【としあきの聖杯戦争】草津町聖杯戦争

10pyoリプレイ  0
登録日:2018/01/04 00:39最終更新日:2018/01/04 00:39
本セッションのディレクターズ・カット版は以下のURLからダウンロードできます

ttps://ux.getuploader.com/onsenfatetrpg/download/32

監督役:さて
監督役:時間になりましたので聖杯戦争を開始します
監督役:点呼開始!
一昨々日:準備完了!(1/6)
ラーミナ・イグニス:準備完了!(2/6)
漆谷るか:準備完了!(3/6)
紅威 麗華:準備完了!(4/6)
春原和子:準備完了!(5/6)
水元 明良:準備完了!(6/6)
全員準備完了しましたっ!
監督役:一昨々日さんは文字の色変えお願いします
監督役:後、今回のセッションは編集してリプレイにしようと思うのですが大丈夫でしょうか?
煤居 秋:了解です
漆谷るか:おk
春原和子:大丈夫ですよー
紅威 麗華:了解です!
ラーミナ・イグニス:OKです
煤居 秋:OKです
水元 明良:こちらも問題ないです
監督役:ありがとうございます
紅威 麗華:問題無いです
監督役:では、OPから

監督役:「どうも、こんばんは」
監督役:「僕は魔術使いの弁護士、ヴァーげ・シューマッハです」
監督役:「ここ草津の町は温泉街ということもあって良質な霊地を抱えています」
監督役:「しかし、それだけに溜まった魔力の扱いは難しいもので」
監督役:「この度は時計塔が聖杯戦争という形で魔力の調整を行うことにしました」
監督役:「僕は時計塔に雇われた外部の魔術師ですが。この聖杯戦争には直接関与しません」
監督役:「しかし、どこかの魔術師が荒くれ者のサーヴァントを召喚しそのままマスター殺しの被害にあったようです」
監督役:「あなた達には聖杯戦争をしながらそのサーヴァントの討伐をしていただきます」
監督役:「……積極的にする必要はありませんが、討伐に成功したマスターには令呪1画を与えます」
監督役:「では、最後まで悔いのない聖杯戦争をどうぞお願いします」
監督役:OP終了です
春原和子:はぁい!
漆谷るか:はい
紅威 麗華:はい!
監督役:続いて諸々の説明です
煤居 秋:はい
ラーミナ・イグニス:はい
監督役:RPタブが6つあるので早い者勝ちです
(注釈:RPタブの内容は省略させていただきます。見た方はディレクターズ・カット版をダウンロードしてください)
監督役:また、行動宣言はdiscordのDMでお願いします
監督役:以上です
春原和子:はぁい

監督役:1ターン目1巡目
監督役:行動宣言お願いします
春原和子:あ、初期位置は・・・
監督役:あ、そうだ
監督役:初期位置は公開宣言後駒移動お願いします
監督役:NPCはランダムでぶらぶらします
春原和子:では駅でー
水元 明良:田園で
ラーミナ・イグニス:観光地で
煤居 秋:観光地で
紅威 麗華:商店街
監督役:漆谷さん?
漆谷るか:商店街で
漆谷るか:ごめんなさい
監督役:では
監督役:choice[商店街,歓楽街,観光地,温泉,住宅街,駅,田園]
DiceBot : (CHOICE[商店街,歓楽街,観光地,温泉,住宅街,駅,田園]) → 温泉
監督役:行動宣言どうぞ
監督役:既に宣言した方はそのままでいいです
水元 明良:どこにでも来られるのか、怖いな
監督役:いや
監督役:初期位置だから…
どどんとふ:「漆谷るか」がログインしました。
水元 明良:いえ、霊地はすべての地区と隣接してますから。いきなり襲来されるかもな、と。
どどんとふ:「漆谷るか」がログインしました。
監督役:ああ、そうですね
春原和子:確かに・・・
漆谷るか:はいな
紅威 麗華:ですね
監督役:エラー発生
春原和子:むわ!?
監督役:いや、隣接エリア以外に移動しようとした人が…
どどんとふ:「漆谷るか」がログインしました。
春原和子:今回7エリアありますしねぇ
春原和子:いつもと勝手が違うのかも?
漆谷るか:ごめんなさい、位置を間違えてました
監督役:シークレットダイス
監督役:出揃いました
紅威 麗華:なんか、ログの一部の更新が、遅いです
監督役:移動ある方は移動お願いします
監督役:隠れる方は控室に動かしてください
監督役:あ、そうだ!
春原和子:むむ?
監督役:田園で陣地が作成されました!
監督役:同時に宝具が発動されました
監督役:宝具RPと効果どうぞ
監督役:宝具RPと効果どうぞー
水元 明良:すいません
水元のアーチャー:【容姿】高貴な身分であることを伺わせる黒い全身鎧の騎士。

【クラス】アーチャー
【容姿】高貴な身分であることを伺わせる黒い全身鎧の騎士。
【HP】 50/35(+15)
【筋力】A++:7(8)
【耐久】A++:7(8)
【敏捷】C:3
【魔力】D:2
【幸運】B:4

水元のアーチャー:「真名、開帳——私は災厄の堰を断つ」
水元のアーチャー:「これは全ての疵、全ての理想を否定する我が絶望郷ーー」
水元のアーチャー:「顕現せよ、『永久に遥か幻想の城』!」
水元のアーチャー:【宝具2】『永久に遥か幻想の城』(バトル・オブ・ポワティエ) 1/1【ランク・種別】B:対軍宝具 レンジ:99 最大補足数:100【効果】キャラシート作成時、令呪1画消費。スキル3と同時発動。陣地に以下の効果を付与する        ・陣地内でアーチャーの攻撃対象となった、またはアーチャーを攻撃対象にしたキャラクターは         手番終了時、(5-敏捷or幸運)d3のダメージを受ける。     相手は敏捷・幸運のうち、高い方を使用してダメージ判定を行う。     この効果は「遠距離攻撃フェイズで受けるダメージを無効にする」スキルを持つキャラクターには無効となる。     また、このダメージでHPは0にならない。    ・陣地内では奇襲防御時補正値5を得る。
水元のアーチャー:以上です
監督役:はい
監督役:行動に変更のある方は改めて宣言してください
監督役:変更がない方はそのままで結構です
るかのライダー:ちょっとググっていいです?
漆谷るか:と、ミス
監督役:勝手にどうぞ
監督役:あ、暴走サーヴァントについて補足です
監督役:暴走サーヴァントはマスタースキル相当の追加スキルを2つ持っています
春原和子:ふむふむ
監督役:参考までにバランスとしては、令呪1画消費の通常サーヴァント程度です
紅威 麗華:なるほど
監督役:【BGM 移動1】
どどんとふ:「漆谷るか」がログインしました。
監督役:【BGM 移動1】
監督役:行動宣言まだの方は早めにどうぞ
春原和子:とと、1巡目ですよね?
監督役:……宣言してからRPお願いします
監督役:2巡目です
春原和子:あ、2巡目でしたか
春原和子:今すぐ宣言してきますー!
監督役:出揃いました
監督役:移動お願いします
監督役:しばしお待ちを
監督役:観光地で遭遇フェイズが発生しました
監督役:煤居と漆谷は容姿公開後RPどうぞ
監督役:【BGM 遭遇1】
るかのサーヴァント:【容姿】可愛らしい黒髪の女子高校生。
煤居 秋:【容姿】胡散臭い笑みを浮かべる男
漆谷るか:こっちだ
煤居 秋:「やあ、こんばんは」
漆谷るか:「こんばんは」
漆谷るか:「早速ですが、僕は願いをかなえるために聖杯戦争を戦っているわけではありません」
煤居 秋:「おや、マスターであることはバレてるか」
漆谷るか:「流石に、令呪の有無ぐらいは確認します」
漆谷るか:「聖杯戦争ですからね。どこにマスターが居てもおかしくありませんし」
煤居 秋:「願いを叶えるためでない、ってことは、闘争や復讐、ああ、聖杯戦争を止めるなんて正義の味方みたいなのもあるか」
漆谷るか:「僕は一度願いを叶えていますからね。聖杯が悪用されるのを止めたいんです」
監督役:遠距離攻撃が宣言されました
監督役:商店街の麗華が観光地に対して遠距離攻撃です
監督役:麗華は容姿公開お願いします
漆谷るか:マジか
監督役:【BGM 遠距離攻撃】
煤居 秋:やっべ
紅威のサーヴァント:【容姿】緑髪の制服姿の女の子
紅威のサーヴァント:容姿】ドレスを着た気品のある女性

【クラス】アヴェンジャー
【容姿】ドレスを着た気品のある女性
【HP】15/15
【筋力】E:1
【耐久】C:3
【敏捷】A:5
【魔力】E:1
【幸運】EX:8(10)

紅威のサーヴァント:では、宝具を発動します。
監督役:……マスターの方名前を直して改めて容姿公開お願いします
煤居 秋:「さて、血気盛んなマスターがいる様だな」
紅威のサーヴァント:【宝具2】[アウクスブルクの天使]と呼ばれし、我が恨みはいついかなる時も、消えはしない(コンビクト・ザ・ウィッチ) ∞/∞【ランク・種別】D +:対人法具【効果】同盟を組んでいない自身に遭遇フェイズが発生しない場合、発動出来る。遠距離攻撃扱いとして、隣接エリアの陣営に奇襲攻撃を行う。(ただし、隣接エリアにマスターがいるか分からない場合はこの宝具は発動出来ない)
漆谷るか:「ですね」
監督役:マスターの方名前を直して改めて容姿公開お願いします
紅威 麗華:失礼
紅威 麗華:【宝具2】[アウクスブルクの天使]と呼ばれし、我が恨みはいついかなる時も、消えはしない(コンビクト・ザ・ウィッチ) ∞/∞【ランク・種別】D +:対人法具【効果】同盟を組んでいない自身に遭遇フェイズが発生しない場合、発動出来る。遠距離攻撃扱いとして、隣接エリアの陣営に奇襲攻撃を行う。(ただし、隣接エリアにマスターがいるか分からない場合はこの宝具は発動出来ない)
紅威 麗華:ミスです
監督役:後サーヴァントのステータスも駒に貼ってください
紅威 麗華:容姿】緑髪の制服姿の女の子
紅威 麗華:貼りました。
監督役:観光地の2人もサーヴァントの容姿公開お願いします
漆谷るか:はいな
るかのライダー:【容姿】鎧を着た黒髪黒目の女性。

