【りゅうたま】【突沸卓】りゅうたまセッション(サンプルシナリオ)

熱濃硫
熱濃硫トピックリプレイ 押されたいいね! 1
登録日:2022/09/25 20:01最終更新日:2022/09/25 20:01

本作は、「岡田 篤宏、テーブルトークカフェDaydream、ジャイブ」が権利を有する「りゅうたま」の二次創作物です。

セレナ:こんにちは。よろしくお願いいたします。
セレナ:時間まで放置してます
システム:bookphageさんが、入室しました。
bookphage:よろしくお願いします
システム:熱濃硫さんが、入室しました。
GM/熱濃硫:あ、こんにちは...
GM/熱濃硫:GMが遅刻しちゃうだなんて...
システム:うめおさんが、入室しました。
うめお:こんにちは。今日はよろしくお願いします。
熱濃硫:こんにちは
システム:はるぴおさんが、入室しました。
はるぴお:こんにちは
うめお:ココフォリアとユドナリウムでりゅうたまを遊んだことはありますが、オンセンルームでのセッションははじめてです。
はるぴお:よろしく御願いします
熱濃硫:よし、全員揃いましたね、
熱濃硫:(つい人狼onlineのクセで点呼しそうになっちゃった...)
熱濃硫:んでは、始めます?
NOAH:人狼オンライン前してたなあ…
NOAH:自分は準備おkです
はるぴお:ok
はるぴお:です
熱濃硫:bookphageさんいらっしゃります?
熱濃硫:...まあすぐ来るでしょう。
NOAH:中身が…w
熱濃硫:はるぴおさんは準備大丈夫でした?結構ギリギリだったような気がしたので。
bookphage:います!
熱濃硫:オッケイ!全員確認!
はるぴお:はい
熱濃硫:持ち物面大丈夫でした?
はるぴお:編集してきて大丈夫ですか?
熱濃硫:あー、一緒にやりましょうか?
はるぴお:ありがとうございます!
熱濃硫:皆さん、少々お待ちいただけますか?
NOAH:大丈夫です。自分も一度キャラシ見直してきます―
うめお:はい
熱濃硫:ありがとうございます。
はるぴお:ありがとうございます。
うめお:あ、すみません、私は持ち物の量が多いので、オンセンのキャラシに書き写していないのですが大丈夫でしょうか?
熱濃硫:はい、大丈夫です。
うめお:ありがとうございます。
うめお:文字色変更ー
GM/熱濃硫:なっ...!?ど、どうやって...!?
bookphage:自分も色変えます。名前もミグラテールに変えます
うめお:右の方に「黒」ってなってるところから、色が選べますよー
ミグラテール:チャット枠の右で選択できますよ
GM/熱濃硫:おお...!ああでもGMなので分かりやすい黒にしておきます...
GM/熱濃硫:さて...どうですかはるぴおさん、いい感じに仕上がりました?
ミグラテール:分かりやすさを追求するゲームマスターの鏡......!
うめお:確かにわかりやすいです
はるぴお:大丈夫です
GM/熱濃硫:では、ゲームを始めましょう
ワン・シュエ:よろしくお願いします。
GM/熱濃硫:(※町はサンプル通りです)
NOAH:はーい。改めてよろしくお願いします
はるぴお:よろしくお願いします
ミグラテール:お願いします



GM/熱濃硫:ここはイーファ、商店の町。市場がたちならんでおり、爽やかな春風が吹き抜けます。
GM/熱濃硫:(こんなもんでいいのか...?)
NOAH:()
NOAH:いいんじゃないでしょかww
GM/熱濃硫:そこにも複数人の旅人の姿が...(まだ合流はしていない、という設定で。)
ワン・シュエ:(いちおう雑談タブというものがあってじゃな?)
GM/熱濃硫:はい、ではまあなんだ、たまたま合流する感じでRPして頂けると...
熱濃硫:えーっと(どう言えばいいんだ...?)
ワン・シュエ:じゃあ商店の町なので、出店出してます。「ラグア・ルーア・デバンゲーって町の特産品、瓶詰めの雪と瓶詰めの砂田よ」
熱濃硫:(な...ど、どうやって!.)
セレナ:えー、じゃあふらふらって出店よります「雪…珍しい。ちょっと見てもいいですか?」
熱濃硫:他の方も、なんとなく旅につながる感じで...
ワン・シュエ:そうですね、前を誰かとおりがかってもらうか、あるいはGM的には「どこで合流して欲しい」とかあればご希望通りの流れにいたします
熱濃硫:特にそういうものもないですかね...
ミグラテール:遊牧民族出身のおのぼりさんなので、(砂なんか売れるんか......?)とうさんくさそうに眺めてます
ワン・シュエ:「あ、おきゃくさんだね!いらっしゃい!珍しいでしょ!瓶詰めになってて、溶けないんだよー!」<セレナに
革新さん:じゃあ旅人になります。「何か面白そうな店あるかな…」
熱濃硫:どうやら4人ともシュエさんの店に集まっているようです。
熱濃硫:それだけでなく、それなりに人々も集まっていました。
ワン・シュエ:ミガクテールさんの視線に気がつきます「おにいさん、よかったらみていってよ!」ニコニコ
ミグラテール:「雪はともかく、砂なんか外出ればいくらでもあるやん」うっかり声に出しちゃいましたね......
革新さん:「この雪は珍しそうだな…」
革新さん:「というか雪自体珍しい…」
ワン・シュエ:「珍しいでしょ!北の方にある街で、お祀りの時だけ売ってるんだよー」<革新さん
セレナ:「自分のところも雪はあまり…、瓶詰で雪は解けなくなるものなのか?」<革新さん
熱濃硫:ミグラテールさんはあまり近づかない感じのようですね、
ワン・シュエ:「そこらの砂じゃ無いよ!魔法の砂なんだよ!よくみて、キラキラして適齢でしょ!」(口八丁)<ミガクテール
ミグラテール:ミグラテールくんは人の集まってるところについていく習性があるので、なんか知らんけどついてきたみたいな空気感を出してもろて
熱濃硫:時間も少しずつ午後になるにつれかなり込み合っています。
革新さん:「うーむ瓶詰めで中の温度が寒くて、日光に当たらないようにしたら溶けないかな…」<セレナさん
熱濃硫:(そろそろチェックいれる時かな...?)
熱濃硫:ところで皆さん、「大事なもの」って決まってます?
セレナ:決まってる
革新さん:(なにそれ)
熱濃硫:ひとつだけ持てる、自身のキーアイテムですが...
熱濃硫:分かりました。
ミグラテール:そういえばそんなものもありましたね......
ワン・シュエ:シュエはそろばんを持ってます<キー
セレナ:セレナはミサンガですね。手首につけてる
ワン・シュエ:「おおまけにまけて、200Gだよ!」
ミグラテール:ミグラテールくんは手綱ってことにしときます
革新さん:革新さんはガラスペンにしときます。
セレナ:「欲しいけど割と高いな…」旅最初だから自分の所持金が…w
熱濃硫:4人はシュエさんの出店で集まってそれぞれが楽しんでいる(?)ようですね...さて、突然ですがここでチェックです。「精神」+「敏捷」でサイコロを振っていただけますか?
