ダイバーさんの日記

日記一覧

ダイバー
2020/07/12 15:47[web全体で公開]
😶 このシチュエーションを再現したい。品がないので畳み
(▼ ネタバレを含むコメントを読む。 ▼)
 いいね!13
ダイバー
2020/07/07 23:11[web全体で公開]
😶 コミュニケーションの得意不得意について ⑨
ダ:これ実際にやってみた方が良いと思うから、私から山崎さんに質問するよ。

山:おや、私に?

ダ:そうだね、ではまずなぜTRPGを始めたんですか?

山:これ言うわけ?それはもともと、私がもともと、スパロボなどのクロスオーバーな作品が好きで、他の作品に出てくる登場人物達とのコラボが楽しかったので、その体験をしたかったからね。

ダ:なるほど☺️ そうなんですか。スパロボは良いですね。私も大好きです。その中でTRPGをしてからどれくらい経ちましたか?

山:早いもので、もう半年ね。

ダ:割と少しやってみて、辞めたり、他の事が忙しくなってしまう中で、半年継続したのは、何か良い事でもあったんですか?

山:最初に登録した時に、長々と他の卓の事をベラベラ話す男が居たので、完膚なきまで追い詰めたわね。一度気合を入れてやったので、ソイツとはもうすれ違う事すら無くなったし。

ダ:良かった事を聞いているんですが。

山:ああ、そうですね。これも良かった事のひとつには入りますが。うーん、良かった事ね。色々とありますね。心を抉られたり、普段出来ない協力作業が出来たり。あとは温かい言葉を掛けられたりね。

ダ:良いですね☺️ その中で一番、良い記憶として残っているのはなんですか?

山:そうね、一番は……優しさに触れたことかしら。

ダ:それはどう言う事ですか?

山:そうね、あれは私が初めてKPをやった時、今でこそ自信を持ってやってるけど、初めての時は、セリフもカミカミで、声も震えていて、悲惨なものだったわ。でも誰もそれを責めず、むしろ聴きづらいから、かえって聴いてくれて、セッションは成功に終わって、感謝された事ね。あれが私の原点と言っても良いわね。

ダ:良い話ですね😢 それでは山崎さんにとって、TRPGを漢字一文字で表すと何になりますか?

山:漢字一文字?えーと……えーと…「粋」ね。

ダ:その心はなんですか?


山:そうね、これはなぜ人がTRPGを行うかどうかを考えてみれば分かるけど、勝ち負けを競う訳でも無く、単に黙々とシナリオやギミックを解くわけでも無いわ。これは他人とコミュニケーションを通して、他者を認める事、その中で自分自身を認められることね。現実生活で、1日の内、どれだけ認められたり、認めたり、評価されたり、褒められたりする事があるかと言えば、誰もほとんど無いでしょう。
そういう中で、それが出来てエネルギーが補充出来るのが、「粋」であり、「心意気」だと思う。

ダ:😭とても良い話をありがとうございます。


ダ:とまあこんな感じだけど、どうだった?

山:これは、受けてみると分かるけど、自分の記憶の中を探る感覚よね。記憶を探って、さらに漢字一文字で表せと聞かれて、半年の記憶を一気に探ってまとめて、凝縮して。それをさらに意味を聞かれる、と。

ダ:これくらい深く聞かれた事はある?

山:無いわね。思いの外、自分の内面を深く出してしまったわ。

ダ:私に対する印象は?

山:前から知っているから好感度が上がる事は無いけど、自分を深く見つめさせてくれた事には感謝ね。

ダ:どうも☺️これは他の人に聞いてみると良いよ。

山:そうね。なるほどこれは確かにセッション前にも、短時間で聴けるし、相互の関係も良くなるわね。

次回に続く。
 いいね!13
ダイバー
2020/07/07 12:37[web全体で公開]
😶 コミュニケーションの得意不得意について ⑧
ダ:では少し間が空いたけど、続きをやってみようか。

山:そうね。私がなんとしても不採用にしてやろうと思っていた③からね。

ダ:正直、かなりマイナスが強かったのは、びりびりと伝わってきたよ。やってみてどうだった?

山:テンポ良く、次の質問が来るので、なかなか不採用にするきっかけが、つかめなかったわね。あと、あれ、ネバネバダ島とか、名前の由来とか、私に説明させたのは驚いたわ。

ダ:そうだね。③は整理すると、このポイントがあるね。

1、質問者、回答者、どちらに話の主導権があるのか。それは質問者側にある。
2、テンポ良く質問が来ることで、断れない。
3、相手の出身地を知らなくても、まったく問題ない。
4、名前の由来を聞くことは、相手のルーツを聞くこと。これは非常に重要な要素。

1に関しては、コミュニケーションだから、自分が上手く話せるかどうかを気にして、それが上手くいかないから、自分はコミュニケーションが下手と思う人が多いんだけど、実はコミュニケーションが上手くいくかは、自分が話すことではなく、相手の話を引き出す事の方が重要なんだ。

2、これは、相手のマイナス要素が強くても、こちらがひるまなく、そしてテンポ良く質問をすることで、相手に不採用の決断をさせず、こちらのペースにしていく、という事だね。これは応用編だね。

3、これは皆さんも経験があるんじゃないかな?「出身はどちらで?」とか聞かれることも、リアルだとあると思う。その出身地に関して知識があれば、話を合わせやすいけど、全然知らない土地だとどうするか?という事なんだけど、これは簡単で、相手に話してもらえばいい。もちろんその反応として教えていただいたお礼と、共感は必要になる。

4、名前の由来を聞くことは、実はあまり皆さんやっていないんだけど、これはその人の出自に関わることだし、その人の人生のスタートに関わる事なんだよね。その名前の由来を聞くことで、親がどのような思いで、その人物を考えていたのかが分かる。もちろんここはTRPGオンセンだから、ハンドルネームやキャラクターの名前を聞くことに使えるね。

山:名前に関しては、ここままではやばいと思って、私の方で反論をしたのだけど、次の④で切り返されちゃったわね。

ダ:そうだね、いずれにしても、その人物のルーツに関して聞ける事は間違いない。

ダ:あとそうだね、人間の根本的な心理だけど、人間はどうすれば仲良くなると思う?

山:気が合うとか、お互いに気に入るからかしら。

ダ:それもあるのだけど、例えば、年がら年中、天気の話しかしない人間同士って仲がいいと思うか?

山:「今日は暑いですね」「そうですね」×365日か。厳しいわね。

ダ:そう。上っ面の会話をどれだけ繰り返したとしても、何もならない。重要なのは、その人物の深いところ(ルーツ、価値観、何を大事にしてきたか、何を大事にしているか、その人の目標etc)というのを、聞いて、お互いに話す事で、人は仲良くなる。

山:でもそれって、ある程度仲良くなってからするもんじゃないの?

ダ:実はこれは、初対面でも、意図的に聞くことで、極めて短時間でも出来る事なんだよね。

山:ほう・・・次回はそれをもう少し詳しく解説してよね。

次回に続く。
 いいね!16
ダイバー
2020/07/03 12:40[web全体で公開]
😶 コミュニケーションの得意不得意について ⑦
ダ:それでは、今までのやりとりを解説していくけど、②で山崎さんがPL役をやっていて、不採用にはなっているんだけど、実は逆転の突破口もあったんだよね。

~~~
ダ:学院長「なるほど、それだけ優秀な人材がいらっしゃるとは、さすがにナントカ魔法学院ですね。ではどうして、今回新たに、教師を募集されておられるのですか?」

ダ:学院長「当学院も、いろいろと事情がありましてね」

山:「魔法学院を運営されておられると、確かにいろいろと事情があるでしょうね。」
~~~

ダ:この段階で、確かにいろいろと事情があるでしょうね。といったん終わりにしてしまったから、私から突っ込みがされたんだよね。ここは、④のダ:「いろいろとは、例えばどんな事情ですか?」とこちらから質問をすると、突破口になることが多い。

山:自分を売り込みに行くという意識が強すぎたかしら。

ダ:ある意味、就職活動でもあるが、中途採用だし、TRPGだからね、疑問に思った点は、率直に聞いた方が良いと思う。それに、人間は言いにくいことや、照れがある事は、「ちょっと」とか「いろいろと」という言葉で濁すことがあるから、そこに真実が隠されていることが多いんだ。

山:ここで失敗したから、挽回できなかったのか。

ダ:そうでもない、実はその後で、挽回できるところもあったんだよね。

山:そうなの?

~~~
山:(このGM性格悪くないか?? これを即興で答えろって無理だっつーの!)「えー、そうですね。熱意です!私は教師として赴任する以上、落第者を出さない様に、生徒の面倒をみていきますわ!」

ダ:学院長「熱意ねえ・・・意気込みは良いですが、具体的な方法は?」

~~~~

で突っ込まれているだけど、そうだな、私だったらここは逆質問で、「その前に熱意についてお伺いしたいのですが、この学院の生徒のモチベーション、他の魔法教師の教育にかけるモチベーションはどのような状況でしょうか?」と聞くね。

山:・・・あ、そうか。ここで逆質問することで、この学院の抱えている問題に切り込むきっかけになる訳ね。「質問を質問で返すな!」という逆ギレが無ければよいわけか。

ダ:魔法学院の教師を募集しているという事は、なんかしらの事情があるからね。それは良い理由もあるだろうし、不味い理由もある。だから相手側の事情を知っておく必要があるという事だね。

山:質問で突破口をつくる、か。

ダ:もっともこれは応用編なので、基本編のおさらいも以後していくよ。

次回に続く。
 いいね!12
ダイバー
2020/07/02 13:39[web全体で公開]
😶 コミュニケーションの得意不得意について ⑥
ダ:「私の得意な事は意識の分野です。人間の意識には、2つの意識があり、その内の1つが、自虐的、自罰的に働き、自責の念、未来への恐怖、過去の失敗の擦り込みを行います」

山:学園長「そんなものがあるのか」

ダ:「この意識は厄介で、魔法を使う時にこれに囚われていると、集中出来ません。」

山:学園長「教師が『集中しろ!』と叫んでも無駄か」

ダ:「教師から叫ばれたら、余計に萎縮して、集中が出来ませんね。集中するためには、この意識の存在を認識して、もう一つの意識、これは経験値をためた樽の様なものですが、これに意識を預ける事で、完全に集中出来ます。どう感じますか?」

山:学園長「魔法学園も、根性論者が多いからな。しかしなるほど、その話を聞くと、プロの競技者の話などに近いものを感じる」

ダ:「まさに魔法学園の先生達が、この街を救って下さった時、その時は他に何も考えずに、集中していたからだと思いますが、どうですか?」

山:学園長「…まさにそうだ!」

ダ:「それにこの方法は、意識を制御する事で、生徒本来の力、実力を発揮させる事が出来ます。難しく無く、誰でも習得する事が出来ます。つまり落第者をかなり抑える事が可能になります」

山:「誰でも習得が可能なのか」

ダ:「学園長個人としては、今の話を聞いて、どう感じますか?」

山:学園長 「そうだな。良いと思う。私としては一石を投じる意味でも、ダイバー殿の考えをためしてみたい。もちろん会議にはかけるが」

ダ:「ありがとうございます。不作法なら申し訳無いのですが、私の話はかなり他の魔法教師と異なるので、その場に同席した方が、学園長も話しやすいですか?」

山:学園長「いや、会議は内密だが。ただこのあと、副学園長と会う予定があってな。そこに同席して彼に説明をしてやって欲しい。味方を増やして会議には臨みたいのだ」

ダ:「分かりました。光栄です」




山:不採用にさせてやろうと思ったけど、これは採用しかないわね。私の公正なマスタリングでは。ロープレ終了。

ダ:ありがとう。こんな感じよ。

山:私の時と全く違うし、解説してよね。

ダ:それはもちろん。まずは…

次回に続く

 いいね!15
ダイバー
2020/07/02 06:19[web全体で公開]
😶 コミュニケーションの得意不得意について ⑤
ダ:「アーレント学園長は、将来的にこの魔法学園をどのようにしたいのですか?目標なりビジョンなどはどのようなものでしょうか?」

山:学園長「そうですね。新入生が増えて来ているのもあり、あと500人は生徒を増やしたいですな」

ダ:「なるほど、それは素晴らしい。では現在は、学園はどんな状況なんですか?」

山:学園長「先程話した通り、新入生が入る一方で、毎年2割が落第していますね」

ダ:「結構な損失と感じます。その中で、学園の抱える問題点はなんですかね?」

山:学園長「やはりこれだけの落第者を出してしまっている事だと思います」

ダ:「そうですよね。それでは私の仕事の分野である、魔法教師について伺います。学園長は、魔法教師とは、どのような者であって欲しいとお考えですか?」

山:学園長「…どの様な者か、魔法使いと言っても、教師なのだから、分かりやすく、分かる授業をして欲しい。それが一番だと思いますが」

ダ:「そうですね。私は生徒に、分かりやすく教えて、生徒自らが目標に向かって学んでいく。そのサポートをするのが魔法教師の本来の姿と考えています」

山:学園長 「はあ…自らが目標に向かってですか」

ダ:「はい。そういう中で学園長。その魔法教師についてお聞きします。現状の魔法教師はどのような状況なんですか?」

山:学園長 「恥ずかしながら。魔法使いとしては優れた者であっても、人に物を教えるとなると、必ずしも得意では無い者が多いのですよ。魔法使いとは一種の職人でもありますしね。見て覚えろ的な者や、自分の研究の方が大事な者もいる」

