【ソード・ワールド2.0】【初心者歓迎】アシュラウトの無限工房(十二回目)

貞夫リプレイ  2
登録日:2018/06/25 07:00最終更新日:2018/06/26 00:10
GM:じゃあ始めましょうかねー
一同:はーい
GM:じゃあ、みなさん工房に集まっています。
GM:朝ごはんの時間ですね
ニーナ・バレット:「ここで~、丈夫な木片~♪」朝ごはん作ってます
マノン:「今何か不穏な単語が…?朝食よね?」
ニーナ・バレット:「多分食べられるよ~」
GM:ところが、いつもは朝ごはんを作ってくれるクレアは買い物中なのか、今はいません
ミカル・バレット:「木片は入れないようにね、お姉ちゃん?」監視してます
マノン:おやまあ
ニーナ・バレット:ちょうどいいね、お料理しよ
GM:で、代わりに作ってくれているニーナはこんな調子です
マノン:全力で止めねば…生命抵抗低いのだ
システム:ニーナ・バレットさんの「普通に料理「~♪」」ロール(2d6+8)<br>→ SwordWorld2_0 : (2D6+8)  →  7[6、1]+8  → 15
ミカル・バレット:「じゃあ、私も作るよ…お姉ちゃんだけだと不安だし…」
ジェフ:「食べられないよ」
ニーナ・バレット:「スープ出来たよ~」
システム:ミカル・バレットさんの「念のため料理」ロール(2d6+4+3)<br>→ SwordWorld2_0 : (2D6+4+3)  →  11[5、6]+4+3  → 18
GM:で、ニーナの料理に戦々恐々していると、慌ただしい様子で扉が叩かれます
マノン:すごい出目…おや?
マノン:「はあーい?どちらさま?」
ドルベ:「朝から賑やかだなー」上から降りて来た
バース:「大変だべ! 大変だべ!」
マノン:「なにが大変なの?」
バース:「クレアがさらわれたべ! 街に潜り込んでいた蛮族の仕業だべ!」
ミカル・バレット:「あ、ドルベおはよ~」手を振る
ニーナ・バレット:「どうしたの~?夜のホームラン王さん?」
マノン:なんですと
ジェフ:「さらわれた!?」
ニーナ・バレット:「!?」
バース:「わしの家の前に奴らからの手紙が置いてあったべ」
ドルベ:「おいおいおいおい………朝から笑えない冗談を……」
ミカル・バレット:「………」
バース:「ご丁寧に交易共通語で書いてあるべ」
GM:”アシュラウトの冒険者に告ぐ 合成師を返して欲しくば、お前たちが「マルクトの森」と呼んでいる森まで来い 2日以内に来なければ合成師の命はないと思え  蛮族軍アシュラウト方面軍司令 ヘクトール = ダンジェルマイア”
ニーナ・バレット:「ふざけた真似をしてくれるね~………」
ドルベ:「何が狙ってんだ………」
バース:「クレアは儂にとっては娘のようなものだべ。どうにか救い出して欲しいべ」
ニーナ・バレット:「もちろん助けるよー、私の大切な妹に何かしてたらタダジャスマサナイカラネ♪」
マノン:「任せて!クレアさんがいないと私毎朝木片入りスープ飲まされちゃうし」
バース:「お主たちがいない間に蛮族が攻めて来ることも考えられる。じゃからほかの護衛たちに頼んで守りもお願いしたいべ」
ジェフ:「任せろ!」
ニーナ・バレット:「分かったよー、ドルベ~、お願いするねー」
ミカル・バレット:「………………落ち着いて…深呼吸…」
ドルベ:「おう!そう言うことなら任せておけ!」
ドルベ:「それと、ミカルも気をつけて帰って来いよ…待ってるぜ」
ミカル・バレット:「…………わかったよ~」笑いながら森に行く準備をします
ニーナ・バレット:「時間はかけられないね~、すぐに準備するよー」
GM:じゃあ、導入はこんなもんで、今回は天気や依頼は省略、その代わりうまくクレアを助け出したら、少しボーナスあげるべ
マノン:わあい、頑張ります~
ニーナ・バレット:頑張るよ
ミカル・バレット:バースの口調に…
ジェフ:頑張ります
GM:じゃあ、マルクトの森に行く前に準備があればどうぞ
ニーナ・バレット:買うものがないならマルクトの森にすすもー
ミカル・バレット:頑張っていい出目出しますよ
ニーナ・バレット:あ、森なら迷彩マント買っておきます
マノン:買い物…うーん、結構遣ってるからなあ
ミカル・バレット:あ、弾丸を24発、活性弾を12発買いますね
マノン:買い物は私は無いですね
ニーナ・バレット:ローブだった
ジェフ:私もないです
GM:一応準備は入念にしておくことを勧めます(この時は、まさかあんなことになるとは思わなかったのです)
ニーナ・バレット:残金減らしておきました、準備は大丈夫
マノン:そんなにきついですか
マノン:指輪追加で買います
マノン:3個くらい
ジェフ:トリートポーション追加で二つ買います
ジェフ:きつそう
マノン:あとは…魔香草を3個
GM:一応、地図は書いてあります、探索深度50になったら予定場所につきます
ミカル・バレット:了解です
ニーナ・バレット:クレアの貞操が危ない、はやく助けなきゃ……
マノン:了解です、買い物終了しました
ジェフ:了解ですー
マノン:むしろオーガが心臓ぱっくんして襲ってきそう(怖いこと言わないでw)
ジェフ:私も買い物終了で
GM:あ、ところで温泉は立てなくてもいいのかな。建てるなら建てたということにしてもいいですよ
ミカル・バレット:どうします?
ニーナ・バレット:建てられるなー
GM:炎鉄3と火炎銀1です
マノン:そうするとMPが少し増やせる
ニーナ・バレット:建てましょうか
マノン:賛成です
ジェフ:賛成ですー
GM:じゃあ、炎鉄3と火炎銀1を消費します。
ミカル・バレット:うーん………今からでも武器の専用化ってできます?
ニーナ・バレット:さっそく100G払って風呂に
マノン:精神や生命上げられるの嬉しい
マノン:私も100G払ってニューヨーク
GM:素材は減らしといてね。メモ2にあるので。専用化はしてもいいですよー。前回のクリア後にすぐやったってことにして
ニーナ・バレット:了解です、減らしておきます
ミカル・バレット:わかりました~
ジェフ:私も100G払って入浴
ニーナ・バレット:今回で森の特級素材欲しいな……
ニーナ・バレット:あげるのは生命力で
ミカル・バレット:それと、専用化の恩恵は専用化した片方だけですか?それとも1つで両方ともですか?
ニーナ・バレット:片方だけのはず
GM:重複はしないですね
ニーナ・バレット:だから予備のデリンジャーと手に持ってるデリンジャーを専用化するといいかと
GM:両方に器用度+2の恩恵はあるけど+4にはできない感じ
ミカル・バレット:了解です
マノン:精神上げときます、15+27で42
GM:専用化してない銃で撃つときはボーナスは無しです
ニーナ・バレット:そういえばアシュラウトの温泉って混浴?
