【CD&D】リプレイ「ダロキン侵攻3」

COBRAリプレイ  0
登録日:2017/09/03 01:45最終更新日:2017/09/03 11:39
参加された方の前回備忘録的なものです。
またDM発言はボイスで対応しているのでテキストとしては記録されていません。

ーーー
システム:ルーム「ダロキン侵攻3」が作成されました。
COBRA:赤マーカーの位置でヒュール偵察兵団と交戦
GM/COBRA:ノール隊BR 74+1d100
システム:GM/COBRAさんの「ノール隊BR」ロール(74+1d100) → 127 (53)
システム:GM/COBRAさんの「ゴブ隊BR」ロール(63+1d100) → 69 (6)
GM/COBRA:キメラライダーとファイアージャイアントとは別にノール隊とゴブ隊のそれぞれに人間のリーダーがいます。
GM/COBRA:食料は20日分+
GM/COBRA:+7日分で3日進軍したので、あと24日分です。

GM/COBRA:個人戦闘はPC側がイニシアチブ先行なので何を攻撃するか明示してd20や呪文をやってください
GM/COBRA:カシアス騎兵 BR112 兵数?
GM/COBRA:グレゴリ一家 17盗賊、3ムーミン BR94 BFR+4
GM/COBRA:ラース歩兵 BR44 BFR+1 667-126=541人
GM/COBRA:ラース騎兵 37+12騎(グレゴリ一から預かり) BR111 BFR+3
GM/COBRA:100人を分けるって話は先にでてましたが「何処の兵をどう分割するか」「歩兵と騎兵の混成部隊なのか?」を明示下さい
COBRA:蘇民さん報告につき兵数修正
COBRA:グレ残存騎弓兵8騎+ラース歩兵から換装した騎弓兵37(馬25頭+12頭分)で45騎をラースに
COBRA:ラース歩兵541人ー換装した騎弓兵37で歩兵数504人から100人をアレウスへ?
COBRA:カシアスは兵を100人に分けた場合、副官はどうされるのでしょうか?
GM/COBRA:グイリアームはブレスを使いました。HRとダメージ+1をお忘れなく(よくやってしまうW)
GM/COBRA:カシアスは温存する分の騎兵900はグイリアームに預けますか?
システム:PI-TG001(ヒラヲカ)さんの「カシアス本隊」ロール(1d100) → 96 (96)
システム:PI-TG001(ヒラヲカ)さんの「第二部隊」ロール(1d100) → 35 (35)
COBRA:「カシアス本隊」BR:123+96+兵数差30=249
COBRA:249-127=122 双方10%被害で敵側パトロール隊1は敗走。
COBRA:第二部隊BR:123+35+兵数差30=218
COBRA:219-69=150 双方10%被害で敵側パトロール隊2は敗走
COBRA:ワーマシン側は終了です。
COBRA:各自リーダー戦のヒットロールや呪文使用をしてください。

システム:PI-TG001(ヒラヲカ)さんのロール(1d20+4) → 5 (1)
システム:PI-TG001(ヒラヲカ)さんの「魔法使いリーダーに」ロール(1d20+4) → 11 (7)
システム:PI-TG001(ヒラヲカ)さんの「もし当たったら」ロール(1d8+4) → 11 (7)
システム:キャラクターリストにカシアス・ダーリントンが追加されました。
PI-TG001(ヒラヲカ):AC4
システム:COBRAさんのロール(2D6) → 8 (3、5)
システム:COBRAさんのロール(2D6) → 6 (1、5)
COBRA:ダメージも出して頂いて助かります。
COBRA:皆さんもヒットロールの際はついでにダメージも振って頂ければ時間短縮に繫がりますね。
COBRA:MUのACは8。残りHP7。
システム:COBRAさんのロール(1D20) → 13 (13)
システム:COBRAさんのロール(1D6) → 2 (2)
システム:キャラクターリストにグイリアームが追加されました。
COBRA:3ダメージでまだ生きてる。
COBRA:MU AC8 HP4
COBRA:ブレス分を追加してMU AC8 HP3
システム:キャラクターリストにグレゴリーが追加されました。
蘇民將來:ゴブリン隊のリーダーに(マルチはAC4までなので単発かと)
システム:蘇民將來さんのロール(1D20) → 8 (8)
蘇民將來:-2まで
システム:蘇民將來さんのロール(1D8) → 3 (3)
蘇民將來:3*2+str3+剣1=10ダメ
蘇民將來:以上

COBRA:ゴブリン隊のリーダー戦士の残りHPは35になりました。
COBRA:トロルはどうしますか?アベンジャー説得をしてみてもいいですし(失敗すると戦闘)、敵軍敗走なので時間がかかると思えば逃げた事にしてもOKです
システム:COBRAさんのロール(1D20) → 6 (6)
システム:COBRAさんのロール(4D20) → 59 (15、18、15、11)
COBRA:デリウィンキ&部下でタコ殴りで敵MUは死亡
システム:COBRAさんのロール(1D20) → 1 (1)
システム:COBRAさんのロール(1D20) → 8 (8)
システム:COBRAさんのロール(1D20) → 17 (17)
COBRA:全員外れ。皆さんの番

