kangetsuさんの詳細

TRPGオンセンのユーザー「kangetsu」さんのプロフィール紹介ページです。

kangetsuさんにコメントする

※投稿するにはログインが必要です。

自己PR

パスファインダーRPGやりたいです。PLもGMも。

GMとしては、ぎりぎりのバランスでのパワーゲームよりもある程度余裕があるバランスを目指しています。
せっかくクラスが色々と選べるシステムなのに、最適解を選ばないと易易と全滅してしまうのでは、勿体無いのです。
「正しい」も大事だけど、「楽しい」をもっと大事にしたい。
さらに言うと、ぎりぎりのバランスを実現できるほどの自信は無いw

あと、D&D5版も、やってみると軽いし、どのクラスもそれぞれ活躍しやすくて良いシステムだなーと!

そして、できうればKing Arthur Pendragon をそのうちやれるといいな!
製作者のグレッグさん、昨年お亡くなりになったし……。

Twitter: @KangetsuR

kangetsuさんの日記を全て見る

kangetsuさんが答えた100の質問を見る

kangetsuさん主催のセッションを見る

kangetsuさんが参加申請したセッションを見る

kangetsuさんの立てたトピックを見る

スケジュール

080808080808080808080808080808080808080808080808080808090909090909090909090909090909090909090909090909090909090909101010
050607080910111213141516171819202122232425262728293031010203040506070809101112131415161718192021222324252627282930010203
(曜)(水)(木)(金)(土)(日)(月)(火)(水)(木)(金)(土)(日)(月)(火)(水)(木)(金)(土)(日)(月)(火)(水)(木)(金)(土)(日)(月)(火)(水)(木)(金)(土)(日)(月)(火)(水)(木)(金)(土)(日)(月)(火)(水)(木)(金)(土)(日)(月)(火)(水)(木)(金)(土)(日)(月)(火)(水)(木)(金)(土)
    ×      ×      ×      ×                                  
   ××     ×      ×      ×                                  
   ×      ×      ×      ×                                 

スケジュール・メモ

月曜夜用事あり、日曜日朝昼用事あり

○・・・空いています ●・・・セッションが決まってます △・・・たぶん空いています ×・・・空いてません

平常時のお誘い受け可能な時間帯(あくまで目安です)

 

平日

土曜

日曜

所持するルールブック (26)

kangetsuさんが所持するルールブック一覧を見る

タイムライン

Ququkangetsu
2020/08/05 05:29[web全体で公開]
毎度すみませんが、チェレステ色のパラディーゾにお誘いしました。
日付の調整も考えますので、コメントいただけるとたすかります。
よろしくお願いします。
kangetsu
2020/08/02 23:33[web全体で公開]
😶 Pathfinder 安売りのお話
■安売り、パート1!
Pathfinder 2e (2版)、コアルールブックとシナリオや地図データいろいろコミコミで、5ドル! だいたい600円 英語だけど!
https://t.co/tvVZuS4qHs?amp=1
あとだいたい3日なので、興味ある人はお急ぎを! 安いので、悩んだら買ってもいいくらいかと。

■安売り、パート2!
Pathfinder 2も1も、全部20%引き!
https://twitter.com/paizo/status/1289674780485066757?s=20
期間が7/30から8/2までということなんだけど、このツイートが流れたのは8/1・・・w
7/30に、結構お買い物したんだけれどなー・・・・・・!
なお、時間はアメリカ東時間なので、日本でだったら、8/3の午前中までセーフ!
PCを強くするデータ集とか欲しかったり、GMするときようにシナリオを買っておきたかったら、今がその時だ!
・・・・・・せっかくだから、自分も2eのシナリオを買い増しておこう・・・

ーーー
おまけ

PF2eでまだキャンペーンをやらない理由
① 「Kingmaker」という1eの頃のキャンペーンが2eに移植されたものが、今年の後半に出る予定でそれを待っていた・・・。なお、コロナ等々の影響で、1年間遅れそうw
②2e用のキャンペーンシナリオ、2つ出てるんだけど、どちらもイマイチ刺さらない・・・。1eのシナリオだと、衰退する帝国の皇位継承をめぐるいざこざだったり、国盗り物語だったり、はるか東のアジアンチックな地域を旅したり、なぜかロシア帝国軍と戦ってたり、なぜかドリームランドに行ってたり、とんがったシナリオが多かった。2eは、まだそういうトンチキなシナリオが無くってな・・・。
③2eは、まだ単発で募集しても卓が成立しない程度に、PLが少ないのです・・・

当面は、単発シナリオやりながら、PL数をじわり増やしていきたいですね。
 8
kangetsu
2020/08/02 11:29[web全体で公開]
😶 王冠は堕ちた 2回目
パスファインダーRPGキャンペーン、2回目!
なお、1回目と2回目の間は、2週間の掲示板セッション。
PC個人行動を行う展開で、且つ戦闘起きないの確定であれば、掲示板進めるのが楽ですね!

