【光砕のリヴァルチャー】Day in Christmas Day out Christmas 愛の女王と騎士と聖夜

グランドトライン0
グランドトライン0トピックリプレイ 押されたいいね! 2
登録日:2022/01/16 21:45最終更新日:2022/01/16 21:45

本作は、「瀧里フユ、宝井ロメロ、どらこにあん、新紀元社」が権利を有する「光砕のリヴァルチャー」の二次創作物です。

※チャット部分はいくつか編集・省略しております。
※戦闘シーンで多少の敵のネタバレが含まれます。

クリスマスにリヴァルチャーのシナリオやりたい。その想いで始めた「Day in Christmas Day out Christmas」
本当は1組だけだったが、まさかの2人同時申請にアドリブを利かせて両方やることとなった。
そして約1週間前の12月18日。閣下さんと共にココフォリア内でキャラクター作成を行うことに。



『キャラクターメイキング』
閣下 : こんばんはー
グランドトライン0 : こんばんはーお待たせしました
グランドトライン0 : さっそくキャラクターから作っていきたいと思います
閣下 : はーい、こちらこそよろしくお願いしますー
グランドトライン0 : ちなみにキャラのイメージとかありますか?
閣下 : とりあえずふと思いついた候補が二つほどある感じですかねぇ
閣下 : 正統派の騎士然としたタイプor物静かそうなお姫様タイプ……それでちょっと今決めあぐねている感じでしょうか
グランドトライン0 : なるほど…ちなみにフィアンセの希望はありますか?
閣下 : あ、恐らくどのパターンでも女性になるかと、とだけ
グランドトライン0 : 女性を希望っと…
閣下 : こう何といいますか……ぶっちゃけると百合、したいなぁと(
グランドトライン0 : 騎士も女性と来たかw

  最近女性ペア多いなぁ(笑)

閣下 : ですねー、後恐らく高確率でシュバリエ側のフィアンセへの愛がちょっと重くなるかもしれないです(ぇ
グランドトライン0 : とりあえずフィアンセ側の適性と物語は振って決めようと思います。
閣下 : 了解ですー

グランドトライン0 : 2B6 適性、物語 (2B6) > 1,5

グランドトライン0 : インプラント手術、無限の信頼
閣下 : 無限の信頼ですか……ふむん
閣下 : これは……シュバリエの物語表はチョイスで王にしてみましょうかね。こう、何だか壮大な目的や思想持っているタイプの
グランドトライン0 : なるほど…
グランドトライン0 : そうなるとこっちは騎士スタイルかメイドスタイルかで悩むことに
グランドトライン0 : 秘書もありか…ふむ…
閣下 : そうなると適正も純血の方が色々設定捗りそうですね、きっと傲慢不遜なタイプかしら
閣下 : ……姫や騎士というよりも完全に女王様タイプですが、まあこれはこれでヨシ!
グランドトライン0 : 女王様タイプか、面白い!そうなると先ほど述べた3タイプの中でどれがお好みですか?

  女王様は初のタイプになるのかな。以前も女性の王はいたけど、あれはどちらかというとお嬢様タイプだったからな

閣下 : そうですね……その三択なら騎士スタイルが好みかもですね
グランドトライン0 : 騎士か…少し見えてきたかも
閣下 : そういえば世界観でお聞きしたいのですが、フォートレス内の文明レベルってどんなものなのでしょうかね?
グランドトライン0 : ルルブだと21世紀ぐらいと書かれているけど、割と自由かな。
グランドトライン0 : ちょっと年齢をダイスで振ってみようっと

グランドトライン0 : 1d4 年代 (1D4) > 1
グランドトライン0 : 1d10 年齢 (1D10) > 5

グランドトライン0 : 15歳、若いなぁw
閣下 : 未成年だぁ……w
閣下 : ……これ、こちら側の経歴次第では何か犯罪めいた年差になりそう……w
グランドトライン0 : ほぼできあがりました。マグノリア・プレアデスとなりました
閣下 : はやーい!
閣下 : こちらもベースは決まりましたー。愛の狂人系の野心家女王様です

  狂人系野心家…とんでもないパワーワードが出てきた(笑)

閣下 : カバーは……資産家で色々慈善事業とかやってそうですね。今回のクリスマスの依頼もその一環な感じ
グランドトライン0 : こんなのに仕えるのかwすごいことになりそうw
閣下 : ですね、多分フィアンセ一目見た瞬間に熱烈なプロポーズしてると思います(
グランドトライン0 : 呼び名はどうしよう?
グランドトライン0 : 「クイーン」もしくは「ラヴァーラス」かな、こちらは
閣下 : こちらからマグノリアさんは……マギーですかね、素直に愛称で
閣下 : ふと「殿下」が思い浮かびましたが……何だか別の人が脳裏に浮かんだので無しで(
閣下 : クイーン、かなり好みかもですね
グランドトライン0 : 一通りキャラが完成したところで感情回路とリヴァルチャーどちらから決めます?
閣下 : なら先にリヴァルチャーの方からで。PCから何となくイメージは湧いてきているので
グランドトライン0 : なるほど、機体構成は決まっている感じで?
閣下 : 流石に構成までは。強いてフレームはアルゲンタヴィス使ってみたいなーな位ですね
グランドトライン0 : アルゲンタヴィス反映しました。ウェポンはどうします?
閣下 : 一つはブレードの中から……カザミヤ・白雪ですかね。多分安定はしそうかなーと
閣下 : もう一つは折角なのでGMさんのおすすめから何かを……!
グランドトライン0 : そうだな射程武器が必要だな
グランドトライン0 : キャノンかロングライフルあたりかな
閣下 : 成程やはり遠距離武器……
閣下 : であれば……ファーボール・ドラゴンブレスで
閣下 : 最高火力という文面が……絶対女王様好みな感じがしたので(
グランドトライン0 : 反映しました。クロニクルはどうします?
閣下 : ふーむ、ほぼフレーバーだけで選んでいますが……守護神とレジェンドにしてみたいなと
グランドトライン0 : 一通り完成しました。名前はどうします?
閣下 : ド直球に『クイーンオブラヴ』で。やっぱり愛ですよ、愛……!

  やっぱり愛だよね。わかりやすい♪

閣下 : 因みに大分フレーバーだけで選んだ感じはありますが、大丈夫だったりするもなのですかね?
グランドトライン0 : たぶん大丈夫でしょう<フレーバー
閣下 : そして機体の画像がずらりと……!
グランドトライン0 : 機体の画像を用意しました。自前のがあればそれでもかまいません

  ロボットチェスのカタログ画像だしております。
  水無月彦丸さんのとき、キャラクターメイキングで便利だったので自分も真似てみた。

グランドトライン0 : もしくはアルゲンタヴィスなら公式画像もあります
グランドトライン0 : ちなみに画面に出ているのはロボットチェスで検索すれば出ます
閣下 : ほうほう(梟)
閣下 : なら折角用意して貰ったものから選びたいなと。具体的にはa_po_aの紅い機体を
閣下 : 18番のものですですかね
グランドトライン0 : 反映しました。あとは感情回路ですね
閣下 : 三つ決めて内二つを最初に持ち込むんですしたよね
閣下 : あ、初期段階だと二つだけか
グランドトライン0 : はい、こちらからは「今日も可愛く振舞っておられる」で
グランドトライン0 : そちらはマグノリアから何と思われたいですか?
閣下 : そうですね……きっと普段は女王様に振り回されてるけど、その中で常に自信満々な部分に惹かれてる感じかなーとふと
閣下 : なので……「愛の大志への憧憬」で
グランドトライン0 : とりあえず一通り全て完成しました
グランドトライン0 : キャラ画像は後で各自で用意していただく形でお願いします。
閣下 : おー(拍手)
閣下 : コマは一旦自分の方で仕舞ってから出す感じでよろしいですかね?
グランドトライン0 : また補いたい部分があれば加筆修正しておいてください
閣下 : とりあえず画像はもう用意出来たので……!
閣下 : 了解ですー>加筆修正
グランドトライン0 : それでは用事があるので失礼します。お疲れさまでしたー
閣下 : お疲れ様でしたー。当日もよろしくおねがいしますー!