ダ:「なるほどですね。ではその中での一番の問題点はなんですかね?」

山:学園長 「落第者が出るのは、生徒の自己責任と考えている者が多い点でしょうな」

ダ:「それが一番の問題ですね。分かりました。その問題に対して、何か対策は打っているんですか?」

山:学園長「なるべく、生徒にとって分かりやすい授業が出来る魔法教師を探してはいますが」

ダ:「どれくらい上手くいってますか?」

山:学園長「まともな人が来ても、先輩の意識が変わって無いので、定着率が低いのですね」

ダ:「失礼だと思いますが、そのままで、学園の経営は大丈夫ですか?」

山:学園長「厳しいですな」

ダ:「それがもし解決できるとしたら、どう感じますか?」

山:学園長「解決出来るなら、胸のつかえが取れて、私の目的もかないますね」

ダ:「解決する方法」

山:学園長 「え?」

ダ:「あるんですよ。学園長」

次回に続く
 いいね!11
ダイバー
2020/07/01 23:21[web全体で公開]
😶 コミュニケーションの得意不得意について ④
ダ:「そうなんですか?」

山:学園長 「父は魔法使いとしては、優秀な人間だったが、家庭人としては最低な人間だった。他に女を作っては、母を泣かしていたし、両親の関係は冷えていた」

ダ:「なぜ、私にその事を話そうとしたのですか?」

山:学園長 「貴方が人の過去を聞いて来たからです。誰でも触れられたく無い過去はある事くらい分かりませんかね?」

ダ:「それは失礼しました。ただアーレント学園長。その名前は古代の賢人の名前とすれば、貴方が生まれる時は、両親は貴方に幸せになって欲しいと思っていたのではと思います。その後、かなりお辛い思いをされた様で、胸が痛みますが。」

山:学園長 「……」

ダ:「そういう中で、学園長」

山:学園長 「はい」

ダ:「お辛い過去がありながら、なぜ魔法使いの道を選んだんですか?」

山:学園長「あのあと結局、父は母を捨てて、他の女のところへ行き、私は母と生計を立てるため、父が残した魔導書を元に、魔法使いの道に進む以外、稼ぐ道が無かったんです」

ダ:「という事は、ネバネバダ島で学んだんですか?」

山:学園長「ネバネバダ島では、私の一家は笑い者でしたので、キプロス島まで行って、そこで魔法を学んだんですよ」

ダ:「なるほど……それは大変な苦労をされたんですね。」

山:学園長「学費を稼ぐのが大変で、冒険者の集まる宿掃除や、馬の世話とか、魔法に関係ない仕事も、なんでもやりましたよ」

ダ:「なるほど。辛い時期が長かったんですね。魔法使いとなってからは、もう何年になるんですか?」

山:学園長「18で魔法使いとして独り立ちしたから、40年か…長い様で短いな」

ダ:「40年間、魔法使いとして生きて、魔法学園の学園長になれる人は、そうそういません。学園長にお聞きしますが、40年間の魔法使いの人生の中で、一番記憶に鮮明に残っている事は何ですか?」

山:学園長「一番記憶に………?そうだった、あれはたしか10年前の大洪水だった。このリバプールの側を流れる川が氾濫したんだ。それを私達、魔法学園の魔法使い全員で、川を凍らせる魔法を使って、洪水の被害を抑えたんです」

ダ:「…素晴らしい!! 街を救った英雄ではありませんか!」

山:学園長「英雄では無い。私達は出来る事をしただけの事です」

ダ:「その言葉、なかなか言えるものでは無いと思いますよ」

ダ:「その行為を経て。学園長が、今の学園経営や、人生において、一番大事にされている事は何ですか?」

山:学園長「一番、大事に…か」

山:学園長「やはり、魔法使いが、魔法を学ぶ中で挫折しない様に、そして誰もが正確に魔法を使える様になって欲しいと思いますね」

ダ:「素晴らしいお考えですね!是非、私は学園長のお役に立たせて頂きたいと思います」(涙目)

山:学園長 「そうですか…」

ダ:「そういう中で、あえてお伺いしたい事があります…!」


山:(おかしい、完全に不採用にするつもりだったのに、過去を聞かれたあたりから、私も役に入りきってしまっている!)

次回に続く
 いいね!13
ダイバー
2020/07/01 21:23[web全体で公開]
😶 コミュニケーションの得意不得意について ③
ダ:さっきと同じで。システムはファンタジー系で、私は魔法使いとして、魔法学園の内情を探るために、教師として潜入する事になった。そのため自分を魔法学園に売り込まなければならないという状況だね。細かい設定は任せるよ。

山:いいね、やってみようか。(絶対、不採用にしてやるぜ…)

山:学園長「これはこれは、当学園にようこそ。貴方が希望者のダイバーさんですね?」

ダ:「はい。魔法使いダイバーです。魔法の教育指導に自信がございます」
山:学園長「なるほど。ただここは魔法学園ですし、自信の無い方は初めからお断りしてますからね。既に、何人も有力な志願者がおりますので、お話を聞く位しか出来ないかも知れませんが、それでも良いですかな?」

ダ:「私はレベル30の魔法使いです。十分にお役に立てると思いますが」

山:学園長「なるほど。レベル30ですか。この学院では珍しくないですね」

ダ:「なるほど、それだけ優秀な人材がいらっしゃるとは、さすがにナントカ魔法学園ですね。ではどうして、今回新たに、教師を募集されておられるのですか?」

山:学園長「当学園も、いろいろと事情がありましてね」(ここまではほぼ同じじゃねーか…)

ダ:「いろいろとは、例えばどんな事情ですか?」

山;学園長(えっ…やべえ、考えてなかったぞ)「いやあ、実は毎年、落第する者がおりましてね」

ダ:「それは全体の何割なんですか?」

山:学園長「2割位です。恥ずかしながら」

ダ:「なるほど、それは深刻ですね。ではもしそれがほとんど無くなったら、どう思いますか?」

山:学園長「そりゃないなら素晴らしいとは思いますがね」

ダ:「そうですよね。それでしたら、今日はお役に立てる話が出来ると思います。その前に」

山:学園長「はい?」

ダ:「学園長はどこの出身なのですか?」

山:学園長(いきなり何を言い出すんだコイツ!)

山:学園長「ネバネバダ島です」(適当に言ってやったぞ!切り返せるもんなら切り返してみろ!)

ダ:「なるほど。ネバネバダ島なのですね。私はネバネバダ島の事は不勉強であまり知らないんですが、どんな所なんですか?

山:学園長(私に説明させんのかい!)「ネバネバダ島とは、サンゴ礁に囲まれた島で、バナナの名産地で、避暑地としても有名な所ですよ。知らないのですか?」

ダ:「避暑地は詳しくないもので。ただとても素敵な島なのですね。ところで、学園長のお名前は何と言うのですか?」

山:学園長 (コイツめんどくせえ…)「えー、私の名前は、アーレントですが」

ダ:「素敵な名前ですね。その名前にはどんな意味が込められているんですか?」

山:学園長 (この野郎…)「古代の賢人から取って命名したらしいです」

ダ:「なるほど…するとその素晴らしい名前には、両親の愛情が込められている訳ですね?」

山:学園長 「違う!私は…愛されてはいなかった」

次回に続く
 いいね!13
ダイバー
2020/07/01 12:18[web全体で公開]
😶 コミュニケーションの得意不得意について ②
山:いきなり大上段に出たわね。コミュニケーションとは、正しく訓練すれば、誰でも良くすることが出来るとしたら、それは良いと思うけど、それが出来ないから、苦しんでいる人が多いと思うし、現実的にそんな上手い話はなかなかないんじゃないのかしら?

ダ:そうだね、そう思うのも無理はないね。

山:無理はないわよ。

ダ:じゃあ、ここはTRPGオンセンSNSだし、TRPGっぽく実演した方が良いね。

山:実演というと?

ダ:最初は私がGM役をやるから、山崎さんはPC役をやってみてよ。システムはファンタジー系で、山崎さんは魔法使いとして、魔法学院の内情を探るために、教師として潜入する事になった。そのため自分を魔法学院に売り込まなければならないという状況だね。

山:へえ、私もそこそこ出来るPLのつもりだから、まあ良いわよ。

ダ:じゃあやってみようか。

ダ:学院長「これはこれは、当学院にようこそ。貴方が希望者のサナさんですね?」

山:「はい。魔術には自信がありますの」

ダ:学院長「なるほど。ただここは魔法学院ですし、自信の無い方は初めからお断りしておりますのでね。それから既に、何人も有力な志願者がおりますので、お話を聞く位しか出来ないかも知れませんが、それでも良いですかな?」

山:「あら、私はレベル30の魔法使いですし、十分にお役に立てると思いますが」

ダ:学院長「なるほど。レベル30ですか。この学院では珍しくないですね」

山:(やばい、どうするか)

ダ:学院長「どうしましたか?あまり顔色が優れないようですが」

山:(考えろ、考えろ・・・)「なるほど、それだけ優秀な人材がいらっしゃるとは、さすがにナントカ魔法学院ですね。ではどうして、今回新たに、教師を募集されておられるのですか?」

ダ:学院長「当学院も、いろいろと事情がありましてね」

山:「魔法学院を運営されておられると、確かにいろいろと事情があるでしょうね。」

ダ:学院長「そうですね。それでサナさんは、何が出来るんですか?基本的なレベルはお聞きしましたので、その上で当学院に何をもって貢献出来るのかをお聞きしたいのです。」

山:(このGM性格悪くないか?? これを即興で答えろって無理だっつーの!)「えー、そうですね。熱意です!私は教師として赴任する以上、落第者を出さない様に、生徒の面倒をみていきますわ!」

ダ:学院長「熱意ねえ・・・意気込みは良いですが、具体的な方法は?」

山:「それは、一人一人の生徒の様子を見ながら、その子にあった方法で指導したいと思います」

ダ:学院長「その子にあった方法とは?」

山:(この野郎・・・)「えー、そうですね。ブツブツと」

ダ:学院長「なるほど。分かりました。では会議にかけさせて頂き、後日ご連絡させて頂きます」

ダ:以上、ロープレ終わり。不採用。魔法学院には別の手段で潜入しなくてはならなくなりました。

山:難しすぎるだろ!!

ダ:そうだね。では私が次に見本見せるよ。今度は私がPL。山崎さんはGM役をやってみて。

山:え?

次回に続く。
 いいね!18
ダイバー
2020/06/30 12:52[web全体で公開]
😶 コミュニケーションの得意不得意について ①
山:割と思うんだけど、自分のことをコミュニケーションが不得意って言う人が多いわよね。

ダ:確かに多い。なんでだと思う?

山:医学的にコミュニケーション障害に診断されているなら、私の分からない領域よね。だたそこまで行っていない人で、単に不得意な人も多いんじゃないかしら。

ダ:なるほどねえ。ところで山崎さんは、メンタルセラピストだけどさ、コミュニケーションを取る方法や訓練とかはしたことある?

山:そうね、仕事が仕事だし、傾聴などのトレーニングはしたわ。

ダ:それはどこで?

山:この仕事をしようと思ってから、民間のトレーニング教室でやったけどね。

ダ:普通の人は、そういう事は一切ないまま、一生を送っているからね。

山:そういうもんなの?

ダ:例えば子供の時とかどうだった?クラスで発表する時とかは?

山:私は空手をやっていたから、人前で型演武とかしなくてはならなかったから、人前で発表するのは、まあ、出来た方じゃないかしら。好きでやっていた訳じゃないけど。

ダ:そこまでやれていれば、まあ良いんじゃないかな。コミュニケーションというよりはプレゼンだが。ただ多数派ではないよね。

山:そうね、私自身、かなり学校では浮いていたし。男子からは怖がられてたし。

ダ:怖がられているのは今も・・・いやいや、そういう中で、コミュニケーションの本質って何だと思う?

山:(不機嫌そうに)意思疎通かしらね?

ダ:そうだね、つまるところ、聞くことと話す事、これだけだよ。

山:それだけ?

ダ:そう、それだけ。ただこれを理解していない人の方が圧倒的に多い。しかもそのまま社会人になって、苦労している人が多いと感じるね。

山:なんか具体例でもある訳?

ダ:例えば・・・(書類を取り出す)これ、A社の営業マニュアルなんだけどさ。営業マンはこれを暗記してお客様にプレゼンするように叩き込まれる。これちょっと読んでみて。

山:どれどれ・・・うわ、これきついわ。

ダ:どこがきついと感じた?

山:これ、こちらが聞きもしないような、会社の理念とか、歴史とか、これ冒頭にダーーーーッと説明されるわけでしょ?そんなもんホームページ見ればわかるわけだし、そんな情報いらないわよ。この会社大丈夫な訳?