システム:ミグラテールさんのロール(1d8+1d4)
→ Ryutama (1D8+1D4) → 1[1]+3[3] → 4
システム:革新さんさんのロール(6D6) → 23 (1、5、2、5、4、6)
システム:セレナさんのロール(1d8+1d6)
→ Ryutama (1D8+1D6) → 1[1]+3[3] → 4
革新さん:これであってます?
システム:ワン・シュエさんのロール(2D6) → 9 (6、3)
熱濃硫:えーっと、あなたのステータスの場合、6を2回って意味です。
熱濃硫:革新さん、もう一回振っていただけますか?
熱濃硫:2d6で。
システム:革新さんさんのロール(2D6) → 4 (3、1)
革新さん:なんとなくわかってきました。
熱濃硫:えー。では一番数値の高かったシュエさんは、何者かが影からこちらを見てくることに気づきます。
熱濃硫:そして少しずつ近寄っていることも。
ワン・シュエ:「視線を感じる…おーい、お客さーん!寄ってらっしゃい見てらっしゃい!」影に向かって呼びかけます
熱濃硫:えーっとちょっとダイス振りますね、
システム:熱濃硫さんのロール(1D4) → 4 (4)
熱濃硫:4ですね。では...4番目に参加申請したミグラテールの真後ろにその影は忍び寄りました。そして...
熱濃硫:あなたの大事なもの、手綱をひょいっと奪ってしまいました!(対抗チェック。)
ミグラテール:いやー
熱濃硫:敏捷+体力でチェック、
システム:ミグラテールさんのロール(1d4+1d8)
→ Ryutama (1D4+1D8) → 3[3]+2[2] → 5
システム:熱濃硫さんのロール(2D4) → 3 (2、1)
熱濃硫:あ.........捕まりましたね。
熱濃硫:その影は手綱を取られましたが、素早く逃げて行きました。
ミグラテール:なんでこの貧弱なステでスリなんかやってるんだ......
セレナ:貧弱wこのやり取りほかのキャラ気づいてます?
熱濃硫:その時「キャー!スリよスリ! 」と遠くで聞こえます。おそらくさっきの奴でしょう。
熱濃硫:よくもまあその貧弱ステータスで盗めたものです。
ワン・シュエ:「スリ!?」商品と金目のものをまとめて背負います「お客さん達も気をつけて!」
熱濃硫:本来は逃走のブレスを使う予定でしたが、あれなので...
熱濃硫:すると町の警察組織のような人でしょうか。「この辺りで聞こえたんだがなぁ...違ったかな?」
熱濃硫:「おや、旅人さんですか?」その人は問いかけます。
熱濃硫:返事御願いします...
ミグラテール:「せやで」
革新さん:「はい、どうかしましたか」
ワン・シュエ:「旅の商人だよ!」
セレナ:「じぶんも旅人ですが…すりはいつものことなのか?」
熱濃硫:「ああ、そうでしたか。最近この辺りでスリが多発していまして、私達も手を焼いているんですよ、」
熱濃硫:「いくら捕まえてもどんどん送り込まれてくる感じですかね、」
ワン・シュエ:「わー、物騒だね!気をつけなきゃ!」荷物を背負い直す
ミグラテール:「さっきみたいなネコが? たくさん? ええやん......」
革新さん:「そうなんですか…スリの本部を突き止めないといけないですね…」
熱濃硫:今度は先ほど被害にあった女性が来ました。
熱濃硫:「ハァ...ハァ...逃げられちゃった...」
熱濃硫:「あれ、旅人さんですか?初対面なんですけど、ひとつ御願いがあるんですが...私の盗まれたモノを取り返していただけないでしょうか...?」
ミグラテール:「ええで。どうせ暇やし」
熱濃硫:「もちろんお礼はします、ですので御願いできますか...?」
革新さん:「いいですよ。何か情報はありますか?」
熱濃硫:「ありがとうございます!彼らは西の方に逃げて行きました。」
ワン・シュエ:「ふむふむ。じゃあ私も手伝うよ!」
熱濃硫:そんな話をしている間、既に日が暮れ始めていました。
セレナ:「西ね。せっかくだし自分も行くよ」
革新さん:「西の方か…明日みんなで取り返しに行きましょう」
熱濃硫:「ああ、もうこんな時間。私の家は宿屋でもあるので、恩としてはなんですが、あなた達の代金を無料にします、ぜひとも体調を整えてください。」
ワン・シュエ:「今日はもう無理そうだね。野宿は嫌だし」
ミグラテール:「屋根のあるとこで寝るのは久々やな......」
ワン・シュエ:「えっ、ただで止まれるの!じゃあ頑張って捕まえるよ!」ゲンキン
セレナ:「ありがたいね。自分はセレナというけれどみんなの名前は?しばらく一緒に過ごすことになりそうだし」
熱濃硫:警察組織っぽい人「私も同行しますよ!町全体の治安を守るためにも必要だと思いますので!」
ワン・シュエ:「私はシュエだよ!よろしくね!」
熱濃硫:「では、また明日。」警察組織っぽい人は本部へ戻るのでしょうか、帰っていきました。
ミグラテール:「自分はミグラテール。おおおきに」
革新さん:「革新です(笑)よろしく御願いします。」<
革新さん:(緩々警察だなぁ)
熱濃硫:さて、4人は3から6人部屋、個室の2つを選べるようですね、どうします?
革新さん:「3から6人部屋がいいかな。スリがきても困るし。」
ミグラテール:タダなので遠慮なく個室を選びます
ミグラテール:あ、そっか。じゃあ3から6人部屋で
ワン・シュエ:「雑魚寝でも良いよ?」
熱濃硫:決まりました?
セレナ:3から6人部屋かな
熱濃硫:はい、ではおやすみなさい。
熱濃硫:(ちょっと安直すぎたか...?)
熱濃硫:何か作戦会議とかでもするなら今のうちにどうぞ...
革新さん:(いや、そうでもないと思います)
ワン・シュエ:「うーん、街中の宿屋で見張りとかいるかな?そんなに治安悪いの、ここ?」
熱濃硫:仕切り板のようなものが一枚立て掛けられていますが...
熱濃硫:そんな治安悪いわけではないです、
熱濃硫:十分いい方。
革新さん:「僕は大分怖がりなんで(笑)」
セレナ:「何もないと思うけど男性と女性で分ける?」仕切り板
ミグラテール:「分けたら分けたで女性陣の方に曲者が寄って来た時どうすんねん」
ワン・シュエ:「うん、仕切りで男女はわけとこう!」
革新さん:「そうしましょうか」
熱濃硫:宿に見張りはついているようですね、それから侵入したらそりゃ強盗なので()
ワン・シュエ:「それなりに強いよ?」ハンドアックスかざし
ミグラテール:「はえー」
熱濃硫:では、もう話すことはないですか?
ミグラテール:自分から特にないです
ワン・シュエ:(アタックタイプだからね)
セレナ:「怖いよシュエさん。」話すことはないかな
熱濃硫:では、ゆっくりおやすみなさい...
ワン・シュエ:「街中だから大丈夫だよー…多分」大丈夫です
革新さん:「明日が不安で眠れない…」
セレナ:すやあ


熱濃硫:テーレーレーレーレッテッテー☆(ドラクエ)
革新さん:すー…
ワン・シュエ:すやあ
ミグラテール:まあドラクエも間違いではない(りゅうたま並感)
熱濃硫:おはようございます。
革新さん:「みんな起きる時間だよ」
熱濃硫:(bgmどーしよ...)
