【ソード・ワールド2.0】リプレイ「EM外伝シナリオ 『名も無き怪物』第一幕」

山火事リプレイ  0
登録日:2019/07/09 00:10最終更新日:2019/07/09 00:10
本セッションは私の参加させて頂いている鸚哥さん主催のキャンペーン『エンドレスメイズ攻略戦⊂(´ω´⊂)))』の外伝シナリオとなっております

GM/山火事@NPC:皆さん揃い踏みなので今日の方針の方を
GM/山火事@NPC:とりあえずどの位セッション時間がかかるか確認しながらRPの感じなどを皆さんに掴んで頂いて、目標はミドルフェイズ直前まで進めたらいいなと思います
午後のいちご:了解です
GM/山火事@NPC:RP多めに感じを掴んで貰うってイメージです、あとGMシーンも割と挟むのでその辺慣れて頂くのも
GM/山火事@NPC:マスターシーンは演出成分多めなのでその間にトイレ休憩とかいって頂けると幸いです
鸚哥:( ・ω・)ゞ了解です
鸚哥:あ、私から1つ
GM/山火事@NPC:はい?
鸚哥:GM曰くセッション中の買い物制限かかるとの事なので皆さん消耗品買いだめは山火事さん仰った通りのこと、並行して行う本編で補充される分と分けて管理しないと意味が無くなっちゃうのでその辺り今のうちに区分しといた方が良いかと
GM/山火事@NPC:なるほど
鸚哥:とはいえよく考えれば消耗品食う人そんないないか
GM/山火事@NPC:んまぁその辺は各自任せます、GMはキチンと管理とかはしないのでやろうと思えば不正も出来ますがんまぁその辺は個人個人の良心を信じてやるのでご協力よろしくお願いしますm(_ _)m
GM/山火事@NPC:さて、時間だぁ
GM/山火事@NPC:点呼!お返事お願いします!
フォルセティ・フランベルジェ:(・ω・)ノはーい
午後のいちご:お願いしまーす
ヒカリ:ドライ(。・ω・)ノ
GM/山火事@NPC:おっけー!皆さん揃ってますね!んではこれよりEM外伝シナリオ『名も無き怪物』よろしくお願いします!
GM/山火事@NPC:いええええええ!もりあがってけけええええええ!!!!!!
アライブ:おお…(ノリの悪い参加者並感)
ヒカリ:三(’ω’)三( ε: )三(.ω.)三( :3 )三(’ω’)三( ε: )三(.ω.)三( :3 )ゴロゴロゴ
GM/山火事@NPC:皆さんの中二力を全力全開にしてやっていきましょう!
フォルセティ・フランベルジェ:いぇーーー
GM/山火事@NPC:いえすいえす、皆さんお返事ありがとうございます、んでは頑張っていきましょう
アライブ:なるほど、ギルドにやってきた駆け出し冒険者(主人公)に絡む感じですかね?
GM/山火事@NPC:というわけで先ずはプロローグです
GM/山火事@NPC:んまぁその辺は先ずは描写を進めていきますので
GM/山火事@NPC:時系列は【ソウルプリズン】発見後…かな?つまり現在本編でやっている部分がきりよく終わったあたりを想定してます
GM/山火事@NPC:とりあえず皆さん普段冒険者の宿でたむろしていると思うので~
GM/山火事@NPC:とりあえず感じ掴む為にもフリーRPタイムと行きましょうか、とりあえず10~15分辺りまで気ままにRPしてみてくださいな
GM/山火事@NPC:ちなみにクリスは現在いませんのでご了承ください
アライブ:はーい
フォルセティ・フランベルジェ:そうだねー。カウンターで独りお酒飲んでるかな~
GM/山火事@NPC:適当に日常パートやってくださいな
アライブ:ではいつもの朝練を終えて酒場に入ってくるところから
アライブ:自分は
アライブ:ガダンッ!「おはようございます」扉の開く音は大きいが声は別にそうでもない
ヒカリ:「おはよぉー...」
アライブ:「ああ、ヒカリさん。朝からお酒ですか?」
ヒカリ:「いや...その気は無かったんだけどさ...やっぱり何かの魔力があるよね、これって」
GM/山火事@NPC:「やぁ皆おはよう、朝からお酒は体に悪いんじゃないかな?」とダンディなマスターが皆にお酒とか振舞ってくれますよ
アライブ:「魔力ですか…専門外ですね。では私はアルコール以外の飲み物でも」後半マスターへ
ヒカリ:「生きるか死ぬかの商売やってる時点で身体に悪いって、今を楽しむのが1番」
フォルセティ・フランベルジェ:「相変わらず朝からにぎやかなこった」カウンターでお酒を楽しんでますね
アライブ:「パーティメンバー中確認できるうちの4分の2が朝酒とは…なかなか…」苦笑い
GM/山火事@NPC:「ハハハ、それはごもっともだ」というわけで二人にはエールを、アライブ君には柑橘系の冷たい飲み物を出してくれますよ、運動後にはいいんじゃないでしょうか
GM/山火事@NPC:さて…というわけで皆さんがたむろっているところにですね…
アライブ:「ありがとうございます。」
GM/山火事@NPC:カラン、というドアベルの音を鳴らして扉が開きますね
GM/山火事@NPC:入ってきたのは皆さんもよく知る人物
GM/山火事@NPC:可憐さを漂わせる装いに反して男勝りな口調で話す少女、クリス・クレセントですね
アライブ:「あ、クリスさん。おはようございます」
フォルセティ・フランベルジェ:「んだよ。誰かと思ったらクリスか。」
GM/山火事@NPC:んで、クリスなんですが…挨拶も気にも留めずにすげぇ神妙な面持ちでアライブ君に話しかけますね
GM/山火事@NPC:クリス「…アライブ、少し、いいかな、話したいことがあるんだ」
アライブ:「ん…どうしました?」
GM/山火事@NPC:クリス「…大切な話がある」
ヒカリ:セティさんに寄ってって「何あれ、指輪でも買ってきたのかな」
アライブ:「はい、わかりました。」グイッと果実水を飲み干して話を聞こうとする
GM/山火事@NPC:クリス「ありがと…」
GM/山火事@NPC:あとジト目でヒカリさんを睨み付けつつ
GM/山火事@NPC:クリス「…そうだな、ヒカリもセティも、一緒に聞いてくれないか、大切な話なんだ」
GM/山火事@NPC:そういってクリスは冒険者の宿で自分が普段使っている部屋に皆を呼びますね
GM/山火事@NPC:というわけですがセティさんヒカリさんついてくる?
フォルセティ・フランベルジェ:「ったく、しゃーねーな。つきあってやるぜ。」
フォルセティ・フランベルジェ:渋々な感じでついていきます
ヒカリ:「もうちょっと飲んでたかったけど...まぁいいや、行こっか」
GM/山火事@NPC:OK、というわけで皆さんは二階の一室に集められますね
アライブ:ついていきます
GM/山火事@NPC:さて、皆を集めたクリスですがひとしきり深呼吸をした後に声を上げますね
GM/山火事@NPC:クリス「…えっとな、この間、布教活動と称してちょいとルーフェリアまで行ってたんだ」
GM/山火事@NPC:クリス「んで、そこで、”湖の大司教”バトエルデン・エラーと話をしてきたんだ」
GM/山火事@NPC:ここで見識判定と行きましょうか バトエルデンについて知っているかどうかですね 目標値7で見識判定をどうぞ 見識判定はセージバードアルケミストなどと知力Bが基準値ですね
アライブ:アルケミストでやってみましょう
システム:アライブさんの「見識」ロール(2d6+5)
→ SwordWorld2_0 : (2D6+5)  →  9[5、4]+5  → 14
GM/山火事@NPC:ヒラメでもいいっすよ~
システム:ヒカリさんのロール(2d6+7)
→ SwordWorld2_0 : (2D6+7)  →  9[4、5]+7  → 16
システム:フォルセティ・フランベルジェさんの「ヒラメ見識」ロール(2d6)
→ SwordWorld2_0 : (2D6)  →  7[5、2]  → 7
GM/山火事@NPC:お、全員成功
GM/山火事@NPC:成功した方はバトエルデンについて知っていますね
GM/山火事@NPC: 簡単に説明すると彼はルーフェリアの一番偉い神官様です
GM/山火事@NPC:国としてのルーフェリアでの実質的な最高権力者でもあり 神官及び戦士としても凄腕、その冒険者LVは15であり
GM/山火事@NPC:幾度となく文字通りに世界を救ったことのある大英雄です
GM/山火事@NPC:ルルブ2にも軽く紹介されてますので気になる方は是非
GM/山火事@NPC:セティさんなんかは多くの蛮族を倒した人族の脅威として認知してるかもですね
GM/山火事@NPC:クリス「その様子だと皆知ってるみたいだな」
GM/山火事@NPC:クリス「女神の守り手にして救世の大英雄」「神官ならば誰でも知ってるくらいの存在さ」
アライブ:「ええ、一応記憶しています。それで、かの大司教と話とはすごいですね」
GM/山火事@NPC:クリス「んまぁ俺も不良とはいえ神官の端くれだしな」
GM/山火事@NPC:クリス「それでさ、今度、そのルーフェリアにもう一回行くんだ」
GM/山火事@NPC:クリス「他にもそこそこ有名な神官も集まっての交流会だ」
GM/山火事@NPC:クリス「それで、本題」
GM/山火事@NPC:クリス「神聖魔法には【コールゴッド】っていう魔法がある」
GM/山火事@NPC:クリス「その名の通りに神様を呼び出す最上級神聖魔法だ」
GM/山火事@NPC:クリス「特徴的なのは神様によって呼び出すまでの時間だとか準備だとかが変わることだな」
アライブ:「神を呼び出すですか…」
GM/山火事@NPC:クリス「…ごめん、話が助長だな」
GM/山火事@NPC:クリスは再度呼吸を整えると、皆、というかアライブ君に切り出します

GM/山火事@NPC:クリス「…アライブ、お前、記憶を取り戻したくないか?」

GM/山火事@NPC:クリス「バトエルデンなら、それができる、彼の【コールゴッド】なら」
GM/山火事@NPC:クリス「失った記憶を取り戻す奇跡さえ起こせるんだ」
GM/山火事@NPC:クリス「バトエルデンからの許可も既にとってある」
GM/山火事@NPC:クリス「…だから、お前さえ望むなら、記憶を取り戻せるんだ」
アライブ:「記憶を取り戻す…ですか…」
GM/山火事@NPC:か細い腕を抱えるようにしてクリスは話を続けます
GM/山火事@NPC:クリス「…でも、これは俺のワガママだ」
GM/山火事@NPC:クリス「お前はお前自身の記憶をお前自身の日記で認識している」
GM/山火事@NPC:クリス「これは、本来は不必要なことなんだ、俺の自己満足で勝手に進めた話だ」
GM/山火事@NPC:クリス「…だから、最後はお前が決めてくれ、アライブ」
GM/山火事@NPC:クリス「…嫌なら嫌だと言ってくれていい、その時のことも向こうに話してある」
GM/山火事@NPC:クリス「っでも!もしも、記憶を取り戻したいのなら…!」

アライブ:何とも神妙な顔もちで「わかりました。行きましょう!」特に迷う様子もなく立ち上がる

GM/山火事@NPC:クリス「…!」
アライブ:その顔には迷いのかけらも見えない
アライブ:そして間をおいて「だって、クリスさんが一生懸命に手を尽くしてくれたものをどうして断れるのでしょうか?」穏やかな表情で
GM/山火事@NPC:クリス「…っ」
GM/山火事@NPC:そう言われると…気恥ずかしそうに顔をうつむけますね
アライブ:「ですので、こういわせてください…ありがとうございます…」
GM/山火事@NPC:クリス「…ノータイムでいうやつがあるかってんだよ…こっちがどんだけ不安だったと思ってんだ…(小声で」
GM/山火事@NPC:クリス「OK!そういうことなら向かうとするか!湖の国、ルーフェリアに!」
GM/山火事@NPC:クリス「とりあえず馬車の手配とかしてくるからーっ!」と彼女は自室にみんなを置いて部屋を走り去っていきます
アライブ:「…本当に…ありがとうございます…」小声で
ヒカリ:「(...もしかして今の空気のまま遠出するのかな...さすがに気まずいかも)」
ヒカリ:「えーと...とりあえず、おめでとうアライブくん」
アライブ:「ええ、本当にクリスさんには感謝ですね」
フォルセティ・フランベルジェ:「・・・支度してくる。」ここはヒカリに任せて先に退出
ヒカリ:「じゃあ私も支度してくるから」1人にしておこうという意図で
アライブ:「私も準備しておきましょうかね」

GM/山火事@NPC:はい、長丁場ごめんなさい、というわけで次にマスターシーン挟みますのでトイレ休憩などありましたらいってらっしゃいです~
GM/山火事@NPC:~マスターシーン~
GM/山火事@NPC:一人の少女は、ただ立ち尽くしていた
GM/山火事@NPC:それは追想、物思いに耽る、というものだった
GM/山火事@NPC:彼女が思うのは始めてのこと、彼との出会い、そして
GM/山火事@NPC:…記憶を失い、変わり果てた彼の在り方
GM/山火事@NPC:『私のせいだ』
GM/山火事@NPC:彼女は思う、自らの理由を問う
GM/山火事@NPC:私に意味をくれた貴方を、こんな風にしてしまった
GM/山火事@NPC:こんな私に、存在する理由なんて

GM/山火事@NPC:というわけでプロローグ終了です、次から導入をやっていきます!
GM/山火事@NPC:皆いますか~?
ヒカリ:...ヽ( ´_つ`)ノ 
フォルセティ・フランベルジェ:いますー
アライブ:はい
GM/山火事@NPC:OK
GM/山火事@NPC:というわけで導入やっていきまーす!
GM/山火事@NPC:というわけで皆さんマップをご覧ください
アライブ:おお!
GM/山火事@NPC:こちらがルーフェリアのマップとなっております
GM/山火事@NPC:注目していただきたいのは右下ですね
GM/山火事@NPC:赤い三角形にカインガラと書かれているところから私達は馬車に乗ってきています、この方面がルーフェリアへの唯一の陸路故に
フォルセティ・フランベルジェ:ほうほう
GM/山火事@NPC:んで、一行はとりあえず宿場町オルミと呼ばれる場所に向かっています、ここは唯一国交がある道の直近にあるのでそういう意味で非常に栄えています
GM/山火事@NPC:さて、んでは馬車に揺られている一行なのですがぁ~
GM/山火事@NPC:ここで精神抵抗力判定お願いします♡目標値です!どうぞ!
アライブ:では行きます
GM/山火事@NPC:全員どぞ~
システム:ヒカリさんのロール(2d6+17)
→ SwordWorld2_0 : (2D6+17)  →  7[4、3]+17  → 24
システム:アライブさんの「精神抵抗」ロール(2d6+18)
→ SwordWorld2_0 : (2D6+18)  →  8[2、6]+18  → 26
システム:フォルセティ・フランベルジェさんの「ん?何だ?」ロール(2d6+18)
→ SwordWorld2_0 : (2D6+18)  →  7[1、6]+18  → 25
GM/山火事@NPC:クソッだれも引っかからねぇ
GM/山火事@NPC:んでは~何事もなく目的地の宿場町オルミに到着です~
GM/山火事@NPC:先も説明した通りここは宿場町として栄えています、
GM/山火事@NPC:観光客なんかが沢山いますね、面白そうな出店なんかもありますよ~
GM/山火事@NPC:具体的にはGM側でミニゲームを3つほど用意しています
GM/山火事@NPC:と、いうわけで観光RPお願いします~15分くらいまでは好き勝手やっていいですよ~

※ミニゲーム一覧

①飲み比べ大会
宿屋で飲み比べ大会がやってます
生命抵抗力判定で目標値26に成功した場合優勝となり、10点魔晶石が2個貰えます
失敗すると参加費50Gが取られるほか酔っぱらって下記のペナルティから1d6でランダムに一つ受けます
出目1~3:気分よく酔っ払った!12時間の間知力Bを基準の判定に-4のペナルティを受けます
出目4~5:気持ち悪いくらい飲んでしまった!24時間の間行為判定-2のペナルティ!
    但し『吐く』と宣言することでペナルティを消失します
出目6 :二日酔いだ!48時間の間行為判定に-4のペナルティを受けます

②ギャンブル:丁半博打
同じく宿屋で賭け事をしてます
ルールは簡単でGMが振る2d6の合計が奇数か偶数か当てるだけです
最低1000G最大2000Gで掛け金を宣言
その後皆さんに2d6の合計が奇数になるか偶数になるか宣言してもらい
その後GMが2d6を振ります
成功すれば掛け金が倍額、失敗すると掛け金没収となります

③出店:射的ゲーム
宿の大通り沿いに射的屋があります
狙った景品に射的の弾を当てれたら報酬がゲット出来ます
ルールはこちらも簡単で先ずは参加費として5G支払って頂きます、次に狙いの景品を選んで頂きます
景品にはそれぞれ命中目標値が定められてますので射撃判定で目標値を出せれば命中となります
尚射撃判定は一度の挑戦につき二回まで可能です
以下景品一覧です
保存食相当の高カロリーおやつ:目標値6
3点魔晶石相当の綺麗なパワーストーン:目標値8
幻のウィッグ(ルルブEXp370)相当の宴会グッズ:目標値10
魔導バイク(ルルブ3p125):目標値13