ダ:代理店が次々と減っているらしい。

山:無理もないわよ。これで成果が上がるなら、かなり強引な方法で、お客様を捻じ込ませるような人間しか、生き残れないわね。

ダ:こういうのが大真面目に行われているのが、現実社会と言う。企業、お客様、従業員、誰にとっても不幸なことだね。
とまあ、諦観を述べるのが今回の趣旨ではないんだね。要は。

山:という事は?

ダ:コミュニケーションとは、正しく訓練すれば、誰でも良くすることが出来るとしたら、どう感じる?

次回に続く


 いいね!26
ダイバー
2020/06/29 12:36[web全体で公開]
🤔 ボイセをサクサク進める言葉 「そういう中で」
山:ボイセが盛り上がってくると、ロープレが盛り上がって、PLが和気あいあいとなる時が多いわよね。

ダ:うん、良くある。もちろんそれ自体は歓迎する事ではあるし、嬉しい事だよ。ただ・・・

山:ただ?

ダ:GMは進行をしなくてはならないし、残りの時間配分なども計算しなくてはならない。かと言って和気あいあいとしているRPを邪魔するのも気が引ける。こういうジレンマを抱えているGMは多いと思う。

山:そうね。それで時間をオーバーして、皆、仲良く睡眠不足コースね。

ダ:実は【そういう方法を解決に向けていく言葉が見つかったんです】

山:いきなり低い声出さないでよ!!

ダ:よくわかってるじゃない。そうその言葉が、「そういう中で」という言葉なんだよね。

山:?普通の言葉よね。それがどうして?

ダ:もともとは、とりとめのないお客様との話をしたり、話が拡散して焦点が絞りにくいお客様との会話の中で、こちらの言いたいことに焦点を合わせるための言葉なのだが、この言葉の特長は、相手を否定しないことなんだよ。

山:否定・・・?ああ、なるほどね。

ダ:ロープレが盛り上がっている時に、「説明するから黙ってくれ」とは言えんでしょう。でもロープレが盛り上がっている時でも、「では、そういう中で、皆さんこれからどうしますか?」とは聞けるわけだよね。

山:なるほど、それは確かにPCのロープレを否定しないで、進行に移れるわね。

ダ:そう。「そういう中で」とは、「ではこのようなやり取りをしている中で」という事になるからね。

山:これはいろいろと活用できそうね。

ダ:今回は落ちはないけど、これは便利だから、試してみるといいよ。
 いいね!43
ダイバー
2020/06/29 01:39[web全体で公開]
😶 ギアハウス1周年 おめでとうございます
私の所属するコミュニティ、ギアハウスの1周年記念雑談会が無事に大成功に終わりました。
ギアさん、ご参加者の皆様、ありがとうございました。

人間は何をした時に仲良くなるのか。
相手の事を信頼したくなるのか。

私達は互いに同じコミュニティにいて、セッションをしているけれども、その基本的なところで、相互に理解が出来ていたか?
相手のルーツは?
なぜCOCやってる?
出会いから今までの歴史は?
一言で、COCを言うならなんて言う?
コミュニティ管理者、ギアさんの事どう思ってる?

私の技術は、質問型コミュニケーション能力。
この技術は、愛を持って使用する事で、人と人との垣根を取り払い、橋を掛ける事が出来る。
 いいね!12
ダイバー
2020/06/28 12:17[web全体で公開]
🤔 作戦名 フォローアップ(成果確認)せよ
山:なにこの作戦名?

ダ:もう少しで、マスタリングを理論化できると思っているんだが、その一つとしてね。

山:横文字使えば、頭が良く思われると考えてない?

ダ:そ、そんなことはないぞ。成果確認という意味も書いているし。

山:何動揺しているんだか・・・ところでこれは何なわけ?

ダ:つまりはっきり言ってしまうと、GMはマスタリングをする。PLは参加する。これだけでは実は目的の半分しか達成していない。

山:どういう事?普通はエンドまで行けば終わりよね。

ダ:いつもその後はどうなってる?

山:まあ、「面白かった」と言ってくれる人もいれば、日記を書いてくれる人もいる、くらいよね。

ダ:どれくらいの比率で、日記書いてもらっている?

山:半分くらいかしら。

ダ:それは優秀な方だろうね。ちなみに「面白かった」と言った人に対しては、何かしてる?

山:そこまで突っ込んでは聞いていないわ。

ダ:なるほど、では日記で感想を書いてもらって、読んで、どう感じた?

山:それはやっぱり嬉しいわよね。

ダ:なんで嬉しいの?

山:当たり前の事を聞くのね・・・えーと、まず自分がやったことに対して喜んでもらったという事の理解。マスタリングにはいろいろ準備があるけど、それが報われたという達成感。それからこれだけ喜んでもらうことで、モチベーションが上がるわね。

ダ:そうだね、自信はついた?

山:そうね、自信がつくわ。

ダ:何回くらい、そういう感想をもらった?

山:35回くらいかしら。

ダ:と考えると、重複があるかもしれないが、山崎さんは今までだいたい20人から30人くらいの人に、喜んでもらえるマスタリングが出来たと。

山:そうね、それが何かしら?

ダ:という事は、貴方の背後にはそれだけのファンがいるという事だよね?

山:まあファンといったら、少し恥ずかしいけどね。

ダ:そこなんだよ。つまりそれがフォローアップ(成果確認)という事。これが出来ているのと、出来ていないのとでは、天と地ほどの差があることになる。

山:どういう事?

ダ:つまり、そういうフォローアップ(成果確認)が全く得られない状態で、卓を20~30回行うとしたら、やりたいか?

山:つまり、終わってから何の反応もないって事?

ダ:そう

山:いやそれきっついわ。

ダ:なんで?

山:自信もつかないし、自分のマスタリングが合っているのか、喜んでもらっているのかも分からず、それだけの回数は出来ないわね。

ダ:そう。だから聞く必要がある。だから日記を書いてもらうように、お願いするのは、GMとしてはやらなくてはいけないことなんだよ。当然の権利と言って良い。やらないと片手落ちになる。

山:へえ、良い事いうじゃない。

ダ:現実の仕事でも、フォローアップをやっていない職種は割と多いんだが、これはかなりの機会を損失しているんだよね。これに気付いた所が、ものすごい成果を上げることになる。

山:へえ、今日は珍しくまともね。

ダ:珍しくない。いつもだよ。では今回の感想を・・・

山:いや、ちょっと私忙しいから(電話を切る)
 いいね!12
ダイバー
2020/06/27 06:54[web全体で公開]
🤔 ナ・ホンジン化した蒼穹 ⑥
山:今回は最後と考えると、少し寂しい気がするわね。

ダ:皆様、それでは時間になりました!ナ・ホンジン化した蒼穹のお時間です。今回の紹介はPLかものはしさん、PC夏瀬 蓮さんです!パチパチパチ

山:何か始まってる?

ダ:PLかものはしさんとも、今回は初顔合わせと言う事で、ありんこさんのご友人にてご参加頂きました。
参加の動機としては、「そのKPに興味が湧くかどうか」らしいね。

山:へえ!光栄じゃない。

ダ:実は私がPLとして、卓に参加する時も、一番重視しているのがそれだったりするんだよ。
だからよく、初心者だから…とかコミュ障だから、どの卓に参加したら良いか分からないと言う人が、いるんだけど、これ前提が違うんだよな。要は貴方が興味があるGMを観察して、興味が湧けば参加する。主体は自分自身なんだから。

山:なるほど。で、かものはしさんはどういうPLなの?

ダ:卓が始まる前からのやりとりで、まるでラジオ番組のDJと思ったよ。

山:どういう事?

ダ:つまりそれだけ話の仕方、発声、間の取り方が非常に上手いんだよ。加えて話をして、引き込ませる力があるのと、それをロープレとして自然に演技出来る事、これを淀みなくするためには、相当キャラクターを落とし込んで無いと出来ない事だよ。

山:録音を聞いていると、とても楽しそうで、のびのびしているわね。

ダ:能力が高い人だと思う。ただそれだけでなく、周囲への気遣いもしているのが、なかなかに凄い人だね。

山:へえ…それは素直に凄いわ。自分のロープレだけで頭が一杯な人も多いのにね。

ダ:そう言う中で、PC夏瀬蓮さんの紹介になるが、概要を見てどう感じる?

山:どれどれ…あれ、これは結構ロープレ難易度が高そうね。

ダ:自分も概要を見た後で、どういう具合にロープレするのだろうと考えていた。そうしたらまあ、水を得た魚の様にされていて、最初から最後まで思うように動いていたのが印象的だった。

山:ネタバレ無し日記だから、全てを話せないのがもどかしいわね。

ダ:全くだよ。話の根幹に関わるだけにね。
そしてKPの正気度を、ごっそり削られただけに。
強烈だった。

山:ナ・ホンジンが、観客の正気度を削るとするなら、まさにそれと言った感じね。

ダ:ズドォォン!と言った感じよ。

山:擬音語で意味がわからないけど、勢いとダメージは確かにあった感じね。

ダ:私自身が、PLの心を抉るのを好みにしているだけに、自分の心を抉られるのは、初めてだったね。

山:なるほど、だからナ・ホンジンか。

ダ:今回はPC3人とも、誰も説得に応じず、我が道を行ったからね。あえて言えばナ・ホンジン作品の「哀しき獣」に近いと思う。

山:説得とは一体…

ダ:それが「蒼穹」の楽しさだからね。己の正義を貫けるのかが勝負だよ。

山:今回は皆にとって深い傷として刻まれた回になったし、感想会楽しみね。

ダ:全くだよ。かものはしさん、夏瀬蓮さん、ご参加頂き本当にありがとうございました。
 いいね!17
ダイバー
2020/06/26 22:43[web全体で公開]
🤔 ナ・ホンジン化した蒼穹 ⑤
山:なんか前回の④から時間掛かったわよね。

ダ:この間いろいろあったからね。まあそんな事はともかく、そういう中で次のPL、PCの振り返りをしようか。
次のPLさんは、ちょこ猫さんですね。

山:今回は初顔合わせだったわよね。

ダ:うん、ありんこさんのご友人という事で、ご参加頂いたんだよね。ご参加の理由を聞いたところ、なんでもこの「蒼穹」のシナリオの事を、方々で聞くので、とても気になっていたらしい。もっともこれは私の改編版ではなく、元々の青井様作のpixiv公開の原本だと思う。

山:確かに検索すると、結構あるわね。

ダ:そうだね。出来れば他の人が回しているところを見学してみたいとは、いつも考えているんだけどね。

山:まあそうね。100通りの蒼穹があれば、100通りのドラマがある訳だし。

ダ:そういう中で、肝心なちょこ猫さんの事なのだが、そうだね。一番感じたのは、頭の回転が非常に早い人だと感じた。

山:ほう、それはなんで?

ダ:人の話を非常に良く聞いているのと、状況判断が早いし、判断のズレは直ぐに修正している事がまず素晴らしい。全体を通して感じたのは動揺などがほとんどなく、肝が据わっている所だと思う。

山:へえ。肝が据わっているか。クールな感じね。

ダ:うん。そのイメージが強くて、今回が初という事もあるのだけど、PCの雲母 蛍さん(検視官)なんだが、そうだな・・・・・・検視官なんだけど、火薬と硝煙の臭いが似合うキャラクターだったと思う。

山:火薬と硝煙の臭いが似合う検視官??

ダ:ある意味、一番、死というものを見てきているというかね。軍医的なキャラと言うか。
最初のPC紹介では、他のPCよりも多く概要を書かれていなかったので、どういうPCかは分からなかったのだけど、彼女の行動や判断には、見学席も一瞬、沈黙し、戸惑うほどの事があったからね。

山:へえ・・・それがなるほど、雲母さんの一番のまさに見せ場であり、魅せ場だったという事か。

ダ:格好良いPCを作って、それがダイスの目でお笑い芸人になる事は、COCの場合は割とある。
しかし格好良さを最初から最後まで貫けるというのは、なかなか無いよ。
格好良いキャラクターだから、生還出来るのか、幸せなのかは、また別になってしまうけれども。
久しぶりにキャラクター作成、ロープレの手本を垣間見れたと思う。

山:なるほどね、感想会も今後行われる様だし、ご指導受ければ?

ダ:全くもってその通りだよ。
ちょこ猫さん、雲母蛍さん、本当にご参加ありがとうございました。

次回に続く。
 いいね!12
ダイバー
2020/06/25 12:40[web全体で公開]
🤔 考えるな・・・感じるんだ。それを書け。
山:ところで、AFの件が騒がしいようだけど、どう感じているの?

ダ:何も。私にとっては200%影響がないからね。

山:なんで?

ダ:もともと私は基本的には、盆と正月以外、卓はやらない主義だし、PLとして参加する事は年に数回もない。主にKP専用だね。

山:でもKPなら影響あるんじゃないの?

ダ:まったくない。盆と正月以外にやらない人間だから、卓に参加する人間の人選は、慎重にしているからね。だから野良募集は一切やっていない。基本的に興味がわく人間を招待する形で進めている。

山:興味とは?