ワン・シュエ:「うーん、朝だ…?」
熱濃硫:bgmつけていいですかね...?
システム:bookphageさんが、入室しました。
セレナ:「起きるの…はや。。。」寝ぼけてる
熱濃硫:流れてますか?
熱濃硫:自身の持ち物の確認をしてみます...?
ワン・シュエ:持ち物?
熱濃硫:どうやら誰も何も盗まれていないようです。
bookphage:ヨシ!
ワン・シュエ:ヨシ!
熱濃硫:さて、コンディションチェックとしましょ。
セレナ:はーい
革新さん:ヨシ!
セレナ:ヨシ!
熱濃硫:体力+精神で。ロールしてください
システム:ミグラテールさんのロール(1d8+1d8+1)
→ Ryutama (1D8+1D8+1) → 1[1]+4[4]+1 → 6
システム:セレナさんのロール(1d4+1d6)
→ Ryutama (1D4+1D6) → 2[2]+5[5] → 7
システム:革新さんさんのロール(2D6) → 9 (5、4)
システム:ワン・シュエさんのロール((1d10+1d6))
→ Ryutama ((1D10+1D6)) → (3[3]+6[6]) → 9
熱濃硫:皆さん、可もなく不可もなくといった体調ですね。
革新さん:(革新さんさんは草)
ワン・シュエ:「体調はまあまあかな」
熱濃硫:「あ、皆さんもう向かわれるのですか?」と呼び掛けるのは昨日の女性です、
革新さん:「みんなもう行く?」
ワン・シュエ:「朝ご飯食べたら行くよね?」みまわしながら
革新さん:「うん」うなずく
ミグラテール:「ワイはバッチコーイやで」
セレナ:「あ、おはようございます。準備が出来次第いきましょう。ご飯!」
熱濃硫:下の階の食堂に向かうこともできます
セレナ:食堂向かいます
革新さん:僕も向かいます
ミグラテール:ご飯の用意に参加してもいいですか? 使えるならここでテイストグッド・テイスト使いたいです
熱濃硫:使えますよ
ワン・シュエ:では食堂に「なにがありますかー?」
ミグラテール:やったー
ミグラテール:じゃあ使います
システム:ミグラテールさんのロール(1d4+1d8)
→ Ryutama (1D4+1D8) → 3[3]+7[7] → 10
熱濃硫:(様々なメニューがあるようですね、どうします?)
熱濃硫:(言ったもん全部出てくるけど())
ワン・シュエ:「じゃあ、トーストとホットミルク!」
熱濃硫:「少々お待ちください...」
熱濃硫:ミグラテールさんがテイストグッドテイストを成功させたのでコンディションに/1ですかね()
熱濃硫:あ、+1だ()
革新さん:「トーストと、冷たい牛乳で」
ミグラテール:「ワイが肉焼いたる......おいしくなーれ!(テイストグッド・テイスト並感)」
ミグラテール:革新さんさんはこれでコンディションが10ですね
セレナ:「お肉!出来れば鳥系のあるかな」
熱濃硫:「シュエさんと革新さんですね?用意ができました(運び終えたようです)」
熱濃硫:「少々お待ちください...」
ミグラテール:ワン・シュエさんもか
革新さん:「ありがとうございます。」
ワン・シュエ:「わあ、このトーストおいしい!宿屋の人もミガクテールさんもありがとう!」
ワン・シュエ:10ですね!やった!
熱濃硫:「セレナさんですね?用意できました(運び終えたようです)」
熱濃硫:シュエさんと革新さんは体調バツグン!ステータスを
革新さん:「トーストおいしい…やっぱトーストと牛乳は最高だね」
ワン・シュエ:「おいしい朝母斑で絶好調!」
セレナ:「ありがとう。もごもご」
熱濃硫:一段回あげることができます!
ワン・シュエ:朝ご飯…
熱濃硫:シェフ「」
熱濃硫:ああ、誤爆だ...
ワン・シュエ:「そうだね、トーストと牛乳は最高!」
熱濃硫:シェフ「ありがとう、ミグラテール君!」(給料を獲得したようです)
ミグラテール:「まいど!」
熱濃硫:ミグラテールさんは給料を獲得しました。(どのくらいがお望みでしょうか?)
熱濃硫:いや?バイト代か?
システム:熱濃硫さんが、入室しました。
ミグラテール:セルフサービスということで人数分の手数料ぐらいでお願いします
熱濃硫:4×25で100Gぐらい...?
熱濃硫:(序盤だしこんなもんか...)
ミグラテール:おいしい料理が30Gで不味い料理が3Gなのでそのぐらいでしょうね
熱濃硫:さて皆さん、向かいますか?
ミグラテール:行っちゃいましょうか
ワン・シュエ:「おいしかった!ごちそうさま!」行きましょうか
革新さん:「ご馳走様。それでは向かいましょうか」 行きましょう
セレナ:「ごちそうさまでした」行こう
熱濃硫:4人が町を出ようとすると、昨日のあの人が駆けつけてきました。警察組織っぽい人(所長ではありません)「おお、皆さん来てましたか。」
ワン・シュエ:「うん。宿賃分の仕事はするよー」
熱濃硫:ではbgm換えますね...
熱濃硫:だー!ろくなものがない!
熱濃硫:では移動チェックですね、晴れた草原だから6かな?
革新さん:(みんなどうやって雑談に切り替えてるんだ?)
熱濃硫:体力と敏捷でダイスを振ってください。
システム:ミグラテールさんのロール(1d4+1d8)
→ Ryutama (1D4+1D8) → 4[4]+6[6] → 10
システム:革新さんさんのロール(2D6) → 8 (5、3)
システム:セレナさんのロール(1d4+1d8)
→ Ryutama (1D4+1D8) → 1[1]+6[6] → 7
熱濃硫:()いい忘れてたけどhpとmpって全快してたはず...
システム:ワン・シュエさんのロール((1d10+1d6))
→ Ryutama ((1D10+1D6)) → (3[3]+2[2]) → 5
ワン・シュエ:ぐあ
熱濃硫:ワン・シュエさんは旅の歩き疲れが来てるのでしょうか?HPが減ってしまいました、
ワン・シュエ:あ、絶好調なの忘れてました…
熱濃硫:シュエさんと革新さんhあ
熱濃硫:ステータスを1つあげて下さい。
ワン・シュエ:いいですか?ありがとうございます
革新さん:これでいいんですかね
ワン・シュエ:精神をあげます
革新さん:精神をあげます
熱濃硫:はい。ただし1日限りですかね、絶好調だからってことなので。
ワン・シュエ:了解です
熱濃硫:さて、方向チェック...あ、役割決め忘れてた。
革新さん:了解です。
熱濃硫:...まあいいですよね?
熱濃硫:リーダー、マッパー、荷物係、日誌係ですけど。
熱濃硫:どうします?決めます?
はるぴお:決めましょうか
ワン・シュエ:荷物かなあ。荷車あるから
ミグラテール:ミグラテールくんは知力4のアホなのでマップは厳しいですね
ミグラテール:日誌で
NOAH:知力6すね。革新さんは?
革新さん:マッパーですかね
ワン・シュエ:知力6です
ワン・シュエ:割と横並びですね、知力
熱濃硫:どうです?
熱濃硫:この感じNOAHさんがリーダーですかね、(リーダーが余るなんてことあるのね...)