システム:PI-TG001(ヒラヲカ)さんの「キメラに」ロール(1d20+4) → 10 (6)
システム:PI-TG001(ヒラヲカ)さんの「当たんないだろうけど一応」ロール(1d8+4) → 12 (8)
グレゴリー:そのまま、敵ゴブ隊リーダーを継続して攻撃します
システム:グレゴリーさんのロール(1D20) → 7 (7)
グレゴリー:AC-1まで
システム:グレゴリーさんのロール(1D8) → 3 (3)
グレゴリー:1Rと同じ10ダメで

システム:COBRAさんのロール(1D20) → 6 (6)
システム:COBRAさんのロール(5D20) → 56 (4、5、17、16、14)
システム:COBRAさんのロール(3D8) → 12 (4、6、2)
システム:COBRAさんのロール(2D6) → 8 (6、2)
システム:COBRAさんのロール(5D20) → 40 (7、17、11、4、1)
システム:COBRAさんのロール(1D6) → 6 (6)
システム:COBRAさんのロール(2D4) → 4 (3、1)
システム:COBRAさんのロール(1D20) → 1 (1)
システム:COBRAさんのロール(1D20) → 5 (5)
システム:キャラクターリストにデリウィンキ3世が追加されました。

システム:PI-TG001(ヒラヲカ)さんのロール(1d20+4) → 16 (12)
PI-TG001(ヒラヲカ):あ、キメラにです。
システム:PI-TG001(ヒラヲカ)さんのロール(1d8+4) → 9 (5)
クルト・ハレーン:グイリアームにキュア・ライト・ウーンズ
システム:クルト・ハレーンさんのロール(1d6+1) → 3 (2)

グレゴリー:では、お言葉に甘え?ゴブ隊リーダー無視して、フローレンとスノークに
グレゴリー:フリーザ様、もといスニフの声で「おいでこの腕の中 あっちの闇は苦いぞ」と甘言を弄します
システム:グレゴリーさんのロール(1D20) → 10 (10)
グレゴリー:一応、カリスマロールは成功です。
グレゴリー:以上でR終了します

システム:COBRAさんのロール(2D6) → 7 (4、3)
システム:COBRAさんのロール(1D20) → 16 (16)
システム:COBRAさんのロール(1D20) → 10 (10)
システム:COBRAさんのロール(5D20) → 77 (6、19、15、20、17)
システム:COBRAさんのロール(4D8) → 17 (5、4、5、3)
システム:COBRAさんのロール(1D20) → 2 (2)
システム:COBRAさんのロール(5D20) → 42 (5、8、7、12、10)
システム:COBRAさんのロール(2D6) → 9 (3、6)

システム:COBRAさんのロール(5D20) → 40 (6、15、10、3、6)
システム:COBRAさんのロール(1D8) → 5 (5)
システム:COBRAさんのロール(2D6) → 8 (6、2)

システム:PI-TG001(ヒラヲカ)さんの「キメラに」ロール(1d20+4) → 17 (13)
システム:PI-TG001(ヒラヲカ)さんの「当たったら」ロール(1d8+4) → 9 (5)

システム:COBRAさんのロール(1D20) → 10 (10)
システム:COBRAさんのロール(5D20) → 61 (16、15、6、17、7)
システム:COBRAさんのロール(2D4) → 6 (3、3)
システム:COBRAさんのロール(2D6) → 7 (1、6)
システム:COBRAさんのロール(2D6) → 4 (2、2)
システム:COBRAさんのロール(5D20) → 54 (4、17、17、8、8)
システム:COBRAさんのロール(2D8) → 5 (3、2)

システム:PI-TG001(ヒラヲカ)さんの「キメラに」ロール(1d20+4) → 20 (16)
システム:PI-TG001(ヒラヲカ)さんのロール(1d8+4) → 6 (2)

クルト・ハレーン:ジャベリンでキメラを攻撃。2回連続ロールしてしまいます。
システム:クルト・ハレーンさんのロール(1d20) → 4 (4)
システム:クルト・ハレーンさんのロール(1d20) → 13 (13)
システム:クルト・ハレーンさんのロール(1d6+1) → 3 (2)

システム:COBRAさんのロール(1D20) → 17 (17)
システム:COBRAさんのロール(2D6) → 10 (6、4)

蘇民將來:フローレンとスノークに、引き続きFA宣言して移籍しないかと
蘇民將來:マユリ様、もといスニフの声で、BUCK-TICKの「くちづけ」の詩の如く「やがて永遠になる こっちの闇は甘いぞ」と
システム:蘇民將來さんのロール(1D20) → 10 (10)
蘇民將來:カリスマロール成功

システム:COBRAさんのロール(5D20) → 29 (7、12、6、2、2)
システム:COBRAさんのロール(1D6) → 2 (2)
システム:COBRAさんのロール(5D20) → 33 (10、2、5、5、11)
システム:COBRAさんのロール(1D20) → 16 (16)
システム:COBRAさんのロール(1D6) → 5 (5)

システム:PI-TG001(ヒラヲカ)さんの「キメラに」ロール(1d20+4) → 15 (11)
システム:PI-TG001(ヒラヲカ)さんのロール(1d8+4) → 12 (8)