ダ:その人間の普段の言動や日記などを観させてもらって、楽しめそうかどうかを判断しているけど、基本的には勘だと思う。

山:ほう。ところで今回、割と自分がブロックされていることが分かったみたいだけど、何かうれしそうね。なんで?

ダ:他のPLをブロックするというのは、正当な権利だよ。私はオンセン内だとかなり異色の人間だし、言動とか日記を観たりして、気に入らない人も割と多いんじゃないかな。その私に対して、ブロックという正当なシステム上の自治のための権利が行使されているというのは、喜ばしい事だと思う。

山:へえ、珍しいこと言うわね。

ダ:余計な諍いを避けるためには、必要な事だよ。全人類が互いに分かり合えるというのは、幻想でしかないしね。分かり合えない点で、その上で必要な事は主張し、納得できない事は怒り、どうにか折り合いをつけてやっていく事に、人類の進歩があり、文明や法律の発達があるんじゃないの。まあ歴史は常に一方向には流れないが。

山:さしあたってはどうする訳?

ダ:そうだな、ま、私から言えば、割と日記で苦しいことを書いている人に、「今楽しんでますか?」という事を聞きたいところではある。
TRPGは本来、リアル含めてその人たちの生活の向上に貢献してこそ、意味があるからね。なんか続けていて苦しいとか、人間関係のトラブルが絶えないという人は、なぜやっているのかとか原点に立ち返って、考えた方がいいと思う。
いや・・・考えるじゃねえな、この場合。「感じたことを言語化」した方がいいかもね。

山:いきなり考えさせると、重いもんね。

ダ:嫌に感じたこと、疲れたことを、考えるのではなく、感じたことを書いてみる。まずはそこからでいいんじゃないの。
表に出すことで、意外にとんでもないものが出てくることはよくあるからね。
 いいね!28
ダイバー
2020/06/24 07:34[web全体で公開]
😶 AF問題解決方法
俺は、全てのAFの力を消し去るAFを使う。
このAFは持っているだけで、自動的に発動する。

完結。
 いいね!24
ダイバー
2020/06/23 08:21[web全体で公開]
🤔 ナ・ホンジン化した蒼穹 ④
山:それでは一人ずつ、PLとPCの事について聞きましょうか。

ダ:ではこの物語の始まりの人ということで、PLありんこさんの紹介から。
もともとは、ありんこさんには、前回の「水底に沈みし想い」(テキセ)に参加して頂いて、今回は2回目の卓参加という事になるね。
ご参加の理由は、「庭師は何を口ずさむ」→「蒼穹」→「感染自罪のモンタージュ」の順で遊ぶのがトレンドらしく、それで「蒼穹」にご参加したかったという事だね。

山:「庭師は何を口ずさむ」と、「感染自罪のモンタージュ」は、USBさん作。「蒼穹」は青井さん作。異なる作者の作品が流れとしてあるのは面白いわね。

ダ:そうだね。ありんこさんは「庭師」のKPをされていたこともあって、それが参加の大きな理由だね。
シナリオ作成なども精力的にされている方なので、興味をもって頂いて光栄な事だよ。
ありんこさんそのもののPLとしては、前回も感じたけれども、キャラクターに忠実に、丁寧なRPをされる方だね。
貴重な常識人枠だと思う。

山:ほうほう。ではPCは?

ダ:相模原 凛さんという女性警察官だね。過去に姉を亡くされていて、そのショックからは完全に立ち直っているようには無いが、それでも前を向いて生きていくという、強さを持つ女性PCでもある。

山:一番印象のあった特徴は?

ダ:いろいろ見方はあると思うけど、私は彼女の酒癖の悪さが、一番物語性があるところだと思う。

山:へえ、それはなんで?

ダ:酒癖が悪いという事は、酒という薬物の力を借りることによって、普段抑え込まれていた人物の暗部が、外に出ることだ。これは度が進むと、依存症という形で表れてくる。
依存症とは、あるべき人間関係が損なわれたときに、その代りに、人間の精神の防御作用として、出てくるものだから、彼女の喪失感が、酒癖の悪さとして、うまく出ていた様に感じるんだよね。

山:このシナリオは酒を飲むシーンがあるの?

ダ:もともとは無いよ。改編して、フード描写を入れてある。食べ物や酒をセッションで出すのは、私に食い意地が張っている訳ではなく、食べ物を使うことによって、NPCのキャラクター性を描写するのと、PCの特徴をキャラクター性を引き出すことになるが、今回はうまく表現できていたのではと思う。

山:へえ、いつも言っているフード理論という事ね。

ダ:まあ、そういう事だね。ただこれは私が感じた事なので、本当はまた別のことかも知れないが。

山:クライマックスは?

ダ:ネタバレになるので、言えない。
ただ、COCのシナリオは、探索者が真面目で、常識人だからと言って、報われるかどうかはまた別だからね。
極端な話、生存したから幸福とも言えないところもある。
むしろ、ちょっと人間的にイってしまっている人の方が、幸福かもしれないね。

このシナリオは登場人物皆が傷を負っているところもあるが、それはまたPCにも当てはまるからね。
そう考えると、普段の何気ない人間関係や、やりとりが、実は貴重なものであると気が付くのかも。
ある種、日常性の破壊がこのシナリオでもあるし。

山:日常が、神話的事象によって、壊れる、か。COCのテーマね。

ダ:それでも生き残った人は、それなりにたくましく生きていく事も、選択出来るからね。
そういう意味では、まだ未来の可能性が残されているとは思う。少なくとも、新たな関係性は出来た。

山:ありんこさんと相模原さんに感謝すべきね。

ダ:本当だね。ご参加いただき、ありがとうございました。

次回に続く。
 いいね!17
ダイバー
2020/06/20 23:18[web全体で公開]
🤔 ナ・ホンジン化した蒼穹 ③
山:なるほど、見学席が大絶賛と言うのは素晴らしいわね。なぜそうなったと思う?

ダ:表現力の勝利だと思う。ロールプレイの力を高めると言うのは、オンセン内でよく話になったり、日記に書いてる人も結構いるんだけど、これを何の力なのかとを具体的に書いてる人間は見たことがない。
私も表現力に関しては、自分はロールプレイが、それなりにできると考えていたが、次元が違った。

山:その次元と言うところを詳しく。

ダ:まず感情移入の段違いの深さ。加えてこれは即興でなく、練習によるものだよ。一朝一夕に出来ることではないね。もともとあった表現力と練習の成果だと思う。
山崎さんは、ものすごく感情の入ったロールプレイをボイセでやるときに抵抗とか感じないか?

山:まぁ、私はこういうキャラクターだし、自分が普段やらないような描写とか、セリフ回しとかやる時はちょっと苦手だよね。

ダ:それはなんで?

山:それは恥ずかしいからに決まってるでしょ。

ダ:そこなんだよ。ボイセロールプレイができない、ロールプレイが苦手と言う人は、人前で恥をかくことを、無意識にもしくは意識的に恐れているんだよね。
この壁を突破することができれば、無論、これはボイセの場合だけど、格段にその人のロールプレイは上手くなると思う。

山:なるほどね。他にも何か言いたい事ある?

ダ:後は今回、サブキーパーをみおとさんがやってくれたことにより、サブキーパーをつけるメリットの2つ目がわかった。

山:どういうこと?

ダ:KPはシナリオの進行役でもあるから、シナリオ進行上、何が起こっても、淡々と、冷静に、描写して進める必要が出てくる。
しかしその時に、NPCのロールプレイをあまり感情的にキャラクターに入ってしまって行った場合に、冷静に進めるはずのKPモードに戻るのが、難しくなる。そういう意味で、感情表現と進行の分担ができると言う点で、サブキーパーになっていただく事は、物語の進行上、プレイヤーにとっても非常に有効なことだと考えるに至ったよ。

山:なるほどね、そういう考えもあるのか。
じゃあそういう中で、そろそろPC、PLの話をしてもらおうかしら。もちろん話せることと話せないことがあるだろうけど。

ダ:そうだね、この凄惨な話の登場人物は…

次回に続く



 いいね!11
ダイバー
2020/06/20 01:16[web全体で公開]
🤔 ナ・ホンジン化した蒼穹 ②
山:と言う事はどう言う事?

ダ:つまりナホンジンの本質は、救いやお題目の正義じゃない。
血や泥や汗にまみれた、汚いところ。
結着をつけるのは、明るい綺麗な部屋じゃない。
暗くて汚い密室なんだ。

山:暗いところが舞台になるのは、村上春樹「ねじまき鳥クロニクル 鳥刺し男編」でもあったわね。

ダ:こないだ偶然、YouTube で他のKPがマスタリングをしているのを見て、陽光の下のシーンを見てしまった。もちろんあのシーンをどこに持っていくのかは、KPの自由だろう。
私は、あのシーンは、薄暗く、悪臭のする密室の中だけで、結着をつけるべきだと考えている。
言いえて妙だが、「ねじまき鳥クロニクル 鳥刺し男編」の様に、人間の暗部に通じるものが、あの部屋にはあるからね。明るいとやりにくい。
だから脱出させない。

山:暗いところについて話すと、話が尽きないわね。
ところで今回は、サブキーパーを、みおとさんに担当してもらって、神回になったらしいわね。そうなの?

ダ:全く持ってその通り。特に見学席が大盛り上がりで、絶賛していた。次回に続く。
 いいね!13
ダイバー
2020/06/18 00:43[web全体で公開]
😶 ナ・ホンジン化した蒼穹 ①
山崎紗奈(メンタルセラピスト以下 山)
ダイバー (KP 以下 ダ)

山:だいぶ心が抉られていたようだけど、こないだ回した蒼穹は、一言で言えばどうだった訳?

ダ:なんで私が作る探索者は、こうもズケズケと物を言う人間が多いんだろう。まあ良いんだけど、そうだね、一言で言えばナ・ホンジン化したと言えるね。

山:日記を読む人間は、貴方の様な偏屈な映画オタクばかりじゃないんだから、もう少し分かりやすい表現の方が良いと思うけどね。具体的にどう言う事な訳よ?

ダ:ナ・ホンジンは、韓国の映画監督で、代表作品は、「コクソン」「チェイサー」「哀しき獣」があるんだけど、観たことはある?

山:ああ、観ましたね。全体的に恐怖や凄惨なシーン、心理描写が得意で、絶望感溢れる話を作るのが上手い人ですね。

ダ: コクソンを観てから3日くらいは、気分が落ちていたからね。チェイサーにしても、序盤の凄惨な暴力シーンだけで、続きが観られない人もいる。
ナ・ホンジンの場合は、序盤から中盤、終盤にかけても、どう観客を惑わせるかに全力をかけている人であり、マスタリングの手本にさせて頂いた事もある。
しかし…

山:しかし?

ダ:今回の蒼穹は、よりナ・ホンジン化が明確になったと言える。 次回に続く
 いいね!11
ダイバー
2020/06/16 03:16[web全体で公開]
😶 体調不良のため、諸連絡が遅れます
先日はありがとうございました。
タイトルの通り、諸連絡が遅れますので、何卒ご容赦ください。
 いいね!7
ダイバー
2020/06/15 02:14[web全体で公開]
😶 温泉4周年と、ナホンジンとなった蒼穹について
オンセン4周年おめでとうございます。

今回回させて頂きました、「蒼穹」
今回は、韓国映画監督 ナホンジンの作品の様になりました。詳しくはまた、あらためて。
 いいね!13
ダイバー
2020/06/13 23:58[web全体で公開]
😶 成果の確認の重要性
前回の日記で書いた、感想についてのフォーマットですが、あれだけしつこい内容で、フィードバックを求めているGMは、ほぼいないでしょう。

何故あそこまで聞くのかと言うと、GMとしての揺るがない自信を付け、さらに良い卓を回すためです。

主体的に感想を濃い内容で話してくれるPLに、囲まれている場合は、それを聞くだけで良いのですが、そうでは無い方の場合は、GMの方から積極的に深掘りしないと出てこない場合があります。
そのために聞く必要が有ります。

実はGMは、卓をやっただけでは片手落ちで、実はその後のフィードバック、成果確認をやって、完了になります。

これをやらないと、自分が回している卓の価値、どれくらい喜ばれたか、役に立ったかが、分からないまま、次の卓を回す事になります。

自分の卓の価値を、自分が分からず回すのは、濃霧の中を歩く様なもので、自信も溜まらず、疲労が溜まるだけになります。

だから重要なのです。
 いいね!23
ダイバー
2020/06/11 12:29[web全体で公開]
😶 PL版 セッション感想 フォーマット
セッションに参加して、どう感想を書いていいか分からない方向けに、フォーマットを置いておきます。ご参考までに。
個人的には、人間は忘れやすいので、忘却曲線というものがあり、1日でだいたい日常で起こったことの25%を忘れるので、三日坊主になります。4日前の食事の内容は、誰も覚えていません。
そのため、このフォーマットを使用するかどうかは自由ですので、なんかしらの形で、感想を書いておくことを勧めます。
また、GMにしてみても、セッションの感想を聞いて、一言だけ「楽しかった」だけでは、寂しいものです。

