ニジさんの日記 「DLH 『キミのキャラクターが主役の番組名がこのセッションのタイトルだ』スプーキーホロウ編」

ニジさんの日記を全て見る

ニジ
2020/09/17 09:20[web全体で公開]
😆 DLH 『キミのキャラクターが主役の番組名がこのセッションのタイトルだ』スプーキーホロウ編
昨日は私がGMのデッドラインヒーローズシナリオ『キミ番!』が終わりました(╹◡╹) 
14回目のシナリオ回し。今までシナリオ書くのに使っていたアウトラインプロセッサのNami2000がパソコンを変えたら上手く動かなくて泣く泣く変える…悲しい。
でも新しく使ってみたStory Editorも使いやすくていい感じ…これからよろしくなぁ!
そんなこんなで今日も感想をさらさらと。

★参加PC:スプーキーホロウ/キャロル・ムーア(PL:きいろマンさん)
「あらあら かまいませんのよ このくらいへっちゃらですわ! 一緒にがんばりましょう?」
「ハエ退治は専門ではないがな!やるぞ!アレクサンダー!」

幼いころに両親をヴィランにより失った旧世代の少女!普段はお嬢様な性格の心優しい子。だが、ひとたび悪が現れれば…
修行して手に入れた射撃の腕と、知恵と工夫で作った武器で、悪をバッタバッタと薙ぎ倒す仮面のヒーローにチェンジ!
超人ではないヒーロー…ジャスティカ!スプーキーホロウ!
何気にこのシナリオでジャスティカをお招きするのは初!ジャスティカいいですよねぇ。ただの人間が努力と知恵と工夫でヒーローになる…私は…好きでぇす!
初のジャスティカということもあり、いつもと少しだけ味付けを変える。調味料ぱらぱらぱら…。

さてスプーキーホロウの印象に残ったシーンを書いていきますと…。
相棒でもあり、父親代わりでもあるアレクサンダーおじさんとのやり取りは、ほのぼの微笑ましく…何かおじさんが騙して公園に連れてきたのに、優しく対応してくれて嬉しい。


------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

キャロル・ムーア:「そうですわね… さっきの子たちが飲んでたタピオカが飲んでみたいですわ!テレビで見たことあるだけで食べたことありませんのよ!」
アレクサンダー・フロスト:「ン…それもいいか。よしじゃあ行こう。実はそう言うと思って場所もリサーチしてある」
キャロル・ムーア:「さすがおじさま!最高ですわ!」
アレクサンダー・フロスト:「だろ?キミのおじさんはいつも、最高なのさ」そう言ってタピオカの移動販売車まで案内してくれた

~注文して~

キャロル・ムーア:「これはおじさまの分ですわよ」と一つ渡す
------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------


タピオカ飲みたがるお嬢様可愛い…一緒にタピオカを飲むことになり、和やかに過ごす。
ちゃんと二つ注文しておじさんにも渡す。この子可愛い…可愛くない?ワシの娘じゃ!
キャロルお嬢様のキャラクターもあると思うのですが、PLのきいろマンさんのほのぼのとした人柄もあって、本当穏やかな時間でした。
たぶんこれ続けていいよって言われたら、いくらでも出来るぞ私。まぁヒーローだから事件からは逃れられないのが悲しいのだが…。

閑話休題

その後も泥だらけになりながらも人助けをする。お召し物が土まみれ、泥まみれ。
ジャスティカらしくめちゃんこ頑張る…良い…。気づいたら周りの人も助けに来てくれる。ほのぼの。優しい世界。


------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
キャロル・ムーア:「これが悪意のない世界なんですわね きっと」
キャロル・ムーア:「長らく忘れてた気がしますわ」
------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------


お嬢様のお優しいお心が、この世界を作るのですわ…良きセリフ。
しかしひとたび事件が起きれば、仮面をかぶりヒーローにチェンジ!おじさんと共にバイクにまたがり出動!!
二人乗りで行くぞヒーロー!…こうやって相棒と二人乗りで行くシチュエーション私好き!
しかしこんなかわいいお嬢様がヒーロー出来るのか…!?と、ワクワクしつつ先へ進める!


