【メタリックガーディアンRPG】【シナリオタイトル『星の涙』】

くっきーリプレイ  4
登録日:2017/05/21 12:37最終更新日:2017/05/21 12:45
【シナリオタイトル『星の涙』】
人物紹介とか

PC1:早川俊平 機体:ズヴァット・マシーン PL:Mch
サイドカーに乗り各地を放浪する、さすらいの探偵
http://character-sheets.appspot.com/mgr/edit.html?key=ahVzfmNoYXJhY3Rlci1zaGVldHMtbXByFgsSDUNoYXJhY3RlckRhdGEYosu_Vww

PC2:スティール=セシル 機体:ザ・グレート・ユナイテッド・ステイツ PL:OakMAN
ラーフ帝国の科学者、ドクターナヴァグラハによって生み出されたアートマのうちの一人
http://character-sheets.appspot.com/mgr/edit.html?key=ahVzfmNoYXJhY3Rlci1zaGVldHMtbXByFgsSDUNoYXJhY3RlckRhdGEYkK68Vgw

PC3:斉藤 綾 機体:ST-F7 PL:PFCS
連邦軍の軍人で 数年前は航空機タイプの戦闘機に搭乗していた。
https://character-sheets.appspot.com/mgr/edit.html?key=ahVzfmNoYXJhY3Rlci1zaGVldHMtbXByFgsSDUNoYXJhY3RlckRhdGEYsqTgWQw

PC4:神月 ユウ 機体:シュロット・アグレガート PL:棺桶
ガーディアン犯罪対策捜査二課所属の女性警察官。階級は巡査。
https://character-sheets.appspot.com/mgr/edit.html?key=ahVzfmNoYXJhY3Rlci1zaGVldHMtbXByFgsSDUNoYXJhY3RlckRhdGEY1KnwWgw

PC5:高峰リュウイチロウ 機体:超多次元指令艦オモイカネ PL:榮太郎
3種の宇宙戦艦から構築された艦隊の副司令
http://character-sheets.appspot.com/mgr/edit.html?key=ahVzfmNoYXJhY3Rlci1zaGVldHMtbXByFgsSDUNoYXJhY3RlckRhdGEYy6HWTQw

PC6:グレイアム=スパーク 機体:天晴 PL:OakMAN
元ヴォルフ共和国軍エース 現フォーチュン隊員
http://character-sheets.appspot.com/mgr/edit.html?key=ahVzfmNoYXJhY3Rlci1zaGVldHMtbXByFgsSDUNoYXJhY3RlckRhdGEYybykWQw

敬称略

//GM練習を兼ねて試行錯誤しているので、PC2とPC6を一人二役で演じてもらっております
//※誤字など修正してあります
//ではゆっくりしていってね♪

本編

21:35:くっきーGM:っさーって

21:35:くっきーGM:挨拶も済みましたし、早速始めていきますか

21:35:高峰リュウイチロウ:はぁい

21:35:スティール=セシル:わーい!!

21:35:神月 ユウ:はぁい

21:35:早川 俊平:よろしくお願いします

21:35:斉藤 綾:よろしくお願いいたします~

21:35:くっきーGM:よろしくお願いしますー

21:35:スティール=セシル:よろしくお願いします!

21:36:くっきーGM:【シナリオタイトル『星の涙』】

21:37:くっきーGM:○シーン1 潜入任務 (PC2)

21:38:くっきーGM:▼描写1
キミは特殊な才能を薬物などを用いて強化された工作員である。
作戦司令官に呼び出され作戦について説明を受ける。初任務の目標は鳳市。…ガーディアンが多数存在する場所で未だラーフ帝国の支配地域になっていない場所だ。
キミが部屋に入ると作戦司令官のチャン・キリーは口を開いた。

21:39:スティール=セシル:コンコン「えーっと、こうするんだよね確か・・・失礼しまーす!」

21:39:チャン・キリー:「よく眠れたか?セシル」

21:40:スティール=セシル:「はい、とても気持ちがいい目覚めでした!キリーさん!!」

21:40:チャン・キリー:「…まぁいい。次の作戦についてもう一度説明する」

21:40:スティール=セシル:(頷き)

21:40:チャン・キリー:「我々の主力部隊が陽動として敵戦艦を引き付ける。その隙にキミは別動隊と共に鳳市にあるミリオンメタル社で製造中のガーディアン及びパーツを奪取してもらう」

21:45:チャン・キリー:「コソ泥と思わないで貰いたい。敵の新型を奪えばアビスシードの捜索も容易になろうというものだ」

21:45:スティール=セシル:「コソ泥・・・?ってなんですか?」

21:46:チャン・キリー:「そこからか・・・まぁいい。とりあえず奪ってくるだけだ。」

21:47:スティール=セシル:「あー!わかった!!おもちゃとってくればいいんでしょ?ね?わーい、新しいおもちゃに『乗れる』ぞー!わーい!」

21:47:チャン・キリー:「調子が狂う・・・戦闘になる可能性も考慮して機体はこちらで用意しておいた。」

21:48:スティール=セシル:「(目をキラキラさせてる)」

21:48:くっきーGM:▼描写2
チャン・キリーがパチンと指を鳴らすと部屋の外がライトアップされヴィクラマが目に映る。

21:49:スティール=セシル:「わー!!わー!!わー!!あれ乗っていいのぉーーーー!!!!?!?」

21:50:チャン・キリー:「専用機を用意することは出来なかったが、頑張ってくれたまえ」

21:51:スティール=セシル:「まかせてください!せんよーき?ってのがなくてもやれます!!これでも12さいですから!!」エッヘンって感じで

21:51:くっきーGM:【ミッション:敵ガーディアンの奪取】を渡す シーンエンド


//時間を見てもらうと分かると思いますが、シーンは同時進行で進んでおります。
//個別オープニングはどうしても時間がかかるので短縮を兼ねている訳ですがこれがなかなか難しい(´・ω・`)

21:40:くっきーGM:○シーン2 お仕事、お仕事(PC1)

21:41:くっきーGM:▼描写1
キミは絶賛売り出し中の私立探偵だ。
今日は依頼人に呼ばれてとある会社の一角に来ている。
なんでも切羽詰まった具合のようだ。

21:42:オオトモ・ソウジロウ:「きみが探偵の早川さん・・・で間違いないかな?」

21:43:早川 俊平:「 えぇ 早川 俊平です  よろしく 」

21:43:早川 俊平:屋内では ちゃんと帽子を取り 薄く笑みを浮かべて 挨拶

21:43:オオトモ・ソウジロウ:「早速で悪いんだが、我が社…ミリオンメタルの護衛を頼まれて欲しい」顔は固いままだ

21:43:早川 俊平:「 それで?  私に用事とは 」

21:44:早川 俊平:「 ほぅ… 」

21:44:早川 俊平:言外に 続けて と

21:44:オオトモ・ソウジロウ:「最近、ガーディアン開発工場で多発している窃盗事件は知っているかな?」

21:45:早川 俊平:「 えぇ、そういう事に耳聡いようでなければ こんな仕事は、してられませんよ 」

21:45:オオトモ・ソウジロウ:「無人警備は採用しているが、いささか不安は拭えない。期間は新型がロールアウトする2週間と言った所だ。勿論、依頼料は十分支払おう」

21:46:早川 俊平:「 具体的に どの辺りの警備をすれば、よろしいので? 」

21:47:オオトモ・ソウジロウ:そういって電卓をはじき出す。みれば給料の三か月分はありそうな金額を提示してくる。

//この三か月分の金額…2週間で60万~70万円というのを想定していますが、特別意味を持っていないフレーバー要素です。
//アイテムの購入は金銭ではなく財産ポイントですし、PCのやる気を奮起させることが出来ればそれでよしというもの。
//高すぎれば疑われ、低すぎれば受けてもらえない。「好条件だが危険手当も含めればこんなものか」とすんなり入ってくるラインを考えると給料の三か月分って便利な数値ですね(’’

21:49:オオトモ・ソウジロウ:「沿岸沿いの工場回りの警備を担当してもらう・・・それと必要なモノがあれば追って連絡してくれ。大抵のものは用意しよう」

21:51:早川 俊平:「 そうですね  その間の食材を あぁ材料のままで構いませんよ こう見えて料理は出来るので 」

21:52:オオトモ・ソウジロウ:「頼んだぞ。」

21:53:早川 俊平:「 了解 」

21:54:早川 俊平:気取ったような口調で 胸に手を当て 1つ、大きく頷く

21:54:くっきーGM:【ミッション:新型ガーディアンの護衛】を渡す シーンエンド

//大手の警備会社や民間軍事会社(PMC)に依頼せず個人の早川を雇ったのは、護衛対象が新型であり情報漏洩の可能性を極力避けたかった…という意図があります。
//軍事会社に任せてデータ盗まれたら本末転倒ですからね。PCに活躍の機会が巡ってくるのです。

21:53:くっきーGM:○シーン3 激戦の初陣、そして… (PC5)+PC6

21:54:くっきーGM:▼描写1
才能を見込まれ戦艦の副司令に抜擢されたリュウイチロウ。ベテランの艦長クレンズ・ボードマンと作戦参謀マツナガ・N・セイジ、そしてパイロットのスパークと共に出撃する。
作戦はディスティニーの撃退。想定される敵の規模は小さく、初陣としては十分と思われていた。

21:55:マツナガ・N・セイジ:「敵が潜んでいるのはこのあたりのはずですな」

21:55:高峰リュウイチロウ:「ああ、というわけで、一斉砲撃であぶりだしてはどうだろう」

21:55:砲手ニウ・ザイン:「何がというわけですか」

21:57:グレイアム=スパーク:「さぁって・・・!ん~!!このグレイアム=スパーク様の腕前、みせちゃうとするか・・・ね!!」

21:57:オペレーター:シオニー・チャン:「そうだッ!!一斉砲撃などしたら周辺への被害がバカにならん、また艦長がブチギレるぞ」

21:57:クレンズ・ボードマン:「この辺りは森が広がっているが、さて・・・」

21:57:オペレーター:シオニー・チャン:「ここは穏便に済ませるべきだろう、一斉砲撃ではなく敵アジトにピンポイント爆雷程度で済ませてやるべきだ」

21:58:高峰リュウイチロウ:「ソレダッ!!ナイス立案だなシオニー!」

21:58:グレイアム=スパーク:「おいおい、ここ森だぜ!?燃え広がっちまうよ!」

21:59:砲手ニウ・ザイン:「そのピンポイント爆雷とかいう謎テクニックを誰にさせるつもりですか誰に、カクヅチの主砲撃てるの私しかいないんですからね?」

21:59:オペレーター:シオニー・チャン:「鷹の目、制御、精密射撃持ちのニウなら余裕だろう?」

21:59:グレイアム=スパーク:「ここは機体を分散、展開させてたたくのが無難だと思う・・・が・・・」

22:00:高峰リュウイチロウ:「むしろ森が燃えないなんてこともありえるだろう。はっはっは」

22:00:くっきーGM:▼描写2
気が付けば爆音とともに銀色の花びらが舞い踊る
敵の一斉攻撃が始まっていた

22:00:オペレーター:シオニー・チャン:「っひ!?」土下座

22:00:グレイアム=スパーク:「ちぃ!!奴さんにばれちまったか!!」

22:00:マツナガ・N・セイジ:「敵の強襲・・・数は20,30・・・いやそれ以上・・・?これは・・・?」

22:00:高峰リュウイチロウ:「っち!?ってシオニー緊急時に土下座する癖いい加減にしろ!!」

22:01:グレイアム=スパーク:「大群だと・・・!?嘘だ…そんな報告は受けていない!!」

22:01:高峰リュウイチロウ:「ニウッ!!主砲回せッ!!カクヅチだけじゃなくオモイカネのミラー粒子砲、ヒルメの拡散波動砲にもエネルギー回すよう伝えろッ!!」

22:01:グレイアム=スパーク:「撤退を提案します!戦力差が多すぎますよ!?」

22:02:クレンズ・ボードマン:「あわてるな。どうやら固定砲台をそこら中に仕込んでいるようだな。ナパームとチャフか。」

22:02:クレンズ・ボードマン:「この程度でオモイカネは落ちん。」

22:02:グレイアム=スパーク:「( ^ω^)・・・」

22:02:砲手ニウ・ザイン:「jud.既に各艦隊に応戦の連絡はしてあります。しかし私からも撤退は進言しましょう」

22:03:グレイアム=スパーク:「奴さんぶちのめしてやる(#^ω^)」

22:03:高峰リュウイチロウ:「お、グレイアムもやる気だぞッ!!」

22:03:グレイアム=スパーク:「後でな!!」

22:04:オペレーター:シオニー・チャン:「ボートマンッ!!とりあえずそのバ艦長を裏でしばいてこいッ!!撤退作業は私たちでやっておくッ!!」

22:05:高峰リュウイチロウ:「誰がバ艦長だッ!!3隻の戦艦で挑んで引いたとか冗談じゃ済まされんのだぞ!?」

22:05:くっきーGM:▼描写3
キラリと閃光が走る

22:06:グレイアム=スパーク:「!!!何か来る!防御姿勢!!間に合うか…!?」

22:06:マツナガ・N・セイジ:「ぐっ・・・動力炉で異常発生。メインエンジン出力低下。まずいですな・・・」

22:07:グレイアム=スパーク:と言ってオモイカネの後ろへ回ろうとする

22:08:高峰リュウイチロウ:「くそッ!!わーったよッ!!一時撤退だッ!!ただできる限り敵にも被害出すために、主砲連射しながら撤退だッ!!」

22:08:クレンズ・ボードマン:「スパーク。直衛につくんだ。敵に狙撃手がいる」

22:08:グレイアム=スパーク:「何のために後ろに行ったとお思いですかねぇ艦長」

22:09:オペレーター:シオニー・チャン:「ヒルメ、補修用ミーレスを排出ッ!!撤退しつつ各艦の補修作業に当たれッ!!」

22:09:マツナガ・N・セイジ:「第二射確認・・・ヒルコ沈黙。想定より被害が大きくなっています」

22:09:グレイアム=スパーク:「『狙撃』のためですよ!!」オモイカネの機体の上に立ち狙撃姿勢」

22:10:砲手ニウ・ザイン:「jud.カクヅチ、リフレクタービーム連続発射」

22:10:チャン・キリー:「その姿勢だと避けれまい?」気が付けばスパークの隣まで回り込まれている

22:10:グレイアム=スパーク:「誰かが言っていた・・・狙撃は高い場所のほうが相手を見渡せて有利だと!!しかぁぁっし!」

22:11:グレイアム=スパーク:「そう!こうやって狙われやすくもなるのだっ!!え?」

22:11:マツナガ・N・セイジ:「・・・スパーク機、中破。回収急がせます」

22:11:グレイアム=スパーク:「だぁぁぁぁぁぁ!!くそ・・・やられた!!」

22:12:オペレーター:シオニー・チャン:「あぁぁぁッ!!くそ忙しいッ!!なんでこうなったっぁぁ」

22:12:チャン・キリー:「チャフをばら撒いている意味を理解してなかったらしいな!足元がお留守だ!そらそらそら!」

22:12:オペレーター:シオニー・チャン:「ヒルコッ!!沈黙とかこのやばい時にジョークはやめろッ!!さっさと天晴を回収しろッ!!」各艦に指示飛ばす

22:13:くっきーGM:▼描写4
轟音ののち、キミが目を開ければ火の海が広がっている。さっきの攻撃が原因に違いない。
体のあちこちが痛む。そんな中、クレンズはキミに声を掛ける。

22:13:グレイアム=スパーク:「マシンガン!!間に合わない!!!うわぁぁ!!」

22:14:クレンズ・ボードマン:「・・・無事か?リュウイチロウ」

22:14:高峰リュウイチロウ:「当たり前です。この程度痛みにも入らない」強がり

22:15:高峰リュウイチロウ:「各艦破損状況を報告ッ!!急げッ!!」

22:15:クレンズ・ボードマン:「これ以上はもう持たん。全砲門一斉射の後、15秒後にメインエンジン停止、各スラスターを逆噴射せよ…ぐふ…」

22:17:高峰リュウイチロウ:「だから撤退してるんでしょうがッ!!ニウッ!!敵との距離報告ッ!!」

22:18:砲手ニウ・ザイン:「jud.残念ながら敵の方が小回り効く分あまり離れられてないですね。スサノオ並みの高機動戦艦であれば別でしたでしょうが」

22:19:オペレーター:シオニー・チャン:「これ以上は本気でやばいぞ、くそ、なんだッ!!今回は簡単な仕事で臨時ボーナスとか言った奴ッ!!……あ、そうか私だチクショォォ」

22:20:オペレーター:シオニー・チャン:「ヒルコッ!!天晴は回収終わったか!?」

22:20:グレイアム=スパーク:「OMG!!!神は我々を見捨てたのか!?」

22:20:チャン・キリー:「・・・!ち、砂の中に潜ってたから駆動部に異常が・・・これ以上は追いかかけれないか」退場

22:21:ヒルコクルー:「天晴回収完了でありますッ!!リンケージも若干錯乱中ではありますが五体満足ですっ」

22:22:オペレーター:シオニー・チャン:「よしッ!!敵が離れていく。この隙に補修部隊は外装の補修を進めろッ!!ドッグまで持たせるぞッ!!」

22:22:グレイアム=スパーク:「こちら天晴、してやられたぜ・・・機体も修理費洒落にならんぞこれ・・・ただでさえダンボール生活なのに・・・!!!」

22:22:高峰リュウイチロウ:「……艦長の方の身体はどうですか?辛そうですが」

22:23:くっきーGM:▼描写5
急速離脱に成功したキミ達。
クレンズに声を掛けるが反応は無い。

22:23:マツナガ・N・セイジ:「あいたたた…ご無事でしたかな?」

22:23:高峰リュウイチロウ:唐突すぎぃッ!!(反応ないの

22:25:高峰リュウイチロウ:「マツナガは無事か……シオニー、医療チームの手配ッ!!ニウ、俺は艦長を医務室に連れて行くから後を頼んだ」

22:25:マツナガ・N・セイジ:「・・・艦長は先ほどの攻撃で運悪く・・・こんな・・・」

22:25:砲手ニウ・ザイン:「jud.」

22:26:グレイアム=スパーク:「なんだって?おい、艦長どうしたんだ、おい!!」

22:27:高峰リュウイチロウ:グレイアムは機体ごとヒルコに((通信は勿論可能で

22:29:マツナガ・N・セイジ:「…一度帰還しましょう。天晴は中破、そして艦長を失い戦力低下が著しい。ここで撃墜されてしまえば司令に合わせる顔がない」

22:30:高峰リュウイチロウ:だから撤退してるってば((<GM

22:31:グレイアム=スパーク:「高峰ぇぇぇぇぇ!艦長失ったってどういうことだ!説明しろ!!」いつの間にかブリッジに移動して

22:31:くっきーGM:シーンエンド

//温度差が激しいシーンでした。艦長の離脱は指揮系統をPL5に一任するための布石でしたが、意識不明の重体くらいでも良かったかなと後になって思うこの頃。
//>>想定される敵の規模は小さく という部分に関して、敵さんは固定砲台ズを除けばここで登場したのはスナイパー1、エース1の2機のみ。
//スナイパーの陽動と足止め、チャフとナパームでセンサー類を惑わせてこっそり近づいてあぼん。

21:56:くっきーGM:○シーン4 ガーディアン犯罪捜査二課(PC4)

21:56:くっきーGM:▼描写1
キミは警察機構に所属している警察官だ
ただの警察と違いガーディアン犯罪対策の為に作られた捜査二課
…と聞こえはいいものの所属はキミと課長の二人だけ
部屋に入れば慌ただしく書類の整理をしている課長に声を掛けられる