1、〇〇さんの●●というセッション
2、参加者(参加PC) 
3、見学者
4、なぜ参加したかの理由
5、参加する前にやりたかった事、目標
6、参加してどうだったか。
7、参加者PLについてどう感じたか
8、参加者PCについてどう感じたか
9、NPCについてどう感じたか
10、GMについてどう感じたか
11、自分自身が、この卓に参加して、どう変化したか(ビフォーアフター)。ここが変わった。
12、今後、何かあれば
 いいね!26
ダイバー
2020/06/10 11:07[web全体で公開]
😶 名前を前垢のダイバーに戻しました。
ダブルフェイスから、ダイバーに戻しました。

猫は戻り、枯れた井戸に水が溢れる。
綿谷ノボルとの、最後の戦いが始まる。
 いいね!15
ダイバー
2020/06/09 12:44[web全体で公開]
😶 パドーデビルの嘲笑 改編版
諸事情により、ダイジェスト版になったこのセッションたが、PLみおとさん PC赤坂さんのおかげで、とても楽しいセッションになった。
みおとさん、ご参加頂きありがとうございました。

どちらかと言うと、このシナリオは、初回回しよりも、ある程度の関係性が出来たPC同士で、回した方がやりやすいと思う。
基本路線はハードボイルドシナリオだが、ある意味、殺人の追憶の女性バージョンの様になったのが、面白かったと思う。

そして、ラーメンは、やはり大事なのだろう。

気取った店など、要らない。
会議は味噌ラーメンをすすりながらが、良いのだ。

フード理論の活用と言う事で、このシナリオには、この食べ物を出す事を決めて意図的にやっているが、今後も続けようと思う。

改めてみおとさん、カラオケボックスまで借りて頂き、ありがとうございました。改めて御礼申し上げます。
 いいね!10
ダイバー
2020/06/07 17:38[web全体で公開]
😶 私的マスタリング セッション採点方法
参加者集め
1、募集要項は分かりやすいか。
2、卓の参加者全員が、安心して遊べる人選をしているか。
3、卓が始まってから、もめごとが無いようにキャラクターを確認しているか。

プロローグ
4、PL、PCの自己紹介をしてもらっているか。
5、GM自身の自己紹介をしているか。
6、GMが、なぜ卓を開いたかの理由説明をしているか。
7、PLに、なぜ参加してもらったかの、理由説明をしてもらっているか。
8、休憩時間などの説明や、不測の事態についての説明をしているか。

進行中
9、休憩時間をとっているか。
10、発言が、一部のプレイヤーに偏らないように、発言していないプレイヤーにも質問、話題を振って、発言を引き出しているか。
11、テンポ良く進めているか。
12、シーンを切って、次のシーンにつなげる時に、ドラマの引きのように、興味の持続が出来ているか。
13、時間管理が出来ているか。
14、問題行動を起こすプレイヤーに注意が出来、場合によってはセッション中止を決断できるか。
15、各PCに、それぞれが活躍できる見せ場を与えているか。
16、NPCを演じる時に、感情移入して、生きた人間として演じているか。
17、高い声、低い声を使い分けているか。
18、音読するべきところと、メモを目視してもらうべきところを使い分けているか。

エピローグ
19、感想交流の時間をとっているか。
20、全員の感想を聞いているか。その際に、参加者1人ずつから、各参加者・各PC全員・GMについて、感想を言ってもらい、これを全員で回すことで、フィードバックを効果的に相互に得ているか。
21、参加前と参加後の感想を聞いているか。
22、参加者に、セッションについて日記に書くように依頼できているか。

セッション後
23、日記でセッション感想を書いたか
24、参加者に、友人申請はしたか
25、参加者のPCにいいねをしたか

25の設問を、出来た〇を4点。不十分だった△を2点。出来ていなかった×を0点。


 いいね!20
ダイバー
2020/06/07 06:42[web全体で公開]
😶 影響を受けない事
これが親子関係、家族関係だと距離が近いため、難しいが、私達は物事に対して、影響を受ける受けないを、決める事が出来る能力がある。

私は影響されない。
 いいね!15
ダイバー
2020/06/06 22:16[web全体で公開]
😶 COC7版を流行させるには 角川書店へ
角川書店主催で、7版卓を増やして、動画配信は必須だろう。

ルルブの場合は、他の本と購買層が違うのだから。
売っただけでは、放置でしかない。
 いいね!11
ダイバー
2020/06/02 22:19[web全体で公開]
😶 他人を変える事は不可能
しかし、自分の周りにいる人間を、ガラリと変える事は出来る。

これもFULL POWERにあった。
TRPG で、人間関係に悩む必要はひとつもない。
 いいね!17
ダイバー
2020/05/31 12:14[web全体で公開]
😶 ゆるみと見せ場
韓国版のホラー映画やスリラー映画を観ていると、勉強になるが、ホラー映画なのに、クスッと笑わせる様な描写が、時々に散りばめられているので、参考になる。

これから怪しい人物を撲殺しにいく準備をしているのに、なぜか武器が牛骨だったり、ホラー映画なのに、途中でギャグを入れてあったり、なぜか小学生がキレッキレのアクションを演じたり、雷に打たれて入院しているのに漢方薬で助かったり、ここで笑って良いのかどうかが分からなくなる事が多々ある。

逆にそれくらいだから、ちょうど良いのだと思う。COCはホラーだからと言って、適当なゆるみは必要であり、わざとそういうシーンを挿入することで、緊迫したシーンとの対比が出てくるのだろう。
 いいね!15
ダイバー
2020/05/30 15:54[web全体で公開]
😶 私のTRPGのルーツ
ガープスルナル+餓狼伝説+風の谷のナウシカ
 いいね!12
ダイバー
2020/05/28 12:17[web全体で公開]
😶 どこをどう改編するのか
ダウンロードしたシナリオを読んで、どこをどう改編すれば良いのかを考える。
KPCが死んでいくことにより、PCがその事件を捜査していく様な状況にはなるのだが、事前説明が無い何の思い入れもないようなKPCが死んだところで、PCはどうにかそう考えたとしても、PLが感情移入できるのかと言うと?

難しいと思う。

「なんの思い入れがない人間が死んだところで、別になんとも思わない」

このシナリオを本編として、前編に小話を入れておくようにする位の改編は必要だろう。

GMは自分でお経を読むくらいの演出は必要だろう。

これはほかの状況説明にも応用できるのではないかと思う。
言葉で説明されるのが、鬱陶しいことも多々あるので、なんかしらのエピソードを入れておくことで、キャラクター同士の結びつきを強化しておく。一番簡単な方法はフード理論なので、これを応用する。

いかに短時間で、印象付けするのか?

シナリオはレシピであって、それをどう料理するのかは、料理人であるGMのやる事。
どこから食材を調達するのか、なんの食材を選ぶのか、味付けは中華か、イタリアンなのか。デザートはつけるのか。酒はどうするのか。

これは一例であるにすぎないし、パズル的な要素が強いシナリオなら、生の麺だけで勝負するのが良いのだろうが、私がごちゃごちゃと、食材を選んで料理するのは、「映画として観た場合の絵」、それが見たくてGMをやっているからだろう。
 いいね!19
ダイバー
2020/05/27 14:30[web全体で公開]
😶 ボイセでのNPCの演じ分けするための声の出し方
演劇や、ボイストレーニングをした人間はご存知かと思うが、人間の声は、3通りある。

高い声
普通と自分が認識している声
低い声

GMがボイセをする場合、普通と自分が認識している声の音域で話すのが普通だったりする。
これだとNPC別の演じ分けが不十分になる事がある。

男性GMでも、高い声を使う事、この時に鼻から声を通す事で、少女を演じる事もやりやすくなる。
対比として、お経を読む様な、声に振動を与えて低い声を使う事で、凄味のあるキャラを演じる事が出来る。

あとは、早口、普通、ゆっくりを使う事。

これにより、
声質3つと、話し方のスピード3つを、使うことで、9人のNPCの演じ分けが可能になる。

実際には録画、録音をして、確認、修正するのが一番早い。
NPCのボイセのロープレに行き詰まっている人は、お試し下さい。
 いいね!19
ダイバー
2020/05/25 13:02[web全体で公開]
😶 目が覚めると白い部屋にいた。これを工夫する。
白い部屋はともかく、このスタートを工夫してみる。

PL1は、鎖で縛られて、天井から吊るされている。
PL2は、お腹の具合が悪くてたまらない。
PL3は、部屋の隅に置いてあるロープで、自分を縛って欲しくてたまらない。

ここからクローズド物をスタートしてみたい。

追記

コメントありがとうございます。
これで白い部屋系のクローズドの導入が、かなり楽しくなると思います。
 いいね!21
ダイバー
2020/05/22 12:26[web全体で公開]
😆 蒼穹 
回せば回すほど、自分でもよくわからなくなってくる、このシナリオ「蒼穹」。

このシナリオを、PLみおとさん(PC一青さん)、PL擬音さん(PC東さん)、PL九龍白鴉さん(PC辰砂さん)に先日、回させていただいた。
このシナリオのメンバーは、お世話になっているコミュニティ「ギアハウス」より、メンバーを選んで、三回目という事で、第三課となったが、心に傷を負った刑事の一青さん、ある種天真爛漫な寝技格闘技の得意な婦警の東さん、表面上は皆に合わせるが本心は不明な辰砂さん、この3人が、陰惨な事件に巻き込まれていくのは、映画の入りとしても、見ごたえがあったと思う。そして結末は・・・・

もともと私は、TRPGをTRPGとして認識していないところがあって、映画作品を作るような感覚で、セッションをしている。
この時にGMの趣味や、やりたいことが多すぎて、PLを抑制してしまうと、俗に言う吟遊詩人系のGMになってしまうのだろうが、GMの説明を聞いている時ほど、つまらないものはないので、説明は最小限度にして、PL、PCの思想、考え、個性にフォーカスして、そこを引き出す事で、物語を進める形にしている。

あくまで、主人公、主役はPLであり、PCなのである。
だから見せ場を作る必要ある。

実は全編が見せ場とも言って良い。

それでやっていて、私が面白いのは、このシナリオが、参加するメンバーによって、まったく違うロープレを引き出し、まったく違う結末にたどりつくからだろう。

監督をやり、舞台演出もやり、同時に観客でもあるのが、GMの一番美味しいところと言える。

テーマとしては、「正義」とは何か?というものだが、きれいごとや、言葉遊びや、どうでもいい議論なんぞいらない。それを貫き通したければ、血と脂と鋼鉄で、それを実行してみろ、という話。

改編していく中で取り入れているのは、序盤に出している伏線が、最終になって回収されていく事。
本当に重要なことは、大きく提示されるのではなく、むしろ何気ない会話の中で出される事。

NPCもそのままではなく、私好みの映画作品から要素を抽出して、パロディ的に個性を加えている。

PCが活躍する話なら、NPCも魅力的な脇役であることが必要なのだ。

正直な話、このシナリオを他の人が回しているのを、見学したいとは思う。機会は少ないのだろうけども。

有名シナリオを回す、それもまた一つの方法なのだろうが、私は改編不可の大物シナリオを回せるほど、お行儀が良くないので、このように、自分の味付けで多国籍料理に変えられる料理を、今後も好んで回すのだろう。

フード理論にしても、「やってみせ 言って聞かせて させてみて 誉めてやらねば 人は動かじ」の言葉通り、日記であれこれ言っても伝わらないので、参加した方は、フード理論の使い方が、分かったと思う。

改めて、ご参加されたお三方、ご見学された方、ありがとうございました。

心に傷を残して頂ければ、幸いです。
 いいね!24
ダイバー
2020/05/21 12:13[web全体で公開]
😶 感想を書く前に
pixivにて青井様が作成、公開されおられる「蒼穹」。
これを改編して10回以上回したが、型が完成したと思う。

守、破、離 の順で、その人の持ち味は完成するので、マスタリングに難しい事は何もない。
 いいね!12
ダイバー
2020/05/19 12:04[web全体で公開]
😶 出来る女のさしすせそ TRPG編
さ さすがですね! 

さすがですね!そんなに自分のPCを大絶賛出来るなんて!おかげで30分くらい寝てたわ。時間勿体無いし、端的に説明してくれませんか?3秒で。

し  知らなかった。

塩って拷問に最適なの知らなかった?私、泣き声を聞くのが大好きなの。ねえ、思いっきり叫んで良いんだよ?

す すごい!

すごい!なんの事前準備も無く、野良で立卓するその心意気、すごいと思うわ。私は100m先から見ているから安心してね。

せ センスいい!

センスいい! そのシナリオのチョイス、センスいい!貴方のマスタリング能力を考えなければ!とっても良いよね!

そ そうなんですか!

