GWぐらいから開始するキャンペーンのご案内

えぢ
えぢオンセ募集の酒場[web全体で公開] 押されたいいね! 3
登録日:2017/03/23 14:54最終更新日:2017/03/23 15:00

年度が切り替わってから本格的に始動します。
とりあえずは予告と事前募集を行います。

基本的にはボイスセッションです。(性質上状況説明が多く発生するので少なくともDMはボイスで)Skypeとこちらで用意したどどんとふ(さくらスタンダードで安心)を使用します。

プレイヤー人数は3~5名ぐらい。ルールブック無しでも対応できます。

金曜日に曜日固定、22:30~。

青箱に記載のあるウィルダネスアドベンチャーをメインとしたHEXマップ塗りつぶしモジュール型のキャンペーンシナリオです。

使用するルールは赤箱・青箱がメイン+黒箱ウェポンマスタリーです。

以下レギュレーションをザックリ書いておきます。
興味のある方でご不明な点があれば遠慮なくご質問ください。

■■■■■■■■■レギュレーション■■■■■■■■■■
初期作成:
レベル1キャラクターを作成する。

能力値:
全て「3d6」で決定。その後ひとつの能力値についてのみ固定値「15」と交換可能。
この後、能力値の調整を行って完了

所持金:
初期所持金は「2d6+6」で決定。

推奨所持品パッケージ:
作成時に限り以下の物を価格「40gp」で提供
・バックパック(5)
・大袋(2)
・大袋(2)
・小袋(1)
・火口箱(3)
・ロープ50′(1)
・保存食14日分(30)
・水袋(1)
・水袋(1)


クラス・種族:
赤箱準拠。ただし人間のクラスを推奨。
デミヒューマンについては街の市民に疎外されたりとデメリットが発生する。

採用する選択ルール:
・黒箱収録のウェポンマスタリー(一部ファイター有利に調整)
・青箱収録ウィルダネスルール(若干緩めに調整)
・青箱収録のエンカンブランスと移動速度ルール
・エリア戦闘ルール(ハウスルール)

ウェポンマスタリーの調整点:
人間種族の冒険者は「2つの武器についてベーシックランクの武器技能」を修得する。
その内、ファイターについては「ひとつの武器技能をスキルドランクにする」か「追加で2つのベーシックランクの武器技能を習得する」を選んで獲得できる。
デミヒューマンについては全ての武器技能についてベーシックランクで習得していることとする。
技能ランクの向上に関しては、同族・同クラスの高ランク(ファイターであればマスター、その他はエキスパート)を習得した師匠(ないしは訓練してくれる組織)を設定し、その師匠(組織)からであれば費用が掛からずに訓練を行ってもらえることとする。
それ以外の場所での訓練は費用は通常通り掛かるものとする。いずれの場合も訓練期間はルールブックの通りとする。

エリア戦闘ルールとは:
概念戦闘とグリッドマップ戦闘の中間程度の戦闘形式。
チュートリアルとして一度セッションを開き、これに参加し、知ってもらうことでXPと幾ばくかの金貨を渡す予定。
いいね! いいね!  3

スレッド一覧に戻る

コメントを書く

※投稿するにはこのコミュニティに参加する必要があります。

コメント一覧

えぢ
4. えぢ
2017/03/23 15:02
世界設定(笑)については、コメント番号の若い方から読んでください(汗
いいね! いいね!0
えぢ
3. えぢ
2017/03/23 15:01
そういったところにシーフギルドがいくつかあり、互いに縄張りを主張し、時には刃傷沙汰もある。

この国の教会は東の大国の教会の分派であり、その権限に若干の制限がある。

元来この周辺の地は魔導に疎く、東西の大国からもたらされた呪文の類はそれほど強力なものではなかった。
それでも呪文を行使する者達は独自の研究によって、閉ざされた秘術の門を抉じ開けることに成功した。
その秘術を守るため、一定以上の立場を得た魔術師は結社を作り、限られたものにしかその力を伝承しない。

この都市が要塞であった頃よりの伝統からか、武勇を尊ぶ風潮は消えることはない。
いつ訪れるともしれない戦乱時代を想定して、常に騎兵、歩兵、弓兵等の訓練、育成は行われ続けている。

メラク王国にはデミヒューマンの居住地は無い。
長寿命の彼らにとって度重なる人間同士の戦乱は、この地を去るには十分な理由となったのであろう。
いいね! いいね!0
えぢ
2. えぢ
2017/03/23 15:01
メラク王国はその七ヶ国の南東に位置する。
その東側は東の大国お抱えの遊牧民の土地であり、生来乱暴な彼らとの軋轢を生まぬため、東の大国の友好国として王の娘を嫁に出したりしている。
首府フォートメラクは元々戦乱時の要所として建設された巨大要塞を基礎とする都市である。
要塞としての機能はその多くが取り払われ、人の住む場所として整備されたが、強固な城壁はそのまま残されている。また城壁には元々大扉が付いていたが、現在では取り外されている。
この城壁はここに暮らす人々にとっては「安心・安全」を感じさせる、この国の象徴ともいえる存在である。
人口が増えてからは城壁の外にも街が形成されている。この部分の都市計画はずさんであり、そのため場所によって程度の差はあるが治安は悪い。
いいね! いいね!0
えぢ
1. えぢ
2017/03/23 15:00
世界設定:
大陸と大陸をつなぐ東西に細い土地に「つなぎ手の七ヶ国」と呼ばれる小国が存在する。
これらの小国はそれぞれが大陸の強国とのつながりを持ち、この地で互いに牽制しあうことで大陸間の大きな戦争を未然に防いでいた。
小国同士は大国の意向によって戦乱と安定を繰り返し、微妙なバランスを維持し続けている。
現在は安定した情勢が続き、過去を知る老人は言う、「そろそろ戦乱の時期となるだろう」と。

気候としては南岸は暖かく夏場は蒸し暑く、雨が多く降る。大して北岸は夏場は乾いた南風で雨は少なく、冬場は寒く曇ったり雪の降る日が多い。
いいね! いいね!0