  こうして完成したのがこちら



【名前】ラヴァーラス・ヴェリア
【クラス】シュヴァリエ
【適性】純血
【物語】王
【性別】女性【年齢】27歳
【容姿】燃える様な真紅の髪、紅いドレスアーマーの女王様
【性格】傲慢不遜で超絶高飛車な自信家
【パートナーからの呼び名】クイーン、ラヴァーラス様
【設定】
灰色の荒野で愛を謳う女王様。
尚、女王という肩書はあくまで自称であり、別にフォートレスで統治をしているわけではなく、愛の女王を名乗るちょっと頭のネジの飛んだ人である。ええ……(
尤も、彼女の住まうフォートレス内でも屈指の資産家でありその影響力は本物。
児童福祉や教育分野をはじめとしたに様々な分野への出資活動を行っている。
その為、本人の自信満々なキャラクター性や愉快な言動もあり、フォートレス内でも女王様として受け入れられている。
ゴーイングマイウェイを地で行っており、その言動や行動でフィアンセのマグノリアを振り回している。
実は最初から女王を名乗っていたわけでもなく、名乗り始めたのはマグノリアとの出会いがきっかけ。
当時幼かったマグノリアに真っすぐ羨望の目で「女王様みたい」と言われ、その時の彼女の目に惹かれたのか、その場で己を愛の女王と名乗り、彼女を家来として熱烈にプロポーズを行った。
それ以来、装いも中世の女王の様なものとなって大々的に愛の女王と喧伝する様になったのだ。
そんな女王の胸に秘めるのは、強烈な博愛主義。
互いに互いをリスペクトしあえる愛に満ちた世界を本気で作り上げようとしている愛の狂人。
現在の出資活動もその一環。そして愛の対象はソラバミも含まれており、現状敵対しているソラバミともいずれ分かり合えると本気で信じている。
一人称:わらわ
二人称:そなた、汝

【名前】マグノリア・プレアデス
【クラス】フィアンセ
【適性】インプラント手術
【物語】無限の信頼
【性別】女性【年齢】15歳
【容姿】金髪長身の騎士
【性格】生真面目だが、可愛いもの好き
【パートナーからの呼び名】マギー
【設定】
ラヴァーラスに救われて以来インプラント手術を受けて彼女に仕える。
騎士の格好をしているのはその方が従者っぽいから。
ラヴァーラスの言動にツッコむこともあるが、結局は丸め込まれる。
一人称:私
二人称:あなた様
三人称:~様

【名前】クイーンオブラヴ
【フレーム】2脚型「アルゲンタヴィス」
【シールド耐久】7
【シールド枚数】5
【ジアドエネルギー】7/14(補充量/最大量)
【ノーマルムーヴ】2【ブーストムーヴ】6
【ウェポン】
・ブレード「カザミヤ・白雪」
 射程:0 コスト:2 目標値:コストの低い出目
 攻撃回数:4
 追加ダメージ:+3(ムーヴ2以下)+5(ムーブ3「以上)
 追加効果:シールド破壊でエネルギー獲得
・キャノン「ファーボル・ドラゴンブレス」
 射程:2-4 コスト:3
 目標値:コスト合計が12以上で4、11以下で2
 攻撃回数:2
 追加ダメージ:+5(ヒット数1)+8(ヒット数2以上)
【クロニクル】
・レジェンド「神話の騎士」
・守護神「インドミタブル」
【アビリティ】
・グッドツール(振った出目を±1)
・循環型ジアド機関(消費するコストの出目を+3)
・神話の騎士(エネルギーを2個獲得、シナリオ1回)
・インドミタブル
 (敵のアタック判定ダイス数半減、シナリオ1回)

【感情回路】
「今日も可愛く振舞っておられる」
「愛の大志への憧憬」
(普段は振り回されつつも自信満々な姿に惹かれている)



  そして当日12月26日。
  仕事頑張ったおかげで自由に1人クリスマスを満喫した後日、無事にセッションは行われた。

『ビフォートーク』
グランドトライン0 : こんにちは今日はよろしくお願いします
閣下 : こんにちはー。こちらこそよろしくお願いします
グランドトライン0 : それでは時間になりましたし、メインに移ります
閣下 : 了解ですー
グランドトライン0 : 本日は光砕のリヴァルチャー「Day in Christmas Day out Christmas」に参加いただきありがとうございます
グランドトライン0 : GMおよびフィアンセのマグノリアを務めさせていただきますグランドトライン0です
グランドトライン0 : 普段はサイコロフィクション(マギカロギア以外マイナーばかりだが)を中心にやっていますが、最近はリヴァルチャーの人になりつつあります
グランドトライン0 : あらためてよろしくお願いします。/ちなみに/は発言描写終了を表します
閣下 : よろしくお願いしまーす!/(こんな感じですかね
グランドトライン0 : それではそちらもプレイヤーとシュヴァリエの紹介お願いします
閣下 : 了解です。まずはPLの方から
閣下 : 改めましてPLの閣下というものです。FEARや冒険企画局のシステムを中心に色々浅く広くの雑食系でやっております。
閣下 : 最近はアリアンロッド2EとこのすばTRPG、モノトーンミュージアムが多い気がします。
閣下 : ロボット物系もメタガも嗜んでいるので(最近やっていませんが)かなり好物です。よろしくお願いいたします。

ラヴァーラス : 続けてPCのラヴァ―ラス・ヴェリアの方をば。
ラヴァーラス : 見た目通りの自信に満ち溢れた女王様……を自称する資産家です。でも誰が何と言おうが女王様なのだ。
ラヴァーラス : 福祉系を中心に色々投資活動しております。今回の依頼もその活動の一つですね。
ラヴァーラス : そして強烈な博愛主義です。互いに互いをリスペクトしあえる愛に満ちた世界を本気で作り上げようとしている愛の狂人。出資活動もその一環だったりします。
ラヴァーラス : 大分ゴーイングマイウェイな人なのできっとぐいぐいフィアンセの事引っ張っていく立ち位置になりそうかな?そんな感じで以上!改めてよろしくお願いしますします!

グランドトライン0 : どんな言動をするのか気になるな(笑)ではこちらもフィアンセの紹介を

マグノリア : マグノリア・プレアデス。通称マギー。
マグノリア : かつてラヴァーラスに救われて以来、彼女の力になろうとインプラント手術を受けてフィアンセとなった
マグノリア : 出会った当初、彼女を女王様のように思い、ならば私は彼女に仕える騎士となる!と決意する。そのため外見も騎士っぽくしている
マグノリア : 生真面目でたまにラヴァーラスの言動にツッコむこともあるが、根が素直なので結局は丸め込まれる。あとは可愛いもの好き。
マグノリア : こんなところですね。よろしくお願いします/

閣下 : 可愛いもの好き……ふむ(メモメモ よろしくお願いいたします!
グランドトライン0 : では紹介も終わったところで、さっそく始めていきたいと思います。
ラヴァーラス : 了解ですー!よろしくお願いします



『フラッシュバック…騎士と婚約者、サンタになる』
光砕のリヴァルチャー「Day in Christmas Day out Christmas」

☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡

外では綺麗だが危険なジアドスノーが降り始めた冬頃。
フォートレスのブリッジに呼び出された君たちは、管理人から「クリスマスプレゼント」を配る仕事を依頼された。
君たちは人気者だからという口車と報酬がとっておきのパーティとプレゼントなのもあって、引き受けることにした。

  ジアドスノー…本作オリジナル設定。基本的に現実の雪と同じだが、反物質のジアド粒子なので当然危険である。

クロード : 「ようこそフォートレス『ウェザーリポート』へ。ボクはここの市長、クロード・バーンド」
クロード : 「今回は忙しいボクの代わりにクリスマスプレゼントを配る仕事を引き受けてくれてありがとう」

  クロード・バーンド。別のシナリオで活躍した自分ところのシュヴァリエ。
  丁寧で落ち着いているようで、好奇心旺盛な少し子供っぽい市長である。

ラヴァーラス : 「ふふふ、なあに構わんとも」
ラヴァーラス : 「寧ろこの愛の女王にプレゼントという名の愛を運ぶ仕事を任せるというその市長殿の慧眼、実に見事であると言えよう」
ラヴァーラス : 「そうであろう、マギーよ?」超尊大で芝居がかった口調で。マギーにも振りつつ

  喋ってようやくラヴァーラス女王のキャラクターが把握できた。想像以上にアレな人だわ(笑)

マグノリア : 「はい、私もクイーンとともに人々に希望を与える仕事に就けることを光栄に思います!」

ラヴァーラス : マギーの笑顔差分かわいい

クロード : 「ふふ、2人ともなかなか面白いことをいうね。気に入ったよ♪」
クロード : 「依頼はマップに記された場所にプレゼントを配布するだけの簡単な仕事だよ」
クロード : 「一応、サンタ用の衣装も用意されているけど、ボクもそのあたりは詳しく聞かされてないな」
クロード : 「ここまでで何か質問はないかい?」

マグノリア : しまった!サンタ衣装差分用意してなかった!
ラヴァーラス : どうしよう、サンタ衣装着るビジョンがちょっと見えずらいこの女王様……!(

  なおラヴァーラスは赤い衣装だったので理由着けてそのまま。マグノリアは急遽用意した。

ラヴァーラス : 「うむ、仕事そのものには問題は無い。一応子供達へのプレゼントはどの様なものとなっている?」
クロード : 「事前にリクエストを調べておいて、それになるべくかなえる形になっているよ」
クロード : 「ウチのスタッフもなかなか優秀でね」
ラヴァーラス : 「成程、望まぬものを渡され笑顔が消える心配は無いと……ならば良い。我々がこの日求めるのは子供の喜ぶ笑顔であるからな」
マグノリア : (あ、この衣装可愛いかも?)