【クラス】ライダー
【容姿】鎧を着た黒髪黒目の女性。
【HP】20 / 20
【筋力】A+:6
【耐久】A+:6
【敏捷】B:4
【魔力】A:5
【幸運】B:4

煤居のサーヴァント:【容姿】ローブを被った少年

【クラス】キャスター
【容姿】ローブを被った少年
【HP】30/30
【筋力】1:E
【耐久】3:E++
【敏捷】5:A
【魔力】5:A
【幸運】1:D-

監督役:ステータスも
監督役:後煤居はクラス名!
煤居のサーヴァント:すいません
紅威のアヴェンジャー:バグで、2個前が見えません
監督役:2個前って何!?
紅威のアヴェンジャー:容姿公開の後です。
監督役:な、何の話か見えてこない…
どどんとふ:「紅威のアヴェンジャー」がログアウトしました。
監督役:アヴェンジャーの宝具ですが
監督役:検索しても出てこなかったのでこちらで公開します
監督役:アグネス・ベルナウアー(オルタ)です
どどんとふ:「紅威のアヴェンジャー」がログインしました。
紅威のアヴェンジャー:でないですね
どどんとふ:「ななしさん」がログインしました。
監督役:先進めていいですか?
煤居のキャスター:自分はOKです
るかのライダー:おk
紅威のアヴェンジャー:すいません
紅威のアヴェンジャー:おkです
監督役:では
監督役:各陣営は前衛後衛宣言お願いします
るかのライダー:前衛はサーヴァント、後衛マスター
煤居のキャスター:前衛マスター、後衛キャスター
紅威のアヴェンジャー:前衛:アヴェンジャー 後衛:マスター
監督役:では
監督役:アヴェンジャーは攻撃どうぞ
監督役:ところで
監督役:麗華は令呪もHPも入力されてませんが
監督役:令呪0でよろしい?
紅威のアヴェンジャー:すいません
紅威のアヴェンジャー:はい
監督役:ああ、令呪は元から0だったか
監督役:では改めて攻撃どうぞ
紅威のアヴェンジャー:はい
紅威のアヴェンジャー:スキル2を使います。
紅威のアヴェンジャー:【スキル2】裏切られし魔女:A+5:同盟を組んでいない場合、先手判定時、補正値3、奇襲攻撃時、補正値5を得る。
監督役:あれ、先手5では?
紅威のアヴェンジャー:あ、そっちは3ですね
監督役:了解です
紅威のアヴェンジャー:以上で
監督役:攻撃対象は?
紅威のアヴェンジャー:キャスターのマスターで
紅威のアヴェンジャー:空欄
監督役:はい
監督役:13d6どうぞ
紅威のアヴェンジャー:空欄
紅威のアヴェンジャー:はい
紅威のアヴェンジャー:13d6
DiceBot : (13D6) → 47[1,1,5,1,4,4,6,4,5,6,5,2,3] → 47
監督役:煤居は奇襲防御です
煤居 秋:とくにないですね
煤居 秋:2d6です
監督役:どうぞ
煤居 秋:2d6
DiceBot : (2D6) → 7[2,5] → 7
監督役:煤居 秋に40のダメージ!(HP:15->-25)
監督役:煤居のHPが0になりました
煤居 秋:「いってえ」
監督役:敗退RPどうぞ
監督役:別に死ぬ必要はないです
紅威のアヴェンジャー:なんか、すいません
煤居 秋:「やっちまったなあ、教授、まあ今回は失敗だったな」
煤居のキャスター:「うん、仕方ないさ、今回は様子見、またどこかで縁があるだろう」
煤居 秋:「じゃあ、今回は終わりでうーんそろそろ血が足りんな」
煤居 秋:「じゃあ、またのき・・・かい・・・・」
煤居 秋:そのまま動かなくなる
煤居のキャスター:以上です
監督役:はい

監督役:遭遇フェイズに戻ります
監督役:【BGM 遭遇1】
漆谷るか:「傷が深い……救急車を!」
煤居のキャスター:「いや、その必要はない」
煤居のキャスター:「あれは最初からただの抜け殻だよ」
漆谷るか:「そうなんですか」
煤居のキャスター:「うーん、彼は死んじゃったけど、口惜しいなあ、まだもう少しこの席にいたかったのだけど」
漆谷るか:「ちょっと待ってください。まだ手当すれば生きられるのでは?」(そういいながら治療)
漆谷るか:「聖杯戦争への復帰は不可能……かもしれませんが」
煤居のキャスター:「あはは、そいつは死霊人形、死体を遠隔操作してまるで本人みたいに見せてるだけだよ、君が気に病むことじゃない」
漆谷るか:「そうでしたか」
煤居のキャスター:「とは言えそれを媒介にしている以上僕は負け、このまま消えるか——」
漆谷るか:「いずれにしても、重複契約はしません。僕はマスターとして力不足なので」
漆谷るか:「本当なら助けたいところですが、僕のサーヴァントの維持も難しいので。ごめんなさい」
煤居のキャスター:「そっか、他のサーヴァントが脱落するまででもいいんだけど・・・だめ?」
漆谷るか:「本当に申し訳ないと思うけど、流石に重複契約を結んで立ち回る自信はありません」
どどんとふ:「紅威 麗華」がログインしました。
煤居のキャスター:「だめかあ……そうだよね、呼び出した起源の分からない奴を持っておくことも難しいしね」
煤居のキャスター:「そっか、ざんねん……お母さんに会いたかったんだけどなあ」
るかのライダー:「済まない。だが、お前の無念だけは必ず果たして見せる」
るかのライダー:「それでいいだろ、マスター?」
煤居のキャスター:「うん、じゃあまたの機会に・・・・・・」
煤居のキャスター:消滅します
漆谷るか:「では、またいつか」
どどんとふ:「紅威 麗華」がログアウトしました。
監督役:以上でしょうか?
漆谷るか:はい
煤居 秋:以上です
監督役:では1ターン目終了です
春原和子:波乱の1ターン目!
どどんとふ:「紅威 麗華」がログインしました。
監督役:【BGM 移動2】

監督役:では、2ターン目です
監督役:1巡目行動どうぞ
監督役:シークレットダイス
監督役:出揃いました。しばしお待ちを
紅威 麗華:空欄
監督役:移動お願いします
監督役:行動宣言どうぞ
監督役:後、この巡の宣言が終わったら今日はこれで終了です
監督役:明日参加可能か今のうちに教えてください
春原和子:はぁい
漆谷るか:おk
春原和子:私は問題なく参加可能です
水元のアーチャー:了解です
紅威 麗華:はい
紅威 麗華:自分も大丈夫です。
ラーミナ・イグニス:大丈夫です
監督役:一昨々日さんは……まあいなくても大丈夫ではありますが
監督役:では、明日も同じ時間に集合でお願いします
ラーミナ・イグニス:承知 明日もよろしくお願いします。
紅威 麗華:なんか、ホントすいません
監督役:後、行動宣言してない方はお願いします
監督役:ここで中断なのは元々決まってたので構わないです
監督役:出揃いました
監督役:駒移動ある方はお願いします
監督役:(暴走サーヴァント動かし忘れてた!)
春原和子:にゃんとー!w
監督役:では、本日のセッションはこれで終了です
監督役:皆さんお疲れ様でした
ラーミナ・イグニス:お疲れさまでした
春原和子:お疲れ様でしたー
漆谷るか:お疲れ様でした
煤居 秋:おつかれさまでした
水元 明良:お疲れ様でした
紅威のアヴェンジャー:お疲れ様でした。
ラーミナ・イグニス:なんとォ >暴走サーヴァント
監督役:あれ!? あ!
監督役:すまない……
監督役:どう考えてもPLアンフレンドリーなミスだったのでこうしておきます
監督役:【BGM停止】
春原和子:あ、はぁい
漆谷るか:なるほど。失礼しても大丈夫でしょうか?
監督役:はい、お疲れ様でした
どどんとふ:「漆谷るか」がログアウトしました。
どどんとふ:「ラーミナ・イグニス」がログアウトしました。
どどんとふ:「紅威のアヴェンジャー」がログアウトしました。
監督役:では、私も落ちます。お疲れ様でした
春原和子:お疲れ様でしたー
どどんとふ:「春原和子」がログアウトしました。
どどんとふ:「煤居 秋」がログアウトしました。
どどんとふ:「監督役」がログアウトしました。
どどんとふ:「監督役」がログインしました。
どどんとふ:「水元 明良」がログインしました。
どどんとふ:「ラーミナ・イグニス」がログインしました。
どどんとふ:「煤居 秋」がログインしました。
どどんとふ:「漆谷るか」がログインしました。
どどんとふ:「漆谷るか」がログインしました。
どどんとふ:「ななしさん」がログインしました。
どどんとふ:「漆谷るか」がログインしました。
どどんとふ:「漆谷るか」がログインしました。
どどんとふ:「漆谷るか」がログインしました。
どどんとふ:「ラーミナ・イグニス」がログインしました。
どどんとふ:「紅威のアヴェンジャー」がログインしました。

監督役:では再開です
春原和子:はぁい!
監督役:春原と麗華で遭遇フェイズです
監督役:容姿公開していないキャラクターは容姿公開後RPどうぞ
監督役:【BGM 遭遇2】
春原和子:【容姿】おっとりした雰囲気の女性
春原和子:「あら・・・こんにちは?」ぺこり
春原和子:「・・・?こんにちはー?」
紅威 麗華:【容姿】緑髪の制服姿の女の子【容姿】緑髪の制服姿の女の子【容姿】緑髪の制服姿の女の子【容姿】緑髪の制服姿の女の子
紅威 麗華:バグです、すいません
紅威 麗華:「こ、こんにちわ」
春原和子:いえいえ
紅威 麗華:1
春原和子:「困ったわ、暴走サーヴァントさんをなんとかしてから他の人に出会いたかったのだけれど・・・」と困った顔で
紅威 麗華:1
監督役:あ
監督役:すみません、歓楽街です!
春原和子:あ、はぁいw
紅威 麗華:「やりあうなら、容赦しないわ…」怯えながら
春原和子:「でもどうなんでしょう?あなたのサーヴァントは同盟向きではないようですし・・・放っておくと危なそうだし?」うーん
紅威 麗華:1
紅威 麗華:「誰も信じない、彼女以外はみんな敵だから」
春原和子:「そうですか・・・」ふと悲しそうな顔をして
紅威 麗華:1
春原和子:「敵というならば、ここで戦っておきましょう。出てきて、バーサーカー」
春原和子:サーヴァントの霊体化を解除します
紅威 麗華:「戦うの?なら、来て!アヴェンジャー」
監督役:容姿公開どうぞ
紅威 麗華:同じく、霊体化を解除します。
和子のバーサーカー:「わん!」
和子のバーサーカー:【容姿】花のような模様のある白毛の犬

【クラス】バーサーカー
【容姿】花のような模様のある白毛の犬
【HP】50(20)/50(20)
【筋力】A:5
【耐久】B:4
【敏捷】A:5
【魔力】D:2
【幸運】E:1

紅威 麗華:【容姿】ドレスを着た気品のある女性
和子のバーサーカー:「うぅ・・・わんわん!」
春原和子:「ええと・・・飛び道具を使うやつは嫌いだ?って言ってるわね」のほほん
紅威のアヴェンジャー:【容姿】【容姿】緑髪の制服姿の女の子「あなた?善のもの?それとも悪?」
監督役:(既に容姿公開したPCは容姿公開しなくて結構です)
和子のバーサーカー:「わん!」
紅威のアヴェンジャー:了解です
春原和子:「ええと・・・善悪は自分で確かめろ?かな?」
紅威のアヴェンジャー:「あら、意地悪ね、うふふ」
春原和子:というわけで交戦意志ありです
監督役:はい
紅威のアヴェンジャー:同じく
監督役:では交戦フェイズ開始です
監督役:【BGM 戦闘1】