GM:いえ、男女別です
マノン:水着ばっちり
ニーナ・バレット:つまりジェフ 
ニーナ・バレット:は1人で入ってるのか……
マノン:今から髭生やしましょうか?なんて
GM:ほかの町人も使うから完全に一人ぼっちかはわかりませんよ
マノン:なるほど
GM:ただ、入浴料100Gは結構でかいので、たまの贅沢、みたいな感じかと
ニーナ・バレット:威圧感すごそう
ニーナ・バレット:準備できた、行けるよ
マノン:こちらも準備OKです
GM:よし、じゃあマルクトの森に向かいます
ニーナ・バレット:深度は私か
GM:じゃあ、始めましょうか1ターン目
ニーナ・バレット:はーい
システム:ニーナ・バレットさんの「深度」ロール(1d6)<br>→ SwordWorld2_0 : (1D6)  → 3
システム:GMさんのロール(1d)<br>→ SwordWorld2_0 : (1D6)  → 5
ミカル・バレット:あ、温泉入りたいです
マノン:あれ公開ですか
ニーナ・バレット:多分ミスですね
マノン:ああ
GM:地図のとおりに行くだけなので今回は公開です
ニーナ・バレット:なるほど
マノン:つまりセージが死んだ!
ニーナ・バレット:おっと、ミカルは何あげます?
ミカル・バレット:器用度はあげられますか?
ニーナ・バレット:挙げられます
ジェフ:言い忘れてました生命力上げます
ミカル・バレット:じゃあ器用度あげますね
ニーナ・バレット:じゃあイベントかな
マノン:平穏カモン
GM:準備が良ければイベントで
ミカル・バレット:あと、専用化の恩恵は能力値の装備補正欄の数値に加味していいですか?
ニーナ・バレット:いいと思いますよ
システム:ミカル・バレットさんの「イベント」ロール(2d6)<br>→ SwordWorld2_0 : (2D6)  →  7[1、6]  → 7
ミカル・バレット:わかりました~
ニーナ・バレット:ばっちり平穏を貫いた
マノン:ありがたや~
GM:次は探索チェックですねー
:
:道中、蜂の巣が落ちてきたり、妖精に魔法をかけられたりしながらも順調に進んで行きました。
:
システム:ニーナ・バレットさんの「深度」ロール(1d6)<br>→ SwordWorld2_0 : (1D6)  → 4
ニーナ・バレット:ぴったし50
マノン:ぴったり?
ミカル・バレット:ちょうど
マノン:とうちゃーく
GM:計ったようにぴったりw
ジェフ:おおー
ニーナ・バレット:通り過ぎなくてよかった
GM:じゃあ、指定された場所に着いたみなさんの前に一人の角の生えた男性がいます
ニーナ・バレット:「君が私たちを呼んだのかなー?」
ヘクトール:「ふ、まんまとおびき寄せられたか」
ニーナ・バレット:「やっぱり誘き出したつもりかー」頷きながら
ミカル・バレット:「………まぁ、おおよそ今頃アシュラウトに攻め込んでるかな?」
ヘクトール:「ふ、わかっているならこの女のことなど見捨てれば良かったものを」
ニーナ・バレット:「ほっとけないさー、クレアは私の大切な妹の1人だからねー」
GM:一応、ニーナより年上だからね?
ニーナ・バレット:ニュアンスです(`・ω・´)多分体的にはこちらが上です
ニーナ・バレット:「クレアも助けてアシュラウトも守るよー、私は欲張りなんだー」
ミカル・バレット:「…………」
ヘクトール:「ふ、アシュラウトを攻めるついでにカトンボも落としておくとしよう」
マノン:「かかってきなさい!けちょんけちょんにしてやるんだから!」
ニーナ・バレット:「クレアは返してもらうよー」
マノン:けちょんけちょんにされる側になりそうだけどね…
ニーナ・バレット:「行くよミカル、あいつ私たちとみんななら行けるよ」
ニーナ・バレット:まもちきイクゾッ
ミカル・バレット:「…………じゃあ………始めよっか、お姉ちゃん」
システム:ニーナ・バレットさんの「まもちき」ロール(2d6) →  8[5、3]  → 8
システム:ニーナ・バレットさんの「まもちき」ロール→  9[3、6]  → 9
ヘクトール:じゃあ、まもちき2回分どぞ
システム:マノンさんの「まもちき」ロール(2 2d+8)<br>→ 1回目: →  5[4、1]+8  → 13   2回目:→  9[3、6]+8  → 17
システム:ミカル・バレットさんの「平目」ロール(2 2d6)<br>→ 1回目:→  4[2、2]  → 4   2回目: →  6[5、1]  → 6
ジェフ:「ああけちょんけちょんにしてやろう」
システム:ジェフさんのロール(2D6)  →  2[1、1]  → 2
システム:ジェフさんのロール(2D6)  →  12[6、6]  → 12
ミカル・バレット:ゴジッテーン
マノン:極端
ニーナ・バレット:偏り方よ
ジェフ:あらぶるダイス
ミカル・バレット:ティダン「何………だと…」
ニーナ・バレット:知名度は抜けたかな?
ヘクトール:じゃあ、ヘクトールはドレイクバロン、弱点抜けず。取り巻きストーンサーバント2体、弱点抜いた
マノン:まあまあかな
ニーナ・バレット:やっぱりかぁ
ニーナ・バレット:じゃ、先制行くよ
システム:ニーナ・バレットさんの「先制」ロール(2d6+11)<br>→ SwordWorld2_0 : (2D6+11)  →  6[3、3]+11  → 17
システム:ミカル・バレットさんの「先制」ロール(2d6+2+4)<br>→ SwordWorld2_0 : (2D6+2+4)  →  9[6、3]+2+4  → 15
ヘクトール:お、先制取られたか
ニーナ・バレット:よっしゃ
ヘクトール:じゃあ、シーンをアシュラウトに移します
ニーナ・バレット:了解
ニーナ・バレット:ドルベで参加しよう 
GM:じゃあ、ドルベのもとにバースがかけこみます
バース:「来たべ! 蛮族が攻めてきたべ!」
ドルベ:「やっぱ来たか………」
ドルベ:「どこだ町長、出来る限り長引かせてやるぜ」
バース:「ほかの連中はもう警備に当たってるべ、お前たちは東門を頼むべ!」
ドルベ:「おう!任せておけよ!」大剣を担いで東門へ走ります
ミカル・バレット:あー…サブキャラがいない………
バース:キャラクターいない人は、ドゥームでも使ってもらいますか
マノン:あれ、戦闘こっちでもやるんですか?
ミカル・バレット:バトルドゥーム
バース:まあ、前哨戦みたいなもんです
マノン:それならジゼルで
ジェフ:私もサブキャラいないです
ドルベ:ドゥーム2体とエルフとナイトメアか
システム:ぺんさんが、入室しました。
ジゼル:いっぱい居るなあ
GM:ちょっと準備するから待っててね
:
:準備中……
:
GM:こんな感じかな
ジゼル:勢ぞろいですねえ
ドルベ:怖いのも見えるなぁ
GM:では、まもちきからどぞ
ドルベ:4回かな
システム:ジゼルさんの「まもちき」ロール(4 2d6+7)<br>→ 1回目:→  9[4、5]+7  → 16  2回目:  →  9[3、6]+7  → 16   3回目:→  8[6、2]+7  → 15   4回目:→  7[4、3]+7  → 14
システム:ドルベさんの「まもちき」ロール(4 2d6)<br>→ 1回目:→  5[3、2]  → 5  2回目:→  6[2、4]  → 6   3回目: →  6[1、5]  → 6   4回目:  →  8[6、2]  → 8
システム:ぺんさんのロール(2d6)<br>→ SwordWorld2_0 : (2D6)  →  5[1、4]  → 5
システム:ぺんさんのロール(2d6)<br>→ SwordWorld2_0 : (2D6)  →  5[2、3]  → 5
システム:ぺんさんのロール(2d6)<br>→ SwordWorld2_0 : (2D6)  →  4[2、2]  → 4
システム:ぺんさんのロール(2d6)<br>→ SwordWorld2_0 : (2D6)  →  7[3、4]  → 7
ドルベ:「わんさかとお揃いでまぁまぁ……」
ミカル・バレット:多分ですが、バジリスク1Rで倒せるならこれくらいがちょうどいい、みたいな感覚ですかね
ジゼル:1Rで倒すのは大体そちらのお二人で私はそこまで強くないっす
ドルベ:ドレイクからやります?