そうなんですか!ルルブそんなに持ってるんだ。
それでどれくらい使い込んでるのかしら?
 いいね!14
ダイバー
2020/05/18 12:13[web全体で公開]
😶 蒼穹 回し、そして
正義を論じるので有れば、言葉遊びでは無く、血と脂を以て、まず示して見せよ。

私はPCが全滅し、関係者が全滅し、薄汚い川に遺体を捨てられたとしても、それはそれで感動するタイプ。

それはともかく、この「蒼穹」。
基本は刑事ものだから、予算も多くはかからないし、カメラを止めるなよりもかからないと思われるので、映画化すれば、カルトムービーになる予感がする。

蒼穹感想を書く前振りです☺️
 いいね!21
ダイバー
2020/05/06 21:35[web全体で公開]
😶 コロナ対策
感染ルートは、飛沫感染の場合、吸い込んだ場合になるが、ウイルスは単体ではなく、より集まって粒になっているので、相手とこちらがマスクをしていれば、感染する可能性は低い。

また、手についたウイルスを、目や鼻や口を触った場合、粘膜から吸収されるため、顔を触らない事で、感染する可能性を低くできる。

問題は食事で、会食や飲み会で、マスクをつけてない状態での会話による飛沫感染、手掴みで料理を取ったりした場合などが、感染源になる。

そのため人と会食するなら、全員黙ってさっさと食べる。

セッション中なら、パソコンやスマホをアルコール消毒する。お菓子を手掴みで食べない。
顔を触らない。

これで感染確率を減らして下さい。
 いいね!14
ダイバー
2020/05/03 18:54[web全体で公開]
🤬 緊急事態宣言延長にともない
経済と自殺率の関係に着目し、「新型コロナによる影響で、自殺者数が現在の水準(2019年はおよそ2万人)に戻るまでに合わせて14万人から26万人の自殺者が出る可能性がある」と主張するのが、京都大学大学院の藤井聡教授(元内閣参与)による説。

自粛だけが続き、国債発行による、有効かつ厚い休業補償や、所得補償、粗利補償、さらに学費や地方インフラへの支援などが行われない場合、この様な事態になると思われる。

そのため、登録ユーザーには、今のうちに、話しておきたい事、伝えておきたい事は、死ぬ前に伝えておいた方が、悔いがないでしょう。
 いいね!14
ダイバー
2020/05/01 00:20[web全体で公開]
😶 合わないのではなく、会わない
問題PLと、合うか合わないか。

いちいちそんな事は気にしなくて良い。

そもそも、同じエネルギーを持っているから、問題PLに会うのであり、
エネルギーが違えば、そもそも会う機会は訪れない。
 いいね!16
ダイバー
2020/04/30 12:47[web全体で公開]
😶 この先
登録ユーザーが、コロナによる病、コロナによる経済的による死、社会的な死が予想されるため、今、伝えたい人には、悔いが無いように伝える事を、伝えておいた方が良いでしょう。
 いいね!15
ダイバー
2020/04/29 16:04[web全体で公開]
😶 セッション中 合わないPLがいた場合
卓を途中で降りる。

これで解決。
 いいね!11
ダイバー
2020/04/06 13:20[web全体で公開]
😶 卓再開後の終了時間帯
全国的にコロナウイルスが拡がりつつありますので、私が卓を再開した場合、終了時間は23時までとします。
睡眠時間の減少は、抵抗力を減らして、罹患率を高めるからです。
 いいね!13
ダイバー
2020/04/05 18:22[web全体で公開]
😶 ローランド的TRPG名言
世の中には、二種類のGMしかいない。俺か俺以外か。

冴えない男とやるCOCより、俺とやる死亡フラグTRPG。

お前にGMとしての魅力が無いのは、負け慣れた犬の顔をしているからだよ。

俺がGMをしたら、蟹だって前向きに歩く。

良いPLの条件は、俺が良いPLだと思うかどうかだ。

つまらないGMのなり方、教えてくれない?

俺だったら糸電話でもGMが出来る。

参加者希望者を断れないGMの卓に、興味は無い。
そう言うGMのイエスに価値は無い。

GMには3つのやり方がある。正しいやり方、間違ったやり方。そして俺のやり方。

その辺のアーティファクトより、俺の方が役に立ちそう。
 いいね!12
ダイバー
2020/04/04 21:45[web全体で公開]
😶 コロナによる死亡率を低める、か。
責任重大だな。
しかも時間は、あまりない。
 いいね!8
ダイバー
2020/04/04 13:18[web全体で公開]
😶 俺Tuee的PCが来た場合の対応策
冒頭で高さ15メートルくらい上から、ふん尿(食事中の方失礼)3トンくらいを浴びせ、のたうち回りながら、複雑骨折をしてもらえば良い。

大人しくなるだろう。

これでポジティブに振る舞うなら、それはそれで見たい気もするが。
 いいね!11
ダイバー
2020/04/02 04:16[web全体で公開]
😶 考えは紙にペンで書き出す。
考え、アイデア、目標、目的、過去、大事なもの、知恵、意志、気持ち、良かった事。

これらは見えない事。

紙にペンで書いて、見えないものを見える様にするこの。これにより人はフィードバックを得る。

だから物を書く習慣がある人は、それだけ強い。
 いいね!21
ダイバー
2020/03/30 23:06[web全体で公開]
😶 ダブルフェイスの愛のTRPG講座 ②   車が売れない
第二話

ダブル「うん。自罰的」

前田「え、自罰的なんですか?でも自分の欠点を自覚して、努力するって必要なことじゃないですか」

ダブル「自分の欠点て、なぜそう考えるんですか?」

前田「いや俺、人と話すのが苦手で。しかもあがり症で」

ダブル「なるほどね…。それはいつからなんですか?」

前田「いや俺、小学3年生の頃に、音楽の時間に、リコーダーを吹くときに、ものすごく緊張しちゃって、指がガタガタ震えて、女子に爆笑されたんです」

ダブル「そんなことがあったんですね…」

前田「それが原因で、からかわれていじめにあって、人間不信になって、どんどん人とのコミニケーションが嫌になって」

ダブル「それは辛かったですね」

前田「今も会社の急な人事異動で、車の営業部に回されたんですよ。もともと人とあまり話さないで済む、車の整備部にいたんですけど。いきなり営業になりまして。死に物狂いでカタログの内容を暗記して、商品の説明ができるようになって、それをTRPG に活かしているんですけど!」

ダブル「なるほど。そんな人生の背景があったとは。ありがとうございます。」

ダブル「ところで、そういう中で説明と言う言葉が出たんだけど。営業成績はどんな感じなんですか?」

前田「……恥ずかしいんですけど、いつも所長に怒られてます」

前田「だから、だから俺にとっては、人とちゃんとコミニケーションができるTRPGが、心のオアシスなんですよ。でもそれも壁にぶつかって😭」

ダブル「うん。じゃぁさぁ、今ここでどうゆう風に営業してるか、ロールプレイやってみて😆」

前田「え?それがどう関係があるんですか?」

ダブル「本質的な関係があると思う。じゃあ俺は店に入って来たところから」😆

ダブル(新車をチラチラ見てる)

前田「お客様、こちらの車にご興味があるんですか?」

ダブル「いや、俺はちょっと見ただけ…」

前田「お客様。この車は、今一番の新型エンジン搭載してあり、燃費効率はなんとかで、ハイブリッド的なんとか…」と言うマシンガントークが続く

ダブル「いや、あの」

前田「価格もですね」とマシンガントーク続く

ダブル「あのさ」

前田「それでこれとこれとこれとこれとが魅力なんですよ。お客様いかがですか?」

ダブル「いらん。帰る」😫

前田「ああっ…くそっ、いつもこうだ。俺はダメなんだ。コミュ障なんだ。来月1台売れなきゃクビだし。でもクビになればTRPG 遊べるよなあ〜つまらないGMでも…」

ダブル「なるぼど、こりゃクルマ売れない訳だ。しかしクルマとTRPG 意外にもおなじ問題になっているね」

前田「えっ!同じですか?」

ダブル「うん。そこでTRPGのGMが上手くなり、リピーター続出、楽しい卓ライフが送れる事。
仕事でも実績を出して、早く帰って夜はTRPG 。
こういう生活が送れるとしたら、どう思う?」

前田「まるで俺の夢の人生です」

ダブル「その夢、叶うで」

ダブル「まずは意識を意識する。この本だな」と言って本を取り出す。

ダブル「前田君を、コミュ障にしておきたい人間は、、、前田君、君自身だよ」👹

ざわ、ざわ…

第三話に続く
 いいね!13
ダイバー
2020/03/30 20:55[web全体で公開]
😶 良い論説なので引用します。
原宿カウンセリングセンター所長 信田さよ子さん 現論
より引用(前、中は略)

「先の見えない不安に襲われながら、『成熟した大人』とはどういうことなのかを日々問われている気がする。
とにかく不安に耐えながら生活すること。不安エネルギーの方向を弱者に向けず、決して攻撃や差別暴力といった表出をしない事。それが大人の条件ではないかと思う。
大人かどうかは、その人の年齢で決まるものではない。
弱い者の不安を受け止められてこそ、大人であり、周りに当たり散らすなど論外だろう。
何より親は、子どもを支えこそすれ、不安のはけ口にしてはならない。
不安だらけだと、知人にグチり、もっとおしゃべりをすることで、私たちはかろうじて、大人でいられるのではないかと思う。」
 いいね!13
ダイバー
2020/03/30 00:57[web全体で公開]
😍 ダブルフェイスの愛のTRPG講座 ①
眼鏡をかけて、猫背の長身の青年がドアをノックして、おずおずと入ってくる。

前田「し、失礼します。実は最近、マスタリングでつまずいてしまってまして、そこそこできる人って聞いたんで、相談に乗ってもらいたいんですが」

ダブル「はあ、そうすか」

前田「なんでそんなに反応がそっけないんですか!?」

ダブル「あーごめんごめんそうですね。(呼吸法を使いながら息を吐き)「それは…大変な…ことですね」

前田「いまさらそんな反応されても‼️」

ダブル「悪かったって。で、なんであなたは来たんだっけ?」

前田「最初に言ったでしょ!マスタリングについて、つまずいて相談に乗って欲しいって!」

ダブル「つまづいている所。たとえばどの辺が?」急に真剣になる。

前田「PLの反応がつかめないというか、喜んでもらえているのかがわからないんですよ」「あと俺、コミュ障だから。だから工夫してものすごく説明に力を入れているんですよ。ルール説明とか、状況やNPCの説明その他色々と。でも俺が説明すると、みんなつまんなさそうなんです」

ダブル「おお…なるほどね〜」

前田「メモに書いてあることを、音読したりしてサービスしたりしているつもりなんですよ」

ダブル「なるほどね」(ため息)

前田「俺、コミュ障だから、それでも頑張ってるつもりなんですよ」

ダブル「ほうほう。なるほど(ため息)でもそれだけやれば感想としては、楽しかったとかもらえるんじゃないの?」

前田「楽しかったの一言はもらえますよ。でもね誰もそれ以上、感想をもらえなかったりするんです」

ダブル「それで?」

前田「あんまりリピーターが来ないんですよ」

ダブル「…という事は、どういうことですか?」

前田「いやどうって、つまらなかったと思うんですよね。感想も書かれているのを見たことがないし」

前田「俺、コミュ障だから、こんなもんかと思うんですが、でもあきらめることができなくて。

ダブル「なんで諦められへんの?」

前田「俺の努力が足りないだけだと多思うんです。だから自分が情けなくて。俺はこんなもんなのかと」

ダブル「真面目やね。いや、真面目じゃないなぁ」

前田「え?」

ダブル「はっきり言えば自罰的」🙅‍♀️
   

第2話に続く。
 いいね!14
ダイバー
2020/03/28 20:38[web全体で公開]
😶 コロナの状況でどうするか
最悪の想定も予想しつつ、「夜と霧」のフランクルなら、何を考えるのかとも考えている。

環境の変化に流されるのか、それとも流されずに、大事なものを見失わないか。
良くないものの、影響を受けない事が出来るのか。

これは俺のインナーゲーム。
 いいね!9
ダイバー
2020/03/28 01:11[web全体で公開]
😶 卓修羅に対し、人は言うが
卓修羅が、人生に失敗した時に、人は言う。

「自己管理が出来ていない」
「自己責任だ」と。

しかし誰も、きちんとした自己管理術など、教えている事など見た事が無い。

この事については、ずっと自分の中に引っかかっていた事だったが、トップビジネスマンのセルフマネジメント術を応用する事で、これは解決が出来ると考えている。
万人向けでは無い。人は自分が思う様にしか動かないのだから。
だからこそ、私を信じてくれる人は、人生で成功して欲しいし、その上でTRPGを楽しんで頂けるのが良いと考えている。

 いいね!10
ダイバー
2020/03/24 00:28[web全体で公開]
😶 GMとは専門演出家 くだらない事言わせんなよ
たまに卓を体験した後に、阿鼻叫喚的な日記が出てきて、いくら時代が変わっても人間の本質は変わらない事が実感となる。