NOAH:おなじですねー。ではリダやりますかね
NOAH:おkです
熱濃硫:決まりましたね、革新さん、知力×2でダイスを振ってください。
システム:革新さんさんのロール(2D6) → 10 (6、4)
熱濃硫:では、4人は間違いなく奴らのアジト付近に進めたようです。
ワン・シュエ:「ちかくてよかった!」w
熱濃硫:すると近くには昨日の「アイツ」がいたようです、
セレナ:「革新さんありがとう。道迷わずに済んだw」
熱濃硫:ネコのような格好ですが、小柄でツボを抱えています、
革新さん:「あ、昨日のスリがいるっぽいね。近くに。」
ワン・シュエ:「地図の通り居行けたおかげだね!ありがとう!ん?」
熱濃硫:目が、合った。
セレナ:「気づかれたか」
革新さん:「これはまずいな」
ワン・シュエ:「ネコゴブリンかな?」
熱濃硫:彼はあわてふためいてツボからガラクタを放り投げました。しかし地面に当たって無駄だったようです。
革新さん:「何してるのかね、ねこちゃん^^」
熱濃硫:焦ったネコゴブリンはツボを置き、特攻戦法に出たようです...!
熱濃硫:ここでまさかのバトルスタート!
ワン・シュエ:ハンドアックスを構えます
セレナ:逃げないのねwこっちくるんかーい
革新さん:剣を構えます
セレナ:弓持ちます
熱濃硫:「ヤ、ヤバイ、でも引くわけにはいかないゴブニャー...」
革新さん:「すごい語尾だな」
ミグラテール:かわいそうなので素手を構えます
セレナ:「かわいい…」(小声)
熱濃硫:すると放り投げられたガラクタがカタ、カタと小刻みに揺れます。
ワン・シュエ:「…引いても良いんだよ?」
熱濃硫:2体のガラクタは「おもちゃの兵隊」。敵意を向けています...!
革新さん:「ん?なんか揺れてんな」
熱濃硫:さて、ここでオブジェクト配置
ミグラテール:やっぱりやばそうなので斧を構えますw
ワン・シュエ:「こいつ、うごくぞ?」
熱濃硫:戦いが始まりました。まずはオブジェクト配置から
セレナ:オブジェクトいくつ?
熱濃硫:近くにあるものとしたら...隠れられそうな言わば、ねこゴブリンのツボ、あと3つなんか...あります?
ワン・シュエ:ここ、どういう場所ですか?
熱濃硫:通常なので5つですね、
熱濃硫:開けた草原です、特に制限はつきません。
ワン・シュエ:では「石ころ」
熱濃硫:はい、
ミグラテール:ちなみにセレナさんってコンディションいくつですか?
セレナ:小動物系…うさぎとか?
革新さん:これって何でもおけるんですか
セレナ:コンディションは8です
熱濃硫:はい、
熱濃硫:警察組織っぽい人「えーっと...」
セレナ:警察官居たわw
熱濃硫:忘れられてたかも知れねぇ...
ワン・シュエ:オブジェクト???
ミグラテール:じゃあ草いっぱい生やしてください
熱濃硫:ああ、じゃあ背丈の高い草 で。
熱濃硫:決まりましたね、では前衛後衛を決めてください。警官は前衛にいるようです。
ワン・シュエ:前衛で
革新さん:前衛
ミグラテール:ミグラテールくんは前衛で
セレナ:後衛
熱濃硫:ネコゴブとおもちゃの兵隊は全員前にいます
ミグラテール:セレナさんにバケーション・バイタリティ掛けたいから後衛行こうかな
熱濃硫:ではイニシアチブチェック。敏捷+知力でドラクエで言う「すばやさ」を決定しますよ。
システム:ワン・シュエさんのロール(2D6) → 4 (2、2)
システム:ミグラテールさんのロール(1d4+1d4)
→ Ryutama (1D4+1D4) → 1[1]+3[3] → 4
システム:革新さんさんのロール(2D6) → 5 (4、1)
システム:セレナさんのロール(1d8+1d6)
→ Ryutama (1D8+1D6) → 8[8]+3[3] → 11
熱濃硫:おもちゃの兵隊とネコゴブはそれぞれ5、6ですね
システム:熱濃硫さんのロール(1D6) → 3 (3)
システム:熱濃硫さんのロール(1D8) → 1 (1)
熱濃硫: あ、間違えました...
システム:熱濃硫さんのロール(1D6) → 4 (4)
システム:熱濃硫さんのロール(1D8) → 8 (8)
熱濃硫:警官は8だそうです。
熱濃硫:では戦闘開始!まずはセレナさんの行動です。
セレナ:弓で歩く兵隊に攻撃かな。
システム:熱濃硫さんが、入室しました。
熱濃硫:分かりました。
システム:セレナさんのロール(1d6+1d8-2)
→ Ryutama (1D6+1D8-2) → 2[2]+4[4]-2 → 4
熱濃硫:当たって...ない?
セレナ:はずれるかな
熱濃硫:セレナさんの弓は掠れましたが当たりませんでした。
熱濃硫:警官は身を守って、攻撃が飛んだら庇ってくれるようです。
熱濃硫:次は革新さん、
熱濃硫:じゃなかった。ネコゴブ。
熱濃硫:あれ、どうやって行動させるんだ?
熱濃硫:ネコゴブは警官を攻撃ようとしました。
システム:熱濃硫さんのロール(1D6) → 1 (1)
システム:熱濃硫さんのロール(1D4) → 2 (2)
熱濃硫:3-2で1ですね、(素手扱い)
熱濃硫:警官は余裕で避けることができました。
熱濃硫:次は革新さん、
ミグラテール:よ わ い
革新さん:ネコゴブを剣で攻撃
熱濃硫:まあボス戦は強くする予定...
熱濃硫:剣の命中判定は...
ワン・シュエ:「でも当てなきゃ勝てないよ-」
革新さん:(どうやって命中判定計算するの)
熱濃硫:敏捷+体力です
システム:革新さんさんのロール(2D6) → 2 (1、1)
熱濃硫:ハズレですね、
熱濃硫:次のおもちゃの兵隊は2体同時行動です。
熱濃硫:1体は背の高い草に隠れ、後ろから革新さんに攻撃!
革新さん:「いってぇ…」
熱濃硫:もう1体は正面からシュエさんに飛びかかりました。
システム:熱濃硫さんのロール(1D6) → 4 (4)
システム:熱濃硫さんのロール(1D2) → 2 (2)
熱濃硫:6+1+1で8ですね、(短剣判定)
熱濃硫:当たりました!
熱濃硫:あれ?10だったよな?
熱濃硫:あ、外れてますこれ、
システム:熱濃硫さんのロール(1D2) → 2 (2)
システム:熱濃硫さんのロール(1D6) → 6 (6)
熱濃硫:8+1+1で10ですね、革新さんにヒット!
革新さん:「ぐはぁ」
熱濃硫:シュエさんはかろうじて避けましたが...
システム:熱濃硫さんのロール(1D2) → 1 (1)
熱濃硫:1-1で...0だと...?
ワン・シュエ:「警察がかばってくれない…」w
セレナ:ぽこっw
熱濃硫:はい、無傷でした。
熱濃硫:誰もダメージを食らわない泥試合です。
ワン・シュエ:「よわよわ攻撃?」
熱濃硫:次はシュエさんですね、
熱濃硫:もう埒が明かん...