ミカル・バレット:それがいいかと思います
GM:おまたせです、ドレイクのみ弱点抜けず、あとは弱点抜きました
ドルベ:はーい
ジゼル:よし、珍しく仕事した
GM:ケンタウロスは、武器が弓になる代わりに打撃点-2です
ドルベ:うい
ジゼル:はーい
ドルベ:ジゼルにパラライズ投げてもらってクリレイ貰おうかな
GM:で、城門のHPが100
GM:防護点は5
ドルベ:破壊されると負けですね
ジゼル:パラライズじゃなくクリレイなんですよ
ミカル・バレット:この前のアシュラウトで能力値だけ振ったあのキャラを次からはサブキャラにしよう…
ジゼル:しかもカードなし
ドルベ:あらら
ドルベ:先制は……16か
ドルベ:ドルベではきついなぁ
システム:ドルベさんの「先制」ロール(2D6+3)<br>→ SwordWorld2_0 : (2D6+3)  →  2[1、1]+3  → 5
ミカル・バレット:ゴジッテーン
システム:ジゼルさんの「先制」ロール(2d+6)<br>→ SwordWorld2_0 : (2D6+6)  →  3[2、1]+6  → 9
ドルベ:見事に1ゾロしました
ジゼル:これはひどい
ミカル・バレット:ティダン「仕事の時間か」
ジェフ:ティダン様お帰りください
ドルベ:前衛でスタートします
ジゼル:後衛で…
ドルベ:後はルナさんドゥームとぺんさんドゥームか
ルナドゥーム:「目標を確認、直ちに交戦します」
GM:じゃあ、前線に2人以上配置しておくれ
ドルベ:ドゥームカモーン
ぺん:「交戦します」
GM:じゃあ一回表行きましょうか
ドルベ:どうぞ
ルナドゥーム1:ドゥーム1を操ります
ジゼル:はーい
ぺんドゥーム:ドゥーム2を操ります
GM:まずはドレイクが自分にファイアウェポン
システム:GMさんのロール(2d+8)<br>→ SwordWorld2_0 : (2D6+8)  →  5[3、2]+8  → 13
GM:成功
GM:続いてボガード
システム:GMさんのロール(1d3)<br>→ SwordWorld2_0 : (1D3)  → 1
GM:胴体かな
GM:11と言って攻撃
ドルベ:だね、ドゥームの胴体回避は7だよ
GM:ドゥーム2は誰だっけ?
ぺんドゥーム:はい
システム:ぺんドゥームさんのロール(2d6+7)<br>→ SwordWorld2_0 : (2D6+7)  →  7[1、6]+7  → 14
ドルベ:よし、順調ですね
GM:じゃあ、リザードマン1
システム:GMさんのロール(1d3)<br>→ SwordWorld2_0 : (1D3)  → 2
GM:ドゥーム1
GM:13と言って攻撃
ルナドゥーム1:「対象の接近を確認、回避に移ります」
システム:ルナドゥーム1さんの「回避」ロール(2d6+7)<br>→ SwordWorld2_0 : (2D6+7)  →  10[5、5]+7  → 17
GM:高い!
ドルベ:いいねぇ
GM:じゃあ、続いてリザードマン2
システム:GMさんのロール(1d3)<br>→ SwordWorld2_0 : (1D3)  → 3
GM:ドルベ、13と言って攻撃
システム:ドルベさんのロール(2D6+9)<br>→ SwordWorld2_0 : (2D6+9)  →  2[1、1]+9  → 11
ドルベ:なんでや
ルナドゥーム1:ゴジッテーン
ジゼル:ごじってーん
GM:じゃあ、ダメージ
ルナドゥーム1:ティダン「たまにはいいだろう」
システム:GMさんのロール(2d+4)<br>→ SwordWorld2_0 : (2D6+4)  →  10[6、4]+4  → 14
ドルベ:9点もらう
GM:じゃあ、ケンタウロス1
システム:GMさんのロール(1d3)<br>→ SwordWorld2_0 : (1D3)  → 3
GM:ドルベに12と言って攻撃
システム:ドルベさんの「回避」ロール(2D6+9)<br>→ SwordWorld2_0 : (2D6+9)  →  6[5、1]+9  → 15
GM:続いて2
システム:GMさんのロール(1d3)<br>→ SwordWorld2_0 : (1D3)  → 1
GM:あ、言い忘れましたが、精密射撃もありますので
ドルベ:はーい
ドルベ:ぺんさんに行きました
GM:ドゥーム2に12と言って攻撃
システム:ぺんドゥームさんのロール(2d6+7)<br>→ SwordWorld2_0 : (2D6+7)  →  8[3、5]+7  → 15
GM:ぬう、じゃあ3
システム:GMさんのロール(1d3)<br>→ SwordWorld2_0 : (1D3)  → 2
GM:ドゥーム1に12と言って攻撃
ルナドゥーム1:「遠距離からの攻撃を感知、回避に移ります」
システム:ルナドゥーム1さんの「回避」ロール(2d6+7)<br>→ SwordWorld2_0 : (2D6+7)  →  7[1、6]+7  → 14
GM:じゃあ、1回裏どぞ
ドルベ:とりあえず異貌しますね
ドルベ:じゃ、マッスルベアーとビートルスキン入れてからボガードに魔力撃
システム:ドルベさんのロール(2D6+9+1)→  6[4、2]+9+1  → 16
GM:命中、ダメどぞ
システム:ドルベさんのロール(k34+11+5+4@10+3)→  2D:[4、1]=5  →  5+23  → 28
ドルベ:これ+2の30点
GM:(無言でボガードのコマを消去)
ドルベ:「まず1つ!」
GM:ドレイク「なんだと!」
ドルベ:「通りたきゃ俺らを倒して行くことだな!」
GM:ドレイク「だがまだ数はこちらが有利!」
ルナドゥーム1: GM、ルナドゥームの攻撃可能回数は何回ですか?
ドルベ:2部位なので2回
ドルベ:ただし、砲塔の装填は1発
ルナドゥーム1:わかりました
ドルベ:胴体の射程10m、装填6、砲塔は射程30mの装填1
ドルベ:精密射撃、鷹の目を所持
ルナドゥーム1:了解です
ドルベ:前衛を一掃しましょうか?
ジゼル:二倍エネボ行きます
ドルベ:どうぞ
GM:抵抗は12です
システム:ジゼルさんの「行使」ロール(2d+7+3)→  5[1、4]+7+3  → 15
GM:抜けました
システム:ジゼルさんの「エネボ」ロール(2 k10+7+3@10)→  2D:[3、4]=7  →  3+10  → 13  2回目:→  2D:[6、5 6、6 4、3]=11、12、7  →  6、7、3+10  →  2回転  → 26
ジゼル:あり?
ルナドゥーム1:あるぇー(´・ω・`)
ジゼル:おお、お?倒せたー
GM:2が落ちて、1が@9点
ぺんドゥーム:おおー
ジゼル:手番終了
ぺんドゥーム:行きます
GM:ドレイク「えーい! こうなったら城門を狙え! 門さえ破壊すればこっちのもんだ!」
ドルベ:おー
ドルベ:前衛倒してドレイク引っ張り出しましょう
ぺんドゥーム:機銃で、リザードマン二回目は主砲でドレイク
GM:リザ2は回避11
システム:ぺんドゥームさんのロール(2d6+9)→  7[6、1]+9  → 16
GM:おっとダメージどぞ
システム:ぺんドゥームさんのロール(2d6+5)→  5[1、4]+5  → 10
ドルベ:倒した!
