16~20話

Bashi
Bashi報酬/あらすじ/リプレイ[web全体で公開] 押されたいいね! 0
登録日:2021/09/08 01:38最終更新日:2021/09/08 01:38

報酬、あらすじ、リプレイをひとつにまとめました
いいね! いいね!  0

スレッド一覧に戻る

コメントを書く

※投稿するにはこのコミュニティに参加する必要があります。

コメント一覧

Bashi
5. Bashi
2021/10/06 13:57
20話 「ナイトメア」

【報酬】

経験点:2600点
お金:0ガメル
名誉点:56点
成長:3回
冒険者レベル:11まで
冒険者ランク:〈センチネル〉~〈始まりの剣〉

【あらすじ】

「ぐっ・・・くっ・・・」

「・・・彼らは君が思っているより甘くはない」

「うるさい黙れ!僕の方が弱いのは十分理解した!したさ!」

「それでもあきらめることはしないんだね・・・」

「当たり前だ!今度はもらうぞお前の力!!」

「・・・・」


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「負の感情のレノン(言いにくいので今後『影』と呼称)」を撃退した並木亭メンバー。

レノンの渾身の一撃を喰らわせ。膝をつくと同時に彼のまとっていたゴーレムの力を「力の塊」として放出してきた。

その攻撃によって割れた仮面の下にあったのは髪こそ黒いが少年のころのレノンの顔と瓜二つであり、力を放出した姿はそのころのままだった。

影は「城の奥で待つ」といった。休息をとり次第向かおう(HP,MP全快)


【リプレイ】
https://trpgsession.click/topic-detail.php?i=topic163345021590
いいね! いいね!0
Bashi
4. Bashi
2021/09/30 00:06
19話 「亡者の執念」

【報酬】

経験点:3100点
お金:35000ガメル
名誉点:132点
成長:2回
冒険者レベル:11まで
冒険者ランク:〈センチネル〉~〈始まりの剣〉

【あらすじ】

「おい、あのメイド服を着た男の娘クルルじゃないか!?」
「ほんとだ!あのちんちくりんは間違いないクルルだ!」
「あなたたちクルルに対して失礼よ・・・本当変わらないわね(身長が)」
「まあ、俺たちも変わってないけどな!死んだときから!」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

先遣隊と本体が合流し、カイルも含めた並木亭メンバーの目の前には全長50m近いドラゴン型魔動機が現れる。それは関節部分にはアンデッドを使用することで強靭さを保ったまま柔軟な動きを可能とした平気だった。

しかし、一部の翼が不調らしい。レモン曰く「新人冒険者」を集中させたらしいが・・・

さて、戦闘の末、敵が活動限界を迎え、一瞬誰もが動きを止めた瞬間にカイルは動いた。3連続魔法を行使し頭部を破壊。中にいたレモン達もろとも消滅させた。

その後、精霊の力を借り自身の魔力をあげる魔法陣を使用し、魔動機の関節として死後なおとらえられていたアンデッドの魂を昇華した。その光景はいつかのハーヴェス王国を思い起こさせるものだった。

そして昇華された魂は思い思い感謝の言葉を残し天に昇る。その中にはかつてのクルルの仲間のものもあった。

【リプレイ】
https://trpgsession.click/topic-detail.php?i=topic163292745000
いいね! いいね!0
Bashi
3. Bashi
2021/09/23 00:06
18話 「カタコンベ」

【報酬】

経験点:3350点
お金:23600ガメル
名誉点:49点
成長:4回
冒険者レベル:11まで
冒険者ランク:〈センチネル〉~〈始まりの剣〉

【あらすじ】

「やっと完成したわね・・・それじゃあ起動するわよ!」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「あの方」幹部のアジトを突き止めた並木亭メンバーは先遣隊として一部メンバーに地図の作成を依頼した。地下10階相当まで潜ったところで大きな揺れ、それも自身ではなく地下から何かが地上に向かって無理やり這い出ようとしているような揺れが起きた

もちろんただの迷宮、遺跡が耐えられるわけもなく先遣隊は来た道をたどり地上を目指す。情報をウェーブの通話のピアスを通して得たカイルもまた本体をまとめ迷宮へと向かった

【リプレイ】
https://trpgsession.click/topic-detail.php?i=topic163232290377
いいね! いいね!1
Bashi
2. Bashi
2021/09/16 01:58
17話 「帰宅」

【報酬】

経験点:2400点
お金:14400ガメル
名誉点:175点
成長:2回
冒険者レベル:10まで
冒険者ランク:〈センチネル〉~〈始まりの剣〉

【あらすじ】

フレア「面白そうだから悪乗りした」

ウェーブ「最近活躍してない・・・がんばらないと・・・」

カイル「ウェーブのことを能力でしか見ていなかった。あの子の年齢なんていつの間にか忘れていた・・・」

ルンフォ姉妹「あの子がいないと落ち着かないわね」
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

赤いフード男と戦闘する直前に現れたウェーブ。服はボロボロだがいつになく自信に溢れ、それに見合う能力を獲得することができていた。

赤いフード男を倒した後話を聞いたら「チカトロ」内の1週間が外の1日にあたりカイルが言う「修行に最適」な理由を知った。しかし中にいればいるほど脱出が難しく2週間というのはフレアにとっても割とギリギリらしい。

脱出したのちウェーブの悩みを聞いたカイルは自身の気持ちをあらわにし、絆を深めるのであった。

なおその日フレアの姿を見た者はいない。ただ、1日中並木亭の地下からはこの世のものとは思えない声が響いていた。

【リプレイ】
https://trpgsession.click/topic-detail.php?i=topic163172467945
いいね! いいね!0
Bashi
1. Bashi
2021/09/08 01:44
16話 「家出少女」

【報酬】

経験点:3300点
お金:0ガメル(次回持越し)18400
名誉点:157点
成長:3回
冒険者レベル:10まで
冒険者ランク:〈センチネル〉〈ハイペリオン〉

【あらすじ】

「流石に無茶しすぎなんじゃねえのウェーブ?」

「もう少し・・・もう少しでできそうなんです」
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 ウェーブが家出した。理由は足手まといだから修行をするとのことだ。

 そんなことを思っているメンバーはおそらくいないであろう。しかし彼女の役割である「回復」に関しての依存度は確かに減っている。もちろんそれはリスク分散的にも逆説的に安全に安定して戦えている証拠である。しかし彼女がそれを理解するには幼く、新しい力を得る可能性があるくらいには才能があった

 結果、フレアを誘い「迷宮チカトロ」に向かうのであった。

 メンバーも後を追ったが中であったのはウェーブ達ではなく赤いフードをかぶった人物であった。

【リプレイ】
https://trpgsession.click/topic-detail.php?i=topic163103262826
いいね! いいね!1