アライブ:「それにしても珍しいですよね。このメンバーで迷宮以外に旅するのは」
GM/山火事@NPC:クリス「そういやそうだよな~いっつも迷宮引きこもってるし、精々生活費稼ぎの依頼くらいしかなぁ」
GM/山火事@NPC:出店には射的ゲームがありますよ~
アライブ:「せっかくですし楽しみましょうか」
ヒカリ:「んー...こういうのって何したらいいんだろ」
GM/山火事@NPC:クリス「好きにやったらいいんじゃないか?そう言えば今日は泊りの宿で飲み比べ大会もやってるしな、参加してみるか?」
フォルセティ・フランベルジェ:「お、面白そうな出店みーっけ!」
GM/山火事@NPC:というわけでセティさんやります?
フォルセティ・フランベルジェ:やるか!
GM/山火事@NPC:おっけー!んでは掛金支払ったら狙いのアイテム宣言してから射撃の命中判定どぞ~
GM/山火事@NPC:2回ですよ、2回
アライブ:マギテック持ってますし射撃でもやりましょう
アライブ:違うわシューターなかった
GM/山火事@NPC:射撃なんでシューター基準値っす
フォルセティ・フランベルジェ:射撃ということは、つまり弓とかクロスボウを使った時の命中判定?
GM/山火事@NPC:YES、
GM/山火事@NPC:一応オモチャの銃ですね、得物は(命中補正値ナシ)
ヒカリ:「飲み比べ...朝飲んだばっかだけど...何とかなるでしょ」
フォルセティ・フランベルジェ:「なるほどな、コイツでぶち抜けばいいのか。」
GM/山火事@NPC:射的屋のおっちゃん「よぉあんちゃん!よーく狙ってー!」
フォルセティ・フランベルジェ:ってことでGM、ファナティいいですか?w
GM/山火事@NPC:YES
システム:フォルセティ・フランベルジェさんの「ファナティ」ロール(2d6)
→ SwordWorld2_0 : (2D6)  →  7[1、6]  → 7
フォルセティ・フランベルジェ:「そんじゃまずはパワーストーンでも狙うか。」
システム:フォルセティ・フランベルジェさんの「ターゲット:パワーストーン」ロール(2d6+2)
→ SwordWorld2_0 : (2D6+2)  →  9[4、5]+2  → 11
GM/山火事@NPC:成功!3点魔晶石相当のパワーストーンどぞ~
GM/山火事@NPC:射的屋のおっちゃん「おお!あんちゃん!筋がいいねぇ!どうぞ!景品のパワーストーンだ」
GM/山火事@NPC:もっかい出来ますよ~
フォルセティ・フランベルジェ:「だいたい分かった。それじゃ、一等魔導バイク、狙わせてもらうぜ!」
GM/山火事@NPC:OK判定どぞ~
フォルセティ・フランベルジェ:キャッツアイ使用
GM/山火事@NPC:ガチやんw
システム:フォルセティ・フランベルジェさんの「ターゲット:魔導バイク」ロール(2d6+2+1)
→ SwordWorld2_0 : (2D6+2+1)  →  6[3、3]+2+1  → 9
フォルセティ・フランベルジェ:「ックソ、狂ったか。」
GM/山火事@NPC:射的屋のおっちゃん「ガハハハッ惜しかったな!またチャレンジしてくれよ!」
GM/山火事@NPC:というわけでヒカリさんアライブくん何かします?
アライブ:出店で食べ物や回りますかね
アライブ:「本当にいろいろありますね」
GM/山火事@NPC:「お、じゃあ俺もアライブと一緒にいく!折角だし美味しいもの食べたいしな、前回は忙しくて回れなかったんだよ~」
アライブ:「はい、ではクリスさん一緒に行きましょう」
GM/山火事@NPC:クリス「やりぃ♪奢ってくれよ~」
ヒカリ:10以上必須とか飲み比べ怖すぎ\(゚Д゚;)
アライブ:飲み比べにアンチボディ使えますっけ?
GM/山火事@NPC:・  ・  ・
GM/山火事@NPC:お酒はね~ラクシアだと毒属性なんすよねぇ~
アライブ:じゃあ飲み比べにアンチボディ使って参加しますかね
GM/山火事@NPC:おっけー!
GM/山火事@NPC:んではアライブくんは泊りの宿にて飲み比べ大会ですね
ヒカリ:んーどうしよ
GM/山火事@NPC:かませっぽい酒豪「ウィーッハッハッハッハ!今回もワシが一等もらうぜぇ!」
GM/山火事@NPC:司会「さぁ今月の『ルーフェリア一酒豪決定戦』!彼を止めるものはいるのかーっ!」
アライブ:「私も負けませんよ」
GM/山火事@NPC:クリス「アライブーっ!決めてやれーっ!」
GM/山火事@NPC:では参加費支払ったら判定どぞ~
GM/山火事@NPC:参加費いらねぇか、失敗したら徴収だった
アライブ:ではアンチボディ使って
システム:アライブさんの「判定」ロール(2d6+17+4)
→ SwordWorld2_0 : (2D6+17+4)  →  7[5、2]+17+4  → 28
GM/山火事@NPC:つっよ
GM/山火事@NPC:かませっぽい酒豪「お、おうぇえええ…」
アライブ:「まだまだいけます。」笑いながらお代わり
GM/山火事@NPC:司会「な、なんということだーっご覧ください!新たなる酒豪王の誕生ですー!」
GM/山火事@NPC:あ、ちなみにクリスはべべれけに酔っぱらってます
アライブ:「はははは」片手を上げて振り振り
GM/山火事@NPC:クリス「うへ~ぇっ!どーだぁすごいだりょぉ!アハハハハ!」
アライブ:水を貰いそのままクリスさんのもとへ行って「クリスさん大丈夫ですか?」と
GM/山火事@NPC:司会「おめでとうございます!景品の魔晶石二つですー!」
GM/山火事@NPC:クリス「だーっれが酔っ払ってるて~??」
アライブ:「ハハ…これは絡み酒だ…」そう言って水を飲ませる
GM/山火事@NPC:というわけでアライブくん10点魔晶石二個どうぞ!
アライブ:ありがとうございます
アライブ:結構設けた
ヒカリ:じゃあ私が博打かな
GM/山火事@NPC:おっ、んじゃ宿屋の片隅で賭博場がありますね
アライブ:じゃあそのまま水を飲ませてクリスさんを介護しておきます
GM/山火事@NPC:あごの長い冒険者「ああぁぁあぁ!…これで、10連敗っ…!落ちる…!沼に…!」
GM/山火事@NPC:ディーラー「さぁ、次のゲームです、参加の方はさぁ集まった!」
GM/山火事@NPC:というわけで掛金宣言ののち、偶数か奇数かお願いします
ヒカリ:どうせ金は余るのでマックス2000で
GM/山火事@NPC:さぁどうなるか
GM/山火事@NPC:ディーラー「…ではいきますよ」
ヒカリ:「流されるがまま来ちゃったけどこれ大丈夫だよね」
GM/山火事@NPC:イカサマではないんで、とりあえず偶数奇数宣言どぞ
ヒカリ:奇数で
GM/山火事@NPC:これは純粋な50%バトルですよ
システム:GM/山火事@NPCさんの「ディーラー「オープン!」ロール(2d6)
→ SwordWorld2_0 : (2D6)  →  2[1、1]  → 2
GM/山火事@NPC:ディーラー「なっ…!赤の…!ゾロ目!」
フォルセティ・フランベルジェ:唐突なピンゾロに草w
GM/山火事@NPC:ってかよく見たらこれ偶数やん
GM/山火事@NPC:なんか負けたかと思ったわ
ヒカリ:試合に負けて勝負に勝った
GM/山火事@NPC:んでは残念ながら掛金没収ですね~
GM/山火事@NPC:ディーラー「この私がピンゾロだと…っ!」
GM/山火事@NPC:さて、んではここで再度買い物タイムです、何か買いたいものある方います?
GM/山火事@NPC:メタ的にここから暫く買い物はできなくなりますのでご注意ください
ヒカリ:ないっす
フォルセティ・フランベルジェ:買い物は大丈夫
アライブ:自分も大丈夫ですね
GM/山火事@NPC:OK~
GM/山火事@NPC:んではちょいと描写を進めます
GM/山火事@NPC:ふむ、ではミニゲームやってたPC3名 探索判定をどうぞ、目標値は~14くらいが自然かな? ではどうぞ~
システム:フォルセティ・フランベルジェさんの「レンジャでもおk?」ロール(2d6+13)
→ SwordWorld2_0 : (2D6+13)  →  2[1、1]+13  → 15
システム:ヒカリさんのロール(2d6+17)
→ SwordWorld2_0 : (2D6+17)  →  6[1、5]+17  → 23
システム:アライブさんの「探索」ロール(2d6+14)
→ SwordWorld2_0 : (2D6+14)  →  10[4、6]+14  → 24
GM/山火事@NPC:OK、んではアライブくんがクリスを部屋に戻した辺りでヒカリさんと合流して。そこで気になるものをみますね
GM/山火事@NPC:というのも、神官戦士風の人々(大体LV5~7くらい)の人が 宿の店主などの元々のこの街の住民の人たちに何やら話しかけているのが見えますね
GM/山火事@NPC:神官戦士風は割と切羽詰まっているようなのですが店主たちは取り付く島もないっていうか 『お前は何を言ってるんだ』みたいな感じで神官戦士風を見ていますね
GM/山火事@NPC:さて、お二人はどうします?話しかける?無視する?
アライブ:ひとまず先にクリスさんの酔いがひどいようであればベットまで連れていきますかね
GM/山火事@NPC:あ、失敬失敬、戻した後の話です~描写伝わってなくて申し訳ない
GM/山火事@NPC:ベットまで連れて行ったあとです
アライブ:あ、なるほど。すみません
ヒカリ:んー聞き耳とかで受動的に情報得ることは出来ません?
GM/山火事@NPC:聞き耳OK
アライブ:ではとりあえず何かもめごとのように見えるためそこまで行きます
アライブ:「どうかしましたか?」
システム:ヒカリさんの「聞き耳」ロール(2d6+17)
→ SwordWorld2_0 : (2D6+17)  →  9[4、5]+17  → 26
ヒカリ:あ、しかけるのね
GM/山火事@NPC:ヒカリさんOK、充分です、
GM/山火事@NPC:神官戦士風「ですからね?【オラクル】の避難命令ですよ!貴方も敬遠な信徒でしょう?聞こえないはずが…!」
GM/山火事@NPC:神官戦士風「…?なんです貴方は?今は忙しいのですが…?」
アライブ:「いえ、何らな切羽詰まっているようでしたのでどうしたのかと声をかけた次第ですが」
アライブ:何やら
GM/山火事@NPC:神官戦士風「はぁ…」とアライブくんを少し凝視するのですが…数秒もすると急に緊張しますね、まるで命の危機のように
アライブ:「ん、どうしました?」
GM/山火事@NPC:神官戦士風「…いや、凄腕の冒険者とお見受けしまして、少し驚いたのです」
GM/山火事@NPC:神官戦士風「…んまぁいいでしょう、事情をお話しましょう、貴方ほどなら何か知っているかもですし」
アライブ:「ああ、なるほど。いえ、それほどでもありません…」
アライブ:「はい、答えられるのなら」
GM/山火事@NPC:というわけでメモ3かな?どうぞ

話の内容

・神官戦士風は中央神殿から派遣された外縁警備の神官戦士
・なんでも【オラクル】で避難命令が出たので住人抱えてカナリスに避難したい
・…と、神官戦士風は言っているのだが店主側は取り付く島もない
・店主は『警備の神官戦士など覚えにない』『謎の声(【オラクル】)も聞こえなかった』とのこと
・要するに店主視点では『怪しい神官戦士を名乗る武装した冒険者が世迷言言ってきた』
・バニッシュ及び真偽判定はどっちにも引っかからない