ぺんドゥーム:「排除する」
ぺんドゥーム:ドドドド
GM:ドレイクは回避14ね
システム:ぺんドゥームさんの「当たりますように」ロール(2d6+7)<br>→ SwordWorld2_0 : (2D6+7)  →  7[5、2]+7  → 14
ぺんドゥーム:あっ
ぺんドゥーム:一足りない
GM:じゃあ、かわしました
GM:ドレイク「ふははは、当たらなければどうということはない」
ルナドゥーム1: GM、通常移動してから対人兵器は使えますか?
ドルベ:胴体の射撃ができない代わりに出来るんじゃないかな
GM:特に書いてないからできるでいいよ
ルナドゥーム1:わかりました。では
ルナドゥーム1:「本機開発者の戦闘プログラムに従います」
ルナドゥーム1:敵後方エリアに通常移動して対人兵器です
システム:ルナドゥーム1さんの「対人兵器」ロール(2d6+6)→  10[6、4]+6  → 16
GM:ドレイクは抵抗
ルナドゥーム1:ドレイクには抵抗されてしまいました…
GM:ケンタウロスには通った
ルナドゥーム1:ドレイクに1足りない………
ドルベ:ケンタウロスは全員あと13かな
GM:@12ですね
GM:じゃあ、2回表
ドルベ:はーい
GM:まずはドレイクがドゥーム1に16と言って攻撃
ルナドゥーム1:「対象の接近を確認、回避に移ります」
システム:ルナドゥーム1さんの「回避」ロール(2d6+7)→  6[1、5]+7  → 13
GM:おし
システム:GMさんの「ダメージ」ロール(2d+10) →  9[4、5]+10  → 19
GM:19点どぞ
ドルベ:防護点引くと13点かな?
GM:で、ケンタウロスが3人ともドゥーム1の胴体攻撃
GM:命中は12ね、3回回避どぞ
ルナドゥーム1:「対象の攻撃を感知しました、回避に移ります」
システム:ルナドゥーム1さんの「回避」ロール(3 2d6+7)<br>→ 1回目: →  10[5、5]+7  → 17  2回目:→  11[5、6]+7  → 18  3回目:→  8[6、2]+7  → 15
ドルベ:よしよし
GM:ありゃ、2回裏どぞ
ジゼル:先に動いていいですか?
ドルベ:ジゼルにパラライズかけてほしいです
ジゼル:パラライズですか?全員焼き払って数減らさなくてもOK?
ルナドゥーム1:また対人兵器使いますから大丈夫です
ジゼル:ではパラライズで
ジゼル:ドレイクだけでいいですね、これは
ドルベ:はい
システム:ジゼルさんの「行使パラライズ」ロール(2d+7+3)<br>→ SwordWorld2_0 : (2D6+7+3)  →  9[3、6]+7+3  → 19
GM:通りました
ジゼル:回避-2です
ジゼル:で手番終了です
ドルベ:やった
GM:了解、つぎどぞ
ルナドゥーム1:次いいですか?
ドルベ:どうぞー
ぺんドゥーム:どうぞ
ルナドゥーム1:「本機開発者ルナ設計、戦闘プログラムを継続します」
ルナドゥーム1:対人兵器使います
ルナドゥーム1:あ、固定値使うのはありですか?
GM:無しですね
ルナドゥーム1: わかりました
システム:ルナドゥーム1さんの「対人兵器」ロール(2d6+6)<br>→ SwordWorld2_0 : (2D6+6)  →  3[2、1]+6  → 9
ルナドゥーム1:あるぇー(´・ω・`)
ドルベ:仕方ないね
ぺんドゥーム:ティダン「わたしだ」(GM:ティダンネタが浸透してるなぁw)
GM:抵抗しましたー
ドルベ:ぺんさんにはドレイクを集中攻撃してもらいたい
ぺんドゥーム:次行きたいです
ドルベ:どうぞー
ぺんドゥーム:2回ドレイクに機銃
ぺんドゥーム:「排除します」
ドルベ:機銃は命中9、砲塔は命中7ですね
システム:ぺんドゥームさんのロール(2d6+9)→  7[5、2]+9  → 16
システム:ぺんドゥームさんのロール(2d6+9)→  9[4、5]+9  → 18
GM:両方命中
システム:ぺんドゥームさんのロール(2d6+5) →  10[5、5]+5  → 15
システム:ぺんドゥームさんのロール(2d6+5) →  7[3、4]+5  → 12
ドルベ:おぉ、痛い痛い
ぺんドゥーム:「命中!」
ドルベ:それじゃ行きましょう
ドルベ:敵の後衛まで移動してドレイクに魔力撃
システム:ドルベさんのロール(2D6+9+1)<br>→ SwordWorld2_0 : (2D6+9+1)  →  9[5、4]+9+1  → 19
GM:命中ー
システム:ドルベさんの「多分これで終わり」ロール(k34+11+5+4@10+3)<br>→ SwordWorld2_0 : KeyNo.34c[10]+23  →  2D:[2、4]=6  →  6+23  → 29
ドルベ:「がら空きだぜ!」大剣で袈裟懸け斬りにします
GM:ドレイク「ぐはっ、ヘ、ヘクトール申し訳ありません」
ドルベ:おわりー
GM:通話のピアスでヘクトールに連絡入れます
ドルベ:なんて物を持ってやがった
ルナドゥーム1:あるぇー(´・ω・`)
ドルベ:あ、でもこれ剥ぎ取れるか?
GM:ドレイク「任務失敗であります。もうしわ、けありま、せん」バタッ
ジゼル:ごめんよドレイクちゃん…
GM:じゃあ、残りケンタウロスだけだから、勝った、でいいですよー。ズンバラリンとヤッちゃいました
一同:はーい
ルナドゥーム1:「本機防衛プログラムに従い、戦闘を終了します」
ジゼル:「よ、かったあ……すごく怖かったです~」
ドルベ:「ふぅ……なんとか防衛出来たな!ジゼル!」
ジゼル:「なんとかなりましたねえ……」
GM:じゃあ、シーンを森に移しますー
ドルベ:了解ー
:
:(時は戻って、森でヘクトールと対峙してるシーン)
:
ニーナ・バレット:マノンはセイグリットウェポン唱えますか?
GM:ヘクトール「ふふふ、今頃はアシュラウトは火の海になってる頃だろう」
マノン:その前にサイントーチしようかなと
マノン:回避-2の魔法です
ニーナ・バレット:それならお先にどうぞ
マノン:前衛誰でしょう、ドレイクバロンですか?
ニーナ・バレット:「どうかな~?私の仲間はそんなにヤワじゃないよー」
ニーナ・バレット:私は前衛からスタートします
ミカル・バレット:「………へぇ…あんたが動揺する未来が見えるけどね」
ミカル・バレット:同じく前衛です
マノン:全員か
マノン:後衛スタートで
ジェフ:前衛で
ドルベ:「ぶぇっくちっ!!」
マノン:じゃない前衛で
マノン:FPしないから後衛意味ないや
ニーナ・バレット:マノンさんどうぞ
マノン:ではサイントーチ3倍で
マノン:補助でヒートウェポン
システム:マノンさんの「行使」ロール(2d+5+3)→  4[3、1]+5+3  → 12
マノン:指輪割ります
システム:GMさんの「精神抵抗ー」ロール(2d+13)→  2[1、1]+13  → 15
GM:ふぁー!!!