監督役:交戦フェイズです
監督役:前衛後衛を宣言してください
紅威のアヴェンジャー:前衛:アヴェンジャー 後衛:マスター
春原和子:前衛バーサーカー、後衛マスターで!
監督役:先手判定です
監督役:先手判定に使用するキャラクターとスキル等を宣言してください
監督役:令呪は囁きで
和子のバーサーカー:スキル2を使います
和子のバーサーカー:【スキル2】敵陣突破5点:物理防御と魔術防御時、補正値2を得る。先手判定時、補正値3を得る。
紅威のアヴェンジャー:善属性では、なさそうですね
監督役:善じゃないですね
紅威のアヴェンジャー:では、鯖スキル2を使います。
監督役:どうぞ
紅威のアヴェンジャー:【スキル2】裏切られし魔女:A+5:同盟を組んでいない場合、先手判定時、補正値3、奇襲攻撃時、補正値5を得る。【スキル2】裏切られし魔女:A+5:同盟を組んでいない場合、先手判定時、補正値3、奇襲攻撃時、補正値5を得る。
監督役:アヴェ8d6、バーサーカー8d6以上でしょうか?
和子のバーサーカー:はぁい!
紅威のアヴェンジャー:はい
監督役:ではどうぞ
和子のバーサーカー:8d6
DiceBot : (8D6) → 23[1,1,4,6,2,1,4,4] → 23
紅威のアヴェンジャー:8d6
DiceBot : (8D6) → 31[1,5,5,5,5,4,4,2] → 31
紅威のアヴェンジャー:1
監督役:アヴェンジャーの先手です
紅威のアヴェンジャー:では、宝具1を使用します。
和子のバーサーカー:「わん!」自分の尾を追うのをやめる
監督役:どうぞ
紅威のアヴェンジャー:【宝具1】神に断罪されし私は魔女として、蘇る(アグネス・ベルナウアー) ∞/∞【ランク・種別】E+:対善宝具【効果】同盟を組んでいない、自身の交戦フェイズ時、発動できる。キャラクターシート作成時、令呪を1画失う。この交戦フェイズ中、攻撃時、奇襲攻撃を行うことが出来る。また、相手が善属性の場合、先手判定時、補正値3、奇襲攻撃時、補正値5を得る。
監督役:宝具RPはないのね…別にいいですけど
和子のバーサーカー:先に効果派かもしれない!
監督役:スキル無ければ8d6どうぞ
紅威のアヴェンジャー:バグがひどいので、なしです。すいません
監督役:はい
紅威のアヴェンジャー:鯖スキル2を使います。
監督役:効果どうぞ
紅威のアヴェンジャー:【スキル2】裏切られし魔女:A+5:同盟を組んでいない場合、先手判定時、補正値3、奇襲攻撃時、補正値5を得る。
監督役:13d6どうぞ
紅威のアヴェンジャー:1
紅威のアヴェンジャー:「さあ、我が恨みを受けなさい」
紅威のアヴェンジャー:13d6
DiceBot : (13D6) → 46[4,1,6,2,5,1,6,6,2,3,3,6,1] → 46
監督役:以上でいいです?
紅威のアヴェンジャー:1
紅威のアヴェンジャー:あ、はい
監督役:バーサーカー奇襲防御です
和子のバーサーカー:はぁい!幸運1スキル無しです!
監督役:1d6どうぞ
和子のバーサーカー:1d6
DiceBot : (1D6) → 4
監督役:和子のバーサーカーに42のダメージ!(HP:50->8)
和子のバーサーカー:降り直し等はなしで!
和子のバーサーカー:「キャン!」
監督役:バーサーカーのターンです
春原和子:はぁい、まずはマスターが令呪を1画使って、バーサーカーのHPを30点回復させます
紅威のアヴェンジャー:1
春原和子:「令呪を以って命じます、奮い立ちなさい、バーサーカー」
監督役:和子のバーサーカーのHPを30回復(HP:8->38)
和子のバーサーカー:「わおーん!」
監督役:春原和子の令呪を-1した(令呪:2->1)
和子のバーサーカー:そしてスキル1・3を使ってアベンジャーに物理攻撃です
和子のバーサーカー:【スキル1】狂化10点:キャラシート作成時、令呪を1つ失う。物理攻撃と魔術攻撃と物理防御と魔術防御時、補正値5を得る。
和子のバーサーカー:【スキル3】獣身3点:最大HPを15増やす。物理攻撃時、補正値2を得る。
監督役:12d6どうぞ
和子のバーサーカー:以上で!
和子のバーサーカー:12d6
DiceBot : (12D6) → 37[4,5,5,3,1,1,1,1,5,5,1,5] → 37
監督役:以上です?
紅威のアヴェンジャー:1
和子のバーサーカー:や・・・優しめ?以上で!ふりなおしはなし!
監督役:ではアヴェンジャー物理防御です
紅威のアヴェンジャー:1
紅威のアヴェンジャー:はい、では1d6で
紅威のアヴェンジャー:1d6
DiceBot : (1D6) → 3
監督役:どうぞ
監督役:紅威のアヴェンジャーに34のダメージ!(HP:15->-19)
監督役:アヴェンジャー消滅しました
紅威のアヴェンジャー:「きゃあああーーーー」
監督役:敗退RPどうぞ
監督役:【BGM 敗退】
紅威のアヴェンジャー:「うふふ、……さすが…ね」
紅威 麗華:「うそ……いや、いやよアヴェンジャー」
紅威のアヴェンジャー:「泣かないで、麗華……わたしは…いつでも、傍に……」消える
紅威 麗華:「アヴェンジャああああああーーーーーーーーー」
紅威 麗華:彼女は泣いた、そして、虚ろな目をしながらとぼとばと…何もない場所へと、歩みを進めた
紅威 麗華:「ゆるさい、あなたも蒼ぃの奴らも」そう言い残し
紅威 麗華:以上で
和子のバーサーカー:「くぅん・・・」和子の傍らに座り麗華を見据える
監督役:はい
監督役:では交戦フェイズ終了です
紅威 麗華:1
監督役:以上なら3ターン目
春原和子:「許さなくていいわ・・・それであなたの生きる活力になるなら」
春原和子:はぁい
監督役:【BGM 移動1】
紅威 麗華:1

監督役:3ターン目1巡目です
監督役:行動宣言どうぞ
監督役:discordでね!
監督役:シークレットダイス
監督役:出揃いました。処理中です
監督役:移動ある人は駒を動かしてください
監督役:2巡目です
監督役:行動宣言どうぞ
監督役:出揃いました
監督役:田園と歓楽街で遭遇フェイズ発生です
監督役:田園は漆谷と水元、歓楽街は暴走サーヴァントと……
監督役:歓楽街は遭遇なしでした!
監督役:田園で漆谷と水元の遭遇フェイズです
春原和子:w
監督役:水元は容姿公開後RPどうぞ
監督役:マスターの方です

水元 明良:はい
水元 明良:【容姿】ひねくれた目と凶相の小柄な男
漆谷るか:「初めまして」
水元 明良:「ふむ、ようこそ。と言えばいいのかね?こういう場合は。」
漆谷るか:「あなたはマスターですね」
水元 明良:「いかにも。そして素直に聞こう。ここに来た目的は?」
漆谷るか:「単純です。僕は聖杯に願いがあるわけじゃありません」
漆谷るか:「なので、まずは同盟を組みたいと思い動いていたんです」
水元 明良:「同盟の誘いか、実にありがたいが…」
漆谷るか:「率直に聞きます。あなたの願いは何ですか?」
漆谷るか:「その内容次第では、同盟を組まないとしても見逃します」
水元 明良:「聖杯の莫大な魔力そのもの、だ。一つの願いよりもそちらの方が応用が利く」
水元 明良:「そしてこちらも率直に言おう、こちらは同盟を組む気はない、しかし、そちらと敵対したくはない」
漆谷るか:「魔力そのものですか……」
漆谷るか:「まあ、いいでしょう。こちらもそちらと戦えば消耗するのは確実」
水元 明良:「ああ、ここはひとつ、不戦協定はどうだろうか。うまい妥協点だと思うがね?」
水元 明良:「こちらからは手を出さない、少なくとも暴走サーヴァントがいるうちは。」
漆谷るか:「はい。こちらも暴走サーヴァントは放っておきたくありませんしね」
漆谷るか:というわけで不戦協定に同意します
水元 明良:こちらも同意で
水元 明良:「約束は守ろう。何せ破ってもメリットがない」
監督役:了解です
監督役:なお、不戦協定はルール的には特にないので、破ってもペナルティありません
水元 明良:はい
監督役:続けてRPどうぞ
漆谷るか:「まあ、こちらも破りはしません」
水元 明良:「君が話の分かる人間で助かった。何も見返りは用意できないが。」
監督役:キリの良いところで以上と宣言お願いします
漆谷るか:以上です
水元 明良:以上です
監督役:では3ターン目終了です

監督役:4ターン目
監督役:1巡目行動どうぞ
監督役:シークレットダイス
監督役:出揃いました。処理中です
監督役:2巡目どうぞ
監督役:出揃いました。処理中です
監督役:遭遇フェイズ2件発生です
監督役:田園で水元と春原が、歓楽街でラーミナと漆谷が遭遇しました
監督役:メインで田園、サブで歓楽街のRPお願いします
監督役:容姿公開していないキャラクターは容姿公開後RPどうぞ
春原和子:はぁい
水元 明良:はい
ラーミナ・イグニス:はい
サブ 歓楽街

ラーミナ・イグニス:【容姿】背中にギターバッグを背負った中性的な少女。国籍不明。
ラーミナ・イグニス:「やぁ、こんばんわ。君も聖杯戦争の参加者かい?」
ラーミナ・イグニス:「ボクの名前はラーミナ・イグニス……ンまぁ、しがないミュージシャンさ」
漆谷るか:「はい。その質問をするということは、あなたもマスターですね」
ラーミナ・イグニス:「……そうだね、参った。ボクは別に魔術師ってわけじゃないんだけど……」
ラーミナ・イグニス:「いわゆる巻き込まれって奴さ。ホラ、これを見てごらんよ令呪の跡があるだろう?」手の甲には令呪の痕跡のようなものが見える。
漆谷るか:「それは僕もですね。確かに一度小規模な聖杯戦争で勝ち残りましたが……」
ラーミナ・イグニス:「まったく……とんでもない貧乏くじさ」
ラーミナ・イグニス:「勝ったのかい?それはすごいね」
ラーミナ・イグニス:「でも、それなら願いはかなったんじゃないのかい?どうしてまたこんな」
漆谷るか:「その時願いもかなえて貰ったので、今回は聖杯の悪用を阻止するためこうして動いています」
ラーミナ・イグニス:「へぇ……正義感ってやつで聖杯戦争に参加か……面白いね君」
ラーミナ・イグニス:「じゃあ願いという願いはないってわけだ!」
漆谷るか:「まあ、巻き込まれてなければ首を突っ込むつもりはありませんでしたけどね」
ラーミナ・イグニス:「ふぅん……じゃあ君はこれからどうする?かの暴走サーヴァントを追うかい?」
漆谷るか:「巻き込まれてしまった以上はできることがあるならやり遂げたい、それだけです」
漆谷るか:「はい。とりあえず、それも踏まえて同盟を組みませんか?」
ラーミナ・イグニス:「そうかいそうかい……ふふ」
ラーミナ・イグニス:「生憎僕のサーヴァントは力がない。あっても一度きりしか戦えない」
ラーミナ・イグニス:「基本的に君のサーヴァント……ライダーに頼る形になるが、それでもかまわないかい?」
ラーミナ・イグニス:「あとはバックミュージックを流すくらいだね」
漆谷るか:「バーサーカーはもういますし、アルターエゴかルーラー辺りでしょうか」
ラーミナ・イグニス:「まぁ……そのあたりさ」
漆谷るか:「同盟を組むなら、どんなクラスのサーヴァントかだけでも教えていただけますか?」
ラーミナ・イグニス:「出たときのお楽しみってわけで」
ラーミナ・イグニス:「少なくとも……ふふ」
ラーミナ・イグニス:「悪いやつではないさ、多分ね」
ラーミナ・イグニス:「欲望の前に人は無力なものさ。…貪欲にならないのも嘘だと思うけどね……彼もそうだった」
漆谷るか:「そうですか。まあ、支援をしてくれれば助かります」
ラーミナ・イグニス:「知りたいというなら教えたいけど……ふふ、まあ待ってくれたまえ」
ラーミナ・イグニス:そちらがいいなら同盟意思あり 
漆谷るか:同盟の意志あり
監督役:ではラーミナと漆谷で同盟です
ラーミナ・イグニス:はい
監督役:続けてRPどうぞ
漆谷るか:はい
ラーミナ・イグニス:「それじゃあ……いや忘れてた」
ラーミナ・イグニス:「君の名前を教えておくれ」
漆谷るか:「僕は漆谷るか、よろしくお願いします」
ラーミナ・イグニス:「るかさんか……では改めてよろしく」
ラーミナ・イグニス:「ライダーもね……ふふ」
ラーミナ・イグニス:特になければ以上
漆谷るか:「よろしくお願いいたしますね、ラーミナさん」
漆谷るか:といって以上です
監督役:はい

