【CD&D】リプレイ「アルファクスの復讐4」

COBRAリプレイ  0
登録日:2019/05/26 01:17最終更新日:2019/05/26 01:17
ターマ:気になったんだけれど、前回手に入れた巨人の武器が30あったじゃないですか
シャオル:入り口の時点でずいぶん手厚い歓迎だった・・・
リーン:敵が持ってる装備も相変わらずえげつないから気を引き締めていかないと
ターマ:前回倒したのが10体だから、あと20体はいるってことですよね~
ジョエル・サスタス:前途多難な予感しかない……
リーン:あー
ターマ:おうふ
シャオル:なかなかきつい
リーン:暗視ゴーグルあります
ターマ:ランタン持ちますね
ターマ:幻像3体がもってるから明るいかな?
シャオル:シャオルだと真ん中あたり(リーンとラオのちょっと後ろ)だろうか
リーン:ではどんどん進みましょう
ターマ:扉
リーン:うーん
リーン:ヒアみますか?
ラオ・チェン:よいとおもいます
リーン:それともヘイスト優先するか@@
ターマ:ヘイストもう1発あるからして大丈夫よ
リーン:では調べますね
システム:リーンさんのロール(1d100) → 47 (47)
ラオ・チェン:わお
ラオ・チェン:ワンウエイドア
ターマ:こっちからは開かないのね
ジョエル・サスタス:ほうほう…
リーン:これはバックアタックされそうだね
ターマ:巨人用のやりでつっかえ棒しておく?
リーン:その方が良いね
ターマ:じゃ、1本別のを拾ってきてつっかえ棒します
ジョエル・サスタス:かんぬきみたいな感じかな
ターマ:これで少しは時間も稼げるかな
リーン:封鎖~
ターマ:どっち行く?
リーン:いっそ魔法で片方封鎖してみようか
ターマ:その方が安全か
シャオル:そうですね
ジョエル・サスタス:ですね
ターマ:ウォールオブストーンで片方の道ふさいじゃうか
リーン:出来るならお願い~
ターマ:パスウォールも1発あるから通るのも大丈夫だし。
リーン:こっちかな?
ターマ:右側を塞ぐね~
シャオル:南側に行きやすいからそっちでいいと思います
リーン:お願いしまーす
ターマ:「ウォールオブストーン!(小声」
ターマ:回りを警戒~
ターマ:襲われるのを前提で設計してるなぁ
リーン:はい、つけてます
リーン:「隠し扉が迎いと左にあるよ」
シャオル:南と西に1枚ずつですね
ターマ:手前からヒアしておこうか
ジョエル・サスタス:ですな
リーン:はーい、ヘイストこのあたりで切れちゃうかも
システム:リーンさんの「ヒア」ロール(1d100) → 60 (60)
ターマ:じゃあ、しっかり調べて行こう
シャオル:ここはゆっくりやったほうがいいかもしれないですね
リーン:あと迎いもヒアします
リーン:じゃあおねがいしよう
リーン:「こっちは静かだよ」
ターマ:南のヒア
システム:ターマさんのロール(1d6) → 4 (4)
ターマ:「うーん…何も居ないかなぁ??」
シャオル:では南側も
システム:シャオルさんのロール(1d6) → 3 (3)
システム:ジョエル・サスタスさんのロール(1d6) → 1 (1)
ジョエル・サスタス:「何もいないなら開けてみますか?」
ターマ:まだ結果聞いていないから判んないよw
ターマ:おおうww
リーン:おぉう
ラオ・チェン:おっと
ジョエル・サスタス:いたか…
ターマ:どうする?
ジョエル・サスタス:「どうしましょう。巨人がいるようです」
シャオル:こっちに向かってきているっていうことは、安全ではなさそうですね・・・
ターマ:数が少ないなら先にヘイスト掛けて不意打ち
ターマ:そっか
ターマ:じゃあ迎え撃つ感じか
シャオル:あっ
ラオ・チェン:あ
ジョエル・サスタス:巨人じゃなかった…??
ターマ:ひーwww
システム:COBRAさんのロール(1D6) → 3 (3)
システム:ジョエル・サスタスさんのロール(1d6) → 3 (3)
システム:COBRAさんのロール(1D6) → 3 (3)
システム:ジョエル・サスタスさんのロール(1d6) → 1 (1)
ターマ:とられた><
リーン:残念
ジョエル・サスタス:ごめん……
ラオ・チェン:どんまい
ターマ:ブレスかなぁ
リーン:ひゃぁ
ジョエル・サスタス:こんがり決定…
システム:ターマさんのロール(1d20) → 16 (16)
システム:ラオ・チェンさんのロール(1d20) → 12 (12)
システム:シャオルさんのロール(1d20+6>=4) → 成功 24 (18)
システム:ジョエル・サスタスさんのロール(1d20) → 15 (15)
ターマ:成功。レジストファイアー装備しています。
ターマ:ん??
リーン:酸かな?
ターマ:レッドじゃない?…毒??
シャオル:レッドじゃなくって他の色だろうか
ジョエル・サスタス:グリーンドラゴン??
リーン:後ろにいる私もですよね
ターマ:もしかして、ブラウン?
システム:リーンさんのロール(1d20) → 9 (9)
ターマ:あー
ジョエル・サスタス:ドローレム
ターマ:じゃあ殴らないと
シャオル:本物だったらひとたまりもなかったところです
ターマ:ヘイストは掛っているから
ターマ:さて、攻撃だ
シャオル:とりあえずリーンとラオがふたりとも殴れるように下がって場所を譲ります
リーン:ありがたい
シャオル:硬っ!
