【CD&D】第2次ノマド大戦リプレイ2「ダロキン軍の要請」

COBRAリプレイ  0
登録日:2018/10/29 01:28最終更新日:2018/10/30 04:02
DM発言はボイスで対応しているのでテキストとしては記録されていません。
‐‐‐
DM:http://torg.cyber-ninja.jp/DD/after_bw1.png
メレディ:今はメレディが治めてます~(押し付けられたんだけれども
メレディ:陸路はやっぱり追撃あったんだ
メレディ:物価10倍!?凄い事になったなぁ
ラオ・チェン:戦時故、仕方なし
アイシャ:まずいなぁ。矢が10倍は地味に痛い
メレディ:500gpかー
ラオ・チェン:軍に入れば矢の支給はあるかも?
アイシャ:「でもそれって命令に縛られることじゃん? 小回り効かなくなる気がするなー」
ラオ・チェン:酒場で酔っぱらい騙して傭兵団入れるやつや
メレディ:一応、フォートレイクサイドの軍事顧問も兼ねてんだけどなwメレディはw
メレディ:そうですね。リーンからフェブに連絡送ったから、それで引っ張り出されてきます
ラオ・チェン:魔法ネットワーク社会
メレディ:で、さゆりちゃんとスイッチします
アイシャ:「ほぇー。まさかのお偉いさん」
メレディ:「相手がマスターだというのだ。充分に準備は必要だろう」
ラオ・チェン:「久しぶりだなメレディ」
メレディ:「ひさしいね。ラオ」
アイシャ:「えぇっ!? ラオさんってこのお偉いさんと知り合いなん!?」
ラオ・チェン:「(割と一緒に冒険してた連中、偉い人が多い気がする)」
アイシャ:(アイシャの場違い感パネェwww)
メレディ:じゃ、付いていきましょう。
メレディ:さて、何の話かねぇ
メレディ:将軍がどんな感じの人かじっくり観察します
ラオ・チェン:いかにも密談っぽいな
アイシャ:(落ち着かないよー)
メレディ:では、すすめられた椅子に掛けます
メレディ:「さて。話を伺おうか?」(偉そうだなぁ
メレディ:「ほう。グラントリの方か」
ラオ・チェン:「恐ろしい事?」
アイシャ:「…ぇ?」
ラオ・チェン:「随分と高く買われたなぁ」
メレディ:「…我々だけでヒュールに潜入してマスターの首を取ってこいってか?」
メレディ:「あいつの野望は、この大陸全て掌中に収める位じゃ収まらないだろうさ」
ラオ・チェン:「普通の人間相手に外交してる気なんだな」
メレディ:「ブラックマスターは私の得物だ」
アイシャ:それじゃぁ武器になっちゃうw 獲物なw
メレディ:おおう><
メレディ:まあ、ヒュールに対峙する為にここに留まってたしね。動きやすくなるねぇ
ラオ・チェン:「政治関係は苦手だが、まぁ剣の力なら貸すさ」
ラオ・チェン:「(元脱走兵が将軍とはな)」
アイシャ:(ここで断れる状況じゃNEEEEw)
ラオ・チェン:草
アイシャ:「ま、まぁ選ばれたってんなら、期待に応えなきゃならないねー」(声は震えてる)
メレディ:「まあ、ジャイアント100体なんて偵察に毛が生えた位の軍勢だろうしなぁ」
メレディ:では、ありがたく頂きます~5万gp
アイシャ:「……はい?」聞いた事もない額にびっくりしますw
ラオ・チェン:「アイシャ、顔色悪いが大丈夫か?」
メレディ:「なに、そのうち慣れるさ。」
アイシャ:「ついこないだまで、スラム街でうろうろしてたんだよアタイって」
ラオ・チェン:「…俺も最初の頃は金貨一枚に血を吐いてたなぁ」
メレディ:5万は凄いけどw
アイシャ:「で、でもやると言ったからにはやるけどねっ!」
アイシャ:(PL的にはアイシャには小物感を出したいwww)
ラオ・チェン:「これで氷山の一角という可能性があるから怖いな」
メレディ:「何より、殺した筈が、生き返って来ているからな…殺し方を考えないとな」
アイシャ:「こんなのが第2、第3って続くとか考えたくないんですけどっ」
ラオ・チェン:さて、まずはどうするか
メレディ:次はファイブシャイアでしょうね
メレディ:で、一人残らず食われる
メレディ:エルフ、ハーフリング、ドワーフは根絶やしにされるだろうね
ラオ・チェン:民主主義は行動が遅れるからなぁ
メレディ:グラントリの方の援助も欲しいとこだよね
アイシャ:「グラントリ…グラントリ…」
アイシャ:「ん? ミハイルさんがグラントリに向かうとか聞いたなぁ」
メレディ:だからこそ、我関せずで通されそうなんだけど
メレディ:一応、ターマに行って貰うつもりなんだけれどもどうする?