21:59:神月 ユウ:「なーにー課長~、お呼びっぽい?」軽く首をかしげて

21:59:シルバー課長:「ユウくーん。この犯罪関係の書類、どこにしまいましたっけ?」

22:00:神月 ユウ:「え~っと~…………………多分あっちっぽい」ディスクの上に山積みにされた書類に指差して

22:01:シルバー課長:「あーそこに入れてたかー。」

22:03:神月 ユウ:「課長も整理苦手っぽいもんねぇ~。……えーっと、うーんと…」山積みの書類からガソゴソ

22:04:神月 ユウ:「ぁ、これっぽい? はい、課長~」何かバインダーで挟まれてたのをぽいっと

22:05:シルバー課長:「どうもどうも。・・・今回のガーディアン連続窃盗事件なんですけどね、どーもきな臭くて仕方ないんですよ。」

22:06:神月 ユウ:「きな臭い~?」適当に安物の椅子にぼふっと座りつつ

22:07:シルバー課長:「テロリストの仕業じゃないかって」

22:08:神月 ユウ:「むぅ、もし本当だったら私がとっちめてフルボッコにするよッ!」

22:09:神月 ユウ:主にコクピットだけ残して機体バラバラ的な(

22:09:シルバー課長:「おー怖い怖い」全然怖がってない

22:10:神月 ユウ:「でもテロリストって言っても、そんな噂も情報も聞いた事ないですよー?」椅子に座りながらグルグル

22:13:シルバー課長:「今割と話題になってますよ・・・?」

22:14:神月 ユウ:「……そうなの?」首をかしげつつ

22:14:シルバー課長:「一課の方からの突き上げも激しいです。そろそろうちも成果が欲しいんですよねー」ちらっちらっ

22:17:神月 ユウ:「じゃあ私が捕まえてくるよッ! そうすれば此処も少しは真面な施設が入るっぽいし、悪党もボコボコに出来て一石二鳥!」

22:17:シルバー課長:「…あそこに置いてあるアグレガード。予算のどれくらいを占めているかって事と、その関連の始末書の山を思えば」

22:18:シルバー課長:「犯罪事件の一つや二つ、ユウくんが解決してくれますよね」

22:19:神月 ユウ:「…ぁ、あはははは………が、頑張りま~す」

22:19:シルバー課長:「うんうん頼もしい。じゃ、頑張ってね~」手を振る

22:20:神月 ユウ:「うぅ……悪い人をとっちめてるだけ何になんで始末書増えるんだろー…」ガクーンッとうなだれつつ

22:22:神月 ユウ:「まぁ考えてても仕方ないよねっ! とりあず行動行動ッ!」

22:22:くっきーGM:【ミッション:窃盗事件を解決する】を獲得 シーンエンド

22:32:くっきーGM:○シーン5 補充(PC3)+PC5

22:33:くっきーGM:▼描写1
キミは各地の戦場を生き抜いてきたベテランのパイロットだ。
今回はフォーチュンの戦艦に補充兵と言う形で派遣されてきた。
目的の戦艦が見えてきた。…しかしなんだか様子がおかしい。ボロボロじゃないか

22:36:マツナガ・N・セイジ:「参謀のマツナガです。斎藤綾で間違いありませんかな?」

22:37:斉藤 綾:「はい 間違いありません 本日よりこの艦に配属された 斉藤 綾 です」 姿勢を正して

22:38:高峰リュウイチロウ:「副艦長の高峰だ。悪いな、この惨状での出迎えで」

22:38:マツナガ・N・セイジ:「司令は先の戦いで…」目を伏せる

22:38:斉藤 綾:「いえ 問題ありません」<高峰

22:39:斉藤 綾:「そうですか……それは残念です……」<マツナガに対して声を落として

22:40:高峰リュウイチロウ:もう着陸してるのよね?

22:40:くっきーGM:そうだね

22:42:マツナガ・N・セイジ:「このまま悲しんでいる訳にはいきません。…リュウイチロウ副司令には規則に則ってこの艦の艦長を務めて頂こうと思います。」

22:42:オペレーター:シオニー・チャン:『補修用ミーレスは全機発進させろッ!!100%でなくとも85%までは修復するのがお前らの仕事だッ!!急げッ!!』二人は各艦に移動してクルーたちに指示を出している

22:42:砲手ニウ・ザイン:『各砲塔及びエネルギーパイプの処置を、迅速に、正確に。』

22:43:マツナガ・N・セイジ:「経験や階級は私の方が上ではありますが…現場指揮は専門外でして」

//マツナガは内政畑の人を想定しているので各種書類作成やチェック、補充物資の手配や隊員のケア等、艦長の戦闘外業務の負担を減らすのが目下のお仕事。
//今回だと補充兵として斎藤を速やかに手配していますので仕事はしてますよ・・・というアピールが足りてないですね(´・ω・`)

22:43:斉藤 綾:「指揮系統 了解いたしました」

22:44:高峰リュウイチロウ:「………承知した。斎藤、俺も新任なわけだがよろしく頼むぞ」

22:44:斉藤 綾:「ええ よろしくお願いします」

22:44:高峰リュウイチロウ:「現状、敵の待ち伏せによるトラップ、エース機による強襲により、元々配属されていたガーディアンも中破状況だ」

22:45:マツナガ・N・セイジ:「余剰機としてもう一機積んではいますが…あれは特殊な機体ですから」

22:45:高峰リュウイチロウ:「リンケージも大事を取ってメディカルルームでの治療を受けさせている。それに船のほうの機体補修もさせてるしな」

22:45:斉藤 綾:「現状の戦力は 私含めても足りない……」 思案気に

22:46:マツナガ・N・セイジ:「スパークと天晴は応急処置の上出撃になります…軍医からはそうとう怒られますが、少しでも戦力が欲しい状況でして」

22:47:高峰リュウイチロウ:「戦艦からの重エネルギー砲の掃射でなんとかなるかと思ったが、予想以上に敵の数が多い」

22:49:斉藤 綾:「なるほど――本音を言えば 万全なパイロットで作戦をするべきだけれど 敵の数が多いならば 四の五の言ってられないわね」

22:49:高峰リュウイチロウ:「司令本部の方からはこれ以上の船とかの増員は望み薄だろうな」

22:50:高峰リュウイチロウ:「元々敵の規模に対して戦艦3隻ってのが過剰だってのが上の意見だ」

22:50:マツナガ・N・セイジ:「早急に増員を呼んできたのが斎藤さんだけですからね」

22:50:斉藤 綾:「なるほど――人員一人か」

22:51:高峰リュウイチロウ:「うちはクルー自体は多いがな。メイン火力にはなれん」

22:51:斉藤 綾:「戦艦を動かす以上クルー一人一人の力は大事よ」

22:53:砲手ニウ・ザイン:「高峰副艦長、オモイカネ、カクヅチ、ヒルコの機銃、主砲、砲塔、火器系統のメンテナンス終了です。見た目はひどいですが重大な部分にまで被害は及んでいません」

22:53:高峰リュウイチロウ:「ご苦労。…………そして、今度からは艦長だ。理由は察しろ」

22:54:砲手ニウ・ザイン:「………jud.」

22:55:オペレーター:シオニー・チャン:「正式にバ艦長に任命か、ボートマン艦長並みの手腕は期待していないがうまくやってくれ」

22:55:オペレーター:シオニー・チャン:「トップが誰でも私は私の仕事をやるだけだ」

22:57:マツナガ・N・セイジ:「む・・・!ガーディアンの交戦?ここから近い所ですな」

22:57:高峰リュウイチロウ:「距離は?」

22:58:斉藤 綾:「規模はどれくらいですか?」

22:59:マツナガ・N・セイジ:「湾岸沿いの工業地帯・・・数は5、6体が入り乱れていますな」

23:00:高峰リュウイチロウ:距離はー(?

23:00:くっきーGM:近い!

23:00:高峰リュウイチロウ:1km以内か

23:02:斉藤 綾:「高峰艦長――この状況です 出るべきでしょうか?」 本音を言えば出たいが 状況が状況だけに自分ではどうしていいかわからない

23:02:高峰リュウイチロウ:「……………シオニー、天晴の補修状況は?」(斎藤に指示を出す前に現状の確認

23:03:オペレーター:シオニー・チャン:「修復自体はほぼ終わりだ。オーバーホールしてないから過度な運用は禁物だがな」

23:04:砲手ニウ・ザイン:「距離はそう離れてはいないようですが………」

23:05:砲手ニウ・ザイン:「斎藤、この艦隊はこの”場”から離れることはできん。天晴はともかく、各艦の修復がまだ終わっていない」

23:05:高峰リュウイチロウ:「斎藤、この艦隊はこの”場”から離れることはできん。天晴はともかく、各艦の修復がまだ終わっていない」

23:06:斉藤 綾:「――」 姿勢を正しつつ 聞き入る

23:07:高峰リュウイチロウ:「………だがお前は出たそうだな」ニヤリと

23:08:斉藤 綾:「ええ――放ってはおけない性分なのよ――」 にやりと笑いつつ

23:08:高峰リュウイチロウ:「ガーディアンと共にカクヅチに乗れ。シオニー補修が終わってるなら天晴も格納しろッ!!でもってグレイアムもメディカルルームからたたき起こしてこい」

23:08:マツナガ・N・セイジ:「では参りましょうか」

23:09:オペレーター:シオニー・チャン:「バ艦長の指令など予想がつくわッ!!既にやっているッ!!」

23:09:斉藤 綾:「了解!」 艦長に敬礼し

23:09:高峰リュウイチロウ:「勘違いするな?様子見プラス、優先は補修作業だ」

23:09:砲手ニウ・ザイン:「斎藤様」

23:11:砲手ニウ・ザイン:「我が艦隊の最高火力、カクヅチのアベレージレンジは600m。条件が整えば1kmの射撃も可能です。そしてそれは瞬間射出鏡導艦としての能力も同じこと」

23:12:砲手ニウ・ザイン:「つまり”カクヅチならばこの場上空で現場までガーディアンを送り届けられるし、主砲を打てます”」笑みを浮かべる砲手

23:13:斉藤 綾:「なるほど――キツそう この艦に所属してる時は そればっかりになりそうね」 笑いつつ

23:14:高峰リュウイチロウ:「主砲兼カタパルトからの高重力射出、体験してみるか?」

23:13:くっきーGM:【ミッション:ディスティニー追撃】を渡す シーンエンド

//シーン7にそのまま繋がります

22:43:くっきーGM:○シーン6 盗まれたガーディアン(PC1)+PC4+PC2

22:44:くっきーGM:▼描写1
依頼を受けミリオンメタル社の工場を張り込み…をしていると警察官が現れる。
誰かと思えばユウではないか。それなりに(くされ)縁がある人物だ。むこうもキミに気が付いたみたいだ。

22:45:神月 ユウ:「ぁ! シュンペイ! 久しぶりっぽい!」堂々と指差しつつ声かける警察官(

22:46:早川 俊平:「 やぁ 神月さん 奇遇だな  チャーハンでも、どうだい? 」

22:47:早川 俊平:と、中華鍋を振っている

22:47:神月 ユウ:「食べるっ!」即答

22:47:神月 ユウ:「…じゃなくてっ、何してるの? こんなところで?」

22:47:早川 俊平:「 ちょうど出来たところだ 」 と皿に盛って差し出し

22:48:早川 俊平:「 おそらく 君と、同じ用事だと思うぜ 」

22:49:神月 ユウ:「ぽい? ふぉなじよーひん?(同じ用事?)」まぐまぐチャーハンぱくついてる

22:49:早川 俊平:「 君も、ここに来た理由はアレだろ?  ガーディアン窃盗事件 」

22:49:早川 俊平:こちらもチャーハン食べつつ

22:50:早川 俊平:「 今は、ここの会社が依頼主ってわけさ 」 軽くウィンクを

22:50:神月 ユウ:「んぐっ。うん、そうだよー。流石は探偵、鋭いね~。」もう半分くらい減ってる(

22:51:早川 俊平:「 で…、 そちらは 何か、掴んでるのかい? 」

22:51:神月 ユウ:「ほへー、そうなんだー。けぷっ、ごちそうさま~」あっという間に空の皿を置きつつ

22:51:神月 ユウ:「何も!」キッパリ

22:51:早川 俊平:「 はい、お粗末様 」 皿を受け取り

22:52:神月 ユウ:「ぁ、でもテロリストの仕業っぽいって課長は言ってたかなぁ?」

22:52:早川 俊平:「 そうか 何か、分かったら教えてくれないか?  今のチャーハン代として 」

22:52:早川 俊平:と言って ニヤリと笑う

22:53:神月 ユウ:「えー、ケチ臭いっぽいー」ぶーぶー文句たれてる

22:53:くっきーGM:▼描写2
そうして歓談していると多数のタンクローリーが目に留まる。
・・・怪しい。

22:54:早川 俊平:「 ん? あれは? 」

22:54:神月 ユウ:「あれ、あんなの此処らにあったっけ?」首かしげつつ

22:55:早川 俊平:運転している人間とか 見えますかね? > GM

22:55:くっきーGM:12歳くらいじゃないですかね。・・・怪しい

22:56:神月 ユウ:わぁい、あやしぃ(

22:56:早川 俊平:「 おい!  変だぞ 」

22:56:工作員:「セシル。積み込みは8割方終わった。逃げるぞ」

22:57:早川 俊平:「 そうはさ、させるか!  乗れ! 」 とサイドカーに跨がります

22:57:神月 ユウ:「??? ………ぁ! もしかして噂のガーディアン窃盗事件のっ!」 ポンっと手のひらを叩き

22:57:スティール=セシル:「ラジャー、さぁて、と!!」ギュリュギュリュギュル!!と音を立てながら高速で去っていく

22:57:神月 ユウ:「りょーかいっ!」ぽいっと乗ろう

22:58:早川 俊平:「 この ズヴァット・マシーンから 逃げられると思うなよ 」

22:58:早川 俊平:発進させ チェイスします

22:58:神月 ユウ:ぁ、GM~。 撃てますか?(

22:58:くっきーGM:撃っていいゾー

22:59:神月 ユウ:では、銃を抜き出して乱射ァッ!主にタイヤとか運転席付近を(

22:59:神月 ユウ:「止まらないと撃つよッ!」 撃った後に

23:00:スティール=セシル:「いやいやお姉さん撃ってるし!!」回避しようとしつつ

23:00:工作員:「もう嗅ぎつけられたか!しんがりはまかせる!」

23:00:早川 俊平:そこで トライフルマニューバを

23:00:早川 俊平:巧みな操縦技術で敵を翻弄し、引きつけ、自滅を誘う

23:01:早川 俊平:ユニオンの特技だ 代償を支払う必要あるかな?

23:01:くっきーGM:タンクローリーは翻弄されて爆発する・・・すると中からヴィクラマが出てくる出てくる

//このタンクローリー、普通サイズだとヴィクラマが入らないな?機体搬送車両サイズだとすごい大型タンクローリーになる…

23:01:神月 ユウ:「だって撃たないと動くしっ、ってわわわっ!?」ガシッとサイドカー掴みつつ

23:02:スティール=セシル:「あーあーあー、壊しちゃったねーおもちゃ、どうしてくれんのサッ!!」

23:02:神月 ユウ:「先に盗んだ方が悪いからそっちが悪いっぽい! 私は悪くない!」始末書的に(

23:02:早川 俊平:「 イタズラする子供は、お尻ぺんぺんされる ってママに教わらなかったのかい 坊や 」

23:03:くっきーGM:敵さんは二手に分かれるぞ。タンクローリーで逃げる班と、セシル含めて足止めするヴィクラマの部隊だっ

23:03:スティール=セシル:「ママってなぁに?」

23:03:早川 俊平:ユウは、近くにガーディアン 持って来てるんだろうか?

23:04:神月 ユウ:「おかーさんの事っ! 私もよく覚えてないけど!」

23:04:スティール=セシル:「だからおかーさんってなにさ!!!:軽く混乱しながら

23:04:神月 ユウ:多分、運搬用トレーラーとかに引っ張ってきてもらってる……だろうか? どうだろGM

23:05:くっきーGM:近くにあるでいいよっ

23:05:早川 俊平:「 お前を産んでくれた あったかくて 柔らかい存在さ 」

23:05:神月 ユウ:はぁい

23:05:スティール=セシル:「わkんないってば!!それが!!!」

23:05:早川 俊平:では トレーラーは、こっちが追いかけるで どうでしょう? > ユウ

23:06:神月 ユウ:おっけーいっ、セシルくん含むヴィクラマ部隊はまかされたー

23:06:くっきーGM:行かしてあげれないんだなっ!なぜって?次は中間戦闘だから!

23:06:くっきーGM: 

23:07:神月 ユウ:HAHAHAHAHAw

23:07:工作員:「グラビトロンか!厄介なものを!」

23:07:スティール=セシル:「いかせないよ!わけわからない人!!」ヒートトマホークで足止め

23:08:神月 ユウ:「だぁ~かぁ~らぁ~! 君を産んだ人がおかーさんで、おかーさんがママで……あぁ~もうッ!ややこしい!」そう言いつつ運搬用トレーラーに乗せたアグレガートに向かって走って

23:09:スティール=セシル:「産んだとかおかーさんだとか、本当にわけわからない人たちだ!!」

23:10:神月 ユウ:「とりあえずとっ捕まえてから考えるっぽい!!」ジェネレーターを起動して、ギギギッガガッっと明らかにヤバイ音出しながら

23:10:工作員:「(たしか研究所生まれか・・・)混乱させるだけのプログラムだ!かまうな!」

23:10:スティール=セシル:「なるほど!!わかったよ!先行って!!ほら早く!!」

23:12:スティール=セシル:「ここから先はこの僕が相手だ!!偉い人にあたらしいおもちゃそれで買ってもらうんだ!!いかせない!!」

23:13:神月 ユウ:「君みたいな子供が何で悪い事してるか良く分かんないけど……悪い子は御仕置するよッ!」

23:13:くっきーGM:シーンエンド

//二手に分かれる・・・という表現が良くなかったと反省。
//・タンクローリーを逃がすために足止め部隊が現れる。どうやら先に行かせてはくれなさそうだ
//の方が良かったかなーと。
//ここの工作員の恰好を考えてなかったので黒服という設定になっていましたが、考えれば作業服着せればよかったな・・・工場だし。作業服来ていてもセシルは目立つし。

23:13:くっきーGM:○シーン7 中間戦闘 プレイヤー全員

//初期配置のMAPをリプレイで表現する方法を考えないと何が起きているか分からないね(´・ω・`)
//敵はヴィクラマ3、狙撃型ヴィクラマ1、高機動ヴィクラマ(セシル機)1です
//現時点でPC2のセシルは敵対中

23:15:くっきーGM:▼描写1
すでにヴィクラマと見慣れない機体が正対している。
その向こうを不審なタンクローリーが逃げていくが、追いかけていく余裕はなさそうだ。
 
※PC2は敵対中の為、PL2はPC6を操作して戦うこと。

23:16:くっきーGM:配置場所は4-5から6-6までがPC1とPC4

23:16:くっきーGM:1-4から1-6までがPC3,5,6

23:20:くっきーGM:戦闘開始だっ!勝利条件は敵の全滅、敗北条件は味方の全滅 イベント分岐はズヴァットがセシル機を撃退する だぞ

23:21:神月 ユウ:ほうほう

23:21:早川 俊平:どれがセシルでしょ?

23:21:神月 ユウ:6-1だね

23:21:斉藤 綾:駒のデータに書いてありますね<セシル

23:22:早川 俊平:気付かなかったわ (笑

23:22:斉藤 綾:結構 データが書いてありますね<駒

23:23:くっきーGM:えーっと・・・

23:23:くっきーGM:セットアッププロセス!

23:24:神月 ユウ:発動できる特技特になーしっ!