GM/山火事@NPC:神官戦士風「…というわけなのですよ」
アライブ:なるほど
GM/山火事@NPC:ちなみにカナリスっていうのはこの国の首都ですね~
GM/山火事@NPC:このマップ参照
アライブ:一応ロールプレイとして両方に真偽判定してもいいです?
GM/山火事@NPC:OK、目標値3でどぞ
システム:アライブさんの「真偽判定」ロール(2d6+17)
→ SwordWorld2_0 : (2D6+17)  →  7[4、3]+17  → 24
アライブ:「…確かに嘘はついてないみたいですね」
アライブ:「そのオラクルはいつ出たのですか?」
GM/山火事@NPC:神官戦士風「三日前の昼下がりですね」
アライブ:「その内容がここ一帯の住民を避難させるというものと」
GM/山火事@NPC:神官戦士風「【オラクル】はこの国の防衛の要ですゆえ、聞き逃すなんてことはあるはずないのですよ…残念ながら他の目ぼしい方々にもこのありさまですし」
GM/山火事@NPC:見識のあるヒカリさんやアライブくんは実際にこの国の防衛には【オラクル】が使われているのを認知しているでしょう
アライブ:「その話だと変ですね、ここ一帯の人たちが聞き逃したということになりますが」
GM/山火事@NPC:神官戦士風「だから変なんですよ~」
GM/山火事@NPC:店主「変なのはあんたでしょ!忙しいんだからサッサと退く!」
アライブ:「…そのオラクルが阻害されるといったことはないのですか?」
GM/山火事@NPC:神官戦士風「どうやって阻害するというのですか?【オラクル】は高位神聖魔法なんですよ?」
GM/山火事@NPC:神官戦士風「とりあえず私は他の心当たりにも向かってみます!」
GM/山火事@NPC:というわけで彼はどっか行っちゃいました
アライブ:「…何ともおかしな話だ…」呟く
アライブ:ちなみに彼が来たという神殿は目的地よ同じです?
GM/山火事@NPC:それを知る手段は今はないですね~
GM/山火事@NPC:というわけで何もなければお話を進める予定なのですが何かしたいことはありますか?
アライブ:聞けばよかった
ヒカリ:特には
アライブ:じゃあ店主に飲み物を頼みながら「先ほどの話だけではありませんが、ここらへんに何か噂話とかあります?」
GM/山火事@NPC:店主「噂?ないよないよ」
GM/山火事@NPC:セティさんは何かありますか?
フォルセティ・フランベルジェ:特には、てか、さっきの騒ぎを聞きつけて今来た感じ(ファンブル)
アライブ:「そうですか…ありがとうございます」グイッと呑み込んでほかの人たちと合流します
GM/山火事@NPC:了解しました~んでは導入②に行きましょうか
GM/山火事@NPC:導入②
GM/山火事@NPC:現在皆さんは旅の疲れを癒すべく眠っているわけですが~
GM/山火事@NPC:先ずは精神抵抗力判定といきましょうか、目標値21です
GM/山火事@NPC:全員どぞ~
システム:フォルセティ・フランベルジェさんの「( ˘ω˘)スヤァ」ロール(2d6+18)
→ SwordWorld2_0 : (2D6+18)  →  7[6、1]+18  → 25
システム:アライブさんの「抵抗」ロール(2d6+18)
→ SwordWorld2_0 : (2D6+18)  →  9[6、3]+18  → 27
システム:ヒカリさんのロール(2d6+17)
→ SwordWorld2_0 : (2D6+17)  →  5[3、2]+17  → 22
GM/山火事@NPC:クソガ誰一人として引っかからねぇ!
GM/山火事@NPC:んまぁいい…
GM/山火事@NPC:んでは草木も眠る深夜帯午前1時…
GM/山火事@NPC:危険感知判定行っちゃいましょっか♡
GM/山火事@NPC:目標値23でどうぞ!全員!
システム:フォルセティ・フランベルジェさんの「危険感知!」ロール(2d6+13)
→ SwordWorld2_0 : (2D6+13)  →  6[5、1]+13  → 19
システム:アライブさんの「危険感知判定」ロール(2d6+15)
→ SwordWorld2_0 : (2D6+15)  →  11[6、5]+15  → 26
アライブ:やったぜ
システム:ヒカリさんのロール(2d6+17)
→ SwordWorld2_0 : (2D6+17)  →  7[3、4]+17  → 24
GM/山火事@NPC:クソァ!よりによってアライブくん成功かよ!
GM/山火事@NPC:んではアライブくんヒカリさんの二名はただならぬ気配に目を覚まします
GM/山火事@NPC:気配の元は外から、今なら戦闘準備出来ますよ、金属鎧とか
フォルセティ・フランベルジェ:「( ˘ω˘)スヤァ」
GM/山火事@NPC:クリス「( ˘ω˘)スヤァ」
アライブ:では戦闘準備として装備を装備
ヒカリ:「えぇ...何これ、おーい起きろー」
GM/山火事@NPC:なるほ
GM/山火事@NPC:んじゃセティさんは起きていいよ、クリスも…まぁ起きるか
GM/山火事@NPC:あ、ヒカリさんが起こせるのは同じ部屋であろうクリスだけやな、
フォルセティ・フランベルジェ:「っはっ!何事だ。」
GM/山火事@NPC:んまぁアライブくんも起こすやろうし
アライブ:ですね
GM/山火事@NPC:クリス「うへ~ぇっイチゴのふわふわまふぃーん」
GM/山火事@NPC:んでは~
GM/山火事@NPC:皆さんが準備を終えた辺り
アライブ:「セティ…起き…セティさん起きてください」
GM/山火事@NPC:閃光が走ります、その後、遅れて轟音が鳴ります
GM/山火事@NPC:窓越しですが街の一角が魔法の稲妻によって焼かれているのが見えるでしょう
GM/山火事@NPC:クリス「うわビックリした!」
アライブ:その様子を見て窓から飛び降りて現場まで行こうとします
フォルセティ・フランベルジェ:「何だなん・・・ウワッ!」唐突な雷音にびっくりして飛び起きる
アライブ:「あれは…やばそうだな…」呟き
ヒカリ:「まずいでしょ...あれは」
GM/山火事@NPC:クリス「うわーっ何だってんだよーっ!」
GM/山火事@NPC:なるほど、じゃあアライブくん軽業判定目標値24で
GM/山火事@NPC:失敗したら転ぶ
アライブ:受け身判定でだめです?
GM/山火事@NPC:どっちも同じやで
アライブ:落下距離×3を達成値でマイナスするやつ
GM/山火事@NPC:なるほど、その場合転倒は確定ですね
GM/山火事@NPC:ダメージ減らすだけならせやね…目標値9で
アライブ:ダメージ減らすだけでか転がるように飛び落ちる
アライブ:判定行きます(受け身判定)
GM/山火事@NPC:OK
システム:アライブさんの「受け身」ロール(2d6+13)
→ SwordWorld2_0 : (2D6+13)  →  8[4、4]+13  → 21
GM/山火事@NPC:成功、んではアライブくんが転がりながら受け身をとり、今起きている光景を確認できます
ヒカリ:判定困るからシャドウリープで一気に下まで行こうかな
GM/山火事@NPC:シャドウリープOK
GM/山火事@NPC:クリスは準備しながら普通に降りる
フォルセティ・フランベルジェ:クリスに同じく
GM/山火事@NPC:閃光を放ったもの、それは人族の仇、蛮族です、ちなみにいっぱいいます、20体ほど
GM/山火事@NPC:そして皆さんほどの腕前ならばわかってしまうのですが 彼等の中には街一つ消すことなど造作もない上級蛮族が混ざってるのがわかります
GM/山火事@NPC:あ、ちなみに騒音などを聞きつけて他の人々も起きてきますね
アライブ:「おお…これは怪獣大決戦とかそう感じだな…」
ヒカリ:「不自然...だけど考えるよりまず民間人の救助かな」
アライブ:立ち上がりそのまま敵の方へ向かう
GM/山火事@NPC:OK、では戦闘と参りましょう
フォルセティ・フランベルジェ:はいー
GM/山火事@NPC:先ずは魔物知識なのですが以前会っていたエネミーなのでカット(ルルブ1p118~119)
GM/山火事@NPC:皆さんの前に立ちふさがるのは
GM/山火事@NPC:敵はミノタウロスキャスター(真語操霊)◎◎◎◎1体とオーガバーサーカー◎◎が4体です!(ルルブ2p260/ルルブ3p253)
アライブ:「ちょっと戦力オーバー過ぎるだろ!!」
GM/山火事@NPC:そして地形情報
GM/山火事@NPC:先ずここは…人族の町です、そして現在野次馬がドシドシ集まってます
GM/山火事@NPC:ヒカリさんは当然パブリックエネミーである魔神使いですし、セティさんはどっちの勢力って聞かれたらあっちって言われても仕方ない蛮族の貴種、ドレイクです
GM/山火事@NPC:まぁバツ魔法を使うなどばれるような行動をしなければ特にペナルティは与えませんので☆
ヒカリ:まず人散らすとこから考えると思ったけどよかった
アライブ:戦闘の構えをしていざ!戦闘の準備
GM/山火事@NPC:待ちたまえ^^
GM/山火事@NPC:さらに現在、深夜です、暗視ない場合は行為判定に-2のペナルティが課せられます
アライブ:持ってよかった暗視
GM/山火事@NPC:アライブくんは転倒してますので起き上がらない限り行為判定に-2のペナルティです
アライブ:戦闘に入る前に起き上がることはできませんか?
GM/山火事@NPC:ダメ☆
アライブ:なるほど、とても厳しい
GM/山火事@NPC:だから軽業判定を用意したのですよ
アライブ:24とか無理っす…
GM/山火事@NPC:あ、最後
GM/山火事@NPC:セティさんとクリスは現在てってこ戦場に向かってますので戦闘への参加は2ターン目となります
GM/山火事@NPC:2ターン目の味方陣営開始時に後方エリアから登場
アライブ:膝をついてる状態で一気に来るわけですね
ヒカリ:セティさん遅いのきっついな
GM/山火事@NPC:んではやっていきましょう!先制目標値はオーガバーサーカーの21!アライブくん先制どぞ!
アライブ:了解です、21ですか?
GM/山火事@NPC:クリスはいないので先制参加不可!あと転倒ペナルティももってけ!
GM/山火事@NPC:間違えた20
フォルセティ・フランベルジェ:オーバサ19じゃね?
GM/山火事@NPC:19!
ヒカリ:ボロボロw
アライブ:了解です。では行きます
GM/山火事@NPC:申し訳ない…オーガバーサーカーよそでも出るんで…
システム:アライブさんの「先制」ロール(2d6+16)
→ SwordWorld2_0 : (2D6+16)  →  4[2、2]+16  → 20
GM/山火事@NPC:クソァ!先制取られた!
GM/山火事@NPC:めも4HPっす
アライブ:ファストアクションで移動起き上がり攻撃ってできます?
GM/山火事@NPC:起き上がるのは補助でできます、んで補助は移動前にも出来る
ヒカリ:というか暗視あるしマイナス貰ってても余裕ありそう
アライブ:移動と起き上がり同時にすることってできます?
GM/山火事@NPC:同時では無理、移動って起き上がるための手番じゃないもの
アライブ:了解では、転がった勢いのまま走り出しバーサーカーの足元を抜け立ち上がり狙う派ミノタウロスキャスター
GM/山火事@NPC:おっとぉ?んまぁいいですよ~
アライブ:まあデータ的には影走り
ヒカリ:待って待って
GM/山火事@NPC:はい、待ちます
ヒカリ:こっち先にリバグラするからアライブさん瀕死の相手双撃駆使してなぎ倒していってほしい
アライブ:あ、了解です
GM/山火事@NPC:ヒカリさん先かな?んではどぞ~
ヒカリ:えーとマルアク宣言、接近してリバグラ、大剣、猫熊スフィ巨腕
GM/山火事@NPC:リバグラからどぞ~行使判定
システム:ヒカリさんのロール(2d6+20)
→ SwordWorld2_0 : (2D6+20)  →  6[3、3]+20  → 26
GM/山火事@NPC:ピンゾロチェックじゃん!
GM/山火事@NPC:47点受けて転倒しまーす(オーガバーサーカーABCD残りHP51)
GM/山火事@NPC:大剣どぞ~
ヒカリ:意外と軒並み硬い
システム:ヒカリさんのロール(2d6+18)
→ SwordWorld2_0 : (2D6+18)  →  4[3、1]+18  → 22
GM/山火事@NPC:当たった
システム:ヒカリさんのロール(k50+21@10)
→ SwordWorld2_0 : KeyNo.50c[10]+21  →  2D:[4、1]=5  →  8+21  → 29
GM/山火事@NPC:ダメージかもん
GM/山火事@NPC:便宜上Aに16点ダメージ
ヒカリ:やっぱり回らないと微妙...牙主体の方がいいか
ヒカリ:鼓咆撒いて終了
GM/山火事@NPC:はーいアライブくんどぞ~
アライブ:では
アライブ:「出血大サービスと行くか!」といいつつ
アライブ:熊猫鹿ジャイアントアーム、鎧貫バトルマスター魔力撃
アライブ:アルケミストAランク
GM/山火事@NPC:ひえーっ攻撃対象は?
アライブ:対象は オーガAに1撃 オーガBに後半2撃
GM/山火事@NPC:FA一回目OK、命中どぞ
システム:アライブさんの「命中オーガA」ロール(2d6+23)
→ SwordWorld2_0 : (2D6+23)  →  5[2、3]+23  → 28
GM/山火事@NPC:HIT
システム:アライブさんの「オーガB」ロール(2 2d6+22)
→ 1回目: SwordWorld2_0 : (2D6+22)  →  6[1、5]+22  → 28
→ 2回目: SwordWorld2_0 : (2D6+22)  →  10[4、6]+22  → 32
GM/山火事@NPC:HITHIT
アライブ:ダメージ
システム:アライブさんの「ダメージ」ロール(k18+42@9)
→ SwordWorld2_0 : KeyNo.18c[9]+42  →  2D:[2、2]=4  →  2+42  → 44
システム:アライブさんのロール(k18+42@9)
→ SwordWorld2_0 : KeyNo.18c[9]+42  →  2D:[6、5 5、4 4、5 4、5 4、1]=11、9、9、9、5  →  7、6、6、6、3+42  →  4回転  → 70
GM/山火事@NPC:よし、31受けて残り4!と…ミンチ
システム:アライブさんの「ダメージ」ロール(k23+42@9)
→ SwordWorld2_0 : KeyNo.23c[9]+42  →  2D:[3、6 3、6 5、6 1、2]=9、9、11、3  →  7、7、9、2+42  →  3回転  → 67
アライブ:極端
GM/山火事@NPC:んでも攻撃順宣言的に一体残りますね
アライブ:悲しいことにそうなんですよね
アライブ:では主行動2で
GM/山火事@NPC:A残り4でCD51です、FA2手目どぞ
アライブ:一発オーガA 後半2発オーガCに行きます
ヒカリ:リーアンでも足りないしなー
GM/山火事@NPC:命中ダメージどぞ
GM/山火事@NPC:そもセティさんが今はまだおらんぞ
GM/山火事@NPC:あ、クリティカルの方か
システム:アライブさんの「1、2発目」ロール(2 2d6+23)
→ 1回目: SwordWorld2_0 : (2D6+23)  →  6[4、2]+23  → 29
→ 2回目: SwordWorld2_0 : (2D6+23)  →  8[6、2]+23  → 31
ヒカリ:そそ
GM/山火事@NPC:HITHIT
システム:アライブさんの「3命中」ロール(2d6+22)
→ SwordWorld2_0 : (2D6+22)  →  10[6、4]+22  → 32
GM/山火事@NPC:HIT
アライブ:ダメージ
システム:アライブさんの「ダメージ1、2」ロール(2 k18+42@9)
→ 1回目: SwordWorld2_0 : KeyNo.18c[9]+42  →  2D:[1、2]=3  →  1+42  → 43
→ 2回目: SwordWorld2_0 : KeyNo.18c[9]+42  →  2D:[3、2]=5  →  3+42  → 45
GM/山火事@NPC:A撃沈
システム:アライブさんの「ダメージ3」ロール(k23+42@9)
→ SwordWorld2_0 : KeyNo.23c[9]+42  →  2D:[2、2]=4  →  2+42  → 44
GM/山火事@NPC:C沈黙
GM/山火事@NPC:ヒャッハー耐えきったー!反撃開始!(オーガバーサーカーABC撃墜D残りHP51)
ヒカリ:受け得意な二人揃ってるんだから大丈夫大丈夫
GM/山火事@NPC:とりあえずミノタウロスキャスターから、補助でブリング使うわ
GM/山火事@NPC:そしてLV8ならこれ!抵抗上等でエネルギージャベリン二倍拡大!
GM/山火事@NPC:目標値22で精神抵抗どうぞ!アライブくんヒカリさん!
アライブ:では
システム:アライブさんの「抵抗」ロール(2d6+18)
→ SwordWorld2_0 : (2D6+18)  →  6[1、5]+18  → 24
システム:ヒカリさんの「魔力撃と違って抵抗も快適」ロール(2d6+17)
→ SwordWorld2_0 : (2D6+17)  →  9[3、6]+17  → 26
アライブ:魔力撃あるからー1で23だ
システム:GM/山火事@NPCさんの「悲しいことに魔力そのものは増えてない/キャラシ上から」ロール(2 k40+11@13)
→ 1回目: SwordWorld2_0 : KeyNo.40+11  →  2D:[5、4]=9  →  11+11  → 22
→ 2回目: SwordWorld2_0 : KeyNo.40+11  →  2D:[3、5]=8  →  10+11  → 21
GM/山火事@NPC:11点どぞ~
GM/山火事@NPC:そしてオーガバーサーカーDは渾身の全力攻撃Ⅱ宣言してヒカリさんぶん殴る!アライブくんはカウンター怖すぎる!
GM/山火事@NPC:回避どぞ
システム:ヒカリさんのロール(2d6)
→ SwordWorld2_0 : (2D6)  →  7[4、3]  → 7
システム:GM/山火事@NPCさんの「ダメージ」ロール(2d6+26)
→ SwordWorld2_0 : (2D6+26)  →  7[4、3]+26  → 33
GM/山火事@NPC:さらにさらに連続攻撃Ⅱ!もっかいヒカリさんに攻撃!
システム:ヒカリさんの「1回くらいかわせないかな」ロール(2d)
→ SwordWorld2_0 : (2D6)  →  8[2、6]  → 8
システム:GM/山火事@NPCさんの「ダメージ」ロール(2d6+26)
→ SwordWorld2_0 : (2D6+26)  →  8[6、2]+26  → 34
GM/山火事@NPC:まだまだぁ!追撃のグランドヴァイパ!ヒカリさん回避!
システム:ヒカリさんの「グランドヴァイパー┣¨ ┣¨ ┣¨ ┣¨ ≡≡Σ((((っ^∀^)っ」ロール(2d)
→ SwordWorld2_0 : (2D6)  →  4[1、3]  → 4
システム:GM/山火事@NPCさんの「ダメージ」ロール(2d6+26)
→ SwordWorld2_0 : (2D6+26)  →  10[6、4]+26  → 36
GM/山火事@NPC:んでは手番終了、っとここでー
GM/山火事@NPC:クリス「すまねぇ遅れた!とっととつぶすぞ!」
GM/山火事@NPC:セティさんも登場どうぞ!
アライブ:ヒカリさんどうします?自分は後衛狙った方がいいかそれともオーガ潰した方がいいか
フォルセティ・フランベルジェ:「待たせたなぁ!」
アライブ:「ええ、お願いします!」
GM/山火事@NPC:とりあえず先動かせて
アライブ:よろしくお願いします
GM/山火事@NPC:クリス「オッケー支援いくぜいくぜ!速攻だ!メイガスを起動して…!」
GM/山火事@NPC:クリス「… … …」
GM/山火事@NPC:クリス「…え?」
GM/山火事@NPC:クリス「…め、メイガスが…使えない?」
GM/山火事@NPC:クリス「…だぁあああ!黙ってても仕方ねぇ!装備変更ブラックロッド!セイクリッドウェポンを3倍拡大だ!」
システム:GM/山火事@NPCさんの「キャラシ上から」ロール(3 2d6)
→ 1回目: SwordWorld2_0 : (2D6)  →  4[2、2]  → 4
→ 2回目: SwordWorld2_0 : (2D6)  →  9[3、6]  → 9
→ 3回目: SwordWorld2_0 : (2D6)  →  6[3、3]  → 6
アライブ:「ん?」おかしな雰囲気を感じつつも敵から目を離さない
GM/山火事@NPC:「成功だ!」
GM/山火事@NPC:次セティさんどぞ~動きたいと思うので
フォルセティ・フランベルジェ:それじゃ、両手剣魔力撃で
GM/山火事@NPC:マルチアクションは?
フォルセティ・フランベルジェ:いいや、いらね
GM/山火事@NPC:OK
GM/山火事@NPC:命中どぞ
システム:フォルセティ・フランベルジェさんの「とりまくらえ!っと」ロール(2d6+17)
→ SwordWorld2_0 : (2D6+17)  →  6[2、4]+17  → 23
GM/山火事@NPC:HIT
システム:フォルセティ・フランベルジェさんの「ダークブロウ!」ロール(k46+35@10)
→ SwordWorld2_0 : KeyNo.46c[10]+35  →  2D:[6、6 1、1]=12、2  →  14、**+35  →  1回転  → 49
フォルセティ・フランベルジェ:出目極端w
GM/山火事@NPC:きれい、残り15
GM/山火事@NPC:どうする?マルチアクションする?
フォルセティ・フランベルジェ:終了でー
GM/山火事@NPC:らじゃ、次の方~
ヒカリ:「あー痛かった...ちょっと貰うわ」
ヒカリ:マルチアクションでソウルドレイン
アライブ:「はい」
GM/山火事@NPC:( ^ω^)おっ
ヒカリ:対象ミノタウロス
GM/山火事@NPC:行使判定どぞ
システム:ヒカリさんのロール(2d6+18)
→ SwordWorld2_0 : (2D6+18)  →  5[4、1]+18  → 23
GM/山火事@NPC:通ったダメージどぞ
システム:ヒカリさんのロール(k40+22@10)
→ SwordWorld2_0 : KeyNo.40c[10]+22  →  2D:[3、3]=6  →  7+22  → 29
GM/山火事@NPC:残り68~
ヒカリ:ブラブラの上位互換美味しい
ヒカリ:で、近接攻撃
GM/山火事@NPC:命中どぞ~
システム:ヒカリさんのロール(2d6+19)
→ SwordWorld2_0 : (2D6+19)  →  6[5、1]+19  → 25
GM/山火事@NPC:やっぱDT然り吸血系強いな
GM/山火事@NPC:当たってる
システム:ヒカリさんのロール(k50+22@10)
→ SwordWorld2_0 : KeyNo.50c[10]+22  →  2D:[2、1]=3  →  4+22  → 26
ヒカリ:うわ残った
GM/山火事@NPC:残り2~これはいい最後っ屁出来そうだ
ヒカリ:リーアン切りますわ
GM/山火事@NPC:げっ
ヒカリ:出目+3
ヒカリ:ダメ+6
GM/山火事@NPC:ダメージ+5、撃沈
GM/山火事@NPC:6でったか
GM/山火事@NPC:ラストアライブくんどぞ~
ヒカリ:「おお、外でも働くのねこの子ら」
アライブ:では敵後衛に移動
GM/山火事@NPC:私も初めて知った
アライブ:ジャイアントアームかけなおして3連撃
GM/山火事@NPC:命中どぞ
システム:アライブさんの「命中」ロール(2 2d6+24)
→ 1回目: SwordWorld2_0 : (2D6+24)  →  5[2、3]+24  → 29
→ 2回目: SwordWorld2_0 : (2D6+24)  →  4[3、1]+24  → 28
システム:アライブさんの「命中」ロール(2d6+23)
→ SwordWorld2_0 : (2D6+23)  →  3[1、2]+23  → 26
GM/山火事@NPC:うん、無理☆
アライブ:危ない
アライブ:ダメージ
GM/山火事@NPC:一発目は無理矢理よけるけどね!ダメージ二回どぞ!
GM/山火事@NPC:ブリンクは絶対回避の魔法!
アライブ:なん発目避けます?
GM/山火事@NPC:一発目ですね
アライブ:了解です
システム:アライブさんの「ダメージ」ロール(k18+44@9)
→ SwordWorld2_0 : KeyNo.18c[9]+44  →  2D:[2、6]=8  →  6+44  → 50
システム:アライブさんの「ダメージ」ロール(k23+44@9)
→ SwordWorld2_0 : KeyNo.23c[9]+44  →  2D:[1、4]=5  →  3+44  → 47
GM/山火事@NPC:うん☆
アライブ:仕留めそこなった
GM/山火事@NPC:いや?落ちてますよ
アライブ:いや、やったか!
GM/山火事@NPC:YES
アライブ:よかった
GM/山火事@NPC:というわけで皆さんの勝利でーす!
アライブ:わーパチパチ
GM/山火事@NPC:いやぁ、格下でも状況揃えれば梃子摺らせれるね
GM/山火事@NPC:んまぁそんな感じで残りはモブエネミーばかりなので倒したで大丈夫です~
アライブ:最初出しゃばった時一人で相手しなきゃいけないと思って焦った
GM/山火事@NPC:というわけで皆さんの活躍で敵蛮族集団の夜襲は抑えれらました
アライブ:モブ(レベル13相当)
ヒカリ:シャドウリープ役に立った
アライブ:先行取れなきゃ危なかった
GM/山火事@NPC:しかしまぁ予想よりも頑張ってくれてたのでご褒美あげなきゃな…
GM/山火事@NPC:なんか考えておこう
GM/山火事@NPC:さて、皆さんの奮戦と神殿騎士団の奮闘あって被害者はゼロ名でした
GM/山火事@NPC:そして敵性の掃討が完了したころに皆さんに話しかけてくる人がいます
GM/山火事@NPC:それはさっきアライブくんとヒカリさんが邂逅した神官戦士風です
アライブ:「ふぅ…やっと終わった…」
GM/山火事@NPC:神官戦士風「いやぁ君たちありがとう!どうにも手に負えないのも混ざっていたし本当に助かった!」
GM/山火事@NPC:神官戦士風「私はフランツ・フローリア、神官戦士だ」
アライブ:「いえいえ、お役に立てたようでよかったです」
アライブ:「はいよろしくお願いしますフランツさん。私はアライブ・デビットです」
アライブ:握手~
GM/山火事@NPC:神官戦士風改めてフランツ「しかしまぁ…凄いお仲間を連れて…っ!」
GM/山火事@NPC:んでは握手しながら面子を見回していたフランツですが…急にバックステッポしますね
GM/山火事@NPC:具体的にはヒカリさんセティさん
GM/山火事@NPC:フランツ「…すまない、アライブくん彼らは?」
アライブ:「あー…気にしないでください。彼らは同じパーティのメンバーで善人…善人ですよね?」
アライブ:最後は冗談めかして
GM/山火事@NPC:んではセティさんの方に顔を向けますが、フランツくん
ヒカリ:「れっきとした善人でしょうが、なんで疑問形なのよ」
GM/山火事@NPC:ヒカリさんにも決して警戒は説きませんね、
フォルセティ・フランベルジェ:「ん?俺はセティ。見ての通りナイトメアだ。」
GM/山火事@NPC:「…いや…それは…」
GM/山火事@NPC:クリス「あー…、んまぁ信頼してやってほしい、俺もあんたと同じ神官だ」
アライブ:「大丈夫ですよ、実際今回の防衛では一緒に戦ってますし、きちんとした味方です」
GM/山火事@NPC:クリス「…セティも、あんたの国の成り立ち的にヒカリも、おどろおどろしいかもしれんが俺の仲間だ」
GM/山火事@NPC:クリス「この聖印にかけて信じてくれ、頼む」
GM/山火事@NPC:フランツ「…確かに皆さんのお陰で私達は助けられましたしね…」
GM/山火事@NPC:フランツ「お二人とも無礼な態度をとってしまい申し訳ありません」とセティさんヒカリさんに謝りますね
アライブ:「(いい人だなぁ…)」
アライブ:「それにしてもなぜこれほどの蛮族がやってきたのでしょうか?」
フォルセティ・フランベルジェ:「別に。俺様は俺のために戦っているだけだ。」
GM/山火事@NPC:フランツ「わかりません…が、【オラクル】の件もありますし、襲撃をするには絶好の機会ではあったと思います」
アライブ:「これらの蛮族はどこからやってきたかわかります?方向や場所など」
GM/山火事@NPC:クリス「わかってたらここまで侵入を許してないだろ、とはいえこの数が警戒網をすり抜けてきたって考えるのは怖いが」
GM/山火事@NPC:フランツ「お恥ずかしいながら全く、警備は手ぬかっていたつもりはないのですが」
アライブ:「ええ、なんで無理矢理突破されたのかなと思ったのですが」
アライブ:「急に降ってわいたの様に出現したという感じですか?」
GM/山火事@NPC:クリス「…シンプルだが誰か忘れてたとかじゃないだろうな?巡回担当を」
GM/山火事@NPC:フランツ「…私の後輩が15分遅刻してまして、そこの時間帯は完全にブラックボックスでした」
アライブ:急にの前に それとも を入れておこう
アライブ:「ハハ…何とも言い難い」
GM/山火事@NPC:クリス「…あきれた…って言うのは簡単だが…」
GM/山火事@NPC:フランツ「…ところでみなさん、皆さんの実力を見込んで依頼をしたいのですが」
アライブ:「…しかしこれが偶然なら15分間の間にこの周囲にあれだけの蛮族が偶然いたことになりますが…」
アライブ:「…まあないですよね…作為的と考えた方が」ぶつぶつ
ヒカリ:「何何?」
GM/山火事@NPC:クリス「…それだよな、仮にその15分に隙ができるとわかってないと大分難しいだろ」
GM/山火事@NPC:フランツ「…依頼内容というのはこのオルミの街の人たちを我々神殿騎士団と共にカナリスまで避難させる、その手伝いをしてほしいのです」
アライブ:「ですよね。もともと攻める予定で、たまたま開いたためこれ幸いと侵入したという方がまだ可能性としては高いですし…」
GM/山火事@NPC:フランツ「要するに市民の護衛依頼です」「それとこの宿場町と首都の間の市民たちの回収もです」
アライブ:「どうします?」皆さんへ
GM/山火事@NPC:フランツ「皆さんほどの凄腕がついて下さるならこれ以上心強い味方はありません」
ヒカリ:「4人でやるには荷が重い気がするけどこれを見たら断るわけにもいかないしねぇ」
アライブ:「ですよね。これほどの敵が出るようなら対処も大変でしょうし…」
フォルセティ・フランベルジェ:「ったく、引き受けてやるよ。」
GM/山火事@NPC:クリス「お前ら全員ホントお人よしだな…」
GM/山火事@NPC:クリス「…報酬はどうなんだ?」「俺達は冒険者だ、まさかとは思うがただ働きさせるつもりか?」
GM/山火事@NPC:クリス「…それにアンタ視点、何もなしに協力させるのはどうなんだ?上にはどう説明するつもりだ?」
GM/山火事@NPC:フランツ「…っ」「…これほどの大規模襲撃、きっと国に掛け合えば皆さんを満足させられるだけ用意できると思います」
GM/山火事@NPC:フランツ「…仮にでなくても私が生涯をかけて報酬をお支払いします」
GM/山火事@NPC:クリス「…んまぁそういうことならいいさ、どうせ首都には俺たちも用事があるしな」
GM/山火事@NPC:フランツ「ありがとうございます!」
アライブ:「ハハ…クリスさんも素直ではありませんね…ですがそういうことなら私も協力は惜しみません」
GM/山火事@NPC:フランツ「私達はオルミの人々を纏めて避難できるようにしておきますので皆さんはどうぞ休んでください!」
GM/山火事@NPC:さて…時間も押してますが最後にクリスからお話を一つ
GM/山火事@NPC:クリス「…おいお前ら、ちょっといいか?」
GM/山火事@NPC:クリス「…アライブ、【オラクル】が使えないってのは?」
アライブ:「はい、なんでも首都の方ではオラクルによって避難命令が出たらしいのですが、ここら辺一帯ではそれがなかったようで」
GM/山火事@NPC:クリス「…この国の国教であるルーフェリア信仰、低く見積もっても7割はこの国の信者だ」
アライブ:「…ええ、ですがここにいた信仰者にはオラクルの通達は聞こえなかった…」
GM/山火事@NPC:クリス「その国教の【オラクル】が聞こえないっていうのは相当だ、第一あの魔法の範囲は相当だ、範囲外ってのは信憑性がなさすぎる」
GM/山火事@NPC:クリス「…加えて、」そういって彼女は自身の杖を握り締め
GM/山火事@NPC:クリス「…メイガスも使えてない、そして呼応するような蛮族の襲撃」
アライブ:「………」
GM/山火事@NPC:クリス「…全部偶然で片付けるのは危ないだろうな」「尤も今は警戒する以外のことはできないんだがな」
GM/山火事@NPC:というわけで~メモ1をご覧ください。