メレディ:じゃ、ミハイルとターマで行く?勿論ラオもだw
アイシャ:ですねー。元々ミハイルはグラントリに行く途中だったからね。アンバー館に捕まったけどwww
メレディ:じゃ、そうしましょうか
ラオ・チェン:せやな
メレディ:ではスイッチします~
システム:キャラクターリストにターマが追加されました。
システム:キャラクターリストにミハイルが追加されました。
ターマ:「…師匠は人使いが粗すぎるぅ><」
ターマ:グラントリシティに行くならお願いしよう
ミハイル:自分もお願いしますー。移動手段がないw
ターマ:で、フェブがターマにゼブロンハウスを預けます
DM:https://www.blackgate.com/wp-content/uploads/2015/02/TSR-The-Known-World.jpg
ーーー
ターマ:めちゃ強い魔法使いばっかりだよねぇ…それって
DM:http://memorieperdute.altervista.org/tsr/grandi/gaz3.jpg
ラオ・チェン:めがこわい
ターマ:(いい人なのか
システム:ラオ・チェンさんのロール(1d20) → 4 (4)
ラオ・チェン:せいこう
システム:ターマさんのロール(1D20) → 14 (14)
システム:アイシャさんのロール(1d20<=11) → 成功 9 (9)
ターマ:成功
ターマ:ほうほう
ラオ・チェン:ヤル気っぽい
DM:http://www.pandius.com/250px-JherekIV.jpg
ラオ・チェン:髭が素敵
DM:http://www.pandius.com/Prinz_Drachenfels.jpg
アイシャ:(次から次へお偉いさんが…!)
ターマ:モノクルのおじさまか
ラオ・チェン:マッドな研究してそう(偏見)
ターマ:マッドな研究をしてない人はグラントリにはいなさそうだけどw
ラオ・チェン:(この国、やっぱり怖い)
アイシャ:(アタイらいらなくね?)ってラオに小声
ラオ・チェン:フラグ立て乙
ターマ:「ん~、でも、1柱のイモータルの力を強引にひっぱているって話ですよ?」
ラオ・チェン:「これは学術問答ではなく現実の戦争ですよ?」
ターマ:「研究材料として面白そうだと思いませんか?【マスター】が」
DM:http://www.pandius.com/250px-CErewan.jpg
ターマ:ノリが軽いw
アイシャ:(やっとマトモそうな人がきたー)と喜んでおこうw
ラオ・チェン:「…貴女の見解を聴かせていただきたいです」
ターマ:(こわっ
アイシャ:(女性に年の話題はご法度ですよー)
ラオ・チェン:うーん
ミハイル:「なるほど、彼らを説得できれば大勢は決する、と」
ターマ:「ダロキンが抑えられて経済が回らなくなると、実験資材などの手配も容易にできなくなりますよ?
ミハイル:「周りが対決を決意する中、グラントリが中立を決めると、周りは中立とは見ないかもしれませんよ」
ターマ:「大量のエルフとハーフリング、ドワーフが虐殺される事にもなりますよ」
ターマ:「ヒュールにはその3種は生存していません。マスターの名のもとに全て殺されますよ」
ラオ・チェン:「その強大な力を誇るなら、それを無辜の民に使ってはいただけないか?」
ターマ:「力のない人々が虐げられるのを阻止する為に力のある方々の助力が必要なんです><」
ターマ:必ず助力しましょう
ミハイル:「それは自分も協力しますよ」
ラオ・チェン:なにやつ
ターマ:では、入ってきた人の方を振り返ります
システム:キャラクターリストにジャンルイス・アンバーが追加されました。
ラオ・チェン:あ
ターマ:ボクシングって、ジャンルイスか!
ラオ・チェン:「おまえか!?」
ミハイル:「これは久しぶりですねー」
ターマ:「やる気満々なのねw」
ラオ・チェン:「ボクシングのプロモーターだけやってたわけじゃなかったんだな…」
ターマ:そうだったんだ
ラオ・チェン:「有り難い」
アイシャ:(もはや何が何やら…)
ラオ・チェン:わーい
ターマ:やった~!
アイシャ:「あとはカラメイコスが比較的近いんだっけ?」
ラオ・チェン:ふむ次はカラメイコスか
ターマ:じゃ、カラメイコス行こうか
ターマ:あ!エセンガールヘの紹介状を書いてもらえないかな?