マノン:…割らなくてよさそうですね?
ニーナ・バレット:やったぜ
ミカル・バレット:ゴジッテーン
マノン:では手番終了
ジェフ:ゴジッテーン
ニーナ・バレット:次行きます
ニーナ・バレット:まずはドレイクバロンにパラライズミストAを補助で投げます
GM:くそ、回避-2はいたすぎる
GM:合計-4か
ニーナ・バレット:さらにキャッツアイを使用、ポーションインジェクター内のデクスタリィポーションを補助で使用
ニーナ・バレット:命中に+3
マノン:ふふふ、グレンダール様万歳
ニーナ・バレット:では行きます、ドレイクバロンに鎧貫きを両手利きと追加攻撃で3回拳で殴ります
システム:GMさんのロール(3 2d+6)<br>→ 1回目:→  5[1、4]+6  → 11   2回目:  →  6[2、4]+6  → 12  3回目:  →  8[4、4]+6  → 14
システム:ニーナ・バレットさんのロール(3 2d6+10+1+1+3)   1回目:→  8[6、2]+10+1+1+3  → 23  2回目:→  7[3、4]+10+1+1+3  → 22  3回目: →  7[4、3]+10+1+1+3  → 22
GM:全部命中です
ニーナ・バレット:問答無用!
システム:ニーナ・バレットさんの「お姉ちゃんの本気?」ロール(3 k10+9@9)<br>→ 1回目:  2D:[1、5]=6  →  3+9  → 12  2回目:→  2D:[2、6]=8  →  4+9  → 13  3回目:→  2D:[1、2]=3  →  1+9  → 10
ニーナ・バレット:3回目変転します
ニーナ・バレット:強化で1達成値プラスで12に
GM:人間なんてきらいだー
システム:ニーナ・バレットさんの「出来れば回れ」ロール(k10+16@9)<br>→ SwordWorld2_0 : KeyNo.10c[9]+16  →  2D:[1、1]=2  → ** → 自動的失敗
ニーナ・バレット:16点で
GM:一応回ったから素通しだよね?
ニーナ・バレット:です
GM:じゃあ21点もらい
ニーナ・バレット:まだ行きます、ファストアクション
GM:げっそれがあったか
ニーナ・バレット:さらに鎧貫きを宣言、3回同じく拳で!
ニーナ・バレット:「ほらほらがら空きだよ~?♪」
システム:GMさんの「回避」ロール(3 2d+6) → 1回目→  7[3、4]+6  → 13  2回目:→  8[2、6]+6  → 14  3回目:→  12[6、6]+6  → 18
システム:ニーナ・バレットさんのロール(3 2d6+10+1+1+3)  1回目:→  9[6、3]+10+1+1+3  → 24  2回目:→  7[4、3]+10+1+1+3  → 22  3回目:→  6[2、4]+10+1+1+3  → 21
ニーナ・バレット:1発外したか
GM:2発貰い
システム:ニーナ・バレットさんのロール(2 k10+9@9)<br>→ 1回目:→  2D:[5、3]=8  →  4+9  → 13  2回目:→  2D:[1、3]=4  →  1+9  → 10
GM:3点受けます
GM:@69点
ニーナ・バレット:高いなぁおい!
ミカル・バレット:次私が行きます
ジェフ:どうぞー
ニーナ・バレット:10個入ってるなこれ
マノン:それくらいしないと威厳無くなっちゃいそう
ニーナ・バレット:どうぞー、めためたにしてやってください
ニーナ・バレット:回らないのが痛すぎる……
ミカル・バレット:バロンに両手利き、二刀流、タゲサ、猫を積んでクリバレです
システム:GMさんのロール(2 2d+6)<br>→ 1回目:→  10[4、6]+6  → 16  2回目:→  7[2、5]+6  → 13
システム:ミカル・バレットさんの「避けられると思うかな?」ロール(2 2d6+7+5+1+1+1)<br>→ 1回目:→  10[5、5]+7+5+1+1+1  → 25  2回目: →  7[4、3]+7+5+1+1+1  → 22
マノン:え、まじですか
ニーナ・バレット:ひゅー!
ジェフ:おおー
GM:ただでさえ回避落ちてんのに躱せるわけないじゃん
ミカル・バレット:腕輪で+2、専用化で+2、温泉で+2ですね
マノン:これサイントーチいらなかった説
GM:あれ、温泉って2段階目まで作ったんだっけ?
ニーナ・バレット:いえ、一段階
ニーナ・バレット:補正値は1だね
マノン:ですよね?
GM:1段階だと+1かな。2段階でも素材足りてるし良いんだけど
ミカル・バレット:あ、そうですね、まぁ、結局B5ですが
ニーナ・バレット:怖いわぁ
GM:まじっすか
ミカル・バレット:ちょうど30です
GM:とりま、ダメージどぞ
システム:ミカル・バレットさんのロール(2 k20+9@9)<br>→ 1回目:→  2D:[2、3]=5  →  3+9  → 12  2回目:→  2D:[1、2]=3  →  1+9  → 10
ミカル・バレット:二回目に変転
ニーナ・バレット:うはぁ…
マノン:人間怖い
ミカル・バレット:強化で+1
システム:ミカル・バレットさんのロール(k20+19@9)→  2D:[6、3 2、2]=9、4  →  7、2+19  →  1回転  → 28
ニーナ・バレット:恐怖、バレットの血筋
GM:@29点
ミカル・バレット:「どうかな?痛い?」
ニーナ・バレット:「ふふふ♪どうしたの?その程度ー?」
GM:ヘクトール「くっ、この私がここまで追い詰められるとは!」
ジェフ:マッスルベアーとビートルスキン積んでニーナさんかばってバロンに攻撃します
マノン:「うわあ、あの姉妹怖い…」
システム:GMさんの「回避ー」ロール(2d+6)→  8[3、5]+6  → 14
システム:ジェフさんの「命中」ロール(2d6+8)→  7[5、2]+8  → 15
GM:出目は悪くないんだけどペナがいたすぎる
ニーナ・バレット:よしよし
GM:ばっちこーい
システム:ジェフさんの「ダメージ」ロール(k25+12@11)<br>→ SwordWorld2_0 : KeyNo.25c[11]+12  →  2D:[4、4]=8  →  7+12  → 19
GM:9点貰い
ニーナ・バレット:残り20!
ジェフ:「よし当たった!」
ニーナ・バレット:まぁ竜化すると思うけど
ミカル・バレット:まぁ、どうせ竜化しますしね
マノン:むしろそうして欲しい
ミカル・バレット:ショットガンの的
GM:全員終わったっけ
マノン:終わりました
GM:じゃあ、1回裏
ニーナ・バレット:終わったよー
GM:ヘクトールは主動作で竜化
ニーナ・バレット:これで行動権潰せた
ニーナ・バレット:「へぇ~……まだ楽しませてくれるんだ♪」
GM:ヘクトール「この姿を見たやつで生き残ったのはあんまりいない!」
ミカル・バレット:「つまりはいるということね」
マノン:「少しはいるんかい」
GM:じゃあ、改めてまもちきどぞ
システム:ミカル・バレットさんの「平目」ロール(2d6)→  6[4、2]  → 6
システム:ニーナ・バレットさんの「まもちき」ロール(2d6)→  7[1、6]  → 7
システム:マノンさんの「まもちき」ロール(2d6+4+3+1)→  6[4、2]+4+3+1  → 14
システム:ジェフさんの「まもちき」ロール(2d6)→  6[3、3]  → 6
GM:じゃあ、データは抜けました
マノン:かろうじて…
GM:2改の259P
ニーナ・バレット:ホイホイ
マノン:6ゾロじゃないと弱点抜けん
ニーナ・バレット:てことは150くらいか?