------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
スプーキーホロウ:「!アレクサンダー!来るぞ!」HEROモードは男口調なのです
------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------


変身したらガラッと口調も変える~~~~!!私そういう二面性ある変身好き!
いいですねぇ!あと立ち絵をきっと二つご用意してくださっていて…お嬢様時の立ち絵もヒーロー時の立ち絵もきいろマンさんの自作絵!!
は~~~~~~~!嬉しい~~~~!!自作絵をご用意なされるということはそれだけセッションに気合を入れてくれているということで…
自作絵にしろ設定にしろ、色々と準備してくださってるのは、こちらも気合が入りますねぇ!
チャレンジイベントもガンガンクリアする!全体的に出目が…出目が良い!!失敗無し!?すげぇ!
トリックアローを使ったトリッキーな射撃RPが、いいですねぇ!トリモチ弾をくらえ!!この知恵と工夫で戦う感じ…まさにジャスティカ!
事態は緊迫しているけど、おじさんと軽口を叩いたりしながら進む!


------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
スプーキーホロウ:「この前頼んだ素材で思いついたんだ これ 犯罪者の拘束に使えると思ってね」
アレクサンダー・フロスト:「…そして砲台の穴をふさぐのにも使える…と。ナイスアイデアだ、スプーキーホロウ。ふぅ~~~…助かった」
スプーキーホロウ:「ふふふ 学校行かなくても 頭はいいんだぜ」
アレクサンダー・フロスト:「でも学校は行ってほしいな~~~~~おじさん!」
------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------


和やか。そしていよいよ…クエリー!そこでの回答が…(´;ω;`)ウッ…。
スプーキーホロウは両親を失っているのですが、彼女は自分の身元を引き受け、家族となったアレクサンダーおじさんを
ヒーローだと言ってくださったのです。


------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
ヴィラン「…おいおいおい、何言ってんだよ。そんなただの人間がどうしてヒーローなんだよ!?」
スプーキーホロウ:「ふふふ 悪を倒すだけがヒーローじゃありませんのよ」
------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------


ワシの娘じゃ!!!1は~~~~!回答もカッコいいけど、相棒をヒーローだと言ってくれたのが何より嬉しかった…。
設定は頭に入っていたけど、その設定をもとにキャラクターがこう考えてるっていうのは、キャラクターシートにも書いてなかったりするので
不意打ち気味に言われたこの言葉が本当にグッときました。血が通っているセリフ…。
さぁ決戦イベントだ!スプーキーホロウが押し…押し…強い!?全体的に出目が鬼のように強い!
ダメージダイス最大値でいきなり14点ダメージを叩き出す。グリット使ってねぇのにめちゃいたい!!
その後も判定成功成功成功!!これ平均30以下じゃない!?強ぇえ~~!!
そしてフィニッシュ!!


------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
スプーキーホロウ:「あなたの思ってたこと…私も思ってましたわ…」
スプーキーホロウ:「ヒーローなんかいないんだって…」
スプーキーホロウ:「でも 違いました… 本当のヒーローに出会えた!」
スプーキーホロウ:「そして思ったんです…わたしも本物のヒーローになると!!」
スプーキーホロウ:「あなたには負けない!誰も死なせません!」
------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------


ええじゃないか……最高!敵を倒すことではなく、捕縛するフィニッシュムーブを決める。ええやん…。


★相棒NPC:アレクサンダー・フロスト
「いや、偶然だようん。あくまでも偶然。でも素敵な偶然じゃない?」

IT企業の社長で、金持ち。キャロルの父の親友。
ヒーロー活動については犯罪に走るよりはましだと考えており、それで気が済むなら…と様々サポートしている
今回はPCが普通の人間ならば相棒も普通の人間!ただの人間が世界を救う…いいですねぇ!
キャロルちゃんが可愛くて、RPしているうちに本当に過保護なおじさんになってしまう。
最後に今回のセッションで、相棒として一番好きなセリフを書いてこの項目終わり。

~タピオカを一緒に飲んで~
アレクサンダー・フロスト:「意外といけるね。これ、おじさんが飲んでもいいやつだよね?」謎の心配

大丈夫なやつですよ。うん…パパ役やるの楽しかった!


★まとめと宣伝
きいろマンさん、良いセッションでした!ありがとうございました!
日記にも書いていただき、恐悦至極…!すごくうれしい!また機会があればぜひぜひ遊びましょう~!

デッドラインヒーローズは、判定も簡単!
ルールブックも一冊あればOK!サプリとかなくてもだいじょーぶ!
ヒーローとRP大好きな人に是非ぜひおすすめです!
 いいね!22

レスポンス

レスポンスはありません。

コメントを書く

※投稿するにはログインが必要です。

同人誌、同人ゲーム、同人ソフトのダウンロードショップ - DLsite