ターマ:あっちにも話を通しに行かないとまずいと思うんだ
ターマ:ヒュール側に付かれたらやばい
アイシャ:「そうさせないための紹介状と思えば?」
ターマ:おお~
ラオ・チェン:つよい
ターマ:(やっぱりそういう意味での差別はあるのねぇ
ラオ・チェン:そらなぁ
ターマ:「まあ、そういう人たちもいるわよね」
アイシャ:「苦労してんねぇ、おっちゃん」
ターマ:カラメの次に行ってみようよ
ターマ:…そっちはメレディで行く方がいいかしらねぇ
ミハイル:交渉(物理)するしかないw
ラオ・チェン:「俺も文化人だからな、メレディに任せよう」
ターマ:ブロークンランドは交渉無理だね
ターマ:ロックホームか、まだ行った事ないんだな~
ターマ:アルフヘイムもない
ラオ・チェン:脳筋多いな
ミハイル:カラメイコスでいいのでは
ラオ・チェン:予定通りカラメから
ターマ:一番伝手があるだろうしね
ターマ:ミハイルいれば、伝手も大きい
ミハイル:一緒に行きます。アイシャはカラメが地元なので
ターマ:あ、不知火を拾っていってもいいですか?まだアンバー館にいるので
システム:キャラクターリストに不知火が追加されました。
ラオ・チェン:「もう飯食う暇もねぇな」
ターマ:頑張ろう
ミハイル:「でも時間はかけたくないのも事実ですねぇ」
不知火:そうなんだよねぇ
ラオ・チェン:「時間は惜しいな」
ラオ・チェン:髭の紳士だった
不知火:「おべんとうだにゃ!」
ミハイル:(まさかの恐妻家だった)
ターマ:厳しいなあw
ラオ・チェン:うわぁ
ターマ:大変そうだww
ラオ・チェン:「…なんか厄介事あったらいつでも駆けつけるぜ…」
ターマ:「奥さんの味方してあげてね~」
ラオ・チェン:泣けてきたw
アイシャ:(あえて茨の道に突っ込むとか、ラオさんすげー)
ターマ:「ではスペキュラルムへ行きましょう」
ーーー
アイシャ:「ここだよー」
アイシャ:「さて地元とは言ったが…。王宮なんか行った事ないよ!w」
アイシャ:大公か、ここ
ターマ:ターマはあまりここで活躍はしてないのよね
不知火:なので、ここで活躍している不知火にスイッチします~
不知火:「大公にも会ったことあるにゃ」
ラオ・チェン:「伝手があるのはありがたい」
システム:キャラクターリストにエスタイシュが追加されました。
不知火:あ、へっぽこエルフだにゃ!
ミハイル:言ってやるなw
不知火:「おんぶして逃げたのが懐かしいにゃ」
不知火:「隊長になったのにゃ!?出世したにゃあ」つよくなったんだにゃあ
ミハイル:「それなら平和的でよかったんだけどね」
不知火:「今日はダロキンからのお使い何だにゃ」
ミハイル:さっき受け取った親書を見せましょう
ラオ・チェン:ゑ?
不知火:まじかー
ミハイル:うわ、先手打たれたか
不知火:なんてこった「にゃんと~><」
不知火:あー、エルフェブだ
ミハイル:こっちはラングだわ…ラング今どこだ…?
不知火:そっか、雷鳴山で湯治
ミハイル:あー、シャイアか。雷鳴山行ったのが最後だ
ミハイル:ならさゆりちゃんと一緒って事だな
不知火:だね
ラオ・チェン:うーん。ここに人を置いて、一部はエセンに向かう?
不知火:力自慢をエセンガールに送るか
ミハイル:ならミハイルはエセンだな、ガントレット持ちだし
不知火:預かってるから、6人+2で8人まで送れる
ラオ・チェン:(そういえばラオもゼブロン家持ってた)
不知火:おお!じゃあ、メレディ、ラオ、ミハイルで行って帰ってくる?