  その場しのぎのサンタ衣装(ディアンドルベース)を気に入るマグノリア。

マグノリア : 「私としても相手にとって不足はないです!子供たちの笑顔のために参りましょう、ラヴァーラス様!」
ラヴァーラス : 「うむ!ではマギーよ、早速支度である!さあ、今日は忙しくなるぞ」
クロード : 「では、頼んだよ♪」

GM : こうしてラヴァーラスとマグノリアはクロード市長から預かったクリスマスプレゼントを配りにフォートレス市街地へと足を向けるのだった

☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡



『デイズ…冬の街並みを女王と騎士(2人のサンタ)が駆ける!』
人工的な雪とキラキラした飾り付けに包まれたフォートレス市街地。
クリスマスムードに溢れるその街並みを君たちはサンタ衣装で駆け巡っていた。
だが、そんなときにちょっとしたトラブルに巻き込まれた!それは………

GM : さて、ここでプレゼント配布中にトラブルが起きるのですが…
GM : 上のリースのアイコンから選ぶかランダムで振るか、あるいは他にあれば提案してください。ちなみに項目の内容は参考例です
ラヴァーラス : これは……折角なので項目からプレゼントの個数足りないを選択しましょうかね。
ラヴァーラス : あ、それと描写面で一つ。この女王様、サンタ服に着替えず今の紅いドレスでプレゼント配りしているという事で。
ラヴァーラス : 曰く「サンタと女王という絵面の方が……より喜ばれるであろう?」とかいう理由で
マグノリア : OKわかりました!
ラヴァーラス : ドレスも紅いしこれもサンタのあるべき形なのだ(ぇ

  元の立ち絵が赤くて本当に良かった(笑)

マグノリア : 「ラヴァーラス様!残っている配布場所に対してプレゼントの個数が足りないです!」寒さで顔は笑っているが、困っている。

マグノリア : 表情差分を犠牲にして突貫で用意したサンタ衣装

  ちなみに表情は笑顔固定である。そのため困っているシーンでも笑っているというシュールなことに(笑)

ラヴァーラス : 「……む、それはいかん。これではプレゼントの行き渡らぬ子供の笑顔が消えてしまうではないか」
ラヴァーラス : 「マギーよ。一先ず市長殿に連絡せよ。改めて地図とプレゼントの総数が足りておるのか確認するのだ」意外とこういうところは常識的な女王様

マグノリア : 「はい、直ちに!」

マグノリア : そう言ってすぐに通信機で連絡する

クロード : 『こちら市長室、市長クロード・バーンドです。何かありましたか?』
マグノリア : 「はい、プレゼントの個数が足りないみたいで」
クロード : 『残っている場所とプレゼントの情報を詳しく教えてくれませんか?』
マグノリア : 「はい…えっと…」

ラヴァーラス : じゃあ、このタイミングでマギーとの通信の交替を促しますか
ラヴァーラス : それと裏で別で何か連絡をとっていました。詳細は後程明らかになる筈……!
ラヴァーラス : ……あ、交替タイミングをマギーが情報伝えた辺りで変更でお願いします、タイミングちょっと間違えた……!

  ここでラヴァーラスがとんでもない行動に出る!

クロード : 『なるほどわかりました。こちらでも確認しますので少々お待ちください』
ラヴァーラス : 「マギー、わらわに代えよ」とマギーに
マグノリア : 「はい、クイーン」と通信機をラヴァーラスに渡す
ラヴァーラス : 「うむ……市長殿、わらわである。まずは聞くが……今渡されたプレゼントの数と配達の場所、どちらに誤差があった?」
クロード : 『調べてみたところ、場所は合っています。見落としはないし、余計な場所も記されていない』
クロード : 『個数は配布できない場所が、3か所ありますね。渡す前に個数と内容物の確認も済ませたはずですが…』
ラヴァーラス : 「成程やはり個数か……時に市長殿。確認であるが、今からそちらで不足分の手配をするのに時間が掛かるのには違いないな?」
クロード : 『そうですね。足りないプレゼントの手配は出来なくはないですが、時間がかかりそうですね』
ラヴァーラス : 「そうか、であれば―やはりわらわの判断は正しかったようだな」ふと市長さんの通信機から―遠くバリバリとヘリコプターのプロペラ音が響く

ラヴァーラス : すると上空から大袋をぶら下げた、ロゴの付いたヘリコプターが降りてくる。そのロゴは女王が投資している大手の玩具メーカーのものだ
ラヴァーラス : つまるところ……自分が贔屓している玩具メーカーからプレゼント用の玩具を大量に注文していました!
GM : ちなみにそのヘリ、フォートレス外から来たの?それともフォートレス内の上空?
ラヴァーラス : フォートレス内の上空ですね、外の方は大分危険だと聞いたので
GM : なるほど…そういうことなら…

  そしてGMも結構ひどいことを思いつく!

マグノリア : 「さすがですクイーン!不足分をあらかじめ手配しておられたのですね!」
クロード : 『いやはや本当に面白いねキミたちは♪ そしてありがたいことだよ』
ラヴァーラス : 後ろのマギーの称賛でドヤァしながら
ラヴァーラス : 「さて、ついでにもう一つ。今わらわが手配したプレゼントだが……目算不足分除けば丁度配達先をもう一周巡るだけの余力はあるのだが」
ラヴァーラス : 「-別に子供達に多くプレゼントを配る分には問題あるまいな?」具体的にはもう一周プレゼント配りしていいかという確認ですね
クロード : 『本当に面白い、さすがに女王を名乗るだけはあるよ』
クロード : 『それならば頼もうかな?これに関しては依頼外のボランティアということになってしまうけど?』
マグノリア : 「問題ありません!クイーンはいつもそういった無償の愛もお届けしておりますので!」ですよねといった顔でラヴァーラスを見る
ラヴァーラス : 「ああ、勿論だとも!この際だ、わらわが手配したプレゼントの経費もわらわが負担しようではないか!はーはっはっは!」にっこりとマギーに笑いかけながら

GM : こうしてフォートレス『ウェザーリポート』では赤い服装の女王とサンタからプレゼントの大雪が振舞われたのだった
GM : プレゼントを配り終えて、パーティーとプレゼントを楽しみに格納庫にいるクロード市長の元へと向かうラヴァーラスとマグノリア。しかし……

☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡



『ブリーフィング…凍える吹雪の来訪者へ手向けの鎮魂歌を!』
ハプニングに巻き込まれつつも無事にプレゼントを配り終えた君たちは格納庫に呼び出された。
フォートレス内の気温が急激に下がり始めたらしい。どうりで寒かったわけだ!
そして原因はモニターに映っている派手な都市型のソラバミにあるようだ。アレが吹雪を発生させて気温を下げている!
どうやら自分達へのクリスマスプレゼントはまだまだ先のようだ…

クロード : 「非常に残念なお知らせだ。ラヴァーラス君が呼び寄せた輸送用ヘリだが、帰還中に突然反応がロストしたよ」
ラヴァーラス : 「そうか……」心苦しそうに黙祷した後
ラヴァーラス : 「あの会社のヘリは最新鋭のもの、仮にテロリストの襲襲があろうと振り切れる性能の筈」
ラヴァーラス : 「だが、それがロストしたとなれば、やはり……」続きを促します
クロード : 「はい、モニターに映っているあの都市型ソラバミですね」

ラヴァーラス : 都市型クリスマスとは(コマ見ながら

  正式名称は『ソラバミ:都市型クリスマスエディションα』とにかく見た目が派手なのが特徴。
  あと描写が独自のものになっている。

クロード : 「見た目は派手ですが、パターンはそれほど複雑ではないようです」
クロード : 「ただ特定の行動に対して奇妙な行動を取るようですので油断しないように」
ラヴァーラス : 「ふっ、如何に奇妙であろうがそうでなかろうが、わらわ達がすべきことは変わらぬ」
ラヴァーラス : 「人の愛で以て迎え撃つ、それだけであろう。……なあマギーよ」不敵に笑い
マグノリア : 「もちろんですクイーン!私達の鎧『クイーンオブラヴ』も仕上がっております!」
クロード : 「つくづく世話をかけるよ。ボクもシュヴァリエ資格は持っているけど、適性がある方ではないので助かるよ…」

  クロードの適性が「基準値未満」であるため。

ラヴァーラス : 「ならば市長殿は後のパーティの準備に励むがよい、わらわ達が成すべき事を終えた後にすぐに宴の開始が出来る様にな」
ラヴァーラス : 「では征くとしよう。準備運動は街を二周して済ませておる」
ラヴァーラス : 「後は正面から迎え撃つのみ、出撃だマギー、これより愛の女王ラヴァーラス・ヴェリアが迎え撃つ!」
マグノリア : 「はい、マグノリア・プレアデス!ラヴァーラス様と共に参ります!」
ラヴァーラス : 「さあ、パーティ前の前哨の宴の始まりだ!」

GM : 今、女王と騎士を乗せてリヴァルチャー『クイーンオブラヴ』が飛び立つ!
GM : 彼女達の愛の名のもとに、従者たちの無念を晴らすために!

☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡

グランドトライン0 : 追加の感情回路は「クイーンはいつも無償の愛もお届けしております」で取ります

【感情回路】
「今日も可愛く振舞っておられる」
「愛の大志への憧憬」
(普段は振り回されつつも自信満々な姿に惹かれている)
「クイーンはいつも無償の愛もお届けしております」←NEW

グランドトライン0 : それでは色々とミッションの準備をしますので、20分まで休憩で
閣下 : はーい、こちらも一旦厠へ……
グランドトライン0 : 準備完了しましたので再開します
閣下 : こちらもOKです
グランドトライン0 : それでは…



『ミッションスタート…女王と騎士と戦場のクリスマス』
ジアドスノーをかき分けながら吹雪の中を進んでいくと、本体である都市型ソラバミを発見する!
派手な装飾を施された外装の中には、同じようなクリスマスムードただよう街並みが見える。どことなく男女の影が多く見える。
『滅びろカップル!』突然ソラバミから音声アナウンスが流れ、八つ当たりのように襲い掛かってきた!

マグノリア : 「変な勘違いをされているのは気のせいでしょうか…」
ラヴァーラス : 「ふっ、わらわ達の事をカップルとな……あのソラバミも甘いな、わらわ達の愛はその程度の陳腐な言葉で片づけてよいものはないのだからな!」
マグノリア : (そうなのかなぁ…?)
マグノリア : 「それはそうとクイーン、どちらから突入しますか? 上から突入すれば安全に戦える予想です」
マグノリア : 「ただ、ブレードを使うならば下からでもよいのかもしれません」
ラヴァーラス : 「ふむ……であれば上だな。あの城塞の様な姿ならば火力を重視すべきか。ブレードでは流石にが重かろう」
マグノリア : 「具体的にはどのレベルから入りますか?」
ラヴァーラス : キャノンの間合いを考えるならば……「12だな。目一杯高度を上げるぞ」



『1ターン目』
・クイーンオブラヴ:シールド5枚 フライトレベル12
・ソラバミ:都市型クリスマスα:シールド合計0枚破壊 フライトレベル10

マグノリア : 「突入完了しました、ジアドエネルギーの補充をお願いします」

ラヴァーラス : エネルギーが7なので7b6であってますよね?
マグノリア : はい、それで

ラヴァーラス : 7b6 (7B6) > 2,1,1,6,3,3,3

system : [ マグノリア ] がダイスシンボルを6 に変更しました。
system : [ マグノリア ] がダイスシンボルを2 に変更しました。
system : [ マグノリア ] がダイスシンボルを3 に変更しました。
system : [ マグノリア ] がダイスシンボルを3 に変更しました。
system : [ マグノリア ] がダイスシンボルを3 に変更しました。

  今回はエネルギー管理にいつものリソースパラメータではなくダイスシンボルを使用している。
  見た目はわかりやすいが、少々面倒だった。

マグノリア : 「グッドツールは使われますか?」振ったダイスの出目を±1

ラヴァーラス : んー悩ましいけど今回は使用なしで。

マグノリア : 「この位置ではメインはAが来ます。初手はいかがなさいますか、クイーン?」
ラヴァーラス : 「宴の開始には盛大な狼煙がつきものであろう?」という訳でドラゴンブレスです

マグノリア : 使うコストはどうしますか?
ラヴァーラス : 3を三つ選択します
ラヴァーラス : そしてその内一つに【循環型ジアド】を使用してダイス目+3します
マグノリア : これで出目が12なので命中4ですね。コマンド2AT<=4[=1:+5][>=2:+8]でどうぞ

ラヴァーラス : 2AT<=4[=1:+5][>=2:+8] (2attack<=4[=1:+5][>=2:+8]) > 3,6 > ヒット数 1 > ダメージ 6

system : [ マグノリア ] がダイスシンボルを変更しました。
system : [ マグノリア ] がダイスシンボルを変更しました。
system : [ マグノリア ] がダイスシンボルを変更しました。

  ちなみに消費したダイスシンボルはブランクダイス(出目の無いダイス)に変えている。

マグノリア : グッドツール使っても変えられないなぁ…
ラヴァーラス : 出目がさっきからちょっと噛み合わない……!

マグノリア : 「敵シールド半分以上削れたようです。リアクション来ます!」
ソラバミ:都市型クリスマスα : ジアドスノーが吹雪を成し、リヴァルチャーを激しく下降させる!リヴァルチャーを4セル降下。

・クイーンオブラヴ : フライトレベル12→8

マグノリア : 「この位置だと一番危険なBが来ます!どうなさいますか?」
ラヴァーラス : 「ふむ……こ奴の愛を受け止めたい気もあるが、今はその時ではない、か。高度を上げるぞ」コスト1で10まで移動ですね

ラヴァーラス : 使用ダイスは1です

・クイーンオブラヴ : フライトレベル8→10

マグノリア : 「移動完了しました。この位置だとAが来ます!」
ラヴァーラス : 「うむ、これなら受け止めきれよう」
ラヴァーラス : 「そして今は……機を見るべきか。吹雪の影響かは分からんがどうにも愛機の愛の循環に鈍りがある様だ」このまま行動終了で

ソラバミ:都市型クリスマスα : では、エネミーターンです
ソラバミ:都市型クリスマスα : 9AT<=3 ソラバミから虹色の光弾が打ち上げられて爆発した! (9attack<=3) > 1,1,2,2,3,5,6,6,6 > クリティカル 2 > ヒット数 7

マグノリア : 「このままではシールドが破壊されます!ジアドスフィアは使われますか?」
ラヴァーラス : 「……否、ここは奴の愛で我らの愛を高める時、そのまま受け止め衝撃に備えよ!」使わずシールドで受ける!

system : [ クイーンオブラヴ ] 耐久 : 7 → 0
system : [ クイーンオブラヴ ] 枚数 : 5 → 4

・クイーンオブラヴ : シールド1枚破壊

マグノリア : 1b6 「はい!エネルギーも回収しておきますね!」 (1B6) > 3

system : [ マグノリア ] がダイスシンボルを3 に変更しました。
system : [ クイーンオブラヴ ] 耐久 : 0 → 7

ラヴァーラス : あ、このタイミングでラックツールっていけますか?

マグノリア : 「グッドツールとムーヴは行いますか?」敵ターンでも使えるんだよなグッドツール
ラヴァーラス : 「グッドツールは使用せよ。位置はこのままで構わぬ」というわけで出目+1で4に
マグノリア : 「かしこまりました!」

system : [ マグノリア ] がダイスシンボルを4 に変更しました。



『2ターン目』
・クイーンオブラヴ:シールド4枚 フライトレベル10
・ソラバミ:都市型クリスマスα:シールド合計0枚破壊 フライトレベル10

マグノリア : というわけでプレイヤーターンです。エネルギー補充どうぞ

ラヴァーラス : 7b6 (7B6) > 4,5,3,5,1,1,4

system : [ マグノリア ] がダイスシンボルを5 に変更しました。
system : [ マグノリア ] がダイスシンボルを5 に変更しました。
system : [ マグノリア ] がダイスシンボルを4 に変更しました。
system : [ マグノリア ] がダイスシンボルを4 に変更しました。

ラヴァーラス : グッドツールで5のもの一つを+1して6に

system : [ マグノリア ] がダイスシンボルを3 に変更しました。
system : [ マグノリア ] がダイスシンボルを6 に変更しました。

マグノリア : 「補充、およびグッドツール完了しました!」
ラヴァーラス : 「うむ、ご苦労!-我が愛は十分高まった、此処より攻め時である!」

ラヴァーラス : というわけでそのまま白雪で攻撃します
マグノリア : 移動0で白雪ですか。ちなみにこのゲームUターン移動も可能だったりします。
マグノリア : よってブーストで3セル移動して3セル戻って移動距離を稼ぐというテクニックも使えたりします。
ラヴァーラス : 成程……となるとそちらの方が良い、かな?

  公式Q&Aでも提示されているUターンブレードとその場連続ブレード。

ラヴァーラス : 1二つでブーストムーブ、10→7→10で6マス移動します
ラヴァーラス : でそのまま改めて白雪で攻撃します

・クイーンオブラヴ : フライトレベル10→7→10

マグノリア : 「ブーストによる助走完了しました!」使うコストは?