システム:COBRAさんのロール(5D8) → 20 (7、3、7、1、2)

システム:ラース・ローマインさんのロール(1D20) → 17 (17)
ラース・ローマイン:知力チェック
ラース・ローマイン:ダメ
クルト・ハレーン:知力チェック
システム:クルト・ハレーンさんのロール(1D20) → 7 (7)
クルト・ハレーン:成功

システム:COBRAさんのロール(2D6) → 8 (5、3)
システム:COBRAさんのロール(5D8) → 18 (4、1、8、1、4)
システム:COBRAさんのロール(26D6) → 105 (5、5、2、2、5、5、6、5、6、5、2、3、4、3、4、3、4、2、1、5、5、4、3、6、6、4)
システム:COBRAさんのロール(1D20) → 12 (12)
システム:COBRAさんのロール(1D20) → 16 (16)
システム:COBRAさんのロール(1D20) → 7 (7)
システム:COBRAさんのロール(1D4) → 1 (1)
システム:COBRAさんのロール(2D6) → 10 (6、4)
システム:COBRAさんのロール(2D6) → 7 (4、3)
システム:COBRAさんのロール(1D20) → 17 (17)
システム:COBRAさんのロール(2D10) → 11 (6、5)
システム:COBRAさんのロール(1D4) → 3 (3)
システム:COBRAさんのロール(3D20) → 29 (13、4、12)
システム:COBRAさんのロール(2D20) → 25 (7、18)
システム:COBRAさんのロール(2D2) → 3 (1、2)
システム:COBRAさんのロール(2D6) → 8 (6、2)
システム:COBRAさんのロール(2D6) → 4 (3、1)
システム:COBRAさんのロール(2D10) → 9 (4、5)
システム:COBRAさんのロール(1D4) → 1 (1)
システム:COBRAさんのロール(1D20) → 3 (3)
システム:COBRAさんのロール(1D20) → 1 (1)

システム:COBRAさんのロール(8D6) → 32 (6、4、3、5、5、5、2、2)

システム:鴉山 響一さんのロール(1D20) → 1 (1)
システム:キャラクターリストにアレウス・ジェルミンスキィが追加されました。

蘇民將來:信頼度チェック
システム:蘇民將來さんのロール(1D20) → 2 (2)

ラース・ローマイン:信頼度1d20
システム:ラース・ローマインさんのロール(1d20) → 20 (20)
ラース・ローマイン:新領地のしげんすうr
システム:ラース・ローマインさんのロール(1d10) → 2 (2)
システム:鴉山 響一さんのロール(1D10) → 8 (8)
システム:PI-TG001(ヒラヲカ)さんの「資源の数」ロール(1d10) → 10 (10)
PI-TG001(ヒラヲカ):一つ目の新領土(左)は4始原
システム:PI-TG001(ヒラヲカ)さんの「種類」ロール(4 1d10) → 
→ 1回目:7 (7)
→ 2回目:5 (5)
→ 3回目:3 (3)
→ 4回目:5 (5)
PI-TG001(ヒラヲカ):植物資源3、動物始原①
PI-TG001(ヒラヲカ):二つ目の領土行きます
システム:PI-TG001(ヒラヲカ)さんのロール(1d10) → 5 (5)
PI-TG001(ヒラヲカ):2tsu
システム:PI-TG001(ヒラヲカ)さんのロール(2 1d10) → 
→ 1回目:9 (9)
→ 2回目:10 (10)
PI-TG001(ヒラヲカ):鉱物資源*2!

システム:COBRAさんのロール(1D10) → 1 (1)

システム:蘇民將來さんのロール(1D10) → 1 (1)
システム:蘇民將來さんのロール(1D10) → 6 (6)

システム:COBRAさんのロール(1D4) → 4 (4)

ラース・ローマイン:資源種類
システム:ラース・ローマインさんのロール(1d10) → 10 (10)
システム:ラース・ローマインさんのロール(1d10) → 9 (9)

システム:ラース・ローマインさんのロール(1d12) → 5 (5)
システム:ラース・ローマインさんのロール(1d12) → 9 (9)

システム:PI-TG001(ヒラヲカ)さんのロール(1d20) → 2 (2)
システム:PI-TG001(ヒラヲカ)さんのロール(1d20) → 7 (7)

システム:鴉山 響一さんのロール(1D20) → 13 (13)
システム:鴉山 響一さんのロール(1D100) → 62 (62)

システム:鴉山 響一さんのロール(1D20) → 10 (10)
システム:鴉山 響一さんのロール(1D100) → 75 (75)

システム:PI-TG001(ヒラヲカ)さんのロール(1d100) → 49 (49)

システム:蘇民將來さんのロール(1D100) → 98 (98)
システム:蘇民將來さんのロール(1D20) → 6 (6)

システム:なんりんさんのロール(1d2) → 1 (1)
システム:なんりんさんのロール(1d20) → 20 (20)
システム:なんりんさんのロール(1d100) → 9 (9)

システム:蘇民將來さんのロール(1D20) → 4 (4)