GM:じゃあ、ストーンサーバントの攻撃
システム:GMさんのロール(1d4)→ 2
ニーナ・バレット:ジェフかな?
GM:ジェフに15と言って攻撃
システム:ジェフさんのロール(2d6+8)→  3[2、1]+8  → 11
ジェフ:おのれティダン
システム:GMさんの「ダメージ」ロール(2d+6)→  10[5、5]+6  → 16
ミカル・バレット:ティダン「仕事をしないとな」
ジェフ:3点もらいます
GM:少しは通ったかな
GM:じゃあ、ストサ2
ニーナ・バレット:3点?
システム:GMさんのロール(1d4) → 4
GM:ミカル~
GM:15です
システム:ミカル・バレットさんの「ピンゾロチェック」ロール(2d6+12)→  10[5、5]+12  → 22
ニーナ・バレット:ふぅ~
GM:おのれ~、2回表どぞ
マノン:では
ミカル・バレット:「どこを狙っているのかな?」真後ろに立って
マノン:ヘクトールの全部位にサイントーチ
GM:ストサ「グァガガ!?」
ニーナ・バレット:サイントーチって解除されたの?
GM:解除されますね
マノン:竜化すると解除されるらしい
ミカル・バレット:されますよー
ニーナ・バレット:なるほど
システム:マノンさんのロール(2d6+3+5)→  2[1、1]+3+5  → 10
ジェフ:なるほど
ミカル・バレット:ゴジッテーン
マノン:うせやん
ジェフ:ゴジッテーン
GM:おめでとー
マノン:エンド…orz
ニーナ・バレット:では次行きます
ミカル・バレット:ティダン「平等に与えなくてはならないからな」
ジェフ:どうぞー
ニーナ・バレット:パラライズミストを胴体に投げます
マノン:もう一回来てるので今度は他の方に行ってくださいな、ティダン様
GM:Aでいいんだっけ?
ニーナ・バレット:いえす
ニーナ・バレット:むしろAしか持ってないや
GM:了解
ニーナ・バレット:鎧貫きで胴体に3回攻撃
システム:ニーナ・バレットさんのロール(3 2d6+10+1+1+3) 1回目:→  8[3、5]+10+1+1+3  → 23  2回目:→  6[3、3]+10+1+1+3  → 21  3回目:→  12[6、6]+10+1+1+3  → 27
システム:GMさんのロール(3 2d+9)<br>→ 1回目:→  3[1、2]+9  → 12  2回目:→  5[4、1]+9  → 14  3回目: →  4[1、3]+9  → 13
GM:うそやん
ニーナ・バレット:ティダンが仕事してる………
システム:ニーナ・バレットさんのロール(3 k10+9@9)  1回目:→  2D:[2、1]=3  →  1+9  → 10  2回目:→  2D:[6、1]=7  →  3+9  → 12  3回目:→  2D:[6、3 1、2]=9、3  →  5、1+9  →  1回転  → 15
ニーナ・バレット:15点
GM:@95点
ミカル・バレット:次は私が行きます
ニーナ・バレット:どうぞー
ミカル・バレット:ショットガンいいですか?>皆さん
ニーナ・バレット:うーん……全部位強化入ってて削りにくいと思いますよ?
マノン:うえ、やめてほしいです…
ミカル・バレット:わかりました、ではクリバレです
ミカル・バレット:バロンの胴体に両手利き、二刀流、タゲサ積んでクリバレです
システム:GMさんの「さっき飛翔入れ忘れたてな」ロール(2 2d+10)<br>→ 1回目:→  10[4、6]+10  → 20  2回目:→  11[6、5]+10  → 21
GM:なかなか
ニーナ・バレット:飛翔は近接攻撃にのみ修正入ります
ニーナ・バレット:射撃には回避が+1されません
GM:あ、ほんとだ
GM:じゃあ-1で
システム:ミカル・バレットさんの「命中」ロール(2 2d6+7+5+1+1+1)  1回目:→  9[4、5]+7+5+1+1+1  → 24  2回目:→  5[3、2]+7+5+1+1+1  → 20
ニーナ・バレット:割る?割っちゃう?
GM:1発命中
ミカル・バレット:わりません
GM:では、ダメージどぞ
ニーナ・バレット:あるぇー(´・ω・`)
システム:ミカル・バレットさんの「あるぇー(´・ω・`)」ロール(k20+9@9)→  2D:[5、4 3、5]=9、8  →  7、6+9  →  1回転  → 22
GM:うそやん
ニーナ・バレット:おし
ニーナ・バレット:@73点だね
GM:ですです
ミカル・バレット:「あるぇー(´・ω・`)」
ジェフ:次行きます
ニーナ・バレット:どうぞー
ジェフ:ニーナさんかばってバロンに攻撃します
システム:GMさんの「今度こそ入れていいよね」ロール(2d+10) →  7[4、3]+10  → 17
システム:ジェフさんの「命中」ロール(2d6+8)<br>→ SwordWorld2_0 : (2D6+8)  →  6[1、5]+8  → 14
ジェフ:「チッ当たらない」
GM:はずれ~
マノン:ブレス来るかなあ
GM:じゃあ2回裏~
ニーナ・バレット:多分ミカルに飛ばすと思います
GM:ちょっと待っててね。行動考え中
ニーナ・バレット:了解ー
:
:(う~ん、操霊魔法は(ペラペラ)ピンとこないなぁ。スパークだとストサ巻き込むし、う~ん無難にリカバリィとブレスかな)
:
GM:じゃあ、まず補助動作でリカバリィ、主動作でエネルギーブレス
ミカル・バレット:予想済みです
GM:対象はランダムで決定
ニーナ・バレット:誰に飛ぶかな?
システム:GMさんのロール(1d4)<br>→ SwordWorld2_0 : (1D4)  → 1
マノン:わーお
GM:ニーナに生きます
ニーナ・バレット:庇ってもらおう、うん
システム:GMさんのロール(2d+11)<br>→ SwordWorld2_0 : (2D6+11)  →  5[1、4]+11  → 16
ジェフ:かばいます
ジェフ:3点もらいます
ニーナ・バレット:ワンチャン抵抗できるか?
マノン:かばうってブレスに効くんですか?
ニーナ・バレット:複数対象とれるやつじゃないから庇える
ニーナ・バレット:かばうの効果は自身とかばう対象が同時に攻撃対象にならないのが条件
ミカル・バレット:複数だと庇えないので、対象が1人なら庇えます
マノン:なるほどー
GM:じゃあ、生命抵抗してみそ
ニーナ・バレット:まずは抵抗振ってからだね
システム:ジェフさんのロール(2d6+10)→  4[3、1]+10  → 14
GM:お、通った
システム:GMさんのロール(2d+16)→  9[5、4]+16  → 25
ニーナ・バレット:ティダンこっちじゃない
GM:25点ー
ニーナ・バレット:でけぇ
マノン:ほあー、すげえダメ
GM:魔法ダメージね
ジェフ:「ぐはっ」
GM:じゃあストサ1
ニーナ・バレット:「うわ!?大丈夫!?」
システム:GMさんのロール(1d4)<br>→ SwordWorld2_0 : (1D4)  → 3
マノン:私か!
GM:マノン、15と言って攻撃
システム:マノンさんの「回避」ロール(2d6+7+1)→  10[6、4]+7+1  → 18
GM:ストサ2
システム:GMさんのロール(1d4)<br>→ SwordWorld2_0 : (1D4)  → 2
GM:ジェフ、15と言って攻撃
システム:ジェフさんのロール(2d6+8)→  11[5、6]+8  → 19
ジェフ:よし
ニーナ・バレット:ひゅー!
