【ソード・ワールド2.0】リプレイ「CP【フェアリーガーデン】妖精郷の冒険第13話」

山火事リプレイ  0
登録日:2018/05/09 21:12最終更新日:2018/05/09 21:12
GM/山火事:準備は出来ましたか?
GM/山火事:あ
カリリル:い
ライカ:」・ω・)」うー!
GM/山火事:点呼おおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおお!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!
ライカ:(/・ω・)/にゃー!
カリリル:(」・ω・)」うー!(/・ω・)/にゃー!
ケニー:」・ω・)」うー!(/・ω・)/にゃー!
カーフ:あなたの後ろに這い寄る混沌
GM/山火事:ではクトゥルフ神話TRPGキャンペーン第13話始めていきましょう!
カリリル:おぉん!?
ケニー:おー! ...あれ?
ライカ:お、おー!
GM/山火事:噓ですw
GM/山火事:FGキャンペーン第13話始めていきます!
カリリル:おぉーー!
ケニー:レッツパーリィ
カーフ:ドンドンパフパフ
ライカ:((o(>ω<´  )o))ヤッフーイ
GM/山火事:はい、では前回の続きから
GM/山火事:ダジャレ
カリリル:あー激うまギャグ!
ケニー:あっているけどあってない!
GM/山火事:そして妖精郷滞在20日目です
ケニー:お、同化度上昇ですな
GM/山火事:妖精郷同化度に+1です
カリリル:ひえーー
GM/山火事:まぁお金払えば温泉でもう治せるようになるわけですがね
GM/山火事:温泉も更新入りましたから
ライカ:あれ、連続じゃなくても貯まるんでしたっけ
GM/山火事:データベース誰も見てくれてないんだよなぁ(´・ω・`)
GM/山火事:うん溜まる
GM/山火事:そのほうが管理が楽なので
カリリル:クリア+か+見えてなくて飛ばしてました
ケニー:3000MMですよね
GM/山火事:そうそれ
GM/山火事:地味にボス戦考慮した温泉効果も増やしてたり
ケニー:着実に便利になっていってますね
カーフ:騎獣達で蹂躙したいなぁ>ボス
カリリル:ですねぇ
GM/山火事:まぁあんなのドライ君かディアナにでも挑まないとつかわないだろうけど
GM/山火事:あ
カーフ:ん?
GM/山火事:カーフ君は獣技の取得本当に気をつけてくださいね
カリリル:こ
GM/山火事:あれクッソ難しいので
カーフ:了解です
カリリル:「くくくっ...いやー昨日のギャグ良かったなぁ!フフフ」お酒飲みながら椅子に着席
GM/山火事:うん、雑談ばかりしてちゃダメだな
GM/山火事:ではRP絡めて依頼決めしてくださいな
ケニー:「このっ...!まだ覚えてるのか! 早く忘れろー!!」杖でポコポコ
ライカ:「ケニー君ってお笑いも出来るんだね」
カリリル:「いてっいってっ!」
ケニー:「ふっふっふっ...知識人なるもの何事にも精通していないとだからね」キリタッ
GM/山火事:グラタン「いやぁ!今日はなんだか賑やかだねぇ!」今日はホワイトシチューです
カリリル:お、レベリングクエスtが更新されてる
GM/山火事:RE、のRであってレベリングのRではないよ?w
ケニー:リターンだね
カリリル:実質レベリング
ライカ:「賑やかって言っても大体いっつも騒がしいのは1人だけどね」
ケニー:「全く...こういう時には食べるに限るね。 今日のご飯はなんだい?」
GM/山火事:「今日はシチューだよ~」
描写:もうもうと立ち上がる湯気ホクホクとしたジャガイモにまろやかな口どけのホワイトソース
ケニー:って書かれてた(笑)
描写:食べると少し熱いが、朝の冷えた体にはとても心地が良い
描写:隣に出てきたパンをつけると程よく柔らかくなり、呑み過ぎた翌日でも無理なく食べられそうだ
ライカ:いつも呑みまくってるリルドラケンからしたら飲み「過ぎる」事は無いかもしれんねw
ケニー:リルちゃんって割と酒には弱かった気が...
ケニー:まぁいいか(笑)
描写:口に含むと深みのある豊かなコクが広がり何とも幸せな気分にもなれる
GM/山火事:生命B6やぞ
カーフ:いつのまにか平気に
GM/山火事:7になってた
ライカ:こっちはようやく3になったってのに
ケニー:さて、今日の掲示板係は誰じゃろな
GM/山火事:カリリルさんありがとうございました!
ライカ:まぁ今日はイフリートでいいですよね?
ケニー:んだねー
GM/山火事:戦闘ミッションキター!
描写:これに合うお酒はやはりぬる燗純米酒だ 濃醇な味わいと米のうまみ、ふくよかな香りが広がりとてm(ry
カーフ:イフリートなら適任がいるな
GM/山火事:なんかすみませんwというか本当すごいな、マジでソムリエじゃないですか
ケニー:適任?
カリリル:わりかし適当に濃ゆいけいの+の言葉とか、よくわからないけどおいしい味(うまみとかコク)とか並べるとそれっぽい
GM/山火事:それがPON!とできるのがなぁ
カーフ:カーフは外から一匹連れてくる、途端冷気が立ち込める
GM/山火事:え!スカディちゃん?!
システム:キャラクターリストにフロウが追加されました。
カリリル:「んー..シチューはいいなぁ」
カーフ:流石に無理w
ケニー:「寒っ!? まさかあの子か...?」おそろおそるふりかえる
GM/山火事:青眼www
カリリル:「...ふふっ」ケニーさんの様子を見てクスリと
GM/山火事:あれ?タロンちゃんは?
カリリル:た、たろん?たろーーん!
カーフ:二体目を買ったw
ケニー:「...!?」ビクビクゥ
カーフ:タロンもちゃんといますよー
カリリル:よかったぁ
GM/山火事:2体の騎獣かぁ…きっつい
GM/山火事:あ
ライカ:「カーフ!?何連れてきてるの?」
カリリル:「おぉ?新しい子かー」
GM/山火事:でも騎手一人につき1騎獣なんで
カーフ:専有なら複数所持できなかったでしたっけ?
ライカ:出来る出来る
GM/山火事:所持自体はいいけど、騎芸効果は1体にしか乗らない
ライカ:扱うのが一体だけ
ケニー:レンタルが1匹までだった気がするー?
ケニー:戦闘に出すのはタロンじゃなくてこの子ってことですかな?
GM/山火事:あーこれポケモン的学習装置になるか~
GM/山火事:確かに制限してなかったしなぁ
ライカ:だから半分なのか(納得)
カーフ:遠隔指示で二体とも回せなくは無い
GM/山火事:うん、この場合でも今回は乗るようにします
GM/山火事:あ、それはできない
GM/山火事:先程言ったように騎芸効果は騎獣一体まで
GM/山火事:遠隔と絡めて2体使役は不可能
カーフ:いや1ターンで一体動かすつもりで二体に交互ブレス
GM/山火事:あー
GM/山火事:これできる?
ライカ:連続した手番ってのが騎獣基準なら出来ない
GM/山火事:あ
GM/山火事:るるぶ3p75
GM/山火事:ダメです、片方はお留守番
カーフ:一体封入すればと思ったがしゃーなし
GM/山火事:うんごめんね
GM/山火事:一応元値で戻してもいいよ
GM/山火事:買わなかったことにしてもいい
カーフ:対イフリートorスカディの予定だから買ったことでいきます
GM/山火事:はーい
GM/山火事:ところで皆さんいます?
ケニー:いますぜー
カリリル:いまーす
カーフ:すんません
GM/山火事:良かった
ライカ:いますよ
GM/山火事:いえ、これに関してはガバガバGMが悪い
カリリル:イフリートに行こうかと考えつつぽえーっとしてました
ケニー:「ところで...前から思ってたんだけどこのイフリートの炎って何に使うんだい?」
GM/山火事:ニョッキ「あれだ、鍛冶の為の炎だ」
カリリル:「やっぱり温度とか違うのか?」
GM/山火事:ニョッキ「まぁな、あれはドワーフの剣の加護すらも貫通するからな」
カリリル:「うぇっ!?」
カーフ:ダークドワーフか何かかな
GM/山火事:ニョッキ「設備次第ではあるが、かのイグニダイトをも加工できる」
カリリル:「く、黒い炎みたいなものか...」
ライカ:「ほへー、カリリルも焼かれてみたら?」
ケニー:「はぇー...そりゃまたとんでもないね。」
カリリル:「こないだからの扱い酷くねぇか!?」
GM/山火事:実際に炎の王というスキルで炎無効を無効にするのよ
カーフ:「それを武器に出来れば、こんがりと」
ケニー:お、本当だ
GM/山火事:ニョッキ「イグニダイトだからな」
ライカ:「扱い?元からこんなだったよ、きっと」
カリリル:「えぇ...」
GM/山火事:まぁ、そのための設備がまだ整ってないんだがな、ドリアと一緒に色々やってはいるんだがなぁ」
ライカ:「そういえば最近ドリアと遊んでないなぁ」
ケニー:「なるほど、中々興味深い話だ。」
カーフ:もうやめてドリアのライフはとっくにゼロよ
GM/山火事:ドリアですが優雅にアプリコットオレンジティーを飲んでます、陰で
ライカ:まだ死んでないから大丈夫
GM/山火事:ニョッキ「(あいつ本当に何しでかしたんだ…?)」
ケニー:「んじゃパパっといって取ってくるよ。」
GM/山火事:グラタン「はーい!お土産話まってるねぇー!」
カリリル:「おーう...あ、お酒は耐熱容器の方がいいなうん」
カーフ:「お土産で猫焼きとか出来そう」
GM/山火事:あ、今回はランダムどうしますか?
カリリル:いっちゃうぅ?
ケニー:リーダーに任せます(投げやり)
GM/山火事:運が良ければマルキに会えるかも…?
ライカ:ランダムいっちゃう?
GM/山火事:なくていいならない方がいいですが
カーフ:リーダー次第で
ライカ:じゃあいいか、時間食っちゃうし
ケニー:あいよー
カリリル:ほいさー
GM/山火事:了解です、んじゃあ道もつながってることですしパパパット
GM/山火事:んじゃあ相変わらず炎が噴き出てますね
システム:GM/山火事さんの「???」ロール(D66)
→ SwordWorld2_0 : (D66)  → 66
カリリル:「ふーあっちぃなぁ」
カリリル:ふぁ
GM/山火事:あw
カーフ:なんというw
ケニー:何が起きるんだw
GM/山火事:ポビン「やぁ!初めまして!君たちは迷い込んできた感じ?」
GM/山火事:奴がいます
ケニー:奴だー!
カリリル:「たべちゃうぞー!なんてなーあははは」
カーフ:「あぁあの時の」
ケニー:「初めまして...ってあの時のちっこいのか(なお身長差)」
GM/山火事:ポビン「…?あれ?どっかで聞いたような声が」
GM/山火事:ポビン「…あ」
GM/山火事:ポビン「あの時の恫喝妖精’s?!」
カリリル:「恫喝なんて人聞きが悪いなぁ」
ライカ:「何その名前...」
カリリル:「よぉ!あの時ぶりだなぁ!逆さまの沼地面白かったよ!」
カーフ:「まあもう逆さまじゃ無いんだけど」
GM/山火事:ポビン「うそぉ!」
ケニー:「それが本当なんだよねぇ」
GM/山火事:ポビン「うっそだぁー…」
GM/山火事:ところで情報聞く?
GM/山火事:お駄賃はいいよなくても
カリリル:「ほれ今回も対価あるぞ?情報教えてくれ」
カリリル:ワイン瓶をちらちら
カリリル:で、聞こうと思いますがどうでしょう
システム:GM/山火事さんのロール(1d2)
→ SwordWorld2_0 : (1D2)  → 2
GM/山火事:ポビン「ふむぅ」
GM/山火事:ポビン「あーうん、これにしよう」
GM/山火事:ポビン「少し前にすっごい綺麗な池があったんだよ」
カリリル:「おぉ?」
GM/山火事:ポビン「そこに間違って昔の友達から貰った指輪を落っことしちゃってさぁ」
カリリル:「それ大変じゃねえか」
GM/山火事:ポビン「指輪はまぁ予備があるから大丈夫!砕く用のだし」
カーフ:おいw
GM/山火事:ラクシアの指輪は砕くものだから…
カリリル:「そ、そうか」
GM/山火事:ポビン「それでそしたらその池にその友達が写ったんだよ!すごい池だったよ!」
ケニー:「持ち主の顔が...? なんとも不思議な」
カーフ:「落とせば持ち主が観れるのか?」
カリリル:「ほー...おもしれえな」
ケニー:「その池はどこに...?」
GM/山火事:場所を聞くと鏡の池のあった場所と一致するね
カリリル:ほーほーほー
GM/山火事:ポビン「あ、あとすっごい氷山におっきなドラゴンゾンビがいたよ!」
カリリル:「あの池にそんな不思議な力があったなんてなぁ...ありがとな!」
カーフ:「それは倒した」
カリリル:「おぅ!もういないぜ!」
GM/山火事:ポビン「え」
ケニー:「あー...あれか、ぶっ飛ばしたよ」
GM/山火事:ポビン「え」
ライカ:「私達がやったわけじゃないけどね」
カーフ:「まああの時は、ちょっとね」
GM/山火事:ポビン「…(ビビったー)」
GM/山火事:ポビン「…んじゃあまたねー」若干引け腰で去っていきました
カリリル:「またなー!」
ケニー:...んで炎の穴だ。
GM/山火事:うん、ではここでのイベントはこんなものかな
GM/山火事:さてどうします?
カリリル:イフリートの炎の場所を要請ちゃんたちに聞きます?
GM/山火事:妖精ちゃんを呼ぶ感じ?
ライカ:手探りじゃ無理そうかな
カリリル:まだ提案の段階です
カーフ:イフリートの炎って妖精にも恐れられてそうだけど
GM/山火事:まぁクライミングは一応できる
ケニー:クライミング...か。
GM/山火事:ペナルティひっどいけどね
GM/山火事:あと焼ける
カリリル:んーどのくらいのぺナとダメージですか
カーフ:何飛べば問題あるまい
ケニー:ちなみに基準値は?
カーフ:一人で行くと死亡フラグ臭するけど
GM/山火事:登攀判定で10、ペナルティは-14、ダメージは生命抵抗24に失敗で2d6+17
カリリル:いてぇ
ケニー:実質24か...キッついな
ライカ:無理だw
カリリル:魔法ダメージですか?
GM/山火事:炎の魔法D
カーフ:ブレスばら撒けば緩和され無いかな?
カリリル:ふむ、アステリアとストロングブラッドで-8
カーフ:無理に行く必要は無いかな
カリリル:2d+9だとさすがにつらいか
ケニー:...しかしここでリソース削るよりほかの手段を探す方が賢明だと思われる
カリリル:ですねぇ
GM/山火事:提案は受け付けますぜ
GM/山火事:妥当なものなら採用します
カリリル:穴のサイズと深さはいかほど?
カーフ:フロウで行ったり来たりしてみんなを運ぶってのは?
カリリル:いつぞやの河みたいになりたくはないのでお聞きしたい
GM/山火事:深さは30M
カリリル:ふむ全力で1Rか
GM/山火事:サイズはまぁでかい
カリリル:私一人なら2Rか3Rいけるが別の手立てがいいな
ケニー:全力移動今15mなんですよね...
ライカ:魔動機術こういう時出来ること少ないなー
ケニー:近くに何か物ってありますかね?
カーフ:そこに飛翔持ち騎獣があるじゃろ
GM/山火事:ものかぁ、まあ妖精が口喧嘩してるくらいかなぁ
GM/山火事:騎獣を使う?
GM/山火事:今回はフロウちゃんだっけ?
ケニー:あっ
ケニー:アレがあった!
カーフ:です、実は男ですが
GM/山火事:ほう?
カーフ:アレとは?
GM/山火事:オスなのか
ケニー:...すまん、忘れて下さい。無理でした💧
カーフ:名前が微妙な所ですまない
GM/山火事:いえいえ~
ケニー:レビテーションで浮遊しようかと思ったけど距離が足りなかった
ケニー:ウォールウォーキングは無理かな?
GM/山火事:あー
GM/山火事:可能
ケニー:おぉ
カーフ:できてもダメージが結構入りそう
GM/山火事:というのもこの崖つるっつるなのよ
GM/山火事:まぁDはね
カリリル:焼けてガラス状になってるのか
カリリル:生命抵抗で8出さないと私でもダメージかぁ辛い
ライカ:レジストボムで軽減してもきつい
GM/山火事:寧ろなぜ成功の範囲内にいる
カリリル:え?
GM/山火事:レジボムで炎-4ですね
ケニー:...タフパワー?
GM/山火事:いけるいける、だって高さ30Mだからケニー君でも20秒でいける
ケニー:いやー...それがね
カリリル:ふむレジストボム私にかけると?-5-3-4?で-12?...あっ
ケニー:私だと1分かかっちゃうんですよね
カーフ:私は乗って行こう、ダメージは避けたい
GM/山火事:まぁレジボム18Rなんですがね
GM/山火事:騎獣にD行くけど
ケニー:耳飾りが仇になって今通常移動力が5mなのよね。ウォールウォーキングは全力出来ないし
GM/山火事:まぁこの崖下るのに5分とか使うだろうしダメージは1回だけですがね
カーフ:ケニー乗っけていきましょう、二人を一体で肩代わり出来れば御の字です