????/目標値:場合による/精神抵抗力判定/消滅

詳細
この効果によって記憶に影響が出ます
精神抵抗力判定に失敗したPCには【忘却カウンター】が載せられます
【忘却カウンター】については下記参照です


【忘却カウンター】

概要
どの位記憶が失われているかを表すものです、多いほど記憶が失われています

詳細
【忘却カウンター】の数によってどれ位記憶が失われているか表します
【忘却カウンター】は特に明言されないかぎり永続的に取り除かれることはなく
【レストレーション】などでもカウンターが取り除かれることはありません

FC数1/特に影響はありませんが忘れ物が多少起こります

FC数2/戦い方を少し忘れます
自身が戦闘特技枠を使って習得した戦闘特技のうちから一つ選んでそれが使用出来なくなります

FC数3/更に戦い方を忘れます
戦士系技能及び魔法使い系技能のうち最もレベルの高い技能の
技能LVがシナリオ中-1されます

FC数4/更に戦い方を忘れるほか日常生活に支障をきたし始めます
自身が戦闘特技枠を使って習得した戦闘特技のうちから一つ選んでそれが使用出来なくなります

FC数5/更に戦い方を忘れるほか周りの人たちに心配されるレベルで日常生活に支障をきたします
戦士系技能及び魔法使い系技能のうち最もレベルの高い技能の
技能LVがシナリオ中-1されます

FC数6/更に戦い方を忘れるほか、個人では日常生活が困難になります
自身が戦闘特技枠を使って習得した戦闘特技のうちから一つ選んでそれが使用出来なくなり
知力の値に-12のペナルティを受けます(最小値1)

FC数7/廃人となります
【忘却カウンター】が取り除かれない限りPCとしての行動が出来なくなります

※技能LVの低下について
戦士系技能の技能LVが下がった場合、その分命中や回避が下がるほか
技能LVによって自動習得する戦闘特技の習得条件を満たせなくなった場合その戦闘特技が使えなくなります
EX):ファイターorグラップラーLVが13未満になった場合【バトルマスター】が使えなくなります

魔法使い系技能の技能LVが下がった場合、MPは減少しませんが当然魔力やその技能を基準とする判定の達成値も減少し
更に使用出来る魔法にも制限が掛かります
EX):プリーストLVが13から12に下がった場合、プリーストLV13で使える魔法は当然使えなくなります
  ですが例外的にこの効果によって最大MPは低下しません

※技能LVの低下によって冒険者LVは低下しません(つまりHPやMP、抵抗力は低下しません)

アライブ:「…確かにそうですね…」そう呟き目を細め先ほどの蛮族の方を見る
GM/山火事@NPC:この情報を『PL』に公開します
GM/山火事@NPC:『PC』4名はまだこの情報を知ってません、雰囲気で掴んでいるかもですが
GM/山火事@NPC:というわけでRPや状況判断などご注意ください
GM/山火事@NPC:加えてメモ2も更新です
アライブ:メタ的にこの忘却カウンターはどのような方法で解けます?
GM/山火事@NPC:シナリオ進めて☆
アライブ:教えられないならそれでも大丈夫ですが…
アライブ:あ、了解です!
GM/山火事@NPC:さて…今日はこの辺で解散としましょう
ヒカリ:v(。・ω・。)v ウッス
GM/山火事@NPC:次回以降の日程は伝助とか張っておくので皆さんなるはやでお願いします
フォルセティ・フランベルジェ:はーい
GM/山火事@NPC:というわけで自由解散です!皆さんお疲れ様でしたー!
アライブ:了解です。ありがとうございました
アライブ:お疲れさまでした
フォルセティ・フランベルジェ:お疲れ様でしたー
ヒカリ:お疲れ様でした