ラヴァーラス : 6二つ。とりあえずこれで失敗は無くなりました

system : [ マグノリア ] がダイスシンボルを変更しました。
system : [ マグノリア ] がダイスシンボルを変更しました。

マグノリア : OK、4AT<=6[>=1:+5]でどうぞ

ラヴァーラス : 4AT<=6[>=1:+5 (4attack<=6) > 3,4,5,5 > ヒット数 4

マグノリア : +5なので9ダメージです

マグノリア : 「わずかに残りましたね…リアクション来ます!」

ソラバミ:都市型クリスマスα : ジアドスノーが降り注ぎ、リヴァルチャーを下降させる!リヴァルチャーを3セル降下。

マグノリア : 「この位置だとBが来ます。いかがなさいますか?」
ラヴァーラス : 「仕留め損なったか……なら上空から再び狙い撃つ!」1、2を使用して12へブースト移動

system : [ マグノリア ] がダイスシンボルを変更しました。

・クイーンオブラヴ : フライトレベル10→12

マグノリア : 「ブースト完了!」

ラヴァーラス : そのまま4を3つ使ってのドラゴンブレスで攻撃です

system : [ マグノリア ] がダイスシンボルを変更しました。
system : [ マグノリア ] がダイスシンボルを変更しました。
system : [ マグノリア ] がダイスシンボルを変更しました。

マグノリア : 「準備完了しました!」命中4でどうぞ

ラヴァーラス : 2AT<=4[=1:+5][>=2:+8] (2attack<=4[=1:+5][>=2:+8]) > 2,6 > ヒット数 1 > ダメージ 6

・ソラバミ:都市型クリスマスα:シールド1枚破壊

マグノリア : 「敵シールド破壊!やりましたね、クイーン!」
ラヴァーラス : 「うむ、上々である!……と言いたいが油断は禁物である。十分心せよ」
マグノリア : 「はい!リアクション来ます!」

ソラバミ:都市型クリスマスα : 2b6 『カップルは滅びるがいい!』突然ソラバミからアナウンスが流れるとともにエネルギーに異常が起きる!リヴァルチャーの所持エネルギーを全て振り直す。 (2B6) > 1,6

system : [ ソラバミ:都市型クリスマスα ] がダイスシンボルを6 に変更しました。
system : [ ソラバミ:都市型クリスマスα ] がダイスシンボルを1 に変更しました。

マグノリア : 「エネルギーに異常発生!これがクロード様が言っておられた『奇妙な反撃』のようです!」
ラヴァーラス : 「ああ、成程こやつはこういう形でしか愛をみせれぬのか、悲しきソラバミよ……」
マグノリア : 「そうですね…しかしこちらもこのままでは分が悪いようですね。ここで攻撃に備えますか?」
ラヴァーラス : 「うむ。ここは再びあ奴の愛を受け止める時である」行動終了ですね

ソラバミ:都市型クリスマスα : ではエネミーターンです
ソラバミ:都市型クリスマスα : 9AT<=3 ソラバミから虹色の光弾が打ち上げられて爆発した! (9attack<=3) > 1,1,2,3,4,4,5,5,6 > クリティカル 2 > ヒット数 6

system : [ クイーンオブラヴ ] 耐久 : 7 → 1

マグノリア : 「ギリギリ耐えられました!ムーヴは行いますか?」
ラヴァーラス : 「否、この位置で構わぬ。引き続き龍砲で攻める!」
マグノリア : 「かしこまりました!」

system : [ クイーンオブラヴ ] 耐久 : 1 → 7



『3ターン目』
・クイーンオブラヴ:シールド4枚 フライトレベル12
・ソラバミ:都市型クリスマスα:シールド合計1枚破壊 フライトレベル10

マグノリア : というわけでプレイヤーターンです

ラヴァーラス : 7b6 エネルギー補充 (7B6) > 1,6,4,3,5,5,6

system : [ マグノリア ] がダイスシンボルを6 に変更しました。
system : [ マグノリア ] がダイスシンボルを6 に変更しました。
system : [ マグノリア ] がダイスシンボルを5 に変更しました。
system : [ マグノリア ] がダイスシンボルを5 に変更しました。
system : [ マグノリア ] がダイスシンボルを4 に変更しました。
system : [ マグノリア ] がダイスシンボルを3 に変更しました。

マグノリア : 「いい感じです!グッドツールは使われますか?」
ラヴァーラス : 「ふむ、甚だ癪であるが再び愛が乱される可能性がある以上はこのままだな。このまま攻めに転じるぞ!」この位置からドラゴンブレスです

マグノリア : 使うコストは?
ラヴァーラス : 5,4,3で。これで合計12

system : [ マグノリア ] がダイスシンボルを変更しました。
system : [ マグノリア ] がダイスシンボルを変更しました。
system : [ マグノリア ] がダイスシンボルを変更しました。

マグノリア : 「装填完了です、クイーン!」命中4でどうぞ

ラヴァーラス : 2AT<=4[=1:+5][>=2:+8] (2attack<=4[=1:+5][>=2:+8]) > 6,6 > ヒット数 0 > ダメージ 0

ラヴァーラス : これは酷い

  上方ロールならばクリティカルなのに…

マグノリア : 「敵攻撃を避けました!リアクション来ます!」

ソラバミ:都市型クリスマスα : ジアドスノーが吹雪を成し、リヴァルチャーを激しく下降させる!リヴァルチャーを4セル降下。

・クイーンオブラヴ : フライトレベル12→8

マグノリア : 「乱されましたね、どうしましょうか…」
ラヴァーラス : 「構わぬ、そのまま上空から砲撃ぞ」1・1で再びブーストムーブで12まで

・クイーンオブラヴ : フライトレベル8→12

マグノリア : 「最上空まで到達しました!」
ラヴァーラス : 「さて、今度は外れてくれるなよ……!」そして再び665でドラゴンブレスで攻撃します

system : [ マグノリア ] がダイスシンボルを変更しました。
system : [ マグノリア ] がダイスシンボルを変更しました。
system : [ マグノリア ] がダイスシンボルを変更しました。

マグノリア : 「装填完了しました」目標4で

ラヴァーラス : 2AT<=4[=1:+5][>=2:+8] (2attack<=4[=1:+5][>=2:+8]) > 5,5 > ヒット数 0 > ダメージ 0

  まさかの2回連続ミス!!

マグノリア : これならグッドツールでと言いたいところですが、削りきれないから危険ですね
ラヴァーラス : ですねぇ

マグノリア : 「敵また避けました!リアクション来ます!」

ソラバミ:都市型クリスマスα : ジアドスノーが吹雪を成し、リヴァルチャーを激しく下降させる!リヴァルチャーを4セル降下。

・クイーンオブラヴ : フライトレベル12→8

ラヴァーラス : 「あの巨体にしては随分避けるッ!」これは最後のエネルギー使って10まで移動して終了ですかね

system : [ マグノリア ] がダイスシンボルを変更しました。

・クイーンオブラヴ : フライトレベル8→10

マグノリア : 「移動完了しました!この位置で備えます!」

ソラバミ:都市型クリスマスα : というわけでエネミーターン
ソラバミ:都市型クリスマスα : 9AT<=3 ソラバミから虹色の光弾が打ち上げられて爆発した! (9attack<=3) > 2,2,3,3,4,4,5,5,6 > ヒット数 4

system : [ クイーンオブラヴ ] 耐久 : 7 → 3

マグノリア : 「損傷軽微!問題ありません!」
ラヴァーラス : 「はっはっは、どうやら回避のあまり攻撃も疎かになっている様だな!」

マグノリア : ムーブも出来ないのでプレイヤーターンです

system : [ クイーンオブラヴ ] 耐久 : 3 → 7



『4ターン目』
・クイーンオブラヴ:シールド4枚 フライトレベル10
・ソラバミ:都市型クリスマスα:シールド合計1枚破壊 フライトレベル10

ラヴァーラス : 7b6 (7B6) > 3,4,5,2,4,3,2

system : [ マグノリア ] がダイスシンボルを5 に変更しました。
system : [ マグノリア ] がダイスシンボルを4 に変更しました。
system : [ マグノリア ] がダイスシンボルを4 に変更しました。
system : [ マグノリア ] がダイスシンボルを3 に変更しました。
system : [ マグノリア ] がダイスシンボルを3 に変更しました。
system : [ マグノリア ] がダイスシンボルを2 に変更しました。
system : [ マグノリア ] がダイスシンボルを2 に変更しました。

マグノリア : 「いまいちですね、グッドツールは使いますか?」
ラヴァーラス : 「何、龍砲の一撃を使う分は十分よ、このまま征く!」まずは2を使って12までノーマルムーブ

system : [ マグノリア ] がダイスシンボルを変更しました。

・クイーンオブラヴ : フライトレベル10→12

マグノリア : 「位置取り完了しました!撃てます!」コストは?

ラヴァーラス : そのままドラゴンブレス。コストは345です

system : [ マグノリア ] がダイスシンボルを変更しました。
system : [ マグノリア ] がダイスシンボルを変更しました。
system : [ マグノリア ] がダイスシンボルを変更しました。

マグノリア : 「装填完了!」命中4でどうぞ

ラヴァーラス : 2AT<=4[=1:+5][>=2:+8] (2attack<=4[=1:+5][>=2:+8]) > 4,6 > ヒット数 1 > ダメージ 6

ラヴァーラス : さっきから出目が高すぎる……!