ケニー:( ’ω’)アザッス
GM/山火事:うん、まぁいいか、その代わり騎獣にはD+3ね
GM/山火事:二人庇いながらだし、全部の部位にね
カリリル:炎持ち帰るのに判定は何使うんです?
GM/山火事:ふむ、それはおりてからかな
カーフ:単部位がここで生きるとは
GM/山火事:この穴自体は普通に普通の炎が噴き出てるだけなんで
カリリル:なるほど...これはー私一人で降りて確認するのもあり?
GM/山火事:まぁそれもできるね
カリリル:どうでしょ私が偵察に行くというのは
ケニー:アリですね
GM/山火事:では一人偵察っと
ケニー:んではルルルルルに例のブツを渡します
カーフ:いってらっしゃいませ
GM/山火事:1分離籍
カリリル:長くないですかぁ!?
カリリル:いってらっしゃいませー
ライカ:頑張れー
ケニー:ケニーはルルルルルルルルルルルルルルルルルルルルルルルルルルルルルルに人形を1匹渡した
カリリル:打打打打打打打が流れそう
GM/山火事:もど
カーフ:徹子の部屋かもしれん
ケニー:おか
カリリル:おかえりなさいませー
GM/山火事:ふむではお人形抱えたルーちゃんが降りると
カリリル:タフパワーもらえると6で生命抵抗できるから楽になるかもしれもはん
GM/山火事:ヴァイタリティで十分ですぜ
カリリル:あ、ですね
システム:ケニーさんの「バイタリティ行使」ロール(2d)
→ SwordWorld2_0 : (2D6)  →  6[4、2]  → 6
GM/山火事:あとプロテクションとかFPとかレジボムとかもある
カリリル:アステリアの盾を構えます
GM/山火事:OK
システム:ケニーさんの「ドール・サイトも行使」ロール(2d)
→ SwordWorld2_0 : (2D6)  →  10[6、4]  → 10
GM/山火事:そのまま降りるなら登攀、翼ならダメージだけ、ウォーキングするならでもダメージだけ、
カリリル:ばさばさつばさ リルドラの翼 で行きます
GM/山火事:はーい、生命抵抗で24
ライカ:ヴァルキリーいればなぁ
カリリル:練技ストロングブロッドーって言おうと思ったら
GM/山火事:あストブラOK
カリリル:ありがとうございます
システム:カリリルさんのロール(2d+18)
→ SwordWorld2_0 : (2D6+18)  →  8[2、6]+18  → 26
カリリル:いえす
GM/山火事:バッチリ
ケニー:ツエー
カリリル:「熱いなぁははは」
GM/山火事:では2d6+17で半分にしてからダメージ減らして
システム:カリリルさんのロール(2d6+17)
→ SwordWorld2_0 : (2D6+17)  →  10[4、6]+17  → 27
カリリル:げっ
GM/山火事:www
ライカ:強いw
GM/山火事:14から軽減して
カリリル:14-8で6点
GM/山火事:リカバリー圏内とか
ケニー:これで6点しか喰らわないとかパネェ
カリリル:まだリカバリーもったいないのでつかいません!
GM/山火事:全力バフしてたらノーダメだったし
GM/山火事:んじゃあ
GM/山火事:穴の底は大きな空洞です、燭台がいっぱいあってすっごい明るい
カリリル:「えぇ...なんじゃここ」
カリリル:空洞も暑いですか?
GM/山火事:んでなかにはいろんな妖精がいる、いつぞやのエインセルちゃんや君が化けたサラマンダーも
GM/山火事:ダメージはないけどあっつい
カリリル:なるほど
カリリル:「やぁやぁ...お邪魔しても?」
GM/山火事:んで一際でかいのがどっしりと構えてる、宛ら圧迫面接だ
GM/山火事:まもきちで19/22
GM/山火事:まぁ降らなくてもわかるだろうけど
カリリル:これは、ドールサイトで見てるのでケニーさんも可?
GM/山火事:OK
システム:カリリルさんの「ひらちき」ロール(2d6)
→ SwordWorld2_0 : (2D6)  →  3[1、2]  → 3
システム:ケニーさんの「ライダー」ロール(2d+12)
→ SwordWorld2_0 : (2D6+12)  →  4[2、2]+12  → 16
GM/山火事:残念
ケニー:oh
カリリル:まぁ、だいたいわかる
ケニー:恐らくイフちゃんだろうけど分からなかったことにしよう
GM/山火事:???「ほう、客人か珍しいものだ、然も単騎とはな」
カリリル:「いやー流石に仲間はついてくるとやばそうだったから置いてきたんだがなー」
GM/山火事:???「なるほど」
ケニー:「うーわ...何かデッカイのがいるよ...カリリル大丈夫かな」
カリリル:「あたしはカリリルってんだ えーっと?あんたがここのボスかい?」
GM/山火事:???「少し待て」
GM/山火事:でかぶつは指パッチンします、するとエインセルちゃんたちが穴の外に出ていきます
カリリル:「はいはい」
カーフ:「殺しても死なないような人だから、平気じゃ無いかな」
カリリル:皆呼ぶ?
GM/山火事:穴の外のみなさんの前にエインセルちゃんがペンデュラム召喚されます
カーフ:ペンデュラムモンスターなら破壊してもまた出てくるなw
GM/山火事:エインセルちゃん「ボスのお呼びです、みなさん捕まって」
カリリル:「おぉぅ...すげぇ」
GM/山火事:そしてノーダメージで降りてこれます
カリリル:ふー!
ライカ:「もうここじゃ驚かなくなってきたね」
ケニー:「お、お...? ボス? さっきのでっかいのか!」
GM/山火事:んじゃあ全員集合でOK?
カリリル:「きたきた!」
カーフ:「ボスってアレかな?」まもちきふれるかな
ライカ:ぜんいんしゅーごー
GM/山火事:いいよふっても
カリリル:「いやーなんか送ってもらって悪いねぇ...」
システム:ライカさんの「ライダーマモチキ」ロール(2d6+15)
→ SwordWorld2_0 : (2D6+15)  →  12[6、6]+15  → 27
カリリル:ふーー!
ライカ:( ’ω’)ふぁっ
ケニー:ここでwww
システム:カーフさんの「後続がw」ロール(2d6+14)
→ SwordWorld2_0 : (2D6+14)  →  3[1、2]+14  → 17
GM/山火事:???「気にすることはない、客人をもてなすのは当然だ」
GM/山火事:OK
GM/山火事:るるぶ3P313
GM/山火事:イフリートです
GM/山火事:こいつとはまだ戦わないので安心して
ケニー:ε~( ̄、 ̄;)ゞフー
ライカ:『まだ』
GM/山火事:【まだ】
カーフ:「客人をもてなすということは来ることは知ってたのか?」
カーフ:結局戦うんですねわかります
GM/山火事:イフリート「いや?そこのリルドラケンが仲間がいるといったのでな」
GM/山火事:イフリート「呼ばねば失礼に当たるだろう」
ケニー:いずれ四精霊全員と戦うことになるのだろうな...
GM/山火事:あwいいんだw
カリリル:「んーと...イフリートのおいちゃん 好きな味とかあるか?」
GM/山火事:イフリート「なんの話だ?」
カリリル:「いやーほら、ちょっとお話もしたいし、熱燗でもどうかなーって」
ケニー:いや...でもスカディとは好感度次第で避けれるのかな
GM/山火事:イフリート「ふむ、気の利くものだ」
ケニー:なんだそれwww
ライカ:ちゃんってw
カリリル:「熱くなるほど辛味と香りが立つんだ...どうよ?」
GM/山火事:イフリート「ふむ、素晴らしいものだな、凛とした香りが鼻腔をくすぐるいい酒だ」
カリリル:「だろだろーふへへいいよなー...出汁なんかも入れちゃったりして...」
ケニー:「なんかふっつーくつろいでいるけど...あの適応力はなんなんだい」遠くからボソッと
カリリル:「で、本題なんだけどな、えーっと...リーダー?」
ライカ:「何?」
カリリル:「本題はなんだっけ?」
ライカ:「あんた何しに来たのよ…」
カリリル:「呑みに?」
GM/山火事:イフリート「やれやれ、酒は飲んでも飲まれるな、が基本だぞ?」
カリリル:「あたしとしてはここでいい熱燗が飲めると思ってなー耐熱容器に入れてきたんだ!ふふーん」( ・´ー・`)ドヤァ
ケニー:「話聞いてなかったのかい君は!」
ライカ:「ケニー君パース、私やっぱり付いてけないわ」
カリリル:「そうだ!」
GM/山火事:イフリート「なんだ?」
ケニー:「...やれやれ。 うちの妖精がイフリートの炎なるものを所望していてね。 少しばかり頂けないかい?」
カリリル:「よいしょ...っと...」「確かそうお酒を温めるために?火を持とめてたんだ」
ケニー:要請じゃねーや
GM/山火事:イフリート「……それだけ?」
カリリル:「ほぇ?」
カーフ:「それだけってなんだ?」
GM/山火事:イフリート「あ、あぁ、まぁいい、少し拍子抜けしただけだ」
GM/山火事:イフリート「それで、俺の炎が欲しいと」
ライカ:「何か心当たりあるのかな…?」
ケニー:「あぁ」
GM/山火事:判定してみる?
カーフ:「他に話したいことなら妖精王についてとかだけど」
カリリル:「おぅ!もらえるかい?」
カリリル:判定?
GM/山火事:いや、カーフ君が言ってくれた
カーフ:よし当たり
GM/山火事:イフリート「少し待て、先ずは炎についてだ」
GM/山火事:イフリート「炎を渡すのは構わない、だがそのまま渡せば幾ら手練れの貴殿らでも焼け死んでしまうだろう」
ケニー:「確かに。ドワーフでさえ無事ではすまぬかもと聞きました。」
カリリル:「んー確かにすごい温度って言ってたなぁ...」
GM/山火事:イフリート「そこで貴殿らには特殊なたいまつを持ってきてもらいたい」
カリリル:「松明...なるほど?」
GM/山火事:イフリート「正確にはその材料、<星降る枝>だ」
カーフ:「ほういったいどこに?」
カリリル:「どこに行けばいいんだい?」
GM/山火事:代表D66
カリリル:りーだーがんばえ
システム:ライカさんの「リーダー頑張る」ロール(1d66)
→ SwordWorld2_0 : (1D66)  → 46
ケニー:お隣さん?
GM/山火事:南エリアに56:魔法陣の広場を書き込んでください
ケニー:っとエリアだった
カリリル:あからさまに怪しいのだ
カリリル:完了です
ライカ:怪しすぎるw
ケニー:おっけー
GM/山火事:イフリート「そこに向かいとある合言葉を唱えろ、すれば戦闘が始まる、貴殿らには物足りぬだろうがな」
ケニー:合言葉かー
ライカ:「合言葉?」
GM/山火事:イフリート「その戦闘を突破すれば星降る枝が手に入る」
カーフ:「戦闘ねえこいつの初陣か」
GM/山火事:合言葉は適当に決めて
カリリル:テクマクマヤコン!テクマクマヤコン!
GM/山火事:んじゃそれで
GM/山火事:イフリート「合言葉は【テクマクマヤコン!テクマクマヤコン!】だ」
カリリル:(あれ?ボケたつもりだったのにな)
ケニー:「...随分とヘンテコな合言葉だね...。 まぁそれはいいか」
GM/山火事:(すまんです、聞き覚えはあるんですがよくわからんかった)
ライカ:「カリリル言ってね?」
カリリル:「お、おう?」
GM/山火事:イフリート「それで、そこな少年よ、妖精王についてだったか?」
カーフ:「ええ」
GM/山火事:イフリート「残念ながら妖精王については俺の管轄ではない故多くは知らない、代わりにだがほかのことは知っているがな」
カーフ:「他というと?」
GM/山火事:イフリート「他の四大精霊、ミーミル、ジン、タイタンのことだ」
GM/山火事:イフリート「彼らならば妖精王については知っているかもしれないな」
GM/山火事:イフリート「俺が知っているのは、そうだな」
カーフ:「なるほど、アラマユについては知ってる?」
GM/山火事:???/22%
GM/山火事:失礼、25%だ
GM/山火事:「イフリートそうだな、アラマユ様については何とも言えない」
GM/山火事:イフリート「そうだな、妖精王の冠、とかな」
カーフ:「魔剣だっていう噂なら聞いたことがあるが」
GM/山火事:イフリート「詳しく知りたいか?」
カーフ:「ぜひ、お願いしよう」
GM/山火事:イフリート「先ずは、貴殿らはどこまで知ってる?」
カーフ:「アステリアの剣じゃないのか?」
GM/山火事:イフリート「まさか、あれは第4世代のものだ、最も、それにしては性能が凄まじ過ぎるがな」
カリリル:「うぇ!?第四?」
GM/山火事:イフリート「あぁ、あれは人の作り上げたものだ」
カーフ:「それでも強力なんだろうけど、じゃあれは?」
GM/山火事:イフリート「あれは、神を作る魔剣だ」
カーフ:「神をつくる?」
カーフ:「引き上げるじゃなくて?」
カリリル:「神格を与えるんではなくて作るのか...?」
GM/山火事:イフリート「その通り、神を創る、神になるための魔剣だ」
カリリル:「しっかし神になるにしても、ノーリスクじゃないだろぅ?」
GM/山火事:イフリート「そうでもないぞ?」
カリリル:「3世代までの魔剣ならまだしも4世代となると【力】がたりないだろう? それに作るなら材料がいるんじゃねえか?」
GM/山火事:イフリート「その話はまた、おいおいだ」
GM/山火事:イフリート「貴殿らは神とはどのようなものかわかるか?」
カリリル:「剣に導かれしものじゃねえの?」
GM/山火事:イフリート「神になる方法は始まるの剣に触れる、若しくは神に引き上げてもらうのが主流だ、貴殿の言う通りな」
GM/山火事:イフリート「しかし、その魔術師はアプローチを変えた」
GM/山火事:イフリート「神になり立ての小神が信仰によってその在り方が揺らぐ様に、」
GM/山火事:イフリート「神が存在しうるには信仰の力が必要となる」
カリリル:「まぁ、そう聞くな」
GM/山火事:イフリート「では逆説的に考えてみようか」
GM/山火事:イフリート「神だから、信仰が集まる」「ならば」
カリリル:「ふむぅ?」
カーフ:「信仰さえされれば神になれる?」
GM/山火事:イフリート「正解」
GM/山火事:イフリート「妖精王の冠を作り上げた魔術師は信仰を集めることで神に成り上がろうとしたのだ」
カリリル:「ふーん.........」(スッと目を細める)
GM/山火事:イフリート「これが妖精王の冠の正体、信仰収束機だ」
カリリル:「じゃあそれを所持しているって言われる妖精王は?」
カーフ:「妖精郷の神なんて聞いたことがないけど」
GM/山火事:イフリート「いい着眼点だ、二人共」
GM/山火事:イフリート「先ず妖精王の冠は起動していない、」
GM/山火事:イフリート「次に、妖精郷には神がいないことについてだ」
GM/山火事:イフリート「そう、我々妖精は信仰の対象がいない」
GM/山火事:イフリート「しいて言うならアステリアだが、それは信者になっているというわけではない」
カーフ:「けど妖精王の冠は存在している」
GM/山火事:イフリート「そこでだ」
GM/山火事:イフリート「そのすべての妖精がとある一人を信仰すれば、どうなる?」
カリリル:「限りなく神に近い、いや、神になるのかもな」
GM/山火事:イフリート「…この妖精郷は本来は妖精たちが楽しく過ごすための楽園であった」
GM/山火事:イフリート「しかし、突然妖精郷はその在り方を変えた」
GM/山火事:イフリート「貴殿らは赤い光の柱と青い光の柱を見たか?」
カーフ:「みたな」
カリリル:「あーはん...分かってきたかもしれん」
GM/山火事:イフリート「あれが妖精王の冠のトリガーとなるものだ、」
カーフ:(というか俺たちが…)
カリリル:「起動”させちまった”な」
GM/山火事:イフリート「は?」
カリリル:「まずいな...しかし...フィットチーネのアレはそういうことか」
GM/山火事:イフリート「…え?マジで?」
カーフ:(カリリル今言っちゃまずい空気だっただろぉ)
GM/山火事:イフリート「…貴殿ら何してくれちゃってんの?」
カリリル:「私としてはみんなが止めるし嫌な予感はしてたがな...まずいなぁ」
GM/山火事:イフリート「や、嫌な予感してたらふつう止めるよね?」
ライカ:イフリート軽いなw
GM/山火事:てんぱってる
カリリル:「それは、全部解放するまでセーフなのか?それとも一個解放したらもうアウトなのか?」
カーフ:(これ炎貰えるのかな大丈夫)青ざめ
GM/山火事:イフリート「流石に全開放しなければおそらく大丈夫…なはずだが…」
GM/山火事:イフリート「何が起こるか解らないからなぁ…」「わからない、もしかするとすでに手遅れの可能性も」
カーフ:「明らかに俺たちのせいだよなぁ」