///////////////////////////////////////////////////////////////

GM/山火事@NPC:さて、お時間ですね、点呼お願いします
午後のいちご:1
橙。:(^ω^)ノ ニー
鸚哥:( ’ω’)/
GM/山火事@NPC:おぉよかった
GM/山火事@NPC:んじゃEM外伝シナリオ第一幕の続き!やっていきましょー!
GM/山火事@NPC:よろしくお願しますー!
午後のいちご:よろしくお願いします!
アライブ:よしよし
橙。:お願いします
ヒカリ:よろしくお願いします
GM/山火事@NPC:前回のあらすじっ!
GM/山火事@NPC:前回クリスの提案でアライブくんの記憶を取り戻すべくルーフェリアに向かった一行は運悪く蛮族の侵攻に巻き込まれた!
GM/山火事@NPC:っといったところです
GM/山火事@NPC:先ず睡眠休憩挟んだので皆さんHPMPを全回復しておいてくださいな
アライブ:了解です
GM/山火事@NPC:と、いうわけでミドルフェイズです、先ずは描写ののちちょっとRP挟んでからがっつりやっていきましょうか
GM/山火事@NPC:…の前に
GM/山火事@NPC:先ずは皆さん精神抵抗力判定をお願いします、目標値は22です
アライブ:では行きます
システム:ヒカリさんのロール(2d6+17)
→ SwordWorld2_0 : (2D6+17)  →  8[5、3]+17  → 25
GM/山火事@NPC:どぞ~
システム:アライブさんの「抵抗」ロール(2d6+18)
→ SwordWorld2_0 : (2D6+18)  →  7[1、6]+18  → 25
アライブ:1の目が見えてコワかった
システム:フォルセティ・フランベルジェさんの「抵抗」ロール(2d6+18)
→ SwordWorld2_0 : (2D6+18)  →  8[4、4]+18  → 26
GM/山火事@NPC:誰一人として引っかからねぇ…
GM/山火事@NPC:んまぁいい、描写行きます
GM/山火事@NPC:朝9時、宿場町オルミの街道には数多の人がいますね
GM/山火事@NPC:昨晩のこともあって混乱していそうな一般市民たちでしたが
GM/山火事@NPC:幸いにも旅人が多いからか避難なども取りまとめはスムーズにいきましたね
GM/山火事@NPC:フランツ「おはようございます、首都までは恐らく夕暮れまでには到着できるでしょう、護衛の方共に頑張りましょう」
アライブ:「ええ、皆さんを無事に届けるために精一杯力を尽くすつもりです」
ヒカリ:「頑張りまーす」
フォルセティ・フランベルジェ:「しっかし面倒なことに巻き込まれたな・・・ま、やるしかねえか。」
GM/山火事@NPC:んじゃこっからアドリブでRP挟んで行きましょうか、先ずはダウナー系雰囲気のセティさんに話しかけてくる男性がいますね
GM/山火事@NPC:射的屋のおっちゃん「おはよう!いやぁ見たよ昨晩の戦いっぷり!ありがとうなぁ!しかしあんちゃん凄い強いんだな!」
フォルセティ・フランベルジェ:「まあな。我が闇の力の前にはすべてが無力に等しいからな。ハハハ!」
GM/山火事@NPC:射的屋のおっちゃん「闇?んまぁようわからないが避難な、一緒に頑張ろうや!ガハハハッ」
ヒカリ:ノリが一緒だ...
GM/山火事@NPC:そういうと射的屋のおっちゃんは列に戻っていきますね、傍らには大分年の離れた娘っ子のような女の子が不安そうにおっちゃんの服の裾を引っ張ってます
GM/山火事@NPC:んでそうこうしているうちに神殿騎士団のリーダーっぽい人が挨拶をかけますね
GM/山火事@NPC:そうして総勢500名を連れた大避難の開始です
ヒカリ:エクソダス
アライブ:「こう見るとやはり人数多いですね」
GM/山火事@NPC:と、いうわけでミドルフェイズですが…皆さんルールの方は確認できているでしょうか
GM/山火事@NPC:フランツ君「えぇ、とは言え旅慣れてる方々が多い中で避難出来る我々は運がいいといえるでしょう…」「昨晩の襲撃、相当の手練れがいましたし」
GM/山火事@NPC:特になければ、とりあえず【進度】を確認しながらやっていって、あとは流れで進めていこうかと
ヒカリ:「そうね、事前に打てる手は打っておこうか」
アライブ:「ええ」
GM/山火事@NPC:あ、ヒカリさん何かします?提案なら受け付けますよ?
ヒカリ:ってことでバリアドサークルを張りたいですGM殿
GM/山火事@NPC:wait a minute
GM/山火事@NPC:…
GM/山火事@NPC:wait a minute
GM/山火事@NPC:対象地点じゃないから普通に有効…かと言って範囲が狭すぎるはGMとして狭量すぎだな…
GM/山火事@NPC:とりあえず最低保障が確定ということにしよう、効果はあとで発表しますのでとりあえず行使どうぞ~
システム:ヒカリさんの「行使」ロール(2d6+19)
→ SwordWorld2_0 : (2D6+19)  →  4[3、1]+19  → 23
GM/山火事@NPC:問題なし、んじゃ効果発揮ですね
GM/山火事@NPC:ということでミドルフェイズ確認しながら進めていきますね
GM/山火事@NPC:順番に進行を進めていくわけです、とりあえずやってみましょう
GM/山火事@NPC:では行軍開始というわけで①
GM/山火事@NPC:代表者が進度ダイスを振ってその数値を加算します、上から順番ということで今回はアライブくん2d6+12をどうぞ
アライブ:了解です
アライブ:今日はダイスはいい日か悪い日か…
システム:アライブさんの「進行値」ロール(2d6+12)
→ SwordWorld2_0 : (2D6+12)  →  8[2、6]+12  → 20
アライブ:まあまあ
GM/山火事@NPC:幸先いいですね~これを進度に加算します
GM/山火事@NPC:んで基本これを繰り返して進度を規定数、今回は140までためたらゴールです
GM/山火事@NPC:さて、次からはお待ちかねのイベントタイムです、というわけで②
GM/山火事@NPC:こちらは時系列や進度状況を確認しながらイベントを決定しますフェイズ
GM/山火事@NPC:んでは処理
GM/山火事@NPC:街道沿いに暫く進んで行くと 昨夜の襲撃中に戦っていた神殿騎士団員のうち二人を見つけます
GM/山火事@NPC:フランツは彼らのところに行くと何やら話していますね
GM/山火事@NPC:そしてフランツが帰って来ると
GM/山火事@NPC:フランツ「皆さんこの周辺の逃げ遅れた市民を【避難民】に加えますので少々お待ちください。」
GM/山火事@NPC:そういって列の管理をはじめますね
GM/山火事@NPC:【避難民】が+25されます…のですが、このタイミングでは数字に変化は起きません 詳しくは④効果処理、の時で
GM/山火事@NPC:さて、お待ちかねの③です
GM/山火事@NPC:襲撃チェックです、先ずは襲撃があるかの確認ですが…今回はチュートリアルなので強制襲撃です
GM/山火事@NPC:ンで次、襲撃察知ですね
GM/山火事@NPC:皆さん【避難民】/25…今回は目標値20で危険完治判定を全員お願いします
GM/山火事@NPC:ダイスどうぞ
システム:アライブさんの「危険感知」ロール(2d6+14)
→ SwordWorld2_0 : (2D6+14)  →  5[1、4]+14  → 19
アライブ:おしい
システム:ヒカリさんのロール(2d6+17)
→ SwordWorld2_0 : (2D6+17)  →  4[3、1]+17  → 21
システム:フォルセティ・フランベルジェさんの「危険感知」ロール(2d6+13)
→ SwordWorld2_0 : (2D6+13)  →  10[6、4]+13  → 23
GM/山火事@NPC:さて、クリスもやるか
システム:GM/山火事@NPCさんの「ノレッジ使用」ロール(2d6+17)
→ SwordWorld2_0 : (2D6+17)  →  10[6、4]+17  → 27
GM/山火事@NPC:ンで次、被害者処理です、ここ複雑ポイントです
GM/山火事@NPC:再度説明しますと【避難民】/10の数値を目標値に全員が2d6を振ってその合計値が目標値に達すれば成功、避難民を守れます
GM/山火事@NPC:逆に足りない場合は差分だけ被害者が出ます
GM/山火事@NPC:んで先の危険感知判定に成功していれば更に追加で2d6振れます
GM/山火事@NPC:んで、ここでヒカリさんの魔法の処理
GM/山火事@NPC:ヒカリさんはこの被害者処理のダイスに常時+2d6出来ます
GM/山火事@NPC:まとめると、アライブくんは先ず2d6、俺セティさんは4d6、ヒカリさんは6d6振れます
GM/山火事@NPC:ちょいわかりずらいかもですがとりあえず皆さんダイスお願いします、アライブくんは2d6、セティさんは4d6、ヒカリさんは6d6です
システム:ヒカリさんのロール(6d6)
→ SwordWorld2_0 : (6D6)  →  23[4、3、6、4、5、1]  → 23
システム:フォルセティ・フランベルジェさんの「防衛」ロール(2d6+2d6)
→ SwordWorld2_0 : (2D6+2D6)  →  9[4、5]+7[2、5]  → 16
システム:アライブさんのロール(2d6)
→ SwordWorld2_0 : (2D6)  →  10[6、4]  → 10
システム:GM/山火事@NPCさんのロール(4d6)
→ SwordWorld2_0 : (4D6)  →  16[4、4、3、5]  → 16
GM/山火事@NPC:これで合計値は65、見事避難民を全員守れました
GM/山火事@NPC:んで、今回はありませんがもし今回合計値が50に行かなかった場合、MP3点につき1d6ダイスを振り足すことができます
GM/山火事@NPC:こうやってリソースを使いながら市民を守っていきましょう
GM/山火事@NPC:ンで最後に効果処理、このタイミングで【避難民】などの数値の増加を進めていきます
GM/山火事@NPC:というわけで皆さん方針わかってきたでしょうか、んではミドルフェイズを進めていきます、先ずはヒカリさん進度増加どうぞ
システム:ヒカリさんのロール(2d+12)
→ SwordWorld2_0 : (2D6+12)  →  10[6、4]+12  → 22
アライブ:「なるほど…集団の警護は初めてでしたがこんな感じなんですね…」
GM/山火事@NPC:くそ、さっきから出目がいいな
GM/山火事@NPC:フランツ「まぁかく言う私もこういうのは初めてでしてね…」
GM/山火事@NPC:んではイベントチェック
GM/山火事@NPC:なんもねぇわ
GM/山火事@NPC:折角だしRPするか
GM/山火事@NPC:んでは護衛警護に回ってる皆さんですが…ヒカリさんはちょっと見慣れた顔を見つけますね、丁度目が合ったところで相手方も気が付き、寄ってきますね
ヒカリ:なんじゃなんじゃ( ・ω・)
GM/山火事@NPC:あごの長い冒険者「アンタ…昨晩強い蛮族と戦ってた奴か、あんな戦いは長いこと冒険者やってる身だが初めてだったぜ」
GM/山火事@NPC:全額溶かしてた顎の冒険者です
ヒカリ:「あぁ...昨日の、お金無くなって次にこれって随分ついてないのね」
GM/山火事@NPC:顎「そうか?俺には天命とも思えるがな」
GM/山火事@NPC:顎「これほどの大ごとだ、うまくいけば国からたんまり報酬が貰える、それで負債も帳消しにできる」
GM/山火事@NPC:顎「こう見えても10年以上は冒険者やってる身だ、この手の金のにおいには目ざといのさ」
GM/山火事@NPC:あごくんはこう雑談している合間にも周囲の警戒は怠っておらずいうだけのある種の風格はありますね
GM/山火事@NPC:んまぁLVは皆さんとは天と地ほど離れたLV4ですがね
GM/山火事@NPC:顎「そういうわけだ、お互い頑張ろうぜ」と、彼は自分の持ち場の方へ戻っていきますね
ヒカリ:「はいはい、お金のために生命無くさないようにね」
GM/山火事@NPC:顎「だな、金は命より重い、なんてのはバカの言葉だからな」
GM/山火事@NPC:さて、襲撃チェック
システム:GM/山火事@NPCさんのロール(1d6)
→ SwordWorld2_0 : (1D6)  → 5
GM/山火事@NPC:運のいい奴らめ
GM/山火事@NPC:んでは時間3、セティさん進度増加お願いします、
システム:フォルセティ・フランベルジェさんの「作戦:ガンガン行こうぜ」ロール(2d6+12)
→ SwordWorld2_0 : (2D6+12)  →  10[5、5]+12  → 22
GM/山火事@NPC:皆出目高くなぁい?
ヒカリ:進軍速度半端なくて草、ペース配分知らない小学生のマラソンみたいになりそう
GM/山火事@NPC:んで今回のランダムイベントは…鬱蒼とした茂み
GM/山火事@NPC:今回は強制的に襲撃が起きます
GM/山火事@NPC:というわけで③です
GM/山火事@NPC:先ずは危険感知判定、【避難民】/25で目標値21です、どうぞ
システム:フォルセティ・フランベルジェさんの「危険感知」ロール(2d6+13)
→ SwordWorld2_0 : (2D6+13)  →  6[3、3]+13  → 19
ヒカリ:スフィンクス込かなここからは
システム:アライブさんの「危険感知」ロール(2d6+14)
→ SwordWorld2_0 : (2D6+14)  →  12[6、6]+14  → 26
アライブ:やったぜ!
システム:ヒカリさんの「スフィ入り」ロール(2d6+19)
→ SwordWorld2_0 : (2D6+19)  →  4[3、1]+19  → 23
システム:GM/山火事@NPCさんの「ノレッジ」ロール(2d6+17)
→ SwordWorld2_0 : (2D6+17)  →  9[6、3]+17  → 26
GM/山火事@NPC:というわけで『被害者処理』、セティさんは2d6、アライブ君と俺は4d6、ヒカリさんは6d6どぞ
システム:フォルセティ・フランベルジェさんの「護衛中」ロール(2d6)
→ SwordWorld2_0 : (2D6)  →  7[1、6]  → 7
システム:ヒカリさんのロール(6d6)
→ SwordWorld2_0 : (6D6)  →  24[6、2、3、5、6、2]  → 24
システム:アライブさんのロール(4d6)
→ SwordWorld2_0 : (4D6)  →  18[4、6、4、4]  → 18
システム:GM/山火事@NPCさんのロール(4d6)
→ SwordWorld2_0 : (4D6)  →  14[1、1、6、6]  → 14
GM/山火事@NPC:さて、一割というわけですが端数を考えてなかった、とりあえず切り上げで今回は目標値53
GM/山火事@NPC:合計値は63なので余裕のクリアですね
GM/山火事@NPC:…つーかヒカリさんはお面でオート回復あるのか
GM/山火事@NPC:あ、言い忘れてた
GM/山火事@NPC:クリス「流石にただでさえ目立つのに音まで出すのはあれだからビビッドのシェルは切っておくからな?」
GM/山火事@NPC:とのことです、
ヒカリ:それはそうねw
GM/山火事@NPC:というわけで進度4かな?
GM/山火事@NPC:はい、アライブくん進度どうぞ
アライブ:ではでは
システム:アライブさんの「進行値」ロール(2d6+12)
→ SwordWorld2_0 : (2D6+12)  →  7[3、4]+12  → 19
アライブ:まあまあ
GM/山火事@NPC:んでランダムは…二つかな
GM/山火事@NPC:んじゃ先ずは一つ目
GM/山火事@NPC:フランツ「皆さん、そろそろお昼時です、丁度いいタイミングでもあるのでここで一旦休憩します」
GM/山火事@NPC:というわけで今回の【進度】に-7されます
GM/山火事@NPC:二つ目、フランツくんはお昼休憩伝えたのちどっかにいって、暫くすると荷物を抱えた人々を連れて来ますね
GM/山火事@NPC:【避難民】+25です
ヒカリ:畑からでも取れるんだろうか
GM/山火事@NPC:描写カットしたんですけど一応先行して騎士団の人が回収してるんすよ避難民
GM/山火事@NPC:それに伴って人が減るから皆さんや顎筆頭に冒険者雇ってます
アライブ:映画のNGシーンみたい
GM/山火事@NPC:というわけで襲撃フェイズ行きましょうか
システム:GM/山火事@NPCさんの「出目4以下こーい!」ロール(1d6)
→ SwordWorld2_0 : (1D6)  → 6
GM/山火事@NPC:えぇ…運のいい奴らめ…
GM/山火事@NPC:というわけで【時間】5、ヒカリさんは進度お願いします、
システム:ヒカリさんのロール(2d6+12)
→ SwordWorld2_0 : (2D6+12)  →  3[2、1]+12  → 15
GM/山火事@NPC:よっしゃぁ!
GM/山火事@NPC:イベントは…何もないな
GM/山火事@NPC:RPするかぁ…しかしネタがない、
アライブ:「それにしてもこの旅、妙に順調ですね」
GM/山火事@NPC:クリス「だな…出てくるのも雑魚ばかりだし」
アライブ:「ええ、私の記憶だとここまで順調な…特にこの人数だと色々と覚悟していましたが…」
GM/山火事@NPC:クリス「とはいえこの長蛇の列だからな、俺たちには雑魚でも一般ピーポーには普通に脅威だ」と雑談してますと…
システム:GM/山火事@NPCさんの「出目4以下こい!」ロール(1d6)
→ SwordWorld2_0 : (1D6)  → 6
GM/山火事@NPC:あれー?
GM/山火事@NPC:クリス「まぁ油断しないことだな、俺も気合いれるかぁ~」
GM/山火事@NPC:んじゃ【時間】6です
GM/山火事@NPC:セティさんお願いします、
システム:フォルセティ・フランベルジェさんの「後3T、行くぞ!」ロール(2d6+12)
→ SwordWorld2_0 : (2D6+12)  →  11[5、6]+12  → 23
GM/山火事@NPC:うげぇ、出目のいい
GM/山火事@NPC:さて、イベントですが二つあります
GM/山火事@NPC:一つは避難民回収ですね、他の神殿騎士が荷物を抱えた人々を連れています
フォルセティ・フランベルジェ:もはや定期
GM/山火事@NPC:符丁などを確認して蛮族の変身を警戒しながら受け入れ作業をしていきます
GM/山火事@NPC:まぁこっちはいい、本命はここからだ
GM/山火事@NPC:さて、てってこ歩いている皆さんですが…日が傾いてきました
GM/山火事@NPC:現在時間は午後3時、ここからは蛮族の時間です
GM/山火事@NPC:具体的に言えば次回以降襲撃チェックが出目5以下で発動となります、今回は4以下
GM/山火事@NPC:というわけで襲撃チェック
システム:GM/山火事@NPCさんのロール(1d6)
→ SwordWorld2_0 : (1D6)  → 6
GM/山火事@NPC:…あのちょっといい?
GM/山火事@NPC:私さぁ、さっきからここで出目6しかだしてなくない?
ヒカリ:なんか静かですね
フォルセティ・フランベルジェ:ナンデダロウネー(ヒント:ヒカリとセティの覇気)
午後のいちご:GMが出している分幸運量一定保存の法則に抵触しなさそう
GM/山火事@NPC:解せない…とかく時間7いきますよ!アライブくんどぞ!
アライブ:では
システム:アライブさんの「進行値」ロール(2d6+12)
→ SwordWorld2_0 : (2D6+12)  →  10[4、6]+12  → 22
アライブ: や っ た ぜ ! 
GM/山火事@NPC:さっきから数字がありえねーんだよぉ!
GM/山火事@NPC:次イベント!最後の【避難民】追加です
フォルセティ・フランベルジェ:昼休憩なければゴールだった・・・
GM/山火事@NPC:そして襲撃チェック!もっとリソース削ってやる予定だったのにー!ウギギギギ!
システム:GM/山火事@NPCさんの「襲撃チェック」ロール(1d6)
→ SwordWorld2_0 : (1D6)  → 5
GM/山火事@NPC:しゃおらぁ!
GM/山火事@NPC:危険感知!目標値は23じゃ!
アライブ:これはきつい
システム:ヒカリさんの「スフィ込」ロール(2d6+19)
→ SwordWorld2_0 : (2D6+19)  →  6[2、4]+19  → 25
システム:フォルセティ・フランベルジェさんの「バジリスクタイム、もといバルバロスタイム」ロール(2d6+13)
→ SwordWorld2_0 : (2D6+13)  →  6[3、3]+13  → 19
システム:アライブさんのロール(2d6+14)
→ SwordWorld2_0 : (2D6+14)  →  8[2、6]+14  → 22
システム:GM/山火事@NPCさんの「ノレッジ」ロール(2d6+17)
→ SwordWorld2_0 : (2D6+17)  →  7[1、6]+17  → 24
アライブ:おしい
GM/山火事@NPC:セティさんアライブくんは2d6、俺4d6、ヒカリさんは6d6ですね、どぞ!
システム:アライブさんのロール(2d6)
→ SwordWorld2_0 : (2D6)  →  7[5、2]  → 7
GM/山火事@NPC:目標値は58っす!
システム:ヒカリさんのロール(6d6)
→ SwordWorld2_0 : (6D6)  →  20[2、5、2、3、2、6]  → 20
システム:フォルセティ・フランベルジェさんの「防衛戦」ロール(2d6)
→ SwordWorld2_0 : (2D6)  →  5[2、3]  → 5
GM/山火事@NPC:4d6、
システム:GM/山火事@NPCさんのロール(4d6)
→ SwordWorld2_0 : (4D6)  →  16[4、4、6、2]  → 16
GM/山火事@NPC:合計値は48!このままだと10人被害者が出ますね、というわけで追加振りの時間です、MPを支払いたい方は宣言お願いします、
アライブ:MP使用ですかね自分行きます
GM/山火事@NPC:ですね、
GM/山火事@NPC:OK
アライブ:では行きますね
システム:アライブさんのロール(2d6)
→ SwordWorld2_0 : (2D6)  →  4[1、3]  → 4
アライブ:………
GM/山火事@NPC:2d6追加ってことはMP6点支払いですね
アライブ:同じ人が2回ってできます?
GM/山火事@NPC:さて、アライブくんはこれ以上は無理ですが、
アライブ:了解です
GM/山火事@NPC:ほかの方、MP支払いどうします?
ヒカリ:いきまーす
フォルセティ・フランベルジェ:じゃあMP6
フォルセティ・フランベルジェ:ヒカリさんどうぞ
GM/山火事@NPC:んじゃセティさんは2d6、ヒカリさんはMP支払う数値宣言してどぞ
ヒカリ:2d分行きます
システム:ヒカリさんのロール(2d6)
→ SwordWorld2_0 : (2D6)  →  10[5、5]  → 10
GM/山火事@NPC:OK
GM/山火事@NPC:おっ足りましたね
GM/山火事@NPC:折角だしRPするか
GM/山火事@NPC:んじゃ夕方になっても進む避難民でしたが…
GM/山火事@NPC:突如列の前方から悲鳴が上がりますね、
GM/山火事@NPC:あごの長い冒険者「ちっ…そういやこの辺りはこいつらの生息地だったな」
GM/山火事@NPC:片手剣を持ったあごの長い冒険者がキプロクスを一人で相手取ってますね
GM/山火事@NPC:ということでMP払ったヒカリさんアライブくんかっこよく演出で倒しちゃってください
アライブ:では練技なんかを使いつつ「今です!」とか言ってアシストでもしておきます
GM/山火事@NPC:んじゃヒカリさんいいとこ持っていっちゃいなYO!
ヒカリ:じゃあデモンズブレード出して叩き斬ります
ヒカリ:「<たばれ!」
GM/山火事@NPC:んじゃどこからともなく呼び出した3Mほどの大剣を持って大型モンスターを紙切れのように両断できますね
GM/山火事@NPC:あごの長い冒険者「おっ…!おぉ…!」
GM/山火事@NPC:避難民女性「すごい…!たった一撃で」
GM/山火事@NPC:避難民からは歓声があがりますね、
GM/山火事@NPC:ウォオオオオオオオオオ!って感じ
ヒカリ:「おぉ、こういう感覚新鮮だわ」
GM/山火事@NPC:あごの長い冒険者「…この至近で見ると圧巻だな、一年も経ってないだろうにこうも強くなれるのか」
GM/山火事@NPC:あ、ちなみにフランツ君が沸き立つ市民たちを画面端辺りでせっせこ抑えてます
アライブ:いつの間にか人の目線が届かないところにいます
GM/山火事@NPC:アライブくんも頑張ってくれてたのにごめんね
ヒカリ:「あんまりおすすめはしないけどね〜」と顎に言いつつ持ち場戻ります
GM/山火事@NPC:あごの長い冒険者「…ああいうのが英雄ってやつなわけか…」
GM/山火事@NPC:さて、んじゃ進めます~時間8ですヒカリさんどぞ!
システム:ヒカリさんのロール(2d+12)
→ SwordWorld2_0 : (2D6+12)  →  10[4、6]+12  → 22
GM/山火事@NPC:進度は達成…ですが処理の関係で最後のイベントチェックETCっす
GM/山火事@NPC:イベントなし!襲撃チェックだ
システム:GM/山火事@NPCさんのロール(1d6)
→ SwordWorld2_0 : (1D6)  → 3
GM/山火事@NPC:お、きたきた、危険感知判定!目標値は24!全員どぞ!
システム:フォルセティ・フランベルジェさんの「危険感知」ロール(2d6+13)
→ SwordWorld2_0 : (2D6+13)  →  4[3、1]+13  → 17
システム:ヒカリさんのロール(2d+19)
→ SwordWorld2_0 : (2D6+19)  →  5[3、2]+19  → 24
システム:アライブさんの「危険感知」ロール(2d6+14)
→ SwordWorld2_0 : (2D6+14)  →  8[4、4]+14  → 22
システム:GM/山火事@NPCさんの「ノレッジ」ロール(2d6+17)
→ SwordWorld2_0 : (2D6+17)  →  8[6、2]+17  → 25
GM/山火事@NPC:ヒカリさんは全部成功か、つよつよやな
GM/山火事@NPC:んじゃ被害者処理、目標値60です、アライブくんセティさんは2d6、ヒカリさんは6d6でどぞ!
システム:アライブさんのロール(2d6)
→ SwordWorld2_0 : (2D6)  →  5[4、1]  → 5
システム:ヒカリさんのロール(6d6)
→ SwordWorld2_0 : (6D6)  →  22[4、5、4、5、2、2]  → 22
システム:フォルセティ・フランベルジェさんの「迎撃」ロール(2d6)
→ SwordWorld2_0 : (2D6)  →  8[6、2]  → 8
システム:GM/山火事@NPCさんのロール(4d6)
→ SwordWorld2_0 : (4D6)  →  11[1、2、4、4]  → 11
GM/山火事@NPC:合計値46ですので不足分は14です
GM/山火事@NPC:んでは追加振りタイムです、MP支払うかたはどぞ
アライブ:まずは自分が追加します
GM/山火事@NPC:消費いくつ?
アライブ:6消費2d6行きます
GM/山火事@NPC:OK、どぞ
システム:アライブさんの「追加」ロール(2d6)
→ SwordWorld2_0 : (2D6)  →  3[1、2]  → 3
アライブ:…
GM/山火事@NPC:49、残り11です
アライブ:ぶり返しが来てる
フォルセティ・フランベルジェ:じゃあMP6
GM/山火事@NPC:OK、どぞ
フォルセティ・フランベルジェ:行きまーす
システム:フォルセティ・フランベルジェさんの「ちょいと本気出すか・・・」ロール(2d6)
→ SwordWorld2_0 : (2D6)  →  11[5、6]  → 11
GM/山火事@NPC:本気出てて草
GM/山火事@NPC:ジャスト60です
GM/山火事@NPC:セティさんもかっこいいRPやる?
フォルセティ・フランベルジェ:とりあえずやっとこう
GM/山火事@NPC:オッケー
フォルセティ・フランベルジェ:「雑魚どもが・・・消し飛べ!!」
GM/山火事@NPC:Ok、んでは列の中腹辺りで少女を人質に取ってたミノタウロス5体位を一薙ぎ
GM/山火事@NPC:胴体と首がお別れした蛮族の残骸が5セットです
アライブ:相変わらず注意を集めてアシストに徹する
GM/山火事@NPC:射的屋のおっちゃん「エリナ!無事だったかぁ!」
アライブ:敵の注意
GM/山火事@NPC:射的屋のおっちゃんの娘さんも見事に傷一つなく救出されてますよ
GM/山火事@NPC:射的屋のおっちゃん「あんちゃん!本当に助かったぞ!本当に…!」
GM/山火事@NPC:そういってうずくまってお礼を言いますね
GM/山火事@NPC:ちなみにそういうおっちゃんの腕には深い傷が、セティさんはこれがミノタウロスから娘を守ろうとして切られた傷ってのがわかっていいですよ
フォルセティ・フランベルジェ:「礼には及ばぬ。王たる者の定めだ」
フォルセティ・フランベルジェ:そう言って去り際にアースヒールだけ掛け捨てしますね~
GM/山火事@NPC:OK、ナイスイケメンRP
GM/山火事@NPC:射的屋のおっちゃん「勇者さまってのは本当にいるんだなぁ」
GM/山火事@NPC:娘さん「おにーちゃん!ありがとー!」
GM/山火事@NPC:さて…んじゃクライマックスフェイズと行きましょう
GM/山火事@NPC:んでは皆さんが避難地カナリスに向けて歩くこと8時間
GM/山火事@NPC:フランツ「…!見えた!カナリスだ!」
GM/山火事@NPC:そう、遂に首都カナリスが見えてきました
GM/山火事@NPC:その証左にカナリスの景勝でもある水路のある街並が見えてきます
GM/山火事@NPC:今歩いている付近にも川があり、それらもカナリスやエルリュート湖に続いています
GM/山火事@NPC:ゴールを認識した避難民に歓喜の声が響きます
GM/山火事@NPC:避難民男性「やったああ!!」
GM/山火事@NPC:避難民女性「良かった…!これで…!」
アライブ:「ふぅ…やっとか。長かったような…そうでもなかったような」
GM/山火事@NPC:さて…皆さん危険感知判定どぞ、目標値25で(尚失敗してもペナルティないよ)
システム:フォルセティ・フランベルジェさんの「クリティカル危険感知!」ロール(2d6+13)
→ SwordWorld2_0 : (2D6+13)  →  6[3、3]+13  → 19
システム:ヒカリさんのロール(2d+19)
→ SwordWorld2_0 : (2D6+19)  →  9[5、4]+19  → 28
システム:アライブさんの「危険感知」ロール(2d6+14)
→ SwordWorld2_0 : (2D6+14)  →  8[3、5]+14  → 22
システム:GM/山火事@NPCさんの「クリス」ロール(2d6+17)
→ SwordWorld2_0 : (2D6+17)  →  6[5、1]+17  → 23
GM/山火事@NPC:あごの長い冒険者「…っ!何か来ているっ…!」
GM/山火事@NPC:???「…が、残念、その旅の果てはタヒが終着だ」
GM/山火事@NPC:先頭を歩いていた皆さん一行、その目の前に大きな槌が振るわれます
GM/山火事@NPC:地面には50cmほどのくぼみができています
GM/山火事@NPC:そうしてその攻撃の方を向くのなら皆さんは気が付きます
GM/山火事@NPC:目の前には多くの蛮族の群れ、それは昨夜の襲撃時の倍はあるでしょう
GM/山火事@NPC:進路を完全に塞がれてしまいました
GM/山火事@NPC:その中心部にたつのは赤黒い肌を持つ大型の巨人です
GM/山火事@NPC:クリス「…ブラッドトロールか!」
アライブ:「…厄介そうな敵が出てきたな…」呟き
GM/山火事@NPC:???「貴様らだな、<メイズメイカー>の担い手は」
GM/山火事@NPC:???「我が名はヴォーニト、トロールの戦士だ」
GM/山火事@NPC:ヴォーニト「我が主の命だ、貴様ら4人のその命、貰い受ける」
GM/山火事@NPC:ヴォーニト「その他の有象無象はいい、手を出さないでいてやるが故に大人しく往ね」
GM/山火事@NPC:あごの長い冒険者「…(コイツはそうかも知れない…が、部下どもはそういうわけでもないようだな)」
GM/山火事@NPC:フランツ「…蛮族の言うことなど信用ならない」
GM/山火事@NPC:ヴォーニト「そうか、ならばこ奴らと共に大人しくここで果てろ」
アライブ:「なぜ蛮族が私たちを狙うのですか?」
ヒカリ:「誰か恨まれるようなことでもやったんじゃないの?」
GM/山火事@NPC:ヴォーニト「言ったはずだ、主の命だと、我にとってはそれ以上の理由は必要ない」
フォルセティ・フランベルジェ:「さあな?ま、倒せばいいだけじゃね?」>ヒカリ、アライブ
GM/山火事@NPC:クリス「…ていうか、なんで一般蛮族がメイズメイカーのことを知って…?」
アライブ:「さて、私たちはめったに外に出ないのですが…どこで恨みを買う感んてわかりませんね」
GM/山火事@NPC:あごの長い冒険者「…どんな因縁かはわからんが、とかくあのバケモノを止めれるのはお前たちだけのようだ」
GM/山火事@NPC:フランツ「妖魔たちは我々神殿騎士団で抑えます!皆さんは敵将をお願いします!」
GM/山火事@NPC:さて、というわけで戦闘です
アライブ:了解です
アライブ:「ええ、任せてください」
フォルセティ・フランベルジェ:「所詮お前はただの”手駒”だろ、ならお前に用はねーよ」>トロールに
GM/山火事@NPC:というわけで魔物知識判定です 19/22と16/20ですね、それと既に知名度が抜けているのが2種類います(ルルブ1p118、p119参照)
GM/山火事@NPC:…まぁ魔物知識するの俺だけなんだけどね
GM/山火事@NPC:ノレッジSTレッグ起動
システム:クリスさんの「岡巨人>バーサーカー>一体目>二体目」ロール(4 2d6+9+6+4)
→ 1回目: SwordWorld2_0 : (2D6+9+6+4)  →  11[6、5]+9+6+4  → 30
→ 2回目: SwordWorld2_0 : (2D6+9+6+4)  →  12[6、6]+9+6+4  → 31
→ 3回目: SwordWorld2_0 : (2D6+9+6+4)  →  8[6、2]+9+6+4  → 27
→ 4回目: SwordWorld2_0 : (2D6+9+6+4)  →  8[5、3]+9+6+4  → 27
クリス:先ずは既に知名度を抜いている枠としてオーガバーサーカー◎◎◎とヒルジャイアント◎◎◎◎がいます んで判定の方、 19/22の方がヴォーニト(後衛) 16/20の方がオーガウォーロード◎(後衛)です  尚、ヴォーニトには剣の欠片を15個入っているので 最大HP+75、最大MP+15、各種抵抗力+3となっています