ーーー以下 チャット卓ー

鴉山 響一:いよいよ決着がつくの……か?
PI-TG001(ヒラヲカ):X5がからむと時間がかかりそうですね
鴉山 響一:でしょうね。前回ヒラヲカさんがされたときはショートカットしまくりだったんですよね。
PI-TG001(ヒラヲカ):そうですね、迅速にシナリオが終わった方なので。
PI-TG001(ヒラヲカ):フルサイズのセッション分の時間*2つかったからなあそもそも
鴉山 響一:なるほど。つまりショートカットと言いつつも、4コマくらいの時間は掛かっているわけだ。
PI-TG001(ヒラヲカ):6時間*2ぐらいだったかなあ、結構疲れた記憶も。
鴉山 響一:なら、今日一日では絶対に終わらないですね。もし終わるとしたらそれは……。

鴉山 響一:蘇民さん、残念です。
なんりん:よろしくお願いしますー
なんりん:クルト帰りますビシッ
鴉山 響一:おお、凄い。
鴉山 響一:そういやあ分捕った奴もありましたね。
鴉山 響一:砂丘というよりは荒れ地・ステップみたいな地形でしょうか。
鴉山 響一:「おや……あすこに人が?」
鴉山 響一:あ、PL名のままだった(笑)
アレウス・ジェルミンスキィ:観察してみましょう。どんな男ですか?
アレウス・ジェルミンスキィ:「敵意は無い、という証かな」
ラース・ローマイン:敵意はないということかな?
ラース・ローマイン:「少し、接触してみましょう」
アレウス・ジェルミンスキィ:ですね。
ラース・ローマイン:このメンツのリーダーはカシアスで良さそうですよね…?
アレウス・ジェルミンスキィ:(真実の神……?)
アレウス・ジェルミンスキィ:(やはりな……)
ラース・ローマイン:「嘘をつく神を崇めていないですよね」>アレウス
アレウス・ジェルミンスキィ:「そのような無益で愚かな神を信奉するくらいなら、死んだ方がマシだな」
アレウス・ジェルミンスキィ:如何にも胡散臭い国なわけだ。
アレウス・ジェルミンスキィ:「敵方のことをよく知ることも勝利への一歩だろう」といって促します。
ラース・ローマイン:「行きましょう」
GM/COBRA:タレル・エル・ハレイドヒン
アレウス・ジェルミンスキィ:「私はゲルダーラントのアウレリウス。貴公らのもてなしに感謝する」
アレウス・ジェルミンスキィ:「この黒い液体は……噂に聞く黒茶というものか?」
ラース・ローマイン:ここまできて、失礼の内容にしますよ「ラース・ローマインと申します。この度の歓待、ありがたく存じます」
アレウス・ジェルミンスキィ:「さよう。それは遥か東方の小国にして、勇猛なる騎士たちの故郷云々……」
アレウス・ジェルミンスキィ:イラルアムと同じような雰囲気ですね。PL談。
アレウス・ジェルミンスキィ:「惨いことをする。アレイドヒンどの。我々は奴らの懐に飛び込んでみようと考えているのだ。奴らのことを知らぬままでは何事も進められん。そこで……」
アレウス・ジェルミンスキィ:と、少し態度がやわらかくなった彼に、「できるだけ最短かつ隠密裏に勧める道を教えて欲しいのだ」
アレウス・ジェルミンスキィ:「そのようなことかできるのか」
アレウス・ジェルミンスキィ:いやいや。いきなりイエス/ノーでの質問と言われても難しいですし、
クルト・ハレーン:うーん、どうしよう…
アレウス・ジェルミンスキィ:まずは彼らのテリトリーがどの程度なのかから聞いてみたいのですが。
アレウス・ジェルミンスキィ:あ、いや、この遊牧民たちです。
アレウス・ジェルミンスキィ:ふむ。であれば、ヒュールへ抜ける道などについても聞いているのでは。……つてのがグレートパスですかね。
アレウス・ジェルミンスキィ:ふーむ。とはいえ、交易路沿いに向かえば、敵の部隊と必ずぶつかることになる。
アレウス・ジェルミンスキィ:嫌なことを聞いたなー(笑)
アレウス・ジェルミンスキィ:ですよね。ならば、やはりその峠を通るのが近道となるのでは。
GM/COBRA:http://mystara.thorfmaps.com/wiki/images/2/2e/X5-hule-24.png
ラース・ローマイン:確かに…
アレウス・ジェルミンスキィ:「寺院?」
アレウス・ジェルミンスキィ:おーなるほど。
アレウス・ジェルミンスキィ:「状況は言って見ねばわからないが……それでも、海路で向かうとしたら、とても目立つだろうな」
アレウス・ジェルミンスキィ:嵐は厭だ……。
アレウス・ジェルミンスキィ:「まことに助かる。助かるついでに……」といって、グレートパスまでの水先案内をお願いしてみたいのですが。
アレウス・ジェルミンスキィ:水先案内といいつつ、実質はボディガード状態なんですけどね。
アレウス・ジェルミンスキィ:グレートパス、更にヒュールに入るまでにチームの損耗は避けたい。PL談。
アレウス・ジェルミンスキィ:確かにもったいないけど、前回グイリアームにしてもらっていて、今すぐ何か聞きたいことってのは無いのでは。
ラース・ローマイン:マスターを倒すのに、何か特殊な武器が必要かどうかとか
アレウス・ジェルミンスキィ:それは妙案。
ラース・ローマイン:「そうですか…それはそれで大変な課題が出てきましたね」
ラース・ローマイン:なかなか…
アレウス・ジェルミンスキィ:本隊はここからxマイル以内に存在するか、とか?
アレウス・ジェルミンスキィ:良いと思います。
アレウス・ジェルミンスキィ:距離を聞くなら120マイルくらいじゃないですか?
アレウス・ジェルミンスキィ:おおー。いるんじゃん。
ラース・ローマイン:結構重要
アレウス・ジェルミンスキィ:みんな大好きコンタクト・アウタープレインで。
アレウス・ジェルミンスキィ:SUNチェック(笑)
アレウス・ジェルミンスキィ:しかし奴らは何でも知っているからねえ。
ラース・ローマイン:「ありがとうございました。この地域の平穏にお役に立てればと思います」