GM/山火事:イフリート「だな、100%貴殿らのせいだ」
カリリル:「ふむ...なぁ?私は今回の話とかフィットチーネのこともあるし、解放はもうしないでおこうと思うんだが...どうだ?」
ケニー:「...なるほど。 取り敢えずこれ以上の悪化は防いだ方が良さほうだな...せめてもの だけど」
カリリル:「まぁ...だとするとあたし達で責任とらないとだなぁ」
カリリル:「(ドライたちは解放しようとしてたよな?...止めようともしなかった...ふーむ)」
GM/山火事:イフリート「というか青い柱のところには確か防衛としてドラゴンがいたはずだが…、アラマユよ、忘れてたのか?またうっかり?」
ケニー:「(その一方でディアナはそのドライを止めようとしていた...)」
カリリル:「そいつは【野望】をもって神になろうとしてるのか?」
GM/山火事:イフリート「…ふむ、(落ち着いてきた)」
GM/山火事:イフリート「…知りたいか?魔術師について」
カリリル:「だとしたら、既に因子があちこちに散らばってるな」
ケニー:「(僕らは)ドラゴンと戦ってないからなぁ...」
カーフ:「ドラゴン倒されたマルキってのとドライまたはアインスかツヴァイってのに」
カリリル:「なんとなーくの...検討だが...魔女か?」
GM/山火事:イフリート「…アラマユよ、そのうっかりを何とかせよといつも言っていたのに…」
GM/山火事:イフリート「…いやまて?」
GM/山火事:イフリート「先ずは魔術師についてだが、それは魔女で正解だ」
GM/山火事:イフリート「というか知っていたのか?」
カリリル:「なんとなーく...アラマユとは別にもう一人の影...矛盾というのか?散らばってたんだ」
GM/山火事:イフリート「…ふむ、」
カリリル:「それもかなり強力な人物像...もしかするとってな」
GM/山火事:イフリート「そうだな、貴殿らよ、話も長くなってきた、何より」
GM/山火事:イフリート「貴殿らには塔を開放してしまった責任を取ってもらった」
GM/山火事:貰いたい
カリリル:びっくりしたー
ライカ:「具体的には何をすればいいの?」
ケニー:そろそろ広場に行きませぬかね
GM/山火事:イフリート「そこでだ、魔法陣の広場にて、この合言葉を唱えよ」
システム:くーちゃんさんが、入室しました。
GM/山火事:イフリート「混沌を統べる赤き覇王。悠久の戒め解き放ち赫焉となりて闇を打ち払え!」
GM/山火事:イフリート「試験だ、奴を倒して見せよ」
カリリル:「ふーふん...そいつには”今の”あたしらで勝てそうか?」
GM/山火事:イフリート「できないことは言わない」
カリリル:「おぅ 自分のやったことの責任だ。やるさ」
GM/山火事:イフリート「では向かって、その力示してみろ」
GM/山火事:というわけで移動ですね、これ以降はここの上り下りは苦労しないのでご安心を
カリリル:了解です
ライカ:あんなもの毎回あってたまるかw
GM/山火事:はいでは移動宣言移動判定
ライカ:じゃあ広場行くぞー(行けるとは言ってない)
GM/山火事:では移動判定どぞ
カリリル:GOGO!
ケニー:リーダーなら行ける!(行けない)
システム:ライカさんの「リーダーの信用とは…」ロール(2d6)
→ SwordWorld2_0 : (2D6)  →  12[6、6]  → 12
ライカ:( ’ω’)ふぁっ
カリリル:さすりだ
GM/山火事:完璧
ケニー:今日のリーダーどうした...
ライカ:GMなんかくれてもいいっすよ
GM/山火事:では炎の穴と魔法陣の広場繋いでー
カーフ:リーダー6ゾロ率この前のセッションから高くないですかw
カリリル:今はTBは昼?
GM/山火事:うむ
カリリル:了解です
GM/山火事:では描写か
GM/山火事:一杯魔法陣があるよ
カリリル:「おー誰が書いてるんだこんなに」
GM/山火事:なんか焦げてる
カリリル:人?
GM/山火事:なんだろうね?一杯魔法陣あるとしか書かれてないから
ライカ:「ほら、あの合言葉言ってよ」
GM/山火事:まずイフリートの炎の方ね?
カリリル:「えーーと【テクマクマヤコン!テクマクマヤコン!】」
カリリル:「これでいいのか?」
GM/山火事:ではですねぇ
ライカ:「ほんとに言っちゃったよ…」
GM/山火事:ナレーション「これより特殊試練/流星級を開始します」
GM/山火事:そしてなんか出てくる
カリリル:「流星級!?なんか始まったんだけどぉ!?」
GM/山火事:まもちきで14/19
ライカ:「他にも難易度あるのかな(うずうず)」
システム:カリリルさんの「ひらちき」ロール(2d6)
→ SwordWorld2_0 : (2D6)  →  3[2、1]  → 3
カリリル:おしい!
システム:ライカさんのロール(2d6+15)
→ SwordWorld2_0 : (2D6+15)  →  9[4、5]+15  → 24
システム:カーフさんのロール(2d6+14)
→ SwordWorld2_0 : (2D6+14)  →  10[4、6]+14  → 24
ライカ:まぁピンゾロチェックですし
システム:ケニーさんの「セージ」ロール(2d+8)
→ SwordWorld2_0 : (2D6+8)  →  5[3、2]+8  → 13
GM/山火事:るるぶ2p314 グルネルです
GM/山火事:こいつが*3
カリリル:げぇっマジックユーザー
GM/山火事:スタートは20~25の間
ライカ:なんで魔神がw
GM/山火事:知らない(´・ω・`)
ライカ:あら素直w
GM/山火事:先生どぞ15です
システム:ライカさんのロール(2d6+5)
→ SwordWorld2_0 : (2D6+5)  →  2[1、1]+5  → 7
カリリル:わぁ
システム:カーフさんのロール(2d6+6)
→ SwordWorld2_0 : (2D6+6)  →  5[3、2]+6  → 11
ライカ:やったぜ
ケニー:絡みつき...? (`・∀・´)ニヤッ
システム:カリリルさんの「鮃」ロール(2d)
→ SwordWorld2_0 : (2D6)  →  5[4、1]  → 5
カリリル:平均値ですね!
システム:ケニーさんのロール(2d+10)
→ SwordWorld2_0 : (2D6+10)  →  8[6、2]+10  → 18
カリリル:流石ぁ!
カーフ:助かったー
ライカ:ショットガンって多部位相手でも当てられましたっけ
カリリル:さてー例のごとく私は最後に行動
GM/山火事:ではPC
GM/山火事:できない理由がないのでOK>ライカ
カーフ:ん?回避低いな今更だが
ライカ:ホントだ、ピンゾロチェックじゃん
カリリル:(なんだこいつら...て思ったけど私もゾロチェックだわ)
ライカ:じゃあ異貌して5連ショットガンいきまーす
GM/山火事:命中どぞ、当たってらダメージも出しちゃって
ライカ:オーバーラップでクリティカルも併せよう
システム:ライカさんの「ライカ」ロール(2d6+16)
→ SwordWorld2_0 : (2D6+16)  →  6[2、4]+16  → 22
GM/山火事:一応各部位に+HP25されてます
カーフ:(あれこれだけで持ってかれね?)
ライカ:命中個別にします?
GM/山火事:お任せ
ライカ:じゃあ一括でいきます
システム:ライカさんの「A胴体/A尻尾/B胴体〜」ロール(1d6)
→ SwordWorld2_0 : (1D6)  → 3
ライカ:B胴体以外か
システム:ライカさんの「処理面倒だろうからダメージ一括」ロール(k20+14@9)
→ SwordWorld2_0 : KeyNo.20c[9]+14  →  2D:[6、5 5、1]=11、6  →  9、4+14  →  1回転  → 27
カリリル:ふー
ライカ:尻尾全部切れたかな
GM/山火事:いや
GM/山火事:全部位にHP+25です(欠片
カリリル:おぉぅ
ライカ:そうだったw
ライカ:では続けて超過駆動
システム:ライカさんの「除外対象」ロール(5 1d6)
→ 1回目: SwordWorld2_0 : (1D6)  → 6
→ 2回目: SwordWorld2_0 : (1D6)  → 4
→ 3回目: SwordWorld2_0 : (1D6)  → 1
→ 4回目: SwordWorld2_0 : (1D6)  → 2
→ 5回目: SwordWorld2_0 : (1D6)  → 6
ライカ:あ、一括で振るのはまずいか
ケニー:なんかよく分からんがやべー事になってる...
ライカ:とりあえず1回目はCの尻尾除外で
システム:ライカさんの「命中」ロール(2d6+17)
→ SwordWorld2_0 : (2D6+17)  →  4[1、3]+17  → 21
システム:ライカさんのロール(k20+17@10)
→ SwordWorld2_0 : KeyNo.20c[10]+17  →  2D:[6、2]=8  →  6+17  → 23
カリリル:わぁ
システム:ライカさんの「命中」ロール(2d6+17)
→ SwordWorld2_0 : (2D6+17)  →  9[5、4]+17  → 26
GM/山火事:メモ4が壊滅してる…
システム:ライカさんの「ダメージ」ロール(k20+17@10)
→ SwordWorld2_0 : KeyNo.20c[10]+17  →  2D:[2、2]=4  →  2+17  → 19
システム:ライカさんの「虐殺過ぎない...?」ロール(2d6+17)
→ SwordWorld2_0 : (2D6+17)  →  3[2、1]+17  → 20
GM/山火事:まって
システム:ライカさんのロール(k20+17@10)
→ SwordWorld2_0 : KeyNo.20c[10]+17  →  2D:[3、3]=6  →  4+17  → 21
GM/山火事:もうかったでいい
カリリル:GMさんの毛根がぁ!
ケニー:oh...
ライカ:これからは最後に動こう…(´-ω-`)
カーフ:GMからストップ入るって相当だな
GM/山火事:少し時間下さい、もうちょい魔改造する
カリリル:www
カーフ:最後に動かれると巻き込まれんで最初でw
ケニー:これどうせなら私が先に動いた方が良かったかもな...
GM/山火事:軽くRPしてて、回復かねて
カリリル:その魔改造が降りかかるのは私なんですよねぇ
ライカ:最後に動いてショットガン封印w
カリリル:「おぅ...さすがリーダー...」
カリリル:「草焚くか?」
カーフ:「蜂の巣だな……………」
ライカ:回復って言ってもMP1しか消費してないんだよね
カリリル:焚きたい方いらしたら寄ってらっしゃーい
GM/山火事:え?
GM/山火事:それはおかしくない?
ライカ:「草?大丈夫大丈夫、これ(異形の面)のおかげでほとんど消耗してないし」
GM/山火事:MP1でこれは出来ない
カーフ:消費からの回復だったのか?
ライカ:あ、体力は消耗しました
GM/山火事:オーバーラップ使ったよね?
GM/山火事:ショットガンとくりばれだよね?
ケニー:アースヒールしときますね
GM/山火事:その時点でまずMP-2
システム:ケニーさんの「行使」ロール(2d)
→ SwordWorld2_0 : (2D6)  →  9[6、3]  → 9
ライカ:MP軽減で1個辺りMP1になって×6じゃありません?
GM/山火事:騎獣は全部ショットガンで
カリリル:じゃあアースヒールで減った分のMPを草
システム:ケニーさんのロール(k0+17@13)
→ SwordWorld2_0 : KeyNo.0+17  →  2D:[4、5]=9  →  3+17  → 20
GM/山火事:何回騎獣動いたです?
ライカ:「結構体力使うんだよね、全力で動くと」
ライカ:騎獣は4回です
GM/山火事:それでショットガン*4だからMP-4
GM/山火事:この時点でかなりおかしいがまぁいい
ライカ:まぁ実質4発も打つ必要なかったかもしれませんが
GM/山火事:まぁ確かに
ライカ:異形の面の回復入れてます?
GM/山火事:入れてない
GM/山火事:それで+5
システム:カリリルさんの「草の威力」ロール(choice[0、1、2、2、3、3])
→ SwordWorld2_0 : (CHOICE[0、1、2、2、3、3])  → 2
ライカ:私それ込みで『合計』として消費量言ったんですけど
GM/山火事:実際の消費がMP-2+MP-4+5うん、1だ
カリリル:ケニーさん 2+7+4 点MP回復どうぞ―
GM/山火事:オーバーラップは2回魔法行使するからってのは忘れてないのか、なら大丈夫
ライカ:で、3分毎にMP1自動回復...と
GM/山火事:しかし間違っててくれた方が良かったなこれ
カーフ:こう言っちゃなんだけどなんだこれ
カリリル:それ
GM/山火事:すんません、余りの数字にこれ間違ってるだろって思ってました
カリリル:いいのよ私もえってなったのよ一緒一緒
GM/山火事:魔動機にも獣技出来るようにしてもよかったがやっぱりなしだな
GM/山火事:あたまおかしい
ライカ:してくれてもいいですよ♡
GM/山火事:するわけねぇだろ
カリリル:うん マギシューはGM泣かせ
カーフ:リーダーのクラスはバーサーカーだな
ライカ:GMが辛辣だ。・゚・(ノД`)・゚・。
ケニー:マギシューってやっぱりつおい(小並感)
カリリル:カーフさんのクラスもバーサーカーじゃないの?
カーフ:このままドライ撃ってもいいのよ(ニッコリ
GM/山火事:んじゃあ適当にRPしててください
カーフ:それでも全体攻撃に連続攻撃は…
カリリル:「ほれ草吸えー」パタパタパタ
ライカ:通常攻撃が全体攻撃で5回攻撃出来ます
ケニー:「あー...力が漲るよォ...」回復中
ライカ:「これで終わりなの?」
カリリル:「いやー...戦闘になるっては聞いたけど...びっくりだな」(リーダーに引きつつ)
カーフ:通常攻撃が全体攻撃で5回攻撃のリーダーは好きですか?
ケニー:元ネタ超えとるがな...
カーフ:「動く暇さえなかったな」
ライカ:「いや、射撃訓練しに来たんじゃないんだけどね」
ケニー:「最早弾丸の雨だね...何か変な異名つきそうだけど」
カリリル:「弾時雨だなぁ」
ライカ:「やめてよ人の事化け物みたいに言うの」
カーフ:「あれ見てもそういうのか?」グルネル指差し
カリリル:「いやいや、ほめてるんだぜ?」
ライカ:「あれ的じゃないの?」
ライカ:「1発も避けないんだもん」
ケニー:「いや、試練とか言ってたけど...」
カーフ:「リーダーとやりあうのはかなり厳しいな」
カリリル:「うーっし...じゃあ責任をとりに行きますか」
ライカ:「あ、カーフ今度試合してみる?そろそろ私も力付いてきただろうし」
カリリル:「えーと合言葉は...リーダーが言うのか?」
ライカ:「言うわけないじゃん」
カーフ:「言わないのか?」
カリリル:「えぇ...」
ライカ:「私は言わないよあんなの」
ケニー:「まぁリリル、言ってやりなさい」
カリリル:「じゃあケn...えぇ」
カリリル:言ってよろしい?
GM/山火事:OK
カーフ:たのんます
ライカ:お願いします
カリリル:「混沌を統べる赤き覇王...悠久の戒め解き放ち赫焉となりて闇を打ち払え!」
GM/山火事:ずるりと
GM/山火事:虚空から緋色が落ちてくる
GM/山火事:赤黒く濡れたその覇王は君たちを見据えています
GM/山火事:まもちきで17/19
カリリル:「うへぇ...」「勝てるのかあれ...」
システム:カリリルさんの「鮃」ロール(2d)
→ SwordWorld2_0 : (2D6)  →  2[1、1]  → 2
ライカ:「あ、やっぱりあれ準備運動だったんじゃん」
カリリル:ごっつあんです
システム:カーフさんのロール(2d6+14)
→ SwordWorld2_0 : (2D6+14)  →  6[3、3]+14  → 20
システム:ライカさんの「カリリルさんだけに経験点は渡さん!」ロール(2d6+15)
→ SwordWorld2_0 : (2D6+15)  →  2[1、1]+15  → 17
システム:ケニーさんのロール(2d+8)
→ SwordWorld2_0 : (2D6+8)  →  7[6、1]+8  → 15
カリリル:本当にやりやがった
GM/山火事:w
ケニー:有言実行
ライカ:HAHAHA(・∀・)
GM/山火事:OK
カーフ:なんだよこれw
GM/山火事:メモ4