マグノリア : 「シールド半分以上削られました!リアクション来ます!」

ソラバミ:都市型クリスマスα : ジアドスノーが吹雪を成し、リヴァルチャーを激しく下降させる!リヴァルチャーを4セル降下。

・クイーンオブラヴ : フライトレベル12→8

マグノリア : 「次はどうしますか?Bを受けるのを覚悟で撃ちますか?それとも一度上空に退避しますか?」
マグノリア : 「あるいはブレードの選択肢もあります。こちらもBを覚悟する必要がありますが…」
ラヴァーラス : 「……少々賭けだが剣で削る切るか、このままでは睨み合いが続く一方よ」まずは2をコストに10までノーマルムーブ

system : [ マグノリア ] がダイスシンボルを変更しました。

・クイーンオブラヴ : フライトレベル8→10

ラヴァーラス : 残りのコストで白雪で攻撃です。3の出目は循環型で6に変更です

system : [ マグノリア ] がダイスシンボルを変更しました。
system : [ マグノリア ] がダイスシンボルを変更しました。

マグノリア : わかりました4AT<=4[>=1:+3]でどうぞ

ラヴァーラス : 4AT<=4[>=1:+3] (4attack<=4[>=1:+3]) > 2,3,3,4 > ヒット数 4 > ダメージ 7

ラヴァーラス : グッドツール!2の出目を1にします
マグノリア : これで8ダメージ。どちらにせよ削りきれたのでエネルギー1個獲得です

・ソラバミ:都市型クリスマスα:シールド1枚破壊

ラヴァーラス : 1b6 (1B6) > 6

system : [ マグノリア ] がダイスシンボルを6 に変更しました。

マグノリア : 「シールド破壊!何とか削りきれましたね♪」
ラヴァーラス : 「うむ!均衡は我らに今傾いておるな!」ようやく削れたので満足げ
マグノリア : 「ですが反撃来ます!」

ソラバミ:都市型クリスマスα : 1b6 『カップルは滅びるがいい!』突然ソラバミからアナウンスが流れるとともにエネルギーに異常が起きる!リヴァルチャーの所持エネルギーを全て振り直す。 (1B6) > 6

ラヴァーラス : これがあったからグッドツールさっき使ってました(

マグノリア : 「特に変調なし!この位置ならばAが来ます!」
ラヴァーラス : 「うむ、では改めて受けるとしよう、あやつの愛を!」

ソラバミ:都市型クリスマスα : ではエネミーターンです
ソラバミ:都市型クリスマスα : 9AT<=3 ソラバミから虹色の光弾が打ち上げられて爆発した! (9attack<=3) > 3,3,3,4,4,5,5,5,6 > ヒット数 3

system : [ クイーンオブラヴ ] 耐久 : 7 → 4

マグノリア : 「損傷軽微、大丈夫です!ムーヴは行いますか?」
ラヴァーラス : 「恨み辛みの愛ではわらわ達は墜とせぬぞ!」ムーブはなしですね

system : [ クイーンオブラヴ ] 耐久 : 4 → 7



『5ターン目』
・クイーンオブラヴ:シールド4枚 フライトレベル10
・ソラバミ:都市型クリスマスα:シールド合計2枚破壊 フライトレベル10

マグノリア : それではプレイヤーターンです。エネルギー補充お願いします

ラヴァーラス : 7b6 (7B6) > 6,2,1,6,5,2,4

system : [ マグノリア ] がダイスシンボルを6 に変更しました。
system : [ マグノリア ] がダイスシンボルを6 に変更しました。
system : [ マグノリア ] がダイスシンボルを5 に変更しました。
system : [ マグノリア ] がダイスシンボルを2 に変更しました。
system : [ マグノリア ] がダイスシンボルを2 に変更しました。
system : [ マグノリア ] がダイスシンボルを4 に変更しました。

マグノリア : 「エネルギーそこそこ良い感じです。グッドツールは使いますか?」
ラヴァーラス : 「無論このままだ。再び上空にて龍砲である!」2をコストに12までノーマルムーブ
マグノリア : 「少しお待ちをクイーン!」
マグノリア : 「これは…ジェノサイド警告です!」
マグノリア : 「メインの後に続けて実行されます!」

マグノリア : 下の黒いベルに詳細が書かれてます

ラヴァーラス : 「ほう、ここで来るか、奴の極大の愛が……!」何だか嬉しそうなのはきっと気のせい
ラヴァーラス : 「だが元の方針を変えずに行けば対処も出来よう!ここは臆さず攻める!」改めて2をコストに12までノーマルムーブ

system : [ マグノリア ] がダイスシンボルを変更しました。

・クイーンオブラヴ : フライトレベル10→12

ラヴァーラス : そのまま156をコストにドラゴンブレスで攻撃です

system : [ マグノリア ] がダイスシンボルを変更しました。
system : [ マグノリア ] がダイスシンボルを変更しました。

マグノリア : 「装填完了!撃てます!」命中4で

ラヴァーラス : 2AT<=4[=1:+5][>=2:+8] (2attack<=4[=1:+5][>=2:+8]) > 3,5 > ヒット数 1 > ダメージ 6

ラヴァーラス : グッドツールで5を4に!
マグノリア : これで10ダメージ

・ソラバミ:都市型クリスマスα:シールド1枚破壊

マグノリア : 「シールド破壊!やりました!」
ラヴァーラス : 「うむ!ようやく調子が出てきたな」
マグノリア : 「っと、リアクション来ます!」

ソラバミ:都市型クリスマスα : 4b6 『カップルは滅びるがいい!』突然ソラバミからアナウンスが流れるとともにエネルギーに異常が起きる!リヴァルチャーの所持エネルギーを全て振り直す。 (4B6) > 5,1,5,1

system : [ ソラバミ:都市型クリスマスα ] がダイスシンボルを5 に変更しました。
system : [ ソラバミ:都市型クリスマスα ] がダイスシンボルを5 に変更しました。
system : [ ソラバミ:都市型クリスマスα ] がダイスシンボルを1 に変更しました。
system : [ ソラバミ:都市型クリスマスα ] がダイスシンボルを1 に変更しました。

マグノリア : 「エネルギーに異常!まずいですねこれは…」
ラヴァーラス : 「とはいえこれは仕方あるまい。尤も今は機を見る時である、この時で良かったと思うのが吉であろう」このまま行動終了で

ソラバミ:都市型クリスマスα : ではエネミーターンです。まずはメイン!
ソラバミ:都市型クリスマスα : 9AT<=3 ソラバミから虹色の光弾が打ち上げられて爆発した! (9attack<=3) > 2,3,3,3,3,3,4,5,6 > ヒット数 6

system : [ クイーンオブラヴ ] 耐久 : 7 → 1

マグノリア : 「ギリギリ耐えきりました!続けてジェノサイド来ます!」

ソラバミ:都市型クリスマスα : 20AT<=5 『メリークルシメマス!』突然ソラバミからアナウンスが流れるとともに、急上昇したソラバミから空が見えなくなるほどの虹色の光線が舞い降りてきた!そして絶え間なく大爆発を起こす!シールド追加破壊。 (20attack<=5) > 1,1,1,1,2,2,2,3,4,4,4,4,4,5,5,5,5,5,6,6 > クリティカル 4 > ヒット数 22

・ソラバミ:都市型クリスマスα:フライトレベル10→12

マグノリア : 「射程外なので助かりましたね、クイーン…」
ラヴァーラス : 「然り。流石にこれを無傷という訳にはいかぬかったからな。しかしそうか……これが奴の愛であるのだな」攻撃を見届けどこか悲しそうに
マグノリア : 「それと今のジェノサイドの反動なのかシールドの質が落ちたようです!これならドラゴンブレス1発でも当たれば破壊できそうです!」

マグノリア : このままだとグダグダになりそうなので弱体化しました
ラヴァーラス : 思ったより外しまくってますしねー(

  今回はあまりにもダイス目が悪すぎて時間がかかったための救済処置である。

ラヴァーラス : 「それは僥倖であるな!とはいえ奴の障壁もまだ余力があると見える。慢心はせずとも油断はしないさ!」
マグノリア : 「ですね、クイーン」

system : [ クイーンオブラヴ ] 耐久 : 1 → 7



『6ターン目』
・クイーンオブラヴ:シールド4枚 フライトレベル12
・ソラバミ:都市型クリスマスα:シールド合計3枚破壊 フライトレベル12

マグノリア : というわけでプレイヤーターンです。エネルギーの補充をどうぞ

ラヴァーラス : 7b6 (7B6) > 3,2,5,5,5,3,4

system : [ マグノリア ] がダイスシンボルを5 に変更しました。
system : [ マグノリア ] がダイスシンボルを5 に変更しました。
system : [ マグノリア ] がダイスシンボルを5 に変更しました。
system : [ マグノリア ] がダイスシンボルを4 に変更しました。
system : [ マグノリア ] がダイスシンボルを3 に変更しました。
system : [ マグノリア ] がダイスシンボルを3 に変更しました。
system : [ マグノリア ] がダイスシンボルを2 に変更しました。