セレナ:いけるいけるきっとw
熱濃硫:行動どうぞ、
ワン・シュエ:斧でおもちゃの兵隊を狙います。足下の石ころを蹴って相手の注意をそらします。命中+1良いですか?
熱濃硫:もちろん。
ワン・シュエ:集中して更に+1。MP半分消費。
システム:ワン・シュエさんのロール((2d10+2))
→ Ryutama ((2D10+2)) → (11[9、2]+2) → 13
革新さん:ないす
熱濃硫:兵隊はオノを頭から食らってしまいました。ダメージは...?
ワン・シュエ:ダメージ出します
システム:ワン・シュエさんのロール(1D10) → 4 (4)
ワン・シュエ:(´・ω・‘)
ミグラテール:しょっぱ......
熱濃硫:なかなかのダメージを食らい後ろに倒れたようです。
熱濃硫:最後はミグラテールさん。
ミグラテール:敵前衛にイバラノソノかけます
システム:ミグラテールさんのロール(1d4+1d8)
→ Ryutama (1D4+1D8) → 2[2]+3[3] → 5
ワン・シュエ:「でも倒れた!やった!」
ミグラテール:これでこちらの方が速くなりますね
熱濃硫:兵隊は鈍足になりました。
熱濃硫:あれ?これネコゴブ(int6)にはかかってる...?
ワン・シュエ:「これで当てやすくなったね!ミガクテールさんありがとう!」
セレナ:多分抜け出してる?
ミグラテール:魔法チェックって能力値参照でしたっけ
熱濃硫:まあともかくターン2!セレナさんのターン
熱濃硫: 警官「攻撃するかー...」
システム:熱濃硫さんが、入室しました。
熱濃硫:再読み込み間違えてやっちゃった...
セレナ:分からん。弓で攻撃
セレナ:あたるかなー。。。
熱濃硫:誰に...?
セレナ:兵隊
熱濃硫:ではチェックどうぞ
システム:セレナさんのロール(1d6+1d8-2)
→ Ryutama (1D6+1D8-2) → 1[1]+8[8]-2 → 7
熱濃硫:兵隊のクビに弓が刺さりましたね。
熱濃硫:さてダメージは...?
システム:セレナさんのロール(1d8)
→ Ryutama (1D8) → 3
セレナ:うんw
熱濃硫:兵隊はかなり疲れているようです。
革新さん:(ダメージ計算ってどうやってるんでしょ)
熱濃硫:警官は警棒でネコゴブから先に叩く考えに至りました。
ワン・シュエ:兵隊のHPは4かな
ワン・シュエ:(るるぶ23ページ、武器によりダメージ値は変わります)
熱濃硫:警棒は...剣か?
システム:熱濃硫さんのロール(2D8) → 4 (3、1)
熱濃硫:当たらねぇ...
熱濃硫:「銃を持ってくるべきだった...」
熱濃硫:あ、そうだ、イバラノソノで下がってたんだっけ。
熱濃硫:じゃあ当たってますわ。
システム:熱濃硫さんのロール(1D8) → 6 (6)
熱濃硫:あ、じゃあオノ判定でリセットしていい?
ミグラテール:取り回し的には剣。ヨシ!
システム:熱濃硫さんのロール(2D8) → 8 (1、7)
熱濃硫:オノ判定だと当たるみたい。
熱濃硫:ダメージは...
ミグラテール:斧でいきましょう!
システム:熱濃硫さんのロール(1D8) → 2 (2)
熱濃硫: 警官「銃持ってくるべきだった」
熱濃硫:ネコゴブは少し調子に乗ってますね...
熱濃硫:攻撃をしてきませんでした。余裕ぶっ故いてます。
革新さん:草
セレナ:ごぶにゃっ!
ミグラテール:草
熱濃硫:次は革新さんですね、
熱濃硫:(そろそろブレス使わんと不味いか...?)
革新さん:ネコゴブを剣で攻撃!
熱濃硫:敏捷+体力ですね
システム:革新さんさんのロール(2D6) → 4 (2、2)
熱濃硫:イバラノソノで下がってるからギリあたった
熱濃硫:多分!
熱濃硫:えーっと、ダメージ計算は体力ダイスです
革新さん:体力ですよね
システム:革新さんさんのロール(1D6) → 5 (5)
熱濃硫:つっよ!
革新さん:会心の一撃!
ミグラテール:ええやん
革新さん:()
熱濃硫:革新さんの攻撃は当たらないと思われていましたが、転んで武器が脳天にクリーンヒット!
熱濃硫:ネコゴブはもんどりうって倒れ混みました。満身創痍。
革新さん:「やったぜ」
熱濃硫:おもちゃの兵隊は傷ついた方は元気な方を踏み台にし高くジャンプして警官に切り込みます。。
システム:熱濃硫さんのロール(1D4) → 2 (2)
システム:熱濃硫さんのロール(1D6) → 4 (4)
熱濃硫:それでも届きませんけど。
ミグラテール:今はミグラテールくんの方が速いのでは
熱濃硫:あ、そうだ。そうだった。今のはなしで。
熱濃硫:ではシュエさんとミグラテールさん()
ミグラテール:セレナさんにバケーションバイタリティかけます
ミグラテール:あ、シュエさんが先か
熱濃硫:シュエさーん?
ワン・シュエ:ネコゴブリンに投降を呼びかけてみますが、どうでしょう「そっちの負けはも見えてるよ!まだやるの?」
熱濃硫:ネコゴブリンはツボに手を突っ込んで白いぬのを取り出し、倒れながら振りました。
ミグラテール:やったぜ
ワン・シュエ:「えっ?なに!?」
熱濃硫:勝ちましたね。
革新さん:やったぜ
ワン・シュエ:白旗!
セレナ:かわいいw
熱濃硫:しばらく寝かしておいてあげましょう。
ワン・シュエ:じゃあ、警察の人に縛ってもらいましょう
ミグラテール:いちいちコミカルだなこいつらw
熱濃硫: 警官「よし、こうして、こうやって...よし、これで動けないな...」
熱濃硫:「きっとこのツボのなかに入っているに違いない!」
ワン・シュエ:「盗んだもの、ツボの中に入ってるのかな」
熱濃硫:警官はツボを漁りますが、さっきの兵隊以外なかったようです。
ワン・シュエ:「あれれ?」
熱濃硫:「話を聞いてゴブニャー...」
革新さん:「おどしたほうがよかったか()」
熱濃硫:ネコゴブが声を振り絞ります。
ワン・シュエ:「まあまあ、もうよわってるんだし。どうしたのかな?」
セレナ:ネコのそばに近寄ります
熱濃硫:「盗んだものは、ここからすぐそこのアジトに入れてしまったゴブニャー...ボクは偶然見張りとして出ていたものだから...」
ミグラテール:ゴブニャーって言え
熱濃硫:「ゴブニャー...」
ミグラテール:かわいい......
熱濃硫:とにかく、黒幕がいることは間違いないようです。
ワン・シュエ:「アジト?そっちにはネコゴブリンがいっぱいいるの?」
ミグラテール:「ネコチャン」
ワン・シュエ:なにがでてくるんだろう
熱濃硫:「今はみんな捕まってるからいっぱいではないはず...ゴブニャー...」
ミグラテール:「でけえネコおらんかな......」
セレナ:「黒幕がいるなら一旦つぶしに行くしかないかな?」行きますか?