ラオ・チェン:おk
不知火:行きはターマのゼブロンハウスで送って、帰りはラオので帰ってこよう
ミハイル:その間にエスタイシュにはアイシャを紹介しておきます。顔つなぎ用に
不知火:行った事がない所は安全に行けるので行こう
ーーー
ラオ・チェン:国と言うより共同体やね
不知火:さて、ハーンに会えるかな
メレディ:では行ってみよう
ラオ・チェン:「あそこか?」
メレディ:飛べます~
メレディ:ミハイル抱えて飛ぶぞ~
ミハイル:ミハイルも一応飛べるよ。12ターンだけど
ラオ・チェン:飛べるしロックいるし
メレディ:まあ、私もラズリがいるからな
メレディ:今日は連れてきてないけどw
メレディ:じゃ、ターマに送ってもらった事にしてブルードラゴン連れてきますね
ミハイル:それなら素直に乗せてもらおうか
メレディ:もう1人位なら乗っけられるし。乗っておけ~
ラオ・チェン:上空から (・8・)<ちゅんちゅん
メレディ:「ラズリ~、上空で待機しててくれ」と言って、飛びおります
ラオ・チェン:「王にお目通り願いたい」普通に降ります
メレディ:「騒がせてすまないな。私は、メレディ」
ラオ・チェン:げ
メレディ:(おっと、こっちもか
メレディ:まずは、弟さんに書いてもらった紹介状を渡しましょうか
メレディ:ああ、魔法に傾倒した弟だからかw
メレディ:「おやおや。ヒュールだってそんなに変わんないだろう?」
ラオ・チェン:「誇り高きものが女子供を虐さつするのか!」
メレディ:「その背後にいるのは、邪神をあがめる宗教国家だろう?狂信者の集まりで、弱いものやデミヒューマンは皆殺しだろう?」
ラオ・チェン:デュ↑エル↓だぁ!
メレディ:「よし、その話受けよう」
メレディ:どうしましょうかw
ミハイル:自分は任せるよー
メレディ:レスリングかな?
ラオ・チェン:まぁ啖呵切った手前やるしかないw
メレディ:魔法の武器と、魔法がダメってことね
ラオ・チェン:うひゃぁ
メレディ:「構わんよ。なに、また稼げばいいだけだ」
ラオ・チェン:「武器はどれだ?」
ラオ・チェン:そんな物はない!w
メレディ:ないw
ラオ・チェン:「これは俺の武勲のあかしだ!」
メレディ:「あ、スピアがあった」
ミハイル:「魔法の武器がダメなら、これなんかどうだい?」 ノーマルのウォーハンマーを貸しますよ
ミハイル:違う! これは聖印代わりだ!w
ラオ・チェン:はんまーかしてーw
ミハイル:いいよー
メレディ:じゃ、ラオ先にいいよ
ラオ・チェン:はんまーのダメージいくつでしょう
ラオ・チェン:交換するのは武器だけです?
ラオ・チェン:しゃーない、あとは裸や
メレディ:おなじだわww
ラオ・チェン:着るもんが無いんだよ!w
ラオ・チェン:ろーふるだから嘘がつけんw
システム:DMさんのロール(1D6) → 1 (1)
ラオ・チェン:おk
メレディ:(不知火できた方が良かったかねぇ
ラオ・チェン:3ならマルチ無しか
メレディ:魔法の武器も防具も持ってないからな
システム:ラオ・チェンさんの「いくぞー」ロール(1d20+3) → 4 (1)
システム:ラオ・チェンさんの「もういっちょ1」ロール(1d20+3) → 14 (11)
システム:ラオ・チェンさんのロール(1d6+3) → 6 (3)
システム:DMさんのロール(1D20) → 8 (8)
ラオ・チェン:幸先のいいスタートだ
ラオ・チェン:+2
ラオ・チェン:当たるかな?
システム:DMさんのロール(1D10) → 2 (2)
ラオ・チェン:ぎゃあ「あとから効いてきやがる」
システム:DMさんのロール(1D20) → 13 (13)
ラオ・チェン:長期戦の予感
システム:DMさんのロール(1D10) → 7 (7)
ラオ・チェン:がっは
ラオ・チェン:スマッシュいくか
ラオ・チェン:はい
システム:DMさんのロール(1D20) → 20 (20)
ラオ・チェン:うせやろ?
システム:DMさんのロール(1D10) → 10 (10)
ラオ・チェン:あの世が見えてきた
ラオ・チェン:すまっしゅ
システム:ラオ・チェンさんの「あたれー!」ロール(1d20+3) → 9 (6)
ラオ・チェン:あかん
システム:DMさんのロール(1D20) → 11 (11)
システム:DMさんのロール(1D10) → 6 (6)
ラオ・チェン:すまっしゅしない方が良いかなぁ
メレディ:そこは難しいねぇ
ラオ・チェン:でもこのままだと削り殺されるしやるしかない
ラオ・チェン:スマッシュー
システム:ラオ・チェンさんのロール(1d20+3) → 9 (6)
ラオ・チェン:いいかげんにしろ
システム:DMさんのロール(1D20) → 7 (7)
ラオ・チェン:はずれー
ラオ・チェン:お
メレディ:ラオがんばれー!