マグノリア : 「補充完了!グッドツールは使いますか?」
ラヴァーラス : 「このままで構わぬ!まずは助走から剣だ!」

ラヴァーラス : コストを11消費でブーストムーブ。12と9を往復です

system : [ マグノリア ] がダイスシンボルを変更しました。
system : [ マグノリア ] がダイスシンボルを変更しました。

・クイーンオブラヴ : フライトレベル12→9→12

ラヴァーラス : 続けて55コストに白雪で攻撃

マグノリア : 「助走完了しました、ブレードの準備も完了しました!」目標5で

system : [ マグノリア ] がダイスシンボルを変更しました。
system : [ マグノリア ] がダイスシンボルを変更しました。

ラヴァーラス : 4AT<=5[>=1:+5] (4attack<=5[>=1:+5]) > 2,3,3,3 > ヒット数 4 > ダメージ 9

・ソラバミ:都市型クリスマスα:シールド1枚破壊

マグノリア : 「シールド破壊!エネルギー回収します!」エネルギー獲得どうぞ

ラヴァーラス : 1b6 (1B6) > 4

system : [ マグノリア ] がダイスシンボルを4 に変更しました。

マグノリア : これに対してグッドツールは使いますか?
ラヴァーラス : どうせ振り直されるのでここは使用せずにいきます

マグノリア : 「反撃来ます!」

ソラバミ:都市型クリスマスα : 8b6 『カップルは滅びるがいい!』突然ソラバミからアナウンスが流れるとともにエネルギーに異常が起きる!リヴァルチャーの所持エネルギーを全て振り直す。 (8B6) > 2,2,3,6,6,6,5,4

system : [ ソラバミ:都市型クリスマスα ] がダイスシンボルを2 に変更しました。
system : [ ソラバミ:都市型クリスマスα ] がダイスシンボルを6 に変更しました。
system : [ ソラバミ:都市型クリスマスα ] がダイスシンボルを6 に変更しました。
system : [ ソラバミ:都市型クリスマスα ] がダイスシンボルを6 に変更しました。

・ソラバミ:都市型クリスマスα:フライトレベル12→10

マグノリア : 「エネルギーの質が逆に良くなりましたね!クイーン次の手を!」
ラヴァーラス : 「うむ、良き愛だ!」このままドラゴンブレスで攻撃で

ラヴァーラス : コストは345で

system : [ マグノリア ] がダイスシンボルを変更しました。
system : [ マグノリア ] がダイスシンボルを変更しました。
system : [ マグノリア ] がダイスシンボルを変更しました。

マグノリア : 「装填完了、撃てます!」目標4で

ラヴァーラス : 2AT<=4[=1:+5][>=2:+8] (2attack<=4[=1:+5][>=2:+8]) > 3,4 > ヒット数 2 > ダメージ 10

・ソラバミ:都市型クリスマスα:シールド1枚破壊

ラヴァーラス : 「さあ喝采の時ぞ!」
マグノリア : 「シールド破壊!反撃来ます!」

ソラバミ:都市型クリスマスα : 5b6 『カップルは滅びるがいい!』突然ソラバミからアナウンスが流れるとともにエネルギーに異常が起きる!リヴァルチャーの所持エネルギーを全て振り直す。 (5B6) > 1,2,2,4,2

system : [ ソラバミ:都市型クリスマスα ] がダイスシンボルを2 に変更しました。
system : [ ソラバミ:都市型クリスマスα ] がダイスシンボルを4 に変更しました。
system : [ ソラバミ:都市型クリスマスα ] がダイスシンボルを1 に変更しました。

マグノリア : 「そんな!再びジェノサイド警告!メインの後にβが来ます!」

  急に出目がよくなったのでアドリブとしてジェノサイドを発動!

ラヴァーラス : 「確かに驚異だが……構わぬ!この際ここで倒し切れば問題無い……であろう?」
マグノリア : 「確かに問題ないのですが…ラヴァーラス様、出来るのですか?」
ラヴァーラス : 「なぁに、仮にうまくゆかぬ時としも十分挽回は可能ぞ」
ラヴァーラス : 「それに……わらわにはマギーもいるのだ、出来るはずであろう?」実際上手く行ったらワンチャンと踏んではいるので……!
マグノリア : 「……ではラヴァーラス様、次はどのような手で迎え撃ちますか?」
ラヴァーラス : 「一先ずは龍砲だ!」422でドラゴンブレス。2の片割れを循環型で5にします

system : [ マグノリア ] がダイスシンボルを変更しました。
system : [ マグノリア ] がダイスシンボルを変更しました。

ラヴァーラス : あ、若干足りない……ちょっと巻き戻しで……!

system : [ マグノリア ] がダイスシンボルを2 に変更しました。
system : [ マグノリア ] がダイスシンボルを5 に変更しました。

ラヴァーラス : 「わらわとした事が……剣で斬り込むぞ!」まずは1と2消費でブーストムーブ、12→8→10で移動

system : [ マグノリア ] がダイスシンボルを変更しました。
system : [ マグノリア ] がダイスシンボルを変更しました。

・クイーンオブラヴ : フライトレベル12→8→10

マグノリア : 「敵の目の前に到達!斬れます!」

ラヴァーラス : このまま白雪で52をコストに斬り込みます。2を循環型で5にします
マグノリア : では追加ダメージ・目標値ともに5でどうぞ

ラヴァーラス : 4AT<=5[>=1:+5](移動3以上) (4attack<=5[>=1:+5]) > 4,5,6,6 > ヒット数 2 > ダメージ 7

・ソラバミ:都市型クリスマスα:シールド1枚破壊

マグノリア : 「シールドさらに破壊!あと一息です!」

ソラバミ:都市型クリスマスα : 3b6 『カップルは滅びるがいい!』突然ソラバミからアナウンスが流れるとともにエネルギーに異常が起きる!リヴァルチャーの所持エネルギーを全て振り直す。(3B6) > 5,1,2

system : [ ソラバミ:都市型クリスマスα ] がダイスシンボルを1 に変更しました。

マグノリア : 「少し悪くなりましたね。次はどう攻めますか、クイーン」

マグノリア : あとエネルギー回収お願いします
ラヴァーラス : おっと

ラヴァーラス : 1b6 (1B6) > 5

system : [ マグノリア ] がダイスシンボルを5 に変更しました。

マグノリア : こちらが忘れていたのでこれは変更なしで

  エネルギー回収や3つ目の感情回路の決定は何回やってもよく忘れる(汗)

ラヴァーラス : 了解ですー「ふっ、知れた事……ここで決める他なかろうて!」この出目ならまだ動ける……!

ラヴァーラス : 1と2コストにブーストムーブで10と7の間往復、そのまま55で白雪で攻撃します

system : [ マグノリア ] がダイスシンボルを変更しました。
system : [ マグノリア ] がダイスシンボルを変更しました。
system : [ マグノリア ] がダイスシンボルを変更しました。
system : [ マグノリア ] がダイスシンボルを変更しました。

・クイーンオブラヴ : フライトレベル10→7→10

マグノリア : 「整いました!クイーン、一撃を!」追加・目標5で

ラヴァーラス : 4AT<=5[>=1:+5] (4attack<=5[>=1:+5]) > 1,3,4,5 > クリティカル 1 > ヒット数 5 > ダメージ 10

・ソラバミ:都市型クリスマスα:シールド1枚破壊

  TRPGあるある…敵が弱体化したとたんに本気を出すダイス目。

ラヴァーラス : 「これぞ!わらわ達の!愛である!!」
マグノリア : 「そう!私達の愛は!無敵です!」
ソラバミ:都市型クリスマスα : 『カップルは…引き裂かれ…』そのアナウンスを言いきらぬまま、都市型のソラバミは真っ二つに切り裂かれて爆発した!
クロード : 『ソラバミの消滅を確認!よくやってくれた2人とも!』
ラヴァーラス : 「引き裂かれなどせぬさ……人と人に愛がある限り、な」爆散するソラバミを見送りながらも切り替えて
ラヴァーラス : 「うむ!我々の勝利である!市長殿、凱旋の準備をして待っておるがよい!すぐに帰還する!」
マグノリア : 「はい!楽しみですね、パーティー♪」
ラヴァーラス : 「マギーも大義であった。後は楽しむだけであるな」微笑みかけて
マグノリア : 「はい、帰りましょう、ラヴァーラス様♪」

GM : こうしてソラバミを討ったクイーンオブラヴはウェザーリポートへと帰還したのだった

☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡

グランドトライン0 : ここでミッションオーバーに移りますが、休憩しますか?
閣下 : あ、5分程休憩ください、また厠へ……!
グランドトライン0 : では18時から再開します
閣下 : めっちゃ増えてる……!(戻り
グランドトライン0 : パーティーだからね。ちなみにこの人たちみんな過去に演じたフィアンセとシュヴァリエ(フィアンセ率多し)
グランドトライン0 : それでは再開します



『ミッションオーバー…従者の振舞うとっておきのクリスマスディナー』
今度こそ仕事を終えた君たちは管理者からクリスマスパーティに招待された。
今回の主役と紹介されて少し恥ずかしいが悪い気はしない。
さあ、特別な夜を楽しもうじゃないか!