アレウス・ジェルミンスキィ:「退避! 退避!」
アレウス・ジェルミンスキィ:そして我々は誘われるようにその洞窟へと誘われたのであった。
アレウス・ジェルミンスキィ:そこからその敵勢をチラチラっと観察してみると?
アレウス・ジェルミンスキィ:はい。それが賢明でしょう。
ラース・ローマイン:なるほどー
アレウス・ジェルミンスキィ:えらいこっちや。
アレウス・ジェルミンスキィ:どの程度の規模なのか、そしてどのような編成なのかは気になるところでしょう。
アレウス・ジェルミンスキィ:あらま。近づいてきた……?
ラース・ローマイン:何かごみでも捨てている?死体とか
アレウス・ジェルミンスキィ:いやあ、それは見たくないアレですナ。
ラース・ローマイン:これはきっついねぇ
アレウス・ジェルミンスキィ:今も殺されずに喰われるために活かされている捕虜がいるのか……?
アレウス・ジェルミンスキィ:夜に明かりということは……友軍の反撃か?
ラース・ローマイン:かといって、出ていくわけには…
ラース・ローマイン:何が起きているんだろう…?戦闘しているような音なのかな?
ラース・ローマイン:夜営している時に何かが紛れ込んだような気もしますが…
アレウス・ジェルミンスキィ:そりゃまあ気になりますから見ますよ。もちろんそっとですが。
ラース・ローマイン:部隊からはぐれたゴブリンがいじめられているだけではないでしょうか…
ラース・ローマイン:その、はずれの人間を襲撃することも不可能ではないでしょうが…
ラース・ローマイン:魔術師でもいれば…スリープで一発…
アレウス・ジェルミンスキィ:そうでしょうか?ともかく、各個撃破するのならやっても良いですけど。
ラース・ローマイン:なにか、情報でも得ます?
アレウス・ジェルミンスキィ:シーフも魔術師もいませんけど。ああ、ホールドパーソンね。
システム:GM/COBRAさんのロール(1D20) → 16 (16)
ラース・ローマイン:4人くらいならまとめて?
ラース・ローマイン:あ
ラース・ローマイン:かかっていないようなら、私も
ラース・ローマイン:そうしましょう
アレウス・ジェルミンスキィ:そうでしたね。
ラース・ローマイン:寝ている奴らに、ホールドしましょう
システム:GM/COBRAさんのロール(4D20) → 21 (7、3、1、10)
アレウス・ジェルミンスキィ:寝てる連中はノーセーブでしょうなあ。かわいそうに。
ラース・ローマイン:ふんじばりましょう
ラース・ローマイン:無力化を
ラース・ローマイン:ローブは、奴らのお仕着せとかです?
ラース・ローマイン:奴らは、味方であるのをどうやって認識しているんだろう
アレウス・ジェルミンスキィ:ほう。「この印は……?」
ラース・ローマイン:そういう紋章は偽造できそうですかねぇ
ラース・ローマイン:「このローブと、紋章とかで敵の振りをすると、しばらく、やり過ごしやすくなるのでは?」
アレウス・ジェルミンスキィ:いまでしょう。聞くなら。
アレウス・ジェルミンスキィ:ビンタで解けるわけでもないでしょうし。
アレウス・ジェルミンスキィ:この本隊のリーダーは誰か?
アレウス・ジェルミンスキィ:どこを目指しているのか?
アレウス・ジェルミンスキィ:でしょうね。
ラース・ローマイン:マスターを倒すということになるのでは…と思いますが…
アレウス・ジェルミンスキィ:だけど、先ほどのマップを見ても、この本隊がアケソリにつくよりも早くマスターを斃してアケソリに戻るのは不可能でしょう。となれば、アケソリに到着する前にこの本隊をそれなりに弱体化させておいて、アケソリが防衛できるようにしておかないと。
アレウス・ジェルミンスキィ:マスターのことはその後に。
ラース・ローマイン:そうか…
アレウス・ジェルミンスキィ:しないでしょう。
アレウス・ジェルミンスキィ:いや、できないと言うべきか。
アレウス・ジェルミンスキィ:こんな雑兵ですよ。
アレウス・ジェルミンスキィ:よーしじゃあこうしましょう。我々はダルヴィッシュたちと連携を取りつつ、この本隊の最後尾についていって、交尾部隊を分断。移動速度の落ちるやつらはいるでしょうから。で、実際にはダルヴィシュたちに包囲殲滅してもらって完璧を期す。
アレウス・ジェルミンスキィ:だから、後尾部隊を分断させて、その小部隊ごとに潰していくわけです。
アレウス・ジェルミンスキィ:それと、我々の仲間に出来そうな連中はいるかな?要するにカオティックと言うかイービルな奴らでなく、やむなく従軍しているような。
ラース・ローマイン:グレとかならできるかもですが…>仲間
ラース・ローマイン:我々では難しいのでは…?