メイン 田園

春原和子:「あ・・・こんにちは。こちらに暴走サーヴァントさんは・・・来てないみたいですかね?」
和子のバーサーカー:「わん!」はっはっはっと舌を出している
水元 明良:「どうも。先ほどまでと違って客が良く来るな」
春原和子:「監督役さんから仰せつかった暴走サーヴァントさんを追っているんですが・・・中々出会えなくて・・・」ほうっと溜息
水元 明良:「ご察しの通り、暴走サーヴァントはこちらも確認できていない。まぁ喧嘩を売るだけなら出来るのだが。」
春原和子:「ああ・・・アーチャーさんでしたねそちらのサーヴァントさんは」
水元 明良:「その通り、だが決定力不足でね。先ほどライダー陣営とは不選協定を結んだ。」
春原和子:「まぁまぁ、でしたら私もお願いしたいですね」
春原和子:「あの子も、無用な戦いは好きではない子なので」と自分の尻尾を追いかけるバーサーカーを指さしながら
和子のバーサーカー:「わん!」
水元 明良:「ほう、提案をされるのは予想外だったな。」
水元 明良:「こちらはバーサーカーの脅威となるような戦力ではないと思うのだが」
春原和子:「戦力差や相性の問題はともかく・・・」
春原和子:「願いは皆等しく叶える権利がある、と私は思うのです。そこにイレギュラーがあるなら私はそれを排除してから皆さんに戦ってほしいのです」
春原和子:「・・・申し訳ないことに捜索中に戦ってしまいましたが・・・」
春原和子:「貴方にも願いがあるなら、それを叶える権利がある」
春原和子:「あ!勿論暴走サーヴァントをなんとかしたら、お相手しますよ!」
和子のバーサーカー:「わん!」
水元 明良:「生憎と暴走サーヴァントに一対一で勝てる自信はないが…」
春原和子:「・・・まぁ私もそうなんですけど」
春原和子:「でも・・・誰かがやらなければいけないのならば、私は率先して手をあげたいと思うのです」
春原和子:「私、お母さんですから」にこり
水元 明良:「まぁいい。現状の敵が減るのは好都合だ。不戦協定、お受けしよう。」
春原和子:「はい、よろしくお願いします・・・あ!私ったら名前も言わずに!」
春原和子:「春原和子です。こっちはバーサーカー、犬です」
和子のバーサーカー:「わんわん!」
水元 明良:「水元 明良。明るいに良いと書く。名は体を表さない極致のような人間だ」
水元のアーチャー:「アーチャー。騎士をやっている」
春原和子:「まぁ、でもご両親は貴方にその願いを託してお名前をお付けになったんですよ?」
春原和子:「明良さんも、きっとその名に恥じない事が成せるはずです。きっと・・・」にこり
水元 明良:「魔術師にそんな人間性があるかね。」
春原和子:「・・・うーん、それに関しては。私も魔術師ですので」と苦笑して
水元 明良:「精々そちらに暴走サーヴァントが行くことを願わせていただく。すべてはそいつを片付けてからだ。」
春原和子:「はい、では不戦ということで。行きますよバーサーカー」とちょうちょを追いかけてるバーサーカーさんを呼びながら
和子のバーサーカー:「わんわん!」
水元 明良:「こちらに来たらその時はその時。頑張らせていただこう。」
春原和子:というわけで交戦意志なしー、戦いません
水元 明良:同じく
監督役:はい
監督役:では4ターン目終了です

監督役:5ターン目の行動宣言が全部終わったら本日は終了です
監督役:では1巡目どうぞ
監督役:シークレットダイス
監督役:出揃いました
監督役:移動のある人は駒移動どうぞ
監督役:2巡目どうぞ
監督役:出揃いました
監督役:あ、まだだった
監督役:出揃いました
監督役:本日のセッションはここで終了です
春原和子:はぁい!
監督役:明日は大丈夫でしょうか?
監督役:時間は21:00からです
春原和子:私は問題なく参加可能ですー
ラーミナ・イグニス:大丈夫です
漆谷るか:大丈夫です
水元 明良:大丈夫です
監督役:残りの人が全員大丈夫なようなので、明日も21:00からはじめます
監督役:では、お疲れ様でした
春原和子:はぁい!お疲れ様でしたーw
ラーミナ・イグニス:お疲れさまでした
監督役:ちなみに遭遇フェイズは発生しませんでした
水元 明良:お疲れ様でした
監督役:【BGM停止】
どどんとふ:「漆谷るか」がログアウトしました。
どどんとふ:「春原和子」がログアウトしました。
どどんとふ:「紅威のアヴェンジャー(座)」がログアウトしました。
どどんとふ:「監督役」がログアウトしました。
どどんとふ:「ラーミナ・イグニス」がログアウトしました。
どどんとふ:「煤居 秋(死体)」がログアウトしました。
どどんとふ:このサーバでは24.0時間以上ログインすると接続が切断されます。
どどんとふ:「監督役」がログインしました。
どどんとふ:「水元 明良」がログインしました。
どどんとふ:「春原和子」がログインしました。
どどんとふ:「ラーミナ・イグニス」がログインしました。
どどんとふ:「漆谷るか」がログインしました。
どどんとふ:「漆谷るか」がログインしました。

監督役:3日目を開始します
監督役:皆さんよろしくお願いします
水元 明良:よろしくお願いします。
春原和子:宜しくお願いしますー
漆谷るか:よろしくお願いいたします
ラーミナ・イグニス:よろしくお願いします
監督役:では5ターン目遭遇なしでしたので
監督役:6ターン目1巡目からです
監督役:行動どうぞ
どどんとふ:シークレットダイス
schoice[商店街,観光地,温泉,住宅街]
DiceBot : (SCHOICE[商店街,観光地,温泉,住宅街]) → 温泉
監督役:シークレットダイス
監督役:出揃いました
監督役:2巡目どうぞ
監督役:出揃いました
監督役:霊地で春原と暴走サーヴァントが遭遇しました
暴走サーヴァント:【容姿】異教徒絶対○すマン

【クラス】ランサー
【容姿】異教徒絶対○すマン
【HP】60 / 45+15
【筋力】A++:7(8)
【耐久】A++:7(8)
【敏捷】C:3
【魔力】C:3
【幸運】C(EX):3

春原和子:はぁい!
暴走ランサー:暴走サーヴァントのクラスはランサーです
暴走ランサー:以下、暴走ランサーと表記します
和子のバーサーカー:「わんわん!ぐるるるる!」
春原和子:「やっと追いつきました!」
暴走ランサー:「そこな女性よ、貴様は神を信じているか」
暴走ランサー:「神聖なる四文字様を!」
春原和子:「あ・・・いえ、仏教徒ですけど・・・?」
暴走ランサー:「そうか、そもそも貴様はユダヤの民では無いようだな」
和子のバーサーカー:「わん!」
春原和子:「唐獅子かもしれない?と言っていますね」
春原和子:「ええと、私は勧告に参りました。大人しく座に帰れば手荒な事はいたしません」
春原和子:「貴方は正式な参加者ではない。勝利しても聖杯は手に入りませんよ?」
暴走ランサー:「問題はない」
暴走ランサー:「私は聖杯などという偽りの奇蹟は最初から認めておらぬからな!」
春原和子:「・・・それでも、その偽りの奇跡に手を伸ばす人もいるんです」
暴走ランサー:「我が使命は神を信じるユダヤの民をより幸福な生活に導くこと」
春原和子:「行きますよバーサーカー!私たちの聖杯戦争をこれ以上邪魔させるわけにはいきません!」
暴走ランサー:「その為にユダヤにあらざるものは寝絶やしにしてみせよう!」
和子のバーサーカー:「わんわんわん!」
暴走ランサー:(こちらは基本的に交戦意志ありです)
春原和子:「排斥思考には賛同できません!全てを許すことこそ・・・人のあるべき姿のはずです!」こちらも交戦意志ありです!
暴走ランサー:では交戦フェイズに移行します

