おすすめ

D
D情報交換[web全体で公開] 押されたいいね! 0
登録日:2017/02/02 20:52最終更新日:2017/02/02 20:52

新刊、既刊問わず、T&T関連の書籍や記事などについて、
こんなのがあったよ、これが良かったよ、と紹介するところです。
いいね! いいね!  0

スレッド一覧に戻る

コメントを書く

※投稿するにはこのコミュニティに参加する必要があります。

コメント一覧

ポール・ブリッツ
6. ポール・ブリッツ
2022/07/05 15:44
ビギナーズバンドル買ったですよ。読んだですよ。ソロシナリオも3本入ってて、ミニシナリオとちょっとボリューミーなシナリオもついていて、小説やためになるコラムも充実していて、悪い本ではないと思ったですよ。

だけれども、きょうびT&Tのルルブにポンと3300円が払える人間にビギナーなどおらんわっ! というのがちょい悲しみが深くて……。しかも400円上乗せすれば完全なルール一そろいが手に入るとあっては、どこをターゲットにした値段設定と商品展開なのかさっぱりわからぬ。

あと、ミニルールはわかりやすさに重点が置かれた書き方してあって好印象なんだけど、収録されている呪文が1レベルや2レベルでさえもあまりに限定的すぎていて、値段の面からもビギナーにはA5版のソロシナリオ集を買うことをおすすめしたくなるっていうのはちょっとなんだなあ……。うーむ、つくづくターゲットが見えん本だ……。
いいね! いいね!3
ポール・ブリッツ
5. ポール・ブリッツ
2022/04/17 21:35
GMウォーロックの最新号を読んで目を疑った。最新サプリとして「ビギナーズ・バンドル」が出るそうなのである。読んでみると、初心者用にコアルールをまとめ、シナリオとソロシナリオをつけて廉価で売るらしい。

個人的には千円でお釣りがくるレベルの値段で売ってほしいところだが、他のソロシナリオなどの値段を見ると、まあ1980円くらいのものだろう……。

もし2500円を超えた値段だとかヌカしたら、罪もなく良心的な価格設定だとは思うが、血涙を流しながらSNEに左ロングフックをぶち込みたいところである。950円のルルブでも高い、とかいってるんだぞ初心者は!(T_Tm
いいね! いいね!2
ポール・ブリッツ
4. ポール・ブリッツ
2019/12/09 14:39
「ウォーロックマガジン」誌にも載ってたけど、「恐怖の街」は作りたてのキャラクター3人程度でパーティを組んで、GMを立ててプレイするとバランスが取れていてめちゃくちゃ楽しいです。
いいね! いいね!2
ポール・ブリッツ
3. ポール・ブリッツ
2018/08/18 16:46
「アドベンチャー・コンペンディウム」のミニソロシナリオを5つばかりぱーっと縦走する、ということをやったけど、どれも30パラグラフくらいしかないミニシナリオにしては展開がいろいろあって面白かった。

どれとはいわないが、冒頭で2レベルの幸運度ロールに「成功」すると本筋から外れる、という代物がある。本筋から外れると労せずして1000GP入って冒険を終えられるので、幸運度が高いキャラクターならいいかもしれない。

むろん、セービングロールに失敗すると即死も同然の運命、ということはよくあるので、その分も考えに入れたうえでそのソロシナリオをGMしてほしい人がいたらご一報ください。
いいね! いいね!2
ポール・ブリッツ
2. ポール・ブリッツ
2017/10/13 21:39
フェアリーで魔術師キャラを作って、「ソーサラー・ソリテア」で最初にドクロに触り、化け物みたいな能力の1レベルフェアリー冒険者を作ることをやった人~!(笑)

新版でもあれ、あるのかなあ。
いいね! いいね!1
ポール・ブリッツ
1. ポール・ブリッツ
2017/05/14 16:52
ウォーロック誌に最初に載ったソロシナリオ「バッファロー・キャッスル」はよくできてましたね。

社会思想社も「ソーサラー・ソリテア」と合本にするのは「カザンの闘技場」よりはこっちだったのではと思います。盗賊用のソロシナリオも作って三本立ての合本にし、それぞれのプレイ方針を明確にさせるとよりわかりやすかったんじゃないかなあ。
いいね! いいね!1