シャオル:そしてスリング+1で2回射撃します
ジョエル・サスタス:私も下がります
リーン:マルチ掛かりますね
システム:シャオルさんのロール(2 1d20+1+2+1) → 
→ 1回目:12 (8)
→ 2回目:22 (18)
シャオル:では
システム:シャオルさんのロール(1d4+1+1) → 6 (4)
ジョエル・サスタス:+1程度じゃダメなのかな…
シャオル:やっぱりびくともしないですね
シャオル:ここは本職にお願いしなければ
システム:ラオ・チェンさんのロール(2 1d20+3+2+1) → 
→ 1回目:17 (11)
→ 2回目:14 (8)
ラオ・チェン:めいちゅう
システム:ラオ・チェンさんのロール(2 2d8+1d6+3+2+1) → 
→ 1回目:19 (8、4、1)
→ 2回目:21 (2、8、5)
ラオ・チェン:+2
ラオ・チェン:あふん
ジョエル・サスタス:おぅ…
シャオル:ぐぬぬ
ターマ:これに通じる強い攻撃魔法メテオだけだからみんな巻き込んじゃうのよね…
ターマ:あ、でもこの距離ならブラスティングホーンって効くかしら?
ターマ:ブラスティングホーンを吹いてみます
システム:ターマさんのロール(2d6) → 8 (4、4)
ターマ:8ダメ
ターマ:効くんだ!
システム:リーンさんのロール(8 1d20+3+5+2+1) → 
→ 1回目:17 (6)
→ 2回目:28 (17)
→ 3回目:28 (17)
→ 4回目:18 (7)
→ 5回目:30 (19)
→ 6回目:17 (6)
→ 7回目:16 (5)
→ 8回目:24 (13)
システム:リーンさんのロール(8 2d8+3+5+1) → 
→ 1回目:20 (3、8)
→ 2回目:19 (2、8)
→ 3回目:18 (1、8)
→ 4回目:20 (6、5)
→ 5回目:22 (5、8)
→ 6回目:25 (8、8)
→ 7回目:18 (2、7)
→ 8回目:13 (3、1)
リーン:削り取る!w
ジョエル・サスタス:これで倒れればいいんだけど…
ジョエル・サスタス:うーむ……
ターマ:元気なのかーーー
リーン:固い…
ジョエル・サスタス:単体だとなぁ。マジックミサイルって効いたっけ?
ジョエル・サスタス:とりあえず、マジックミサイル撃ってみるか…
システム:ジョエル・サスタスさんの「とりあえず売ってみる」ロール(11d6+11) → 47 (1、3、5、4、1、5、5、2、4、2、4)
シャオル:次のラウンドはストライキングに切り替えてみよう
シャオル:予想以上に硬い
シャオル:おおう
ラオ・チェン:おおう
ジョエル・サスタス:おぅ…
ターマ:3Lv以下はダメってパターンかな
シャオル:一定のレベルじゃないと効かないタイプの耐性があるようですね
ジョエル・サスタス:やっぱり駄目だったか…
システム:COBRAさんのロール(3D20) → 43 (12、17、14)
ターマ:-12です
ラオ・チェン:-13っす
ターマ:当たり判定私でいいよ~前に居るのプロジェクテッドイメージです
ラオ・チェン:ドラゴンとアンデットなら+3なんだけどなぁ
シャオル:ただもうちょっとで倒せそうではありますね
シャオル:私のメイスは+3相当なので叩いてみましょう
ターマ:ダガ―+3をに回投げます
システム:ターマさんの「+1+3+2」ロール(2 1d20) → 
→ 1回目:12 (12)
→ 2回目:1 (1)
ターマ:あー><
リーン:もう壊してしまおう
システム:リーンさんのロール(8 1d20+3+5+1) → 
→ 1回目:21 (12)
→ 2回目:23 (14)
→ 3回目:24 (15)
→ 4回目:15 (6)
→ 5回目:13 (4)
→ 6回目:18 (9)
→ 7回目:27 (18)
→ 8回目:14 (5)
システム:リーンさんのロール(8 2d8+3+5+1) → 
→ 1回目:23 (7、7)
→ 2回目:14 (2、3)
→ 3回目:17 (2、6)
→ 4回目:17 (2、6)
→ 5回目:18 (4、5)
→ 6回目:14 (4、1)
→ 7回目:18 (8、1)
→ 8回目:24 (7、8)
リーン:おー
ターマ:固かった
ターマ:ダガ―を拾いつつ、部屋を調べましょうか
シャオル:ゴーレムの一種みたいでしたが、何かを守ってたんでしょうか
ターマ:ドローレムの欠片も拾っておこう
リーン:なんか回収できるものあるかな?
ターマ:お宝らしきものはないのか
リーン:なんかやたらと厳重だね…
ラオ・チェン:ただの警備ロボかな?
シャオル:置いてあっただけか・・・
ターマ:まあ、アルファティア配下のノルウォルドに喧嘩売って勝つ気なら、かなりの準備してるってことだね
リーン:あー
リーン:ヘイスト切れたし解錠しようか?
ターマ:お願いしよう
ジョエル・サスタス:ですね
リーン:解錠の前に罠チェックと
システム:リーンさんの「罠感知」ロール(1d100) → 35 (35)
ターマ:こっちに下がって警戒しとく
リーン:罠はありますか?
リーン:では解錠します
システム:リーンさんのロール(1d100) → 91 (91)
リーン:「あいたよ」ではこっそり開けてみます
ターマ:じゃあ隙間から覗きこむね。中は明るいのかな?
ターマ:ここも暗いのか
ラオ・チェン:あ
ターマ:警戒用の何かかな?
リーン:なんだこいつらw
ジョエル・サスタス:またか…
システム:COBRAさんのロール(1D6) → 1 (1)
システム:ジョエル・サスタスさんのロール(1d6) → 4 (4)
ターマ:初めて見るね~w
ジョエル・サスタス:何だろうこいつら?
ターマ:では魔法で行ってみましょう
リーン:これさ扉閉めて一度準備したら無傷で行けるんじゃない?
ターマ:扉閉めるの?
ラオ・チェン:そっとじ
ターマ:あ、先にバフか
シャオル:挙動からして他の仲間にこちらの存在を伝えようとしているとも考えられる
リーン:あー、通報は困るね
ターマ:それを考えると先に始末しちゃいたい。
ジョエル・サスタス:バフをかけてると通報する時間も与えちゃうってことか
シャオル:ここで壊してしまえばバレずに済む
リーン:仕方ない
リーン:やっちゃうか
ターマ:そうしましょ
ジョエル・サスタス:ですねえ
ターマ:大きさは人間と同じ位ですか?
ラオ・チェン:飛んでるので75の先に回り込むことできます?