システム:ラオ・チェンさんの「すまっしゅー」ロール(1d20+3) → 12 (9)
ラオ・チェン:さっきから-5忘れとる…
ラオ・チェン:だめやー
システム:DMさんのロール(1D20) → 14 (14)
ラオ・チェン:いちたりない
システム:DMさんのロール(1D10) → 5 (5)
ラオ・チェン:ぎゃー
システム:ラオ・チェンさんのロール(1d20+3-5) → 14 (16)
メレディ:生きてるかー?
システム:ラオ・チェンさんの「でりゃー」ロール(1d6+3+18) → 24 (3)
ラオ・チェン:でめぇ!
ラオ・チェン:щ(゚Д゚щ)カモーン
システム:DMさんのロール(1D20) → 7 (7)
システム:ラオ・チェンさんの「ちゃんすぅ」ロール(1d20+3-5) → 18 (20)
メレディ:やっちゃえ~
システム:ラオ・チェンさんの「たおれろい!」ロール(1d6+3+18) → 22 (1)
ラオ・チェン:ぎゃあ
システム:DMさんのロール(1D20) → 9 (9)
メレディ:しぶといねー
システム:DMさんのロール(1D10) → 8 (8)
ラオ・チェン:まだいける
メレディ:ハラハラ…(でも、見てる方は楽しい試合だな~
システム:ラオ・チェンさんの「あたってー」ロール(1d20+3-5) → 5 (7)
ラオ・チェン:おのれー
システム:DMさんのロール(1D20) → 18 (18)
ラオ・チェン:ぎゃあ
ラオ・チェン:1でろー
システム:DMさんのロール(1D10) → 1 (1)
メレディ:おおー
ラオ・チェン:残り8ぃ!
メレディ:頑張れー
システム:ラオ・チェンさんのロール(1d20+3-5) → 10 (12)
ラオ・チェン:よっしゃああ
システム:ラオ・チェンさんの「たおれておねがい」ロール(1d6+3+18) → 26 (5)
ラオ・チェン:「かったあああああああああ!!」
メレディ:「流石だな!」
メレディ:ラオにヒーリングスタッフ使うよ~
ラオ・チェン:「てめぇ!」
メレディ:って、そっちか
システム:ラオ・チェンさんのロール(1d20) → 17 (17)
ミハイル:なら自分もノマドにHPを
システム:DMさんのロール(1D20) → 9 (9)
ミハイル:「先に魔法で横槍を入れたのはそいつだ。文句はあるまいな?」
メレディ:じゃあ安心して回復~
システム:メレディさんのロール(1D6) → 6 (6)
メレディ:7回復
ラオ・チェン:めっちゃ効く
システム:ラオ・チェンさんのロール(1d6+1) → 4 (3)
メレディ:ついでに、ハーンも回復しよう
メレディ:あ、死んじゃったんだっけっか
ミハイル:まぁリーダーにレイズデッド
メレディ:あああw
メレディ:ハーンも回復~
システム:メレディさんのロール(1D6) → 2 (2)
メレディ:3回復
ミハイル:「命は粗末に扱うものじゃない」
ラオ・チェン:「…いい勝負だったハーン」(勝者の余裕)
メレディ:一応、武装解除して縛っておこうか、ノマド
ラオ・チェン:いきててよかった、おたがいに
ラオ・チェン:やった
メレディ:「まあ、ヒュールの連中は狡猾だからな」
メレディ:ホントにね
ラオ・チェン:「有り難い。あなたの力は身をもって分かった」
メレディ:ラオに兄弟ができた
ラオ・チェン:ナカーマ
ミハイル:イイハナシダナー
ラオ・チェン:ありがとうミハイル
メレディ:クレリック大切
ラオ・チェン:今夜はお泊り?
メレディ:そうしないとハーンの顔も立たないでしょうしね
ラオ・チェン:せやね
ミハイル:ちょっと待ってよ、いい呪文があったはず
ミハイル:ラオとハーンにキュアオール
メレディ:おおー
ラオ・チェン:「ありがてぇありがてぇ」
ミハイル:「これで傷は癒えたはず」
メレディ:あ、ノマドの装備引っぺがして調べていいですか?