LV15

ヴォーニト(ブラッドトロールバラモン)

知能:高い 知覚:五感(暗視)
反応:敵対的 言語:汎用蛮族語、トロール語、交易共通語
生息地:戦場 分類:蛮族
知名度/弱点値:19/22 先制値:22
弱点:魔法ダメージ+2 移動力:30
生命抵抗:23(30) 精神抵抗:21(28)

攻撃方法
命中/回避/打撃点/防護点/HP/MP
武器(本体)
21(28)/17(24)/2d6+16/20/171/94


部位数:1 コア部位:-


■本体

○弱体化:日光
太陽光によって弱体化します
現在時間が9時~15時までの間命中回避に-2のペナルティを受け、また○再生の効果が無効化されます
現在時間が7時~9時及び15時~17時までの間命中回避に-1のペナルティを受けます
また○再生の効果量が半減します

○2回宣言

○神聖魔法(ダルクレム)LV13/魔力17(24)

□魔法拡大/数 □マルチアクション

□魔力撃強化=命中+4、ダメージ+17、回避抵抗-2

〆フルスイング
自身の存在する乱戦エリア内の任意の5体までに同時に攻撃を行います

○再生=互いの手番終了時20点HP回復

▽【カウンター】

○軍師の知啓/凪の陣
敵対するキャラクターは○影走り○鷹の目の効果が発揮されません
このキャラクターのHPが0以下の間この効果は無効化されます

▼ラストアーミー
自身以外の味方陣営のキャラが戦闘に介入できなくなったとき
自身に以下の効果を付与します
・自身に【ヘイスト】と同等の効果を付与
・命中回避+2、打撃点+4、防護点+4

