クトゥルフ神話 TRPG

システム:

クトゥルフ神話TRPG

明るい ☆☆☆★☆ ダーク
書籍種類: 基本ルルブ リアル ☆☆★☆☆ ファンタジー
発行年月: 2004-09 直感的 ☆☆☆★☆ 頭脳的
所持する人: 2536人 短時間 ☆☆☆★☆ 長時間
コメント数: 24件 初心者向け ☆☆★☆☆ 玄人向け
このルールブックを入手する
このルールブックの概要 (▼ クリックで閉じる ▼)
2004年3月にアメリカで発売された『Call of CTHULHU』の第6版が、完全翻訳にて発売決定! ケイオシアムの誇る『ベーシック・ロールプレイング・システム』を使用したテーブルトークRPGの金字塔が、満を持して登場する! H.P.ラヴクラフトが作り上げたクトゥルフ神話の恐怖の世界をこの秋あなたが体験するのだ!

ルールブック一覧に戻る

クトゥルフ神話 TRPGへのコメント一覧

24. ヤマト
2018/08/09 19:37
実戦経験はありませんが、神話の概要から、基本ルールまではおおよそ把握しています。
 いいね!0
23. うさぎ
2018/06/26 15:18
KP可能
 いいね!0
22. ひなたぼっち
2018/05/05 10:42
知識はある程度頭に詰めこんだつもりですが実戦経験がないので…。
 いいね!0
21. Noir
2018/02/17 18:39
基本的なことが分かるし、初心者必須の本だと思います。
しかし、白黒なうえに高額、文字数もかなり多いのでなので時間がない方、根気強くない方、お金に余裕がない方にはオススメしません。

・・・・クトゥルフTRPG沼にハマります
 いいね!0
20. 柾木
2018/02/08 19:28
基本ルルブが高いうえにすごいページ数なので、それを買って、とりあえず全ページ読むくらいの情熱と誠意は必須。
それがない人は絶対に困ったKPやPLになってしまうと思うのでオススメしない。
もっと簡単にできてルルブも安い、読みこみもしやすい、戦闘処理も楽なホラーTRPGもある。インセインとか。

ただ、クトゥルフは面白いシナリオが大量にネットに投稿されているので、上記の情熱と誠意があるならハマル可能性
は高い。
 いいね!0
19. かなリアン
2018/01/25 21:59
完璧に把握するには、るるいえびぎなーず必須
 いいね!0
18. ムゥ
2018/01/17 17:02
言わずと知れたクトゥルフ。動画から入った人も多いであろう、今や国内では知名度ナンバーワンのシステム。
が、その世界観の深さや100面ダイス下方ロールの使いやすさから知名度だけが先行してしまっている感があり、ぶっちゃけTRPG初心者には全くオススメできません。
理由として、まず値段の高さ。お試しで遊ぼうかって値段じゃありません。
次に基本ルルブの検索性の低さ、及び説明の足らなさ。そして欠陥のあるルールなどなど。

そもそもTRPGに慣れていて、バランスを考慮してハウスルールを適時追加出来る柔軟性があり、文章力、あるいは表現力に長けた人が遊ぶシステムなんじゃないかなと思います。
動画ではギャグ満載で、たまにシリアス挟みつつ痛快な戦闘をこなし、最終的には気持ちよく終わることが多いですが、それがやりたいならクトゥルフは向いてないです。
クトゥルフ神話TRPGは名作ですし、何度も楽しく遊んでいますが、TRPGやってみたい。色んなシステムが有るんだなーとレビューを見ているくらいの人にはオススメできないです。いつかもっとTRPGに慣れてからでも遅くないので、もっとライトなものから始めたほうが幸せになれると思います。
 いいね!1
17. AKT蜘蛛
2018/01/17 02:34
購入したばかりなので特になし。
 いいね!0
16. 
2017/12/30 22:41
クトゥルフ神話の世界観が好きな方にはわりとおススメ。
戦闘を楽しむゲームではなく、いかにして生き残るかを念頭に置いたほうがいいです。なにせ相手は神話生物。生半可な人間では太刀打ちできないと考えていいでしょう。
個人的には敵を倒して終了ではなく、戦闘回避のできるシナリオのほうがすごく好きです。あと多分世界観的にもそっちのほうがあってる。

シナリオは主にクローズドとシティに大別されます。
クローズドはまあ字の如く、脱出系シナリオが多いです。謎解きが多く、単発で短め。最初から緊迫感マックスなものもあり、生還できるかハラハラしながら探索を楽しめます。
シティは本当に自由度が高い。脱線する恐れも大いにありますし、なんなら獄中エンドにもなってしまいかねませんが、交渉技能やRPで情報を引き出し、謎の全容を把握していくというのがたまらなく楽しいです。

最大の醍醐味はSANチェック……もとい正気度チェック、そして発狂。
大きな情報にはSANチェックがつきものだったり。恐れずに正気度を減らしていきましょう。かといって、減らしすぎはPCがロストする危険性があるのでほどほどに。