23:24:早川 俊平:なし

23:24:斉藤 綾:使用できる特技はありませんー

23:24:高峰リュウイチロウ:なし

23:24:グレイアム=スパーク:なしです

23:25:くっきーGM:では・・・イニシアチブプロセス!

23:25:早川 俊平:なし

23:25:斉藤 綾:特にありません

23:25:グレイアム=スパーク:ないです

23:26:神月 ユウ:ないでーす

23:26:高峰リュウイチロウ:ナイトフォーク

23:27:高峰リュウイチロウ:ST-F7へ自身を選択できない。同意した相手に戦闘移動を一回行わせる。対象はラウンド終了まで攻撃のダメージが+1d6

23:27:くっきーGM:どうぞー

23:28:斉藤 綾:ありがとです

23:28:神月 ユウ:通常の行動とは別の移動だから場所も選びやすいね

23:31:斉藤 綾:では ナイトフォークの効果で 3-2へ移動します

23:32:工作員:「なんだ!?早いのがいる!?」

23:33:スティール=セシル:「慌てないで!!集中しろ!!」

23:33:高峰リュウイチロウ:TS-F7の中の斎藤にはめっちゃくちゃGがかかる超加速

23:33:神月 ユウ:高速型のお約束ッ

23:34:くっきーGM:行動順だから・・・22のST-Fから

23:35:斉藤 綾:では マイナーで

23:35:斉藤 綾:戦鬼咆哮メインプロセスの間 攻撃のダメージに+1D6する。 基本p69

23:36:斉藤 綾:バルカン 命中判定 または防御判定の直前に使用する。その判定のクリティカル値を-1する。この特技によるクリティカル値の下限は10。基本p82

23:36:斉藤 綾:合わせて 代償はHP5

23:37:斉藤 綾:それとは別に 常時の特技 機甲騎士 中判定 防御判定のクリティカル値を-1する。クリティカル値の下限は10。基本p82

23:37:斉藤 綾:クリティカルを10にします

23:37:くっきーGM:C10!コワイ

23:37:くっきーGM:щ(゚Д゚щ)カモーン

23:38:斉藤 綾:武装は カバリエマシンガン 対象は ヴィクラマ狙撃型 です

23:38:斉藤 綾:2D6+11 命中判定
MetallicGuadian : (2D6+11) → 4[2,2]+11 → 15

23:39:くっきーGM:ひっとー

23:40:斉藤 綾:2D6+1D6+1D6+16 殴ダメージです
MetallicGuadian : (2D6+1D6+1D6+16) → 9[3,6]+1[1]+1[1]+16 → 27

23:40:くっきーGM:いたぁい

23:41:くっきーGM:20点もらい

23:41:斉藤 綾:「敵機確認 攻撃します」 機体の側部についているマシンガンで射撃

23:42:工作員:「ぐああ・・・まだまだ」

23:42:くっきーGM:ねくすとー

23:43:早川 俊平:行って良いのかな?

23:44:くっきーGM:GOGO~

23:44:早川 俊平:うぃ

23:44:早川 俊平:では MV MN 無し

23:45:早川 俊平:MJ:トライフルマニューバ 射程は2+2で届きます 目標:セシル

23:45:早川 俊平:挑発するような動きから

23:45:ズヴァット: 

23:46:ズヴァット:ヴォン!! と急旋回

23:46:ズヴァット:2d6+6 命中
MetallicGuadian : (2D6+6) → 10[4,6]+6 → 16

23:47:ズヴァット:2d6+20 殴ダメージ
MetallicGuadian : (2D6+20) → 7[1,6]+20 → 27

23:47:ズヴァット: 

23:47:くっきーGM:いたぁい!20点

23:47:スティール=セシル:まって

23:47:スティール=セシル:イベイジョンじゃないよ

23:47:くっきーGM:そうだ

23:48:ズヴァット:そっか さっき振らなかったんで

23:48:くっきーGM:2d6+12・・・回避高いな・・・

23:50:くっきーGM:2d6+12 しゅっ
MetallicGuadian : (2D6+12) → 8[3,5]+12 → 20

23:50:くっきーGM:よけたっぽい?

23:50:スティール=セシル:「そんな移動で、僕がついていけないとでも?」

23:50:早川 俊平:「 ちっ やるな 坊や 」

23:51:くっきーGM:ねくすと^はこっちか

23:52:神月 ユウ:ですなっ

23:52:くっきーGM:ムーブで3マス移動、マイナーはなしの

23:52:くっきーGM:斉射でズヴァットを攻撃だっ

23:54:早川 俊平:うぃうぃ

23:54:くっきーGM:リニアマシンガンで攻撃っ

23:54:くっきーGM:2d6+10 あったれー
MetallicGuadian : (2D6+10) → 8[2,6]+10 → 18

23:54:早川 俊平:2d6+11 回避
MetallicGuadian : (2D6+11) → 5[2,3]+11 → 16

23:54:神月 ユウ:カバー!

23:54:早川 俊平:出目良いな GM

23:55:早川 俊平:おぅ ありがたい

23:55:くっきーGM:カバーが宣言された。

23:55:神月 ユウ:0~4マスはだでじゃない!

23:56:くっきーGM:2d6+1d6+12 こうかな?殴ダメージ
MetallicGuadian : (2D6+1D6+12) → 11[5,6]+5[5]+12 → 28

23:56:くっきーGM:あ^~、出目たかい

23:57:神月 ユウ:わーお、慣性制御障壁を発動! 4EN消費で受けるダメージを[2d6+クラスLV]軽減!

23:57:くっきーGM:軽減どうぞー

23:58:神月 ユウ:2d6+2+13 慣性制御障壁+機体防御合計
MetallicGuadian : (2D6+2+13) → 11[5,6]+2+13 → 26

23:58:くっきーGM:かたぁい!

23:59:神月 ユウ:「やらせないよッ! ねじ曲がれぇッ!!」ブゥンッとツインアイが追加装甲の隙間から光って重力の波を出して

23:59:スティール=セシル:「そこぉ・・・!!・・・・なに!?」

23:59:くっきーGM:ねくすとー

00:00:神月 ユウ:さぁって、狙撃型を仕留めに掛かろうっ

00:01:神月 ユウ:この場から動かず、レギオンプレーグスで狙撃型を攻撃! 4EN消費ッ

00:02:神月 ユウ:2~6だから痒いところにも手が届く

00:03:早川 俊平:あ ごめんなさい  トライフルマニューバの代償

00:03:早川 俊平:早川 俊平 の ENが 4 減少 (EN:0→-4)

00:03:くっきーGM:щ(゚Д゚щ)カモーン

00:04:神月 ユウ:2d6+11 スターゲイザーでC値11
MetallicGuadian : (2D6+11) → 6[2,4]+11 → 17

00:05:くっきーGM:めいちゅ

00:05:神月 ユウ:フフフ……空間圧壊の効果により、モブに追加3d6…((

00:06:くっきーGM:!?

00:06:神月 ユウ:ついでに言うと、闇属性攻撃! クラエヤァッ!(

00:06:神月 ユウ:2d6+3d6+12
MetallicGuadian : (2D6+3D6+12) → 4[1,3]+10[2,2,6]+12 → 26

00:06:くっきーGM:軽減できない・・・!

00:07:くっきーGM:ぬわー!

00:07:くっきーGM:重力攻撃で機体が消えてしまった・・・

00:07:神月 ユウ:「さぁ……御仕置だよッ!! 行けェッ! オーガトゥースッ!」

00:08:神月 ユウ:マントの後ろから牙状に突出したビットを突撃させる感じな

00:08:くっきーGM:ねくすとー

00:10:グレイアム=スパーク:「あーあー、戦闘中のみんなー、こちらグレイアム。悪いがまだ足がうまく動かねぇ、ちょっと待っててくれ」具体的にいうと待機します

00:10:くっきーGM:ねくすとー

00:10:高峰リュウイチロウ:あいよー

00:11:高峰リュウイチロウ:ムーブアクションで超精密照準

00:11:高峰リュウイチロウ:マイナーアクションで艦載砲照準

00:11:神月 ユウ:「??? どちら様っ?」

00:12:高峰リュウイチロウ:マルチロックで対象を拡大

00:13:高峰リュウイチロウ:【戦闘乱戦区域よりだいぶ離れた600m先の上空】

00:13:オペレーター:シオニー・チャン:「リフレクタービッド放出ッ!!エネルギー充填完了ッ!!」

00:14:オペレーター:シオニー・チャン:「いつでも行けるぞバ艦長ッ!!」

00:14:高峰リュウイチロウ:「順風満帆快晴により、本日絶好のレーザー日和ッ!!ニウッ!!不躾な奴らの度肝を抜いてやれッ!!」

00:15:砲手ニウ・ザイン:「jud.……瞬間射出鏡導艦カクヅチ主砲【ヒノカクヅチ】ターゲットロック」

00:15:高峰リュウイチロウ:「ってぇぇッ!!」

00:16:高峰リュウイチロウ:座標5-4に重エネルギー粒子砲で砲撃。範囲は2(十字)

00:16:高峰リュウイチロウ:セシル機とヴィクラマ2が対象

00:17:高峰リュウイチロウ:2d6+14+2+2 砲撃判定
MetallicGuadian : (2D6+14+2+2) → 7[1,6]+14+2+2 → 25

00:17:くっきーGM:2d6+9 壁の力を
MetallicGuadian : (2D6+9) → 8[4,4]+9 → 17

00:17:くっきーGM:両機直撃!

00:17:スティール=セシル:「なんだあれ…光?」

00:18:高峰リュウイチロウ:2d6+1d6+14 光ダメージだぞッ!!
MetallicGuadian : (2D6+1D6+14) → 3[1,2]+5[5]+14 → 22

00:18:神月 ユウ:「ぇ、ちょ、何か来てる!?」射線上からニゲニゲ

00:18:くっきーGM:軽減できないよぉ

00:18:砲手ニウ・ザイン:「3……2……着弾……今ッ!!」

00:19:砲手ニウ・ザイン:光の奔流がセシル機とその他を飲み込む

00:19:工作員:「砲撃!?どこから!?」

00:19:くっきーGM:ヴィクラマーズの力みせてやる・・・!

00:19:高峰リュウイチロウ:出処は600m先だ(メタガの1マスは約100m(GMによって差はアリ

00:20:高峰リュウイチロウ:「やはり重力下では火力がイマイチだな」

00:20:くっきーGM:ヴィクラマ1 5-2に移動

00:20:高峰リュウイチロウ:エンド

00:21:くっきーGM:リニアマシンガンでST-Fを攻撃だ~

00:21:くっきーGM:2d6+8 めいちゅ
MetallicGuadian : (2D6+8) → 4[2,2]+8 → 12

00:22:斉藤 綾:バルカン で 防御判定のクリティカル値を下げます

00:22:斉藤 綾:機甲騎士の効果も累積して クリティカル値10です

00:23:神月 ユウ:再びC値10、がんばれー!

00:23:斉藤 綾:代償はHP2

00:23:砲手ニウ・ザイン:「そもそもこの艦隊、宇宙戦用武装がメインのシリーズですからね」(乱戦に入らないのならのんきなものだ

00:23:斉藤 綾:2D6+7 回避!
MetallicGuadian : (2D6+7) → 10[5,5]+7 → 17

00:23:くっきーGM:クリティカル!

00:23:工作員:「はやい!」

00:24:くっきーGM:ヴィクラマ2はアグレガードと同じとこまで移動するぞー

00:24:斉藤 綾:「当たるもんですか!」 急旋回して回避

00:24:くっきーGM:2d6+8 ヒートホークで攻撃だぁ
MetallicGuadian : (2D6+8) → 10[4,6]+8 → 18

00:24:神月 ユウ:うげぇw

00:25:神月 ユウ:2d6+9 スターゲイザーでC値11!
MetallicGuadian : (2D6+9) → 7[2,5]+9 → 16

00:25:くっきーGM:2d6+9 炎の力を見るがいい!
MetallicGuadian : (2D6+9) → 8[3,5]+9 → 17

00:25:神月 ユウ:だが耐炎…13だ!(

00:26:くっきーGM:とおってなーい!

00:26:くっきーGM:ヴィクラマ3

00:26:工作員:「さっきのは・・・あれか!」

00:26:くっきーGM:オモイカネに攻撃だー

00:26:くっきーGM:リニアマシンガンくらえー

00:26:高峰リュウイチロウ:こいや

00:26:神月 ユウ:「その程度じゃ、アグレガートは壊せないよッ!」受け止めてギギギッと睨む

00:26:くっきーGM:2d6+8 しゅ
MetallicGuadian : (2D6+8) → 4[1,3]+8 → 12

00:26:高峰リュウイチロウ:2d6+1 回避
MetallicGuadian : (2D6+1) → 8[3,5]+1 → 9

00:27:くっきーGM:2d6+8 殴っ!
MetallicGuadian : (2D6+8) → 8[2,6]+8 → 16

00:27:高峰リュウイチロウ:あ、属性:殴?

00:27:高峰リュウイチロウ:防護20です

00:27:神月 ユウ:カテェ!

00:27:工作員:「弾かれた!?」

00:27:くっきーGM:ねくすとー

00:28:高峰リュウイチロウ:「そんな豆鉄砲効くわけがないだろうッ!!」

00:28:グレイアム=スパーク:「あーあー、こちらスパーク、よっしゃぁ!!この状態の足の動かし方覚えたぞ!!待ってろみんな!!」

00:29:神月 ユウ:「ぁ、さっきの通信の人だっ」

00:29:グレイアム=スパーク:ムーブで3-4へ移動

00:30:グレイアム=スパーク:マイナーなし

00:30:グレイアム=スパーク:メジャーでマルチロック+マシンガン

00:31:グレイアム=スパーク:判定行くぞごらぁ!!

00:31:くっきーGM:どこねらいだろう

00:31:くっきーGM:3-5?

00:31:グレイアム=スパーク:4-5,マルチロック消してもいいですか?

00:31:くっきーGM:щ(゚Д゚щ)カモーン

00:32:グレイアム=スパーク:2d6+2+9 エイミングで+2!!
MetallicGuadian : (2D6+2+9) → 6[2,4]+2+9 → 17

00:40:くっきーGM:ほい

00:40:くっきーGM:ではひっと!だめーじどうぞ

00:43:グレイアム=スパーク:ちくしょー!ハードラック:マヒも使ってやるー!!

00:45:グレイアム=スパーク:4d6+15 一点でもダメ時はいるとマヒ付与
MetallicGuadian : (4D6+15) → 19[2,5,6,6]+15 → 34

00:45:神月 ユウ:ぶふw

00:45:グレイアム=スパーク:殴りじゃ!!

00:45:くっきーGM:爆散!

00:45:神月 ユウ:ワーオ、ワーオ

00:46:グレイアム=スパーク:「そこ!マシンガン!!」(腕に収納されたマシンガンをバラらと撃つ

00:47:神月 ユウ:「わわわっ!? 」近くだから驚きつつも射線から飛び引く

00:47:くっきーGM:えーっとクリナッププロセス!・・・多分何もないはず

00:47:早川 俊平:なし

00:47:神月 ユウ:ないでーす

00:47:グレイアム=スパーク:ないです

00:48:斉藤 綾:なしです

00:48:高峰リュウイチロウ:なしー

00:48:くっきーGM:そして2R目のセットアッププロセス!

00:48:早川 俊平:なし

00:48:グレイアム=スパーク:なしー

00:48:高峰リュウイチロウ:なし

00:48:斉藤 綾:なしです

00:49:神月 ユウ:なーし

00:50:くっきーGM:イニシアチブプロセス!

00:50:高峰リュウイチロウ:なしー

00:50:神月 ユウ:以下同文!

00:50:グレイアム=スパーク:ナッシング

00:50:斉藤 綾:ありません

00:50:早川 俊平:クイックトランス

00:50:くっきーGM:メインプロセスなのだ!

00:50:くっきーGM:あ、あった

00:51:神月 ユウ:ぉ、変形ッ

00:51:早川 俊平:「 仕方ない 少し、本気を出すか 」

00:51:早川 俊平:「 チェンジ ズヴァット! ガーディアン 」

00:51:神月 ユウ:!?

00:52:ズヴァット:ズヴァット の ENが 2 減少 (EN:28→26)

00:53:ズヴァット:次の処理 どうぞ

00:53:くっきーGM:改めてメインプロセス

00:53:くっきーGM:ST-Fからどうぞー

00:53:斉藤 綾:では

00:54:斉藤 綾:移動は せずに このままで

00:54:斉藤 綾:マイナーは 戦鬼咆哮とバルカン 代償HP5

00:55:斉藤 綾:クリティカル値10です

00:55:斉藤 綾:武装は カバリエマシンガン 対象はヴィクラマ1 です

00:55:くっきーGM:щ(゚Д゚щ)カモーン

00:56:斉藤 綾:2D6+11 命中判定
MetallicGuadian : (2D6+11) → 7[2,5]+11 → 18

00:56:くっきーGM:ひっと!

00:57:斉藤 綾:2D6+1D6 ダメージ
MetallicGuadian : (2D6+1D6) → 6[2,4]+4[4] → 10

00:57:斉藤 綾:すみません +16で 26点です

00:57:くっきーGM:殴かな

00:57:くっきーGM:19点!

00:58:斉藤 綾:はい 殴 属性です

00:58:くっきーGM:ねくすと!

00:58:工作員:「ちぃ!ちょこまかと・・・!」

00:58:ズヴァット:MV 6-4

00:58:ズヴァット:MN無し

00:59:ズヴァット:MJ フィールドセイバー

00:59:ズヴァット:2d6+9 命中
MetallicGuadian : (2D6+9) → 6[1,5]+9 → 15

00:59:くっきーGM:か、加護る…?

01:00:ズヴァット:使うか

01:00:神月 ユウ:ぁ、いや

01:00:高峰リュウイチロウ:まだ加護はつかわせぬぞ(((

01:00:高峰リュウイチロウ:絶対クライマックスで必要になる

01:00:神月 ユウ:リトライ!

01:00:ズヴァット:って 使える加護なかったわ

01:00:神月 ユウ:HP2消費して振り直しさせるよーッ

01:01:くっきーGM:リトライの宣言なので、振り直しー

01:01:ズヴァット:サンクス

01:01:ズヴァット:2d6+9
MetallicGuadian : (2D6+9) → 8[2,6]+9 → 17

01:01:神月 ユウ:よし!

01:01:くっきーGM:2d6+12 でもこいつも早いんだよなぁ・・・うーむ。どうしよう
MetallicGuadian : (2D6+12) → 7[1,6]+12 → 19

01:02:ズヴァット:ズヴァット の ENが 3 減少 (EN:26→23)

01:02:神月 ユウ:おのれダイス神

01:02:スティール=セシル:「くっ!まだまだぁ!!」回避

01:04:くっきーGM:ねくすとーはこっちか

01:04:くっきーGM:今度こそ高周波ブレードだっ

01:05:くっきーGM:2d6+10 めいちゅうをズヴァット狙い
MetallicGuadian : (2D6+10) → 9[3,6]+10 → 19

01:05:ズヴァット:切り払い

01:05:ズヴァット:ズヴァット の HPが 2 減少 (HP:18→16)

01:05:ズヴァット:2d6+12
MetallicGuadian : (2D6+12) → 7[1,6]+12 → 19

01:06:ズヴァット:同値は どっち優先?

01:06:くっきーGM:ぐぬぬ・・・!上手く切り払われてしまった

01:06:スティール=セシル:「そこ!!はぁぁ!!あれ・・・?」

01:06:ズヴァット:「 そうは、いかないよ 坊や 」

01:06:くっきーGM:ねくすとー

01:07:神月 ユウ:今こそ、HP全快の相手を狙い時ッ

01:07:神月 ユウ:この場からレギオンプレーグスこと、オーガトゥースでヴィクラマ3号を攻撃ッ!