そう言う中で、GMはどうすれば良いのか。

GMとは専門演出家だ。だから堂々としていい。

だから例えば、Aと言うPLとPCが、グダグタと自分語りをしていて、不要なリーダーシップを発揮して、周りのPLがうんざりと、辟易している場合。

GM 「なんで貴方は、さっきからずっと喋ってるんですか?」

A「え?そりゃ俺は優秀だからさ、それに…」

GM「これから俺が状況描写始めるのに、貴方がグダグタ話しているから、話が出来ないんですよ。Aさん」

GM「俺が話すんだ。黙ってろ」

GM「知ってますか?ベラベラしゃべる人間が、人から尊敬される事は無いんですよ。要はモテないんですよ」

GM「あんたも、TRPG でコミュニケーションと言うものを通じて、せっかくすげえ時間使うんだから、人生変えるくらいの考えでやってもらわないと困るわな。
無理な場合は、途中退場してもらうわ。今の話聞いて、どう感じたんや?」
 いいね!13
ダイバー
2020/03/22 16:55[web全体で公開]
😶 わざと分かりにくく書いている
にも関わらず、いいねを頂きありがとうございます。
 いいね!9
ダイバー
2020/03/22 16:54[web全体で公開]
😶 見えないもの
見えないものを、見える様にし、見えたものに焦点を合わせて、さらに見えないものを変化させる。
 いいね!11
ダイバー
2020/03/21 22:43[web全体で公開]
😶 俗に言う「人は変わらない」
「自分を変える事は不可能」
この思い込みは厄介だ。自分でそう思っている以上は不可能だろう。それが事実では無く他者からの刷り込みに過ぎないとしても。そしてどんどん状況は悪化していく。


しかし、「自分は、何かしらのきっかけや、良い出会いがあれば変えられるかも知れない」と考える人は、

ひとつの質問がきっかけで、変わる可能性を秘めている。
 いいね!13
ダイバー
2020/03/20 12:14[web全体で公開]
😶 TRPGプレイヤーに最も必要な習慣
それはセルフマネジメントを行う習慣。
これを教えている人間はほとんどいない。
 いいね!13
ダイバー
2020/03/19 12:10[web全体で公開]
😶 人に好かれる事、人を好きになる事
これは、意志の力では無く、習慣によって可能になります。
 いいね!9
ダイバー
2020/03/19 00:07[web全体で公開]
😶 香川県議会 ゲーム規制可決
県議会は反対派も頑張ったが、残念ながら可決されてしまった。
この動きは、他の都道府県にも行われる可能性があるため、依然、注視が必要と思われる。
この流れがこのままいけば、ゲーム文化を破壊するだろう。
 いいね!11
ダイバー
2020/03/17 07:20[web全体で公開]
😶 人は、普通に流される。
海に入れば、波の流れに、流される。
流された時でも、指針や目印があれば、人は自分の軌道に立ち返る事が出来る。
 いいね!11
ダイバー
2020/03/11 11:35[web全体で公開]
😶 変化は予想どおりには来ない
変化は予想どおりには来ない。
突然現れる。それも予想を越える。
 いいね!12
ダイバー
2020/03/07 07:12[web全体で公開]
😶 自己卑下する事は、自己も他者も卑下する事。なんの解決にもならず、全てが悪化するだけだ。
誰も貴方に言って無いのに、自分で自分にマイナスの意識は語りかける。
お前は駄目人間だと。
コミュ障だと。

これらは事実よりも、刷り込まれた自己意識でしか無い。

これらは、インナーゲームで認識出来る。
まずは認識する。
 いいね!16
ダイバー
2020/03/07 07:08[web全体で公開]
😶 俺は愛を最大の武器にしよう。
たとえ、世界中のあらゆる知識や技術を持っていようと、愛がなければ、俺は失敗するだろう。
 いいね!12
ダイバー
2020/03/06 11:58[web全体で公開]
😶 私は自分の心が冷酷であるのを許しはしない
愛を持って、問題を解決し、役立とうとしている人間が、何を卑屈になる必要があるのか。

何度も言っている。

「堂々とする」
 いいね!10
ダイバー
2020/03/06 01:35[web全体で公開]
😶 本当に付き合うべき人間とは
「依存症とは実のところ、人との健全なつながりの欠如が現れたもので、孤立と孤独の産物であり、さらなる孤独を生む悪循環を作り出す」ベンジャミン・ハーディ「FULL POWER」P168

このあとが知りたければ、前回の日記を参照していただきたい。

なぜ私が前回の様な内容を書いたのか。
初めは懐かしいと感じて遊んだTRPG。
それは楽しかった。
しかしここで問題になって来たのが、卓の頻度と、PL同士のコミュニケーションの増加だった。
私にとって卓は、たまにやるから良いものであり、それを日常的に行なったり、話をしているとすれば、自分自身のリアル生活の時間を、かなりの量が、ネット上のコミュニケーションに奪われてしまう事が、嫌だったからだ。
拘束はごめん被る上に、その形態のコミュニケーションの仕方は、依存症を深めていく可能性があったからである。
継続的に卓を行なっている人間達。
では彼らは、資格試験の勉強や、収入を増やすための勉強はしているのか。否。

そして、仮にそのような卓の生活を1年過ぎて、私が入院したとして、誰が見舞いにくるというのか。では2年後は?誰も来ないだろう。

これは一体なんなのか。私達が時間を使って苦楽を共にしているこの関係は、

人間関係と呼べるものなのか?
結婚式には呼べるのか?
親の葬式に呼べるのか?

無理だろう。
しかし残念ながら、優しい人間ほど、利他的な人間ほど、依存性になっていく。

「依存症とは実のところ、人との健全なつながりの欠如が現れたもので、孤立と孤独の産物であり、さらなる孤独を生む悪循環を作り出す」ベンジャミン・ハーディ「FULL POWER」P168

私はTRPGが好きだし、TRPGプレイヤーが好きだ。だからこそ、彼らや彼女たちが人生全体で成功して欲しいと考えている。
TRPG が人生を狂わせる道具に使われるのは、間違っていると考えている。

ではどうすれば良いのか?

模索していた、解決策が見つかった。

私は議論はしない。無駄だから。
コメントしたければ、「インナーゲーム」「FULL POWER」を読んでからにして頂きたい。

本当に付き合うべき人間は、「あなたの人生の成功を、お互いに願える人間だ」バレットジャーナルより
 いいね!14
ダイバー
2020/03/05 20:14[web全体で公開]
😶 俺はやっと
自分が何をしたいのかが、明確になった。
 いいね!10
ダイバー
2020/03/04 08:42[web全体で公開]
😶 卓依存症。この解決方法が見つかったと思う。
「依存症とは実のところ、人との健全なつながりの欠如が現れたもので、孤立と孤独の産物であり、さらなる孤独を生む悪循環を作り出す」ベンジャミン・ハーディ「FULL POWER」P168

もともと私はオンラインセッションにおける、卓の依存症を好ましく考えていないし、心配しかしていない。

しかしながら、現代日本で生活している人間が、どれだけアルコールやニコチン、対人関係、ギャンブル、インターネット依存症と無縁でいられるのか?
また今、順調に行っている人間でも人間関係の崩れ、失職、別離などにより、依存症に陥る事は十分にある。

なので依存症とは、悪では無い。
人間がつらいことを乗り切るために、必要な事でもある。

しかし、長引けば、冒頭に引用した様に、「さらなる孤独を生む悪循環を作り出す」事がある。

これに対する解決方法を考えていたのだが、香川県で議論されているゲーム禁止法案では、遮断するだけで意味が無いのだ。それはインターネット以外に依存対象が移るだけに過ぎない。

この解決方法が見つかったと思う。

アディクション(依存症)に対抗できるのは、コネクション(現実の人間関係)の充実なのだ。
しかしコネクションでつまづいている事が、より依存症を深めているので、ここを解決しないと、解決が出来ない。

この解決方法が見つかったと思う。


追記

私はこの件で議論する気は、時間がもったいないため、毛頭ないので、内容について何か聞きたい方は、「FULL POWER」を読んでから来て下さい。
 いいね!14
ダイバー
2020/03/02 12:16[web全体で公開]
😶 自問自己回答

Q、伏線をばらまく意味は?

→序盤、中盤でその時は大きな意味を持っていなかった伏線が、終盤、エンドで意味が分かる事で、衝撃や感動の効果を大きいものにする。だから効果的に撒く必要がある。

Q、シナリオにおける食べ物の意味は?

→フード理論参照。これは私が実演したセッションの体験者だとよく分かると思う。食べ物とはキャラクターを演出するのに、最適な道具であり、食欲と言う本能を通じて、理解しやすいものである。

Q、参加するPLから、何を引きだしてマスタリングしているのか?

→そのPLのTRPGについて、なぜ参加したかの動機の確認から、何が大事か、どんな体験があったのか、一言で言えばTRPGとは、その人にとって何なのか?深意識まで掘り下げていく。そこまで掘り下げる事で、PLに対する興味が、燃え上がり、セッションに反映する。また参加するPLにとっても、自分に興味を持ってくれた事でGMへの好感が上がるのと、参加した理由を自己確認することで、焦点が絞られモチベーションが上がる。

Qシナリオを参加PCに合わせて、何をカスタマイズしているか?

→映画アベンジャーズの様に、多人数が参加しながら、各人の見せ場、魅せ場、活躍シーン。これを演出で盛り込み、カスタマイズする事で、単にシナリオを消化するのでは無く、オーダーメイドのセッションになる。
 いいね!17
ダイバー
2020/03/01 17:51[web全体で公開]
😶 在り方が大事
自信なんて、誰も初めは持っていない。
でも保育園児は、恥ずかしげも無く、サッカーの真似事をする。

自信が無くても、マスタリングは、出来る。

大事なのは在り方。

「初心者GMなんで…」
「初めて作ったシナリオなんで…」
「人が集まらなくて…」
「私、リアルでは全然ダメで…」

そんな事、書かなくても良いし、言わなくて良いんです。

堂々とやる事。
セッション中に、猫背じゃなくて、胸張ってやる事。
アクシデントが起こった時に、焦らずに、一呼吸置いて、複式呼吸で呼吸する事。


リアルがダメだとしても、それは貴方の持っている資質が、不慮の積み重ねで開花していないだけかも知れない。

だから、堂々とやって下さい。
威張るのでは無く、人を見下すのでは無く、堂々とする練習の場所として。
 いいね!26
ダイバー
2020/02/28 22:04[web全体で公開]
😶 質問に対する回答を得る事で
実際に参加しなくても、その人のマスタリングが、分かる。
 いいね!9
ダイバー
2020/02/28 13:18[web全体で公開]
😶 いくつかの質問を使う事で、
相手がどれくらいのマスタリングが出来るのかが、卓に参加しなくても、分かるかも知れない。

Q、伏線をばらまく意味は?

Q、シナリオにおける食べ物の意味は?

Q、参加するPLから、何を引きだしてマスタリングしているのか?

Qシナリオを参加PCに合わせて、何をカスタマイズしているか?

etc
 いいね!16
ダイバー
2020/02/27 12:12[web全体で公開]
😶 付き合うべき人間とは
貴方の人生での成功を、願ってくれる人間の事を指す。

TRPGは素晴らしい文化であるが、それがその人間の人生に良い影響を与えているなら良い。
しかし人生を侵食しているなら、良いとは言えない。

指針には立ち戻る。
 いいね!25
ダイバー
2020/02/26 00:17[web全体で公開]
😶 お前の問題解決方法は、
おそらく、インナーゲームにある。
 いいね!6
ダイバー
2020/02/24 12:13[web全体で公開]
😶 卓が成功するかどうかは
準備が9割を占める。

残りの1割は愛が占める。
 いいね!22
ダイバー
2020/02/03 23:35[web全体で公開]
🤔 なぜから始まり、振り返りで終わる
セッションを始める前に、PLの自己紹介、PCの自己紹介、そしてなぜこのセッションに参加したか?を聞く事にしていますが、実はさり気ない様でいて、重要視しているのが、なぜセッションに参加したかのこの項目。
これを聞くとどう言う経緯で参加したのか以外に、セッションへの意気込みや、期待、何を楽しみにして参加したのが分かるので。
これは、そのPLを掘り下げると共に、GMの内的なモチベーションが高まるんですね。こう言う意気込みで参加してくれてるのか、ならもっと良いマスタリングをしようと。

こうして、なぜ?からセッションは始まります。

そして振り返りでセッションは終わります。

振り返りとは、互いに対するフィードバックであり、それはセッションの終わりに、具体的に感想を述べる事、日記で感想を書く事。
これによって、セッションが終了したと言えると考えています。これが無いと中途半端になります。

なぜか?