熱濃硫:「いるゴブニャー...」
ワン・シュエ:「なにがいるの?」
ミグラテール:でけえネコがいるらしいのでミグラテールくんはやる気マンマンです
セレナ:でけえネコw
熱濃硫:「ボスの部屋はそこから入って突き当たりまでいけばそのうちつくゴブニャー...」
ワン・シュエ:でかいのかw
熱濃硫:どうやら突っ走ればすぐボスの部屋につく安直な構造のようです
ワン・シュエ:「わかった。いってみるしかないのかな、これは」
熱濃硫: 警官「私もついていきます、銃取ってきました。」
ミグラテール:拙者、でけえネコに滅茶苦茶にされたい侍と申すもの! 義によって助太刀いたす! エンッ!
熱濃硫:では向かうということで...
ワン・シュエ:はーい
セレナ:重度のネコ好きがいるなあ…
熱濃硫:これ侵入って曲らしい...
ミグラテール:よく聞くけどそんなタイトルだったのか
熱濃硫:向かってみるとすぐに石造りの建物が見当たりました。廃墟を再利用しているのでしょう...
熱濃硫: 警官「あ、そうだ、警官ですが救命もかねているので私回復できますよ」
ミグラテール:誰かダメージ受けたっけ
ワン・シュエ:『回復!してほしい!」
熱濃硫: まさかの回復も出きるお方でした。
ワン・シュエ:助かるます
ミグラテール:ミグラテールくんも一応回復できる
熱濃硫:えーっと、HP回復は、
ワン・シュエ:怪我はしてないけど疲労してる
ワン・シュエ:HPが半分になってます
熱濃硫: 警官はヒメリンゴを取り出して回復を始めます。
システム:熱濃硫さんのロール(2D6) → 8 (3、5)
熱濃硫:8hp回復ですね。
ワン・シュエ:「ありがとうー!」
ワン・シュエ:21に回復しました
熱濃硫: 警官「」皆さん、準備は大丈夫ですか?
ミグラテール:「ワイはいつでもバチコイやで」
セレナ:「大丈夫です!」
ワン・シュエ:「大丈夫!」
熱濃硫:警官「では扉を開けます、」
熱濃硫:「チッ!使えないヤツめ!また成果なしか!?」
熱濃硫:「うう...」
熱濃硫:「もう黙っちゃいられん!お前のツボ、割ってやるホブニャー!」
熱濃硫:「それだけは...」
熱濃硫:丁度警官が扉を開けました。
熱濃硫:警官「君達!観念して盗んだものを...ん!?」
熱濃硫:そこにはあり得ない光景がありました。
熱濃硫:体格の大きいボスのネコゴブリンが小柄な個体をいじめているではないですか。
熱濃硫:おそらく部下でしょう。
熱濃硫:「んー?なんだお前ら?ホブニャー?」
セレナ:「こんにちは!!捕まえに来たよー!!」元気よく声掛けますw  
ワン・シュエ:「盗んだものを返してもらうよ!」
ミグラテール:「拙者、でけえネコに滅茶苦茶にされたい侍と申すものやで!」
熱濃硫:「そう簡単に返してたまるか!ホブニャー!」
ワン・シュエ:「この一打目だ」
熱濃硫:(おい、一人違うものがいるがあいつはなんだホブニャー?)
ワン・シュエ:「この人ダメだ」
ミグラテール:なんかこっちみてるのでウインクしときます
セレナ:(気にしたら負けごぶにゃー)
熱濃硫:「まあいい、ここまで来られりゃ仕方無い、おまえら仕留めて、こんなとこおさらばしてやるホブニャー!」
熱濃硫:「いくぞ!野郎共!ホブニャー」
熱濃硫:「部下は怯えているようですが、無理やり引っ張り出されました、」
ワン・シュエ:「おさらばするのはそっちホブニャー!」
ワン・シュエ:部下かわいそう
セレナ:「やってやるだー!」部下には優しくしたいが
熱濃硫:どうやらボス戦です!
熱濃硫:警官「一人いない、なら私も必死に動かねば!」
ミグラテール:「モフ......モフ.....」
ワン・シュエ:「いないわけじゃ無いけど…」w
熱濃硫:ミグラテールさんの様子がおかしい...体力+知力判定で7以上ならミグラテールさんを正気に戻せます。
ミグラテール:草
セレナ:「あれ?革新さんいる?」
ワン・シュエ:マジかw
セレナ:狂気で草
熱濃硫:ミグラテールさん自身は毎ターン精神×2チェックで7以上になれば抜け出せます。
熱濃硫:それ未満だと行動不能 何て言うのはどうですかね。
ワン・シュエ:革新さん。確かに霊圧が無い?
ミグラテール:ええやん
熱濃硫:では戦闘の前にオブジェクト。公式が7つ決めてくれてますね。
セレナ:「ミグラテールさんはもう…」
ワン・シュエ:GM、革新さんの反応がありません
熱濃硫:そうですか、では部下を1体減らします
ワン・シュエ:了解しました
熱濃硫:オブジェクト決めてて...
ミグラテール:じゃあ適当なでかい箱置いといてください
ミグラテール:あと部下ゴブリンのツボとかどうですか
システム:bookphageさんが、入室しました。
ワン・シュエ:大きい旗とかありそうな気がします
ワン・シュエ:おかえりなさいー
セレナ:ガラクタの山とか
ミグラテール:ガラクタの山はもうありますね
熱濃硫:分かりました。
ミグラテール:山ではないか
セレナ:あったわ
熱濃硫:子供の遊具、戦利品(かわいい剣)、ガラクタ、物干し竿、洗濯物、ネズミ、大きな箱、部下のツボ、
熱濃硫: それから鉢植えですかね
システム:熱濃硫さんが、入室しました。
熱濃硫:あと1個...
ワン・シュエ:ホブネコゴブリン用の酒樽
熱濃硫:酒樽、分かりました、ではエリア決め。
熱濃硫:警官は相変わらず前衛です、
ミグラテール:ミグラテールくんは敵前衛でモフモフしてる感じになるのかな......?
ワン・シュエ:前衛で
セレナ:後衛
熱濃硫:部下のコネコゴブリンは前衛、ホブネコゴブリンも前衛ですが、部下の後ろにいますね、
熱濃硫:イニシアチブチェックです。
ワン・シュエ:一気に全盛が減った感じがする
システム:セレナさんのロール(1d8+1d6)
→ Ryutama (1D8+1D6) → 8[8]+5[5] → 13
熱濃硫:行動に関係なく、シュエさんとセレナさんは体力+知力のチェックでミグラテールさんを正気に戻せますよ
ワン・シュエ:まずイニシアチブ
システム:ワン・シュエさんのロール(2D6) → 8 (2、6)
ミグラテール:正気に戻ったら後衛に戻りますね
熱濃硫:ホブは8、コネコは5ですね、
システム:ミグラテールさんのロール(1d8+1d4)
→ Ryutama (1D8+1D4) → 2[2]+3[3] → 5
システム:熱濃硫さんのロール(1D8) → 7 (7)
システム:熱濃硫さんのロール(1D6) → 4 (4)
熱濃硫:警官はやっ
セレナ:おk、最初前にいてミグラテールさんが戻ったら後ろに行くことにする
熱濃硫:11ですねぇ...
熱濃硫:では開始!