01:08:神月 ユウ:4EN消費ー

01:08:神月 ユウ:2d6+11 C値11
MetallicGuadian : (2D6+11) → 5[1,4]+11 → 16

01:09:くっきーGM:あったりー

01:09:神月 ユウ:「噛み付けェッ!!」

01:09:神月 ユウ:2d6+3d6+12 ぽぉいッ!!
MetallicGuadian : (2D6+3D6+12) → 5[1,4]+6[1,2,3]+12 → 23

01:10:神月 ユウ:出目がヒフミィ…でも闇属性!

01:10:くっきーGM:23もらいー

01:10:工作員:「メ、メインカメラが!?」

01:10:くっきーGM:ねくすとー

01:11:グレイアム=スパーク:ムーブ、マイナーなし。5-2を狙い撃ち

01:11:神月 ユウ:「さぁ、大人しく捕まるか穴だらけになるか選ぶっぽいッ」※警察官ですこの子

01:12:グレイアム=スパーク:2d6+13 エイミングで+2
MetallicGuadian : (2D6+13) → 4[1,3]+13 → 17

01:12:グレイアム=スパーク:ダメージ、よろしくて?

01:12:くっきーGM:どぞー

01:13:グレイアム=スパーク:2d6+17 狙い撃つぜぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇ!!!!
MetallicGuadian : (2D6+17) → 11[5,6]+17 → 28

01:13:グレイアム=スパーク:光じゃ

01:13:くっきーGM:ばしゅーん

01:13:神月 ユウ:ビューティフォー

01:13:くっきーGM:吹き飛んだぜ!

01:13:くっきーGM:ねくすとー

01:13:グレイアム=スパーク:「ふっ・・・見えた!!そこだっ!!!」

01:14:オペレーター:シオニー・チャン:「お、250mほど先で接近中のヴィクラマ1機撃墜。グレイアムが落としたか」観測中

01:14:神月 ユウ:「おぉ~、見事に命中っぽーい」

01:14:オペレーター:シオニー・チャン:「うむ、急ピッチな補修だったが無事動いているようで何よりだな」

01:15:斉藤 綾:「後 二機 か――」

01:15:高峰リュウイチロウ:では

01:16:オペレーター:シオニー・チャン:マルチロックして5-4中心に十字砲撃だ

01:16:砲手ニウ・ザイン:「第二射準備完了です」

//5-4にセシル機がいる=早川以外が倒すとイベント分岐が発生しない為、目標を変更しています

01:18:高峰リュウイチロウ:では2-4で

01:19:砲手ニウ・ザイン:「艦長、先ほどの座標に発射すると、敵機と思わしきヴィクラマと乱戦状態の民間機がありますが?巻き込みませんか?」

01:19:高峰リュウイチロウ:「構わん、撃て……と言いたいところだが、殺るとまずいからな、ほかに敵影は?」

01:19:マツナガ・N・セイジ:「民間に被害が出るとなかなか面倒なことになりますな・・・」

01:20:オペレーター:シオニー・チャン:「高機動型から約500m西に量産型の反応が有るぞ」

01:20:高峰リュウイチロウ:「よし、ではそっちに向かって発射ッ!!」

01:20:砲手ニウ・ザイン:「了解、主砲発射します」

01:21:砲手ニウ・ザイン:2d6+14+2
MetallicGuadian : (2D6+14+2) → 8[2,6]+14+2 → 24

01:22:高峰リュウイチロウ:防壁どうぞー

01:22:くっきーGM:直撃!

01:22:砲手ニウ・ザイン:2d6+14 光ダメージ
MetallicGuadian : (2D6+14) → 8[2,6]+14 → 22

01:24:工作員:「だ、脱出を・・・うわぁ!?」

01:25:砲手ニウ・ザイン:「着弾………敵量産型機体蒸発を確認」

01:25:くっきーGM:クリナッププロセス!

01:25:グレイアム=スパーク:なぁし!!

01:25:斉藤 綾:特にありません

01:25:神月 ユウ:なぁし!

01:25:オペレーター:シオニー・チャン:「……ふむ……うーむ……なるほどなるほど……」

01:26:ズヴァット:なし

01:26:くっきーGM:3R目!

01:26:神月 ユウ:なぁし!

01:26:くっきーGM:セットアッププロセスっ

01:27:高峰リュウイチロウ:セットアップは無し

01:27:グレイアム=スパーク:ナッシング!!

01:27:斉藤 綾:ありません

01:27:くっきーGM:イニシアチブプロセス!

01:27:オペレーター:シオニー・チャン:「バ艦長、あの民間機、地味に苦戦してるぞ」

01:27:オペレーター:シオニー・チャン:「私の方でアシスト出してもいいか?」

01:28:高峰リュウイチロウ:「構わん、どうせこの戦闘で働いてるのはカクヅチクルーとニウだ」

01:28:神月 ユウ:ワタシモイルッポイ!((

01:29:神月 ユウ:ぁ、船内か(

01:29:高峰リュウイチロウ:この遠く離れた艦隊での話((

01:29:高峰リュウイチロウ:イニシアでナイトフォークをST-F7に

01:30:オペレーター:シオニー・チャン:『そこの民間機ユニオン級ッ!!』無線飛ばす(非通知

01:30:オペレーター:シオニー・チャン:『だいぶ苦戦しているようだなッ!!よければ面白い手助けをしてやろうかッ!!』

01:31:ズヴァット:「 誰かな? デートのお誘いなら これが終わった後で… 」

01:31:ズヴァット:「 手助け? 」

01:31:オペレーター:シオニー・チャン:『( -д-) 、ペッ』デートって言葉に吐き捨てる

01:32:神月 ユウ:www

01:32:オペレーター:シオニー・チャン:『斎藤ッ!!ユニオン級に接近してやれ』

01:33:オペレーター:シオニー・チャン:『ユニオンの真髄は近くの機体のハッキングだろう?今そっちに向かわせた機体の照準機能は優秀だぞ』ブツっと通信切れる

01:35:マツナガ・N・セイジ:「ハッキングとは、いやはや・・・」

01:35:斉藤 綾:「了解――」 機体をズヴァットの方に向かわせつつ

01:36:斉藤 綾:ナイトフォークの効果で セシル機のスクウェアに移動します 移動は5です

01:36:斉藤 綾:「デートするのは 私よ!」

01:36:オペレーター:シオニー・チャン:「事実だからな」

01:36:斉藤 綾:<ズヴァットに交信

01:40:ズヴァット:ヒュウ ♪  口笛一つ

01:40:くっきーGM:合体しちゃう?

01:40:ズヴァット:「 お礼に後で花束でも贈りますよ 」

01:41:ズヴァット:合体します

01:41:斉藤 綾:「そう ありがと――」 不敵に笑いつつ

01:41:ズヴァット:INでユナイトガーディアン

01:41:ズヴァット:ズヴァット の ENが 4 減少 (EN:23→19)

01:42:ズヴァット:ST-Fが上空を通過すると同時にジャンプ

01:43:ズヴァット:ST-Fを背負うような形に合体する

01:43:くっきーGM:では~・・・メインプロセス!

01:44:斉藤 綾:「器用ねぇ 振り落とされないよう気を付けなさい」

01:48:斉藤 綾:待機します

01:50:くっきーGM:ではねくすとー

01:50:ズヴァット:では 

01:50:ズヴァット:MV MN 無し

01:51:ズヴァット:「 すごいな さすが、最新鋭機 これなら 」

01:51:ズヴァット:フィールドセイバーで攻撃

01:51:スティール=セシル:「どこいった!?」(見失っている)

01:51:ズヴァット:ズヴァット の ENが 3 減少 (EN:19→16)

01:52:ズヴァット:2d6+13 ST-Fの能力にエイミングを追加
MetallicGuadian : (2D6+13) → 6[2,4]+13 → 19

01:52:ズヴァット:ひっく

01:52:神月 ユウ:どうする?

01:53:ズヴァット:振り直しできます?

01:53:神月 ユウ:オーライッ! シュンペイさんにリトライ! 2HP消費!

01:53:ズヴァット:サンクス

01:54:ズヴァット:2d6+13
MetallicGuadian : (2D6+13) → 9[3,6]+13 → 22

01:54:神月 ユウ:グッド!

01:54:ズヴァット:ヨシッ

01:54:スティール=セシル:ねーねーGM-

01:54:スティール=セシル:振ってもいい?

01:54:くっきーGM:なーにー

01:54:くっきーGM:いいよー

01:54:スティール=セシル:わーい

01:54:スティール=セシル:2d6+12 そーれー
MetallicGuadian : (2D6+12) → 8[3,5]+12 → 20

01:55:くっきーGM:ひっと!

01:55:スティール=セシル:おめでとう!

01:55:ズヴァット:「 OK 神月さん 」 と、なんらかのアドヴァイスを受けて攻撃した感じで < リトライ

01:56:スティール=セシル:「!!まずっ!あた・・・・うわぁぁぁぁぁ!!」

01:56:くっきーGM:だめーじどうぞ

01:57:ズヴァット:2d6+9 光ダメージ
MetallicGuadian : (2D6+9) → 4[1,3]+9 → 13

01:57:くっきーGM:撃退!

01:57:ズヴァット:素早い太刀さばきで切り裂く

01:58:くっきーGM:☆イベント発生☆

01:59:くっきーGM:攻撃によりセシル機のバーニアが故障し、ズヴァットの機体を巻き込むように吹き飛ばされる

01:59:くっきーGM:合体を強制解除しPC1とPC2は退場する

01:59:スティール=セシル:「あぁ!バーニアが!!なにすんだ・・・・・だだだだだ?うわぁぁぁぁぁ!!」吹っ飛ばされる

02:00:マツナガ・N・セイジ:「・・・目標を見失いました。民間機も巻き込まれたようです」

02:01:斉藤 綾:「ち――」 吹き飛ばされたのを確認し

02:01:斉藤 綾:舌打ちをする

02:01:神月 ユウ:「! シュンペイぃーッ!?」巻き込まれを視認して

02:01:オペレーター:シオニー・チャン:「モニタリングを続けるぞ」

02:01:斉藤 綾:「こちらでも 捜索を続けます」

02:02:高峰リュウイチロウ:「ニウ、ご苦労だった、カクヅチと共に下に降りて来い」

02:02:くっきーGM:シーンエンド

//セーブが挟まって別日程になります

20:55:くっきーGM:○シーン8 敵と二人っきり(PC2)+PC1

20:57:くっきーGM:▼描写1
ブースター暴発により吹き飛ばされたセシル
ヴィクラマは大破しており動きそうにもない
その下敷きになるように先ほどまで戦っていた・・・早川のズヴァットが横たわっていた・・・

20:59:スティール=セシル:「・・・ここは・・・どこだろ・・・」

21:00:スティール=セシル:「・・・あー!!!おもちゃ壊れてる!!!ちくしょー・・・」

21:00:くっきーGM:深い森の中だ。救援も来るかどうか怪しい

21:03:スティール=セシル:「メインカメラ・・・だめ・・・・ブースター・・・もちろんダメ・・・もうっ!!」

21:04:スティール=セシル:「僕はこういうの!得意じゃ!!ないのっ!!!」レバーをガチャガチャやってる

21:05:スティール=セシル:「サブカメラ・・・・わっ!!うつった!!!感激!!」

21:05:くっきーGM:早川としても、大破はしてないもののヴィクラマの残骸が邪魔で機体を動かせる状態ではない。

21:06:スティール=セシル:「なに・・・かが下に下敷きになってる・・・」

21:06:早川 俊平:機体から外に出る事は 可能でしょうか? > GM

21:07:くっきーGM:可能です

21:07:早川 俊平:「 ちっ…、 これじゃあ何ともならんか 」

21:08:早川 俊平:ぐぐぐっ と相手の機体を持ち上げ抜けだそうとするが、動けるほどの隙間は出来ず

21:08:早川 俊平:「 仕方ない 」

21:09:早川 俊平:ハッチを開けて 外に出ます

21:09:スティール=セシル:「・・・・・・!?」

21:09:スティール=セシル:「なんで・・・・?」

21:09:スティール=セシル:「なんで『おもちゃ』に人が乗ってるの?・・・・・」

21:10:スティール=セシル:「人が乗ってるのっておかしいじゃないか・・・・」

21:10:早川 俊平:外からセシルの機体のハッチを開ける事は可能でしょうか

21:10:スティール=セシル:「僕だけがおもちゃに乗ってるはずでしょ・・・・!?なんで!!ねぇなんで!!!」

21:11:くっきーGM:勿論可能ですよ<外からセシルのハッチをあける

21:11:スティール=セシル:「博士はなんで・・・・・!?」

21:12:早川 俊平:じゃあ 外からロックを解除してハッチを開けます

21:12:スティール=セシル:「・・・さっきの人が来てる・・・」

21:12:早川 俊平:「 よう、坊や 」

21:12:スティール=セシル:拳銃を構えてるセシルがいます

21:12:早川 俊平:こちらも、もちろん構えてますよ

21:12:スティール=セシル:「くるなぁ!!!!」

21:13:早川 俊平:「 大人しく、表に出な それとも、そこで 脳みそ、ぶちまけたいかい? 」

21:14:スティール=セシル:「何言ってるんだよ!!それよりなんでお前おもちゃに乗ってたんだ!!」

21:14:スティール=セシル:「おもちゃに乗ってるのは僕だけだって博士が言ってたんだよ!!」

21:14:スティール=セシル:「それなのになんで!!!」

21:15:早川 俊平:「 やれやれ… 坊やだと思っていたが 本当に、お子様だ 」

21:16:早川 俊平:あきれるような笑みを浮かべ 肩をすくめる

21:16:早川 俊平:「 さぁ ごちゃごちゃ言ってないで 出てこいよ 」

21:16:スティール=セシル:「っっっ!!!!」拳銃の引き金に指をかけます

21:17:スティール=セシル:「撃つぞ!!撃っちゃうぞ!!」

21:17:早川 俊平:格闘技の心得 で、セシルの腕を掴み 引きずり出そうとしますよ

21:18:くっきーGM:ふむ・・・まぁ、面と向かって人殺したことなくて混乱しているセシルと冷静な早川だとどっちが勝つかは一目瞭然かな

21:18:スティール=セシル:GM

21:18:くっきーGM:はい

21:19:スティール=セシル:それはセシルがその能力を生かしてもダメですか?

21:19:早川 俊平:撃つならどうぞ

21:19:早川 俊平:血を流してあげますよ

21:20:くっきーGM:なにかしたいなら宣言するといいとおもいますよ。結果を決めるのはGMですが!

21:21:スティール=セシル:じゃあセシルは生まれ持った超人的能力によってそのつかもうとしている腕を払いのけ、機体の外に出ようとしますがよろしいでしょうか

21:21:早川 俊平:狭い出入り口には 早川が陣取ってますが

21:22:くっきーGM:手を払いのけるまでは出来るけど、早川も横を抜ける時に行動できますね

21:23:早川 俊平:じゃあ首に腕を回して 羽交い締めに出来ますかね?

21:23:くっきーGM:うーん、では互いに判定してみよっか

21:23:スティール=セシル:了解です

21:23:くっきーGM:2d6+体力 大きい方の勝ち

21:24:早川 俊平:2d6+4 体力
MetallicGuadian : (2D6+4) → 7[2,5]+4 → 11

21:24:スティール=セシル:2d6+3
MetallicGuadian : (2D6+3) → 10[4,6]+3 → 13

21:24:くっきーGM:では・・・セシルは超人的な肉体をもってして早川を振りほどいて外に出たよ

21:25:早川 俊平:「 …、っと 素早いガキだ 」

21:25:スティール=セシル:「…」セシルは拳銃を捨てて、両手を上げます

21:26:早川 俊平:「 何の真似だい?  坊や 」

21:26:早川 俊平:警戒して 様子を見ます

21:27:スティール=セシル:「出    た    よ   !!その代わり、教えてくれよ、何で乗ってたのかさ!!」

21:27:早川 俊平:「 あれが俺の相棒だから それ以外に理由がいるかい? 」

21:28:スティール=セシル:「それじゃあわからないんだよ、僕はあれに人間が乗ってるなんて知らされてないし、知らなかった!!」

21:29:早川 俊平:「 じゃあ、坊やは なぜ、こいつに乗っているんだ? そして、なぜ盗みなんて働いていた 」

21:30:スティール=セシル:「僕は博士に選ばれた!!だから乗ってる!!!でもお前みたいなのは研究所じゃ見ていない!!!」

21:30:スティール=セシル:「お前はなんなんだ!!僕は一体・・・・」

21:30:早川 俊平:「 当たり前だ 俺は、研究所になんて 所属してないからな 」

21:30:早川 俊平:「 坊や、名前は? 」

21:31:早川 俊平:「 俺は 早川 俊平 ( はやかわ・しゅんぺい ) 」

21:32:スティール=セシル:「セシル!!!僕はスティール=セシル!!7番目に選ばれたセシル達の一人だよ!!」

21:32:早川 俊平:素直にしゃべり始めたので ハッチの出入り口に腰掛けて足を組みます

21:33:早川 俊平:そして、拳銃をしまいつつ

21:33:スティール=セシル:「・・・早川、お前のほかのやつにも人が乗っていたのか!?」

21:33:早川 俊平:「 ほう 名前はあるんだな 無いかもしれと思ったぜ 」

21:34:早川 俊平:「 ほう 名前はあるんだな 無いかもしれないと思ったぜ 」

21:35:早川 俊平:「 当たり前だ 一部の機体を覗いて ガーディアンやミーレスには みんな、人が乗っている 」

21:35:スティール=セシル:「嘘だ!!!嘘だ嘘だ嘘だ嘘だ嘘だ嘘だ嘘だ嘘だ・・・・・ウソダアアアアアアア!!!!!」

21:36:スティール=セシル:「そんなの・・・嘘だ・・・・だって・・・・」

21:36:早川 俊平:「 目の前の俺を見て そんな事が言えるかい? 」

21:37:スティール=セシル:「機械人形はすべて敵!!すべて!!!敵に人などのってないしいない!!」

21:37:スティール=セシル:「それが・・・・それが博士の言っていたことじゃないか…」

21:37:早川 俊平:「 で? 俺の質問にも答えてもらおうか なぜ、 」

21:37:早川 俊平:「 なぜ、盗みなんて働いた? 」

21:38:スティール=セシル:「うわああああああああああああああああ!!!」拳銃を拾い上げ頭に当てようとします

21:39:早川 俊平:じゃあ 素早く近づき セシルの手首にチョップ

21:39:スティール=セシル:拳銃を落とします

21:39:早川 俊平:銃を取り落とさせられるかな それとも。これも判定?