暴走ランサー:【BGM VS暴走サーヴァント】
暴走ランサー:交戦フェイズです
暴走ランサー:前衛後衛を宣言してください
暴走ランサー:前衛ランサー
春原和子:前衛バーサーカー、後衛マスターです!
暴走ランサー:先手判定です
暴走ランサー:先手判定に使用するキャラクターとスキル等を宣言してください
暴走ランサー:令呪は囁きで
暴走ランサー:ランサースキル無しです
和子のバーサーカー:スキル2を使用します!
和子のバーサーカー:【スキル2】敵陣突破5点:物理防御と魔術防御時、補正値2を得る。先手判定時、補正値3を得る。
和子のバーサーカー:「わおーん!」以上で!
暴走ランサー:ランサー3d6バーサーカー8d6ですどうぞ
暴走ランサー:3d6
DiceBot : (3D6) → 11[3,4,4] → 11
和子のバーサーカー:8d6
DiceBot : (8D6) → 21[5,2,4,3,1,3,1,2] → 21
暴走ランサー:バーサーカー先手です
和子のバーサーカー:ではスキル1・3を使用してランサーに物理攻撃です
和子のバーサーカー:【スキル1】狂化10点:キャラシート作成時、令呪を1つ失う。物理攻撃と魔術攻撃と物理防御と魔術防御時、補正値5を得る。
和子のバーサーカー:【スキル3】獣身3点:最大HPを15増やす。物理攻撃時、補正値2を得る。
暴走ランサー:12d6どうぞ
和子のバーサーカー:以上で
和子のバーサーカー:12d6
DiceBot : (12D6) → 41[6,2,2,2,2,2,6,3,3,6,2,5] → 41
暴走ランサー:素振りです
和子のバーサーカー:「がうううう!」
暴走ランサー:7d6
DiceBot : (7D6) → 19[4,1,3,2,2,1,6] → 19
暴走ランサー:暴走ランサーに22のダメージ!(HP:60->38)
春原和子:「・・・!浅かった!?」
暴走ランサー:「なんだ、その程度か」
暴走ランサー:「次はこちらから行くぞ!」
暴走ランサー:物理攻撃します
春原和子:はぁい
暴走ランサー:【スキル2】狂化:EX【効果】5点:物理攻撃時補正値5を得る。最大HPを10増加する。【スキルEX】小神の暴威【効果】物理攻撃時補正値3を得る。
どどんとふ:「」がログインしました。
暴走ランサー:15d6
DiceBot : (15D6) → 63[2,2,2,6,5,6,5,6,4,2,3,6,6,3,5] → 63
暴走ランサー:物理防御どうぞ
和子のバーサーカー:スキル1・2を使います
和子のバーサーカー:【スキル1】狂化10点:キャラシート作成時、令呪を1つ失う。物理攻撃と魔術攻撃と物理防御と魔術防御時、補正値5を得る。
和子のバーサーカー:【スキル2】敵陣突破5点:物理防御と魔術防御時、補正値2を得る。先手判定時、補正値3を得る。
暴走ランサー:12d6どうぞ
和子のバーサーカー:12d6
DiceBot : (12D6) → 42[4,2,1,5,3,5,3,2,5,5,6,1] → 42
和子のバーサーカー:「がう!」
暴走ランサー:和子のバーサーカーに21のダメージ!(HP:38->17)
暴走ランサー:「後少しのようだな」
暴走ランサー:停戦の意志ないので続行です
春原和子:「く・・・持ちこたえて・・・バーサーカー!」
春原和子:はぁい!
暴走ランサー:2巡目です
暴走ランサー:先手判定はさっきの通りならランサー3d6、バーサーカー8d6
和子のバーサーカー:先手判定はバーサーカー、スキル2を使用します
和子のバーサーカー:【スキル2】敵陣突破5点:物理防御と魔術防御時、補正値2を得る。先手判定時、補正値3を得る。
暴走ランサー:以上でよろしい?
和子のバーサーカー:はぁい!
暴走ランサー:ではどうぞ
暴走ランサー:3d6
DiceBot : (3D6) → 8[5,1,2] → 8
和子のバーサーカー:8d6
DiceBot : (8D6) → 25[6,6,1,2,2,2,1,5] → 25
暴走ランサー:バーサーカー先手です
春原和子:「長期戦は不利ね・・・バーサーカー!宝具の使用許可を出すわ!」
和子のバーサーカー:「わおーん!」宝具を使用します
暴走ランサー:宝具RPと効果どうぞ
春原和子:「バーサーカー!陣を突破し、首を取りなさい!」
和子のバーサーカー:その声に答え、バーサーカーの白い体が一条の光となって戦場を疾駆する。
和子のバーサーカー:【宝具】『八房の首級取り』(やつふさのしるしとり)1/1【ランク・種別】C+・対軍宝具【効果】物理攻撃時、補正値10を得る。相手サーヴァントの攻撃対象変更を無効にする。この攻撃の防御時、相手は陣地の補正を受けることはできない。
和子のバーサーカー:さらにスキル1・3を使用!
和子のバーサーカー:【スキル1】狂化10点:キャラシート作成時、令呪を1つ失う。物理攻撃と魔術攻撃と物理防御と魔術防御時、補正値5を得る。
和子のバーサーカー:【スキル3】獣身3点:最大HPを15増やす。物理攻撃時、補正値2を得る。
暴走ランサー:22d5どうぞ
和子のバーサーカー:22d5
DiceBot : (22D5) → 71[5,4,2,4,4,4,4,5,4,3,1,4,1,1,2,3,1,2,4,4,4,5] → 71
暴走ランサー:素振りです
暴走ランサー:7d6
DiceBot : (7D6) → 19[2,6,3,5,1,1,1] → 19
和子のバーサーカー:「アオオオオン!」
暴走ランサー:暴走ランサーに38のダメージ!(HP:38->0)
暴走ランサー:宝具発動します
暴走ランサー:「グ、オオオオオ!!」
暴走ランサー:バーサーカーの一撃は確かにランサーの霊核を貫いた
暴走ランサー:しかし
暴走ランサー:「我が身は死なず、ただ神の下へ行くのみ」
暴走ランサー:「『死なずの変容(メタトロン)』!」
暴走ランサー:ランサー、エノクは死後が確認されず、そのまま大天使となったとされる
暴走ランサー:即ち、ランサーは消滅からが真の力を発揮する
暴走ランサー:【宝具1】『死なずの変容(メタトロン)』 1/1【ランク・種別】ランク:A++ 種別:対人(自身)宝具 レンジ:1 最大補足数:1【効果】HPが0になった時、HPを(7D6)回復して復活する。その後、この交戦フェイズ中、HPを0にした攻撃と同じ種類(物理・魔術・奇襲)の攻撃に対する防御時、補正値5を得る。
暴走ランサー:以上です
暴走ランサー:7d6
DiceBot : (7D6) → 23[2,2,6,3,2,4,4] → 23
暴走ランサー:暴走ランサーのHPを23回復(HP:0->23)
春原和子:「!?戻りなさいバーサーカー!」
暴走ランサー:あ
暴走ランサー:仕切り直し忘れてた!
春原和子:w
暴走ランサー:まあいいか!
暴走ランサー:物理攻撃です
暴走ランサー:【スキル2】狂化:EX【効果】5点:物理攻撃時補正値5を得る。最大HPを10増加する。【スキルEX】小神の暴威【効果】物理攻撃時補正値3を得る。
暴走ランサー:15d6
DiceBot : (15D6) → 53[3,5,6,4,1,1,5,2,2,4,5,2,6,6,1] → 53
暴走ランサー:バーサーカー物理防御です
春原和子:「耐えて!バーサーカー!」
和子のバーサーカー:スキル1・2を使用します
和子のバーサーカー:【スキル1】狂化10点:キャラシート作成時、令呪を1つ失う。物理攻撃と魔術攻撃と物理防御と魔術防御時、補正値5を得る。
和子のバーサーカー:【スキル2】敵陣突破5点:物理防御と魔術防御時、補正値2を得る。先手判定時、補正値3を得る。
暴走ランサー:12d6です
和子のバーサーカー:12d6
DiceBot : (12D6) → 39[4,2,5,4,2,5,3,3,2,3,4,2] → 39
暴走ランサー:和子のバーサーカーに14のダメージ!(HP:17->3)
暴走ランサー:「ぬう、浅かったか!」
和子のバーサーカー:「ぐるるる・・・!」
暴走ランサー:2巡経過したので終了です
春原和子:「・・・傷が深い!引きましょうバーサーカー!」
暴走ランサー:「次見えた時こそ貴様の死時と知るが良い」
暴走ランサー:「今は引こう」
和子のバーサーカー:「わん!」和子を背中に乗せて転進します
暴走ランサー:以上です
春原和子:はぁい!以上で!

暴走ランサー:遠距離攻撃が宣言されました
暴走ランサー:田園の水元陣営からです
暴走ランサー:対象は霊地
暴走ランサー:前衛後衛を宣言してください
暴走ランサー:一応春原陣営も
春原和子:はぁい、前衛バーサーカー、後衛マスターです
水元 明良:前衛アーチャー、後衛マスターで
暴走ランサー:ランサー前衛
暴走ランサー:ではアーチャー行動どうぞ
春原和子:「・・・!?明良さん!?そんなことをしたら目をつけられますよ!?」
水元 明良:スキル、宝具なし、物理攻撃を行います
暴走ランサー:7d6どうぞ
水元 明良:「さてな…魔術師の思考を理解しようとするだけ無駄だと言っておく」
水元のアーチャー:7d6
DiceBot : (7D6) → 29[5,4,1,1,6,6,6] → 29
暴走ランサー:素振りです
暴走ランサー:7d6
DiceBot : (7D6) → 24[6,1,1,4,1,5,6] → 24
暴走ランサー:暴走ランサーに5のダメージ!(HP:23->18)
暴走ランサー:後アーチャーの宝具効果ですね?
暴走ランサー:【宝具2】『永久に遥か幻想の城』(バトル・オブ・ポワティエ) 1/1【ランク・種別】B:対軍宝具 レンジ:99 最大補足数:100【効果】キャラシート作成時、令呪1画消費。スキル3と同時発動。陣地に以下の効果を付与する        ・陣地内でアーチャーの攻撃対象となった、またはアーチャーを攻撃対象にしたキャラクターは         手番終了時、(5-敏捷or幸運)d3のダメージを受ける。     相手は敏捷・幸運のうち、高い方を使用してダメージ判定を行う。     この効果は「遠距離攻撃フェイズで受けるダメージを無効にする」スキルを持つキャラクターには無効となる。     また、このダメージでHPは0にならない。    ・陣地内では奇襲防御時補正値5を得る。
暴走ランサー:これですね
水元のアーチャー:いえ、たぶんそれは無いかと
暴走ランサー:うん?
春原和子:陣地からの遠距離攻撃ですがこの場合ってどうなんでしょう?
水元のアーチャー:遠距離攻撃フェイズは攻撃先のエリアで戦闘が発生するものとして扱うので、陣地の効果はそのエリアに存在するもののみ適用されます。
暴走ランサー:そうだった!
春原和子:ああなるほど!
水元のアーチャー:と、wikiに。
暴走ランサー:完全に忘れてた
暴走ランサー:ではこれでターン終了です

暴走ランサー:【BGM 移動1】
暴走ランサー:7ターン目です
暴走ランサー:1巡目行動どうぞ
暴走ランサー:シークレットダイス
どどんとふ:シークレットダイス
schoice[商店街,歓楽街,観光地,温泉,住宅街,駅,田園]
DiceBot : (SCHOICE[商店街,歓楽街,観光地,温泉,住宅街,駅,田園]) → 駅
暴走ランサー:出揃いました
暴走ランサー:2巡目どうぞ
暴走ランサー:出揃いました
暴走ランサー:田園で遭遇フェイズが発生しました
暴走ランサー:RPどうぞ

暴走ランサー:「ふむ、遠くからの狙撃は悪い案ではなかったぞ」
春原和子:「明良さん!無茶はダメですよ?」
暴走ランサー:「私に目をつけられることを除けばな!」
水元のアーチャー:「ははは。まったく嵐のような来客だ。」
和子のバーサーカー:「わん!」
水元 明良:「笑い事ではない、アーチャー。気持ちはわからんでもないが。」
暴走ランサー:あ、同盟なら交戦フェイズ前なら自由にくんでください
春原和子:「とりあえず・・・暴走サーヴァントさんをなんとかしてから・・・改めてお説教です」
水元 明良:「さて、バーサーカー陣営。同盟を申し込む。いかがか。」
春原和子:「はい、一時的にですが協力しましょう」
春原和子:同盟したいですー
水元 明良:こちらも同盟希望します
暴走ランサー:では春原と水元で同盟が組まれました
暴走ランサー:引き続きRPどうぞ
暴走ランサー:「ふむ、貴様らは結託する道を選んだか」
暴走ランサー:「それは悪い案ではない、しかし」
春原和子:「貴方というイレギュラーに、私たちの聖杯戦争の邪魔をされたくはありませんからね」
暴走ランサー:「私にその程度の策が通じると思っているのなら浅慮である!」
水元のアーチャー:「しかし?」
水元のアーチャー:「問おう。ランサー。貴様の信仰はどこにある。」
暴走ランサー:「ハ、ハ、ハ」
暴走ランサー:「知れたことを。天に坐す神聖なる四文字様以外にそれはなかろう」
水元のアーチャー:「そうか。進行する神は同じでも、対象は違うらしい。」
春原和子:「・・・わん?」
水元のアーチャー:「我が槍、我が剣はキリストのもとに。一信徒、一騎士として、貴様に決闘を申し込む。」
和子のバーサーカー:「わんわんわん!」
暴走ランサー:「ふむ、決闘か。それもよかろう」
春原和子:「ええと・・・仏教は理解できたけど、他のはまだ分かんない?だそうです」
春原和子:「決闘って・・・無茶ですよ!?止めてください明良さん!」
水元 明良:「いや。あれでいい。そちらも軽い傷ではない。被害役はこちらで引き受ける。」
春原和子:「そんな・・・」
和子のバーサーカー:「わん!」
春原和子:「・・・負けないでくださいね?」
水元 明良:「その代わり、存分に攻撃してくれたまえ。早期決着が最も被害が少ない。」
春原和子:「・・・それ一騎打ちって言うのでしょうか?」と苦笑します
和子のバーサーカー:「わんわん!」尻尾ぱたぱた
水元 明良:「決闘といっただけだ、一騎打ちとは言っていないだろう。なあ?」
暴走ランサー:「貴様らの全力を持って立ち向かうが良い」
暴走ランサー:「私はそれを正面からねじ伏せるのみだ!」
水元のアーチャー:「まったくだ。すでに名誉など私は捨てている。」
和子のバーサーカー:「わん!」
春原和子:「分かりました・・・!行きますよ皆さん!」
暴走ランサー:(こちらはいつでも交戦意志あり)
水元のアーチャー:こちらもいつでもやれます
春原和子:こちらも交戦意志ありです!
暴走ランサー:では交戦フェイズ開始です