リーン:飛んで回り込むか
ターマ:アイスストームで3体はむずかしい?
ターマ:じゃ、アイスストーム先に売っておきます
リーン:はーい
システム:ターマさんのロール(20d6) → 64 (3、3、2、4、3、5、2、6、1、2、5、4、5、3、5、1、2、1、3、4)
ターマ:アイスなら音も静かだし
ターマ:ほー
ラオ・チェン:やった
ターマ:特殊タイプか
ジョエル・サスタス:おぅ……アイスストーム効かないのか
ターマ:でも動きが遅くなったなら僥倖
ジョエル・サスタス:出来れば近接だけで片を付けてもらいたいところ
シャオル:もう先回りもしてしまったし叩いて壊すのがいいかもしれないですね
ターマ:お願いします~
ジョエル・サスタス:お願いします―
リーン:やれるだけやってみよう
ラオ・チェン:こうやって挟んだ方がいいかな?
ターマ:ありがたいw
リーン:一先ず斜め上から下の列にライトニングボルトやってみよう
ラオ・チェン:おっと魔法どうぞ
ジョエル・サスタス:おぅ、その手があったか
システム:リーンさんの「ライトニング」ロール(20d6) → 62 (1、5、4、5、1、1、1、1、5、4、1、3、1、6、5、3、4、6、2、3)
リーン:「効果なし」
シャオル:奇妙な性質を持ってますね・・・
ジョエル・サスタス:おぅ……きかないのか。ならFBかな
ジョエル・サスタス:とりあえず効くか効かないか試してみよう
ジョエル・サスタス:ファイアボール
システム:ジョエル・サスタスさんのロール(20d6) → 68 (4、3、2、1、3、2、4、1、5、6、1、3、4、5、3、5、5、2、5、4)
ジョエル・サスタス:効かないのか……
シャオル:あれかぁ
シャオル:フレア剣で殴るに限る
シャオル:それならラオの武器にストライキングを唱えることにします
ラオ・チェン:じゃあ殴ろう
ラオ・チェン:ACいくつですか?
ラオ・チェン:やった
システム:ラオ・チェンさんのロール(2 1d20+3+2) → 
→ 1回目:9 (4)
→ 2回目:25 (20)
システム:ラオ・チェンさんのロール(2 1d8+1d6+3+2) → 
→ 1回目:13 (5、3)
→ 2回目:11 (5、1)
ラオ・チェン:73です
ラオ・チェン:わお
リーン:またか
ターマ:嫌な奴だなー
システム:ラオ・チェンさんのロール(1d20) → 2 (2)
ラオ・チェン:あぶねえ
システム:リーンさんのロール(1d20) → 15 (15)
リーン:余裕
ターマ:行動回数も多いんだな
シャオル:呪文が軒並み通じないし確かに強い
システム:COBRAさんのロール(2D20) → 23 (16、7)
システム:COBRAさんのロール(4D20) → 54 (15、17、18、4)
リーン:はーい
ラオ・チェン:殴り抜けろー
ターマ:では、絡めてあげよう。73にウェブ効くかなぁ
ターマ:ひーーー
ジョエル・サスタス:これも効かないのか―
ターマ:殴れってことね><
ジョエル・サスタス:もうこうなったら実験ですね。マジックミサイル使ってみましょう
システム:ジョエル・サスタスさんのロール(11d6+11) → 43 (5、3、5、1、5、3、4、2、2、1、1)
ジョエル・サスタス:やっぱり効かないか……魔法とは相性が悪い様子
シャオル:またスリング+1で73に攻撃します
システム:シャオルさんのロール(2 1d20+1) → 
→ 1回目:18 (17)
→ 2回目:11 (10)
システム:シャオルさんのロール(2 1d4+1) → 
→ 1回目:5 (4)
→ 2回目:3 (2)
シャオル:そうですね>THAC03
シャオル:武器は魔法がかかってさえいれば通るみたいですよ
ターマ:次は鞭で行ってみるかぁ
ラオ・チェン:おk
システム:ラオ・チェンさんのロール(4 1d20+3+2) → 
→ 1回目:22 (17)
→ 2回目:20 (15)
→ 3回目:7 (2)
→ 4回目:12 (7)
システム:ラオ・チェンさんのロール(4 2d8+1d6+3+2) → 
→ 1回目:17 (7、1、4)
→ 2回目:15 (4、1、5)
→ 3回目:20 (6、8、1)
→ 4回目:12 (2、3、2)
ラオ・チェン:64
ターマ:おー
リーン:マルチで殴ります
システム:リーンさんのロール(8 1d20+3+5) → 
→ 1回目:14 (6)
→ 2回目:9 (1)
→ 3回目:14 (6)
→ 4回目:27 (19)
→ 5回目:12 (4)
→ 6回目:13 (5)
→ 7回目:27 (19)
→ 8回目:23 (15)
ラオ・チェン:どかーん
システム:リーンさんのロール(7 2d8+3+5) → 
→ 1回目:15 (3、4)
→ 2回目:11 (2、1)
→ 3回目:15 (1、6)
→ 4回目:13 (3、2)
→ 5回目:19 (4、7)
→ 6回目:12 (2、2)
→ 7回目:16 (4、4)
リーン:「こいつも固い」
システム:リーンさんのロール(1d20) → 4 (4)
システム:COBRAさんのロール(2D20) → 27 (20、7)
リーン:あたりですね
システム:COBRAさんのロール(6D10) → 32 (6、2、3、4、10、7)
ラオ・チェン:いたい
ターマ:ダメも痛いぞ><
シャオル:頑丈でパンチも痛いとか確かに難敵だった
システム:ラオ・チェンさんのロール(4 1d20+3+2) → 
→ 1回目:14 (9)
→ 2回目:23 (18)
→ 3回目:23 (18)
→ 4回目:13 (8)
システム:ラオ・チェンさんのロール(4 2d8+1d6+3+2) → 
→ 1回目:20 (4、6、5)
→ 2回目:12 (3、2、2)
→ 3回目:14 (4、2、3)
→ 4回目:11 (2、3、1)
システム:リーンさんのロール(8 1d20+3+5) → 
→ 1回目:26 (18)
→ 2回目:26 (18)
→ 3回目:27 (19)
→ 4回目:20 (12)
→ 5回目:13 (5)
→ 6回目:17 (9)
→ 7回目:19 (11)
→ 8回目:19 (11)
システム:リーンさんのロール(8 2d8+3+5) → 
→ 1回目:16 (5、3)
→ 2回目:20 (5、7)
→ 3回目:21 (7、6)
→ 4回目:13 (4、1)
→ 5回目:16 (1、7)
→ 6回目:12 (1、3)
→ 7回目:12 (3、1)
→ 8回目:18 (2、8)
リーン:いてて
ターマ:回復してあげて~
シャオル:派手に減ったなぁ
リーン:一発でこれか
システム:ラオ・チェンさんの「杖る」ロール(1d6+1) → 6 (5)
シャオル:キュアクリティカルワンズをとりあえず2回唱えます
システム:シャオルさんのロール(2 3d6+3) → 
→ 1回目:13 (5、1、4)
→ 2回目:15 (5、5、2)
リーン:全快しました
ターマ:その間に11を捜索しておきますね
ターマ:では、メクの残骸を拾っていきます
リーン:「こっちに部屋あるよ」
シャオル:両開きの扉が目立ってますね
ターマ:「両開きって、如何にも何かありそうだね」
ラオ・チェン:如何にもなたたずまい
ジョエル・サスタス:本拠地っぽいからねえ…
ターマ:バフしてから行きましょうか
リーン:そうだね
ターマ:では先にヘイストを掛けておきますね
ラオ・チェン:ひあっとく?