21:40:くっきーGM:落とされたみたい チョップ成功

21:40:早川 俊平:「 何しているんだ、この野郎! 」  胸ぐらを掴んで ビンタを1発

21:41:スティール=セシル:「やめてよ…僕はとんでもないことを・・・!!」

21:41:スティール=セシル:動じていない<ビンタ

21:41:早川 俊平:「 死んで 全てが済むと思ってるのか! 」

21:42:早川 俊平:「 お前がした事は取り返しの付かないことだが、だからこそ生きて償いをしなければいけないんだ! 」

21:42:スティール=セシル:「じゃあどうすればいいんだよ!!」

21:43:スティール=セシル:「償う方法はないよ!!僕ができるのは機械を壊すことと人をあやめることだけだ!!」

21:43:スティール=セシル:「そんなので償えるか!!!!」

21:43:早川 俊平:「 俺に付いてこい まずは、その博士とやらの名前 研究所の場所 知ってることを洗いざらい、しゃべってもらう 」

21:44:早川 俊平:「 じゃあ、お前が死ぬ事で償えるのか? 」

21:44:スティール=セシル:「っ・・・・」

21:44:早川 俊平:「 お前が死んでも、お前が殺した奴は戻って来ないんだよ 」

21:44:スティール=セシル:「言っとくけど、俺はどんな拷問でも口は割らないよ」

21:45:早川 俊平:「 償うんじゃないのか? 」

21:46:スティール=セシル:「味方の情報はいて味方が死んだら償えないじゃないか!!!」

21:46:早川 俊平:「 その味方は お前を騙していたんだぜ 」

21:46:スティール=セシル:「だから?」

21:47:早川 俊平:「 庇うのか? 」

21:47:早川 俊平:「 そして 7番目だって言ったな お前が死んだら8番目が作られて 同じ事をさせられるだろうな 」

21:47:スティール=セシル:「言っとくけど・・・味方に騙されるなんてよくあったよ、でもそいつらみんな何も言わなくなったよ!!」

21:48:早川 俊平:「 それで良いのか? 」

21:48:スティール=セシル:「ふっ」鼻で笑います

21:48:スティール=セシル:「八番目どころか・・・・もう両手で数えれないくらいいるんだよ・・・」

21:49:スティール=セシル:「研究所や僕の兄弟のことは言えない」

21:49:スティール=セシル:「だけど!!・・・だけど・・・僕は・・・・」

21:50:スティール=セシル:「僕は裏切るよ」

21:50:スティール=セシル:「今回の件でわかった、博士は僕を木偶としか見てないって」

21:51:スティール=セシル:「だからって博士は裏切れない・・・けど組織は裏切ってやってもいい」

21:53:スティール=セシル:「僕はディスティニーに所属している、スティール=セシルだ。まず、今回の作戦は・・・」自分の素性、自分の生まれ故郷のラーフの情報以外、洗いざらい話し始めます

21:54:早川 俊平:では それを端末に音声録音します

21:55:くっきーGM:そんなところかな。ではシーンエンド

//すごくgdってる…説得を判定にしていないGMのミスです・・・

21:00:くっきーGM:【艦内】※シーン外RP

21:01:くっきーGM:斎藤のST-F及び、ついでに神月のシュロットも収容してどうしたものかの状態

21:03:整備員:「機体各部異常なし。それはいいとして・・・なんだこのつぎはぎは」困惑

21:03:斉藤 綾:「燃料の問題もあり 民間機の捜索を中止して帰艦しました」 一応モニター越しに上に報告

21:04:神月 ユウ:「…何か流れで収容されちゃったけど、良いのかなぁコレ…」機体内で首かしげつつ

21:05:マツナガ・N・セイジ:「ええ、燃料補充次第捜索に向かってもらう事になりますから、お願いします。民間人を巻き込むのは心苦しいので」

21:05:神月 ユウ:なお、一部は強引に追加装甲を溶接しており、明らかに無茶にも程がある機体。コーティングマントで背中を隠すぐらいには(

21:05:斉藤 綾:「了解しました――それで もう一人の民間人の方はどうしたものでしょう?」

21:06:斉藤 綾:「こちらとしては 状況把握も込めて 話を聞きたいのですが……」

21:06:マツナガ・N・セイジ:「という事ですが、降りてきてもらっても」ユウに声を掛ける

21:07:神月 ユウ:「ぁ! そうだ! シュンペイの機体が何か爆発してふっとんでー!?」あわあわ

21:07:斉藤 綾:「すみません――」 こちらも機体から降りつつ ユウに頭を下げる

21:07:神月 ユウ:「ふぇ? ぁ、ぅ、うん、わかったっぽい」声掛けられて返事しつつ、機体の装甲を開けようと

21:08:神月 ユウ:「……ありゃ? さっきので何処か歪んじゃったのかな……ぽいっ!ぽぉいッ!!」ガスガスと内側から蹴る音(

21:08:斉藤 綾:「手伝いましょうか?」<ユウに

21:09:神月 ユウ:「大丈夫大丈夫~、いつもの事だから~。…せぇ~のッ!」ガスゥッと思いっきり蹴ってハッチを開かせて

21:10:整備員:「強引すぎるだろ!」

21:10:斉藤 綾:「結構 荒っぽい開け方ねぇ」 苦笑交じりに 手馴れてるなぁ って思いつつ

21:10:神月 ユウ:「ふぃ~、やっと開いた~…。ぁ、どうもこんにちはー」開いた(?)ハッチから顔出しつつ手を振って

21:12:神月 ユウ:「あははは、この子(シュロット・アグレガート)って結構堅いから大~丈夫ッ! よいしょっ」ぴょーんっと降りて

21:12:斉藤 綾:「こんにちは 私は連邦軍のこの艦隊の所属の 斉藤 綾と申します」 自己紹介

21:12:マツナガ・N・セイジ:[]

21:12:斉藤 綾:苦笑交じりだった時はフレンドリーな表情だけど 今はちょっと硬い

21:13:マツナガ・N・セイジ:「参謀のマツナガです。艦長は現在オペレーター共々叱られておりますので少々お待ちを」

21:15:斉藤 綾:「んー なんか ごたごたが…… 私もこれ(叱られてる)を『いつものことね』って言えるほど この艦に馴染んでないのよね」 軽く笑いつつ

21:15:神月 ユウ:「…ぇ、連邦軍の船なのコレ!? わ、私はガーディアン犯罪対策捜査二課所属の神月ユウですッ!」敬礼しつつ

21:15:斉藤 綾:「ふむ――ということは 厳密には公人ってわけねぇ」<ユウ

21:16:マツナガ・N・セイジ:「いえ、斎藤さんは連邦から派遣してきていただいているのでして、この船はフォーチュン所属ですよ」

21:16:神月 ユウ:「そうっぽい?」首を傾げて<綾さん

21:16:斉藤 綾:「そうね」 頷く<ユウ

21:18:斉藤 綾:「出向してる身 って そういうところが中途半端なのよね~」

21:18:神月 ユウ:「ぁ、フォーチュンの所のだったんだ~。よかった~……また怒られるかと思った~…」空砲なしに実弾連射した警察官(

21:19:斉藤 綾:「また ってことは 結構大事の事件に巻き込まれるのは 多い方かしら?」<ユウ

21:21:神月 ユウ:「そんなに大きな事件には出くわした事はないけど~……ミーレス犯罪した人を捕まえてるだけなのに、何故かいっつも怒られるっぽい」大体は被害報告

21:22:斉藤 綾:「ま まぁ 下っ端ってのは そんなものよ……私も似たような感じだし……」 始末書

21:23:神月 ユウ:「ほへぇ~…軍人さんも警察も、どこも同じなんだねぇ~…」謎の共感である(

21:23:斉藤 綾:「まあ 宮仕え? には違いないしね~ あるあるよ~」

21:26:神月 ユウ:「下っ端に厳しい世の中なんだねぇ~…むむむ」

21:26:マツナガ・N・セイジ:「まぁ私も似たようなものですから」

21:27:神月 ユウ:「あははは~…って、そうだッ!? シュンペイがどこに飛んじゃったか分かる人いますかー!?」和んでて何か頭から微妙に飛んでた子(

21:27:神月 ユウ:※警察官

21:27:斉藤 綾:「ま その辺は どこも同じ ってわけね 艦長レベルになっても世界的にはまだまだ下っ端か~」 上見上げつつ

21:28:マツナガ・N・セイジ:「方向的には分かりますが・・・」

21:28:斉藤 綾:「捜索はしたんだけど――燃料の問題もあって 一旦戻ってきちゃったし」

21:29:斉藤 綾:「戦ってたのは 多分ディスティニーよね……」

21:29:マツナガ・N・セイジ:「あの方向はディスティニーが固定砲台を設置している辺りですね。厄介な場所に飛ばされました」

21:30:斉藤 綾:「ふむ――」<固定砲台

21:30:神月 ユウ:「うぅ~…あそこなんだ~…。…まぁシュンペイなら大丈夫とは思うけど、やっぱり心配するなぁ…」へにょんっと耳っぽいはね毛が垂れ下がりつつ

21:31:斉藤 綾:「この艦を苦しめた部隊の拠点?ってところ?」<固定砲台のある場所

21:31:マツナガ・N・セイジ:「しかし斎藤さんのSF-Tならば、特に被弾せずに突破できるとみております」

21:31:くっきーGM:その為に足の速い機体を増援で読んだからねっ

21:31:斉藤 綾:「その人のこと 詳しくは知らないけれど 会話した限りだと タフそうだから救出に行くまで大丈夫よ」<ユウ

21:32:マツナガ・N・セイジ:「ええ、盗まれたガーディアンもきっとそこに」

21:32:斉藤 綾:「ま 日頃の耐G訓練の見せ所ね」<突破

21:33:神月 ユウ:「うん、時々何か言ってる事分からないけど、すっごいタフッ! 後御飯美味しいッ!」

21:33:神月 ユウ:「シュンペイの事、宜しくお願いします!」ペコリと一礼<綾さん

21:34:斉藤 綾:「一日に 二回もアトラクション(射出出撃のこと)楽しむのは あんまりないけど たまにはいいんじゃないかしら?」 笑いつつ

21:34:斉藤 綾:「わかりました 必ず無事に救出いたします」<ユウに一礼して

21:35:神月 ユウ:「…あ”、そうだった。盗まれたガーディアンも取り返さないといけないんだったッ!? 後、犯人もボッコボコにして捕まえないとッ!」

21:35:整備員:「そこ忘れるとこなの!?」

21:36:神月 ユウ:「…えへへへ」笑って誤魔化す(テヘペロ

21:36:斉藤 綾:「あ そういえば その機体盗んだ奴 どんな奴?」

21:40:神月 ユウ:「ぁ、うん。何かこの辺りじゃみないちっちゃい子供と~…黒尽くめの服装の人?」超アバウト

21:41:マツナガ・N・セイジ:「子供・・・ふむ」

21:42:斉藤 綾:「なるほどねぇ~」

21:42:神月 ユウ:「良く分かんないけど、おかーさんを知らないっていうし、免許ないのに運転するし、良く分からないっぽい」

21:42:斉藤 綾:「孤児か試験管ベイビーでしょうか?」

21:43:斉藤 綾:<マツナガ

21:43:マツナガ・N・セイジ:「捕まえてみない事には何とも言えませんね。・・・そろそろ補給も終わったようです。では頼みます」

21:43:神月 ユウ:「???」脳内で思い描くは、試験管に手足が生えた謎の生物(<試験管ベイビー

21:44:斉藤 綾:「わかりました 正直 自分でも言い過ぎました」<推測

21:44:神月 ユウ:「とりあえず捕まえれば万事解決なのは良く分かりました!」

21:45:斉藤 綾:「ま それが 一番!」<捕まえれば解決 ウィンクしつつ

21:47:神月 ユウ:「ぽい! ぁ、それじゃ私はシュロットの点検して待ってるね! リョウさん、頑張ってねー!」はね毛がぴょこんっと立ちつつ

21:48:斉藤 綾:「じゃ 私は行くわね」<なんか ユウと親しくなったって思ってるっぽい(おぃ

21:49:神月 ユウ:温かいご飯食べさせて貰えればモリモリ上がるよ((

21:49:斉藤 綾:料理は簡単なのしか作れない ある程度は美味しいけれど

21:49:斉藤 綾:サンドウィッチとか そんなの

21:50:神月 ユウ:大丈夫、温かいの定義は温度じゃないから(

21:50:斉藤 綾:温かいご飯(冷や汁)

21:50:早川 俊平:冷やし中華 始めました

21:51:神月 ユウ:食べたい時期だ(

21:51:神月 ユウ:「いってらっしゃ~い」見えないだろうけど手をブンブン

21:46:くっきーGM:○シーン9 単独偵察(PC3)

21:47:くっきーGM:▼描写1
行方不明の早川捜索の為に期待に乗り込む斎藤
瞬間射出鏡導艦カクヅチにスタンバイされ待機状態

21:49:マツナガ・N・セイジ:「では頼みますよ。射出!」

21:51:斉藤 綾:「スタンバイ OK 斉藤 綾 出ます!」

21:51:くっきーGM:とてつもないGが掛かりまたも吹き飛ぶように

21:53:くっきーGM:景色が横に流れていく。途中砲台の殆どを避けたが

21:53:くっきーGM:いくつかミサイルはついてきたようだ。判定いってみよう!

21:54:くっきーGM:回避力で12以上かな・・・?

21:55:斉藤 綾:「ッ――!厄介な――!そんなに私に興味あるのね――」 軽口を言うが 顔は真剣

21:55:斉藤 綾:では 判定行きます

21:55:斉藤 綾:2D6+7 回避判定
MetallicGuadian : (2D6+7) → 8[2,6]+7 → 15

21:56:くっきーGM:ふっつーに避けられるこの。所詮ただの追尾ミサイルではとらえきれなかったようだ。華麗に回避

21:56:斉藤 綾:「……(今回は何とかなったわね)」 次に備える

21:57:くっきーGM:すると煙の上がっている個所を見つける

21:58:斉藤 綾:「――!(何かしら?)」 データを取るよう カメラを操作し 艦に映像を送る

21:59:くっきーGM:ヴィクラマと・・・目標のズヴァットが見えるよ

21:59:斉藤 綾:「こちらST-F007 煙のようなものを発見しました」 映像は送れますかね?

21:59:くっきーGM:ヴィクラマが上に被さって邪魔しているみたいだ

22:02:くっきーGM:PC1とPC2の登場難易度は8 だよ

22:02:斉藤 綾:「ST=Fよりカクヅチへ 流された民間機とディスティニー所属と思われる機体を発見いたしました」

22:02:斉藤 綾:「着陸して調査してもよろしいでしょうか?」

22:03:マツナガ・N・セイジ:「頼みます」

22:03:スティール=セシル:2d6+3>=8 登場
MetallicGuadian : (2D6+3>=8) → 7[3,4]+3 → 10 → 成功

22:03:斉藤 綾:「了解――状況がわからないため 細心の注意を払います」

22:04:スティール=セシル:「---以上が僕の知ってる限りの情報だよ。そのちんけな機械端末に十分録音できたかな?早川!!」

22:05:くっきーGM:めっちゃ偉そう・・・

22:05:斉藤 綾:着陸し 機体内で拳銃や通信機器の装備を素早く確認

22:05:早川 俊平:2d6+3 登場
MetallicGuadian : (2D6+3) → 7[2,5]+3 → 10

22:05:スティール=セシル:そりゃ途中から録音されてるのわかってたからねぇ

22:06:早川 俊平:「 あぁ、なんなら 24時間しゃべり続けてもらって構わないぜ 」

22:06:斉藤 綾:そしたら 機体から降りて 銃を構えて 周囲を目視と 音で確認

22:06:早川 俊平:しゃべり始めたら 目の前で分かるように録音し始めましたよ

22:06:スティール=セシル:「冗談がすぎるよ・・・・っと、君の味方かな?」

22:07:早川 俊平:「 冗談じゃない その程度の記憶容量は、あるってことさ 商売道具なんでね 」

22:07:くっきーGM:なにやら2人が言い合っているのが聞こえる<斎藤

22:07:スティール=セシル:呆れてます

22:08:斉藤 綾:「お取込み中悪いわね――」 銃を構えて 体格が小さい方に向ける

22:08:早川 俊平:「 やぁ、お嬢さん あいにく 花束は、まだ用意出来てないんだ 」

22:09:早川 俊平:そう言ってウィンクをする

22:09:スティール=セシル:「ずいぶんと手荒な歓迎だな!!フォーチュンってのはみんなこうなのかい?」

22:09:くっきーGM:ユウの言った通りちっちゃい子供だ。窃盗事件に関与しているのは間違いないだろう

22:10:斉藤 綾:「ありがと 離れるなって言ったのに離れるから とんだ移り気さん って思ってたけれど 悪くわないわ」<ウィンクで返す

22:10:早川 俊平:「 いい加減にしな、坊や 自分のした事を思い出して、少しは殊勝にするんだな 」

22:10:斉藤 綾:「んー」

22:11:スティール=セシル:「僕悪いことしてないはずだもん」腕くんでます

22:11:斉藤 綾:「で この子が例の子なのね……」 銃を向けつつ

22:11:早川 俊平:「 とりあえず…、 」  かくしか、と  今、聞いた内容を かいつまんで斉藤さんに話しましょう

22:11:斉藤 綾:「いや 私は現場ではどっちが正義とか悪とか そういうのは考えないたちなの――」

22:11:スティール=セシル:「言っとくけど、撃ったって当たらないよ、そういう風に体が作られてるから」

22:12:斉藤 綾:「貴方は我々と 敵対してるはず――だから 危険と判断し狙ってる それだけよ」

22:12:スティール=セシル:「すでに投降済みですよ、ごくろうさん!!」

22:12:早川 俊平:「 詳しくは、ここに 」 と、端末を見せて 録音してる事を示します

22:13:早川 俊平:「 そうかい  じゃあ後は好きにしな 」

22:13:早川 俊平:「 必要な情報は得られた 」

22:13:スティール=セシル:「・・・待ってよ」

22:13:斉藤 綾:「ありがと それ結構硬い花束ね」<録音機受け取り

22:13:早川 俊平:「 これ以上 協力する気がないなら邪魔なだけだ 」

22:14:早川 俊平:「 後ろから撃たれるのは、性に合わないんでね 」

22:14:斉藤 綾:「投稿したのは本当なの?」<やけに悪態つくし 当らんとか言うし

22:14:スティール=セシル:「償いはやるって言ったろ、・・・人殺ししかできないからだだけど、やらせてよ」

22:14:斉藤 綾:投降

22:14:早川 俊平:「 どうします? 」 と、斉藤さんに

22:15:斉藤 綾:「投降したものの償いは 刑罰で決められるべきよ――社会の制度で決まってるの 貴方はそうでもいいかもしれないけれど 他人が困るの」

22:16:斉藤 綾:「どうします? といわれても……投降したのが本当なら武装解除して縛るとしか」

22:16:斉藤 綾:「正直 なんか 投降したように思えなくて……」

22:17:スティール=セシル:「じゃあそうしなよ、いっとくけど僕は何もされなくたってそっちに素直についていくよ」

22:17:早川 俊平:「 俺もだ 」

22:17:くっきーGM:縛る?

22:17:斉藤 綾:縛ります

22:17:早川 俊平:手のひらを天に向けて肩をすくめて

22:17:くっきーGM:では縛った・・・その時

22:17:くっきーGM:▼描写2
突如として空に影が出来る。
別のヴィクラマが一機、音もなく近づいていた。
そしてそれはセシルに手を伸ばす。

22:18:スティール=セシル:「・・・けっ!」拳銃でメインカメラを破壊しようとします

22:18:チャン・キリー:「おい、迎いに着てやったぞガキ!はやくこっちにこい!」

22:18:早川 俊平:「 くっ…、 」  地面と水平にジャンプ 回転レシーブのように転がって ヴィクラマの方を見ます

22:19:スティール=セシル:できますか?GM

22:19:くっきーGM:セシル縛れてるからね(

22:19:スティール=セシル:そうだった(

22:20:斉藤 綾:「――!」 とっさにセシル抱えて 距離を取る

22:20:スティール=セシル:じゃあ「…よくも!!!僕の心で!!!遊んでくれたな!!!チャン!!!!」

22:21:チャン・キリー:「手間かけさせんじゃねぇ!任務もまともにできない程度の分際で!」

22:21:スティール=セシル:「お前は信じない!!!お前は僕に人殺しまで命令した!!だからお前は敵だ!!」

22:22:斉藤 綾:「――ッ(そう来ちゃったか~)」 内心軽口をたたいて 平常心を保とうとする

22:22:スティール=セシル:「どっかいけ!!あっかんべーっだ!!」

22:22:チャン・キリー:「てめぇ・・・後悔するぞ・・・!」

22:23:スティール=セシル:「さ、早く今のうちに!!」

22:25:くっきーGM:斎藤さん、機体に乗り込んでこのヴィクラマぶっ壊していいのよ 演出で

22:25:斉藤 綾:もう動けなさそうな方?