LV10

裏切りの覇王ヴェクター

知能:高い 知覚:五感(暗視)
反応:敵対的
言語:魔神語
生息地:様々 分類:魔神
知名度/弱点値:17/20 弱点:水属性D+2
先制値:18 移動力:30
生命抵抗力:15 精神抵抗力:16

攻撃方法
命中/回避/打撃点/防護点/HP/MP
爪
16/20/2d6+20/12/4/86

本体

○赫焉の覇王
半径50以内の全てのキャラクターは補助動作を行うたびに8点の火属性Dを受ける

☆緋想なる斬撃
1T1D半径30以内の任意の対象1人に「対象の冒険者LV*2」点の火属性Dを与える

○炎無効

○限定妖精魔法LV10/魔力13炎

○魔法誘導

□マルチアクション

○足さばき

○2回行動

※GMの愚行により最初魔力を17としていました
最初のうち魔力17になっていたのはそのためです

カリリル:おえっ
カリリル:アステリアの守りへ
ライカ:回避20ってこれ固定値ですか?
GM/山火事:あたりまえだよなぁ?
カリリル:盾の持ち替えはここでダメージ受けますか?
GM/山火事:戦闘前ならOK
ライカ:こいつの能力...メタりに来てやがる!
カリリル:了解です 準備完了
カーフ:酒と葉っぱを決めるか
GM/山火事:位置は10M地点です、
ライカ:火属性ダメージ3軽減できないかな
GM/山火事:配置は25より後ろで
カリリル:火属性軽減...私は準備完了
カーフ:補助動作は一階につきそれとも一t1回
GM/山火事:一回につき8D
カリリル:ふー!
カリリル:ちょっと処理醇の質問
GM/山火事:キャッツアイビートルスキンとすれば8が2回
カリリル:順
ライカ:普通に1ターンフル活動しただけで死ねる
ケニー:ふーん...?なるほど
GM/山火事:しつもんどぞ
カリリル:補助動作→ダメージ→補助効果ですか? それとも補助動作→補助効果→ダメージですか?
カリリル:何故聞いたかというとストロングブラッドが...
GM/山火事:行動するたびに、なので行動処理が終了してから、と【今回は】裁定します
カリリル:了解です
GM/山火事:ストブラは効果が発生してからDです
カリリル:ありがとうございます
GM/山火事:では先生半程度ぞ
システム:ライカさんの「(・ω・)ノ<宣誓!!」ロール(2d6+5)
→ SwordWorld2_0 : (2D6+5)  →  4[1、3]+5  → 9
システム:ケニーさんの「知略」ロール(2d+10)
→ SwordWorld2_0 : (2D6+10)  →  4[2、2]+10  → 14
システム:カリリルさんの「鮃」ロール(2d6)
→ SwordWorld2_0 : (2D6)  →  7[6、1]  → 7
システム:カーフさんのロール(2d6+6)
→ SwordWorld2_0 : (2D6+6)  →  4[1、3]+6  → 10
カリリル:まずまず
GM/山火事:OKこっちから
ライカ:ちょっと引きますね
カリリル:かばいます
ケニー:カリさん誰かばいます?
GM/山火事:ファイアストーム*2
システム:GM/山火事さんのロール(2 2d6+17)
→ 1回目: SwordWorld2_0 : (2D6+17)  →  8[4、4]+17  → 25
→ 2回目: SwordWorld2_0 : (2D6+17)  →  8[4、4]+17  → 25
カリリル:対象は同座標全員 
ケニー:っと範囲か
カリリル:おおっと
カーフ:魔法は庇えないだろう、GMの殺意が
カリリル:ね
GM/山火事:本気で調整放棄してるので
システム:ケニーさんの「ケニー抵抗」ロール(2d+15)
→ SwordWorld2_0 : (2D6+15)  →  5[4、1]+15  → 20
システム:カリリルさんの「念のため」ロール(2 2d+14)
→ 1回目: SwordWorld2_0 : (2D6+14)  →  6[3、3]+14  → 20
→ 2回目: SwordWorld2_0 : (2D6+14)  →  3[2、1]+14  → 17
GM/山火事:ぶっちゃけやりすぎたかもしんない
カリリル:うん
システム:カーフさんのロール(2 2d6+9)
→ 1回目: SwordWorld2_0 : (2D6+9)  →  5[2、3]+9  → 14
→ 2回目: SwordWorld2_0 : (2D6+9)  →  8[3、5]+9  → 17
システム:ケニーさんの「カバはゾロチェック」ロール(2d+9)
→ SwordWorld2_0 : (2D6+9)  →  5[4、1]+9  → 14
システム:カーフさんのロール(2 2d6+12)
→ 1回目: SwordWorld2_0 : (2D6+12)  →  12[6、6]+12  → 24
→ 2回目: SwordWorld2_0 : (2D6+12)  →  11[5、6]+12  → 23
カリリル:わぁお!
GM/山火事:期待値だったら片方OKでしたね
GM/山火事:ってゾロアスター教
システム:ライカさんのロール(2d6+14)
→ SwordWorld2_0 : (2D6+14)  →  9[6、3]+14  → 23
カリリル:自動成功でないの?
カーフ:12じゃない14だった
システム:ライカさんのロール(2d6+13)
→ SwordWorld2_0 : (2D6+13)  →  7[4、3]+13  → 20
システム:ライカさんのロール(2d6+14)
→ SwordWorld2_0 : (2D6+14)  →  5[4、1]+14  → 19
システム:ライカさんのロール(2d6+13)
→ SwordWorld2_0 : (2D6+13)  →  9[4、5]+13  → 22
GM/山火事:すんません、ここのしょりおわったら魔力は13にします
GM/山火事:半ごろししくらいでよかったの
カリリル:【カリリル】抵抗失敗
システム:GM/山火事さんの「一括」ロール(k40+13@10)
→ SwordWorld2_0 : KeyNo.40c[10]+13  →  2D:[3、6]=9  →  11+13  → 24
カリリル:-3して21!
GM/山火事:カーフはこれ半減
ケニー:サーマルで1軽減します
カリリル:あ、サーマルあった
カリリル:なので20!
システム:GM/山火事さんの「2回目」ロール(k40+13@10)
→ SwordWorld2_0 : KeyNo.40c[10]+13  →  2D:[5、4]=9  →  11+13  → 24
カリリル:同じく20!
GM/山火事:うっげぇ、やり過ぎた、3階講堂にしなくてよかった
システム:ライカさんのロール(2d6+13)
→ SwordWorld2_0 : (2D6+13)  →  7[2、5]+13  → 20
カリリル:ケニー君まずいっぽい?
ケニー:かなーりやばい
カリリル:リーダーもまずいっぽい
GM/山火事:あ、死亡はなしでいいです
ライカ:リーダー寝てるよー
カーフ:mp肩代わりするか
GM/山火事:ジャストかそういえば
GM/山火事:うぐ、すまんです、
カリリル:まだ立ってる
GM/山火事:ではPCどぞ
カリリル:さぁ、どうしようね
GM/山火事:やり過ぎた…すんません、
カリリル:アウェイク買うの忘れてたなぁ
ケニー:私は回復にしか回れなさそうっすね...
カーフ:アウェイクン投げる?
カリリル:とりあえず盾頑張るよ
カリリル:前に出て前線貼ってる間に、リーダーの回復頼めますか
ケニー:あいよー
ライカ:アウェイクンされても補助動作で起き上がった瞬間死ぬんだよねw
カリリル:その分ケニーさんに回復に回してもらう
カーフ:アウェイクン回復立ち上がりやね
GM/山火事:起き上がらなきゃいい
カリリル:とりあえず前線作るデース
カリリル:通常移動で10m地点に
カリリル:妨害ありますか
GM/山火事:え?
カリリル:ん?
GM/山火事:いや構わないですが…
カリリル:物理で殴っていいよ❤
GM/山火事:まぁいっしょか
ライカ:2回行動あるからなぁ
カリリル:ですねどちらにしろ魔法は届くから、せめて近づかれないように
GM/山火事:攻撃しないの?
カリリル:えーっとまずはストロングブラッド
GM/山火事:OK
カリリル:で、8点は無効化
GM/山火事:あれ?カリりるもうノーダメ?
カリリル:ふふふ
GM/山火事:MJKY
カリリル:リカバリィ
ケニー:すげぇ...
GM/山火事:カリりるに限ってはこのくらいでもOKか
カリリル:8点回復で47点まで回復
GM/山火事:命中+1
カリリル:で、ビートルスキンは念のため使う
GM/山火事:OK
カリリル:よし。補助動作終了
GM/山火事:OK
カリリル:飛行して尻尾殴り
GM/山火事:命中どぞ
システム:カリリルさんのロール(2d+16)
→ SwordWorld2_0 : (2D6+16)  →  10[6、4]+16  → 26
システム:GM/山火事さんの「回避」ロール(20+2d6)
→ SwordWorld2_0 : (20+2D6)  →  20+8[5、3]  → 28
GM/山火事:すまんな
カリリル:固定にの差がつらい...
カリリル:以上
GM/山火事:こうでもしないとライカに惨殺されるんや
ケニー:私行きますー
カリリル:もうこれ以上は物理は飛ばないから魔法へそなえて下さーい
GM/山火事:OK
GM/山火事:移動はそこ?
ケニー:13m地点まで移動して拡大アースヒール対象はリーダー以外全員で
GM/山火事:そこだと乱戦エリアはいるよ?
ケニー:あ、本当だ
ケニー:16でいいか
GM/山火事:では移動出来たら行使どぞ
システム:ケニーさんの「行使一括」ロール(2d)
→ SwordWorld2_0 : (2D6)  →  5[1、4]  → 5
ケニー:ビークルってアースヒール受け付けたっけ?
カーフ:できますね
GM/山火事:受ける
システム:ケニーさんの「キャラシート上から」ロール(6 2d+17)
→ 1回目: SwordWorld2_0 : (2D6+17)  →  8[3、5]+17  → 25
→ 2回目: SwordWorld2_0 : (2D6+17)  →  7[1、6]+17  → 24
→ 3回目: SwordWorld2_0 : (2D6+17)  →  8[4、4]+17  → 25
→ 4回目: SwordWorld2_0 : (2D6+17)  →  7[4、3]+17  → 24
→ 5回目: SwordWorld2_0 : (2D6+17)  →  8[6、2]+17  → 25
→ 6回目: SwordWorld2_0 : (2D6+17)  →  10[6、4]+17  → 27
カリリル:ん?威力表?
GM/山火事:OK、回復して
GM/山火事:あ
ケニー:どうかしましたか
ケニー:あ、ミスってる
カリリル:19、19、19、19、19
システム:ケニーさんのロール(6 k0+17@13)
→ 1回目: SwordWorld2_0 : KeyNo.0+17  →  2D:[2、6]=8  →  2+17  → 19
→ 2回目: SwordWorld2_0 : KeyNo.0+17  →  2D:[5、6]=11  →  4+17  → 21
→ 3回目: SwordWorld2_0 : KeyNo.0+17  →  2D:[3、6]=9  →  3+17  → 20
→ 4回目: SwordWorld2_0 : KeyNo.0+17  →  2D:[6、1]=7  →  2+17  → 19
→ 5回目: SwordWorld2_0 : KeyNo.0+17  →  2D:[5、2]=7  →  2+17  → 19
→ 6回目: SwordWorld2_0 : KeyNo.0+17  →  2D:[3、1]=4  →  0+17  → 17
カリリル:アースヒールは回るんですよねぇ
カリリル:というわけで2回目回して回して
システム:ケニーさんの「2回目回転」ロール(k0@10)
→ SwordWorld2_0 : KeyNo.0c[10]  →  2D:[6、2]=8  → 2
GM/山火事:あーすひーるつよ
カリリル:ね この間初めて知ったんですよ
GM/山火事:それな
ケニー:まだ回復量が心もとないな...
GM/山火事:では次
カリリル:回復ありがとうございます!
GM/山火事:そもそも回復薬なしでここまで来てるのがおかしい
カーフ:んーアウェイクンでいいのか?
GM/山火事:OK行使どぞ
システム:カーフさんのロール(2d6)
→ SwordWorld2_0 : (2D6)  →  8[3、5]  → 8
カリリル:リーダー起こして、レジボム撒いてもらえればこいつは大分楽になる
GM/山火事:リーダー復活
カーフ:「リーダーいきてっかー」
GM/山火事:寝っ転がったままにはなるけど
カーフ:フロウブレス
GM/山火事:OK
システム:カーフさんのロール(2d6+14)
→ SwordWorld2_0 : (2D6+14)  →  9[4、5]+14  → 23
ライカ:これ体力あったら自己にヒルバレ撃ちつつ戦おうと思ったけど無理かー
カリリル:「よし!持ち直したな!」
GM/山火事:抵抗失敗です、どぞ
カリリル:まずは体力と魔法への準備を...
システム:カーフさんの「滅びのバーストストリーム」ロール(k20+14@10)
→ SwordWorld2_0 : KeyNo.20c[10]+14  →  2D:[6、2]=8  →  6+14  → 20
ライカ:「んー、何これ...熱ッ!?」
GM/山火事:OKです
カリリル:「リーダー焼け死んだかと思ったぜ...ふぅ」
ライカ:服とか焼けてそう
ケニー:「ここが踏ん張りどころだよっ...リーダー」
ライカ:レジストボムいきまーす
GM/山火事:行使どぞ
カーフ:服どころか全身焼け爛れてそう
ライカ:撃つ場所どうしよう
カリリル:対象は?
カリリル:私は貰わなくても大丈夫
GM/山火事:順番的には起こしてからレジボム、移動が正解でしたね
ケニー:んー抜かったなぁ
カリリル:ですねぇ
カリリル:私としたことが...しまった
GM/山火事:まぁあれ
ライカ:3m前に出て20m地点にレジストボムかな
ライカ:あ、寝てるんだった
GM/山火事:すみません
ライカ:20m地点にレジストボム
GM/山火事:這いずっていいよ
GM/山火事:というか転倒時って移動できないんだっけ?
カーフ:ペナはあったけど移動はどうだったかな
GM/山火事:明言されたない気がするから制限移動ならOKとします
ケニー:3m前進ですな
ライカ:今調べましたけど出来ないらしいです
GM/山火事:あら
ケニー:あ、出来ないのね
システム:ライカさんの「行使」ロール(2d6+12)
→ SwordWorld2_0 : (2D6+12)  →  6[2、4]+12  → 18
GM/山火事:あ
GM/山火事:でも確か転倒しなかったよねリーダー
カーフ:補助動作でリーダー引っ掴んで投げれないかな
GM/山火事:ビークル効果で
ライカ:( ゚д゚)ハッ!
ケニー:投げるのは無理だろう。第1補助でダメージ受ける
カーフ:やろうねダメは甘んじて受ける気だったが
GM/山火事:姿勢制御でいかなる高価でも点灯しない
ライカ:服焼かれたリーダーが寝ながら地面這いずる構図は中々危ない…
GM/山火事:車の中なので安全
ライカ:そっか、騎獣に指示出すのも補助動作か…w
ライカ:せめて自己修復かけようかと思ったけど
ライカ:20mまで出て終了
GM/山火事:レジボムは打ったっけ?
ライカ:行使しましたよ
GM/山火事:OK
GM/山火事:ではこっち
カリリル:私除く全員に効果です
カリリル:殴っていいのよ❤
GM/山火事:こいつはこんな顔しながらかりりるに2回殴ってマルチアクションでケニー君にファイアボルト*2
ケニー:うわぁ
カリリル:いらぁ
システム:GM/山火事さんの「命中」ロール(2 2d6+16)
→ 1回目: SwordWorld2_0 : (2D6+16)  →  9[4、5]+16  → 25
→ 2回目: SwordWorld2_0 : (2D6+16)  →  7[5、2]+16  → 23
ケニー:このターンから魔力13だったよね?
GM/山火事:うん
GM/山火事:流石に魔力17は頭飛んでた
システム:カリリルさんの「回避」ロール(2 2d6+12)
→ 1回目: SwordWorld2_0 : (2D6+12)  →  3[2、1]+12  → 15
→ 2回目: SwordWorld2_0 : (2D6+12)  →  10[4、6]+12  → 22
ケニー:しっかしきっついな...
カリリル:くっそ一足りない
システム:ケニーさんのロール(2 2d+15)
→ 1回目: SwordWorld2_0 : (2D6+15)  →  7[6、1]+15  → 22
→ 2回目: SwordWorld2_0 : (2D6+15)  →  11[6、5]+15  → 26
GM/山火事:まじか
カリリル:かもーん!
システム:GM/山火事さんの「かりりる」ロール(2 2d6+20)
→ 1回目: SwordWorld2_0 : (2D6+20)  →  9[5、4]+20  → 29
→ 2回目: SwordWorld2_0 : (2D6+20)  →  4[2、2]+20  → 24
カリリル:17+12!
システム:GM/山火事さんの「一回目」ロール(k10+13@10)
→ SwordWorld2_0 : KeyNo.10c[10]+13  →  2D:[1、4]=5  →  2+13  → 15