暴走ランサー:【BGM VS暴走サーヴァント】
暴走ランサー:前衛後衛を宣言してください
暴走ランサー:前衛ランサー
水元のアーチャー:前衛アーチャー、後衛マスターで
春原和子:前衛バーサーカー、後衛マスターで
暴走ランサー:先手判定です
暴走ランサー:先手判定に使用するキャラクターとスキル等を宣言してください
暴走ランサー:令呪は囁きで
暴走ランサー:ランサー仕切り直し
暴走ランサー:【スキル1】仕切り直し:A【効果】5点:交戦フェイズ中に1度だけ、先手判定時に自分のHPを(耐久値D6)回復し、付与されているデバフを解除する。
暴走ランサー:7d6
DiceBot : (7D6) → 20[3,6,1,3,5,1,1] → 20
暴走ランサー:暴走ランサーのHPを20回復(HP:18->38)
春原和子:バーサーカーで先手判定・・・でいいですよね?
水元のアーチャー:先手判定はバーサーカーにお任せします
和子のバーサーカー:スキル2を使用してバーサーカーで先手判定します
和子のバーサーカー:【スキル2】敵陣突破5点:物理防御と魔術防御時、補正値2を得る。先手判定時、補正値3を得る。
暴走ランサー:ランサー3d6バーサーカー8d6です
暴走ランサー:3d6
DiceBot : (3D6) → 13[3,6,4] → 13
和子のバーサーカー:8d6
DiceBot : (8D6) → 23[2,2,3,1,3,4,3,5] → 23
暴走ランサー:同盟陣営の先手です
春原和子:ではこちらからー
水元のアーチャー:どうぞ
春原和子:「先陣を切りますよバーサーカー!」
和子のバーサーカー:「わん!」
和子のバーサーカー:スキル1・3を使用して暴走ランサーへ物理攻撃!
和子のバーサーカー:【スキル1】狂化10点:キャラシート作成時、令呪を1つ失う。物理攻撃と魔術攻撃と物理防御と魔術防御時、補正値5を得る。
和子のバーサーカー:【スキル3】獣身3点:最大HPを15増やす。物理攻撃時、補正値2を得る。
水元のアーチャー:アーチャーはバーサーカー援護で
和子のバーサーカー:援護!そういうのもあるのか!
暴走ランサー:ではスキル補正値が7、援護で7ですね
暴走ランサー:19d5どうぞ
和子のバーサーカー:はぁい
和子のバーサーカー:19d5
DiceBot : (19D5) → 60[2,5,1,1,5,4,5,3,5,4,2,3,3,4,2,3,4,1,3] → 60
暴走ランサー:素振りです
暴走ランサー:7d6
DiceBot : (7D6) → 24[4,1,2,5,6,1,5] → 24
和子のバーサーカー:のこ・・・った!
暴走ランサー:暴走ランサーに36のダメージ!(HP:38->2)
暴走ランサー:「グ、オオオオオ!!」
暴走ランサー:「いい一撃だ、しかし」
暴走ランサー:「私を仕留めるには足りなかったようだな!」
春原和子:く・・・令呪を使用してバーサーカーのHPを回復しておきます!
暴走ランサー:宝具2使用します
暴走ランサー:おと
暴走ランサー:おっと
暴走ランサー:春原和子の令呪を-1した(令呪:1->0)
春原和子:1画消費で30点回復で!
暴走ランサー:和子のバーサーカーのHPを30回復(HP:3->33)
暴走ランサー:では改めて宝具2
暴走ランサー:「これは神に背くものへの一撃」
暴走ランサー:「あらゆる神敵はこの攻撃の前に浄化されるであろう」
暴走ランサー:「『背信の神罰(キドン・メタトロン・メー)』!」
暴走ランサー:【宝具2】『背信の神罰(キドン・メタトロン・メー)』 1/1【ランク・種別】ランク:A++ 種別:対軍宝具 レンジ:1~30 最大補足数:50【効果】キャラシート作成時令呪1画消費する。物理攻撃時相手前衛全てに攻撃できる。この攻撃でダメージを受けたキャラクターは『串刺し』の状態異常を受ける。串刺し:先手判定、逃走判定時補正値マイナス3を受ける。この状態異常は判定を行った後解除される。
暴走ランサー:合わせてスキル使用
暴走ランサー:【スキル2】狂化:EX【効果】5点:物理攻撃時補正値5を得る。最大HPを10増加する。【スキルEX】小神の暴威【効果】物理攻撃時補正値3を得る。
暴走ランサー:全体に15d6です
暴走ランサー:15d6
DiceBot : (15D6) → 38[1,3,6,1,1,3,5,4,2,4,1,1,2,1,3] → 38
暴走ランサー:まずはバーサーカーから
和子のバーサーカー:はぁい!スキル1・2を使用!
和子のバーサーカー:【スキル1】狂化10点:キャラシート作成時、令呪を1つ失う。物理攻撃と魔術攻撃と物理防御と魔術防御時、補正値5を得る。
和子のバーサーカー:【スキル2】敵陣突破5点:物理防御と魔術防御時、補正値2を得る。先手判定時、補正値3を得る。
暴走ランサー:12d6どうぞ
和子のバーサーカー:12d6
DiceBot : (12D6) → 34[3,4,1,6,4,2,3,1,2,3,4,1] → 34
暴走ランサー:和子のバーサーカーに6のダメージ!(HP:33->27)
暴走ランサー:次にアーチャー
和子のバーサーカー:ん?6?
水元のアーチャー:スキル3を使用します
暴走ランサー:あ
和子のバーサーカー:4かも・・・?
暴走ランサー:和子のバーサーカーのHPを2回復(HP:27->29)
暴走ランサー:すみません、計算間違えました
和子のバーサーカー:「わん!」回復した顔
暴走ランサー:スキル効果どうぞ
和子のバーサーカー:いえいえw
水元のアーチャー:【スキル3】野戦築城:B【効果】5:移動フェイズで現在地のエリアで陣地を作成出来る。          陣地内では魔術防御と物理防御時、補正値5を得る。
水元のアーチャー:以上です
暴走ランサー:12d6どうぞ
水元のアーチャー:12d6
DiceBot : (12D6) → 50[6,6,6,3,5,1,4,4,3,6,2,4] → 50
暴走ランサー:ノーダメージです
暴走ランサー:では、最後にアーチャーの宝具効果ですね
水元のアーチャー:はい
暴走ランサー:2d3
DiceBot : (2D3) → 5[3,2] → 5
春原和子:おお!
暴走ランサー:暴走ランサーに1のダメージ!(HP:2->1)
暴走ランサー:まあHP0にならないのですが
水元のアーチャー:だが0にはならない
暴走ランサー:では停戦意思ないので2巡目
春原和子:そうでした!w
暴走ランサー:先手判定です
暴走ランサー:先手判定に使用するキャラクターとスキル等を宣言してください
春原和子:はぁい!
暴走ランサー:令呪は囁きで
水元のアーチャー:はい
暴走ランサー:ランサースキル無し
水元のアーチャー:先ほどと同じくお任せします
暴走ランサー:さっきと同じならランサー3d6バーサーカー8d6です
春原和子:二人とも串刺し状態ですし引き続きバーサーカーで!
暴走ランサー:串刺し忘れてた!
春原和子:w
暴走ランサー:後アーチャーは串刺しじゃないです
暴走ランサー:ダメージ受けてないので
和子のバーサーカー:それでも5d6なこっちで!
暴走ランサー:ランサー3d6、バーサーカー5d6です
暴走ランサー:どうぞ
和子のバーサーカー:5d6
DiceBot : (5D6) → 20[5,3,1,6,5] → 20
暴走ランサー:3d6
DiceBot : (3D6) → 13[2,6,5] → 13
暴走ランサー:同盟陣営です
春原和子:では再びこちら
和子のバーサーカー:スキル1・3を使用して物理攻撃を暴走ランサーに
水元のアーチャー:アーチャーはバーサーカーを援護します
和子のバーサーカー:【スキル1】狂化10点:キャラシート作成時、令呪を1つ失う。物理攻撃と魔術攻撃と物理防御と魔術防御時、補正値5を得る。
和子のバーサーカー:【スキル3】獣身3点:最大HPを15増やす。物理攻撃時、補正値2を得る。
暴走ランサー:19d5どうぞ
和子のバーサーカー:「わんわん!」アーチャーの援護を受けて疾走します!
和子のバーサーカー:19d5
DiceBot : (19D5) → 53[5,4,2,3,2,3,4,1,5,1,4,2,2,2,2,2,2,2,5] → 53
暴走ランサー:7d6
DiceBot : (7D6) → 29[6,3,6,6,2,3,3] → 29
和子のバーサーカー:「がう!」首にかじりつきます
暴走ランサー:暴走ランサーに24のダメージ!(HP:1->-23)
暴走ランサー:では、ランサー消滅しました
暴走ランサー:敗退RPします
暴走ランサー:「グ、オオオオオ!!!」
暴走ランサー:「まさか、小さな神とも呼ばれたこの私が」
暴走ランサー:「このような犬によって敗れ去るとは……!」
暴走ランサー:「だが、ユダヤにあらぬ者共よ覚えているがよい」
暴走ランサー:「貴様らは……ハルマゲドンを乗り越えることは出来ないということを!!」
暴走ランサー:ランサー完全消滅しました
暴走ランサー:交戦フェイズ終了です
暴走ランサー:RPあればどうぞ

春原和子:「・・・バーサーカー戻ってらっしゃい」
和子のバーサーカー:「わん!」
水元のアーチャー:「負け犬が良くほざく。実に軽い言葉だな。」
春原和子:「明良さん、アーチャーさん、ありがとうございました」
水元 明良:「洒落か?アーチャー。」
春原和子:「私たちだけでは正直苦しかったです。すごく助かりました」
和子のバーサーカー:「わんわん!」
水元 明良:「その言葉はこちらが言うべきだな。我々だけでは無理だっただろう」
春原和子:「・・・これで、聖杯戦争は正しい形に戻りました」
春原和子:「あとは、私たち次第・・・です」
水元 明良:「ああ、その件なんだが」
和子のバーサーカー:「わんわん!」
春原和子:「?」
水元 明良:「残りの陣営は同盟を組んでいるらしい。こちらとしては継続を願いたいのだが。」
春原和子:「・・・!」ぱあっと笑顔になって
春原和子:「はい!お願いします!」
水元 明良:「ここで別れても各個撃破の対象となるだけだろう」
和子のバーサーカー:「はっはっはっ」アーチャーになでろと言わんばかりにじゃれつく
水元 明良:「…そこまで喜ぶことかね?私は損得勘定をしただけだ」
春原和子:「いえ・・・すいませんそうなんですけど」
水元 明良:「まぁいい。ありがたいことだ。よろしく頼む。」手を出します
春原和子:「でも、明良さんはあのまま傍観もできたはずです、でも助けてくれました。その恩に報いる機会ができたことが・・・嬉しいのかもです」笑顔で手を握ります
監督役:キリの良いところで以上と宣言お願いします
水元のアーチャー:こちらは以上です
春原和子:「改めてよろしくお願いします」以上で!
監督役:では