ジョエル・サスタス:ですね
リーン:一先ずヒアします
ターマ:じゃあ、ヒア→ヘイストで
シャオル:ヘイストと同じタイミングでブレスも唱えておきます
システム:リーンさんのロール(1d100) → 16 (16)
ターマ:ではヒアの間にプロジェクテッドイメージ掛けていますね・
リーン:「静かだよ」
ラオ・チェン:おや
リーン:でもまた機械の可能性もあるからね
ターマ:「何がいるか判んないもんね、ここ」
リーン:さっきも静かだったのにメクいたから
ジョエル・サスタス:静かな敵もいるってことか…
ターマ:ではヘイストを掛けておきましょう
リーン:ついでにポーション決めておきます
リーン:スピポですね
シャオル:シャオルもブレスを唱えておきます
ターマ:プロジェクテッドイメージの方をラオの隣に移動しておきますね
ターマ:はい
ターマ:向こうから来るのもありそうだもの
ラオ・チェン:じぶんにストライキング
リーン:一先ず準備終わり?
ターマ:できるのこんなもんかな
シャオル:私は大丈夫です
ジョエル・サスタス:ですかね
ターマ:ヘイスト、ブレス、ストライキング、スピポ
ターマ:じゃあ、行ってみましょうか
リーン:では開けます。バーンんしていこう
ターマ:不意打ちじゃ~!
リーン:不意打ち判定お願いします
システム:ジョエル・サスタスさんのロール(1d6) → 6 (6)
シャオル:これが宗教的ななにかなんだろうか
ターマ:4本腕のトカゲ男なんて初めてみた
ジョエル・サスタス:なんか動き出しそう…
リーン:もしくは何かの仕掛けという線も
リーン:ほぅ
ターマ:動くって思ってた方が良さそうだねぇ
ターマ:やっぱりー
ラオ・チェン:わあい
ジョエル・サスタス:お約束だ
リーン:うひゃぁあ
リーン:こんなのばっかりww
ターマ:資金豊富だねぇ
システム:COBRAさんのロール(1D6) → 4 (4)
システム:ジョエル・サスタスさんのロール(1d6) → 3 (3)
ジョエル・サスタス:おぅ…
ターマ:ぎゃーwww
リーン:www
シャオル:ただのブロンズゴーレムではなかったか・・・
ジョエル・サスタス:スーパーブロンズゴーレムか
システム:COBRAさんのロール(4D20) → 41 (16、16、2、7)
ターマ:効くかどうか判んないけど、ディスインテグレイト!74に
システム:COBRAさんのロール(1D20) → 12 (12)
ターマ:耐えられちゃったか
ラオ・チェン:ってことは魔法効かないわけじゃなさそう
ジョエル・サスタス:そっか、ディスインテグレートを使ってみるのも手か…
ジョエル・サスタス:じゃあ、試しに私もインテグレートを
システム:COBRAさんのロール(1D20) → 15 (15)
ジョエル・サスタス:魔法がきかない敵が多いわね…
シャオル:シャオルは75にスリングで攻撃してみます
シャオル:確かに微妙ですね・・・
リーン:74なら~かろうじて?
ラオ・チェン:まるちはいる
リーン:ちょっとめんどそうだし本気出す
システム:リーンさんの「エクストラ発動」ロール(1d6) → 1 (1)
シャオル:こりゃリーンの武器にストライキングをかけて
シャオル:切ってもらったほうがいいかも
シャオル:そうします
リーン:満を持して斬りますか
システム:リーンさんのロール(8 1d20+3+5+2+1) → 
→ 1回目:28 (17)
→ 2回目:23 (12)
→ 3回目:12 (1)
→ 4回目:24 (13)
→ 5回目:31 (20)
→ 6回目:16 (5)
→ 7回目:15 (4)
→ 8回目:25 (14)
システム:リーンさんのロール(8 1d20+3+5+2+1) → 
→ 1回目:30 (19)
→ 2回目:18 (7)
→ 3回目:23 (12)
→ 4回目:20 (9)
→ 5回目:23 (12)
→ 6回目:19 (8)
→ 7回目:15 (4)
→ 8回目:31 (20)
リーン:7と8はつ
システム:リーンさんのロール(7 6d8+3+5+1+1d6) → 
→ 1回目:40 (5、5、4、3、6、5、3)
→ 2回目:35 (6、2、2、5、4、6、1)
→ 3回目:44 (2、2、6、5、8、8、4)
→ 4回目:37 (8、4、6、2、1、4、3)
→ 5回目:52 (5、6、8、6、5、8、5)
→ 6回目:42 (3、4、5、7、4、4、6)
→ 7回目:53 (7、8、6、8、4、5、6)
システム:リーンさんのロール(8 6d8+3+5+1+1d6) → 
→ 1回目:29 (5、1、1、6、5、1、1)
→ 2回目:45 (7、8、5、5、5、3、3)
→ 3回目:45 (2、6、7、6、7、2、6)
→ 4回目:42 (7、3、6、5、3、8、1)
→ 5回目:37 (4、3、6、5、1、6、3)
→ 6回目:44 (7、3、3、6、8、5、3)
→ 7回目:38 (4、4、2、3、8、7、1)
→ 8回目:46 (7、2、8、8、2、7、3)
シャオル:増援か!