22:25:斉藤 綾:<壊していい

22:25:くっきーGM:チャンが乗ってる方

22:25:斉藤 綾:了解

22:27:スティール=セシル:「大体お前は気に食わなかったんだ!!口はくさいし!腕はいまいちだし・・・・えーと・・・・えーと・・・・ばか?だし!!」適当に汚い言葉言ってチャンを挑発します

22:27:斉藤 綾:「さ――こっち来てね~」 セシルをジャンプしつつ物陰に放り投げて その態勢のまま 機体に乗り込み

22:27:チャン・キリー:「はぁ!?なんだとコラァ!?」

22:28:斉藤 綾:「――」 乗り込んだ直後に側面のマシンガンでヴィクラマを狙います

22:28:チャン・キリー:「がぁ!?」油断しすぎにより機体が中破。脱出装置で逃げる

22:29:スティール=セシル:「やーいばーかばーか!!にどとくんなすっとぼけー!!」

22:29:斉藤 綾:「……なんとか なったわね」

22:29:斉藤 綾:「あんた何にもしてないでしょ? 事態悪化させてどーすんのよ」 呆れつつ

22:30:スティール=セシル:「おとりになって油断させたじゃないか!これも戦略のうちの一つだね:

22:31:斉藤 綾:「あのね……私があんたを縛った直後にあんな発言したのよ? 判断によっちゃ 私殺して逃げる計画を生み出した って思われるわよ?」

22:31:早川 俊平:「 ほっとけよ、もう 」

22:32:早川 俊平:「 悪いことをしたって自覚が、まったく無いんだ 処置無しさ 」

22:32:斉藤 綾:「まあ 情報の録音は入手したし――それでOKかしらね」<俊平

22:33:斉藤 綾:「んー ちょっと あのぶっ壊れてるヴィクラマ壊していい?貴方の機体あれじゃ動けないでしょ?」

22:33:スティール=セシル:「・・・そんなわけないでしょ、お前も早川の仲間なんだろ?ころさないよ」

22:33:早川 俊平:「 それで、こいつをどかしてくれないか? 俺の機体が下敷きになっていてね 」

22:33:早川 俊平:と、セシルの機体を指さし

22:33:斉藤 綾:「了解」 壊せますかね?

22:33:スティール=セシル:「いいよ、どうせ今の僕にはいらないよ」

22:34:斉藤 綾:「ま どの時点のぼくちゃんでも 使えないわね」

22:34:斉藤 綾:「あそこまで 壊れてちゃ」

22:34:くっきーGM:壊せるよー

22:34:斉藤 綾:「では」 マイナーでロボット形態に

22:35:斉藤 綾:腕を使用して どかします

22:35:斉藤 綾:どかした後に マシンガンで念入りに破壊(一応動いたら 困るから)

22:35:くっきーGM:ぽいとどかされて、ズヴァットは行動できるようになる

22:35:くっきーGM:セシルのヴィクラマは爆発四散!

22:35:早川 俊平:「 サンクス 」

22:35:斉藤 綾:[

22:36:斉藤 綾:「うし じゃ 戻すね」 機体を戻せます?

22:37:くっきーGM:戻せるー

22:38:斉藤 綾:戻したら 本部(カクヅチ)に連絡できます?」

22:38:斉藤 綾:」 いらない(

22:38:くっきーGM:連絡とって撤収かな

22:39:斉藤 綾:「こちら ST-F 斉藤 民間人及び機体強奪の実行犯を確認しました」

22:40:斉藤 綾:「同時に 実行犯の肉声の録音も入手しましたので そちらに送信いたします」

22:40:斉藤 綾:「なお 実行犯の回収に来た 敵機と交戦――指令お願いいたします」

22:40:高峰リュウイチロウ:『そうか、了解した。では犯人の身柄拘束後、帰投せよ。合流ポイントは最初に斉藤が加入したあそこだ。地上に居るからそのままオモイカネまで連れてくるように』

22:41:斉藤 綾:「了解いたしました――」

22:42:斉藤 綾:「ということで――デートの続きね 今度は離れないで頂戴」<俊平

22:43:早川 俊平:「 かしこまりました レディ その前に、お名前を 」  と、おどけた調子で

22:43:斉藤 綾:「あ そうね 斉藤 綾 覚えておきなさい――」

22:44:早川 俊平:「 俺は、早川俊平 一介の探偵さ 」

22:45:くっきーGM:シーンエンド

22:29:くっきーGM:○シーン10 処遇(PC4)+PC5

22:29:くっきーGM:▼描写1

22:29:くっきーGM:艦内にて
送られてきた映像はセシルが投降したというものであった
彼をどうするか という話にもなる

22:30:マツナガ・N・セイジ:「本当に子どもなのですな。」

22:30:高峰リュウイチロウ:「ま、今時珍しいことでもあるまい」

22:30:神月 ユウ:「ぁ!この子だこの子!」映像に指差しつつ

22:32:神月 ユウ:シュロット(鉄屑)の修理は途中から整備班に丸投げしてやってきた感じ

22:32:整備員:整備員はパーツの規格が部分ごとに違うから泣いてるぞ!

22:32:オペレーター:シオニー・チャン:「しかしだ、あの民間人から身柄を引き渡されたのが斎藤となれば、あの小僧の処遇は我々が決められるということになるな」

22:33:神月 ユウ:「ぇ、警察に送るんじゃないの?」首を傾げて

22:34:オペレーター:シオニー・チャン:「たわけ、ガーディアン窃盗事件だぞ。しかもあのヴィクラマを見るにディスティニーが絡んでいること間違いなしだ」

22:34:オペレーター:シオニー・チャン:「ならば警察なんぞよりも我々軍閥の範疇なのさ」

22:35:神月 ユウ:「んー…? んー…、……そーなの?」マツナガさんとリュウイチロウさんみつつ

22:35:高峰リュウイチロウ:「しかもモニターに最後に映ったヴィクラマのリンケージの声。あの奇襲仕掛けてきたくそったれだ」

22:36:高峰リュウイチロウ:「つまり、あの小僧から情報提供を受け取れば、あのディスティニーを殲滅する難易度が下がるかもしれんということ………警察なんぞに身柄は渡せんな」

22:37:マツナガ・N・セイジ:「彼をどうするか・・・ということより、まだ捕まえていない本体をなんとかしたいというのは同意ですね」

22:37:神月 ユウ:「むぅ~……でもそうなるとまた怒られる~…犯人捕まえないとうち(二課)も危ないし」

22:37:砲手ニウ・ザイン:「jud. 神月様」

22:38:神月 ユウ:「ぽい? なーに御姉さん?」

22:38:砲手ニウ・ザイン:「ではこうしてはいかがでしょう?あの子供は一時うちでの身柄預かり……そしてディスティニーの組織を壊滅させた後」

22:38:砲手ニウ・ザイン:「その末端組織の構成員を全てそちらの所属に引き渡す……」

22:39:神月 ユウ:「…おぉ~! なるほど! それならどっちも解決!」ポンっと手を打ち

22:40:マツナガ・N・セイジ:「スパークの天晴を中破させたヴィクラマのパイロット。あのものさえ捕まえれれば警察のメンツも保たれる事でしょう」

22:41:神月 ユウ:「うん! それだったら私もそれでいいと思うっぽい! ………」

22:41:オペレーター:シオニー・チャン:「つまり、その手柄を得るのに、まさか我々だけに行動させるわけがないよな!天下の警察様は」

22:42:神月 ユウ:「…あれ? 実は結構大きな事に巻き込まれてるっぽい?」首を傾げて(・x・)?

22:42:オペレーター:シオニー・チャン:「今この艦はリンケージであれば猫の肉球ですら借りたい状態だ。軍閥如何にかかわらず働き手として歓迎してやろう」

22:43:神月 ユウ:「勿論! あんまり難しい事はわかんないけど、大きな悪い組織が在るなら、市民の平和を守る為に動くのが警察の仕事だもん! 私も頑張るよー!」

22:44:神月 ユウ:「………ところでおねーさんとおじさん、どちら様?」オチ

22:44:高峰リュウイチロウ:機体収容した段階で話すとおもうんだ!

22:45:神月 ユウ:それもそうか!(きっと言われて思い出す((

22:45:くっきーGM:この辺でシーンエンド かな

22:44:くっきーGM:○シーン11 ブリーフィング(PC5)+全員

22:45:くっきーGM:描写1
全てのものはオモイカネに集まっている。
マツナガは状況の説明を始める。

22:46:くっきーGM:セシルは縛られた状態のままだ

22:46:早川 俊平:「 と、いうわけで 」

22:47:早川 俊平:「 これが、肉声の録音データになる あ、ちなみにコピーなんで よろしく 」

22:47:マツナガ・N・セイジ:「早川さん・・・でしたね。感謝します」

22:47:早川 俊平:と、この場の1番の上官は高峰さんかな?

22:48:マツナガ・N・セイジ:事務事はこっちでやってるよっ

22:48:高峰リュウイチロウ:「なるほど、話を統合してしまえば簡単だ。この小僧のいた組織がディスティニーであり、俺たちの殲滅対象であり、ガーディアン窃盗団なんぞいうチンケな真似をしていたわけか」

22:48:早川 俊平:フォーチュンの人と あと神月さんにもコピーを渡しましょう

22:48:高峰リュウイチロウ:多分私かなー

22:48:斉藤 綾:「まあ そのようなところのようですね」<ガーディアン窃盗団

22:48:グレイアム=スパーク:「ほぉ~!こいつが噂の、ちびなのにやることが派手なこった!」

22:49:神月 ユウ:「シュンペイおかえりー! 無事でよかったよ~」受け取りつつ

22:49:早川 俊平:「 ほい、1つ貸しな 」 と、言いつつ > 神月

22:49:神月 ユウ:「ぇー…ケチー」ブーブー(<シュンペイさん

22:49:スティール=セシル:「ディスティニー所属、スティール=セシルです、大体のことはしゃべりましたよ」

22:50:高峰リュウイチロウ:「君にも礼を言っておこう。民間協力者として、窃盗現行犯の確保及び市街地でのテロ行為の鎮圧協力に感謝する」<早川

22:50:スティール=セシル:「最初に言っときますけど、拷問では口は割らないので。」

22:51:高峰リュウイチロウ:「それで、セシル=スティールだったか?拷問で口を割らないなら色仕掛けならどうだ」

22:51:早川 俊平:「 まぁ、行きがかりって奴ですかね こうなったら最後まで付き合いますよ 」

22:51:砲手ニウ・ザイン:「jud. 私はソレ絶対しませんからね?」

22:51:スティール=セシル:「通じないよ」

22:51:神月 ユウ:「ぽい? 色塗るの?」

22:51:オペレーター:シオニー・チャン:「私もやらんぞ?」

22:51:斉藤 綾:「斉藤 綾 帰投いたしました」<高峰艦長に敬礼し

22:51:早川 俊平:「 邪魔でなければね 」

22:51:高峰リュウイチロウ:「おう、おつかれさん。ゆっくりしてていいぞ」<斉藤

22:51:スティール=セシル:「一般人の感覚がある程度欠如していると感じたほうが、ぶなんだよ」

22:52:オペレーター:シオニー・チャン:「神月にも言ったが、いまは猫の手でも借りたい、最後まで付き合ってくれる気概があるなら助かるな」<早川。なお先の戦闘で合体指示だした女性の声だとわかる

22:52:マツナガ・N・セイジ:「我々はディスティニーを倒さなければならない。そして貴方は窃盗犯からガーディアンを取り戻したい。利害の一致で協力してもらえるのはありがたいですな」

22:53:斉藤 綾:「まぁ ゆっくりするのは――この件が片付いてからね」

22:53:斉藤 綾:「まだ 盗まれた機体もディスティニーの部隊も残ってますしね」

22:54:スティール=セシル:「ディスティニー倒すんだよね」

22:54:高峰リュウイチロウ:「ではスティール=セシル。今捕まってしまったお前は、これからどうしたいよ」聞いてみようね

22:54:スティール=セシル:「協力しちゃダメかな」

22:54:神月 ユウ:「そうそうッ! 残ってる犯人捕まえないとダメだからね!」

22:54:早川 俊平:よく、お分かりで  と、言いたげにウィンクを < 取り戻したい

22:54:マツナガ・N・セイジ:「しかし機体はさっき爆散してましたが・・・」

22:55:スティール=セシル:「僕、こう見えて強化人間なのよね、ある程度の機体なら動かせるよ、なんでも」

22:55:高峰リュウイチロウ:「あー………まじか?」

22:56:高峰リュウイチロウ:「早川氏。実際に少し会話したのはあなただけだ」

22:56:神月 ユウ:「ぇ! じゃあロケットパンチや目からビームは!」普通に信じてる((<強化人間

22:56:高峰リュウイチロウ:「この子供の『ディスティニーを倒すのに協力する』という言葉、どうみる?」

22:56:高峰リュウイチロウ:「本心に聞こえるか?」

22:56:スティール=セシル:「そっちがおもちゃくれるってんなら僕はそれに乗って敵を破壊するだけ、今の敵はディスティニーだ」

22:57:スティール=セシル:「後ろから撃つなんてことはしない、まぁ証拠ないけどね」

22:57:マツナガ・N・セイジ:「ふむ・・・」

22:57:早川 俊平:「 どちらかと言うと 自分の、やろうとしてる事のために 俺達を利用しようとしている 」

22:57:グレイアム=スパーク:「よくしゃべるなぁ!このガキは!」

22:57:早川 俊平:「 そう考えた方が良いね 」

22:58:高峰リュウイチロウ:「なるほどな?つまり利害次第ではいつでも裏切ると」

22:58:高峰リュウイチロウ:「だがこう考えればいい!」

22:58:早川 俊平:「 役に立つうちは 後ろから撃つような事も無いだろうさ 」

22:58:高峰リュウイチロウ:「おいスティール=セシル………仮に俺たちが、ディスティニーみたいなチンケな組織じゃ用意できないような高級おもちゃ用意してやるとすれば」

22:59:高峰リュウイチロウ:「どうだ?裏切ったりせずしばらくは従うか?」

22:59:整備員:『整備班です。天晴ですが、こりゃ無理ですね。オーバーホールしない事にはどうにもなりません。2週間は貰わないと』

22:59:スティール=セシル:「ごめんね艦長さん、僕はおもちゃに質があるのかどうかわからないよ」

23:00:オペレーター:シオニー・チャン:「なんだと!?くそ、先の戦闘前に急ピッチで修復急ぎすぎたか……」

//PLが戦闘中2キャラ操作するのは煩雑なのでセシル加入に伴いスパークが離脱します。
//この辺は既定路線なのでスムーズに行きますね(’’
//先のイベント分岐が発生していない場合、スパークはそのまま残り、セシル加入が発生しなくなります。

23:00:神月 ユウ:「ん~………ぁ、じゃあさ」

23:00:スティール=セシル:「だけど僕は裏切らないって保証したいんだけど、証拠がないんだ」

23:02:スティール=セシル:「仮に、僕がチャン=キリーをやっつけた後でも、僕は何もしない」

23:02:高峰リュウイチロウ:「つまり本心として、ガーディアンに乗ってヤツラと戦いたいってところか」

23:02:スティール=セシル:「おとなしく投降するよ」

23:02:神月 ユウ:「セシル?だっけ、このままフォーチュンとか連邦とか、もしくはうち(二課)に入ってくれれば、仲間だから万事解決じゃないかな!」このダメ警察である(

23:03:斉藤 綾:「まあ その時 どの所属になるかは わからないけどね」<面倒みる

23:03:高峰リュウイチロウ:「ふむ………強化人間なら天晴が行動不能になっている穴を埋めるには十分だが……何か余り機体あったかな……」

23:03:マツナガ・N・セイジ:「ああ、一機。ディスティニー製のが」

23:03:砲手ニウ・ザイン:「jud. 進言します艦長」

23:04:砲手ニウ・ザイン:「カクヅチの第六爆装室内で誰も動かせなかったフルスペック機体が1機」

23:04:砲手ニウ・ザイン:「強化人間であれば、動かせるのでは?」

23:04:神月 ユウ:「うちの二課は人員私と課長だけだから、来てくれたら助かるっぽい!」<綾さん

23:05:斉藤 綾:「大丈夫かなぁ ユウさんより問題児っぽいよ?」

23:05:高峰リュウイチロウ:「ああ………アレがあったか……整備できてんのか?」

23:05:整備員:『いつでもいけますよ』

23:06:砲手ニウ・ザイン:「勿論、動かせないとはいえガーディアン、有事に備えておくのが部下の役目です。きっちり指示は出してます」

23:07:高峰リュウイチロウ:「喜べスティール=セシル。お前に貸せるおもちゃがとりあえず1つ。しかも最新鋭のスペックだ」

23:08:オペレーター:シオニー・チャン:「いくら強化人間とはいえ、子供に『アレ』の轡を握れるのか

23:09:神月 ユウ:「大丈夫大丈夫~………っと、何でも動かせるって言ってたし、大丈夫なんじゃないかな?」首かしげて

23:10:マツナガ・N・セイジ:「では決まりですな。敵が逃げない内に攻め込みましょう。」

23:11:スティール=セシル:「なに?イグニスとか?できるよ」

23:11:斉藤 綾:「相手も 気づかれて焦っているはず――盗まれた機体を取り換えすには早く動いた方がいいでしょうね」

23:11:オペレーター:シオニー・チャン:「ヒルコ作業員に次ぐ、グレイアムには悪いが天晴は戦線離脱だ。残りの回収した機体のオーバーホールできる限り進めておけ」内線飛ばしつつ

23:11:くっきーGM:そうそう。HPを4d6で回復ぞ

23:11:神月 ユウ:ぁ、はーい

23:11:高峰リュウイチロウ:4d6
MetallicGuadian : (4D6) → 13[1,3,4,5] → 13

23:12:神月 ユウ:4d6
MetallicGuadian : (4D6) → 6[1,1,2,2] → 6

23:12:斉藤 綾:4D6+7 回復量
MetallicGuadian : (4D6+7) → 13[1,1,5,6]+7 → 20

23:12:早川 俊平:4d6
MetallicGuadian : (4D6) → 6[1,1,2,2] → 6

23:12:高峰リュウイチロウ:ぬぅ、足りぬ

23:12:グレイアム=スパーク:「俺はしばらく休憩するとするかね・・・ット・・・・じゃぁ、さらば!」

23:13:神月 ユウ:元々低いHPだから全快~

23:13:くっきーGM:なかいいね!

23:14:早川 俊平:FPとENは どうだろう

23:14:斉藤 綾:艦長さんとはまだ 親しくないけど 民間人二人とは 妙に仲いいからなぁ<私

23:15:くっきーGM:FPとENは全回復で

23:16:早川 俊平:良かった良かった

23:16:斉藤 綾:わかりました

23:16:早川 俊平:回復終了です

23:16:くっきーGM:では回復終わり次第シーンエンド

23:17:くっきーGM:○シーン12 前線突破作戦(PC3)+PC6以外全員

23:19:くっきーGM:描写1
再度森にたどり着くと当然のように待ち構えている固定砲台
ここを抜けない事には話にならない
しかしやられたころとは異なり、多数のガーディアンがいる

23:19:くっきーGM:判定だ!命中力で12以上。成功する度に固定砲台の数が減っていくぞ!

23:20:高峰リュウイチロウ:「前回は不覚をとったが今度はネタは割れている!森を焼くつもりで攻撃しろ!」

23:20:高峰リュウイチロウ:砲撃ではだめですかぁ!

23:20:くっきーGM:武器使うならEN消費しなさいよ!