GM:あ、ごめん、翼の攻撃忘れてた。今からじゃ遅いかな?(←へっぽこGMですまぬ)
マノン:どうぞー
ニーナ・バレット:大丈夫だよー
ジェフ:大丈夫ですよー
ミカル・バレット:大丈夫です
GM:すみませぬ、じゃあ翼1
システム:GMさんのロール(1d4)<br>→ SwordWorld2_0 : (1D4)  → 4
ミカル・バレット:あるぇー(´・ω・`)
GM:ミカル~
システム:ミカル・バレットさんの「回避」ロール(2d6+12)→  7[3、4]+12  → 19
システム:GMさんのロール(2d+15)→  7[3、4]+15  → 22
ミカル・バレット:あるぇー(´・ω・`)
システム:GMさんの「ダメージ」ロール(2d+12)→  6[4、2]+12  → 18
ミカル・バレット:16点もらいます
GM:翼2の攻撃
システム:GMさんのロール(1d4)<br>→ SwordWorld2_0 : (1D4)  → 2
GM:うわっ硬いほう行った
システム:GMさんのロール(2d+15)→  8[5、3]+15  → 23
GM:ジェフに23と言って攻撃
システム:ジェフさんのロール(2d6+8)→  10[6、4]+8  → 18
システム:GMさんの「ダメージ」ロール(2d+12)→  2[1、1]+12  → 14
ニーナ・バレット:ふぁーw
ジェフ:1点もらいます
GM:ティダンめ!
マノン:おおわ
GM:いや失敗だから0点
ミカル・バレット:ゴジッテーン
ジェフ:あっ
GM:いらんわw
ジェフ:ゴジッテーン
ニーナ・バレット:よし、こっちの番
マノン:じゃあ回復をしましょうかね
GM:どぞー、3回表かな
ニーナ・バレット:マノンはキュアハートお願いしよう
マノン:ジェフとミカルに二倍ハート
ニーナ・バレット:いいですねー
システム:マノンさんのロール(2d6+3+5)→  8[3、5]+3+5  → 16
システム:マノンさんの「ハート」ロール(2 k30+5+3@13)<br>→ 1回目:→  2D:[3、4]=7  →  7+8  → 15  2回目:→  2D:[4、3]=7  →  7+8  → 15
ニーナ・バレット:では次行きます
ニーナ・バレット:胴体にパラライズミスト投げてから鎧貫き3回
システム:GMさんの「回避ー」ロール(3 2d+10)<br>→ 1回目:→  12[6、6]+10  → 22  2回目:→  7[6、1]+10  → 17  3回目:→  7[3、4]+10  → 17
ミカル・バレット:あるぇー(´・ω・`)
システム:ニーナ・バレットさんのロール(3 2d6+10+1+1+3)<br>→ 1回目:→  12[6、6]+10+1+1+3  → 27  2回目:→  10[5、5]+10+1+1+3  → 25  3回目:→  4[2、2]+10+1+1+3  → 19
マノン:おお!
ニーナ・バレット:どうよ
マノン:ええ!?
ニーナ・バレット:まぁ相手有利なんだけどね
GM:回避優先だから2発かな
マノン:高レベルな戦いだあ
システム:ニーナ・バレットさんのロール(2 k10+9@9)<br>→ 1回目:→  2D:[2、3]=5  →  2+9  → 11  2回目:→  2D:[5、5 6、6 5、4 6、6 6、6 1、4]=10、12、9、12、12、5  →  5、7、5、7、7、2+9  →  5回転  → 42
GM:はあぁ!!?
ニーナ・バレット:あげる
ミカル・バレット:ふぇ?
マノン:ど、どんまい?
ニーナ・バレット:「よくもやってくれたね~?」ビキビキッ
ジェフ:おおー
ニーナ・バレット:42点素通し☆
GM:なんですか! それは!
ミカル・バレット:「お姉ちゃん…どうしたの?」
マノン:鎧貫き強すぎるなあ
GM:5回転とか初めて見た
GM:@36点
ニーナ・バレット:「んー?ナンデモナイヨ?」目は笑ってません
ミカル・バレット:「目から光が消えてるんだけど………」
ミカル・バレット:次私が行きます
ニーナ・バレット:お次どうぞー
ジェフ:「は、は、すごいな」
ニーナ・バレット:「お姉ちゃんは強い……てね♪」
システム:GMさんの「回避振るよー」ロール(2 2d+9)<br>→ 1回目:→  3[1、2]+9  → 12  2回目:→  8[2、6]+9  → 17
ミカル・バレット:専用化デリンジャーことシャドーボールにクイックローダー、ウェポンホルダーからデリンジャーを持ち替えてからバロンに両手利き、二刀流、タゲサ積んでクリバレです
ジェフ:ティダン来てる
GM:なんかティダンの呪いが!
ミカル・バレット:そしてMPは魔晶石で5点代用します
システム:ミカル・バレットさんの「命中」ロール(2 2d6+7+5+1+1+1)<br>→ 1回目:→  3[2、1]+7+5+1+1+1  → 18  2回目: →  8[3、5]+7+5+1+1+1  → 23
ニーナ・バレット:やったぜ
GM:両方命中ー
システム:ミカル・バレットさんのロール(2 k20+9@9)<br>→ 1回目:→  2D:[3、5]=8  →  6+9  → 15  2回目:→  2D:[6、6 5、3]=12、8  →  10、6+9  →  1回転  → 25
ミカル・バレット:40点
マノン:ひょえー
GM:泣いてもいいですか?
ニーナ・バレット:いけいけー
ミカル・バレット:ダメです♪
マノン:ハンカチどうぞ…
ニーナ・バレット:ダメです
ジェフ:ダメです
ミカル・バレット:「お姉ちゃんに負けたくないなぁ」
GM:じゃあ、倒される直前、部下から連絡「任務失敗です」ヘクトール「まじっすか?」あじゃぱー
ニーナ・バレット:「あはは♪ミカルもやるねぇ」
ミカル・バレット:「そう?」
ニーナ・バレット:さぁ、足掻いて見せて
GM:といったやりとりに気を取られてミカルの銃をまともに受ける
GM:ヘクトール「ば、ばかなぁぁぁぁ!」
ニーナ・バレット:「私とおんなじくらいまともに入ったねぇ」
マノン:「なむなむ…成仏してね」
ジェフ:「やったか」
GM:じゃあ、ストサはみんなで倒したってことで
ニーナ・バレット:了解ー
GM:戦闘終了ー
ニーナ・バレット:それじゃバロンから剥ぎ取ります
システム:ニーナ・バレットさんの「戦利品ください」ロール(2d6+1)<br>→ SwordWorld2_0 : (2D6+1)  →  6[3、3]+1  → 7
GM:の前にやることない?
ニーナ・バレット:そういやだれかいたな
マノン:お姫様助けなきゃ
GM:忘れないであげて!