アレウス・ジェルミンスキィ:モンスターたちを仲間にしたいと言う発想はありません。
ラース・ローマイン:敵のリーダーの中には魔法使いとかいるのかな?
ラース・ローマイン:リーダークラスでないと、よしとするか…魔法使いがいるとなるとは怖いなと思ったのですが、大丈夫か
アレウス・ジェルミンスキィ:ま、状況は分かりました。
アレウス・ジェルミンスキィ:じゃあやはりチマチマと後尾部隊を分断させて、潰していきましょう。
システム:GM/COBRAさんのロール(2D6) → 3 (1、2)
アレウス・ジェルミンスキィ:もう二、三チーム潰しますか?
アレウス・ジェルミンスキィ:あまり派手にやりすぎてもばれますけど。
システム:GM/COBRAさんのロール(1D6) → 6 (6)
ラース・ローマイン:ホールドを使いつつがいいのかなとも
アレウス・ジェルミンスキィ:カオティック同士なら当然折り合いも良くないでしょうから、はぐれてる小チームを潰していきましょう。
システム:GM/COBRAさんのロール(1D6) → 1 (1)
システム:GM/COBRAさんのロール(1D6) → 1 (1)
ラース・ローマイン:こんな軍隊なら、多少消えていても、序盤はそれほど問題にならない気もします
システム:GM/COBRAさんのロール(2D4) → 2 (1、1)
アレウス・ジェルミンスキィ:周囲に他の連中がいなければ。
アレウス・ジェルミンスキィ:はい。片手を上げてゆっくり近づいて行きます。
アレウス・ジェルミンスキィ:で、接敵したらおもむろに斬りつけます。「ここからは一気!」
ラース・ローマイン:サイレンスでもかける準備をしておきますか
システム:GM/COBRAさんのロール(1D6) → 3 (3)
アレウス・ジェルミンスキィ:情けは無用ファイア!
システム:カシアス・ダーリントンさんのロール(1d20+4) → 22 (18)
システム:カシアス・ダーリントンさんのロール(1d8+4) → 5 (1)
システム:アレウス・ジェルミンスキィさんのロール(1d20+2+1+1) → 11 (7)
アレウス・ジェルミンスキィ:あたりました。
システム:アレウス・ジェルミンスキィさんのロール(1d8+4) → 9 (5)
システム:GM/COBRAさんのロール(1D20) → 15 (15)
ラース・ローマイン:すばらしい。
ラース・ローマイン:死体は洞窟にでもはこびますか
アレウス・ジェルミンスキィ:「気づかれたところで、気に食わないから殺した」で済んじゃいそうですね。
ラース・ローマイン:なんて、やりやすいんだ?!
システム:GM/COBRAさんのロール(1D6) → 2 (2)
システム:GM/COBRAさんのロール(1D6) → 4 (4)
アレウス・ジェルミンスキィ:ただ、さすがにやり過ぎると目立つから。
ラース・ローマイン:サル?
ラース・ローマイン:ガーゴイル…
アレウス・ジェルミンスキィ:手を振ります。、散れ散れみたいな雰囲気で。
アレウス・ジェルミンスキィ:これでいいんだ(笑)
システム:GM/COBRAさんのロール(1D6) → 1 (1)
システム:GM/COBRAさんのロール(1D6) → 1 (1)
アレウス・ジェルミンスキィ:櫓!?
ラース・ローマイン:櫓を使用不能にしたりすると、流石に大事になるかな…
アレウス・ジェルミンスキィ:「あれは破壊したいが、さすがに機会を考えないと目立つぞ」
ラース・ローマイン:「壊すことができれば、そのままここを離れてもいい気もしますけどね」
ラース・ローマイン:方法は思いつかない
ラース・ローマイン:それ思った!
アレウス・ジェルミンスキィ:行けてつじーん!
アレウス・ジェルミンスキィ:ちなみに、その櫓は何輌いそうですか?
ラース・ローマイン:何人くらいで動かすもんなんですかね
アレウス・ジェルミンスキィ:じゃあ、こいつらを乗っ取れるならぶつけ合えば。
アレウス・ジェルミンスキィ:ゴブリンとか雑兵ならダンプのオーバーラン状態(笑)
ラース・ローマイン:休んでいる時にのっとれれば、何台かは使用不能にできそう
ラース・ローマイン:まずは、櫓の調査かと
ラース・ローマイン:誰が動かしているとか。まずは、近寄る?
アレウス・ジェルミンスキィ:「ならば、そのためにももう一日機会を待ち、乗っ取りは完ぺきにかつ迅速にできるようにしよう」
アレウス・ジェルミンスキィ:明日の行軍時にどうやって操縦しているかも見る必要があるね。
ラース・ローマイン:「今晩は、これを見つけたのでも良かったということで。昼間のほうが、よく観察できるかもしれない」
ラース・ローマイン:陽動とか?具体的には考えていないですけど