23:21:高峰リュウイチロウ:54あるエネルギーだ、問題ねえ!

23:21:神月 ユウ:わぁお

23:22:砲手ニウ・ザイン:「jud.では先ほどの恨みも込めまして、全砲門開けッ!!ミラー粒子バレル展開!」

23:23:砲手ニウ・ザイン:2d6+14 6ENして砲撃。固定値で突破
MetallicGuadian : (2D6+14) → 5[1,4]+14 → 19

23:24:神月 ユウ:「あの固定砲台を壊せばいいんだよね!」通信で確認とりつつ

23:24:斉藤 綾:「固定砲台を確認――これより掃討いたします」

23:25:砲手ニウ・ザイン:「そして第二射ッ!!続けて撃て!」

23:26:くっきーGM:他の人もどんどんふってー

23:26:神月 ユウ:「それじゃ……行ってくるっぽいッ!」ニィッと八重歯が見える笑みを見せながら、機体が軋む程のブーストを吹かせて

23:26:早川 俊平:2d6+6 では命中
MetallicGuadian : (2D6+6) → 5[2,3]+6 → 11

23:26:神月 ユウ:2d6+10 ピンゾロチェック!
MetallicGuadian : (2D6+10) → 10[4,6]+10 → 20

23:27:神月 ユウ:「ロシュブレードーーアクティブッ! 砕けろォッ!!」砲身にブレード突っ込ませて、ついでに蹴りで食い込ませる

23:27:斉藤 綾:「もう 二度と追っかけできなくしてあげる!」 狙いを定めて――

23:28:斉藤 綾:2D6+11 ファイア!
MetallicGuadian : (2D6+11) → 11[5,6]+11 → 22

23:28:スティール=セシル:「ザ・グレート・ユナイテッド・ステイツ・・・ながい名前だな、武装はイグニス・・・後はナイフだけ?これだったらイグニスのほうが早いよ、まったく・・・行け!!イグニスよ!!!」

23:28:スティール=セシル:11+2d6>=12 イグニス!!!
MetallicGuadian : (11+2D6>=12) → 11+6[3,3] → 17 → 成功

23:28:斉藤 綾:側面につけられた マシンガンに匹敵する機銃で攻撃

23:28:くっきーGM:よっし!一個残った!(喜ぶところだろうか

23:29:神月 ユウ:「次ィッ!!」爆風で飛んできたブレードを再度掴んで、砲撃の中を砲台に突撃して

23:29:オペレーター:シオニー・チャン:「おー……どんどん殲滅しておる。クソ上層部め、最初からガーディアン部隊これだけ配備してくれれば一回目での敗走はなかったものを」

23:29:高峰リュウイチロウ:「というか、あのガキまじであのクソピーキー機体操ってんぞ」

23:30:くっきーGM:1d5 天晴以外にどーんと
MetallicGuadian : (1D5) → 2

23:30:くっきーGM:セシルの方に砲撃が飛んでくる

23:31:スティール=セシル:「イグニス・・・間に合うか?」

23:32:神月 ユウ:防壁での回避判定?

23:32:くっきーGM:では防壁どうぞ<セシル

23:32:くっきーGM:目標値は12でよいや

23:33:スティール=セシル:2d6+8>=12 間に合え!イグニスッ!!
MetallicGuadian : (2D6+8>=12) → 12[6,6]+8 → 20 → 自動成功

23:33:くっきーGM:ではイグニスで砲撃も撃ち落とした・・・ってここでクリティカルかい!

23:33:スティール=セシル:血はきながらにぃっと笑ってますね

23:34:くっきーGM:そんな感じで全ての固定砲台は沈黙。目指すはチャン・キリーのいる場所へ・・・シーンエンド

23:35:くっきーGM:シーン13・・・はあったけど、たいしたことないしカット✂

//カットしたシーン13はチャンとPC達が戦闘前口上するシーンなので無くてもいいなという事でカット

23:35:神月 ユウ:はぁい

23:35:くっきーGM:○シーン14 決戦!メタリックガーディアン

23:35:くっきーGM:登場はPC6以外全員

23:36:チャン・キリー:「ここまでくるとはな・・・」

23:37:チャン・キリー:「本当はガキを乗せるつもりだったが仕方ない・・・俺様自らが相手をしてやるよ!」

23:37:オペレーター:シオニー・チャン:「そこのデコが広いリンケージに次ぐ、そういったセリフはフラグにしかならんぞ。武装解除すれば死ぬほど恐ろしい目に合わせる程度で許してやる」スピーカー

23:38:オペレーター:シオニー・チャン:「5秒だけまってやろう!」

23:38:神月 ユウ:「ぽい!」剣をブンブンぶん回してる

23:38:くっきーGM:▼描写1
山を崩すように巨大な機体が現れる
よくよくみれば各部が盗まれたガーディアンで構成されている

23:38:チャン・キリー:「このバビロンでな!」

//バビロン…アビスフォートレスに分類されるオリジナル?ユニットです。
//盗んだガーディアンを敵が利用してこないの?に対する答えになるようにバビロンのパーツになっています。
//今回の敵はリンゲージがセシルとチャンの二人しかいない為、ガーディアンを盗んでも使えない面子ばかりですし…。

23:38:斉藤 綾:「――うっわ ゲテモノ」<盗まれたガーディアンで構成されてる

23:38:スティール=セシル:「趣味わっる!!!」

23:39:くっきーGM:戦闘だ!

//敵はバビロン、高機動ヴィクラマとヴィクラマの混同部隊のようですが・・・?

23:39:神月 ユウ:「ぁ、何か親近感湧くっぽい」ある意味ゲテモノ機体が此処に(

23:40:くっきーGM:E2-5からF6-6までならどこでもいいぞい

23:40:斉藤 綾:「ごめん ユウ」<ゲテモノ

23:40:神月 ユウ:「ぽい?」何で謝ってるんだろーっと言う顔(

23:41:斉藤 綾:「んー まあパッチ―ワークなのユウの機体も同じじゃん? あれをゲテモノ呼ばわりしたら――その 悪いかなぁ~ って……」

23:42:神月 ユウ:とりあえず、自分はどこでもカバー出来る中央に陣取ろう

23:42:スティール=セシル:「戦いに集中!!!」イグニスぶんぶん言わせながら

23:43:高峰リュウイチロウ:ならここだ

23:43:神月 ユウ:「あははは、平気平気ッ! アレはアレで、この子はこの子!」区別バッチリ

23:43:斉藤 綾:「そうね――」<あれはあれ この子はこの子

23:44:斉藤 綾:「何より 製作のときの想いとかそういうのがダンチよねぇ」

23:45:スティール=セシル:俺はここね

23:48:くっきーGM:セットアッププロセス!

23:49:斉藤 綾:使用できる特技は特にありません

23:49:高峰リュウイチロウ:セットアップはなーし

23:49:神月 ユウ:「愛着が違うからねぇ~っと、了解ッ!」

23:49:神月 ユウ:同じくなーし

23:49:早川 俊平:無し

23:50:スティール=セシル:なし

23:50:くっきーGM:イニシアチブプロセス!

23:50:斉藤 綾:今のところ特にありません

23:51:高峰リュウイチロウ:だれかナイトフォークいるー?

23:51:早川 俊平:不要にて

23:51:神月 ユウ:自分はなしかなぁ

23:51:神月 ユウ:動いても出来る事少ない!(悲しみ

23:52:チャン・キリー:いくぞ!

23:52:高峰リュウイチロウ:ではここではなしだ

23:52:スティール=セシル:いらないなぁ

23:52:チャン・キリー:アカラナータを惜しげもなく突っ込んで

23:54:くっきーGM:5-5標準でいいよね。範囲2だから全部あたる

23:54:神月 ユウ:いきなりのブッパァッ!?

23:54:高峰リュウイチロウ:はいオーディン

23:55:くっきーGM:オーディンをオーディンで打ち消そう

23:56:神月 ユウ:ならオーディンかな

23:56:くっきーGM:ああん!

23:56:くっきーGM:悲しみのアカラナータ・・・不発

//アカラナータ→オーディン相殺→オーディン返し→オーディン返し返しを食らった時のGMの悲しみってわかるかな?

23:57:くっきーGM:ST-Fかな。どうぞ

23:57:神月 ユウ:んなもんぶっ放されたらカバーでもどうにもならぬ(白目

23:57:高峰リュウイチロウ:んーと

23:57:高峰リュウイチロウ:ちょっと作戦会議ぷりーず

23:57:高峰リュウイチロウ:すぐ終わらせる

//裏で作戦会議中・・・

00:05:高峰リュウイチロウ:OKだ

00:06:神月 ユウ:れっつごー!

00:06:くっきーGM:щ(゚Д゚щ)カモーン

00:07:斉藤 綾:では ムーブで 五マス移動します

00:07:斉藤 綾:5-2 に移動します

00:10:くっきーGM:はい

00:10:斉藤 綾:マイナー で 戦鬼咆哮 3HP消費します

00:11:斉藤 綾:命中判定の前に バルカン を使用 C値を-1します 機甲騎士の効果でさらに-1で C値10です

00:11:斉藤 綾:バルカンの代償はHP2

00:12:斉藤 綾:使用する武装はカバリエマシンガン 対象はバビロン です

00:14:斉藤 綾:これは 判定して いいですかね?

00:14:くっきーGM:どぞー

00:14:斉藤 綾:では

00:14:斉藤 綾:2D6+11 命中判定
MetallicGuadian : (2D6+11) → 7[1,6]+11 → 18

00:15:くっきーGM:2d6+7 回避だもん!
MetallicGuadian : (2D6+7) → 4[1,3]+7 → 11

00:15:くっきーGM:むりー

00:15:斉藤 綾:「制圧対象の攻撃可能範囲に入りました これより交戦します」 側面のマシンガンで狙う

00:16:斉藤 綾:2D6+1D6+2D6 BOSS属性なので バニッシャーの効果でダイスが二つ増えます
MetallicGuadian : (2D6+1D6+2D6) → 5[2,3]+5[5]+11[5,6] → 21

00:17:斉藤 綾:属性は 殴です

00:17:斉藤 綾:あ ミス

00:17:斉藤 綾:+16 武器のダメージ載せてなかった……すみません

00:17:くっきーGM:固定値がなかったね・・・

00:17:斉藤 綾:振り直しですか?

00:18:くっきーGM:ふふーん♪殴耐性は15あるから22しかくらってないもん

00:18:くっきーGM:いや、適用で

00:18:斉藤 綾:ありがとうございます

00:18:チャン・キリー:「そんな攻撃で落ちるバビロンではないわ!はーっはっは!」

00:19:斉藤 綾:「寄せ集めとはいえ 装甲は硬いわね」

00:19:くっきーGM:では次のイニシアティブプロセスかな

00:19:早川 俊平:「 寄せ集めって 結構、硬いんだぜ 」

00:20:早川 俊平:と チラッっとシュロットの方を見つつ

00:20:神月 ユウ:「えっへん」どや顔

00:20:くっきーGM:瞬発行動だぜっ!バビロンが動くぞ!

00:20:高峰リュウイチロウ:イニシアで

00:20:高峰リュウイチロウ:ナイトフォーク

00:21:高峰リュウイチロウ:同時の場合はPC優先やでタイミングは

00:21:くっきーGM:どぞん

00:21:高峰リュウイチロウ:ステイツに移動指示出しつつ。そのターン中のダメージ+1d

00:22:高峰リュウイチロウ:移動どーぞ

00:25:スティール=セシル:ここへ移動~

//MAPの隅っこに移動します。6-6の位置取り

00:25:くっきーGM:では今度こそ動くぞー

00:26:くっきーGM:マイナーが攻撃強化2 メジャーが狙撃4で収束AL粒子砲をパワーアップ

00:27:くっきーGM:ネルガルを発動。攻撃範囲を拡大。射程を視界にして

00:27:神月 ユウ:げげ

00:27:高峰リュウイチロウ:だれかーオーディン

00:27:くっきーGM:シュロットめがけて攻撃だオラァ!範囲5だから今度も全部巻き込む!

00:27:高峰リュウイチロウ:あと2枚残ってるはずだー

00:28:神月 ユウ:セシルさんとシュンペイさんだね

00:28:スティール=セシル:オーディン!!!

00:28:くっきーGM:ああん!

00:28:くっきーGM:射程が元に戻ったので横方向のST-Fにぶっぱ。高機動ヴィクラマも巻き込み

00:28:高峰リュウイチロウ:ぬ?

00:28:高峰リュウイチロウ:巻き込みあったっけ

00:29:くっきーGM:直線攻撃だからね

00:29:くっきーGM:ABの両方のラインを焼き払う

//バビロンは大型の設定なので2x2マスを占有しています。なので直線攻撃だと2x6マスを粉砕しますよ!!

00:29:神月 ユウ:あぁ~、射程じゃなくて直線攻撃だからか

00:30:くっきーGM:2d6+12 とにかく命中だ。発射
MetallicGuadian : (2D6+12) → 2[1,1]+12 → 14

00:30:くっきーGM:かなしみのファンブル

//粉砕するのは当たったらの話ですけどね・・・

00:30:神月 ユウ:ぁ(

00:30:スティール=セシル:ドンマイ

00:30:くっきーGM:しくしく・・・

00:30:くっきーGM:セシルどうぞ

00:30:スティール=セシル:うーい

00:30:神月 ユウ:やっぱ継ぎ接ぎだったから出力バイパスに問題が・・・

00:31:高峰リュウイチロウ:なんでもいいから最大出力で殴ってくれればいいぞー

00:31:スティール=セシル:ムーブなし

00:32:スティール=セシル:マイナーでスモークディスチャージャー

00:32:スティール=セシル:部分遮断発生

00:33:スティール=セシル:メジャーで飽和誘導攻撃

00:34:くっきーGM:щ(゚Д゚щ)カモーン

00:35:高峰リュウイチロウ:対象は?

00:35:スティール=セシル:マルチロックで6-3狙い

00:35:高峰リュウイチロウ:そのタイミングでネルガル(。・ω・)σ ⌒*

00:35:神月 ユウ:範囲、拡☆大

00:36:早川 俊平:2・4・6を巻き込みますね

00:36:くっきーGM:ヤメローヤメロー

00:36:高峰リュウイチロウ:いや

00:36:神月 ユウ:マルチロックも掛かってるはずだから

00:36:くっきーGM:ネルガルになると射程が視界全部になるから・・・全部巻き込まれちゃう

00:36:高峰リュウイチロウ:ヴィクラマ4中心にし直せば、ボス含む全部に攻撃なるわよ^q^

00:36:スティール=セシル:じゃあ4-2基点だな

00:36:早川 俊平:ほほう

00:37:神月 ユウ:そうだった(

00:37:高峰リュウイチロウ:そして斉藤さん

00:37:高峰リュウイチロウ:ここでヘイルダム使ってあげると

00:37:高峰リュウイチロウ:たぶん雑魚全滅するんじゃないかな!

00:37:砲手ニウ・ザイン:「イグニスを中心に光共鳴素粒子を排出」

00:38:砲手ニウ・ザイン:「ついでにあの機体のAL粒子活性化させましょう」

00:38:斉藤 綾:では ヘイムダル 使用します

00:40:くっきーGM:OK。敵全部巻き込みかつクリティカル

00:41:高峰リュウイチロウ:で、更にセシル機

00:41:高峰リュウイチロウ:ダメージロール前に……あんなところにガイアがあります

00:41:高峰リュウイチロウ:ガイアは割と、どの加護と同じ効果を発揮させられます。等価交換で…………ヘルは複数体にダメージ上昇です

00:42:スティール=セシル:GM,いいですか?

00:43:くっきーGM:ガイアでヘルを獲得する・・・という願いを認めよう

00:43:スティール=セシル:わぁい、

00:43:高峰リュウイチロウ:ダメージ+5d6やで^q^

00:44:スティール=セシル:ダメージにヘイトチャージ乗っけますね、1点でも実ダメージで憎悪

00:45:スティール=セシル:まずは雑魚

00:45:くっきーGM:こーい

00:46:スティール=セシル:2d6+3d6+2d6+1d6+3d6+5d6 [イグニス,そことそこをこうげき,あ,あそこも狙っちゃえ
MetallicGuadian : (2D6+3D6+2D6+1D6+3D6+5D6) → 5[1,4]+9[2,3,4]+5[2,3]+3[3]+12[1,5,6]+17[2,2,4,4,5] → 51

00:47:くっきーGM:ぼぼぼぼん

00:47:スティール=セシル:光じゃ

00:47:高峰リュウイチロウ:次はボスにだな

00:47:くっきーGM:いたいの民。ヘルで神じゃよ

00:47:チャン・キリー:「ば、ばかな!?ヴィクラマを一瞬で!」

//ヴィクラマ混合部隊消滅です。数とか関係なかったね!!

00:48:早川 俊平:「 すごいもんだ さすが、一流の指揮官がいると違うね 」

00:48:オペレーター:シオニー・チャン:「ま、ガーディアン戦闘の挨拶だよな。コレは」

00:48:神月 ユウ:「おおおぉぉぉッ!? 何かすっごい事になったっぽい!?」

00:49:スティール=セシル:2d6+1d6+2d6+3d6+5d6+15 てめぇはもっと特別な一撃だぁぁ!くらえぇぇぇぇ!!そりゃあああああああ!!!
MetallicGuadian : (2D6+1D6+2D6+3D6+5D6) → 6[2,4]+3[3]+6[2,4]+13[2,5,6]+21[2,3,5,5,6]+15 → 64

00:49:くっきーGM:64点

00:49:スティール=セシル:光じゃ

//ヘルが乗っかるとダメージ属性が変更されて軽減できない・・・

00:49:チャン・キリー:「ぐぅ・・・!だがまだバビロンは落ちん!」

00:49:砲手ニウ・ザイン:「jud. 基本中の基本ですからね」

00:49:高峰リュウイチロウ:「よーしッ!!あとはあのデカ物だけ!!総員全火力を叩き込めッ!!」

00:50:くっきーGM:イニシアティブプロセス

00:50:くっきーGM:なければズヴァット

00:50:スティール=セシル:なしー

00:50:神月 ユウ:「りょーかい!」

00:50:早川 俊平:では MV

00:50:神月 ユウ:なぁーし

00:50:早川 俊平:1-5 に移動

00:51:早川 俊平:ヴォン とアクセルを吹かし 一気に走り抜け

00:51:早川 俊平:MN なし

00:52:早川 俊平:MJ トライフルマニューバ

00:52:早川 俊平:スナイパーにより 射程は4

00:52:早川 俊平:目標バビロン

00:52:早川 俊平:ズヴァット の ENが 4 減少 (EN:28→24)

00:53:早川 俊平:2d6+6 命中
MetallicGuadian : (2D6+6) → 9[3,6]+6 → 15

00:53:くっきーGM:2d6+7 よけたい
MetallicGuadian : (2D6+7) → 8[2,6]+7 → 15

00:53:くっきーGM:あ、よけたかもしれない

00:53:高峰リュウイチロウ:え?

00:53:高峰リュウイチロウ:はい、ブロウビート<ボスに

00:53:くっきーGM:ぷっぷくぷー

00:54:神月 ユウ:コレハヒドイ(

00:54:早川 俊平:「 ありがたい! 」

00:56:くっきーGM:あ、ごめん

00:56:くっきーGM:BOSS属性つかって振り直しを打ち消す

00:57:早川 俊平:おっと

00:57:神月 ユウ:おのれBOSS属性

00:57:くっきーGM:FP5点だめーじ

00:57:高峰リュウイチロウ:っち

00:58:早川 俊平:「 やるな…、 」

00:58:チャン・キリー:「当たらんよ!」

01:00:くっきーGM:おわりかな?

