【その他】「さあ、冒険をはじめようか(その3)」ドラゴンキャッスルズ・リプレイ

リュウケン
リュウケントピックリプレイ 押されたいいね! 1
登録日:2022/10/05 00:41最終更新日:2022/10/05 00:41

ドラゴンキャッスルズ・リプレイ(その3)

7◇モンスターの巣へ!

GM(リュウケン)
「それでは【いまの状況】説明」

「目の前には洞穴、そこにバグベアの巣がある」

「君たちは意を決して巣に踏み込んだ!」

ミスターグリーン(ミスター)
「剣を構えます」

ワンダルフ(ブラッシー)
「魔法用意っ!」

オータム(酒オ)
「警戒しながらナイフを構えます」

洞窟に入る3人。

中からガチャガチャする音と何やら唸るような声、それから汗臭い獣の臭いがする。

ひときわ大きな声が響いた。

バグベア達が侵入者に気づいたようだ!!

GM(リュウケン)
「向こうのほうからバグベア達が向かってくる」

オータム(酒オ)
「数は?」

GM(リュウケン)
「3体来るよ!」

オータム(酒オ)
「3体か!多いな!」

ミスターグリーン
「同数だな」

GM(リュウケン)
「ワンダルフは[魔物知識]があったね!【得意なこと】判定していいよ」

ワンダルフ(ブラッシー)
「わかった!!」

コロコロ(ダイスをふる)…1!完全成功!!

GM(リュウケン)
「おお!完全成功か!!」

「ではデータまでわかります」
「バグベアのデータは、能力2、HP4、ダメージ2です」

オータム(酒オ)
「つ、つ、強いぞ!でも、やるしかない」

GM(リュウケン)
「それでは戦闘開始です」


8◇戦闘開始!!

ドラゴンキャッスルズRPGの
戦闘の流れは1ターン(巡)目

1:戦闘前行動(アイテム使用など)
2:列の決定(前列・後列の決定)
3:行動順番決定(イニシアチブ決定)
4:行動解決(戦闘やダメージ解決)

となります。

2ターン(巡)目からは戦闘前行動が無くなるので

1:列の決定(前列・後列の決定)
2:行動順番決定(イニシアチブ決定)
3:行動解決(戦闘やダメージ解決)

の繰り返しとなります。

GM(リュウケン)
「それではまず戦闘前行動」

使えるアイテムなどが無いため
戦闘前行動は双方無し。

GM(リュウケン)
「では列の決定、バグベアは肉体派なので3体全部、前列です」

ワンダルフ(ブラッシー)
「魔法使いだから後列にいきます」

ミスターグリーン(ミスター)
「戦士だから前列へ」

オータム(酒オ)
「盗賊だけど、戦えるから前列だな」

ドラキャスでは
前列は敵の前列を攻撃できて、
後列は攻撃系の魔法か遠距離攻撃があれば敵を攻撃できます。

それを踏まえて今回の列の決定では

【敵前列】
バグベアA、バグベアB、バグベアC
【敵後列】
無し

【味方前列】
ミスターグリーン、オータム
【味方後列】
ワンダルフ

という並びになりました。

GM(リュウケン)
「それでは行動順番決定です」
「ダイスを各自ふってください」
「行動順番はダイス目が大きい人からです」

コロコロ(ダイスをふる)…
バグベアA→3
バグベアB→2
バグベアC→5

オータム→4
ワンダルフ→3
ミスターグリーン→2

ということで行動順番はダイス目の大きいキャラクターから順に

【1番目】ダイス目→5
バグベアC
【2番目】ダイス目→4
オータム
【3番目】ダイス目→3
バグベアA
ワンダルフ
【4番目】ダイス目→2
バグベアB
ミスターグリーン

となりました。

ミスターグリーン(ミスター)
「同じダイス目の人はどうなります?」

GM(リュウケン)
「同時解決とみなすのですが、基本は敵側から判定します」

「ドラキャスでは敵の攻撃を[守備]するという選択があるので、敵の攻撃が当たっているかどうかが、わかっていたほうが[守備]に有利なのです」

ミスターグリーン(ミスター)
「うーん、とにかく同時解決で、敵側からですね!」

GM(リュウケン)
「はい、進めていくとわかりますよ」

「では、バグベアCの攻撃、バグベアは[能力2]なので、2以下であたり!」

攻撃対象は手当たり次第ランダムで。
目標は前列のオータム!