ラオ・チェン:あ、戦利品だっけ
メレディ:連絡ツールがあるとまずい
メレディ:マスターの配下は、面倒なもの持ってる事が多いから壊しておく必要もある
ラオ・チェン:通信機ぐらいはありそう
メレディ:前も持ってたからねぇ
メレディ:あーいいもの着てるな
メレディ:これ、MUが着るといいものよ。AC2になるから
ラオ・チェン:しゅごい
メレディ:フェブもこれ着てる
メレディ:結構な強さの魔法使いだったのね
ラオ・チェン:うわぁ
ミハイル:敵も結構戦略練ってきてるって事か
メレディ:阻止できてよかった
メレディ:ラオとミハイルがいてくれてよかったよ><
ラオ・チェン:包囲される最悪の事態は避けられた
メレディ:「イラルアムの連中は別に悪い奴ばかりじゃなかったぞ?」
メレディ:(オイルビートル食べて飢えをしのいだのが懐かしい
メレディ:そっか「信仰が違うからなぁw」
ミハイル:「まぁ過去のしがらみとかもあるだろうしね」
ミハイル:おおうw
メレディ:ダロキンはケチじゃないからね
ラオ・チェン:国庫が心配になるw
メレディ:米か~
ラオ・チェン:うまい馬乳酒だ
メレディ:あ、団子っぽいものがあったら
メレディ:余計不知火で来ればよかったかもwww
ラオ・チェン:混沌としたアジア観がアメリカっぽい
メレディ:東の海賊と、イラルアムとはあまり仲良くない…と
ラオ・チェン:もう一国回る?
メレディ:ロックホームか
ラオ・チェン:海賊は難航するだろうなぁ
ラオ・チェン:ドワーフかインディアンか
メレディ:アルトアジンクランに協力してもらってから海賊の国ってことか
ラオ・チェン:その方がいいですね
ミハイル:バイキングは圧迫面接もありかもしんない
ラオ・チェン:こんどはメレディにまかせるw
メレディ:www
ミハイル:さっきキュアオールしたでw
メレディ:さっき、ハーンとラオはミハイルがキュアオールしてたから
ラオ・チェン:全快♪もうマブダチ
ラオ・チェン:「まだやることがあるから」とか言って次行こう
メレディ:ここにノマドが先に来てるってことはブロークンランドにも行ってるよねぇ
メレディ:これもやばい案件。
ラオ・チェン:もういると思っていい
メレディ:で、下手すると打って出てくるから
メレディ:ここの周りの協力も欲しい所なんだよね
メレディ:アルフヘイムとロックホームも協力が欲しいとこだなぁ
ラオ・チェン:ドワーフ仲間にすれば、他のところも軟化するかな
メレディ:ロックホーム行こうか
メレディ:1日で行けるかな?
メレディ:ラズリは呪文使えないからなー
ミハイル:戻りで1日かからないかな。その方がいい気がする
ラオ・チェン:カラメはあっちに残ってる人たちに任すとか
ラオ・チェン:残ってなかったっけ?
メレディ:一応、不知火は残してあるから、伝手はある
メレディ:じゃ、こっちはロックホームの首都に向かうか
ラオ・チェン:イエッサー!
メレディ:何もしてないから、他で活躍しないとなw
ラオ・チェン:(・8・)<バッサバッサ
メレディ:ロックホームへは騎乗で飛んで
メレディ:2人の食糧が足りなくなったら、私が持ってる分を分けるよ
メレディ:私食事いらないしね~
ミハイル:ミハイルは最悪クリエイトフードで…w
ーーー
メレディ:ダロキンからの緊急の使者だと伝えますかね
ラオ・チェン:すごい高そう
メレディ:www
メレディ:やっぱりクランマスターはニムロンみたいな感じかね?
ラオ・チェン:ツン:9 デレ:1
メレディ:あちゃあ
メレディ:「ヒュールでは、ドワーフたちの扱いは酷くてな。既にその姿はあの国の国土にはないんだ」
メレディ:「ダロキンが蹂躙されれば、あそこにいるドワーフも同じ目にあうだろう」
ラオ・チェン:「この危機にあなた方の力をお借りしたいのです」
メレディ:フロストジャイアントか~「引き受けよう」
ラオ・チェン:草
ミハイル:(感謝するとは言ったが何かするとは言ってないのがミソだよなぁ)
メレディ:「その代わり、退治して戻ったら、ダロキンと同盟を結んでいただくぞ」
ラオ・チェン:敵には回らんと言うレベルか、今の段階だと
メレディ:まあ、それだけでもありがたいよ
ミハイル:他にも条件出されそうだけど、やればいいんじゃないかと
メレディ:じゃ、行きますかね
ラオ・チェン:とりあえずは第一歩やね
メレディ:フロストジャイアントもかなりの数がいるってことね
ラオ・チェン:わお
メレディ:結構いるな
メレディ:どうする?部隊引きいて戦う?それとも、各個撃破して回る?