熱濃硫:まずセレナさんですね、
セレナ:「ミグラテールさん何やってるの!?」正気に戻れ―
熱濃硫:体力+知力で7です
システム:セレナさんのロール(1d4+1d6)
→ Ryutama (1D4+1D6) → 4[4]+4[4] → 8
ミグラテール:「ハッ! ワイは何を......?」
熱濃硫:ホブ「ハハハ!思い知ったかー!ホブニャー」(こいつマジで何やってんだホブニャー)
ワン・シュエ:「やった1」
熱濃硫:どうやら正気に戻ったようです。
熱濃硫:ちなみに起こすのとは別途行動できます。
熱濃硫:ターン消費はしません。
セレナ:弓でコネコに攻撃かな、ほぶにはとどかない?
熱濃硫:判定どうぞ、コネコゴブリンのイニシアチブは5です
システム:セレナさんのロール(1D6+1D8)
→ Ryutama (1D6+1D8) → 1[1]+1[1] → 2
熱濃硫:弓を落としてしまったようですね。
セレナ:ゾロ目ポイントあげます(´・ω・`)
熱濃硫:足に弓をぶつけたみたい。
熱濃硫:これは痛い...
セレナ:「いだっ」
システム:熱濃硫さんのロール(1D6) → 5 (5)
熱濃硫:5ダメージですね。
ミグラテール:いたそう
セレナ:自爆いたいお(´・ω・`)
ワン・シュエ:いたそう…
熱濃硫:次は警官です、
熱濃硫:「大丈夫です?回復します?」
セレナ:「大丈夫、次下がるから」攻撃くんなー
熱濃硫:「では...」警棒()オノ判定 をネコゴブに振り下ろすみたいです。
システム:熱濃硫さんのロール(1D6) → 4 (4)
システム:熱濃硫さんのロール(1D8) → 6 (6)
熱濃硫:あ、やり直し、()体力×2だった
システム:熱濃硫さんのロール(2D8) → 9 (3、6)
熱濃硫:あたった!
システム:熱濃硫さんのロール(1D8) → 2 (2)
熱濃硫: 警官「なんで...」少ししょげているようです、
熱濃硫:コネコゴブリンに2ダメージですね。
熱濃硫:次がシュエさん。
ワン・シュエ:はい
熱濃硫:どうします?
ワン・シュエ:荷物の保存食を横に投げたら、鼠が走って行って、コネコゴブリンが何匹か鼠を追いかけて戦闘離脱したりしませんか?
熱濃硫:やってみます?4面ダイスで。1で失敗、2と3で一匹離脱、4で二匹ですね、
ワン・シュエ:わかりました
システム:ワン・シュエさんのロール(1D4) → 2 (2)
ワン・シュエ:1匹か
熱濃硫:元気な方は気が散っていたからか、保存食をかじるネズミを追いかけていました。「ああ、体が勝手にゴブニャー!」
熱濃硫:1匹不戦勝です。ホブ「何やってんだゴブニャー!」
ワン・シュエ:「猫だ…」
ミグラテール:「かわええ......」
熱濃硫:次が奇しくもホブのターンです。
熱濃硫:ホブネコゴブリンは前衛のどちらを殴るか決めかねています。
システム:熱濃硫さんのロール(1D2) → 2 (2)
熱濃硫:2なので警官です。
熱濃硫:ホブニャー!
熱濃硫:素手格闘と同じでいいよね...?
システム:熱濃硫さんのロール(2D8) → 7 (6、1)
熱濃硫:ホブネコゴブリンの動きは警官には当たりませんでした。「イラつくゴブニャー!」
熱濃硫:えーと次は...
ワン・シュエ:「ナイス回避-」
熱濃硫:ミグラテールさんですね、
ミグラテール:やっぱり前衛に復帰したってことにしていいですか......? セレナさんに補助かけたらMP切れちゃうんですよね
熱濃硫:あー、いいよ
ミグラテール:やったー
ミグラテール:セレナさんにバケーション・バイタリティかけます
システム:ミグラテールさんのロール(1d8+1d4)
→ Ryutama (1D8+1D4) → 3[3]+3[3] → 6
ミグラテール:これで絶好調ですね
熱濃硫:わお、
ワン・シュエ:ナイスアシスト
ミグラテール:「元気になれー!(バケーション・バイタリティ並感)」
セレナ:「ありがとう!」
熱濃硫:最後はコネコゴブリンですね、片方はネズミを仕留めたようです、
熱濃硫:「どうしようかニャー...食べちゃおうかゴブニャ?」
ワン・シュエ:かわいい
システム:熱濃硫さんのロール(1D6) → 1 (1)
熱濃硫:1ですか、ミグラテールさんですね
熱濃硫:コネコゴブリンは盗んでたおもちゃの剣で攻撃してきました。
熱濃硫:オブジェクト使ったから命中+1か...?
システム:熱濃硫さんのロール(1D4) → 2 (2)
ミグラテール:「コッチニオイデ......」
システム:熱濃硫さんのロール(1D2) → 1 (1)
熱濃硫:2+1+1+1で5ですね、当たりました。
システム:熱濃硫さんのロール(1D2) → 1 (1)
ワン・シュエ:「ひっかかれた」
熱濃硫:ダメージ判定が知力なので威力はたかが知れてますけど。
熱濃硫:1-1で0です、
ミグラテール:「かわいい攻撃やな」
熱濃硫:第二ラウンドですね、どうします?
熱濃硫:ちなみにこれでも正気状態という
セレナ:弓拾って後衛に行くけどターン消費かな
熱濃硫:ではセレナさん、どうします?(1ゾロ使うとタダ集中が可能。)
熱濃硫:後衛行きはターン消費しますね...
ワン・シュエ:コネコ、ミグラテールさんがつかまえといいてくれてもいいw
熱濃硫:では警官のターン。
ワン・シュエ:たぶんそれでいいw
熱濃硫:警官は植木鉢から土を掘り、ホブの顔面にかけました。メクラマシノヨウデス。
熱濃硫:そして警棒攻撃。
システム:熱濃硫さんのロール(2D8) → 14 (6、8)
熱濃硫:13ですか、ホブに命中ですね。
システム:熱濃硫さんのロール(1D8) → 6 (6)
ワン・シュエ:ナイスー
熱濃硫:なかなかのダメージです。ホブ HP16→10
熱濃硫:ホブ「この野郎...よくも顔を汚してくれたホブニャー...!」
熱濃硫:ホブは怒り狂ってます。
熱濃硫:(攻撃上げる代わりに命中下げさせたい人間)
システム:熱濃硫さんが、入室しました。
熱濃硫:次がシュエさんです
ワン・シュエ:はい
ワン・シュエ:ボスを斧で狙います
熱濃硫:命中どうぞ
ワン・シュエ: 子供の遊具のミニカーをボスの足下に走らせて隙を作ります
ワン・シュエ:MP半分消費して集中
熱濃硫:ホブ「おわっ!?」
システム:ワン・シュエさんのロール((2d10+2))
→ Ryutama ((2D10+2)) → (10[7、3]+2) → 12
ワン・シュエ:ダメージ行きます
システム:ワン・シュエさんのロール(1D10) → 10 (10)
セレナ:ナイス!
熱濃硫:転んだホブネコゴブリンを狙うのは造作もないことでした。え、まさかのトドメ!?
ワン・シュエ:最大!