アライブ:あ、これ影走りできないのか
クリス:あ、ちなみに時間8でクリアなのでペナルティは第二段階、命中回避-1の再生半減ですね
クリス:影走りつけたら速攻ラストアーミーもちやりにいくでしょアライブくん
アライブ:ですねぇ!
ヒカリ:さらっとカウンターとかある...めんどくさいな
アライブ:ペナルティーって自分たちにですよね?
クリス:んや?ヴォーニトよ
クリス:ヴォーニトトロールなので日の光に弱いのよ
アライブ:あ、なるほど了解です
クリス:んで、なるべく早く到着すればするほどペナルティが増えたってことです
クリス:当然そのためには被害者を出すなんてことはしてられないと
アライブ:了解です。ありがとうございます
クリス:おし、こっちは何時でもいけますよ
クリス:準備できてたら言ってくださいな、先制いくんで
アライブ:自分はOKです
ヒカリ:同じく
フォルセティ・フランベルジェ:おk
クリス:んでは先制どぞ、こっちの22かな?ではどぞ
システム:アライブさんの「先制」ロール(2d6+15)
→ SwordWorld2_0 : (2D6+15)  →  10[6、4]+15  → 25
システム:クリスさんの「先制」ロール(2d6+9+6+3)
→ SwordWorld2_0 : (2D6+9+6+3)  →  7[1、6]+9+6+3  → 25
クリス:おっけ、さて、皆さん、クリスの操作はオートとマニュアルどっちがいいですか?
クリス:明言無さそうなんでオートで進めますね
アライブ:了解です
クリス:「さて、支援から入っていくぞ、敵の攻撃力が怖いから、こうかな」
クリス:というわけでウォースピリット起動してフィールドプロテクションⅡで
システム:クリスさんの「魂>FP2」ロール(2 2d6)
→ 1回目: SwordWorld2_0 : (2D6)  →  9[5、4]  → 9
→ 2回目: SwordWorld2_0 : (2D6)  →  9[3、6]  → 9
クリス:成功、命中回避抵抗+1ダメージ-2
クリス:めも9に支援効果まとめのってますんで
アライブ:ありがとうございます
クリス:ターンエンドです
ヒカリ:前線荒らそっか、マルチリバグラかけます
アライブ:誰先に行きます?
アライブ:お願いします
クリス:OK、
ヒカリ:牙、熊猫スフィ巨腕虫鼓咆
クリス:OK
ヒカリ:ではリバグラから
システム:ヒカリさんのロール(2d6+21)
→ SwordWorld2_0 : (2D6+21)  →  12[6、6]+21  → 33
クリス:つっよ
ヒカリ:50m位落ちてもええんやで
クリス:オバカは47、岡巨人上が50、下が48か
クリス:OKOK
クリス:通常攻撃どぞ
ヒカリ:ヒルジャイアントAの上半身に攻撃します
クリス:命中どぞ
システム:ヒカリさんのロール(2d6+21)
→ SwordWorld2_0 : (2D6+21)  →  9[4、5]+21  → 30
クリス:おしい、当たった
システム:ヒカリさんのロール(k10+18@9)
→ SwordWorld2_0 : KeyNo.10c[9]+18  →  2D:[3、1]=4  →  1+18  → 19
ヒカリ:連技分入ってないんで+4です
クリス:らじゃ、毒どぞ
システム:ヒカリさんのロール(2d6+22)
→ SwordWorld2_0 : (2D6+22)  →  6[4、2]+22  → 28
クリス:岡巨人A、撃沈
クリス:次どぞ~
アライブ:セティさん先行きます?
フォルセティ・フランベルジェ:それじゃ先動くわ
クリス:どぞ~
フォルセティ・フランベルジェ:フルエンハンス、魔力薙ぎ対象オーバーABCD、岡野B頭
クリス:命中一括ダメージ分割でどぞ
システム:フォルセティ・フランベルジェさんの「まとめて消し飛べ!」ロール(2d6+17+2)
→ SwordWorld2_0 : (2D6+17+2)  →  7[5、2]+17+2  → 26
クリス:岡野君回避
フォルセティ・フランベルジェ:巧みの指輪(∩´∀`)∩パリーン
クリス:ちっ!
クリス:ダメージどぞ
システム:フォルセティ・フランベルジェさんの「雑魚どもに用はない、失せろ!」ロール(5 k46+35+4@10)
→ 1回目: SwordWorld2_0 : KeyNo.46c[10]+39  →  2D:[2、3]=5  →  7+39  → 46
→ 2回目: SwordWorld2_0 : KeyNo.46c[10]+39  →  2D:[2、6]=8  →  10+39  → 49
→ 3回目: SwordWorld2_0 : KeyNo.46c[10]+39  →  2D:[6、1]=7  →  10+39  → 49
→ 4回目: SwordWorld2_0 : KeyNo.46c[10]+39  →  2D:[5、1]=6  →  9+39  → 48
→ 5回目: SwordWorld2_0 : KeyNo.46c[10]+39  →  2D:[6、1]=7  →  10+39  → 49
クリス:参った、全滅してしまった
ヒカリ:( ´_>` )ハッハッハッ
クリス:まずいなぁ想像以上に
フォルセティ・フランベルジェ:ん?そんなに大場さん削れてた?
クリス:失敬、普通に耐えてた
クリス:ちょっと待っててね~
クリス:OKOK
クリス:ラストアライブくんどぞ
アライブ:ではでは
アライブ:「今回出費多いな…まあいい、やってやるか」
アライブ:というわけで
アライブ:熊猫鹿ジャイアントアーム魔力撃バトマス鎧貫アルケミAランク
クリス:OKOK
アライブ:目標は…
クリス:4体いるよ
アライブ:主行動Ⅰで
クリス:うん
アライブ:オーガAに1,2発目。Bに3発目
アライブ:命中行きます
クリス:OK
アライブ:3発目はケリで
クリス:んー…まぁいいやどぞ
システム:アライブさんの「命中」ロール(2 2d6+24)
→ 1回目: SwordWorld2_0 : (2D6+24)  →  6[3、3]+24  → 30
→ 2回目: SwordWorld2_0 : (2D6+24)  →  6[1、5]+24  → 30
システム:アライブさんの「命中」ロール(2d6+23)
→ SwordWorld2_0 : (2D6+23)  →  4[2、2]+23  → 27
クリス:よけれん
アライブ:ダメージ
システム:アライブさんの「ダメージ」ロール(2 k18+42@9)
→ 1回目: SwordWorld2_0 : KeyNo.18c[9]+42  →  2D:[1、4]=5  →  3+42  → 45
→ 2回目: SwordWorld2_0 : KeyNo.18c[9]+42  →  2D:[3、4]=7  →  5+42  → 47
システム:アライブさんの「ダメージ」ロール(k23+42@9)
→ SwordWorld2_0 : KeyNo.23c[9]+42  →  2D:[3、1]=4  →  2+42  → 44
クリス:二体とも沈黙
アライブ:これケリじゃなくてもいいな
アライブ:主行動2で
アライブ:オーガDに1,2発目、オーガCに3発目。全部拳で
クリス:OK
システム:アライブさんの「命中」ロール(3 2d6+24)
→ 1回目: SwordWorld2_0 : (2D6+24)  →  8[2、6]+24  → 32
→ 2回目: SwordWorld2_0 : (2D6+24)  →  8[6、2]+24  → 32
→ 3回目: SwordWorld2_0 : (2D6+24)  →  6[4、2]+24  → 30
システム:アライブさんの「ダメージ」ロール(3 k18+42@9)
→ 1回目: SwordWorld2_0 : KeyNo.18c[9]+42  →  2D:[3、1]=4  →  2+42  → 44
→ 2回目: SwordWorld2_0 : KeyNo.18c[9]+42  →  2D:[1、6]=7  →  5+42  → 47
→ 3回目: SwordWorld2_0 : KeyNo.18c[9]+42  →  2D:[6、5 2、1]=11、3  →  7、1+42  →  1回転  → 50
クリス:うーん命中たかーい
クリス:全員沈黙
クリス:ヴォーニト「…驚いたな」
アライブ:「っと、これで前線はつぶれたか」呟き
クリス:あごの長い冒険者「これが英雄…!」
クリス:射的屋のおっちゃん「すげぇなぁ!気張りなぁあんちゃんたち!」
クリス:ヴォーニト「侮ったつもりは無かったのだがな、こうも一息に潰されるとは」
フォルセティ・フランベルジェ:「さてと、次はアンタの番だぜ。タヒぬ覚悟はできたか~?」>ヴォーニト
クリス:ヴォーニト「まさか、」「益々気鋭となるものよ!」「…戦とはこうでなければなぁ!」
クリス:というわけで後手行きます
クリス:先ずヴォーニト
クリス:魔力撃強化とマルチアクションを宣言、自分にブレスⅡ
システム:クリスさんの「行使」ロール(2d6)
→ SwordWorld2_0 : (2D6)  →  5[4、1]  → 5
クリス:成功、全能力値+6
クリス:続いてオーガウォーロード
クリス:前線エリアに移動して魔力撃宣言
クリス:セティさんに魔力撃アタックです、回避どうぞ
システム:フォルセティ・フランベルジェさんの「щ(゚Д゚щ)カモーン」ロール(2d6+18)
→ SwordWorld2_0 : (2D6+18)  →  5[2、3]+18  → 23
クリス:当たった
クリス:ダメージ
システム:クリスさんのロール(2d6+29)
→ SwordWorld2_0 : (2D6+29)  →  6[1、5]+29  → 35
フォルセティ・フランベルジェ:防護10+FP2点、23ダメ
クリス:OK
クリス:んじゃこっちは終了
クリス:んじゃPCターン、2ターン目表開始
クリス:クリス「さて、どうしたものか…」「こっちかな」
クリス:というわけでクリスはセイクリッドシールドを3倍拡大で使って更にレジスタンスシェルも起動します
システム:クリスさんの「一括」ロール(2d6)
→ SwordWorld2_0 : (2D6)  →  6[4、2]  → 6
クリス:成功、対象は前衛3人
クリス:んでターンエンド
クリス:PC三人どぞ~
アライブ:誰から行きます?
アライブ:自分はあとからにしようと思っているんで先にどうぞ
ヒカリ:敵将がめんどくさい性能してるしな〜そもそもウォーロード殴っても落とせないし
フォルセティ・フランベルジェ:ウォーロードをヒカリセティで落とせそうにないですし、アライブ君殴ってどうぞ
アライブ:ん、これむしろ自分先に行った方がいいのか?
アライブ:あー、なるほど了解です
アライブ:では先行きますね
クリス:面倒くさい性能とは良い誉め言葉よ…ホホホ
アライブ:ではジャイアントアームかけなおして
アライブ:3連撃拳
クリス:命中ダメージどぞ~
アライブ:では、拳拳ケリで攻撃します
クリス:命中どぞ
アライブ:命中
システム:アライブさんの「命中」ロール(3 2d6+24)
→ 1回目: SwordWorld2_0 : (2D6+24)  →  10[4、6]+24  → 34
→ 2回目: SwordWorld2_0 : (2D6+24)  →  4[1、3]+24  → 28
→ 3回目: SwordWorld2_0 : (2D6+24)  →  10[4、6]+24  → 34
アライブ:3発目ー1です
クリス:かわせぬ
アライブ:ダメージ
システム:アライブさんの「ダメージ」ロール(2 k18+42@9)
→ 1回目: SwordWorld2_0 : KeyNo.18c[9]+42  →  2D:[6、6 3、2]=12、5  →  8、3+42  →  1回転  → 53
→ 2回目: SwordWorld2_0 : KeyNo.18c[9]+42  →  2D:[3、6 5、4 2、6]=9、9、8  →  6、6、6+42  →  2回転  → 60
アライブ:やったぜ
クリス:まだ耐えてる!
システム:アライブさんの「ダメージ」ロール(k23+42@9)
→ SwordWorld2_0 : KeyNo.23c[9]+42  →  2D:[1、1]=2  → ** → 自動的失敗
アライブ:草
クリス:やりぃ
クリス:残り13っす
アライブ:「すまない!少し残した」
アライブ:すみませんだ
ヒカリ:マルチアクション、スフィンクスノレッジ使用、鼓咆ランクアップ
クリス:なに!こほうランクアップ?!
クリス:烈火、ペナルティないバージョンか
クリス:OKOK
ヒカリ:通常攻撃で手負い仕留めます
クリス:命中どぞ
システム:ヒカリさんのロール(2d6+20)
→ SwordWorld2_0 : (2D6+20)  →  7[2、5]+20  → 27
クリス:あたるぅ
システム:ヒカリさんのロール(k10+20@9)
→ SwordWorld2_0 : KeyNo.10c[9]+20  →  2D:[3、2]=5  →  2+20  → 22
クリス:残り7
システム:ヒカリさんのロール(2d+22)
→ SwordWorld2_0 : (2D6+22)  →  8[4、4]+22  → 30
クリス:レジスタンスシェルの上から貫通
クリス:毒ダメージで落ちたかな
クリス:ヴォーニト「……1対4か」「…フフフ、面白い!」
ヒカリ:で、魔法枠でシャドウバインド
クリス:ラストアーミー起動です
クリス:行使どぞ
ヒカリ:魔法耐性上がらないから行けるはず
システム:ヒカリさんのロール(2d6+22)
→ SwordWorld2_0 : (2D6+22)  →  6[3、3]+22  → 28
クリス:残念
ヒカリ:割ってもか
クリス:欠片+ブレスⅡの時点で弾いております、んでレジスタンスシェルもある、こっちは申し訳ない
クリス:ただ~クリス的にはレジスタンスシェルは使っておきたかった、ごめんね
クリス:割っても足りないですね、セティさんどぞ
クリス:セティさん?
フォルセティ・フランベルジェ:ちょい待ち考え中
クリス:OK
フォルセティ・フランベルジェ:とりあえず足さばき敵後衛まで移動、マルアク宣言で自分にプロテク
システム:フォルセティ・フランベルジェさんの「プロテクション」ロール(2d6)
→ SwordWorld2_0 : (2D6)  →  6[1、5]  → 6
クリス:OK
フォルセティ・フランベルジェ:敵命中は今23(30)で合ってるよね?
クリス:35だ
クリス:基本28のペナルティ-1魔力撃強化+4ブレスⅡ(器知+1で系+2)にLAで+2
クリス:28+7で35のはず
フォルセティ・フランベルジェ:なるほど。それじゃ片手剣&盾装備で片手剣素切りで
クリス:素切り?とかくカウンター合わせますよ?
クリス:命中どぞ
システム:フォルセティ・フランベルジェさんの「やいやい」ロール(2d6+19)
→ SwordWorld2_0 : (2D6+19)  →  8[5、3]+19  → 27
クリス:カウンター発動
システム:クリスさんの「ダメージ」ロール(2d6+39)
→ SwordWorld2_0 : (2D6+39)  →  8[6、2]+39  → 47
フォルセティ・フランベルジェ:(^O^) バッカジャナイノ
クリス:んまぁ勝てない相手ではないと思うよ?一応
フォルセティ・フランベルジェ:防護点12+被ダメー3+セイシー3 18点軽減29ダメ
クリス:でもヘイストは要らなかったかな…(ボソッ
クリス:あ、ちなみにポーションとか、飲む?補助動作は主動作あとでもできますゆえ
フォルセティ・フランベルジェ:思ったより痛い。ヒリポ+1飲んどくわ
クリス:OK、回復どぞ
システム:フォルセティ・フランベルジェさんの「回復」ロール(k20+13+1@13)
→ SwordWorld2_0 : KeyNo.20+14  →  2D:[5、4]=9  →  7+14  → 21
クリス:んじゃこっちのターン
クリス:ヴォーニト「…では、いくぞ」
クリス:魔力撃強化マルチアクション宣言して自分にセイクリッドウェポンしてから魔力撃強化でセティさんに攻撃
システム:クリスさんの「セイクリッドW」ロール(2d6)
→ SwordWorld2_0 : (2D6)  →  7[4、3]  → 7
クリス:セティさん回避どうぞ
クリス:36です
フォルセティ・フランベルジェ:セイポン使えんくね?
クリス:間違えた、ヴァイスウェポン…ってこれもか
クリス:んまぁ人族3/4だしな、
クリス:訂正ヴァイスウェポンうってセティさん殴る、命中35です
システム:フォルセティ・フランベルジェさんの「どの道」ロール(2d6+20)
→ SwordWorld2_0 : (2D6+20)  →  7[5、2]+20  → 27
システム:クリスさんのロール(2d6+39)
→ SwordWorld2_0 : (2D6+39)  →  8[6、2]+39  → 47
クリス:そしてヘイストのお時間だっ!
システム:クリスさんのロール(1d6)
→ SwordWorld2_0 : (1D6)  → 4
フォルセティ・フランベルジェ:29ダメ―
クリス:惜しい…ターンエンド
クリス:クリス「セティ!回復必要か?」
フォルセティ・フランベルジェ:「この俺すら倒せねえとはな!やはり貴様は先の時代の敗北者じゃけぇ!」
フォルセティ・フランベルジェ:回復欲しいです
クリス:OK
クリス:クリス「さて…随分厄介な相手だぜクソが」
クリス:セティさんにキュアハート打ちます
システム:クリスさんの「行使」ロール(2d6)
→ SwordWorld2_0 : (2D6)  →  8[4、4]  → 8
システム:クリスさんの「治癒適正こみ」ロール(k30+13+6+1+1+1@10)
→ SwordWorld2_0 : KeyNo.30c[10]+22  →  2D:[5、6 6、3]=11、9  →  10、9+22  →  1回転  → 41
クリス:クリス「傷は治してやる!反撃も回数は出来ない以上沢山殴れば十分落とせる相手だ!きばってけ!」
クリス:というわけでPCどぞ
フォルセティ・フランベルジェ:「さんきゅ、クリス。」「それじゃもう一仕事行きますか!」
フォルセティ・フランベルジェ:先いいです?
アライブ:お願いします
フォルセティ・フランベルジェ:マルアク宣言。アライブ君にアイポン&片手剣素殴り
クリス:OK
システム:フォルセティ・フランベルジェさんの「アイポン」ロール(2d6)
→ SwordWorld2_0 : (2D6)  →  10[6、4]  → 10
クリス:OK
フォルセティ・フランベルジェ:アライブ君物理ダメ+3
アライブ:ありがとうございます
フォルセティ・フランベルジェ:そしてやっぱり片手剣魔力撃にしていいです?GM
クリス:いいよ~
システム:フォルセティ・フランベルジェさんの「くらいな!」ロール(2d6+19)
→ SwordWorld2_0 : (2D6+19)  →  6[5、1]+19  → 25
クリス:ふむ
クリス:…カウンターしない、受ける
クリス:ダメどぞ
クリス:ペナルティ無ければカウンターなしで避けれてたんだがなぁ
システム:フォルセティ・フランベルジェさんの「シャドウリープ!」ロール(k36+35@10)
→ SwordWorld2_0 : KeyNo.36c[10]+35  →  2D:[5、1]=6  →  7+35  → 42
クリス:18点かな
フォルセティ・フランベルジェ:ですねー。終了
クリス:次、アライブくんかな?
アライブ:う~ん…
アライブ:ヒカリさん後からでもいいですか?
クリス:ヒカリさん行きます?
ヒカリ:行かない、決めきれるか判断つかないんですけど
ヒカリ:判断つかないんで
アライブ:では了解です
アライブ:通させてはくれないだろうけど
アライブ:クリティカルレイ使用
アライブ:Aランク
クリス:OK
アライブ:ジャイアントアームかけなおして
クリス:OK
アライブ:命中
システム:アライブさんの「命中」ロール(3 2d6+25)
→ 1回目: SwordWorld2_0 : (2D6+25)  →  5[1、4]+25  → 30
→ 2回目: SwordWorld2_0 : (2D6+25)  →  7[5、2]+25  → 32
→ 3回目: SwordWorld2_0 : (2D6+25)  →  9[4、5]+25  → 34
クリス:一発目にカウンター
クリス:先ダメージどぞ
アライブ:2、3発目ですよね?
クリス:うん
アライブ:では
システム:アライブさんの「ダメージ」ロール(k18+45@9)
→ SwordWorld2_0 : KeyNo.18c[9]+45  →  2D:[3、1]=4  →  2+45  → 47
システム:アライブさんの「ダメージ」ロール(k23+45@9)
→ SwordWorld2_0 : KeyNo.23c[9]+45  →  2D:[2、1]=3  →  2+45  → 47
アライブ:出目が低い…
クリス:47点
クリス:残りHP187
クリス:んでカウンター
システム:クリスさんの「ダメージ」ロール(2d6+41)
→ SwordWorld2_0 : (2D6+41)  →  11[5、6]+41  → 52
アライブ:うわ、死ぬ死ぬ
クリス:ラストヒカリさんどぞ
アライブ:11マイナスで
ヒカリ:都合よく回るようなら畳み掛けたけど無理そう
ヒカリ:近接攻撃したらカウンター飛んでくるしなー
クリス:カウンターはターン1よ
クリス:この手番ではもう来ない
クリス:全部カウンターできたら流石に強すぎる
ヒカリ:あ、そっかセティさんには使ってないからそういう事になるか
ヒカリ:かと言って縛り武器出せないし
クリス:んまぁなるべく使わないでねってだけで使うなら使うで処理しますよ
ヒカリ:いや、デモンズビュート自体が×武器なんで
クリス:あぁ…確かにここで使ったら…ね
ヒカリ:仕方ない殴ろう
クリス:OK
ヒカリ:魔法は通る気しないんで魔力撃
クリス:ダメージどぞ
クリス:命中からだ
ヒカリ:スフィ巨腕とクリレイA重ねます
クリス:OK
システム:ヒカリさんのロール(2d6+21)
→ SwordWorld2_0 : (2D6+21)  →  5[1、4]+21  → 26
クリス:ぎりあたった
クリス:ダメージどぞ
ヒカリ:あークリレイだから出ないのか
システム:ヒカリさんの「ダイス+2」ロール(k10+44@9)
→ SwordWorld2_0 : KeyNo.10c[9]+44  →  2D:[5、5 5、3]=10、8  →  5、4+44  →  1回転  → 53
クリス:もっかいですね
クリス:ってそうじゃないか、レイ使いきりだった
ヒカリ:無理やりもっかい回すほどの価値もないしな〜
ヒカリ:毒行きます
システム:ヒカリさんのロール(2d6+22)
→ SwordWorld2_0 : (2D6+22)  →  10[5、5]+22  → 32
クリス:げっ
クリス:…同値!
ヒカリ:マルアクじゃないから-1か、実質魔法通らないのか
クリス:割れば通りますよ
ヒカリ:割ることもない、補正値落ちるし
クリス:OK
クリス:残り156っすね
クリス:さて…アライブくん耐えてね?
アライブ:無理ですね
クリス:ヴォーニト「…入ったな、間合いに」
クリス:タヒなないでねって意味
クリス:さて…マルチアクション魔力撃強化
クリス:ダルクレム最上級魔法、フェイタルイクスプロージョン行きます
クリス:精神抵抗力で目標値25どうぞ
システム:フォルセティ・フランベルジェさんの「抵抗!」ロール(2d6+18+2)
→ SwordWorld2_0 : (2D6+18+2)  →  8[2、6]+18+2  → 28
アライブ:全員です?
クリス:前衛3人
システム:ヒカリさんのロール(2d6+18)
→ SwordWorld2_0 : (2D6+18)  →  7[6、1]+18  → 25
システム:アライブさんの「抵抗」ロール(2d6+19)
→ SwordWorld2_0 : (2D6+19)  →  4[2、2]+19  → 23
クリス:(アカン)…ラック!
クリス:アライブくん振り直します?
アライブ:あー、します
クリス:んではどうぞ
システム:アライブさんの「抵抗」ロール(2d6+19)
→ SwordWorld2_0 : (2D6+19)  →  12[6、6]+19  → 31
クリス:ナイスゥ!
アライブ:極端
クリス:ダメージ行きます
システム:クリスさんの「半減」ロール(k80+18@13)
→ SwordWorld2_0 : KeyNo.80+18  →  2D:[5、2]=7  →  16+18  → 34
クリス:17点
フォルセティ・フランベルジェ:あっ・・・
アライブ:残り2でギリ耐えるかな
クリス:アライブくんヒカリさんは15、セティさんは14
アライブ:マジかちょうどか
クリス:いや!寧ろ良かった!
クリス:…下手に耐えられると薙ぎも打たなきゃならんかった
クリス:ということで生タヒ判定お願いします
アライブ:消魔ってつかえましたっけ?
クリス:使えるけど…フルスイングで落ちるよ?
アライブ:あー、じゃあこのままで
クリス:帰ってこれなくなっちゃう
クリス:んじゃ生タヒ判定どぞ
システム:アライブさんの「生死判定」ロール(2d6)
→ SwordWorld2_0 : (2D6)  →  7[3、4]  → 7
クリス:セーフセーフ
クリス:ヴォーニト「…まずは一人か」
クリス:んでフルスイング使用します
アライブ:「クソ…」ばたんきゅー
クリス:んでは命中35、ヒカリさんは36です
クリス:回避どうぞ
システム:ヒカリさんのロール(2d6)
→ SwordWorld2_0 : (2D6)  →  8[2、6]  → 8
システム:フォルセティ・フランベルジェさんの「回避ッ!」ロール(2d6+19)
→ SwordWorld2_0 : (2D6+19)  →  7[2、5]+19  → 26
システム:クリスさんの「ヒカリさんは更にダメージ+2」ロール(2d6+39)
→ SwordWorld2_0 : (2D6+39)  →  8[5、3]+39  → 47
システム:クリスさんの「ヘイスト」ロール(1d6)
→ SwordWorld2_0 : (1D6)  → 4
クリス:ヘイストはなしと
クリス:ダメージ計算したらクリス動きますね
クリス:クリス「…出し惜しみできねぇなこれは…」
ヒカリ:ただ殴られるだけなら大したことないけど...庇う無いし尖ってないとどうしようもない
クリス:というわけで3倍拡大キュアモータリー、前衛3人にうちます
システム:クリスさんの「行使」ロール(2d6)
→ SwordWorld2_0 : (2D6)  →  7[3、4]  → 7
システム:クリスさんの「キャラシート上から」ロール(3 k70+21@10)
→ 1回目: SwordWorld2_0 : KeyNo.70c[10]+21  →  2D:[3、5]=8  →  16+21  → 37
→ 2回目: SwordWorld2_0 : KeyNo.70c[10]+21  →  2D:[6、3]=9  →  17+21  → 38
→ 3回目: SwordWorld2_0 : KeyNo.70c[10]+21  →  2D:[1、5]=6  →  12+21  → 33
クリス:とりあえず手番終了
クリス:アライブくんHP37まで回復です
アライブ:この場合どうなるんでしたっけ?寝たまま?
クリス:ですね、寝たまま
クリス:とりあえず安全域まで行ったら起こしますね
アライブ:( 一一)ZZZZ
クリス:ヒカリさんかセティさんどぞ
ヒカリ:一応ダークソウルで起こせるけどこれも×だし
フォルセティ・フランベルジェ:とりあえずマルアク宣言ヒカリさんにプロテク飛ばしておきます
クリス:OK
システム:フォルセティ・フランベルジェさんの「行使」ロール(2d6)
→ SwordWorld2_0 : (2D6)  →  9[5、4]  → 9
フォルセティ・フランベルジェ:いくか、両手剣魔力撃
クリス:OK命中どぞ
フォルセティ・フランベルジェ:あれ?練技きれてる?
クリス:今かけ直していいよ
フォルセティ・フランベルジェ:猫熊虫
システム:フォルセティ・フランベルジェさんの「めいちゅ」ロール(2d6+19)
→ SwordWorld2_0 : (2D6+19)  →  6[2、4]+19  → 25
クリス:受けるか
クリス:ダメージカモン
システム:フォルセティ・フランベルジェさんの「ダメージ、この戦いはよ終わりたい」ロール(k46+35+6@10)
→ SwordWorld2_0 : KeyNo.46c[10]+41  →  2D:[2、5]=7  →  10+41  → 51
クリス:残り129
クリス:カウンター…ダメだなこれ
クリス:ヒカリさんどぞ
ヒカリ:カウンターされたら元も子もないんだよなぁ...魔法も通らないしやれることがない
クリス:妖精魔法とかは?
ヒカリ:バフの類は無いから無力
クリス:バーチャルタフネスとかないっけ?
クリス:そうでなくてもアライブくん直しておけば早く戦線復帰できますよ
ヒカリ:あーこれは一応バフか
ヒカリ:プライマリィヒーリング対象アライブくん
クリス:行使どぞ
システム:ヒカリさんのロール(2d6+10)
→ SwordWorld2_0 : (2D6+10)  →  5[3、2]+10  → 15
クリス:アライブくん14点回復です
クリス:んで今日はここまでで!