メレディ:スピードポーション3本あるよ
ミハイル:ここはあえて各個撃破を提案
ラオ・チェン:部隊でぶつかっても戦力浪費するだけか
メレディ:ま、何とかなるさ
メレディ:ラオにスピポ1本渡しますね
ラオ・チェン:ありがたや
メレディ:ジャイアントがいるダンジョンならSドラゴンなら入れる?
メレディ:じゃあ、問題ないね
メレディ:ドラゴンもロックも人用のポーションじゃ効かないだろうしな
メレディ:じゃ、インビジブルポーションを2本出します
メレディ:で、2匹に飲ませる
ラオ・チェン:  (・8・)<ごくごく
メレディ:で、近づいてブレスかね
ラオ・チェン:まさにジハード
ミハイル:その前にレジストコールド
メレディ:あ、私はレジストコールドのシールド持ってるから大丈夫
ミハイル:なら自分とラオかな
ラオ・チェン:戦闘前にプロテクしとこう
メレディ:私もやっとこう
ラオ・チェン:ドワーフは応援してもらう?
メレディ:遠距離攻撃かねぇ
ラオ・チェン:DWF48
メレディ:嫌なもの想像しちゃった
メレディ:そうしてもらおうか
ラオ・チェン:それでいいかな?
メレディ:帰って邪魔になりそうだし
メレディ:あ、動かす前にブレス掛けておこう
ラオ・チェン:うちの子も早く大きくならないかな
ミハイル:ブレス~
メレディ:横に置いて2部隊にかけるか
メレディ:で、私はスピポを飲む。
ラオ・チェン:飛べるし大きく動かなくていいかな
ラオ・チェン:ブレス巻き込まれたくないし
メレディ:透明化しないでつ込みます
ラオ・チェン:スピポ飲んで透明マント
ミハイル:ですね。自分はインビジもスピポもないので
ラオ・チェン:じゃあそうしましょう
メレディ:ミハイルもスピポ飲む?あと1本あるよ
ミハイル:いや、多分大丈夫。それに攻撃したらインビジ効果消えるでそ
メレディ:ポーションは重ねて飲めないからねぇスピポ優先
システム:DMさんのロール(1D6) → 4 (4)
ラオ・チェン:ふるです
メレディ:お願いしまーす
システム:ラオ・チェンさんのロール(1d6) → 1 (1)
ラオ・チェン:おうふ
システム:DMさんのロール(24D20) → 270 (8、6、17、20、20、16、20、3、5、11、14、12、15、14、8、8、20、4、8、11、9、3、14、4)
メレディ:効かないなぁw
メレディ:あ、ドワーフ死んじゃったか?
ラオ・チェン:DWF48の皆さんが
システム:DMさんのロール(10D10) → 51 (1、4、8、7、3、9、6、9、3、1)
DM:DWF43
メレディ:うわー
メレディ:えぐいなー
メレディ:ではライトニングブレス
メレディ:HP41です
システム:DMさんのロール(24D20) → 230 (9、6、12、10、10、9、19、7、1、17、14、13、9、1、17、3、10、7、7、6、8、7、8、20)
メレディ:おおうw
ラオ・チェン:つよい
メレディ:よい子だ
ミハイル:では自分がDWFを
メレディ:お願いします~
システム:ミハイルさんのロール(10 1d20) → 
→ 1回目:10 (10)
→ 2回目:11 (11)
→ 3回目:16 (16)
→ 4回目:1 (1)
→ 5回目:15 (15)
→ 6回目:18 (18)
→ 7回目:2 (2)
→ 8回目:14 (14)
→ 9回目:14 (14)
→ 10回目:16 (16)
システム:ミハイルさんのロール(10 1d20) → 
→ 1回目:15 (15)
→ 2回目:7 (7)
→ 3回目:1 (1)
→ 4回目:12 (12)
→ 5回目:4 (4)
→ 6回目:10 (10)
→ 7回目:19 (19)
→ 8回目:19 (19)
→ 9回目:7 (7)
→ 10回目:1 (1)
システム:ミハイルさんのロール(10 1d20) → 
→ 1回目:10 (10)
→ 2回目:18 (18)
→ 3回目:16 (16)
→ 4回目:7 (7)
→ 5回目:13 (13)
→ 6回目:9 (9)
→ 7回目:9 (9)
→ 8回目:7 (7)
→ 9回目:1 (1)
→ 10回目:19 (19)
システム:ミハイルさんのロール(10 1d20) → 
→ 1回目:19 (19)
→ 2回目:6 (6)
→ 3回目:8 (8)
→ 4回目:1 (1)
→ 5回目:19 (19)
→ 6回目:6 (6)
→ 7回目:17 (17)