カリリル:問題なっしん
システム:GM/山火事さんの「2回目」ロール(k10+13@13)
→ SwordWorld2_0 : KeyNo.10+13  →  2D:[2、4]=6  →  3+13  → 16
GM/山火事:こっちは半減
カリリル:私4発飛んできても耐えれてたのか...
ケニー:合計で21受けます
GM/山火事:壁どもが頭おかしい
GM/山火事:ではみなさん
ケニー:はいな
カリリル:ケニーさんボム反映した?
ライカ:Ω\ζ°)チーン
ケニー:あ、してないですな
カーフ:次HPガン削りします
カリリル:よし流石壁
カリリル:ふぅ...持ち直しましたねぇ
カリリル:私は皆さんの行動を見て動きます
ケニー:まーだ厳しいけどにゃぁ
ケニー:取り敢えず回復しますね
GM/山火事:行使どぞ
カーフ:HP40ほどかっとぶな全力出すと
システム:ケニーさんの「アースヒール一括講師」ロール(2d)
→ SwordWorld2_0 : (2D6)  →  8[4、4]  → 8
システム:ケニーさんの「上から」ロール(7 k0+17@10)
→ 1回目: SwordWorld2_0 : KeyNo.0c[10]+17  →  2D:[3、3]=6  →  1+17  → 18
→ 2回目: SwordWorld2_0 : KeyNo.0c[10]+17  →  2D:[3、3]=6  →  1+17  → 18
→ 3回目: SwordWorld2_0 : KeyNo.0c[10]+17  →  2D:[6、5 6、2]=11、8  →  4、2+17  →  1回転  → 23
→ 4回目: SwordWorld2_0 : KeyNo.0c[10]+17  →  2D:[1、1]=2  → ** → 自動的失敗
→ 5回目: SwordWorld2_0 : KeyNo.0c[10]+17  →  2D:[2、5]=7  →  2+17  → 19
→ 6回目: SwordWorld2_0 : KeyNo.0c[10]+17  →  2D:[2、2]=4  →  0+17  → 17
→ 7回目: SwordWorld2_0 : KeyNo.0c[10]+17  →  2D:[1、6]=7  →  2+17  → 19
カリリル:わぁ
ケニー:...げっ
GM/山火事:ピン降ったのは?
カリリル:二つの意味でわぁ
ケニー:私自身がピンです
GM/山火事:OH
ケニー:カバは待機します
カリリル:盾ですし、魔法しか飛ばないので30あれば生き残れますねぇ
ケニー:いや、回れば死ねるんだよなぁ...怖い怖い
カリリル:ないでしょう(フラグ)
GM/山火事:では次
ケニー:次どぞ
ケニー:このままだとMPがマッハですよ...早いとこ決めなければ
カーフ:貝チャージベアー猫魔力タゲサインドミタブル
GM/山火事:でた
カリリル:ふー!
GM/山火事:魔力撃やるの?マジで?
ケニー:あー、これカーフ先の方が良かったか💧
GM/山火事:覇王分削った?
システム:カーフさんのロール(2d6+18)
→ SwordWorld2_0 : (2D6+18)  →  7[2、5]+18  → 25
GM/山火事:当たった
システム:カーフさんのロール(k45+33@12)
→ SwordWorld2_0 : KeyNo.45c[12]+33  →  2D:[4、2]=6  →  9+33  → 42
カリリル:よしよし
カーフ:もう一回
GM/山火事:え
カリリル:ふぇ
GM/山火事:なんだっけ其騎芸
システム:カーフさんの「縦横無尽発動」ロール(2d6+18)
→ SwordWorld2_0 : (2D6+18)  →  6[2、4]+18  → 24
ケニー:縦横無尽か
ライカ:縦横無尽!
GM/山火事:…
システム:カーフさんのロール(k45+33@12)
→ SwordWorld2_0 : KeyNo.45c[12]+33  →  2D:[3、5]=8  →  10+33  → 43
カリリル:俺のターン!ドロー!
GM/山火事:残り69
GM/山火事:もう終わり…?
カーフ:これでターンエンド
ライカ:とりあえずヒルバレ自分に撃とう
GM/山火事:了解、ひるばれ分減らしてね
GM/山火事:覇王効果
システム:ライカさんのロール(k0+12@13)
→ SwordWorld2_0 : KeyNo.0+12  →  2D:[1、4]=5  →  0+12  → 12
GM/山火事:OK
GM/山火事:かりりる
ライカ:騎獣への指示のダメージってどうなるんだろう
GM/山火事:指示一回で補助動作一回
カリリル:よーしやっるぞーニッコリ
ライカ:したら超過駆動使うと24ダメージか
カリリル:いやーあれですね!エンハンサーレベル7まで上がってましたね!DTとかフィンガー忘れてましたよ!
カーフ:命中+1してねカリリル、貝効果
ライカ:それ+ヒルバレで20ダメージか
カリリル:あいあい!
GM/山火事:おいちょっ、おま
カリリル:リカバリィ
GM/山火事:命中+1…
ケニー:あれっ? 私回復したのに普通に行動でダメージガンガン受けてないっすかね?
GM/山火事:レジボム分は?
GM/山火事:サーマルも
GM/山火事:あと拡大は拡大宣言で一回よ
カリリル:DT追加+2 悪指
GM/山火事:魔法拡大/数で1回
カリリル:飛行
GM/山火事:ところでルーちゃんさん命中今いくつ?
カリリル:よし!尻尾で行きます!
カリリル:いまからけいさんすりゅ
システム:カリリルさんのロール(2d+14+1+1+1+2)
→ SwordWorld2_0 : (2D6+14+1+1+1+2)  →  8[6、2]+14+1+1+1+2  → 27
GM/山火事:HA?
GM/山火事:あ
GM/山火事:あーすひーるで28や
カリリル:やったぜ
システム:GM/山火事さんの「避けろよ?」ロール(2d6+20)
→ SwordWorld2_0 : (2D6+20)  →  9[5、4]+20  → 29
カリリル:くそぁ!
GM/山火事:ではいきます
ライカ:うごきたーい
カーフ:私の時回避振った?
カリリル:ないですの
GM/山火事:あ
GM/山火事:じゃあいいや、当たってたで
GM/山火事:ライカちょっと待って
システム:カリリルさんの「らぁ!」ロール(k11+15@12)
→ SwordWorld2_0 : KeyNo.11c[12]+15  →  2D:[4、5]=9  →  5+15  → 20
ライカ:5が出てればかわされてた攻撃...
GM/山火事:残り61
カリリル:固っ!
GM/山火事:ライカはひるばれやめるのね?
GM/山火事:12ぶち抜いてきたカーフ君がおかしいのよなぁ
ライカ:いや、ヒルバレは撃つよ、死んじゃうから
GM/山火事:うん
GM/山火事:では補助になるけど
カリリル:あっあっまってまって終わってない私もまだ!
GM/山火事:行動どうぞ
GM/山火事:あ、はい
カリリル:かばう 対象はカーフ&フロウ 5回ずつ
GM/山火事:庇う?
GM/山火事:まじか
カリリル:ですです。戦犯なるところでした
GM/山火事:ではライカ
ライカ:ヒルバレ1発で自分に8ダメージか...
GM/山火事:4だよ
ケニー:いえ、レジスト
カリリル:ぼむぼむ
GM/山火事:レジボム
カーフ:庇うは一回だけこっちによこして
カリリル:両方かばってるです
GM/山火事:庇うの回数でしょ
ライカ:いや、騎獣への指示+ヒルバレ行使で8ダメージ
GM/山火事:あぁ
カリリル:1回でいいの?
ライカ:カウンターかけるの?
GM/山火事:カーフ君勝負しようか
カーフ:ですですこれなら確実に一撃入る
カリリル:わかったよ ちなみに、かばうキャンセルしたければ行ってね
ケニー:...大丈夫かなぁ
ライカ:とりあえずヒルバレ1発目
システム:ライカさんのロール(2d6+15)
→ SwordWorld2_0 : (2D6+15)  →  12[6、6]+15  → 27
カリリル:ふぅ!
ケニー:(っ’ヮ’c)わろっつぁぁぁぁwww
システム:ライカさんのロール(k0+12@13)
→ SwordWorld2_0 : KeyNo.0+12  →  2D:[4、2]=6  →  1+12  → 13
GM/山火事:い、威力表
ライカ:あ、自分にです
GM/山火事:OK
カーフ:なん…だと
GM/山火事:あーなるほど
ライカ:ヒルバレも命中必要なの忘れてた…
GM/山火事:騎獣の攻撃回数を生かしてか
ライカ:2回目ー
GM/山火事:はーい
ライカ:って言っても2回目以降は獅子奮迅だから12ダメージかw元は取れるけど辛いなあw
システム:ライカさんのロール(2d6+15)
→ SwordWorld2_0 : (2D6+15)  →  8[6、2]+15  → 23
システム:ライカさんのロール(k0+12@13)
→ SwordWorld2_0 : KeyNo.0+12  →  2D:[4、5]=9  →  3+12  → 15
ライカ:自衛で精一杯とか情けない…(´;ω;`)
ケニー:次敵さんかな?
GM/山火事:OK
GM/山火事:カーフ君、勝負だ
ライカ:とりあえず体力40までは持ってけた
カーフ:デュエルスタンバイ
GM/山火事:先ずはカーフ君殴ってからケニー君にフレイムアロー
カリリル:これはかばう?かばわない?
GM/山火事:そのあとケニー君にフレイムアローしてカーフ君殴る
カーフ:「さあ来いよ」要らないです
システム:ケニーさんの「抵抗」ロール(2d+15)
→ SwordWorld2_0 : (2D6+15)  →  9[4、5]+15  → 24
システム:ケニーさんの「もういっちょ」ロール(2d+15)
→ SwordWorld2_0 : (2D6+15)  →  8[3、5]+15  → 23
GM/山火事:???「gfwふwfひゃljmdjけふぃぁmjdhふぁl」>カーフ
カリリル:じゃあ2回目をかばいますかね
システム:カーフさんのロール(k45+33@12)
→ SwordWorld2_0 : KeyNo.45c[12]+33  →  2D:[5、2]=7  →  10+33  → 43
システム:GM/山火事さんのロール(2 k20+13@13)
→ 1回目: SwordWorld2_0 : KeyNo.20+13  →  2D:[2、1]=3  →  1+13  → 14
→ 2回目: SwordWorld2_0 : KeyNo.20+13  →  2D:[4、6]=10  →  8+13  → 21
GM/山火事:これケニー君ね?
GM/山火事:半減して
カーフ:私は35ダメージですね
ケニー:7ダメか
GM/山火事:いや、カーフ君は32よ
GM/山火事:カウンター仕掛けた側がD受けるときは2d6が12になるから
GM/山火事:12+20=32
GM/山火事:今のはフレイムアローでケニー君に飛ばした
カーフ:防護点引いて27
GM/山火事:気絶?
カリリル:ふーやるねぇ
カーフ:熱狂効果でmp肩代わりで立ちます
GM/山火事:まじか
GM/山火事:では追撃
カリリル:「おっと...させねえよ?」
カーフ:残り2仮に落ちても不屈がある
システム:GM/山火事さんの「かりりるに」ロール(2d6+20)
→ SwordWorld2_0 : (2D6+20)  →  11[6、5]+20  → 31
カリリル:わぁ(白目)
ケニー:殺意ぃ
カリリル:19てーん
GM/山火事:ころす気で作ったからかDも載ってる
カリリル:まってちがうわ
GM/山火事:そしてなぜ耐える
カリリル:虫甲とかばうⅢで+4
GM/山火事:OH
カリリル:15てーん
ケニー:なんやこいつぅ!?
GM/山火事:おかしい…絶対におかしい
ライカ:半減しおったw
カリリル:むしろかばった方がルーちゃんはつよいのですよ
GM/山火事:しっかたない
GM/山火事:カーフ君には敬意を表して
カリリル:あっ
カーフ:ん?嫌な予感
ケニー:えーと...回復いる人いる? なんなら攻撃したいのでせうが
GM/山火事:緋想なる斬撃
カリリル:冒険者レベル*2!
ライカ:私メタるよりカリリルメタった方がいいっすよ:( °ω°`:):
ケニー:あー
GM/山火事:冒険者LV*2の火属性D
カリリル:20-4の魔法ダメージ
カリリル:でいいの?
GM/山火事:これで立ってたらすげぇよ
GM/山火事:うん
GM/山火事:16点喰らって倒れろ!
システム:カーフさんのロール(2d6+14)
→ SwordWorld2_0 : (2D6+14)  →  7[2、5]+14  → 21
GM/山火事:OK
GM/山火事:明らかに動揺する
カリリル:ま、順当
GM/山火事:未だに立っている
GM/山火事:切り札も切ったのに
ケニー:えーと...私いいかな?
カーフ:「uhhhhhhhhhhhh」
GM/山火事:何故立っている
GM/山火事:OK
GM/山火事:PCどうぞ
カリリル:勝ちましたね えぇ
ケニー:ドローアウト行使します
GM/山火事:ちなみにここで仕留めきれなかったら…ねぇ?
GM/山火事:行使どぞ
システム:ケニーさんの「行使」ロール(2d+17)
→ SwordWorld2_0 : (2D6+17)  →  2[1、1]+17  → 19
GM/山火事:w
カリリル:ふぁっ
ケニー:...マジか。
GM/山火事:さて、行けますか?
カリリル:リーダーがんばれ
ライカ:魔法積めないんだよなあw
GM/山火事:カーフ君じゃね?
カリリル:ではがんばれ
GM/山火事:宣言なしでもある程度は行けるでしょう
システム:カーフさんのロール(2d6+17)
→ SwordWorld2_0 : (2D6+17)  →  8[5、3]+17  → 25
GM/山火事:当たった
GM/山火事:…あれ?
カーフ:ん?
GM/山火事:命中そんな低かったっけ?
カリリル:貝いれた?
GM/山火事:モラルとかキャッツアイとか
ライカ:低くはないと思うけどねw
カーフ:飛行入れて+1忘れてた
GM/山火事:んじゃあ+3か
GM/山火事:危ない、20だから危うくかわされてた
GM/山火事:ではダメージ
システム:カーフさんのロール(k45+27@12)
→ SwordWorld2_0 : KeyNo.45c[12]+27  →  2D:[1、3]=4  →  6+27  → 33
GM/山火事:残り、15
GM/山火事:かりりる決めて
カーフ:ブレスだ
GM/山火事:お
GM/山火事:ぶれすどぞ
システム:カーフさんの「これ死ぬかな」ロール(2d6+14)
→ SwordWorld2_0 : (2D6+14)  →  5[3、2]+14  → 19
GM/山火事:流石に抵抗です
システム:カーフさんのロール(k20+14@13)
→ SwordWorld2_0 : KeyNo.20+14  →  2D:[4、5]=9  →  7+14  → 21
ライカ:ブレス指示はダメージ入らんの?
カーフ:今入れる
GM/山火事:入る
システム:カーフさんのロール(2d6+14)
→ SwordWorld2_0 : (2D6+14)  →  2[1、1]+14  → 16
カリリル:-4してる?
カリリル:わぁ
GM/山火事:あ
カリリル:これは...
カーフ:「ははっ流石にここまでか」ドサッ
GM/山火事:ここの描写はちょっと待ってね
GM/山火事:先とどめ
カーフ:すまない
カリリル:私が通すなら27か...あぁそうだあれがあるじゃないか...EnergyCharge
GM/山火事:かりりる決めて
ライカ:撃とうか?
ケニー:打ってくだちい
ケニー:ルルルルル、それは最終手段で
ライカ:1発だけなら命中21で撃てる
カリリル:おけー
GM/山火事:ではリーダーきめてくだせぇ
GM/山火事:命中どうぞ
ライカ:クイックローダー、クリティカルバレット、バーストショット、タゲサでいきまーす
カリリル:ふー!
GM/山火事:OK
GM/山火事:命中
ライカ:あ、背水のネックレスも
システム:ライカさんの「命中」ロール(2d6+21)
→ SwordWorld2_0 : (2D6+21)  →  6[4、2]+21  → 27
カリリル:よっし!
ケニー:...いや、まだだ。
システム:ライカさんのロール(k30+14@9)
→ SwordWorld2_0 : KeyNo.30c[9]+14  →  2D:[2、5]=7  →  7+14  → 21
カリリル:さすりだぁ!
ケニー:ε-(´∀`*)ホッ
GM/山火事:決まりました
カーフ:無駄死にだったかなぁ!
GM/山火事:赤き覇王は貫かれて
GM/山火事:何もなかったかのように霧散した
GM/山火事:君たちの勝利です
カリリル:「はぁ...ふぅ...なんとか勝てたな...カーフ...大丈夫か...はぁ...おい!」
GM/山火事:はい!
GM/山火事:ストップ
カリリル:ほい
ケニー:「やーっと終わった...」
GM/山火事:みなさんお時間大丈夫です?
ライカ:大丈夫です
ケニー:大丈夫っす
GM/山火事:RPは後でね
カーフ:まだ大丈夫です
カリリル:7時からご飯で、ご飯のあとはフリーです
GM/山火事:ごはん時です故に中断です
GM/山火事:7時半に再集合でよろしいでしょうか?
カーフ:やっぱ厳しいかもしれないです、すいません
GM/山火事:あ
GM/山火事:じゃあ一旦解散して、また後日
カリリル:はーい
GM/山火事:コメントにお時間書いておいてください
カーフ:申し訳ない
GM/山火事:いえいえ~リアル最優先です
GM/山火事:寧ろ未熟で済まないです
GM/山火事:では解散です