ラオ・チェン:ん?
リーン:ぎゃああああ
ターマ:きゃああ
ジョエル・サスタス:メクじゃ魔法が通じないからなあ…
シャオル:呪文をケチらなくて正解でした
ラオ・チェン:じゃあ特攻
システム:ラオ・チェンさんのロール(4 1d20+3+2+2+1) → 
→ 1回目:23 (15)
→ 2回目:13 (5)
→ 3回目:15 (7)
→ 4回目:18 (10)
システム:ラオ・チェンさんのロール(4 2d8+3+2+1+1d6) → 
→ 1回目:12 (1、2、3)
→ 2回目:15 (4、1、4)
→ 3回目:22 (7、5、4)
→ 4回目:19 (3、5、5)
ラオ・チェン:68
シャオル:凍らせて遅くすることならできるって感じですね
ターマ:それが一番有効ね
ターマ:中に突っ込んでアイスストーム!
リーン:斬ろう
リーン:何かする事ありますか?
シャオル:呪文は特にないです
ジョエル・サスタス:私は何もしないです…
リーン:おkでは
システム:リーンさんのロール(8 1d20+3+5+2+1) → 
→ 1回目:17 (6)
→ 2回目:21 (10)
→ 3回目:28 (17)
→ 4回目:14 (3)
→ 5回目:24 (13)
→ 6回目:15 (4)
→ 7回目:15 (4)
→ 8回目:29 (18)
システム:リーンさんのロール(8 1d20+3+5+2+1) → 
→ 1回目:20 (9)
→ 2回目:29 (18)
→ 3回目:22 (11)
→ 4回目:21 (10)
→ 5回目:24 (13)
→ 6回目:25 (14)
→ 7回目:31 (20)
→ 8回目:16 (5)
リーン:全命中
システム:リーンさんのロール(8 2d8+3+5+1+1d6) → 
→ 1回目:27 (8、5、5)
→ 2回目:24 (3、8、4)
→ 3回目:23 (5、4、5)
→ 4回目:16 (2、3、2)
→ 5回目:21 (3、8、1)
→ 6回目:17 (5、1、2)
→ 7回目:22 (3、5、5)
→ 8回目:30 (8、7、6)
システム:リーンさんのロール(8 2d8+3+5+1+1d6) → 
→ 1回目:26 (6、7、4)
→ 2回目:24 (8、4、3)
→ 3回目:21 (2、6、4)
→ 4回目:23 (5、3、6)
→ 5回目:18 (2、5、2)
→ 6回目:24 (8、3、4)
→ 7回目:27 (8、5、5)
→ 8回目:20 (3、2、6)
ターマ:怖すぎるわ
ラオ・チェン:( 、、`・ω・´)ンンン?
システム:リーンさんのロール(1d20) → 9 (9)
リーン:せふせふ
システム:ラオ・チェンさんのロール(1d20) → 9 (9)
ラオ・チェン:おk
システム:シャオルさんのロール(1d20+3+3>=2) → 成功 20 (14)
シャオル:何か潜んでいるようですね
ターマ:クレリックかな?
リーン:ニムロン付いてるから扉はわかりますよね
ラオ・チェン:このまま突撃?
シャオル:呪文もありったけかかってるし、やっちゃいましょう
ターマ:呪文飛んできたのが奥なら突っ込んじゃって魔法打つね
リーン:何かしらトラップあっても困るし良かったら言ってたパスウォールここでお願いしてみるって案を出してみるけど
ターマ:じゃあ、階段の上に行ってパスウォールしちゃうか
ジョエル・サスタス:位置が位置だけにボスっぽい感じはするよね…
ターマ:「パスウォール!」
ターマ:あくしゅみだ
シャオル:随分余裕のある態度ですね
ジョエル・サスタス:フクロウか…
ターマ:「どうやら、色々企てていたご本人様の様だけど?」
ラオ・チェン:「お前が大将か!違っても斬るがな!」
ターマ:www
ラオ・チェン:「…侵略者?」
ターマ:この後に来る侵略者?
リーン:侵略者がが侵略者の話ってww
シャオル:なんか話が通じてない気がする
シャオル:「待て、ここから巨人の軍団を出して人間を襲わせていたのではなかったのか」と念のため確認を
ターマ:頭が混乱するなぁ@@
ジョエル・サスタス:よくわからん…
ターマ:あ!
ジョエル・サスタス:おぅ…
シャオル:持っていかれたやつじゃないか
ラオ・チェン:「要するに、自分は関与してないし想定外だったと?」
ターマ:ならここに案内した奴はウソ付いたってこと?
ジョエル・サスタス:もしかして、同士討ちを狙わせたってやつ??
リーン:「巨人はチャームみたいな何かをされてたようだけど?心当たりは?」
ターマ:「一応ESP掛けて本当かどうか確認してもいい?」と、効いてみよう
ターマ:では、コイガーにESPを使ってみますね
ジョエル・サスタス:真の黒幕は、コイガーと私たち、どちらも邪魔だと思ってる…ゆえに騙して双方を戦わせようとした
ジョエル・サスタス:そんな感じかな?
ターマ:「コイガーさん。貴方の信仰する神は何?」
ターマ:うーん
ジョエル・サスタス:ほうほう…
ターマ:アルファティアのノーラン男爵
シャオル:さらに上がいたんですね
ターマ:アルファティアのごたごたってこと?
ジョエル・サスタス:ノーランからノルウォルド襲撃計画を打診されたが、コイガーは断った。これが半年前。
リーン:おぉう
ターマ:ありゃ
リーン:またアルファティア関連か
ジョエル・サスタス:2週間後にノーランがオーシャンセンド付近でランデブー…か
ターマ:ジアティスと結託してアルファを攻めるってこと…って考えていいの?