分厚いだけあってお値段も中々。情報量も多く、四方八方に散らかっていたりするので読み込むのが大変です。
なので、自分用に情報をまとめたり、付箋を貼って分かりやすくしたほうがいいかと。
また、リプレイ動画などが多いのもあって、ハウスルールが多義にわたります。セッションをする際は、一度KPにハウスルールについて聞いてみたほうがいいと思います。(例をあげると……スペシャルの有無、技能値成長、クリファンの適用範囲などなど)

また、最近は現代シナリオの数も増えてきており、これ一冊だけでは辛い場合も。そんなときは、サプリメントの2010も併せると、より楽しめるでしょう。さらにサプリメントの2015も持っていると、シナリオ作成の取っ掛かりを掴みやすいです。

最後に、原作であるラヴクラフト氏の小説もいいですよ。コズミック・ホラー、最高。
 いいね!1
15. まんぼう
2017/12/12 16:18
箱版捨てられてもた(´;ω;`)
 いいね!0
14. カルタ地形
2017/11/01 12:56
催眠ルールを使ってみたい
 いいね!0
13. 奈琴@わかめ(略)の会 副会長
2017/10/03 13:04
謎解きと相性が良いシステムだと思います。

でも(神格と戦うことが無謀だから仕方ないとはいえ)戦闘システム的に選択肢の幅がないため、バトルでヒャッハーしたい人には不向きかも。

あと、割とシナリオに依存するシステムな上、ミステリ色が強いため、同じ相手にシナリオ使いまわしにくいです。なので、KPはシナリオの確保が難しい…と個人的に思っています。逆にいえば、ミステリ系のシナリオがポンポン思いつく人にはKP向いている…かも?
 いいね!0
12. nigari102
2017/09/04 11:52
一般人が神話生物におびえながら探索するゲーム
しっかり読み込んでないと難しいです(特にKP
でも楽しい
 いいね!0
11. たらいまわし.
2017/09/04 08:16
日本で「TRPG」といえばこれ、というくらい人気。パーセンテージダイスによる行為判定など、直感的な点は多い。
 いいね!0
10. スライム
2017/08/23 13:47
「身の回りに息を殺して潜む超自然的存在」《クトゥルフ神話の大雑把な解説》NPCが裏切ってくれたり、シナリオによってはギャグパートがあったり、戦闘で敵をMA+キック+DBで粉砕したり、ヘッドショットを警官が決めたり、扉爆破して逮捕されたり…神格召喚されて発狂したり、魔術でカルト教団粉砕したり…(脳筋並感)まあ目星で紙切れ発見したり…日記見てSANチェックしたり…探索メインですね。まあこれ一冊で大体は分かりますね。「ハーベイ・ウォルターズ」という探索者を例に挙げて分かりやすく解説してくれてたりしてます。最近のTRPGにしてはリアリティなTRPGです。長文失礼しました。
 いいね!0
9. おしるこ
2017/08/20 19:31
色々なシナリオがあって面白い。ただし、死ぬだけのシナリオだけはマジ勘弁。
ストーリーによってはNPCと共闘出来たりするので楽しい
 いいね!1
8. うぉるなっと
2017/08/15 23:30
正直戦闘のルールはあまり把握してない。情報量が多くてすべてに目を通すのは難しそう。のんびりやっていきたい。
 いいね!1
7. 梅しそオレンジ
2017/08/14 01:55
クトゥルフTRPGにおいて必須になるであろう第6版。
昔はこれ一冊で事足りたのですが、現状クトゥルフ2010所持推奨のシナリオが多いのも事実。
その二冊があればクトゥルフTRPGセッション参加は問題ない!! と理解してもらってもいいと思います。
その片割れの超大事な方がこの第6版です。
正直、クトゥルフTRPGは他のTRPG(と言っても自分はparanoia と うどんTRPGしか知りませんが)以上に覚えることが多いです。
プレイ人口は多いと思いますし、初心者を歓迎しているオンセをよく見ますので敷居は低いと思いますがやはりルルブの内容量等から見ても初心者向けです!! とは声を大には言えないと思います。
世界感の説明はあながち必要ないと思いますが、簡単に言うとダークファンタジーホラーです。
傾向は仲間と知恵を絞って難題に解決するシンプルなものですが、シナリオによりけりでかかる時間は短い物から長いものまでピンキリです。
クトゥルフTRPGはクトゥルフ神話を知っているとより深く、楽しむことが出来ると思います。
そういう要素も含めて、最高のTRPGと言えるでしょう。
リプレイの出版数も多いですし元の物語を読むのも楽しいです。
一人でもセッションでも読み物でも楽しいクトゥルフの世界観を是非楽しんで欲しいです。
 いいね!1
6. 維乃莉
2017/05/02 16:54
GM(KP)の技量とPLの技量が試されるTRPG
解釈とかは人それぞれで、ルルブ持ってない人が独自に作り上げたハウスルールが存在するので、確認しあってみると高確率で『えっ?』と声を揃えるのはもはや恒例行事
発狂は花。ダイスは邪神がついてる。
 いいね!1
5. やみっち
2017/03/02 21:21
自分は一般人だと意識するゲーム
 いいね!1

ルールブック一覧に戻る