監督役:【BGM 移動2】
監督役:8ターン目移動フェイズですが……
監督役:多分次で最終決戦ですけれど時間的にどうでしょうか?
監督役:RPと戦闘やってたら23:00過ぎますが。24:00には終わると思います
春原和子:こちらは0時くらいまでなら問題なく?
水元のアーチャー:こちらは大丈夫です
ラーミナ・イグニス:大丈夫です おそらく
るかのライダー:うーん、まあ大丈夫かと
監督役:では、続けさせていただきます
春原和子:はぁい
監督役:後、暴走サーヴァントの討伐報酬を忘れていました
水元のアーチャー:はい
監督役:暴走ランサーにトドメを指した春原陣営の令呪+1です
監督役:春原和子の令呪を+1した(令呪:0->1)
監督役:では、8ターン目1巡目行動どうぞ
春原和子:はぁい
監督役:出揃いました
監督役:2巡目どうぞ
監督役:出揃いました
監督役:田園に全員集合です
監督役:各自RPどうぞ

監督役:【BGM 遭遇2】
春原和子:来ましたね!
ラーミナ・イグニス:「やぁ、こんばんわ」
和子のバーサーカー:「わん!」
漆谷るか:「また会いましたね、水元さん」
ラーミナ・イグニス:「先の戦い、しっかり見させてもらったよ」
春原和子:「まぁ・・・お知合いですか?」
ラーミナ・イグニス:「実に見事というほかないね…………これもボクの詩(ウタ)の題材にしたいくらいだ!」
漆谷るか:「はい。一度水元さんとは会ってます」
水元 明良:「ライダー陣営と不戦協定を結んだ関係だ。」
ラーミナ・イグニス:「へぇ……不戦協定かァ」
春原和子:「まぁ・・・それは困りましたね」
ラーミナ・イグニス:「ボクは初めて聞いたな」
ラーミナ・イグニス:「でもさ、もうあの暴走サーヴァント……ランサーは消滅したんだ」
漆谷るか:「あの暴走サーヴァントが居なくなった以上、もう不戦協定に意味はありませんね」
和子のバーサーカー:「わんわん!」
水元 明良:「ランサーとの闘いはつまらん見世物だっただろう。情報面での優位を強調するつもりか?」
ラーミナ・イグニス:「あとはボクらで雌雄を決するのがいいと思うけどね」
漆谷るか:「そうですね。僕もそれには同意します」
ラーミナ・イグニス:「つまらない…………はは! そんなわけないだろう!」
ラーミナ・イグニス:「面白いに決まっているさ! 実に! excellent!!」
ラーミナ・イグニス:「それにそっちのレディ! いいね! そのバーサーカーの横にいると」
ラーミナ・イグニス:「まるでお姫様みたいだよ!」
春原和子:「まぁ・・・レディだなんて・・・私これでももう36歳ですよ?」照れ照れ
漆谷るか:「この時点を以て不戦協定は破棄、そして決着を着ける」
ラーミナ・イグニス:「年なんて…………些細な事さ」
水元 明良:「その通り。すなわち決戦あるのみ。だ」
漆谷るか:「それで構いませんか?」(律儀)
ラーミナ・イグニス:「心(セカイ)が輝いていれば……月日なんて超越する」
春原和子:「はい・・・すでに聖杯戦争はあるべき形に戻りました。戦うことに異論はありません」
ラーミナ・イグニス:「そうさ、最終決戦だ。先のランサーも言っていただろう?」
ラーミナ・イグニス:「——ハルマゲドン」
春原和子:「あとは、願いのあるものが聖杯を手にする、その流れに導かれるだけです」
ラーミナ・イグニス:「この聖杯戦争は最終局面に至った——故に」
ラーミナ・イグニス:「結末へと、歩を進めようじゃないか」
和子のバーサーカー:「わんわん!」
ラーミナ・イグニス:「るかさんにライダー、ボクには思うところはあるんだろうが——」
水元 明良:「中々いい性格だな。ギターバッグを背負った方」
ラーミナ・イグニス:「今のボクは君たちの味方だということは信じてくれよ?」
春原和子:「ええと・・・言ってる意味はよく分からないけど可愛いから許す?だそうです。もうバーサーカーは・・・」
漆谷るか:「分かりました」
ラーミナ・イグニス:「はは!ほめてくれるのはいいねぇ! デビューしたらレコード買っておくれよ? いや——」
ラーミナ・イグニス:「レコードはもう…古かったか、な!!」
ラーミナ・イグニス:ラーミナとしては交戦意思あり
漆谷るか:というわけで戦闘の意志あり
春原和子:こちらも交戦意志ありです!
水元 明良:「レトロは嫌いではない。魔術師だからな。後で検討させてもらおう」
水元 明良:交戦意志あり
春原和子:「では・・・見せてください!あなたのサーヴァントを!」
ラーミナ・イグニス:では
ラーミナ・イグニス:「はは……ボクのサーヴァント? ははははははははは!!!」
セイバー:ラーミナの体が蒼い炎に包まれ姿を変える
春原和子:「っ!?これは・・・!?」
セイバー:「サーヴァント……セイバー!!」
セイバー:「ボクが、最後のサーヴァント、サ」
るかのライダー:「一体どういう原理だ!?」
セイバー:「さぁ、セカイが開ける瞬間を共に味わおう。終焉に至るまで!」交戦意思あり

監督役:【最終決戦!】
監督役:では、交戦フェイズ開始です
監督役:前衛後衛を宣言してください
セイバー:ギターバッグから炎を引き抜く
セイバー:【容姿】燃え上がる剣を持つ青白い焔を身にまとった戦乙女
水元 明良:前衛アーチャー、後衛マスターで
セイバー:前衛セイバー
春原和子:前衛バーサーカー、後衛マスターで!
るかのライダー:前衛ライダー、後衛マスター
監督役:先手判定です
水元のアーチャー:「犬。貴様なら先手を取れるだろう。最初だけでいい。私に援護をよこせ」
監督役:先手判定に使用するキャラクターとスキル等を宣言してください
監督役:令呪は囁きで
和子のバーサーカー:「わん!」
水元のアーチャー:バーサーカーにお任せします
セイバー:「ライダー、るか……黙っていて悪かったよ」
春原和子:ではバーサーカーで、スキル2を使用します
セイバー:「君たちの力を貸してくれ」
春原和子:【スキル2】敵陣突破5点:物理防御と魔術防御時、補正値2を得る。先手判定時、補正値3を得る。
るかのライダー:「はい。分かりました」
漆谷るか:ミスった
漆谷るか:ライダーで先行
監督役:バーサーカー8d6、ライダー4d6 以上でしょうか
春原和子:はぁい
漆谷るか:いいえ
監督役:うn?
和子のバーサーカー:おお?
監督役:以上でよろしい?
和子のバーサーカー:どきどき
漆谷るか:以上
監督役:では
監督役:春原和子の令呪を-1した(令呪:1->0)
監督役:漆谷るかの令呪を-2した(令呪:3->1)
監督役:バーサーカー13d6、ライダー14d6どうぞ
漆谷るか:14d6
DiceBot : (14D6) → 39[1,2,4,4,3,3,3,4,1,1,5,4,3,1] → 39
和子のバーサーカー:13d6
DiceBot : (13D6) → 39[2,6,2,3,5,1,4,1,3,3,1,2,6] → 39
和子のバーサーカー:スピードが互角!?
監督役:振り直しです
和子のバーサーカー:はぁい
漆谷るか:14d6
DiceBot : (14D6) → 38[6,3,1,1,1,3,3,2,4,3,6,3,1,1] → 38
和子のバーサーカー:13d6
DiceBot : (13D6) → 37[4,4,1,5,4,2,5,1,1,1,2,1,6] → 37
和子のバーサーカー:「ぎゃわーん!」
監督役:この場合の令呪どうだったか思い出してたのですが……
監督役:まあいいか……
春原和子:「っく・・・すいません!先手を取られました!」
監督役:ライダーセイバーの手番です
水元のアーチャー:「仕方あるまい、後手でもできないことは無い」
和子のバーサーカー:「わん!」
セイバー:「アーチャー……それにバーサーカー」
セイバー:「君たちに対する敬意をもって」
セイバー:「ボクの詩(ウタ)を聞いてもらおう」宝具使用します
監督役:宝具RPと効果どうぞ
セイバー:はい
セイバー:「まず第一に——ボクの宝具は二つある」
セイバー:「あの人の剣とそれを収めし匣——」
セイバー:「匣はわが身も偽り、剣を封じ込めた——勇者が来たるまで」
セイバー:「終焉——そう、終焉は始まりだ。そして、ボクのセカイは広がり続ける…」ラーミナ——否、セイバーのかつて持っていたギターバッグが震えて形を変える。
セイバー:それは巨大な匣。鎖に縛られ幾重にも縛めを施された匣
セイバー:「これは演出さ。偽りの偶像を騙り、ボク自身をホンモノにするためのね!」
セイバー:「匣よ開かれよ!偽り(しんじつ)を騙れ(かたれ)!」
セイバー:「さぁ、終焉を始めようか。魂を震わせて!!」
セイバー:「気が早いけど——試運転だ」
セイバー:「今のボクの力でどこまでセカイに点火することができるか、試そうじゃないか——」
セイバー:「拘束——解除。この九つの縛め。その全てを解き放とう。悪いねスルト。でも残念ながら、ボクはもう縛られない!」匣は鈍く輝き、砕け散る
セイバー:「レーギャルン開封!!」
セイバー:【宝具1】『九縛の匣』(レーギャルン) 1/1【ランク・種別】C:対人宝具 レンジ:??? 最大補足:???【効果】キャラシート作成時、令呪1画を失う。回数を宝具2と共有する。このサーヴァントはステータスを公開しなくてもよく、移動、遭遇及び奇襲フェイズの間は容姿と表記名(名前)と現在HPを下記の通り偽造してよい。宝具2の使用後はこの効果は無効になり、宝具回数を回復できない。この宝具は宝具名と効果を宣言しなくてもよいが、宝具2を使用する際には合わせて宣言しなくてはならない。

【クラス】セイバー
【容姿】燃え上がる剣を持つ青白い焔を身にまとった戦乙女
【HP】40 / 40
【筋力】C:5
【耐久】D+:3
【敏捷】A:5
【魔力】EX:8(10)
【幸運】C:3