シャオル:また大国間のいざこざかな・・・?
ジョエル・サスタス:要するにノーランはアルファティアの貴族だが、祖国を裏切ってジアティスと結託したと
ターマ:要は、エリコ―ルをよく思ってない派閥ってことなのかな
ターマ:アルファティアから見たら、女帝の息子でも魔法使えなければ価値なしってことだもんね
シャオル:サガフロンティア2みたいな価値観ですねぇ
ジョエル・サスタス:エリコールに対する嫌がらせかい!w
ターマ:逆恨みも入ってるのね
シャオル:ともかくこの辺に派兵した理由としては筋が通ってなくもないです
ターマ:ついでに、最近女帝も誘拐されたりで、いい機会だと思ったんだろうね
ジョエル・サスタス:そっか。じゃあ黒幕はそのノーランとかいうアホ貴族っぽいわね…
ラオ・チェン:わりとしょうもない理由で戦乱っておこるんだな…
ターマ:じゃあこの件についてはエリコ―ルに報告する必要があるね
シャオル:そうですね、さらに男爵を襲うとなると情報を提供しておかなきゃいけない部分もある>エリコールに報告
リーン:「もしその際は本当に巨人の軍を貸してくれるならここは引いてもいいかもね」
ジョエル・サスタス:ま、手を貸してくれるっというなら、おとなしく引き下がってもいいわね
ターマ:アルファクスに誓ってかー
ジョエル・サスタス:私はアルファクスってよく知らないからなぁ…。マークなら知ってるんだろうけど。
ターマ:一応、誓約書書いてもらっておこう
シャオル:(修理費を請求されなくてよかった)
ジョエル・サスタス:生物だったらレイズデッドできるけど、機械やゴーレムじゃね…
ターマ:巨人たちがエルフの町を滅ぼしてるんだから、監督不行き届きでそっちの方が部が悪いでしょう
ターマ:この後奮戦してもらわなきゃ、ねw
COBRA:https://i2.wp.com/mystara.thorfmaps.com/wp-content/uploads/2018/11/m1-norwold-150.png?ssl=1
リーン:でかいなw
リーン:島一つか
ジョエル・サスタス:うちの領地からめっさ近い所じゃないかw
シャオル:ケドハー全域となると相当広いですね
ジョエル・サスタス:これはお取り潰しに持って行きたいわ…
ターマ:フロストヘブンとかと同じ位北だわ
ターマ:生活にはあまり向かないかね
ターマ:地方領主というか、へまして飛ばされたって感じ?
ジョエル・サスタス:まあ、あまり人口はいなさそうだから、国力はそれほどないと思うけど…
ターマ:中央から遠いからやりたい放題なのか;
リーン:うーん、個人で企ててる感じならフェブに連絡とって向こうでリークしてもらおうか
フェブ:では、アルファティア本国の方に情報リークしておくかね
ターマ:「アルファクスって、どんなイモータルなの?」と聞いちゃいましょうか。
ターマ:判んないと判断できない…て、そっち系かー
ターマ:エントロピーなら、ちょっとまずいね
シャオル:高位のクレリックだとそういうことも考えるかぁ
ターマ:ランバートさんは、どんなイモータルの信徒?って、ローフルならエントロピーってことはないか
ジョエル・サスタス:クロノスか
ターマ:さて、どうしましょうかね
リーン:うーん、いっそ宗教の鞍替えでもしてもらおうかな?
ターマ:「エントロピーのイモータルの使途でいるなら、後々戦う事になっちゃいそうだけど、どうしよう」
リーン:うーん、そうだねぇとっておき使う出番かもしれない
シャオル:とっておき?
リーン:言っても効かないだろうしウィッシュリング使ってリーン教の使徒だった事にできないかなw
リーン:高いのか
シャオル:確かに難しいところですね
リーン:試すにもちょっともったいないけどここでいっそ試してみたい感がふつふつとw
ラオ・チェン:万が一かかっちゃったらすごいネタになるなw
リーン:他に案考えてみますか
ターマ:「救済措置のある方向転換と、強引に人生終了なら、前者のがいいよねぇ」
ターマ:一応、マスターとかの顛末を教えて宗旨替えしないかと説得してみようか
ジョエル・サスタス:どうなる事かとニヤニヤしながら見守ってる…
リーン:皆の安全考えてここは一先ず引こうかw
ラオ・チェン:そら人生賭けてるだろうからなぁ
リーン:また問題おこしたら躊躇なくやるだろうけど
シャオル:(PL的にはこれ以上人間が襲われないならここは引いて、男爵を倒すことを目標に掲げるべきかと考えてる)
ジョエル・サスタス:自分もここは撤退でいいかとは思う…
シャオル:あー、アーティファクト集めてるのか・・・
ターマ:もうそこまで来てるってことか
リーン:なるほど…
シャオル:捧げてご機嫌を取るわけですね
ターマ:イモータルまで後一歩ってところね
ラオ・チェン:一旦、停戦協定というのがクレバーな判断ではあるですね
シャオル:そうしましょう
ターマ:そうですね
リーン:ですね
ジョエル・サスタス:ですね
ターマ:監視はエリコ―ルにお任せで
リーン:相手が100%悪いわけでもなさそうだし
リーン:ここは引く方がお互いの為だと思う
ラオ・チェン:(まぁラオくん的には異教徒と化け物は以下略)
シャオル:(シャオルはミトラ信仰だから傷つく人がこれ以上でなければいい・・・はず)
ターマ:アルファティアでは崇拝すら禁止の邪神ですものねアルファクス
シャオル:そんなにやばい神だったのか
ターマ:では、アルファに報告に向かいましょうか
ターマ:ではリングにストアしてるテレポートを使って、ゼブロンハウスに皆を入れて私がリングの魔法でテレポしましょう
シャオル:法と混沌の争いに巻き込まれてる感がある
ターマ:なんかこういうケース多いね
リーン:ww


ラオ・チェン:ふむ
ターマ:ノーランの旗が青いのか
リーン:ほー
ジョエル・サスタス:ほうほう…
ターマ:やっぱりジアティスと組んでそうだねぇ
リーン:なんだろ
ターマ:えー
リーン:おぉう
ラオ・チェン:なんと
ターマ:アルファティアサイドの皆を助けに向かってるのになぁ
ラオ・チェン:思いっきり扇動されてて草
ターマ:ウチ、年末お祭りして税もとってないのに><
ターマ:「メレディに救助を頼まれて行ったんですよ。軍貸してくれって言われて」
ラオ・チェン:めっちゃ入りこまれてる
シャオル:(不在をいいことになにかよからぬことをやられてる・・・?)