コロコロ(ダイスをふる)…3!失敗。

GM(リュウケン)
「次はオータムの番ですね」

オータム(酒オ)
「私は[能力3]だから3以下で成功」
「まだ攻撃してないバグベアBを狙います」

コロコロ(ダイスをふる)…3!成功。

オータム(酒オ)
「よし!とりあえず当たり!ダメージは1かぁ」

バグベアBのHP4→3

続いてバグベアAの攻撃は失敗。

GM(リュウケン)
「ワンダルフの番だね」

ワンダルフ(ブラッシー)
「えっと攻撃魔法は何回使えるのかな?」

GM(リュウケン)
「1戦闘につきレベル回数だから、1レベルの今は1回だね」

(回復魔法は[1日につき]レベル×2回)

ワンダルフ(ブラッシー)
「よしっダメージを受けているバグベアBに攻撃魔法!」

攻撃魔法は自動命中なのでバグベアBに2点のダメージ!

バグベアBのHP3→1

GM(リュウケン)
「バグベアBはボロボロだね、もうすぐ、倒れそう」

「でもそのバグベアBの反撃」

バグベアBは攻撃してきたオータムを狙う。

コロコロ(ダイスをふる)…2!成功。

バグベアBの攻撃がオータムにヒットする。

オータム(酒オ)
「うわっイタタタ」

オータムのHP5→3

GM(リュウケン)
「続いてバグベアCの攻撃、えーとランダムで攻撃なんだけど、こいつもオータムを狙うみたい」

コロコロ(ダイスをふる)…1!成功。

オータム(酒オ)
「またきたー!」

オータムのHP3→1

オータム(酒オ)
「ヤバイ!あと一撃で倒れる」

GM(リュウケン)
「最後にミスターグリーンの番だね」

ミスターグリーン(ミスター)
「よしっ!戦士は2以下か、けっこう難しいぞ」

コロコロ(ダイスをふる)…3!失敗。

ワンダルフ(ブラッシー)
「あーっおしい!!」

【1ターン(巡)目の結果】

バグベアAのHP4
バグベアBのHP1
バグベアCのHP4

オータムのHP1
ワンダルフのHP2
ミスターグリーンのHP5


9◇バグベアとの死闘!

GM(リュウケン)
「それでは戦闘2ターン(巡)目です」

「列の決定から」

バグベア達は当然、全員が前列。

プレイヤーのキャラクターたちは
1ターン(巡)目と同じでオータムとミスターグリーンが前列、ワンダルフが後列。

戦闘2ターン(巡)目はまず、ワンダルフが回復魔法でオータムのHPを2点回復。

オータムがバグベアBに攻撃をヒット!バグベアBのHP1→0で、これを倒す。

バグベアAの攻撃は失敗、バグベアCの攻撃がミスターグリーンにヒット!

GM(リュウケン)
「では、ミスターグリーンは2点ダメージを受けてください」

ミスターグリーン(ミスター)
「ゲームマスター、さっき言ってた[守備]ってできます?」

ミスターグリーンはまだ[攻撃]をしていないので、[守備]の選択肢がある(戦闘時の行動として、[攻撃]も[守備]も1行動とカウントされる)

GM(リュウケン)
「うん、できるね!ミスターグリーンの[能力2]以下を出せば[守備]になるよ」

ミスターグリーン(ミスター)
「ではやってみます」

コロコロ(ダイスをふる)…2!成功。

ミスターグリーン(ミスター)
「よし!成功した!!」

ガキィーーン!!!バグベアCの攻撃はミスターグリーンの剣で弾かれる!ノーダメージだ。

【2ターン(巡)目の結果】

バグベアAのHP4
バグベアB→死亡
バグベアCのHP4

オータムのHP3
ワンダルフのHP2
ミスターグリーンのHP5

GM(リュウケン)
「それでは戦闘3ターン(巡)目開始!」

3ターン(巡)目はまずワンダルフが
オータムに回復魔法でHP2回復!

次にオータムがバグベアAに攻撃して1ダメージをあたえる。

続いてミスターグリーンがバグベアAに攻撃して2ダメージ!

バグベアCの攻撃は失敗。

【3ターン(巡)目の結果】

バグベアAのHP1
バグベアB→死亡
バグベアCのHP4

オータムのHP5
ワンダルフのHP2
ミスターグリーンのHP5

いいね! いいね!  1

注意: 当ページの内容の転載、複製は著作者の許可がない限り行わないでください。

リプレイ一覧に戻る

コメントを書く

※投稿するにはログインが必要です。

コメント一覧

まだレスポンスがありません。