ミカル・バレット:クレア探して探索
ニーナ・バレット:「クレアはどこかな~」
システム:ミカル・バレットさんの「クレア探して探索」ロール(2d6+2+4)<br>→ SwordWorld2_0 : (2D6+2+4)  →  8[3、5]+2+4  → 14
ニーナ・バレット:大丈夫、ノリだよ……多分
マノン:「クレアさ~ん!いないなら返事して~」
GM:いや、見えるところにいますよ
ジェフ:「クレアさーん」
マノン:おお見えるところに
ニーナ・バレット:よく戦いの火の粉飛ばなかったな
GM:地面に寝かされております
ニーナ・バレット:「あ、いたいた~」
マノン:「クレアさーん!無事ですか?」と起こしてあげましょう
ニーナ・バレット:「クレア~?」後ろから抱きつきます
ジェフ:「大丈夫ですか?」
GM:クレアは薬でもかがされたのか、ぐっすり眠っております
マノン:ならかついで持ち帰ります
ニーナ・バレット:「なんだ寝ちゃってるよー」
ニーナ・バレット:「ミカル~、写真撮って~」
マノン:持ち帰る…持ち帰る?まあ持ち帰るでいいか
GM:持ち帰るって、物じゃないんだから…
ミカル・バレット:「じゃあ帰ろうかー」
マノン:連れ帰ります、はい
ニーナ・バレット:「仕方ないな~、おんぶしてあげるよ~」
ジェフ:「帰ろう」
GM:じゃあ、帰りますねー
ニーナ・バレット:クレアをおんぶして帰りますか
ニーナ・バレット:帰還します
ミカル・バレット:「ただいま~」
ニーナ・バレット:ちなみにドレイクからはかけら10個と角500G手に入れた
ジェフ:「ただいまー」
ニーナ・バレット:「ただいま~」
マノン:「たっだいまー!」
ミカル・バレット:15個じゃあなくて?
ニーナ・バレット:どうです?GM
GM:8+5+1で14個かな全部で
マノン:すごい数
GM:あと、剥ぎ取りは今やっちゃって
ニーナ・バレット:了解です
GM:ドレイクとストサ2体分
マノン:ではストーンひとつ貰います
ニーナ・バレット:ドレイクもう一回やります
システム:ミカル・バレットさんの「ストーン」ロール(2d6)→  10[6、4]  → 10
システム:マノンさんの「ストサ1」ロール(2d)→  4[2、2]  → 4
マノン:ひでえ出目
システム:ニーナ・バレットさんのロール(2d6+1)→  9[3、6]+1  → 10
GM:じゃあ、魔力を帯びた石(250G)1個
GM:ドレイクは美しい竜人の角(4200G)
ニーナ・バレット:やったぜ
GM:あとは通話のピアスをゲット
マノン:わあい
GM:1対2個セットで20000G
GM:売るなら10000Gかな
ニーナ・バレット:売ります?
マノン:売っちゃっていい気がします
ニーナ・バレット:では売ってしまいましょう
GM:じゃあ、皆さんが戦利品を売る計画を立ててるところでクレアが目覚めます
マノン:「あ、起きた!」
クレア:「あれ、ここは」
ニーナ・バレット:「あ、クレア~」
クレア:「私、たしかお買いものに…」
ニーナ・バレット:「大丈夫だった~?何もされてない?」
ジェフ:「大丈夫か痛いところとかないか?」
クレア:「え? え?」何がなんだかわからない風
ニーナ・バレット:「クレアったら蛮族に攫われちゃうんだもん、心配したよ~」
ミカル・バレット:「えっと~実はかくかくしかじか………」説明中
クレア:じゃあ、事情を理解したのか、青ざめます
ニーナ・バレット:「改めて、蛮族に体を弄ばれたとかほんとに無いー?」
ドルベ:「ぬわー!疲れたー!!」ぼろぼろになりながら勢いよく扉をあげる
ミカル・バレット:「あっ………ドルベ~ただいま~」
クレア:「多分大丈夫だと思うんですけど…」とはいいつつも怯えた表情で体中をチェックします
ドルベ:「ん、クレアじゃねぇか!」クレアを見るなり駆け寄ります
ニーナ・バレット:「大丈夫だと思いたいね~」
クレア:「あ、ドルべさん。すみませんご迷惑をおかけして」
ニーナ・バレット:「あのドレイクそういうの好きそうだったし~」
ドルベ:「まったく心配かけやがって………イダダダ………」肩をあげた拍子に傷が開けて血が出ます
ミカル・バレット:「ヒーリングバレット」
クレア:というか、散々準備をどうの言っておいて、結果は圧勝とか、どうすればいいのん? もっと強い敵出さないとダメかな
ドルベ:やめてください、主だけで充分です
マノン:レベルキャップ付けるとか?
ミカル・バレット:活性弾込みのヒーリングバレットをドルベに使用します
ドルベ:まぁアシュラウト自体推奨レベルは10くらいだからね
マノン:正直私じゃドレイクでいっぱいいっぱいですよ、これ以上強いのは無理です
マノン:強い敵が来たら無理な人とそうじゃない人で余計別れるかと
クレア:まあ、次回からはまた通常通り行きます
ニーナ・バレット:「あ~あ、ドルベも無理しちゃって~」
ニーナ・バレット:了解ー
マノン:了解です
ニーナ・バレット:そろそろ森の主もいけそうだしね
システム:ミカル・バレットさんのロール(2 k10+9@13)<br>→ 1回目:→  2D:[1、2]=3  →  1+9  → 10  2回目:→  2D:[5、4]=9  →  5+9  → 14
マノン:そうですね、森の主はせめてジゼルで行けたら行きたい
ドルベ:「ん、あぁ……ありがとうなミカル」傷が塞がるのを見てミカルに向かって笑います
ミカル・バレット:「よかった~」ドルベに抱きつく
GM:じゃあ、ちょっとばかし演出を…
:
:(シーンは変わって某所)
:
ケフカ:どうやら、蛮族どもは失敗したようです
???:「そうか、まあ大して期待してなかったが」
???:「まあ、この研究が成功すれば、アシュラウトなど鎧袖一触よ」
ケフカ:「ガードナーの方は実戦配備はすんでおります
ドルベ:この前のナイトメアかな……
ケフカ:「ただ、冒険者という輩は結構やるようですね。ガードナーだけでは難しいかもしれません
???:「まあ、みておれ、パンドラの量産の暁には、アシュラウトどころかこの大陸すべてを我が物に。ふふふ」
???:「報告はわかった、下がっていいぞ」
ケフカ:「はっ」
:
:(舞台は戻る)
:
ミカル・バレット:へ?
ドルベ:パンドラってなんだっけ?
ケフカ:てなかんじで
ミカル・バレット:うわぁ………
マノン:おおー
ミカル・バレット:合成獣パンドラの量産…
ドルベ:ランスロットに相手させたいくらいだなぁ
ミカル・バレット:あとケフカの存在感の強さが………
マノン:やめてくれー
GM:ちなみにパンドラは追加データに収録されてる主ですね
ミカル・バレット:ノーラもいますよー
GM:じゃあ、以上で今回のセッションは終了ですー
マノン:お疲れ様でした
ジェフ:お疲れ様でしたー
ドルベ:お疲れ様ー
ミカル・バレット:お疲れ様です
 いいね!  2

注意: 当ページの内容の転載、複製は著作者の許可がない限り行わないでください。

リプレイ一覧に戻る

コメントを書く

※投稿するにはログインが必要です。

コメント一覧

4. みのり
2018/06/26 00:10
なん……だと……!?
ミカル恐ろしや……
 いいね!0
3. ルナ
2018/06/26 00:09
みのりさん
気のせいですよ(`・ω・´)
ミカルの器用Bが温泉込みで5になるなんて気のせいです
 いいね!1
2. みのり
2018/06/25 22:43
お疲れ様です 参加デキナカッタかなしい……
所でなんか恐ろしい数字が見えますね……
 いいね!1
1. ルナ
2018/06/25 22:23
リプレイ作成お疲れ様です
ドレイクバロンは強かったですよね(ミカルとニーナから目を逸らしながら)
 いいね!1