01:00:くっきーGM:次のイニシアティブプロセス なければシュロット

01:00:早川 俊平:終わりだけど IN

01:01:早川 俊平:「 それなら、これでどうだ! 」

01:01:早川 俊平:さらに限界を超えた動きで

01:01:早川 俊平:アカラナータ

01:01:くっきーGM:やーん

01:01:神月 ユウ:バトルフェイズは終了してないぜ!

01:01:早川 俊平:演出的には すっげぇトライフルマニューバ って感じ

01:02:早川 俊平:ダメージ 振って良いかな?

01:02:くっきーGM:どぞー

01:02:早川 俊平:10d6 神ダメージ
MetallicGuadian : (10D6) → 36[1,1,2,4,4,4,4,5,5,6] → 36

01:02:くっきーGM:36点

01:03:くっきーGM:げー・・・もうFP半分

01:03:くっきーGM:ではシュロット!

01:04:神月 ユウ:走っても届かないし……地道に削ってくれるっ

01:04:早川 俊平:あ そうだ

01:05:早川 俊平:今のダメージに ハードラック 載せられる?

01:05:くっきーGM:のる。

01:05:くっきーGM:でもBOSS属性で打ち消す!

01:06:神月 ユウ:おのr(ry

01:06:くっきーGM:5点だめーじ

01:06:早川 俊平:では ハードラック分の代償 消費

01:06:斉藤 綾:んー

01:06:斉藤 綾:防御修正分が削られてく(おぃ

01:08:神月 ユウ:ともあれ、この場からオーガトゥース(●レギオンプレーグス)でバビロンにアタッコォ!

01:08:くっきーGM:では行動どうぞー

01:08:くっきーGM:щ(゚Д゚щ)カモーン

01:09:神月 ユウ:「さぁ! ボッコボコにして簀巻きにして捕まえるっぽい!」出力を上げて機体の彼方此方から火花が

01:09:神月 ユウ:2d6+11 行けよオーガトゥース!!
MetallicGuadian : (2D6+11) → 8[4,4]+11 → 19

01:09:くっきーGM:2d6+9 防壁だっ
MetallicGuadian : (2D6+9) → 2[1,1]+9 → 11

01:09:くっきーGM:悲しみのふぁんぶる

01:10:くっきーGM:ひっと

01:10:神月 ユウ:悲しいけど、これ現実なのよね(白目

01:11:神月 ユウ:「噛み付けェッ!!」マントの内側から大量に牙状のビットを射出して特攻させ

01:11:神月 ユウ:2d6+12 闇属性
MetallicGuadian : (2D6+12) → 12[6,6]+12 → 24

01:11:くっきーGM:14点!

01:12:チャン・キリー:「これほどとは・・・だがな!生きてる奴が勝ちなんだよ!」

01:12:神月 ユウ:「それはこっちも同じっぽい!」

01:12:高峰リュウイチロウ:さて……この中で

01:12:高峰リュウイチロウ:一番バビロンにダメージ与えられるやつは誰だー!

01:12:チャン・キリー:ヘルモード。シーンから退場を試みる

//脱出だぜ!できるかな!?

01:13:高峰リュウイチロウ:トール持ちの斉藤さんかな!?

01:13:チャン・キリー:逃げたらPL側の敗北だ!

01:13:神月 ユウ:私だ!

01:13:高峰リュウイチロウ:オーディンどうぞ

01:13:斉藤 綾:げ

01:13:斉藤 綾:逃げるか

01:13:神月 ユウ:ぁ、受ける方で耐えれるならだ(

01:13:高峰リュウイチロウ:神月さんか

01:13:高峰リュウイチロウ:オーディンラスト1まいー!

01:13:神月 ユウ:いや、シュンペイさんだ!

01:14:早川 俊平:おっと どうします?

01:14:高峰リュウイチロウ:逃しちゃまずいんで

01:14:高峰リュウイチロウ:かき消してください

01:14:スティール=セシル:使ってくだせぇ

01:14:くっきーGM:逃げたら確定敗北ぞ

01:14:早川 俊平:うぃ オーディン!

01:14:神月 ユウ:逃げられるとと強制敗北ゥ!

01:15:チャン・キリー:「・・・!回り込まれただと!?」

01:15:早川 俊平:「 逃げられると思うなよ! 」  ニヤリ、と笑み

01:17:斉藤 綾:「さっすが やるじゃん」<回り込んだ

01:17:神月 ユウ:「シュンペイなぁーいすっ!」

//逃げられませんでしたー!
//そもそもボスが加護5つに対してオーディンが4枚。加護を綺麗に相殺されて何もできない…
//オーディン強いを実感しました(’’

01:17:くっきーGM:では艦長かな

01:18:高峰リュウイチロウ:ではここのイニシアチブで

01:19:高峰リュウイチロウ:ミューズ。斉藤さんに

01:19:高峰リュウイチロウ:再行動。そしてブラギで斉藤さんのヘイルダム復活させてくだしあ

01:22:早川 俊平:では ブラギ 斉藤さんのヘイルダムを使用可能に

01:22:高峰リュウイチロウ:斉藤さん行動をどうぞー

01:22:くっきーGM:では斎藤さんが再行動!

01:22:斉藤 綾:「サンキュ!」<ヘイムダル復活

01:22:斉藤 綾:「さぁ 追い込むわよー」

01:23:早川 俊平:「 デート1回って、ところかな? 」 クスッと笑い

01:23:斉藤 綾:マイナーで 戦鬼咆哮 HP3点消費

01:24:斉藤 綾:判定 行きます

01:24:斉藤 綾:カバリエマシンガン 対象はバビロン

01:24:斉藤 綾:2D6+11 命中判定
MetallicGuadian : (2D6+11) → 7[3,4]+11 → 18

01:24:くっきーGM:やーん!

01:24:高峰リュウイチロウ:そこでヘイルダムでクリティカルでダメージ+2dするんだよぉ!

01:24:斉藤 綾:で ヘイムダル使用 クリティカル扱いにします

01:24:高峰リュウイチロウ:いっけぇぇ

01:24:くっきーGM:発動

01:25:斉藤 綾:トール使えますか?

01:25:スティール=セシル:トールも乗っけちゃえー

01:25:くっきーGM:トール使えるよ!

01:25:斉藤 綾:ダメージロールの前に 使います

01:26:くっきーGM:さっきの攻撃につんでくれていてよかったのね

01:26:くっきーGM:まぁいい。かもーん

01:26:斉藤 綾:では 一枚 トール使用 ダメージを神属性にして +10ダイスします

01:28:斉藤 綾:2D6+2D6+2D6+1D6+10D6+16 神属性です
MetallicGuadian : (2D6+2D6+2D6+1D6+10D6+16) → 5[1,4]+5[2,3]+6[2,4]+2[2]+32[1,1,2,2,3,3,3,5,6,6]+16 → 66

01:28:くっきーGM:66点

01:28:チャン・キリー:「ぐぅううう!?」

01:28:くっきーGM:今度こそ艦長どうぞ

01:28:神月 ユウ:「イケイケ~!」

01:30:斉藤 綾:「艦長 今です 波状攻撃を――!」

01:30:高峰リュウイチロウ:ムーブで超精密照準、マイナーで艦載砲照準、マルチロック

01:30:高峰リュウイチロウ:C-3起点でふぁいあ

01:31:砲手ニウ・ザイン:2d6+14+2+2 ほうげき
MetallicGuadian : (2D6+14+2+2) → 9[4,5]+14+2+2 → 27

01:31:くっきーGM:2d
MetallicGuadian : (2D6) → 6[3,3] → 6

01:31:くっきーGM:むりー

01:31:砲手ニウ・ザイン:「あれだけ大きいとタダの的ですね」

01:31:砲手ニウ・ザイン:「カクヅチ、どんどん打ちなさい」

01:32:高峰リュウイチロウ:2d6+1d6+14 光
MetallicGuadian : (2D6+1D6+14) → 8[3,5]+1[1]+14 → 23

01:32:くっきーGM:トールのせるー?

01:33:くっきーGM:こっち光は障壁と合わせて3しか喰らわない

01:33:高峰リュウイチロウ:トールは

01:33:高峰リュウイチロウ:もっと効くやつに載せてくれた方がいいかもしれぬが、うーむ

01:34:スティール=セシル:まだブラギあるんやで、安心してええんやで

01:34:くっきーGM:トールも神属性変更ぞな

01:34:高峰リュウイチロウ:あー

01:34:高峰リュウイチロウ:なら載せてもらおう

01:34:高峰リュウイチロウ:もう一枚ブラギあったなそういえば

01:35:神月 ユウ:バックアップならまかせろー(バリバリ

01:35:斉藤 綾:じゃ 行きます

01:35:斉藤 綾:トール発動します

01:35:くっきーGM:+10d追加振りどうぞ

01:35:斉藤 綾:「艦長 相手の気をそらします その間に――」

01:35:高峰リュウイチロウ:10d6+23 さっきのダメージに振りたし
MetallicGuadian : (10D6+23) → 29[1,1,1,1,2,3,3,5,6,6]+23 → 52

01:35:くっきーGM:轟沈だよ!

01:36:チャン・キリー:「ば、ばかな!この俺が!こんな所でー!?」

01:36:くっきーGM:戦闘終了 勝利

//ワンターンで倒されましたが、そこそこ熱い戦いだったかな?

01:36:斉藤 綾:「……艦長 雪辱晴らせましたね」

01:37:高峰リュウイチロウ:「うむ……」

01:37:神月 ユウ:「やっぱり、パッチワークにしたって大きすぎるのが問題っぽい?」眺めてる

01:37:斉藤 綾:「これで 前艦長の無念も……」

01:37:斉藤 綾:「念のため 周辺の状況を確認してから帰投します」<艦長に

01:37:砲手ニウ・ザイン:「ええ、そのとおりでございますね」

01:37:早川 俊平:キッ と ブレーキをかけ停車し ふっ…、 と笑みをもらす

01:37:高峰リュウイチロウ:「ああ、その通りにしてくれ」

01:38:マツナガ・N・セイジ:「・・・気絶しているようですな。あの爆発で生きているとは・・・さっそく捕縛しましょう」

01:38:スティール=セシル:「人がたくさん死んだんだぞ!!!お前もその渦に取り込まれるがいい!!」

01:38:スティール=セシル:イグニスぶんぶん飛ばしながら

01:38:斉藤 綾:「これで 捉えた捕虜は二名ですね」<捕縛

01:39:オペレーター:シオニー・チャン:「セシル機、帰投せよ」

01:39:神月 ユウ:「うわぁ~……凄い執念っぽいッ。 って、わーっ!? ストップストーップ!」セシルくん捕獲して帰ろうネー(

01:40:早川 俊平:「 後処理は任せますよ 」 と、肩をすくめ

01:40:スティール=セシル:「ちぃ!ここまでか・・・運がよかったな!!チャン=キリー!!」

01:42:神月 ユウ:「どっちかと言うと悪運っぽいけどね~…。ま、終わったし帰ろ帰ろ~ッ。……ぁ」

01:43:神月 ユウ:「…盗難ガーディアン(残骸)…どう報告しよ……」冷や汗たらぁ(

01:43:斉藤 綾:「ユウ 一応 悪のパッチワークの方の確認しなくていいの?」<ユウ

01:43:斉藤 綾:「そうよねぇ……残骸だもんねぇ……」

01:44:斉藤 綾:「現場検証 手伝う?」

01:44:神月 ユウ:「んー…細かい事は苦手だけど、私のお仕事だし頑張る!」モニター越しにフンス

01:45:神月 ユウ:「……でも応援が来てくれたらありがたいかな~…っなんて」アハハハッと苦笑いし

01:45:斉藤 綾:「じゃ 頑張ってねー 多分 軍とフォーチュンの方でも調査するから しばらく私もこの辺にいそうだから 後で軽食持ってて上げるわね」 笑いつつ

01:47:神月 ユウ:「うん、またねリョウさーん!」

01:39:くっきーGM:○エンディング1 さすらいゆく? PC1

01:40:くっきーGM:▼描写1
バビロンの残骸からミリオンメタルの新型を回収した早川
勿論、お礼と報酬を渡される

01:42:オオトモ・ソウジロウ:「いやはやありがとうございました」

01:43:早川 俊平:「 確かに…、 」 報酬を確認し 領収書を切って

01:43:早川 俊平:「 また、何かあったら いつでも声をかけて下さいよ 」

01:44:オオトモ・ソウジロウ:「ええ、ええ。勿論頼りにさせてもらいます」

01:44:早川 俊平:「 それでは、これにて 」

01:45:早川 俊平:顔の横で 2本指をシュタッ と振り

01:45:早川 俊平:依頼人に背を向けます

01:46:くっきーGM:カッコイイ

01:46:早川 俊平:そして ズヴァットに、跨がり 上空に浮かぶオモイカネを見上げ

01:47:早川 俊平:「 しばらくは、後処理で忙しいでしょうからね デートは今度にさせて頂きますよ お嬢さん 」

01:48:早川 俊平:そして 指先で投げキッスを送り ズヴァットを走らせる

01:48:早川 俊平:なお、数日後 斉藤の元に早川の名前で花束が贈られる事になる

01:49:早川 俊平:そして、探偵は また、さすらいゆく…、

//きらりと星が流れるって描写をどこかにいれるはずだったものの、完全に抜け落ちているGMの後先

01:43:くっきーGM:○エンディング2 昨日に関係なく来る明日 PC5 PC3

01:45:くっきーGM:▼描写1
臨時で司令にくりあがった高峰であったが、部隊の再編が行われるらしい
マツナガ、斎藤は艦から離れる事になる

01:46:マツナガ・N・セイジ:「短い間でしたがお疲れ様でした」

01:46:高峰リュウイチロウ:「ああ、ご苦労だった、だいぶ助けられたよ」

01:47:斉藤 綾:「こちらこそ 貴重な体験 感謝いたします」 敬礼しつつ

01:47:高峰リュウイチロウ:「次の部署でもその手腕を発揮してくれ」

01:47:高峰リュウイチロウ:「こちらは引き続き、ニウとシオニーの腐れ縁だ」

01:47:斉藤 綾:「ええ そのように努力いたします――」

01:48:高峰リュウイチロウ:「なに、次もまた優秀なクルーをかき集めるさ」

01:48:オペレーター:シオニー・チャン:「ああ、本当にな……バ艦長の暴走を止められる数少ない人材だったのになぁ……」

01:48:砲手ニウ・ザイン:「お体にお気をつけて」

01:48:マツナガ・N・セイジ:「なに、また戦場にでれば会う事もありますよ」

01:48:斉藤 綾:「この艦 今までこの仕事をしてきて 職場全体の雰囲気として 一番よかったです」

01:49:斉藤 綾:「絶対に忘れません あの……こんなこと言っちゃ悪いかもしれませんが……」

01:49:高峰リュウイチロウ:「HAHAHAHAHAHA」

01:49:斉藤 綾:「ともに戦った戦友として 写真 撮ってよろしいですか……」 遠慮がちにカメラを取り出して

01:50:高峰リュウイチロウ:「いいだろう。ほれ、二人もこい」

01:50:砲手ニウ・ザイン:「はい」

01:50:マツナガ・N・セイジ:「写真ですか・・・クレンズ艦長も好きでしたね」

01:50:オペレーター:シオニー・チャン:「ふっ仕方がないな」

01:50:斉藤 綾:「ありがとうございます」

01:53:斉藤 綾:満面の笑みで カメラをセットし そのままみんなのもとに向かいます

01:48:くっきーGM:○エンディング3 後処理はディナーの後で(ただの現実逃避 PC2 PC4

01:49:くっきーGM:▼描写1
セシルを連れてきたユウ
もはや2課はてんてこ舞いだ

01:50:シルバー課長:「ユウくん。どういうことですかね」

01:51:神月 ユウ:「あははは、えーっと~……人員動員?」

01:51:シルバー課長:「始末書の!枚数が!2倍じゃきかないんですよ!!」

01:52:スティール=セシル:ぼぉ~っとしながらアイスぺろぺろなめてる

01:52:神月 ユウ:「ぃ、いやいやちゃんと犯人捕まえたし被害だって(いつもよりは)出してないしそう言われてもぉ~!?」

01:53:シルバー課長:「じゃぁこの書類任せていいですか?」どん!どん!どん!天井高く積まれた書類が3列

01:53:神月 ユウ:「ぽいぃ!?」青ざめて見つつ

01:54:神月 ユウ:「ぇ、えーっと…ぁー…はい…」しょぼーんっと項垂れつつ

01:55:神月 ユウ:「セシルー…御飯奢るから手伝ってほしいっぽい~…」涙目である(

01:55:スティール=セシル:「んん~?なにこのやまー・・・・アハハ、これ全部始末書?」

01:56:スティール=セシル:「これは…幸田ロ・・・・ここはこう記入して・・・・ほい次」この間3秒である

01:57:神月 ユウ:「早ッ!?」1枚30秒の子

01:57:スティール=セシル:こうだろ・・・ね・・・・

01:57:シルバー課長:「あはは・・・書類はまだまだありますからね」

01:58:スティール=セシル:「ん~、本気出すか・・・」シュババッと書類を片付けてゆく、50秒もすればもう1列は終わった

01:58:神月 ユウ:「ぉ、おぉぉぉー…」

02:00:スティール=セシル:「っと・・・こんなもんか。あとは神月やって、強化人間なめちゃぁいかんよ」

02:00:スティール=セシル:残されたのは三十枚程度の始末書だけだった

02:01:神月 ユウ:「わぁ~! 本っ当に助かったぁ~! ありがとセシル~♪」満面の笑みでハグしてやろう(

02:03:スティール=セシル:「やめてよ、神月、ハグなんてしなくていいよ・・・」

02:03:神月 ユウ:「ぽい? じゃあ頭撫でる」なーでなーで

02:04:スティール=セシル:「これの始末書の大体はうち(ディスティニー)がらみだろ?中身書くのたやすいのなんの」

02:05:神月 ユウ:「ぁ、そうだったっけ? まぁ片付いたんならいいや! 先にご飯いこ御飯~!」そして振り回すこの子である(※何度も言うように警察官

02:06:スティール=セシル:「・・・仲間売るって・・・・筋金入りのセシルも名前負けだなぁおい」

02:06:神月 ユウ:「ぽい?」首かしげて

02:06:スティール=セシル:「御飯なんてパンの屑とほんの少しのマーガリンで十分だよ・・・」

02:08:スティール=セシル:「贅沢して・・・うーん・・・バケットとハム1切れかなぁ・・・」

02:08:神月 ユウ:「それじゃあ(私が)お腹いっぱいにならないっぽい! っと言うか食べないと大きくなれないよ!」小脇に抱えてディナーに連行しようか(

02:10:スティール=セシル:「僕礼儀作法とかわかんないんですけど!!ねぇ!ちょっと!!」連れていかれてシーンエンドかな

02:12:神月 ユウ:「大丈夫! 私もわかんないけど美味しく食べれば問題なし! ごーはんー、ごーはんー♪」そして後々、追加の始末書を作るのはまた別の御話

~~

01:54:くっきーGM:よし、お時間的にはこんな感じですね。セッションの延期などありましたがお付き合いいただきありがとうございました

01:55:高峰リュウイチロウ:おつかれさまでした

01:55:斉藤 綾:お疲れ様でした

01:55:神月 ユウ:おつかれさまでしたぁ!

01:55:スティール=セシル:お疲れさまでしたぁ!

01:55:早川 俊平:お疲れ様です


//課題の残るセッションでしたが楽しんでもらえたようなら何より
//コメントあればどしどしお待ちしております。
//ではではまたね~
 いいね!  4

注意: 当ページの内容の転載、複製は著作者の許可がない限り行わないでください。

リプレイ一覧に戻る

コメントを書く

※投稿するにはログインが必要です。

コメント一覧

まだレスポンスがありません。