アレウス・ジェルミンスキィ:「だから、何度も言っているが、分断した小部隊の処理をやっていただきたい」
ラース・ローマイン:櫓を則って暴れることができたら、その時に加勢してもらえるといいけど、そう都合よく連携が取れるかというとなあ…
ラース・ローマイン:でしょうねぇ
アレウス・ジェルミンスキィ:それで良いと思います。
アレウス・ジェルミンスキィ:縦じゃなくて横なのね。
ラース・ローマイン:道に近づいたあたりまで、こちらもなんとか大掛かりな作戦が取れるといいんですけどね
ラース・ローマイン:櫓乗っ取りとか!
ラース・ローマイン:まあ、それまで少し時間もありましょうから、調査しましょう?
ラース・ローマイン:まだ道には届かないですよね?
アレウス・ジェルミンスキィ:とは言っても何輌かあるうち一輌の乗っ取りですからね。どれほど効果があるか。
アレウス・ジェルミンスキィ:やらないよりはましですが。それと、そうタイミングが重要。
ラース・ローマイン:道の近くで夜営している時に、のっとって、休んでいる櫓を潰すですよ?
ラース・ローマイン:すべてを都合良く潰せるとも思えないですけど、いくつかは潰せるかもと?
アレウス・ジェルミンスキィ:呼応するタイミングは重要でしょう。
ラース・ローマイン:むしろ、こちらが暴れ始めてからかれらに攻撃してもらうとか
ラース・ローマイン:もうないかなぁ。休むことかな。
アレウス・ジェルミンスキィ:いや、翌日に進めて良いんじゃないでしょうか。
システム:GM/COBRAさんのロール(1D6) → 1 (1)
システム:GM/COBRAさんのロール(1D6) → 4 (4)
ラース・ローマイン:櫓を見れるところにいけたらいきたいかも
アレウス・ジェルミンスキィ:つまり部隊の中央近くに行くわけですかね? >なんりんさん
ラース・ローマイン:ですかねぇ
ラース・ローマイン:端の櫓でもいいです、見るだけなので
GM/COBRA:http://2.bp.blogspot.com/-J2l7gmtZAYk/VkFJc49GsrI/AAAAAAAADE0/6ePmYM8zVBA/s1600/DnDX4MasterOfTheDesertNomads.jpg
ラース・ローマイン:稼働前に櫓で櫓を襲えば、けっこうやれるのでは?と思った
アレウス・ジェルミンスキィ:超信地旋回ができるんでしたよね。
ラース・ローマイン:ぶつけたら自分も壊れちゃうか…
アレウス・ジェルミンスキィ:それで潰し合わせるのは最後で、それよりも雑兵を潰しまくるのが先決でしょう。
アレウス・ジェルミンスキィ:じゃあインテリで。
システム:アレウス・ジェルミンスキィさんのロール(1D20) → 14 (14)
アレウス・ジェルミンスキィ:あ、1たりない。
システム:カシアス・ダーリントンさんの「wizチェッ
システム:カシアス・ダーリントンさんのロール(1d20) → 11 (11)
システム:ラース・ローマインさんのロール(1d20) → 10 (10)
ラース・ローマイン:ほほう~
ラース・ローマイン:こわっ
アレウス・ジェルミンスキィ:パワープレイヤー時代は色々な意味でお世話になりました。
アレウス・ジェルミンスキィ:ほーじょーあーーいずっ! 言って横っ飛びに。
ラース・ローマイン:この部隊全体で、何台くらいいるですかねぇ…
ラース・ローマイン:うーん、そこまですると危険かなぁ
システム:GM/COBRAさんのロール(1D6) → 1 (1)
システム:GM/COBRAさんのロール(1D6) → 2 (2)
システム:GM/COBRAさんのロール(2D10) → 2 (1、1)
アレウス・ジェルミンスキィ:はい。
ラース・ローマイン:野営するあたりで、櫓の警備体制とかはどうなっているか見に行きたいですね
ラース・ローマイン:とりあえず、周りに人がいるかわかるくらい?
ラース・ローマイン:さすがに、寝ずに警備してますかねぇ
ラース・ローマイン:きた
アレウス・ジェルミンスキィ:となると、ホールドパーソン3回分くらいは必要ですね。
ラース・ローマイン:戦うことになればですけどね
システム:GM/COBRAさんのロール(1D10) → 1 (1)
ラース・ローマイン:人間?
アレウス・ジェルミンスキィ:合言葉が言えないなら、やるしかありませんよ。
システム:カシアス・ダーリントンさんのロール(1d6) → 2 (2)
ラース・ローマイン:これで騒ぎを起こすとまぁ…仕方ないか…
システム:カシアス・ダーリントンさんのロール(1d20+3) → 11 (8)
システム:カシアス・ダーリントンさんのロール(1d8+3) → 11 (8)