セイバー:「そして、もうボクを止めることはできないよ——セカイよ輝け(もえろ)!!この一閃で終焉へと至れ!!」
セイバー:手に持つ巨大な焔が燃え盛る。セイバーの躰を包む青白き焔も巻き込みながら。
セイバー:セイバーの全身をも焼きながら——かの『狡賢いロプトル』が鍛えし魔剣は対峙するすべて——だけでなく一体全てを焼き払わんと唸りを上げる。
セイバー:「あぁ…………あああああああああああああああああああああああああああああああああああああ!!」
セイバー:セイバーの霊基(からだ)が悲鳴を上げる。彼女はただそれを管理していただけで、それを使うに値する使い手というわけではなかった。
セイバー:ただ、彼女の夫スルトがなせなかった『世界の焼却』を為そうとするだけだった。そこに呵責などなかった。ただ為すだけだった。彼女の心(スルト)のままに——その先の始まりを夢見ながら。
セイバー:そして、焔は振り下ろされる。全てを焼き尽くさんと一帯を終焉を告げる灼熱が包み込む。
セイバー:セイバーは叫ぶ。セカイの終わり(はじまり)を。
セイバー:「レーーーーーーーーーーーーーーーヴァテイーーーーーーーーーーーーーーーーーーーン!!」
セイバー:【宝具2】『破滅の焔』(レーヴァテイン) 1/1【ランク・種別】EX:対国~対界宝具 レンジ:??? 最大補足:???【効果】物理攻撃時か魔術攻撃時、補正値5を得て敵前衛全体を攻撃できる。セイバーの真名が看破されていない場合はさらに補正値5を得る。陣地破壊が発生する。
セイバー:ステータスを公開します
セイバー:【HP】40 / 40【筋力】C:5【耐久】D+:3【敏捷】A:5【魔力】EX:8(10)【幸運】C:3
セイバー:あとスキル2つを使用
監督役:効果どうぞ
セイバー:【スキル2】魔力放出(炎) B4点:魔術攻撃時、補正値4を得る。HP10を得る。【スキル3】原初のルーン5点:魔術攻撃時、補正値5を得る。相手の対魔力を無効化する。
セイバー:補正値19です
セイバー:異常
セイバー:以上
監督役:ですね
和子のバーサーカー:陣地破壊は・・・まずい!
監督役:24d5どうぞ
セイバー:魔術ですので
監督役:あ、そうでした!
セイバー:27d5ですかね
監督役:ですね、失礼しました
セイバー:はい では
セイバー:27d5
DiceBot : (27D5) → 89[2,2,5,2,5,3,2,5,4,1,3,5,4,3,1,5,4,2,2,4,5,5,3,5,4,1,2] → 89
監督役:以上です?
セイバー:これで
セイバー:振りなおしません
監督役:ではまずはアーチャーから
監督役:なお、陣地破壊されたのでスキル3使用不能です
水元のアーチャー:仕方ない。令呪使って補正値5を得たいです。
監督役:水元 明良の令呪を-1した(令呪:1->0)
監督役:7d6どうぞ
水元のアーチャー:7d6
DiceBot : (7D6) → 31[6,6,5,1,4,4,5] → 31
水元のアーチャー:届かず
監督役:C(89-31)
DiceBot : 計算結果 → 58
春原和子:くうう
監督役:水元のアーチャーに58のダメージ!(HP:50->-8)
監督役:アーチャー消滅しました
監督役:敗退RPどうぞ
水元のアーチャー:「すまない。マスター、くそっ…」
水元 明良:「俺に謝る必要はないだろう。貴様の運が悪かっただけだ。」
水元 明良:「相性の悪いサーヴァント、手際の悪いマスターを抱えて、よくやってくれた。」
水元 明良:「武運を。誇り高き、エドワード黒太子」
水元のアーチャー:「ああ、ありがとう。我が主よ。」
水元のアーチャー:以上
監督役:では、バーサーカー魔術防御です
春原和子:はぁい、スキル1・2を使用します
和子のバーサーカー:【スキル1】狂化10点:キャラシート作成時、令呪を1つ失う。物理攻撃と魔術攻撃と物理防御と魔術防御時、補正値5を得る。
和子のバーサーカー:【スキル2】敵陣突破5点:物理防御と魔術防御時、補正値2を得る。先手判定時、補正値3を得る。
和子のバーサーカー:以上で
監督役:令呪は?
和子のバーサーカー:ありません・・・w
監督役:あれ?
和子のバーサーカー:先手で使い切りました!(えへん
監督役:あ、そうだ
監督役:失礼しました
監督役:では9d6どうぞ
和子のバーサーカー:あそこで使わない選択肢もなかったので悔いはありません!
和子のバーサーカー:9d6
DiceBot : (9D6) → 41[6,3,6,6,5,5,4,5,1] → 41
監督役:C(89-41)
DiceBot : 計算結果 → 48
監督役:和子のバーサーカーに48のダメージ!(HP:29->-19)
監督役:出目は良かったけどね……
監督役:バーサーカー消滅しました
監督役:敗退RPどうぞ
春原和子:むしろよく頑張ってくれました・・・
和子のバーサーカー:「ぐるる・・・!」
春原和子:「・・・いいんですよバーサーカー・・・いえ、八房」
春原和子:「もう立たなくていいんです。これ以上はあなたが壊れてしまう」
和子のバーサーカー:「うう・・・わん!」
春原和子:「・・・おやすみなさい、人を愛した白犬、お疲れ様」そっと八房の頭をなでる
和子のバーサーカー:「アオーン!」最後に一つ遠吠えして、八房は消えます
春原和子:以上で!
監督役:はい
監督役:では交戦フェイズ終了で
監督役:一旦遭遇フェイズとしましょうか
監督役:どうせ戦闘だろうからBGMはこのままで

監督役:改めてRPどうぞ
漆谷るか:はい。るかはそのままセイバーに向き合います
セイバー:「…………」
セイバー:「そうだ、その判断が正しいよ」
漆谷るか:「セイバー。いえ、シンモラ」
セイバー:「ボクはあの人の願い(セカイ)を果たす」
セイバー:「聖杯の莫大な魔力で」
漆谷るか:「この世界の破壊は許すわけにいきません
セイバー:「再び……レーヴァテインを……解放する」
漆谷るか:「だから僕たちはあなたを止めます」
セイバー:「ははははははははは!!」
るかのライダー:「ああ、ブリテンの王。アーサー王の名のもとに」
セイバー:「では——ハルマゲドンならぬ……最終戦争(ラグナロク)を始めよう!」
るかのライダー:お互い交戦意志あり
セイバー:セイバーの持つ炎がセイバーの霊基を侵しながら勢いを増す
セイバー:交戦意思あり

監督役:では、最終決戦です
監督役:前衛後衛を宣言してください
セイバー:前衛セイバー
漆谷るか:前衛ライダー、後衛マスター
監督役:先手判定です
監督役:先手判定に使用するキャラクターとスキル等を宣言してください
監督役:令呪は囁きで
セイバー:セイバー スキルなし
漆谷るか:ライダー スキルなし
監督役:以上でしょうか?
セイバー:以上です
監督役:漆谷るかの令呪を-1した(令呪:1->0)
監督役:セイバー5d6、ライダー9d6
監督役:以上です
監督役:間違った
監督役:どうぞ!
セイバー:5d6
DiceBot : (5D6) → 10[1,1,3,3,2] → 10
漆谷るか:9d6
DiceBot : (9D6) → 31[6,3,6,1,3,1,1,5,5] → 31
セイバー:振りなおしません
セイバー:どうぞ
監督役:ではライダーの先手です
漆谷るか:では
漆谷るか:物理攻撃を宣言。さらに宝具、スキルを使用
監督役:スキル効果どうぞ
漆谷るか:【スキル3】直観 A3点:物理攻撃時、補正値3を得る。物理防御時、補正値2を得る。
監督役:宝具RPと効果どうぞ
漆谷るか:【宝具】『約束された勝利の剣』(エクスカリバー) 1/1【ランク・種別】A++:対城宝具 レンジ:1~99 最大補足:1000人【効果】物理攻撃と魔術攻撃時、補正値10を得る。陣地破壊が発生する
監督役:以上なら19d5どうぞ
漆谷るか:「十三拘束解放(シール・サーティーン)——円卓議決開始(ディシジョン・スタート)! 《承認》 《ベディヴィエール、ガレス、ランスロット、モードレッド、ギャラハッド——》 」
漆谷るか:19d5
DiceBot : (19D5) → 64[4,3,4,5,1,3,3,2,2,5,2,4,4,4,2,5,3,4,4] → 64
監督役:セイバー物理防御です
るかのライダー:ごめん、キャラ間違えた
監督役:アッハイ
るかのライダー:「これは世界を救う戦いである!」
るかのライダー:数値はそのままで
るかのライダー:「《アーサー》 」
るかのライダー:RPは以上です
監督役:はい
監督役:では改めて物理防御どうぞ
セイバー:「これは——星の聖剣、か……」
セイバー:スキルなし
監督役:5d6どうぞ
セイバー:「ボク達のレーヴァテインで——!!」
セイバー:5d6
DiceBot : (5D6) → 15[1,3,6,4,1] → 15
セイバー:振りなおします 最後まで
監督役:C(64-15)
DiceBot : 計算結果 → 49
監督役:あ、すみませんどうぞ
セイバー:ステEX使用
セイバー:5d6
DiceBot : (5D6) → 19[1,5,3,4,6] → 19
セイバー:はい
監督役:C(64-19)
DiceBot : 計算結果 → 45
監督役:セイバーに45のダメージ!(HP:40->-5)
監督役:セイバー消滅しました
監督役:敗退RPどうぞ
セイバー:「あぁ……全く」
セイバー:セイバーの霊基は、聖剣の光の中で——
セイバー:「終わりだ、よ——幕は降りた、そうだ、セカイの輝きは、永遠——」
セイバー:「そう、永遠だっ——た」
セイバー:「ボクは——ボク達は————間違って——いた————」
セイバー:完全消滅した——
セイバー:以上
監督役:はい

監督役:では、聖杯獲得RPに移ります
監督役:【BGM 聖杯獲得】
るかのライダー:「ふう。これでこの聖杯戦争は終わりか」
監督役:「さて、君がこの草津の聖杯戦争の最終勝者だね?」
監督役:「君たちはこの聖杯に一体何を願う?」
るかのライダー:「はい。まあ、成り行きでそうなったんですけどね」
漆谷るか:「僕は願いが無かったんです。だから……」
監督役:「この聖杯は英霊6騎を捧げたものだ。大概の願いは叶うだろう」
るかのライダー:「そうだな。なら俺は男性として受肉したい」
監督役:「そうかい、サーヴァントの受肉くらいなら容易にできるだろう」
るかのライダー:「今回は何とかなったが、またあんなセイバーみたいなのが現れるかと思うと放っておくわけにいかない」
監督役:聖杯は輝き、ライダーの体を包み込む
るかのライダー:(実は願いを譲る予定だったので画像は用意してませんでした)
るかのライダー:(なので、男性としての姿は脳内補完お願いします
るかのライダー:「やれやれ。有名すぎるというのも何だかな」
るかのライダー:「おかげで後世女性として伝わるんだから」
漆谷るか:「いいんじゃないです?女性としての旅も新鮮だったと思いますから」
るかのライダー:「そういや君は聖杯に願って女の子になったんだったな」
るかのライダー:「お前がどういう経緯でそれを選んだか分からないが、これからも一緒に居たいと思う」
漆谷るか:「いい願いがあればいいな、とは思ってました。そして、それは叶いました」
漆谷るか:「これからもよろしくお願いしますね、王子様」
漆谷るか:というところで以上です
漆谷るか:いい出会い、な
監督役:はい
監督役:では、これにて草津町聖杯戦争は終了です
監督役:皆さんお疲れ様でした!
セイバー:お疲れさまでした
水元 明良:お疲れ様でした
春原和子:お疲れ様でしたー!w
漆谷るか:お疲れ様でした。僕は失礼します
どどんとふ:「漆谷るか」がログアウトしました。
監督役:【BGM停止】
 いいね!  0

注意: 当ページの内容の転載、複製は著作者の許可がない限り行わないでください。

リプレイ一覧に戻る

コメントを書く

※投稿するにはログインが必要です。

コメント一覧

まだレスポンスがありません。