ターマ:戻らないとやばいねぇ
ジョエル・サスタス:うむ。これはヤバいね
ターマ:メレディ連れて戻りましょうかね
シャオル:そうそう
ジョエル・サスタス:おぅ……これまた火種が……
シャオル:そこまではやってないぞ!>戦争準備
ターマ:わーw
ラオ・チェン:すごい情報戦仕掛けられてるね
リーン:あー…
ターマ:用意周到だね
シャオル:こっちからもカウンターで諜報員は動かしてるんですが、彼は無事なんだろうか・・・
ジョエル・サスタス:うちの領地は大丈夫かしら??
リーン:地震?
シャオル:いろいろ大変ですね・・・
ジョエル・サスタス:色々きてますねー
ターマ:ジョエルの所はまだ何もないんだね
ジョエル・サスタス:うーん、何もなくて僥倖というべきか……もしくは、おおとりに何かあるのか
ジョエル・サスタス:やっぱりあるのかー!!
リーン:うーん
ラオ・チェン:一番緊急なのはターマ領かな?
ターマ:まあ、ジアティス領だしね、ウチ
システム:キャラクターリストにファーガスが追加されました。
ターマ:ファーガスと衝突してノルウォルドとジアティスの戦争の口実にされても困るからね
ジョエル・サスタス:とりあえず、まだ何も来ていない私は遊撃要員ですな
リーン:だね
シャオル:ターマ領が内乱一歩手前ぐらいだから、そっちから片付けたほうが良さそうですね
ジョエル・サスタス:ターマ領が一番危険そうですね
ターマ:リーンにお願いして、ロック部隊とともにゲート使って帰ってみましょうか
リーン:ターマ⇒シャオルでうちは地震ならあとでいいかな
ジョエル・サスタス:ターマ→シャオル→リーンの順かな
リーン:じゃあみんなでゲートで向かおうかあと1往復分しか使えないし
ターマ:お願いします~
リーン:ターマ領に向かいます
ターマ:はーい
ラオ・チェン:このままだとターマが没落するw
ターマ:まあ、そうなったらセレーンに住むさw
ラオ・チェン:隠居
リーン:ファーガスの方から話聞いて向かう?
ターマ:そうだね
ターマ:いなかった間に何があったかいきさつをファーガスに聞こう
ターマ:ついでに、クリスタルボールで首都の屋敷の方の自室を覗くかね
ターマ:ほー「偽物と見分けがつかないって…抜けてるなあ、私の同僚たち」
ターマ:ファーガスのところに押しかけますかw
ターマ:「助けて~!」って感じで
シャオル:そうしましょうか
ターマ:そうなるかな?
リーン:館の庭にでも出ようw
ジョエル・サスタス:そうしましょう
ターマ:一人だと怪しまれるだろうし
ラオ・チェン:わらわら
リーン:「現在ノルウォルド全域で不可解な事が起こってるんだ。ちょっと助けて欲しい」
ターマ:「かくしかで、クラランサの助けに行ってたら、何か偽物に乗っ取られ掛けちゃってるの!!」
ターマ:「アースシェイカーの時に助けたんだから、手伝ってよー」
ラオ・チェン:そらレベル30台のやつに「タスケテ―」って言われてもなぁ
ターマ:えー
シャオル:なんとまぁ
ラオ・チェン:消費税導入か…
ターマ:もう、偽物は車裂きの刑だね
ジョエル・サスタス:うむうむ
ターマ:お願いしよう
ターマ:で、私は隠れてる方がいいのかなぁ?
リーン:ターマは一時変身しててもらおうか
ターマ:狐になっておこう
ターマ:こんこん
リーン:私の肩にでも乗ってると良いよ
ターマ:ではリーンの肩にちょこんと乗って
ターマ:ラオ、ゼブロンハウスかして~w
ラオ・チェン:ゼブロンハウス使えるかな
ジョエル・サスタス:じゃあ、私がテレポートを担当しましょう
リーン:一晩たてばまた移動も楽だけど
ジョエル・サスタス:ですね
リーン:おー
ターマ:じゃ、ゼブロンハウスに皆で入ってジョエルにお願いしよう
ターマ:狐になると色々できないから不便「コーンコン」

シャオル:げっ
ラオ・チェン:民草のターマへの信頼が試される
シャオル:すごい恨まれてる・・・
ラオ・チェン:民「革命だー!」
ジョエル・サスタス:偽ターマの正体を暴かねば…
ターマ:ターマに会いに来たって言えば通してもらえるんじゃないかな
リーン:「やぁ、ひさしぶり~息抜きに来たんだけどまた狐になってモフモフさせて―?」>偽ターマ
ラオ・チェン:よし、しね
ジョエル・サスタス:「うふふ。私も久々にモフモフしたいわー」
ターマ:隠してないからね~
リーン:「そうそう、いつもキツネになってモフモフさせてくれてたじゃない」
ターマ:じゃ、変身を解いて
シャオル:もうネタは上がってるからしらを切っても無駄だぞ
ジョエル・サスタス:「キツネになれないなら、こいつは偽物よね」
シャオル:・・・ドッペルゲンガー?
リーン:じゃあ、そのまま捕獲しよう
ターマ:それっぽいね
リーン:モフモフって理由言ってたし
ラオ・チェン:毛並みが違うとかいちゃもんつけてw
ターマ:イニシアチブー
システム:COBRAさんのロール(1D6) → 5 (5)
システム:ジョエル・サスタスさんのロール(1d6) → 3 (3)
リーン:捕獲は私
リーン:いいですよ
システム:COBRAさんのロール(2D20) → 22 (7、15)
ターマ:ソードの呪文?