システム:GM/COBRAさんのロール(4D20) → 42 (20、4、11、7)
ラース・ローマイン:一人なら、うちまくり
ラース・ローマイン:違う
ラース・ローマイン:付近にいる奴らに
システム:GM/COBRAさんのロール(4D20) → 34 (15、7、5、7)
アレウス・ジェルミンスキィ:じゃあ残りの奴らに向けて……っと。
アレウス・ジェルミンスキィ:じゃあツーハンドソードのやつに。
システム:アレウス・ジェルミンスキィさんのロール(1d20) → 13 (13)
アレウス・ジェルミンスキィ:-1です。
システム:アレウス・ジェルミンスキィさんのロール(1d8+3) → 11 (8)
アレウス・ジェルミンスキィ:あ、フンガーベルト忘れてた。
システム:アレウス・ジェルミンスキィさんのロール(1d8) → 3 (3)
アレウス・ジェルミンスキィ:ついかで3です。
システム:カシアス・ダーリントンさんのロール(1d6) → 3 (3)
システム:GM/COBRAさんのロール(1D6) → 1 (1)
システム:GM/COBRAさんのロール(1D20) → 8 (8)
システム:GM/COBRAさんのロール(3D20) → 49 (12、19、18)
ラース・ローマイン:残りにさらにホールド
システム:GM/COBRAさんのロール(2D20) → 21 (7、14)
ラース・ローマイン:急いでふんじばろう
アレウス・ジェルミンスキィ:「よし、乗り込むんだ」
ラース・ローマイン:ここで騒ぎをおこします?ないですよね
アレウス・ジェルミンスキィ:するにしろしないにしろ、車内に乗り込む必要はあるんじゃないですか?
ラース・ローマイン:まあ、たしかに
アレウス・ジェルミンスキィ:「こいつはどうやって動かすんだ?」
アレウス・ジェルミンスキィ:紐があるとかボタンがあるとか。
アレウス・ジェルミンスキィ:「こいつ……動くぞ」
ラース・ローマイン:ちなみに、ジャガーノート兵に化けれない?
アレウス・ジェルミンスキィ:動かし方が分かれば、しばらくはここに乗ってやり過ごすか。
ラース・ローマイン:装備をうばう
ラース・ローマイン:合言葉は必要そうですが…
ラース・ローマイン:だれか教えてくれないかなー
システム:GM/COBRAさんのロール(2D6) → 3 (1、2)
ラース・ローマイン:wwどうしよう
アレウス・ジェルミンスキィ:むいちゃえ。
システム:アレウス・ジェルミンスキィさんのロール(8D10) → 42 (9、7、9、3、2、8、2、2)
アレウス・ジェルミンスキィ:惨い。
ラース・ローマイン:ぐしゃ
アレウス・ジェルミンスキィ:ジャガノートで惹かれるってのは、こういうことなんだ! どうだこわいだろう!!
ラース・ローマイン:「いやぁ、これはかなりひどいもんですねぇ」>士官
アレウス・ジェルミンスキィ:あいつ……カミーユとか言うやつか。
ラース・ローマイン:「ああ、これはいいことを聞きました」
アレウス・ジェルミンスキィ:まあわかってよかった。
アレウス・ジェルミンスキィ:文句つけてくるやつは叩き切る。 ←ヒドイ
ラース・ローマイン:士官の名前とかここの部隊の全容とか聞いておこうか。設定されてなければ、聞いた、でも
ラース・ローマイン:ジャガーノートは何台?
アレウス・ジェルミンスキィ:いや、もしこのモビル……ジャガノートが一人でも動かせるのなら、タイミングを見て他の車輛も奪って大混乱に落とし込むってのもアリかと。
アレウス・ジェルミンスキィ:前部この木製MSですか?
ラース・ローマイン:もしくは、一時的に行動不能にするだけでも、決起時にかなり有利になるかも…
アレウス・ジェルミンスキィ:ま、それはともかく。タイミング次第ですかね。
ラース・ローマイン:今回はいいでしょう
アレウス・ジェルミンスキィ:はい、そろそろタイムリミットですね。
ラース・ローマイン:ありがとうございますー。
アレウス・ジェルミンスキィ:ある意味ムネアツな展開ですね。
アレウス・ジェルミンスキィ:なるほどね。
ラース・ローマイン:うーん、なるほどねぇ
アレウス・ジェルミンスキィ:やはり索敵能力は重要ですね。
ラース・ローマイン:連絡手段なぁ水晶玉とかあれば…
ラース・ローマイン:ありがとうございました
アレウス・ジェルミンスキィ:お疲れ様でしたー。
 いいね!  0

注意: 当ページの内容の転載、複製は著作者の許可がない限り行わないでください。

リプレイ一覧に戻る

コメントを書く

※投稿するにはログインが必要です。

コメント一覧

まだレスポンスがありません。