それは特にGMにとっては、自分の事は自分で見えないのであり、PLが本当に喜んでくれているのか、どう言う点で、具体的に何を喜んでくれているのかが、分からないのですね。

だから振り返りはとても重要であり、これが無いと、自分のマスタリングやプレイングの何が良かったのか、正確に分からないまま、次のセッションを行う事になります。
自分が合っているのか、合ってないのか、分からないままです。

マスタリングだと深刻で、漠然と自信が無いまま、マスタリングを続ける事になります。
おそらくマスタリングで困っている人は、これが原因の一つだと考えられます。

つまり、

フィードバック、振り返りとは、互いのプレイングやマスタリングを見つめて、良いものには、自信を与える、エネルギーを与える行為です。

私がこんな事を言えるのも、多くの方々からフィードバックを頂いた事が、自信になっているからです。

ですので、卓の感想が、日記に書かれてない、フィードバックを貰えてないとお悩みの方は、参加したPLに直接聞くなりして、フィードバックをもらった方が良いと思います。

それが貴方の自信につながりますので。
 いいね!15
ダイバー
2020/02/03 13:06[web全体で公開]
🤔 モチベーションはどこから来るのか
シナリオを回していて、PLの興味が持続しないという事がほとんど無いので、自分がやっている事を振り返ると。

シナリオの切れ目、休憩の切れ目には、興味を持続させせる演出を、引きで入れて終わりにする。

PL、PCのモチベーションがどこから来るのかと言えば、それは外部から降って来るのでは無く、PLやPCの心の内側から湧いてくる。

そのため、このPCは何に執着しているか、何に怒りを感じるのか。それに合わせて演出を変更する事で、ルーチンワークだった戦闘が、PCが怒り狂って突撃する戦闘に変わる。

例えば、女児が捕われていて、相手の拷問好きな敵NPCが、バッサリと髪を切ったとする。
女児は気丈に泣くのを堪えているが、敵はPCに向かい、「おやおや、あなた方は酷い人達ですねぇ。あなた方が秘密を教えてくれないから、こんな事になっているんですよねぇ。ああでも、私は別に楽しんでやっているんじゃないですよ。上の命令だから仕方なくね。それにしても、次は何を切ろうかな」

と言って、敵NPCは、女児の生爪に目を向ける
。
女児は懸命に、「私、大丈夫だから」と無理して笑っている。

これだけの演出で、PCの中に、戦闘をする必然性が否が応でも湧いて来ると思う。

 いいね!21
ダイバー
2020/02/01 19:29[web全体で公開]
🤔 セッションとはGMとPLの合奏 「水底に沈みし想い」振り返り 
(▼ ネタバレを含むコメントを読む。 ▼)
 いいね!16
ダイバー
2020/02/01 18:46[web全体で公開]
🤔 貴方にとってこのシナリオは、一言で言えば何ですか? 「蒼穹」振り返り
(▼ ネタバレを含むコメントを読む。 ▼)
 いいね!13
ダイバー
2020/01/31 18:09[web全体で公開]
😶 猫が戻り、涸れた井戸に水が溢れる。
ワタヤノボルとの、最後の戦いが始まる。
 いいね!6
ダイバー
2020/01/30 20:42[web全体で公開]
😶 貴方の人生にとって、TRPGを一言で言ったら何ですか?
これをセッション開始前に、聞く事が出来れば、その人の、かなり深い箇所まで深掘りが出来るだろうか。

これを聞く事、考えてもらう事、その人の深い箇所まで、自分で見てもらう事、これがセッションの成功を左右する事もあるかも知れない。
 いいね!13
ダイバー
2020/01/26 20:03[web全体で公開]
😆 改めて振り返りますが、【蒼穹】
感想は改めて書きますが、

一言だけ。

KP、頑張ったぞ!
 いいね!10
ダイバー
2020/01/21 22:20[web全体で公開]
😶 GM上達の方法
それは毎朝、手帳に「私はGMが上手くなる」と、ペンで書き出す事でしょうね。

これは別にスピリチュアルな意味では無く、人は自分の内面で考えている事を、外界に見る様になるからです。
車を買いたいと思ったら、急に車が目に入ってくる。
服を買いたいと思ったら、急に他人の服が目に入る様になる。

私の場合は、映画を見るときに、「この演出、このセリフ回し、このインパクトがTRPGに使える」と考えて見ています。

人によって何を生かして、どういうGMをするのかは個性。どれが正解と言う事も無い。ただ言えるのは、貴方の内側が変化をもたらすと言う事です。
 いいね!25
ダイバー
2020/01/20 21:20[web全体で公開]
😶 香川県の動向には注意
あの議案が広がった場合、オンセにも何かしらの制限がされると思われる。ウォッチは欠かさない。
 いいね!4
ダイバー
2020/01/15 12:29[web全体で公開]
😶 映画が好きな人は
GMが、必ず上手くなる。
 いいね!10
ダイバー
2020/01/15 00:07[web全体で公開]
😶 そいつの問題を解く鍵は、
おそらく、インナーゲームにある。
 いいね!3
ダイバー
2020/01/09 22:39[web全体で公開]
🤔 理論的にNPCを生き生きとさせるフード理論
おそらく、フード理論を使って、NPC描写をしているGMは少ないと思われます。
なぜならこの理論は、TRPGのための理論では無く、お菓子研究家の福田里香さんが、映画や創作物について、登場人物の性格や特徴を効果的に描写、表現していく上で、そのアイテムとしてフード(食べ物)が使われる事を分析した理論なんですな。

フード理論とは何か?と思った方は検索してみて下さい。自分で調べる事も大事です。

つまり食べ物ひとつを、NPCがどう扱って、それをどう食べるのか。NPCは孤食派なのか、皆で食べる派か。それとも食わないのか。食べ方が汚いのか。

それは時に、そのキャラクターの事を30分間説明されるよりも、より効果的に、そのキャラクターがどういう人間なのかを、物語ります。

あんまりGMの説明話ばっかり聞くのも、飽きるでしょ?
だからこういう小道具を使ってNPC描写をしていく事で、テンポを遅くせずに、印象付ける事が出来る様になる訳です。
そして何より、NPCに命が吹き込まれる。

TRPGそのものについては、シナリオ作成や、時間管理などのノウハウが論じられる事はあるものの、理論的なものについては、論じられる事はほぼないので、他の分野の理論を応用する事で、上手くいくという例ですね。
何事も理論と実践だと思うので、上手い方は、「私は他のA理論を使っている」などと公開して頂くと、初心者の方も参考になると思いますね。




 いいね!15
ダイバー
2020/01/09 06:11[web全体で公開]
😶 2月以降休卓します。
私事により、2月以降休卓します。
 いいね!7
ダイバー
2020/01/05 21:19[web全体で公開]
😶 COC7版ルルブ買いましたが
しばらくは、積みルルブです。
現プレイヤーに対しての説明の手間が掛かるのと、今のシナリオが7版に対応していないからです。
pixivや、販売されるシナリオにて、7版対応の面白いシナリオが出てきてから、対応すれば良いと、個人的には考えています。出版社側は、ルルブを売った後のフォローなどは行わないと思います。
早くても半年、1年位は掛かりそうですね。
 いいね!10
ダイバー
2020/01/04 21:04[web全体で公開]
😶 セッションが終わったらGMとして
自分が成果を上げた事を評価して、ドーパミンが出ている瞬間を楽しむ。
そして、自分の成果を、認める事が出来るように、それを書き出す。(紙に文字で残す方法でも可能)

そうした事を積み重ねていくうちに、ポジティブな感覚に気付く事が出来るようになり、マスタリングの自信になっていくと思います。
 いいね!16
ダイバー
2020/01/02 19:30[web全体で公開]
😶 実は人間は、ルルブを買うのでは無く
ルルブを買う事で得られる価値を買っている。
 いいね!18
ダイバー
2020/01/01 00:31[web全体で公開]
😶 明けましておめでとうございます。
明けましておめでとうございます。
TRPGが、皆様の人生にとって、プラスに働く事を願っております。
今年もよろしくお願い申し上げます。
 いいね!17
ダイバー
2019/12/30 22:02[web全体で公開]
😶 質問を使って、セッションをスムーズに進めるには
以前の日記で、GMからPLに対し、「なぜこの卓に参加しましたか?」と聞くことで、そのPLの流入経路(口コミ、紹介、他)と言う情報を聞く意味もあると書きましたが、

口コミや紹介が、「〇〇さんがGMやるんなら、参加しないのは勿体ないと聞きました!」とか、「このシナリオ、あちこちで噂になっていまして、ぜひ〇〇さんのGMで参加したいと思いました」

なんてことを聞けばですよ、GMとしてみれば、こんな思いで参加してくれたPLの方たちに「何としても楽しんで欲しい!」とモチベーションが高まるわけですよね。だから参加理由は必ず聞いた方がいいです。
それはGMのモチベーションを上げ、セッションを良くするためのエネルギーに使われますから。

そこで考えたのが、参加する側のPLからGMのほうに「何でこの卓を開いたんですか?」と聞いても良いと思います。
GMにしてもこの卓を開くにあたって、並ならない準備をしているわけであって、そこにはいろんな苦労があると思います。またGMの方でも苦労してるんだけれども、なぜ自分が卓を行うか、これが自分でもよくわかってない人もいるので、そういうGMに聞くことでGMの目的意識というのが、明確になるんですね。
そしてGMの苦労話が分かれば、「こんな苦労をされてたのか。これは楽しみだし、苦労人のGMにも報える様に良いプレイングをしよう」と考えるPLも多いと思います。

これによりPLとGMの間の意識が共有されるということにより、最初から良い関係でスタートができるのではないでしょうか。

既にやっている人もおられるかも^_^
 いいね!33
ダイバー
2019/12/30 21:26[web全体で公開]
🤔 マスタリングに悩む方へ とあるシナリオの改編の仕方
私はシナリオをそのまま回すことをせず、自分が面白いと思った方向に、既存シナリオを改変して回すことにしています。
なぜそのようにするかと言うと、「面白いから」の一言に尽きます。

改編の仕方について順番を述べていきます。

1、シナリオの内容をよく読んで、そのシナリオの根幹部分とエッセンスを抜き出す。

2、そのシナリオの中で、不要と思える部分をカットもしくは短縮する。

3、シナリオに登場するNPCのキャラクターを強化する。これはNPCの強さを強化するわけでなく、普段こんなことをしゃべっている、こんなもの食べて、こんなことを趣味にしていると言うイメージを膨らまし、参考になるような映画のキャラクターの要素を盛り込んでNPCの性格像を、元のエッセンスを大事にしながら肉付けを行います。

4、このNPCのキャラクター性を強化するために、そのNPCのダークサイドを表現するようなNPCを作成し対比効果を狙うこともあります。

5、強化されたNPCのキャラクター性をもとに、シナリオに加筆修正を行います。

ここまでがシナリオの準備段階その1

6、次にセッションは、GMとPLの一期一会の機会であり、一つの映画作品を作るようなものだと思っているので、PLが提出したPCを、よく読みます。

7、私はTRPGそのものが、映画を作るようなものだと思っているので、各PCがそれぞれ見せ場を作れる場面をシナリオに配置します。
これは、技能を使う瞬間であったり、NPCとの関係性であったり、逆転の瞬間であったり、今ここでこそそのキャラクターがセリフを言うことで場面が動く場所だったりします。これらを盛り込んでシナリオに落とし込むことをします。
敵役を配置するのであれば、それはまさにPCのダークサイドを表現するようなものが、好ましいでしょう。PCが子ども好きであれば、子どもの頭蓋骨をコレクションしている奴など。
PCにトラウマがあれば、まさにその忌まわしいトラウマを思い出させるような相手。こういうのを出すことで、物語が盛り上がると同時に、そのセッションはそのPCにとって、オーダーメイドの作品になっていきます。

これがシナリオ準備段階その2

実はセッションに関しては、この準備段階で、上手く行くかどうかと言うことが、ほぼ決まっていると思います。



あと、NPCの性格付けを、強化したいが、やり方がわからない方もおられると思いますので、1番良いヒントは映画をたくさん見ることです。
その中から参考になるキャラクターをトレースして、NPCのキャラクターの性格の特徴に盛り込んでいくことをすれば、そのキャラクター自身のことを自分が1番よくわかるわけであり、GMとして非常に演技しやすくなります。

ご参考になれば幸いです。
 いいね!19
ダイバー
2019/12/26 23:50[web全体で公開]
😊 「水底に沈みし想い」さといも牧場様作 改編版
(▼ ネタバレを含むコメントを読む。 ▼)
 いいね!5
ダイバー
2019/12/26 23:04[web全体で公開]
🤔 「貴方にとって正義とは何ですか?」シナリオ蒼穹感想
(▼ ネタバレを含むコメントを読む。 ▼)
 いいね!9
ダイバー
2019/12/21 21:09[web全体で公開]
😊 卓の参加理由を聞く理由
毎回、セッション開始時に、PLの方々に、卓の参加理由を聞いているのですが、これは意味があります。
どういうきっかけや、何の口コミで来たかと言う、PLの動機や、モチベーション、経路などを知る意味はあります。

ただ一番大事なのは、「この人はこんな理由やきっかけで来てくれたのか」と、相手の事を知る事で、「では私もそれに答えて良いマスタリングをしたいな」と、マスタリングを行う、モチベーションを上げる事です。

TRPGはPLと、GMの合奏なので、この質問をすると、とてもやりやすくなると思います。
 いいね!23
ダイバー
2019/11/24 11:45[web全体で公開]
😊 ぶしつけな質問でしたのに
早速にご助言を頂きまして、ありがとうございました。
このSNSは、温かい人が多いのですね・・・今後ともよろしくお願い致します。
 いいね!14
ダイバー
2019/11/23 22:46[web全体で公開]
😶 教えてほしい事があります。
このSNSの中で、クトゥルフを専門にしており、
1、人外では無い普通の探索者を推奨している。
2、メンバー全員が仲が良い
3、老害っぽい人がいない。

そんなコミュニティを10ほどさがしているんですが、どのコミュニティが良いですか?
 いいね!10
同人誌、同人ゲーム、同人ソフトのダウンロードショップ - DLsite