後日

GM/山火事:点呼!
ケニー:2!
カリリル:イエェェェェェイ
カーフ:3ダーっ!
ライカ:Tenko
GM/山火事:OK!では続き!始めていきます!
カリリル:フォー(4)スの力を信じるのです
カリリル:どんどんぱふぱふー
ケニー:(`・∀・)ノイェ-イ!
カーフ:イクゾーーーーー
GM/山火事:前回は…ごめんなさいでした
GM/山火事:というわけで
カリリル:さて、カーフさんのお通夜ですが、お通夜になるんですか?死亡は...?
GM/山火事:彼を倒したところからですかね
ライカ:Ωヽζ・)チーン
GM/山火事:死んでないからw
ケニー:そもそも死んでいてもリザレクションありますしお寿司
GM/山火事:さて、カーフ君は冒険者知力で30です
カリリル:「ふぅ...ふぅ.....熱い...」
システム:カーフさんのロール(2d6+14)
→ SwordWorld2_0 : (2D6+14)  →  11[6、5]+14  → 25
ライカ:リザレクションはなぁ命の重さが...
GM/山火事:おっぶえ
カリリル:おぉぅ...おしい
カーフ:ぐぬう
GM/山火事:また6ゾロ殺しくらうとこだった…
ライカ:「なんか戦闘中意識飛んだ気がする...」
GM/山火事:まぁヒントくらいは…かな
カリリル:「リーダーも大丈夫か...?」
GM/山火事:いや、いいややめよう
GM/山火事:んでは
ケニー:「リーダー、取り敢えず予備の服に着替えたらどうだい?」
カーフ:(勝ったのか…な)
GM/山火事:戦闘終了しました
GM/山火事:因みにカーフ君はいません
GM/山火事:なんか突然いなくなりました
ライカ:「着替える...だよね、うん」
GM/山火事:取り敢えずRPどぞ
カリリル:「(ゼロ・リバースってやつか...)」
ライカ:「で、カーフは?」
カリリル:「多分七色猫亭にいるんだろうな」
ライカ:「なんで?(アホの子)」
フロウ:(どうしろと)
カリリル:「あれは明らかに....死んだんだろうな」
カリリル:「まぁ、”魔法”とやらのおかげでたぶん大丈夫なんじゃないか?」
カリリル:「よしよし...おいでおいで ご主人のところに帰ろうなー」(ドラゴン語)
ライカ:「カーフがやられるなんてね〜」
ケニー:「まぁあんな無茶な攻撃したら...仕方ないのかなぁ」
カリリル:「まぁ、らしいっちゃらしいわな」
ライカ:「私も結構無茶してるんだよ?(超過駆動)」
カリリル:どうします?草とか焚いとく?
ケニー:取り敢えず回復はさせときますね
ライカ:私は異貌すれば自己再生出来るので大丈夫ですよ
GM/山火事:GM的には一回迎えにいっていただいた方がいいかなって感じです
カリリル:「というかリーダーも死にかけてたぞ?」
カリリル:私もそこで温泉という手がよいのかなと
ライカ:「あ、やっぱり?」
ケニー:なるほど
GM/山火事:カーフ君置いてけぼりにしたままはあれですし、時間も次がTB夕方なので
ライカ:「なーんか記憶無いなーと思ったら」
カリリル:「なんとかなったけどなぁ...いやー熱かった」
カリリル:熱かったで済んでるんですよねぇ何だこの子
ケニー:「途中からダメージ受けてるようには見えなかったけどね...」
ケニー:ストブラは強かった
カリリル:あれはつよい(再確認)
フロウ:あついで済むとは
GM/山火事:なんで炎-8を早々に達成するのか、コレガワカラナイ
カリリル:どころか。-9でもう1点高くても平気でしたからね
ケニー:「どうする、取り敢えずカーフ迎えに行くかい?」
GM/山火事:では特になければ、TB進めますぜ
カリリル:「さて、迎えに行くかねぇ...どうよリーダー」
ライカ:「熱かったって...私服燃えたってのに」
カリリル:松明の材料もって行きます
GM/山火事:あーすっかり忘れてたけどちゃんと☆降る枝豆も手に入ってます
ライカ:「そりゃ迎えに行くでしょ、さぁ走るぞー!」
カリリル:キュポン「ぷはぁ...死闘の後の酒は美味しいねぇ」
カリリル:「ほら行くぞー」(ドラゴン語)
GM/山火事:では現在TBは夕方です
ライカ:MP回復うまうまヾ(*´∀`*)ノ
フロウ:「主人以外の命令は」云々カンヌン付いていくけどね
GM/山火事:移動は道使って帰るか、ダイレクト帰還ができますが
GM/山火事:道でいいですか?
カリリル:「その主人のところに行くんだよぅ!」
カリリル:OKです
ライカ:ダイレクト帰還はエンターテイナー発揮する恐れがあるので
GM/山火事:ではおもてなし帝に帰ると
カリリル:「カーフいるかー?」
GM/山火事:ではおもてなし帝ではペンネがかいかがしくカーフ君のお世話してます
カリリル:「いたいた...どれどれ...?」
GM/山火事:全身黒焦げですが色々温泉とかもあって命に別状はなさそうです
ライカ:「ったく、身体に無理かけてまで動くなっての」
フロウ:「イフリートのところに行った後…どうしたんだっけ」
GM/山火事:カーフ君は参加して大丈夫です
カーフ:「今から枝取りに行くんだっけ?」
GM/山火事:あ、記憶もちゃんとあります
ライカ:記憶飛んでるとルーンフォークみたい
GM/山火事:死亡時の影響は一切ないですね
カリリル:「ガマの花粉とアロエ持ってきてくれー」
カリリル:「あとすりこぎと布も」
GM/山火事:蘇生魔法かけると前後の記憶飛ぶので
GM/山火事:多分そのRPかと
カリリル:ガマというのは沼に良く生えてる茶色いネコじゃらしみたいなもんです
ケニー:「はっはぁ...手痛くやられてたから心配したけど案外平気そうだな」
GM/山火事:まぁ記憶飛んでないわけですがね
カーフ:ほいほい
カリリル:「ほらよっと...やけどに染みるけど薬草だから我慢してな」
GM/山火事:ばっちりです、最後の記憶は指示をだして体を焼かれる直前ですね
ライカ:「懲りずに戦闘したがるから1回寝かしといた方がいいとは思うけどね」
カーフ:「っ…すまん」
カリリル:ペタペタとアロエのすったやつとガマの花粉でできた湿布を張っていきます
カーフ:「ここに飛ばされる時に何か思いつきそうだったんだが、なんだったかな」
GM/山火事:うんじゃあヒント行きますか
GM/山火事:(ウィスパー送信)君は正直言って自分が死んだ、という実感がわきませんね、まぁそれだけですが
GM/山火事:治療するならレンジャー及び使えそうな技能+起用度で20です、ペンネのおかげで+8ボーナスですが
システム:カリリルさんのロール(2d+7+3+8)
→ SwordWorld2_0 : (2D6+7+3+8)  →  9[4、5]+7+3+8  → 27
カリリル:+4だったので28
カーフ:「しかしあれだな焼かれたのは覚えてるが、なんていうか不思議な感じだな」
カリリル:「どんな感じだったんだ?」
カリリル:「やっぱりふわっとしたりとか、吸い込まれる感じなのか?」
カーフ:「実感が湧かないっていうか、あれ死んだのか?というか」
カーフ:「まあ大丈夫だと思う、今も普通に動けるしな」
ライカ:「あんまり無茶しないでよ?(言っても無駄だろうけど…)」
カリリル:「だーめだ...一晩安静!」
カーフ:「それこの前死にかけてた人がいうか?」
カリリル:「死にかけはしたけど死んではないさ」
カリリル:意訳:一晩寝るか温泉つかるかしよ?
ケニー:「まぁいいけど。 というよりお陰様で服が汗だらけだよ」
ライカ:「ケニー君珍しく結構動いてたからね」
ケニー:「今日は温泉にでも入って休まないかい?」
カーフ:「たまにはいいのかな」
ライカ:「入る入る〜_( _´ω`)_」
カリリル:「あたしも少し髪の先っちょが焦げ付いたし洗い流すかねぇ」
ライカ:「なんでその程度で済んでるのよ…」
カリリル:「そりゃあ皆を守るためには頑丈じゃなくちゃいけないだろ?そういうことさ」
ケニー:「いや、君は頑丈過ぎる。筋肉の塊なのかい?」
ライカ:「うぅ...羨ましい…(生命B3)」
カリリル:「あははは!そんなに筋肉ばかりじゃないさ!」
カリリル:B4です そんなにないです
ライカ:私と一緒だったΣ(゚ロ゚;)
ケニー:生命はB5ですな
カーフ:「先に行っておくか」
ライカ:「筋肉そんな要らないんだけどね、私」
カーフ:生命は4ですね
カリリル:「まぁ、だからあたしを存分に盾にするといいさ!危なくなったら守ってやんよ!」
ライカ:「攻撃はカーフに任せて、防御はカリリルに任せてじゃあダメだよなぁ、私も」
カーフ:グルネルsぇ
ケニー:あ、バルちゃんはアースヒールしておこう
カリリル:火力が....無..い...?
システム:ケニーさんの「行使」ロール(2d)
→ SwordWorld2_0 : (2D6)  →  6[4、2]  → 6
システム:ケニーさんのロール(k0+17@10)
→ SwordWorld2_0 : KeyNo.0c[10]+17  →  2D:[3、3]=6  →  1+17  → 18
カリリル:温泉は露天?
ライカ:お風呂-=≡( ๑´・ω・)
ケニー:だとイメージしてましたけど
ライカ:(「me・ω・)「to
カリリル:では温泉に入りつつ、夕焼けと宵の明星を望みながらとっくりと御ちょこでちみちみと
カリリル:以上!1TB( ˘ω˘)スヤァ
ライカ:あの変態突撃してこないよね…(今更)
GM/山火事:突っ込ませます?
ケニー:それはそれで面白そうだけど(おい)
カリリル:ドラゴンテイルましましの攻撃貰っていいならどうぞ
ライカ:被害はカリリルさんにお願いします(おい)
GM/山火事:あ、どうなんだろう
GM/山火事:ライカよりもかりりる行くかもなぁあいつなら
カーフ:そうなのか!?
ライカ:嬉しいような悲しいようなw
GM/山火事:いや、立ち絵判断だけど
ケニー:(´^ω^`)ワロチ
カリリル:まあ、結構あるもんね
カリリル:描いておいてなんだけど
カリリル:リーダーのOPPはいくつですか
ケニー:そんなAPPみたいな
カリリル:3d6できめます?
カーフ:アルハラよくないw
カリリル:これはせくはらじゃい!
ライカ:生命力に比例するという話は聞いたことあるけど...w
ケニー:振ってみたらいいじゃない(他人事)
カリリル:じゃあ2d+3ですね
GM/山火事:んじゃあ2d6+生命力Bかな、いやなようなら降らなくても大丈夫です故に
システム:ライカさんの「GM乗り気じゃないか…:( °ω°`:):」ロール(2d6+3)
→ SwordWorld2_0 : (2D6+3)  →  9[3、6]+3  → 12
カリリル:おっきぃ!
ケニー:案外あるぞ!?
ライカ:なんか恥ずかしい!(/ω\*)
システム:カリリルさんの「私もやっちゃお」ロール(2d+7)
→ SwordWorld2_0 : (2D6+7)  →  7[1、6]+7  → 14
GM/山火事:期待値か
カリリル:ライカさん相当あるなぁ 立ち絵判断
システム:ケニーさんの「悪ノリ」ロール(2d+5)
→ SwordWorld2_0 : (2D6+5)  →  8[2、6]+5  → 13
GM/山火事:www
カリリル:胸筋すっげぇ!
ライカ:これ初期値でやらんとCP中にみるみる大きくなっていくのでは…
システム:カーフさんの「私はやらんからな」ロール(2d6+4)
→ SwordWorld2_0 : (2D6+4)  →  5[2、3]+4  → 9
GM/山火事:成長期だし、多少はね?
カリリル:あ、あれ?思ったより胸筋が....
ケニー:初期値なら私は-2か。
ライカ:カリリルさんとか別の意味で超越しそうだもん
GM/山火事:カーフ君は元ネタの子も身長に対して軽いんですよね
カリリル:初期値が...4だから-3か
ケニー:きょぬーならぬきぬーになりますね
カーフ:元ネタ通りならこんなバーサクしてないんやけどねw
GM/山火事:ではOPP談義はこのくらいでいいですかね?
カリリル:所で凸芸するんならテイルかましますが
ケニー:アッハイ
カリリル:するんですの?しないんですの?
ライカ:さぁ死地へ
システム:GM/山火事さんの「9以上です。凸」ロール(2d6)
→ SwordWorld2_0 : (2D6)  →  11[6、5]  → 11
GM/山火事:うわぁ…
カーフ:www
カリリル:「リルドラの裸なんぞ見て何が楽しいのやら...すぅー...すぅー..すぅー...すぅー....コォォォォォォ!」命中+2追加D+4
システム:カリリルさんの「おらっ」ロール(2d+14)
→ SwordWorld2_0 : (2D6+14)  →  10[6、4]+14  → 24
ライカ:「カリリル何やってるの?」
カリリル:命中です
GM/山火事:ラザニア「ライカちゃんは着やせするタイプぅぅぅぅあああああああ!!!!!!」(星になる
カリリル:「悪は成敗された...」
GM/山火事:はい(死んだ魚のような目
カリリル:はい...(なんだこれ)
ケニー:「...なんか隣から音がしたか?」カポーン
カーフ:「さぁ?」
GM/山火事:…しかし
GM/山火事:これ、止めた方よかったんかな…
GM/山火事:はいでは
カリリル:おやすみしておっはーします!
GM/山火事:えっと1TB休憩なら深夜帯ですが
ライカ:直々に5連射叩き込みたい...w
カリリル:朝まで待つならこれリラックスいらなかったな
GM/山火事:なんかすみません…
GM/山火事:朝まで待機でFA?
ケニー:ま、まぁいいでしょう。 痛い出費ではありませんし
カリリル:FA
ライカ:FA
カーフ:HP全開せんのよ普通に寝るとFA
GM/山火事:はい~、あ、カーフ君は同化度+してくださいな>死亡分
GM/山火事:では朝
GM/山火事:どこに向かいます?
カリリル:おっちゃんとこに飲みに行きましょう!
GM/山火事:現在は21日目TB朝
ライカ:炎貰いに行こう
カリリル:事故のテーマ
GM/山火事:では全員で全回復の後炎の穴直行と
カリリル:OKです
ケニー:/z
GM/山火事:RE、点呼
カリリル:ぷぅ!
ケニー:あーい
ライカ:X⌒
カーフ:カサカサっと
GM/山火事:では炎の穴です
カリリル:「だーーーいぶ!」
GM/山火事:まぁ相も変わらず囂々と
GM/山火事:え?
GM/山火事:いいの?
カリリル:冗談ですがな
GM/山火事:ビビった~
GM/山火事:んじゃあその声に釣られてエインセルちゃんsが慌てて飛び出てきます
カリリル:「と、前ならするけどな!」