クロード : 「パーティーの方はいかがかな?キミが開催するようなものに比べれば大したことがないのかもしれないけど」
ラヴァーラス : 「規模など些細な問題ぞ。それよりもそこに愛があるか否かだ。……実に良き宴だ。楽しんでおるぞ」皆楽しそうな姿見て満足げ

GM : ちなみに黄色いリースにミッションオーバー用のイベントが書かれてます。そちらを参考にしてもこのまま流れに任せてもOKです
ラヴァーラス : では表のトレードを。マギーにプレゼント渡そうと思ってたので色々と丁度良かったので

マグノリア : 「私もラヴァーラス様と同じ意見です。みんな楽しんでいるようで何よりです」
マグノリア : 「ですが輸送スタッフの人たちは気の毒でしたね…結局残骸しか見つかりませんでしたし…」
マグノリア : 「あっ、申し訳ありません!パーティーなのにこんな暗い話題を!」
ラヴァーラス : 「ふっ、気にするでない」
ラヴァーラス : 「あの者達は子供達のプレゼントを届けるという大義を果たして逝ったのだ、あの者達も誇りであろう……そうでなければな浮かばれぬ」

ラヴァーラス : 内心凄く悔やんでるけど表向きは強気に振舞ってる。でもやっぱり悔いてる

  余談だが、ここでPCの通信障害が発生したため、スマートフォンのデータ通信に切り替えている。
  スマホの入力苦手なんだよなぁ……

クロード : 「彼らは間違いなくボクたちのサンタだった。このフォートレスに名を刻もうと思う。ボクなりの手向けだよ」
マグノリア : 「ありがとうございます。ラヴァーラス様、クロード様」
ラヴァーラス : 「しかしそうなれば……このプレゼントもより重い意味が含まれるようになるな」とここでプレゼントを取り出しますね
マグノリア : 「ラヴァーラス様、それは?」
ラヴァーラス : 「ああ、あの手配したプレゼントの中に丁度一緒に予めわらわが予約しておいたものも届けさせていたものがあってな」
ラヴァーラス : 「-そう、マギー。そなたの為のプレゼントをな」と立派な包装がされたプレゼントをマギーに
マグノリア : 「私の為に?ありがとうございます!」
マグノリア : 「中身は…フライパンですね!」
クロード : 「おや、それが欲しかったのかい?」
マグノリア : 「はい!このモデルはとても貴重で!これでますますラヴァーラス様の為に料理が出来ます♪」

  プレゼント内容が咄嗟に浮かばずになぜか出てきたのはフライパン。
  まあ従者なら料理上手だと思うし問題ないよね。

ラヴァーラス : 「ふふ、喜んでもらえて何よりだ……!」因みに相当老舗の代物なので実際超貴重の高級品です
マグノリア : 「しかし、私は何も用意して…」
マグノリア : 「いえ!これから用意させていただきます!」
マグノリア : 「厨房を借ります!早速このフライパンを使って皆様に料理を振る舞います!」
ラヴァーラス : 「!成程、わらわだけでなくこの場にいる者全てにか!これはいい……!流石わらわに使える愛の騎士であるな」
ラヴァーラス : 「ならばここは期待して待つのが愛の礼儀!存分に腕を振るうがよい」とどっしりマギーの料理を楽しみに待つ構えの女王様
マグノリア : 「はい!お任せください、ラヴァーラス様!」そう言って厨房へと向かっていった
クロード : 「キミも素晴らしいフィアンセを持ったものだ」
ラヴァーラス : 「……ああ、わらわの最高のフィアンセであり、愛の騎士だとも」マギーを見送りながら

GM : 特にやることがなければここで〆ます
ラヴァーラス : そうですね、こちらも大丈夫です

GM : その後、マグノリアの振舞う最高の料理に参加者はみな笑顔に包まれた
GM : もちろんそれに一番満足しているのは、他ならぬラヴァーラスであった。

光砕のリヴァルチャー「Day in Christmas Day out Christmas」END

☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡



『アフタートーク』
グランドトライン0: というわけでこれにてセッション終了です。ありがとうございました。
閣下 : ありがとうございましたー!
グランドトライン0: 女王様キャラと聞いてどんなものかと思ったけど、なかなか破天荒で面白かった
グランドトライン0: ここでヘリ呼ぶとは思わなかった(笑)
閣下 : 資産家特有の札束で殴るムーブしてみたかった感じはありますねw……結果何か犠牲者増えてしまいましたが(
グランドトライン0: ヘリと聞いて撃墜したくなるというアクション映画脳(笑)
閣下 : おかしい、カプコン製では無かった筈なのですが……(違
グランドトライン0: フロム製でも耐えられるかあやしいところである

  カプコン製…味方としてよく助けに来るが、助ける前後で撃墜されることが多い。
  フロムソフトウェア製…敵としてよく出てくる。やたら頑丈で撃墜してもすぐ増える。なお味方の時は以下略。

閣下 : 戦闘は……ソラバミとの戦法の相性自体は良かったけど何か出目が散々だった気がしますw
グランドトライン0: おかしいな。ドラゴンブレス2ヒットすれば1撃のはずなのに…
グランドトライン0: ここで66ファンブル出るかなぁ…

  下方ロールならでは66ファンブルというパワーワード(笑)

閣下 : FEARゲーなら最高の出目なんですけどねぇ……こう、出目の水準が最後までずっと高かった記憶が……
グランドトライン0: そして予想通り、弱体化したとたんに本気出すアタック判定(笑)
閣下 : あの感じだと弱体無しでも倒せていた気はしますが……まあ時間掛かってたでしょうね
グランドトライン0 : ですね。そしてマグノリアが思っていたよりも普通になってしまった…ような気がする
グランドトライン0 : まあそれはそれでラヴァーラス様と相性良かったのかも?
閣下 : 終始忠誠心高かったですね、後笑顔かわいい
閣下 : きっと笑顔が素敵だからこそこの子を選んだんだろうなぁって
グランドトライン0 : なるほど、笑顔って最強なんだな
閣下 : 笑顔は良いぞ、人の心を晴れ晴れにするし……時には威圧にも使える(ぇ

  笑顔とは本来は攻撃的なものであるって誰かが言ってた。

グランドトライン0 : さて、報酬とアチーブメントですが、どれを希望しますか?
閣下 : 報酬は……クロニクルのエースから不敗の猛禽を。今回の出目の散々具合がアレだったので……!
閣下 : アチーブメントの方は「ムーヴ強化」を頂きます
グランドトライン0 : わかりました。改めて初めてのリヴァルチャーいかがでしたか?
閣下 : 凄く良かったです。マンツーマンだとやっぱりRPに大分リソース持っていけるのが良いなぁと
閣下 : 戦闘の方も個人的には弾幕STGみたいな感覚で面白かったですね、こう、安置やパターン見つけてそこから攻めていく感じが特に
グランドトライン0 : そうそう、でもってパターンを見切ってもダイス目という運が絡むからなかなかうまくいかない。今回みたいに…
グランドトライン0 : 逆にアビリティを全動員したとはいえ、ジェノサイドでシールド破壊されなかったこともあったからな

  今回登場したクロード・バーンド市長がシュヴァリエとして活躍した「Meteor Encounter」での出来事。
  リプレイ許可取れてないので、残念ながら載せられないが、これはこれでエモいシナリオだった。

閣下 : ジェノサイドの対処の方法も大事なんですねぇ、やっぱり
グランドトライン0 : 最強クラスだと「命中5の50ダイス。ダメージ貫通」とか「全シールド破壊。スフィア無効パージは可能」とかおかしいのあったからな

  公式で出しているラスボス級の最強ジェノサイドの効果。公式ロストさせる気満々である。

閣下 : 対処しないと絶対死ぬやつじゃないですかヤダー!
グランドトライン0 : とりあえず特になければここで自由解散となります
グランドトライン0 : 来年にはログは消すので保存はお早めに
グランドトライン0 : アチーブメントの感想はオンセンでもツイッターでもお好きなところにどうぞ。ウチは割と判定は緩いです(笑)
閣下 : ほうほう(梟)ツイッターは基本ROM専なので……オンセンの日記、書いてみますかねぇ(そちらにしろ地味に初日記
閣下 : 何かしら自己発信始めて見るいい機会かもしれないなーともふと思ったので
閣下 : そしてそろそろいい加減夕飯やら風呂の準備せねば……!
閣下 : では改めて楽しい卓ありがとうございました!また次回参加あればよろしくお願いしますー!
閣下 : それではお疲れ様でしたー!
グランドトライン0 : お疲れさまでしたー!

いいね! いいね!  2

注意: 当ページの内容の転載、複製は著作者の許可がない限り行わないでください。

リプレイ一覧に戻る

コメントを書く

※投稿するにはログインが必要です。

コメント一覧

まだレスポンスがありません。