね
GM/けいさん:ネビル氏は「即蘇生」も持ってます。
GM/けいさん:自爆系妖怪の心得ですね
橘 夕霧:百鬼だとそんなものまであるのか。せめて命にしておいてくれればいいのに。
ジャンティ:どこかに封印しないと……
GM/けいさん:数日後、空港にネビル氏の姿が。「さらばだニッポン、『ねずみ花火』を生み出した私の希望の国。私は研鑽を続け、また帰ってくる」
マッドガッサー:復活が早い!
水野 畔:次は悪の妖怪ネットワーク相手にやってください
ネビル・スラスト:そして、哀しいことに世界で戦争が絶えることはない。今日もどこかの戦場で、パンジャンドラムが疾駆しているのかもしれない。
ネビル・スラスト:という訳で終了です。ありがとうございましたー。
水野 畔:ありがとうございましあ!
ジャンティ:お疲れさまでした!
ネビル・スラスト:直撃でも生き延びたね。20Dにすれば良かった(邪悪)。
マッドガッサー:最初から最後まではた迷惑!ありがとうございました!
水野 畔:逆に上振れしてたら普通に死亡判定の見える威力でした
ジャンティ:ジャンティの食べられないものリストにパンジャンドラムが追加されました。
GM/けいさん:配付CPは5点でーす。
水野 畔:はーい
橘 夕霧:了解です。
マッドガッサー:毎回シャンティの食べられないリストが伸びていく
GM/けいさん:ロケットブースターを破壊すると「転んで起き上がれなくなる」弱点があったのだけど、情報が渡らなかったな。
GM/けいさん:まあ力押しでも死者が出なかったのはブラボー
水野 畔:突進も範囲で轢いてくるのかなとちょっと心配してました
GM/けいさん:ジャンティに体当たりも決めたかった!巨大化2L、高体力同士のぶつかり合い!
ジャンティ:ジャンティは正面から受けて立ちます!
マッドガッサー:戦闘というより爆弾解体作業とか黒ひげ危機一髪感がありました
GM/けいさん:黒ひげ危機一髪感、言い得て妙。
(この後は今後の色々なセッション予定の話になりました)


てな感じで、大爆発!でも意外に直撃でもPC生き延びた!という結果になりました。爆発を20Dにするか実は悩んでいて、ダメージ平均値とPCたち350CPクラスの妖怪のHPを比べた結果18Dにしたんですねー。その代わりに「狂気」を範囲化しました。
あとチョイ役の対空竹槍さん、名前だけでもハボクック(氷山空母)の姐さんなど、変な妖怪が色々出てきて最後までデータを作りたくなってました。リボルバー銃とナイフとメリケンサックが究極融合したアパッチ・リボルバーという珍兵器があって、その妖怪化なら直接攻撃系妖術(銃弾)と武器の手(ナイフ)と鉤爪Lv1による受け(メリケンサック)を駆使して戦うんだろうなあ、みたいな。
それではNPC紹介。

https://trpgsession.click/make-character.php?c=163723292150keisan1680
はた迷惑な英国紳士、ネビル・スラスト氏です。英国の方ごめんなさい。ルール上、ロケットブースターが転倒防止に必要というのは見ただけで分かるので、ジャンティとの体当たり即決勝負で負け・もしくは夕霧さんの柔道投げwで転べば露見するところでしたが…正面からねじ伏せられましたね。
人間の常識が通用しない、妖怪っぽい性格がけっこうお気に入りです。再登場…?やめておこう、迷惑すぎる。

いいね! いいね!  3

注意: 当ページの内容の転載、複製は著作者の許可がない限り行わないでください。

リプレイ一覧に戻る

コメントを書く

※投稿するにはログインが必要です。

コメント一覧

まだレスポンスがありません。