GM/山火事:エインセルちゃん「うわわわわっ!」
カリリル:「じょうだんじょうだん!」
GM/山火事:エインセルちゃん「怒られるの私たちなんですよ…?」
GM/山火事:エインセルちゃんs「ソウダソウダー」
カーフ:「押してもいいかい?」
ケニー:「こんな熱いのに冷や冷やすること言わないでよ...」
ライカ:「押しちゃっていいと思う」
カリリル:「お?じゃあ行くか?」アステリアをすっと
GM/山火事:エインセルちゃん「はい~では7名様ご案内です、お願いだからバカな真似しないで頂戴」
GM/山火事:では騎獣もろとも下に連れられます
カリリル:「だとさ」
カーフ:「むうタロンも連れてきてやればよかったか」
GM/山火事:では奥にはイフリートがいますね
カリリル:「ふぃー...よう!終わったぜ!」
GM/山火事:イフリート「……ずいぶん時間がかかったようだが無事か?」
カーフ:「グルネルの方は楽に終わったけどな」
ライカ:「あんな凄いの居るなんて聞いてないって」
カリリル:「ちょいと事故がな」
ケニー:「何とかねぇ、本当に厳しい試練でした」
GM/山火事:イフリート「その様子ならきちんと魔神の方も討伐できたようだな」
GM/山火事:イフリート「では、枝をだせ、火をともす」
カーフ:「死者1名でたがね」
GM/山火事:枝をだすなら火をつけてくれますね
ケニー:「はいよっと...」この枝ですね
GM/山火事:ではふーっと炎を吹きかける、これでキチンとイフリートの炎を回収に成功です
GM/山火事:イフリート「さて、本題だな」
カーフ:「ふむそうだな」炎にビビりながら手を伸ばしてみる
GM/山火事:ヴェクターなんか目じゃないくらいあっついよ
カリリル:「んーと...封印について話してて...で、どうだっけか」
GM/山火事:イフリート「【魔術師】についてだったか?」
GM/山火事:イフリート「妖精王の冠の作者である魔術師だ」
カリリル:「んだんだ」
カリリル:「で、妖精王の冠は”一般には”アラマユ・ハメスガダラスが作ったって言われてるが....なんでだ?」
GM/山火事:イフリート「ふむ、確かに試練もクリアした、知る権利はある…」
GM/山火事:イフリート「答えよう」
GM/山火事:イフリート「妖精王の冠の作者がアラマユだと呼ばれているのは至極簡単、そうでないと都合が悪いからだ」
カリリル:「じゃあ、隠さなきゃならない人物ってこった」
カリリル:「歴史の闇に葬り去らないといけない人物....なぁ」
GM/山火事:イフリート「その通り、真の作者は隠す必要があったのだ」
カーフ:「ジィすらも知らないのか」
GM/山火事:イフリート「情報規制がかかってるからな、当然だ」
カリリル:「あんたは知ってるのかい?名前とか」
GM/山火事:イフリート「知っているとも」
カリリル:「アラマユとの関係とかも...ひみつなのか?」
GM/山火事:イフリート「いや?途中までなら構わんよ」
カリリル:「んじゃあ聞かせてもらえるかい?」
GM/山火事:イフリート「いいだろう」
GM/山火事:イフリート「妖精王の冠の、その作者は」
GM/山火事:イフリート「【魔女】だ」
カリリル:「そこはまぁ...予想はついてた」
GM/山火事:イフリート「知っていたのか」
カリリル:「とある奴になカマ掛けてみたら、なんで知ってるのかみたいな顔をされたからな」
GM/山火事:イフリート「…ふむ、どこまで知っている?」
カリリル:「完全になんもわからないんだが、妖精王の封印と、妖精郷の外界からの隔離にまで関係してるんじゃないかって目星だ」
カリリル:「妖精郷ごと”封印”したんじゃないかって その神になろうとした魔女が出ないように」
GM/山火事:イフリート「……貴殿マジか?正解だぞそれ」
カリリル:「お、おぅ....まじか...まじか....」
GM/山火事:イフリート「まぁよい、ではこちらからも詳しく話すとしよう」
カリリル:「たのむ」
GM/山火事:イフリート「先ずは魔女についてだ」
GM/山火事:イフリート「妖精女王、この異名は本来はアラマユでなく魔女のものだ」
カリリル:「それは初耳だな」
GM/山火事:イフリート「アラマユと双璧をなす妖精使いであり、二人は無二の親友であった」
GM/山火事:イフリート「黒髪のよく似合う妖艶な美女だったというよ」
カリリル:「あっ....親友...」
GM/山火事:イフリート「……しかし、妖精女王は突如として変貌した」
カリリル:「変貌?」
GM/山火事:イフリート「脈絡もなく、突然に不死を求めたのだ」
カリリル:「不死...?神....」
カーフ:「不死?擬似的なものなら今すぐにでも与えられるが…」
GM/山火事:イフリート「本来は妖精たちの楽園であり、アラマユとの思い出の地であるこの妖精郷を改造するまでにその凶行は至った」
カリリル:「なーんか臭うな...」
ライカ:「死なないのが欲しいんじゃなくて衰えが嫌になったんじゃない?」
カリリル:「美貌...とかな?」
GM/山火事:イフリート「妖精王の冠は、不死になるために作り上げたデバイスというわけだ」
カリリル:「ははーん....」
カーフ:「それこそスカディ辺りでなんとかならないのかな?」
GM/山火事:イフリート「…アラマユはそのことを看過出来なかった、賢者に、冒険者に、様々なものの力を借り、蛮族の妨害にもめげずに、遂に妖精女王…いや、魔女を追い詰めた」
カリリル:「その過程で妖精王は...反旗を翻したのか...それで封印....なるほど」
GM/山火事:イフリート「……しかし、アラマユはぬるすぎた、彼女には、親友をころすなど出来なかった」
カリリル:「やっぱり優しいやつだったんだな...」
ライカ:「簡単にやれる方がおかしいって」
GM/山火事:イフリート「そこで、アラマユは魔女を封印することにした、【名前を奪う】ことで永劫の眠りへとつかせ妖精王の城ごと封印したのだ」
カリリル:「なーるほど...それであの石碑には」
GM/山火事:イフリート「そしてその管理役として、妖精王を抜擢した、」
カリリル:「えっ...そのあとの話だったのか」
カリリル:「その管理を任された妖精王は何者なんだ?」
GM/山火事:イフリート「魔女は名前を呼ぶことでその戒めを解き放ってしまう」「それ故に、この妖精郷には直接魔女の名を残すものは一切ない」
GM/山火事:イフリート「妖精王は俺の管轄外だ、他を当たれ」
カリリル:「かなり危ないのは有ったけどなぁ...」
カリリル:「ありがとう妖精王はほかで聞くよ」
GM/山火事:イフリート「まぁ少しくらいなら話すこともできる」
GM/山火事:イフリート「というのも魔女は眠っている間にも復活を果たそうとしている」
カリリル:「ふーむ...思ったより深刻だな」
GM/山火事:イフリート「妖精王への風評は魔女の暗躍によるものだ、夢枕に立ち妖精王への謂れなき話を広めたのだ、例えば世界征服を行うなどとな」
カリリル:「じゃあ、妖精王は”信頼”して大丈夫なんだな?」
GM/山火事:イフリート「まぁ待て」
GM/山火事:イフリート「魔女は悪辣にも妖精王にも漬け込んだ」
カリリル:「そうか...妖精王はその時点で冠を...違うか?」
GM/山火事:イフリート「それは管轄外だ」
GM/山火事:イフリート「妖精王の妖精を思う気持ちを利用して、妖精たちを妖精郷から逃がすためと嘯き、妖精郷へのゲートを開かせたのだ」
カリリル:「おーけー...おーけー」
GM/山火事:イフリート「水晶の塔を解放させるためにな」
ケニー:「つまり、利用されている...と。僕達が来れたのもそのゲートのおかげって事か。」
カリリル:「(フィットチーネが何も知らなさそうだったのはそういうわけか)」
GM/山火事:イフリート「そしてものの見事に2つも塔が解放されたのだ」
カリリル:「うぐ...」
GM/山火事:イフリート「あの塔は濃い穢れを持つものを受け付けない、故に冒険者などを頼る必要があるのだ」
カリリル:GMGM...穢れ、不死、豹変から思いつくことはできますか
ケニー:「ふーむ...」
GM/山火事:どぞ
カリリル:「不死なる神...メティシエ...?」
GM/山火事:イフリート「如何にも」
カーフ:「メティシェか昔聞いたことがあるけど」
カリリル:「若さを求めるやつや、死にたくないってやつにささやきかける...あいつだよな」
カーフ:「それが黒幕か?」
カリリル:「(思ったよりこの話大きいぞ...?)」
GM/山火事:イフリート「あぁ、魔女こそが全ての元凶なのだ」
ケニー:「まさかこの妖精郷全体に影響を及ぼすほどの話だったとはね...最初は思いもしなかったよ」
カリリル:「いや、下手をすると妖精郷どころか、世界に影響を及ぼす話だな」
カリリル:「そのために妖精郷ごと封印したんだろう。これ以上力を蓄えないように」
カリリル:「誰も解放しないように...な」
GM/山火事:イフリート「その通りだ」
カリリル:「おぉぅ......なんてことを...」orz
カーフ:「妖精の冠が無くとも信仰さえあれば神には慣れるのか?」
GM/山火事:イフリート「…さぁ?」>カーフ
ケニー:「終わったことを気にしても仕方ないさ、今何が最善か、それを考えないとな...」
GM/山火事:イフリート「まぁ今の貴殿らには2つほど選択肢がある」
カリリル:「選択肢か...?」
GM/山火事:イフリート「一つは何も見なかったことにして妖精郷への干渉をやめること」
カーフ:「ふむ一見得策だが」
GM/山火事:イフリート「もう一つは【魔女】の討伐」
カリリル:「いや、魔女の討伐の方があたしはいいと思うぜ」
GM/山火事:イフリート「ほう?」
カリリル:「ドライや、マルキ、彼ら封印を解こうとしていたろう?」
カリリル:「解くってよりは手助けか」
ケニー:「今更魔女を放って置けないさ、それに魔女の封印は溶けつつあるんだろう?」
カリリル:「つまりだな...【あたし達の換わりはいるんだよ】」
カーフ:「三つ目があるとすれば魔女とメティシエを出し抜いてやることだが」
ケニー:「このままだといずれ復活してしまう。 なら根源を絶つ方が手っ取り早いだろう」
ライカ:「何にせよ干渉しないってのは無理かな」
ケニー:「それに...だ。 世界を救うって冒険者の僕らにとっては最上の名誉では無いか?」
カリリル:「うむ...まぁ、あたしはここで見捨てれるようなタマじゃないしな」
GM/山火事:イフリート「何故だ?魔女は強い、まともに相手しない方が得策だと思うが?」>ライカ
カリリル:「たしかに...酒のつまみとしては最高かもな」
カーフ:「神格と戦う可能性があると」
ケニー:「...んまぁ一見無謀だがね、後味悪いより潔い方が性に合うものでね」
ライカ:「私はなんとしても帰ってこさせなきゃいけない人がいるの、魔女だろうが神だろうが邪魔するなら相手するって気持ちでいるよ?実際にはそう楽じゃないけど」
GM/山火事:イフリート「……ふむ、」
カーフ:「封印されて何年経っているんだろうなそういや」
ケニー:「あとは...マルキの奴も元に戻してやらねばってのもあるし」
GM/山火事:イフリート「何とも剛毅な者たちよ、偽神を相手取ってなお怯まぬか」
カリリル:「魔法文明からだから...ざっと数千年か?」
GM/山火事:イフリート「持っていけ」
カーフ:「それは不死手に入れてないか?」
カリリル:お
ケニー:お?
カーフ:おや?
GM/山火事:皆さんは妖精の宝石【イフリート】*1を入手します
カリリル:ふーー!
ケニー:おぉ!?
ライカ:( ’ω’)ふぁっ
GM/山火事:死にそうになったら使うといいよ~
ケニー:これは強い(確信)
カーフ:ほう
カリリル:私には使いこなせないのでどうぞ皆様お納めください
ケニー:誰でも使えたはずだゾイ >ルルルルル
カリリル:ルルルルルルルの中の人は脳筋なので難しいのですじゃ
GM/山火事:イフリート「さて、では魔女を倒すヒントをやろうか」
GM/山火事:イフリート「先ずは妖精王へ邂逅することだな、奴と話ができるようになったら再び俺のもとに来るがいい」
GM/山火事:イフリート「それから他の精霊からも話を聞いておけ」
カリリル:「ふむ....どちらから行こうか」
GM/山火事:イフリート「ではこれで、また何かあれば頼るがいい」
ケニー:他の精霊行く?
カリリル:妖精も、城も場所が割れてますもんねぇ
ケニー:それとも依頼受けるっていう手もありますが...
GM/山火事:依頼は勘弁してください…(残り時間
カリリル:依頼みてみないことにはなんとも...
ケニー:あぁ、そうですな...
カリリル:ほんとうですね時間がないです
GM/山火事:はい
ライカ:依頼何があるのかな
システム:0-53さんが、入室しました。
ケニー:貼ってあるのはリターン2つとスレイ・プニルだけど
GM/山火事:あー新しい依頼、魔剣改造についてのがあります
ケニー:ホウ(・А・` )
GM/山火事:ただ、これはGMオリジナルなうえダンジョンの用意が必要なので予約制です
カリリル:さっきからサブリミナルで真月零くんがちらつくんですが!
ケニー:分かったよー
ライカ:与薬
カリリル:次回予約と行きましょうか
ケニー:んだねー
GM/山火事:ではそれは次回と
カリリル:はーい
カリリル:お城は行くなら案内がいります?
GM/山火事:んじゃあ帰還ですねーいやぁランダムがないと楽でいい
GM/山火事:帰還でOK?
カリリル:OKです!
ライカ:OK
GM/山火事:では21日目TB昼、帰還ですねー
GM/山火事:さて、どうします?
GM/山火事:お城行く?
ケニー:城か精霊?
カリリル:お城のもう覚えてないよぉ
GM/山火事:お城いくならちゃんと画像出すので
ライカ:んー今日はもう休みたいです(´・ω・`)
GM/山火事:あら、じゃあ解散しますか
カリリル:じゃあお休みしましょうかー
GM/山火事:団長!リザルトの用意できましたー!
ライカ:そうだGMさん
GM/山火事:はいな
ライカ:エマちゃん連れ帰るのってやった事に出来ます?
GM/山火事:あー…まぁいいか
ライカ:どのタイミング取ればいいのか分からないので
GM/山火事:あーでもなぁ
GM/山火事:うん、いいよ
GM/山火事:返したってことで
GM/山火事:2000G+100名誉どぞ
カリリル:あと7540点で...ファイター11これにエンハンサー?...遠いよぉ
ライカ:凄い歯切れ悪くて怖い