///////////////////////////////////////////////////////////////

GM/山火事@NPC:さて、お時間ですので点呼の方お願いします
ヒカリ:( ’ω’)/ ハイ
橙。:( ’ω’)/ サーン
アライブ:3
GM/山火事@NPC:おっけー!ではEM外伝シナリオ第一幕の続き!やっていきたいと思います!
GM/山火事@NPC:よろしくお願いします!
アライブ:よろしくお願いします
橙。:お願いしまーす
フォルセティ・フランベルジェ:トウッ
GM/山火事@NPC:さて、前回戦闘の途中で切ったということで再開していきます
GM/山火事@NPC:前回は多分4ターン目表ヒカリさんが終わった手番から
GM/山火事@NPC:というわけでエネミーターンのあとこっちの攻めで
GM/山火事@NPC:といってもやることはかわりません、マルチアクションでフェイタルイクスプロージョンうって前衛二人に魔力撃強化フルスイング
GM/山火事@NPC:まずは抵抗、目標値25で精神抵抗をどうぞ
システム:フォルセティ・フランベルジェさんの「抵抗!」ロール(2d6+20)
→ SwordWorld2_0 : (2D6+20)  →  6[5、1]+20  → 26
システム:ヒカリさんのロール(2d6+20)
→ SwordWorld2_0 : (2D6+20)  →  5[2、3]+20  → 25
システム:GM/山火事@NPCさんの「半減」ロール(k80+18@13)
→ SwordWorld2_0 : KeyNo.80+18  →  2D:[5、2]=7  →  16+18  → 34
GM/山火事@NPC:17点魔法ダメージです、続いて目標値35で回避判定をどうぞ
システム:ヒカリさんのロール(2d)
→ SwordWorld2_0 : (2D6)  →  7[5、2]  → 7
システム:フォルセティ・フランベルジェさんの「アタマ\(^o^)/オカシインジャナイノ」ロール(2d6+18)
→ SwordWorld2_0 : (2D6+18)  →  7[3、4]+18  → 25
システム:GM/山火事@NPCさんの「ヒカリさんはダメージ+2」ロール(2d6+39)
→ SwordWorld2_0 : (2D6+39)  →  11[5、6]+39  → 50
GM/山火事@NPC:げっ
GM/山火事@NPC:で、でもこれでPCターンだから…
GM/山火事@NPC:…さて、皆さん、こいつを倒すのに協力していただけますか…;;
GM/山火事@NPC:とりあえずクリスは出し惜しみできないので前衛三人にキュアモータリー打ちます
システム:GM/山火事@NPCさんの「一括」ロール(2d6)
→ SwordWorld2_0 : (2D6)  →  6[2、4]  → 6
システム:GM/山火事@NPCさんの「キャラシ上から」ロール(3 k80+21@10)
→ 1回目: SwordWorld2_0 : KeyNo.80c[10]+21  →  2D:[1、4]=5  →  10+21  → 31
→ 2回目: SwordWorld2_0 : KeyNo.80c[10]+21  →  2D:[2、1]=3  →  6+21  → 27
→ 3回目: SwordWorld2_0 : KeyNo.80c[10]+21  →  2D:[3、6]=9  →  20+21  → 41
GM/山火事@NPC:治癒適正でヒカリさんセティさんは回復量+1です
GM/山火事@NPC:んで…セティさんアライブ君にファナティシズムお願いできます?
GM/山火事@NPC:アライブ君HP全回復っす
フォルセティ・フランベルジェ:おk、ってことでマルアク宣言、アライブ君にファナティ&両手剣魔力撃
GM/山火事@NPC:命中35・・・届かない数値ではないはず
システム:フォルセティ・フランベルジェさんの「ファナティ」ロール(2d6)
→ SwordWorld2_0 : (2D6)  →  8[2、6]  → 8
GM/山火事@NPC:あとモータリー出目振るわなかったんで各自ポーション回復お願いします
システム:フォルセティ・フランベルジェさんの「めいちゅ」ロール(2d6+19)
→ SwordWorld2_0 : (2D6+19)  →  3[1、2]+19  → 22
GM/山火事@NPC:これなら避けれる、回避
フォルセティ・フランベルジェ:月舞
GM/山火事@NPC:OK
システム:フォルセティ・フランベルジェさんの「命中」ロール(2d6+19)
→ SwordWorld2_0 : (2D6+19)  →  4[2、2]+19  → 23
GM/山火事@NPC:回避
GM/山火事@NPC:ヒカリさんは回復支援お願いします、セティさんもヒカリさんも怖いんでちょっと
フォルセティ・フランベルジェ:マジかよ・・・ポショーンぐびるわ
システム:フォルセティ・フランベルジェさんの「自棄ポーションじゃ」ロール(k20+13+1)
→ SwordWorld2_0 : KeyNo.20c[10]+14  →  2D:[5、5 1、4]=10、5  →  8、3+14  →  1回転  → 25
GM/山火事@NPC:ポーション回復量どぞ
フォルセティ・フランベルジェ:23ですね
GM/山火事@NPC:ですね
GM/山火事@NPC:んじゃヒカリさんですね
ヒカリ:バータフアライブ君にかけてポーション使って終了
GM/山火事@NPC:らじゃ、行使と回復量お願いします
システム:ヒカリさんのロール(2d6+10)
→ SwordWorld2_0 : (2D6+10)  →  9[4、5]+10  → 19
システム:ヒカリさんのロール(k20+18@13)
→ SwordWorld2_0 : KeyNo.20+18  →  2D:[5、4]=9  →  7+18  → 25
GM/山火事@NPC:アライブ君最大HP+10です
GM/山火事@NPC:さて、こっちのターン
GM/山火事@NPC:フェイタルイクスプロージョンうってマルチアクション魔力撃強化でフルスイングいきますまずは精神抵抗目標値25でどぞ
システム:フォルセティ・フランベルジェさんの「抵抗」ロール(2d6+20)
→ SwordWorld2_0 : (2D6+20)  →  8[5、3]+20  → 28
システム:ヒカリさんのロール(2d6+20)
→ SwordWorld2_0 : (2D6+20)  →  5[4、1]+20  → 25
システム:GM/山火事@NPCさんの「半減」ロール(k80+15@13)
→ SwordWorld2_0 : KeyNo.80+15  →  2D:[3、1]=4  →  9+15  → 24
GM/山火事@NPC:出目が低い、12点です
GM/山火事@NPC:さて、回避判定で目標値35です、どぞ
システム:ヒカリさんのロール(2d6)
→ SwordWorld2_0 : (2D6)  →  9[3、6]  → 9
システム:フォルセティ・フランベルジェさんの「はいはい回避回避」ロール(2d6+18)
→ SwordWorld2_0 : (2D6+18)  →  6[3、3]+18  → 24
システム:GM/山火事@NPCさんの「ヒカリさんはダメージ+2」ロール(2d6+39)
→ SwordWorld2_0 : (2D6+39)  →  8[5、3]+39  → 47
GM/山火事@NPC:さて…PCターン
GM/山火事@NPC:アライブ君、起こしますよ、というわけでアウェイクン行きます
システム:GM/山火事@NPCさんの「アウェイクン」ロール(2d6)
→ SwordWorld2_0 : (2D6)  →  8[5、3]  → 8
アライブ:ありがとうございます。
GM/山火事@NPC:んで…セティさんお願いが、相手にバインドオペレーションお願いします
GM/山火事@NPC:こちら、抵抗短縮で行動判定-2にできるすぐれもの魔法です
フォルセティ・フランベルジェ:おkおk。なるほどね
GM/山火事@NPC:これで命中33、
フォルセティ・フランベルジェ:まずはポショーン
システム:フォルセティ・フランベルジェさんの「自棄酒じゃーい」ロール(k20+14@13)
→ SwordWorld2_0 : KeyNo.20+14  →  2D:[5、3]=8  →  6+14  → 20
アライブ:「…は…!」起きるRP忘れてた
GM/山火事@NPC:治癒適正お忘れなきように
GM/山火事@NPC:クリス「お早うさん、早速だが要塞崩し頼むぜ」
GM/山火事@NPC:クリス「…いま爆破作業中故にな、任せるぜ」
フォルセティ・フランベルジェ:んでマルアク宣言。ヴォーニトにバイオペ&両手剣魔力撃
システム:フォルセティ・フランベルジェさんの「闇よ、力となりて顕現せよ!」ロール(2d6+14)
→ SwordWorld2_0 : (2D6+14)  →  7[5、2]+14  → 21
GM/山火事@NPC:OK、ヴォーニトはカウンターはする気配がないですね
GM/山火事@NPC:ヴォーニト「…!味な真似を」
GM/山火事@NPC:んでは命中どぞ
フォルセティ・フランベルジェ:ってことで命中
システム:フォルセティ・フランベルジェさんの「(#^ω^)ピキピキ」ロール(2d6+19)
→ SwordWorld2_0 : (2D6+19)  →  5[4、1]+19  → 24
GM/山火事@NPC:回避
GM/山火事@NPC:さてアライブ君、ターゲットサイト、使い方覚えてますね?あと練技切れてるんでそこも
アライブ:OKです
GM/山火事@NPC:基礎命中22にウォースピリットファナティシズムで+3、ターゲットサイトキャッツアイで+2
アライブ:では熊猫ジャイアントアームタゲサ、アルケミクリティカルレイA使用
GM/山火事@NPC:基準値27、出目6以上でカウンターを弾けます
アライブ:カウンターってNPCがかった場合ダメージ最大になるじゃないですか
GM/山火事@NPC:…ですね
アライブ:PCの場合ってどうなるんですか?
GM/山火事@NPC:とりあえず、こちら一発目にカウンターを合わせることを宣言します
フォルセティ・フランベルジェ:とりあえず威力表1回目ロールが12 でいいんじゃない?
GM/山火事@NPC:ですね、$12で出来ますよ
アライブ:あー、ならクリティカルレイする必要はないですかね
アライブ:クリレイは抜きます
GM/山火事@NPC:とりけしOK
アライブ:では残りはいつもので
アライブ:命中
システム:アライブさんの「命中」ロール(3 2d6+27)
→ 1回目: SwordWorld2_0 : (2D6+27)  →  10[4、6]+27  → 37
→ 2回目: SwordWorld2_0 : (2D6+27)  →  8[3、5]+27  → 35
→ 3回目: SwordWorld2_0 : (2D6+27)  →  6[1、5]+27  → 33
アライブ:よっしゃ!
GM/山火事@NPC:ヴォーニト「なっ…!はや…いや」「我が遅いのか…!」
アライブ:まず1発目のダメージで
GM/山火事@NPC:ダメージどぞ
アライブ:53は確定しているのその続きを
システム:アライブさんの「ダメージ1発目」ロール(k18+@9)
→ SwordWorld2_0 : KeyNo.18c[9]  →  2D:[3、2]=5  → 3
アライブ:1発目56
GM/山火事@NPC:56点貫通
システム:アライブさんの「ダメージ」ロール(k18+45@9)
→ SwordWorld2_0 : KeyNo.18c[9]+45  →  2D:[3、6 6、2]=9、8  →  6、6+45  →  1回転  → 57
アライブ:やったぜ
GM/山火事@NPC:57点貫通
システム:アライブさんの「ダメージ」ロール(k23+45@9)
→ SwordWorld2_0 : KeyNo.23c[9]+45  →  2D:[3、5]=8  →  7+45  → 52
GM/山火事@NPC:56+57+28=141
GM/山火事@NPC:…HP-12、沈黙です
GM/山火事@NPC:おめでとうございます、皆さんの勝利です
アライブ:やったーー!途中での体たらくは忘れてやった―――!
GM/山火事@NPC:…き、きつかったぁ…
フォルセティ・フランベルジェ:(#^ω^)苦戦させやがってGMめ~
GM/山火事@NPC:いやぁまさかこんなに強いとは…
アライブ:「汚名に汚名を重ねることは何とか阻止できたか…」呟き
アライブ:俺…帰ったら命中補正上げるんだ…
GM/山火事@NPC:クリス「お、終わったのか?こいつもう立ち上がらないよな?」
アライブ:「大丈夫だと…大丈夫ですよね?」つんつん
GM/山火事@NPC:メイガス使えないのも相まってMPがアホほど溶けたんじゃが
GM/山火事@NPC:ヴォーニト「フフ…この我が負けるとはな…焼きが回ったものだ」
GM/山火事@NPC:そういう彼は全身から血を流しまくりでいかにも致命的な致命傷ですね
フォルセティ・フランベルジェ:「ま、お前はなかなかやったよ。俺らがすごかっただけだ。」
GM/山火事@NPC:ヴォーニト「我らバルバロスの流儀だ、勝者たちよ、何を望む?」
アライブ:「敵相手に言いたくはありませんが…あなたのおかげで一つ自分の弱さに気づけた気がします…」
アライブ:「望む…ですか?」
GM/山火事@NPC:ヴォーニト「そうか…ならば精進するといい、」
GM/山火事@NPC:ヴォーニト「いかにも、あいにく持ちうるものは少ないが…何も渡せないということもあるまい」
フォルセティ・フランベルジェ:「とりあえずお前の上司について吐いてもらうぞ。何の目的で俺らを襲ったんだ?迷惑でしかない。」
GM/山火事@NPC:ヴォーニト「わが主、シュバイン様の命令だ」
山火事:ヴォーニト「…とは言え、本当のところは少し違う」
山火事:ヴォーニト「事の起こりは二月ほど前、我らが拠点にしている遺跡都市ゼルブリス」
山火事:ヴォーニト「そこに『ネームレス』と名乗るドレイクからとある提案がなされた」「それこそがルーフェリア襲撃案」
システム:山火事さんが、入室しました。
山火事:ヴォーニト「彼のもの曰く『二月後、俺たちの力でルーフェリアに混乱をもたらし、在り方を崩壊させる、其の隙に進軍しろ』と」
GM/山火事@NPC:ヴォーニト「ゼルブリスの長であるフィルゲン(ドレイクカウント、有名)はこれを信用出来んとして無視したのだが…」
GM/山火事@NPC:ヴォーニト「わが主は前々よりフィルゲンに反感を持っていた、その為個人的にネームレスと接触し、進軍の手取りをしたのだ」
GM/山火事@NPC:ヴォーニト「そして…ネームレスの指示の中にあったのが貴様らのこと」
GM/山火事@NPC:ヴォーニト「謎にして気鋭の冒険者の一行が唯一策を壊しかねない瑕となりうる、やつらより<メイズメイカー>を奪え、そう指示があったのだ」
GM/山火事@NPC:ヴォーニト「因みに我はその魔剣<メイズメイカー>がどういうものかは知らん」
GM/山火事@NPC:ヴォーニト「…恐らく貴様らが知りたいのはこれのことだろう」
アライブ:「なるほど…それにしてもやけに素直に話してくれますね?」
GM/山火事@NPC:ヴォーニト「我らは戦士であるが故にな、」
アライブ:「(。´・ω・)ん?、なるほど」
フォルセティ・フランベルジェ:「”ネームレス”か、気に食わねぇ。どっちにせよ、お前らは”手駒”だったってわけか。」
GM/山火事@NPC:ヴォーニト「その通り、ある意味で我も、シュバイン様も、その『ネームレス』とやらの傀儡にすぎんのかもしれんな」彼は力なく自嘲します
GM/山火事@NPC:ヴォーニト「…しかし、シュバイン様ともあろうお方があの出来損ないの策に乗るとはな、相当に焼きが回っていたのかもしれんな(小声」
アライブ:「………」
アライブ:「それで、皆さんどうします?」
GM/山火事@NPC:ヴォーニト「…さて、我よりもう言えることはない、穀せ」
GM/山火事@NPC:ヴォーニト「情けなど掛けてくれるなよ、それは最大級の侮辱だ」
フォルセティ・フランベルジェ:「そうか・・・んじゃ、生き恥さらすか?w」
アライブ:「言い方が…」苦笑い
ヒカリ:「何だか知らないけど穀せって言ってるんだしその通りにしてあげたら?多分周りが納得しないよ、これを放置するのは」
アライブ:「でも実際彼が万全に戻って敵として現れたらいろいろきついですよ」
フォルセティ・フランベルジェ:「ちぇ、結局お前のお望み通り、か。しゃーねーな!」と言って止めさしますね(魔力撃)
GM/山火事@NPC:OK、ご臨終です
GM/山火事@NPC:フランツ「そっちも終わりましたか?」
GM/山火事@NPC:あごの長い冒険者「いや…傍目に見ていたが凄まじい戦いだったな、どっちも」
GM/山火事@NPC:皆さんが周囲を見回すなら包囲していた妖魔たちは全滅していますね
GM/山火事@NPC:いま蛮族のタヒ体でお焚き上げ中です
GM/山火事@NPC:フランツ「…タヒ体の処理が出来ましたら早急に首都まで避難を再開しましょう」
フォルセティ・フランベルジェ:「そーだな。他に追手がいないとも限らないし。」
ヒカリ:道は大丈夫なのかな
アライブ:「了解です」
GM/山火事@NPC:んでは避難を再開する皆さん…
GM/山火事@NPC:遠目に見えていた首都の姿がハッキリ見えてきます
アライブ:「あれが…」
GM/山火事@NPC:水の都、首都カナリス…
GM/山火事@NPC:その姿が、近づいてハッキリと見えてきます
GM/山火事@NPC:そこは…既に蛮族たちが跋扈する戦火あがる戦いの地でした
GM/山火事@NPC:…というところで第一幕、終了です!
アライブ:「…っ!」今すぐにでも走り出そうとする
GM/山火事@NPC:ちょい待ってくださいね~マスターシーン挟みますので
GM/山火事@NPC:とりあえずトイレ休憩とかしていてくださいな
GM/山火事@NPC:皆さんが首都カナリスの惨状を目にしている、その遠く後ろ 小高い崖の上に、皆さんを睥睨する影が二つ
GM/山火事@NPC:「…来てしまいましたね、魔剣の担い手」  
GM/山火事@NPC:先に言葉を発したのは銀色の髪の少女だった
GM/山火事@NPC:それに答えるのは有角の青年だった
GM/山火事@NPC:「…致し方無いことだ。ククッ、やはりツキがないな、俺には」
GM/山火事@NPC:彼は戦火に燃えるカナリスを、そしてそれを見ている四人の冒険者を瞳に映す
GM/山火事@NPC:「魔剣に選ばれる資格も、秘めた才覚も、」
GM/山火事@NPC:「俺にはない素養だった…だが」  「それでこそ、俺たちが喰らうに相応しい」
GM/山火事@NPC:そう言って青年は銀の少女の頭をクシャクシャと撫でる
GM/山火事@NPC:「戻るぞ、レーテ、奴らはきっとあの侵攻も超えてくる」
GM/山火事@NPC:レーテと呼ばれた銀の少女は何も言わず、竜人の言葉に耳を傾ける
GM/山火事@NPC:「その力、才能、経験。お前たちの全て、俺の力の糧にしてやる」
GM/山火事@NPC:瞬間、銀の光が世界を覆う、そこに、銀色の髪の少女はなく、剣を片手に携えた竜人だけがいた
GM/山火事@NPC:「…あぁ、そうだったな、俺の理由は疾うに消えた、なればこそ、」「…理由は要らない、ただ、力だけを」
GM/山火事@NPC:虚空に切先を向けるとそこに白き空洞が、その竜人はその穴に消えていきました
GM/山火事@NPC:はい!というわけで今度こそ第一幕終了です!
GM/山火事@NPC:先ずはボーナスから
アライブ:お疲れさまでした
GM/山火事@NPC:被害者数ゼロだったので市民さんからお礼がもらえます
GM/山火事@NPC:アウェイクポーションが3つ、ヒーリングポーションが5つ、魔香草が10枚ですね
GM/山火事@NPC:とりあえず今振り分けてくださいな

リザルトまとめ中…

GM/山火事@NPC:というわけで皆さんお疲れ様でしたー!
鸚哥:お疲れさまでした
GM/山火事@NPC:解散です!次回以降もよろしくお願いします!
フォルセティ・フランベルジェ:お疲れ様でしたー
GM/山火事@NPC:…戦闘バランスもうちょい調整していこう…
GM/山火事@NPC:あ、リプレイ書くために部屋延期するかもなんでもし募集ページ浮かんでてもお気になさらず
アライブ:了解です。
アライブ:自分もそろそろ失礼します
 いいね!  0

注意: 当ページの内容の転載、複製は著作者の許可がない限り行わないでください。

リプレイ一覧に戻る

コメントを書く

※投稿するにはログインが必要です。

コメント一覧

まだレスポンスがありません。

同人誌、同人ゲーム、同人ソフトのダウンロードショップ - DLsite