→ 8回目:14 (14)
→ 9回目:14 (14)
→ 10回目:3 (3)
システム:ミハイルさんのロール(3 1d20) → 
→ 1回目:1 (1)
→ 2回目:20 (20)
→ 3回目:18 (18)
ミハイル:4、3、3、3、2で15人命中
システム:ミハイルさんのロール(15d6) → 59 (5、3、5、6、6、6、3、3、2、6、2、4、1、1、6)
ラオ・チェン:数撃ちゃ当たる
システム:ラオ・チェンさんの「  (・8・)<ちゅんちゅん」ロール(1d20) → 1 (1)
メレディ:あちゃあ
ラオ・チェン:がっでむ
システム:ラオ・チェンさんの「つめつめ」ロール(2 1d20) → 
→ 1回目:12 (12)
→ 2回目:17 (17)
システム:ラオ・チェンさんのロール(2 1d4+1) → 
→ 1回目:4 (3)
→ 2回目:4 (3)
ラオ・チェン:全部で16
メレディ:残り10ですね
メレディ:AC4ならマルチかかるので行きまーす
システム:メレディさんのロール(4 1d20+3+3+1) → 
→ 1回目:15 (8)
→ 2回目:9 (2)
→ 3回目:9 (2)
→ 4回目:14 (7)
メレディ:全部当たり~
システム:メレディさんのロール(4 1d8+3+3+1) → 
→ 1回目:9 (2)
→ 2回目:12 (5)
→ 3回目:9 (2)
→ 4回目:13 (6)
システム:ラオ・チェンさんのロール(2 1d20+3+2+2) → 
→ 1回目:8 (1)
→ 2回目:18 (11)
ラオ・チェン:ぎゃあ
システム:ラオ・チェンさんのロール(2d8+3+2+1) → 18 (7、5)
ラオ・チェン:一体飛び
ミハイル:マルチかかるならメレディにストライキング
メレディ:はーい
システム:DMさんのロール(2D6) → 7 (4、3)
システム:DMさんのロール(3D20) → 30 (13、9、8)
ラオ・チェン:きゃー
メレディ:今AC-7です
システム:DMさんのロール(4D20) → 42 (10、9、16、7)
メレディ:うわ
ラオ・チェン:あぶねえ
システム:DMさんのロール(4D10) → 25 (7、9、7、2)
ラオ・チェン:残り七
メレディ:やっぱりジャイアント強いな
メレディ:では攻撃
システム:メレディさんのロール(4 1d20+3+3+1) → 
→ 1回目:12 (5)
→ 2回目:26 (19)
→ 3回目:22 (15)
→ 4回目:10 (3)
システム:メレディさんのロール(1d8+3+3+1+1d6) → 19 (7、5)
システム:メレディさんのロール(3 1d8+3+3+1+1d6) → 
→ 1回目:16 (6、3)
→ 2回目:17 (5、5)
→ 3回目:9 (1、1)
ラオ・チェン:うちの子退避 (×8×)<ぴーぴー
ミハイル:うん、キュアオールしてあげよう
ラオ・チェン:で、なぐる
システム:ラオ・チェンさんのロール(2 1d20+3+2+1) → 
→ 1回目:8 (2)
→ 2回目:10 (4)
ラオ・チェン:まじかい
ラオ・チェン:あれ?まるちできてた
メレディ:うん
システム:ラオ・チェンさんのロール(2 1d20+3+2+1) → 
→ 1回目:14 (8)
→ 2回目:20 (14)
システム:ラオ・チェンさんの「えいめえええええええんん!」ロール(4 2d8+3+2+1) → 
→ 1回目:14 (6、2)
→ 2回目:19 (8、5)
→ 3回目:19 (8、5)
→ 4回目:15 (6、3)
ラオ・チェン:しゅうりょう
メレディ:普通に攻撃で
システム:DMさんのロール(3D20) → 27 (14、4、9)
ラオ・チェン:むしゃあ
メレディ:はーい
ラオ・チェン:はい
ミハイル:了解ですー
メレディ:めまぐるしい
ラオ・チェン:濃密なセッションだった…
ラオ・チェン:りょうかいです
メレディ:いろんな国の情報があって面白かったですw
ラオ・チェン:有能すぎる外交使節団
メレディ:なかなか面白い
ラオ・チェン:はい
ミハイル:はーい
ラオ・チェン:おつかれさまでした
メレディ:はい。お疲れさまでした
 いいね!  0

注意: 当ページの内容の転載、複製は著作者の許可がない限り行わないでください。

リプレイ一覧に戻る

コメントを書く

※投稿するにはログインが必要です。

コメント一覧

まだレスポンスがありません。