シナリオセット【シャドウラン5th】レッグワークの基本の内容

基本情報

雅 狼餓シナリオセット  2
登録日:2020/07/26 15:52最終更新日:2020/07/27 21:33

タイトル: レッグワークの基本
TRPGシステム: シャドウラン5th
適正プレイ人数: 何人でも
適正レベル: なし
概要:
○レッグワーク ・共通的に使えるレッグワーク手順 ・ロール&ロール記載シナリオのようにコンタクト、マトリックス検索/知識技能のレッグワーク表を作ることが前提 結果はコマンドではなく、メモに貼り付ける想定なのでコマンド化しない。
 いいね!  2

目次・解説など及びシーン情報

下の「クリックで開く」を押して閲覧できる内容はネタバレになります。

(▲ クリックで閉じる ▲)

目次・解説など:

※これをメモに貼ってもいいんじゃね? 的な解説欄。
(シーンにはほぼ同じ事が書いてあります)

1、コネクションを使う
PCがコンタクトと連絡を取ろうとする場合、【コネ値】+【コネ値】のテストを行う。この結果で、そのコンタクトがその情報に対して、どの程度の情報をもっているかが決まる。
次にPCは〈エチケット〉+【魅力】+【忠実値】のテストを行なう。 ここで得られたヒット数が、そのコンタクトが無料で教えてくれるヒット数になる(最大は【コネ値】テストのヒット数まで)。
コンタクトによるレッグワークは1件1時間かかるとすればバランスが良いと考えています。
利点:情報レベルに対して要求されるヒット数が少ない(高レベルの情報を得られやすい)
欠点:忠実値の低いコネクションの場合、新円を代価として多く取られる(レベル*200新円)

2、知識技能を使う
レッグワークの項目毎にGMが使用できる知識技能を提示します。PC側からこれは使える? などの提案もありです。
PCは対象の〈知識技能〉+【対象の知識技能に対する能力値】のテストを行います。
例)趣味、ストリート知識〈地域情報:シアトル〉+【直観力】。学術、職業知識〈覚醒生物学〉+【論理力】。
利点:時間も新円もかからない(自分の知識を思い出したりするだけなので)
欠点:ヒット数に対して得られる情報レベルが低くなります。シナリオに沿った知識技能を持っているとは限らない。

3、マトリックス検索を行う
〈コンピュータ〉+【直観力】[データ処理]の単純テストを行います。目標値はレッグワーク表のマトリックス側のヒット数にします。
ルールブック243Pのマトリックス検索表を参照し、目標値毎に定められた単位時間を費やします(純ヒットによる削減もある)。
利点:マトリックスに接続さえできれば誰でも行える。時間以外の代価もいらない。
欠点:ヒット数に対して得られる情報レベルが低くなります。目標値がでなければ無駄になる。目標値6から12時間と一気に時間が増える。
シーンNo. 種別/発言者 コマンド/説明

1

 

コマンド

GM

2

 

コマンド

GM

3

 

コマンド

GM

4

 

コマンド

GM

5

 

コマンド

GM

6

 

コマンド

GM

7

 

コマンド

GM

8

 

コマンド

GM

9

 

コマンド

GM

10

 

コマンド

GM

11

 

コマンド

GM

12

 

コマンド

GM

13

 

コマンド

GM

14

 

コマンド

GM

15

 

コマンド

GM

16

 

コマンド

GM

17

 

コマンド

GM

18

 

コマンド

GM

TRPG 人気 作品一覧 - DLsite 同人

シナリオセット一覧に戻る

コメントを書く

※投稿するにはログインが必要です。

コメント一覧

まだコメントがありません。