ターマ:違うのか
ターマ:ほー
リーン:二回攻撃って次点であれだよね
シャオル:なかなか興味深いものを使ってるな
ターマ:魔法使いじゃないんだね
ラオ・チェン:うほ、いい武器
ターマ:じゃあ、捕縛しちゃいましょう
ターマ:って、私狐のままだからな
ジョエル・サスタス:捕まえて話を聞くのだ
リーン:ホールドモンスターかけて見ます
システム:COBRAさんのロール(1D20) → 2 (2)
ターマ:わーい!
シャオル:おっ、うまくいきましたね
ジョエル・サスタス:よっしゃ!
ラオ・チェン:素晴らしい、審問を開始だ
ターマ:じゃあ、固まった偽物の顔をゲシゲシと踏みつけます
リーン:ソーンでみてたからリーンは知ってるだろうし
ターマ:ムジナだよね
ターマ:お??
ジョエル・サスタス:あれ? 違うんだ
リーン:違うのか
ターマ:まあロープで縛って
ラオ・チェン:吊るして
ラオ・チェン:火で炙る
ターマ:きゃー
ターマ:びっくりして人間の姿の方に戻る
ターマ:ターマも戻って着替えて。
ターマ:「どうして偽物になったりしたの?」
リーン:ひとまず正直になってもらおう
ターマ:じゃあESP~
システム:COBRAさんのロール(1D20) → 11 (11)
ターマ:むぅ
ラオ・チェン:ESPメダル
システム:COBRAさんのロール(1D20) → 13 (13)
リーン:チャームモンスターは入れてなかったからマスチャーム
システム:COBRAさんのロール(1D20) → 7 (7)
ターマ:流石だw
ラオ・チェン:波状攻撃
リーン:パーマネンスしておきます
ターマ:アダプター
ターマ:初めてかな?
ターマ:おーいいなぁ
リーン:へぇ
ジョエル・サスタス:ほうほう…
リーン:いいな
ラオ・チェン:異界から来たのか
シャオル:adapter(適応するもの)ってわけか
シャオル:異世界を渡り歩けるってことは
ターマ:異世界へのお供に丁度良さそうだね
ジョエル・サスタス:で、そのアダプターさんがなんでターマの偽物役をやってるのか?
シャオル:あちゃあ・・・
リーン:「あるふぁくすぅ??」
ターマ:アルファクスが??
ジョエル・サスタス:なるほど。アルファクスに脅されてたのか
ターマ:直接イモータルに脅されたの??
ジョエル・サスタス:なるほどねえ……異世界生命体も大変だ
シャオル:イモータルにも目をつけられるってこと・・・ですかね
ターマ:「まあ、師匠が色々やってるからそのとばっちりかなぁ。慣れてるけどさぁ」師匠のせいならしょうがないと納得
ターマ:!
ターマ:メレディが倒したって…ナイトスパイダーの親玉??
ターマ:うへぇ
ターマ:アルファクスだったのか
ターマ:あー、だったら狙われてもしょうがないねぇ
ジョエル・サスタス:いいなあ、その剣……(今さらライトセーバーに気付く。遅いよ)
ターマ:科学で動くのか
ターマ:凄い
ジョエル・サスタス:刃がついてないから、クレリックでもワンチャン使えそう?
ラオ・チェン:「武器奪ってやろうかと思ったけど、こいつも被害者だからなぁ」
リーン:「アルファクスってのが怖いなら今日から私の元で働くと良いよ」
ターマ:なるほどじゃあ、次はアルファクスを倒さなくちゃいけないのかな?
ジョエル・サスタス:狙われてるとなったら、倒すしかないかもですね……
シャオル:企みを止める必要はあるかもしれないですね
ラオ・チェン:神殺しっすか
ターマ:まあ、メレディで1回やってるから、ターマでも一回やっておくか
ラオ・チェン:軽いw
シャオル:1回やったんだし、もう1回できるよね理論w
ターマ:でも、+5の武器がないー><
リーン:そうなのか。じゃあ剣を譲ってもらおうw
ジョエル・サスタス:容赦ないなw
シャオル:拘束しておくのは無理でしょうね
リーン:コミュニケーションスクロール渡しておけっばいいかな?
シャオル:その手があったか>コミュニケーションスクロール

ターマ:アダプターに一緒に公聴会をやってもらって
ターマ:その場ですぐにあげた税率は撤回
シャオル:そこは重要ですね
ジョエル・サスタス:まずは民衆に真相を伝えないと、ですね
ターマ:この一件が終わったらお詫びも兼ねてお祭りにしましょうかね
ターマ:「皆には迷惑を掛ける。だが、ノルウォルドを巻き込む事態になっているので、暫く耐えてほしい!」といっておこう
シャオル:ですねー
ターマ:一応15Lvの魔法使いを雇ってるんですけどね。
ターマ:まだ新顔だから
ターマ:では、ファーガスにはウチの領地の方も少しお願いしておこう。
ターマ:ロック部隊はファーガスに預けて、都の方は変わらずヒポグリフ隊で守護を
リーン:これでこっちは一安心かな?
ターマ:だね。
ターマ:では次ー
リーン:はーい
シャオル:ちょうどいい時間になりましたね
ジョエル・サスタス:はーい
ラオ・チェン:はーい
シャオル:分かりましたー
ジョエル・サスタス:うちにまだ何も来てないのが気になりますが…w
ターマ:対策を練っておく必要があるねぇ
ラオ・チェン:ありがとうございました
ターマ:ありがとうございました
リーン:ありがとうございました
シャオル:ありがとうございましたー
ジョエル・サスタス:ありがとうございましたー
ラオ・チェン:おつかれさまでした
ターマ:はーい。お疲れさまでした
ジョエル・サスタス:お疲れ様でしたー
シャオル:では失礼します、お疲れ様でしたー
リーン:お疲れ様でした
 いいね!  0

注意: 当ページの内容の転載、複製は著作者の許可がない限り行わないでください。

リプレイ一覧に戻る

コメントを書く

※投稿するにはログインが必要です。

コメント一覧

まだレスポンスがありません。

同人誌、同人ゲーム、同人ソフトのダウンロードショップ - DLsite