セレナ:これはいたいw
ワン・シュエ:「覚悟だボス!」
熱濃硫:ホブネ「む、むねん...ホブニャー...」
ミグラテール:いい出目だ
熱濃硫:ネコゴブは特にボスを気にかけてはいませんでした。
ワン・シュエ:「もう悪さはしないで!あと、コネコをいじめるな!」
熱濃硫:片方はネズミを美味しく頂いてるし、もう片方はおもちゃの剣で遊んでます。
セレナ:かわいいw
ミグラテール:かわ......かわ......
ワン・シュエ:「コネコ、もう戦わないよね?」様子見
熱濃硫:コネコゴブリン「んえ?もう終わったゴブニャ?」「助かったゴブニャ!」ツボは守られたゴブニャ
ワン・シュエ:「そのツボ、だいじなの?」
セレナ:「警官さーん、でかい子縛ってー」コネコゴブリンの頭なでてます
熱濃硫:ミグラテールさんは己が精神との戦い必須案件だったようです...
熱濃硫:コネコ「あ、旅人さん、取り返したいのってこれゴブニャ?ボクが盗んだものゴブニャ、謝りに行きたいゴブニャ」
熱濃硫:女性から盗んだ、ポーチですかね?そういう類いのものでした。
ミグラテール:「えらいねえ、かわいいねえ......」
熱濃硫:ホブ「むぐぐぐ...負けたもんは仕方無いホブニャー...」
ワン・シュエ:「謝りたいの?わかった、じゃあ一緒に行ってあげるよ!」
ワン・シュエ:(ミグラテールさんがあぶないひとみたいになってる…)
熱濃硫:潔く諦めたようです、警察「私はここに残って、こいつを町に連れていくよ、その小さい子をよろしくね」
熱濃硫:ホブとの応対をするようです。
セレナ:「でかい子も謝りに連れて行こうよ」ホブくんくるかな
ミグラテール:「まかしとき」
熱濃硫:(移動はマキで...)
ワン・シュエ:「お願いします!じゃあネコちゃん、、一緒に行こう!」
熱濃硫:ブレス「ミライ」を使用し、町まで飛ばしました。
ワン・シュエ:ひゅーん
セレナ:びゅーん
ミグラテール:びゅーん
熱濃硫:とまんねぇ...
熱濃硫:町につきました、
ワン・シュエ:「よし、じゃあポーチ返しに行こうね」
セレナ:「とうちゃーく。宿屋の人~「」
熱濃硫:道理でスリが小柄だったわけです。コネコゴブリンはホブにとって丁度いい戦力でもありました。
熱濃硫:「あ、おかえりなさい皆様。革新さんはいない気がするけど...」
熱濃硫:「あら?その猫の子は?」
セレナ:「革新さん途中ではぐれちゃった。このこは謝りたいんだって」
ワン・シュエ:「誤り体みたいですよ」背中を押して肩を抱く
熱濃硫:「まあ!偉い子ね、」
熱濃硫:コネコ「ごめんなさいゴブニャ...」
熱濃硫:コネコゴブリンはそう行ってポーチを返しました。
熱濃硫:建物の外に出ますか?
セレナ:そうですね、特にないし…
ワン・シュエ:じゃあ、町の出口までネコを送っていきます
ワン・シュエ:「元気でね!もう悪さしちゃダメだよ!」
ミグラテール:「一匹ぐらい持っていっても......バレへんやろ」
熱濃硫: 警官「おお、いましたか皆さん、私からも町からの感謝状を授与したいと思います!」
セレナ:「ミグラテールさん、ちゃんと本人にも確認取ろうね」
熱濃硫:「拉致は犯罪ですよ...?」
ワン・シュエ:「変な人にも気をつけて!」ミグラテールさんを見ながら
熱濃硫:コネコゴブリンは足を止めてしまいました。
ワン・シュエ:「あれ?」
セレナ:「どうしたの?」
熱濃硫:そりゃあ、目の前にホブがツボを抱えて持っているんですから。
熱濃硫:「。おい...」
熱濃硫:「ひ、ひぃ...」
熱濃硫:ホブは頭にツボを抑え「持ってけ。 」といいました。
熱濃硫:「...え?」
熱濃硫:「持ってけと言ってるだろ!返してやってるんだぞ!」
ワン・シュエ:「???」
熱濃硫:ホブは「閉まらねぇな」という顔をしていましたが、謝れる事への成長を喜んでもいました。
熱濃硫:ホブはそのままどこかへ走り去って行きました、
セレナ:「でっかい子、今度は言葉遣い直さなきゃ威圧感ありまくりだよ」呆れた顔でいいます
ワン・シュエ:「なるほど?もう悪さすんなよ-」背中に向かって
熱濃硫:警官「逃げちゃいましたね、まあもう彼なら大丈夫だと思います。」
熱濃硫:「さて、皆さん、ありがとうございました!」
熱濃硫:「あ、これ先ほどの女性からのお礼だそうです。」
熱濃硫:「各プレーヤーは700Gを手に入れた!」
ワン・シュエ:「どういたしまして!ありがとう!」
セレナ:「ありがとう!」
ミグラテール:「おおきにな!」
熱濃硫:...とまあ、こんな感じ?
ワン・シュエ:良いんじゃ無いでしょうか?
熱濃硫:警官「それでは!」警官はいそいそと本部に帰っていきました。
ミグラテール:いいとおもいます
熱濃硫:~完~


熱濃硫:ふう...うわー緊張した...
ワン・シュエ:ありがとうございました!お疲れ様です!
セレナ:お疲れ様でした!
熱濃硫:どうでした?
熱濃硫:ここは代表して日誌係の...
熱濃硫:ミグラテールさん、どうでした?
ミグラテール:エネミーを猫にしたのはガチ英断
セレナ:草
熱濃硫:(ツンデレってこう演じんのかな...?)
熱濃硫:ま、まあとにかく初セッションにお付き合いいただいてありがとうございました!
ワン・シュエ:良いマスタリングだったと思います!こっちが言ったことに臨機応変に対応してくださりありがとうございました!
ミグラテール:ゴブリンとかよりも対話可能感でるからロールプレイしやすいのよね
熱濃硫:(没案 警官がスタンガン使ってくる、ホブが部下を正気に戻させる等々)
セレナ:楽しかったです!初プレイでしたけどなんとなくるーるはつかめた、かな
ワン・シュエ:そうですね、はなしができる相手だと、プレイヤー側の採れる方法も増えますし、良いと思います。
熱濃硫:ありがとうございました!
セレナ:ありがとうございました~
ミグラテール:お疲れ様でした
熱濃硫:あーでは、綴じでいいですかね...?
熱濃硫:リプレイにしてもいいですかね...?
ワン・シュエ:はい、ありがとうございました
ミグラテール:いいですよ
セレナ:あ、雪の小瓶ほしい。シュエさん200Gでしたっけ
熱濃硫:ありがとうございます。
ワン・シュエ:セレナさんとミグラテールさんもありがとうございました!たのしかったです!
セレナ:リプレイいいですよー
ワン・シュエ:200Gです!まいどあえり!
熱濃硫:ありがとうございます。それでは!
ワン・シュエ:リプレイどうぞー
システム:熱濃硫さんが、退室しました。
セレナ:ありがとうございます。GM、PLに感謝を!

いいね! いいね!  1

注意: 当ページの内容の転載、複製は著作者の許可がない限り行わないでください。

リプレイ一覧に戻る

コメントを書く

※投稿するにはログインが必要です。

コメント一覧

まだレスポンスがありません。