セッション終了後の雑談枠

ケニー:今回の収穫は、リーダーがいがいとおっきかった
カリリル:おっきかった
カーフ:でかかった
ライカ:皆して何を...
カーフ:適当に便乗しただけなんて言えない
ライカ:意外とってどんなイメージだったんだろう
カリリル:立ち絵のイメージ
ケニー:絵からして何となくスレンダーなイメージがあったなぁ
カリリル:よく見たら案外あるわ
ライカ:ていうか12ってどのくらいなんだろう
カリリル:全国平均の統計データがあるはずだから調べてくる
GM/山火事:生命力Bの平均が2で2d6の期待値が7より平均は9
カーフ:cocの能力ダイスは極端じゃないとわかりにくい印象
カリリル:平均がC~Dの間
ケニー:...としたらFくらい?
GM/山火事:EよりのDくらいじゃない?
カリリル:平均より生命ボーナスで飢えとして、数値が1.4倍くらい
カリリル:山火事さんの言う通りE~Dくらい
ケニー:ほうほう
ライカ:皆さんめっちゃ真面目で怖いですw
カリリル:とするとですよ、ケニー君のOPP13ってのは、
カーフ:なるほどわからんw
山火事:OPPってなんだよ(哲学
カリリル:ボディービルしてて尚且つ、パンプアップしてない時くらい
カリリル:松本人志くらいのOPP
ライカ:それ基準値生命じゃなくて筋力ではないだろうか…w
GM/山火事:因みにこの猥談リプレイに載せますね
カリリル:パワー≠筋力量
カリリル:えっ
ケニー:(´^ω^`)ワロチ
ライカ:( ’ω’)ふぁっ
カーフ:松本人志wこれは理解できた
カリリル:あっあっあっ 私の真面目な考察がががが
カーフ:私は何も関与してませんよー
ケニー:それに初期値生命で計算したら11ですぜ
カリリル:私が主犯じゃないか!ちくしょう!
ライカ:私も関与してませーん‎( ∩’-’‎∩ )バッ
カーフ:名探偵www
カリリル:問題出されたらときたくなるでしょう?ね?
ケニー:それに胸板なら筋力ですな
ケニー:...あれ、じゃあ男の生命力ボーナスって何になるんだ...?
ライカ:その解いてるのが別の意味で問題なんだなあw
カリリル:んーとですね...ボクサーの胸板ってあんまり極端に厚くなかったりしますが、パワーは出ます
カリリル:この場合の。胸板の厚さは、筋肉の鎧であり耐久性なのです
カリリル:あれまって
カリリル:これルーちゃんくっそムキムキやない?
ライカ:(  ´ ・ ͜ʖ・` )
ケニー:ですね
カリリル:なんと...
カーフ:(^ω^)
ケニー:リルドラだからね、しょうがないね
ライカ:男の生命ボーナスはきっと男ですよ
カリリル:兄貴と私!ボディービル!
ケニー:oh...
カリリル:つまり重量級の、サップとか、スモウレスラーの筋肉がある人達みたいな感じ
カーフ:後衛に負けている、前衛って
カリリル:千代の富士の筋肉やっぱ凄いわぁ
カリリル:では失礼しますお休みなさーい
カリリル:ノシ
 いいね!  0

注意: 当ページの内容の転載、複製は著作者の許可がない限り行わないでください。

リプレイ一覧に戻る

コメントを書く

※投稿するにはログインが必要です。

コメント一覧

まだレスポンスがありません。