PC達は、社交界にデビュー、とある貴族さんの小細工を手伝ったり、自らの影響力を獲得すべく邁進していたのですが……
ちょっとした歴史的大イベントが発生し、PCたちは思い切り巻き込まれてしまいます!

いつもどおりのダンジョン探索モードになり、建物の仕掛けを解いたり、湧いてきた敵を倒したり……。

ーーー

NPCが多くて、背景も結構しっかり書かれているので、GMとしては演じ分け面白いですね!
トラブルを起こしたとき、PLから「彼なら、おそらくそういう事件を起こすと思っていました」と言ってもらえて、やったぜ! という気持ちになりましたw

次回は、引き続きダンジョン探索モード。
PC達は、無事にダンジョンを抜けられるのか……、そして彼らを取り巻く状況がどう変わっているのか。
GMも先行きが楽しみです! :)
 11
kangetsu
2020/08/01 14:55[web全体で公開]
😶 PF2e PC用種族が増えたよ!
パスファインダー2版のサプリが発売されて、PC用種族やクラスなどが追加されました!
ここでは、種族だけご紹介!

増えた種族:キャットフォーク(猫人)、コボルド、オーク、ラットフォーク(鼠人)、テング(鴉人)

コボルドやオークは、普通のゲームだと敵性種族で、1版でもそういう扱いだったのですが、共通の世界の敵が現れたことで協力するようになりつつあるのです。
共通の世界の敵とは、悪名高き、ポリティカル・こr ・・・じゃなくて、、リッチの王「囁きの大帝」!
4500年前に死んだ? 悪いウィザードだと思ったら、2500年前にリッチとして復活! 2000年前くらいで封印されたなーと思っていたら、ついに開放されてしまった! という、なんともえらく気の長い悪の首領! アンデッドはたいへんだ・・・・・・。

さておき。
パスファインダー2版では、なぜかゴブリンのCHA(魅力)にボーナスが付くのですが、今回コボルドにもCHAにボーナスが付きます!
CHAにボーナスが付くのは、ノーム、ゴブリン、キャットフォーク、コボルド、のみ!
人間さんや、エルフさん、ハーフリングさんの魅力は、ゴブリンやコボルド未満ってことですか・・・・・・
(キャットフォークのCHAが高いのは、多くの方の賛同が得られるだろうと思われる!)

一方で、CHAにペナルティが付く種族は・・・・・・ドワーフのみ!
ドワーフさんは、ホブゴブリン、リザードフォーク、オークより、魅力が無い・・・・・・ということですよ。
ホブゴブリンやオーク未満ってどういうことだよ・・・・・・と思うのでした。(´;ω;`)

おのれ、ポリティカル、こr!
 8
システムkangetsu
2020/07/31 12:25[web全体で公開]
システムからのお知らせ
コミュニティ「オンセと健康」の参加が承認されました。
kangetsuセス
2020/07/28 00:54[web全体で公開]
はい、いつも「いいね」を付けていただいていて、ありがとうございます!

コミュニティーの方はもちろんセッション参加者の備忘録的な位置づけではあるのですが、同時にAdventure Pathのストーリーを知りたい人がおおよそのあらすじがつかめればいいなーと思って書いています。
幕間は、セッション中に明らかにならない各NPCなどの事情や、あるいはおふざけを描いたりしています。
20回も続いたので、たまに読み返すと感慨深いですね!

オンセンのパスファインダーは、セスさんも含めて本当にプレイヤーに恵まれて、楽しく卓を重ねることができています^^。
Adventure Pathをやってみることが一つの夢だったのだけれども、オンセで、しかも今は2つ同時にやれているなんて・・・・・・。
とても充実しています!
セスkangetsu
2020/07/27 02:16[web全体で公開]
>PFキャンペーン20回目到達

 いつもコミュニティーの投稿などを楽しく読ませていただいてます!
(市販品のネタバレしないようにご苦労が垣間見えます!!!)


> 8レベルになると、データが多くなりすぎて、プレイヤーさんもたいへんになってしまうのです。

 たしかに、PLsさんがまだキャラシーの方がフリーフォーマット形式になってないような
感じでしが、ここのキャラクターシート機能(フリーフオーマットのテキスト形式でw)と
コミュニティー機能で、どうにかうまく回っていると拝見してますよ!


 今後とも期待してます!

kangetsu
2020/07/27 02:06[web全体で公開]
😆 PFキャンペーン20回目到達
長ければいいというものでもないのですが、パスファインダーRPGのキャンペーンがついに20回目に到達。
PCたちは、8LVになりました。

パスファインダーRPGを始めて11年位? になるわけですが、8LVに至ったPCたちのGMをするのは初めてかもしれない・・・・・・
だいたい、今まで1−4レベルくらいのレベル帯で遊ぶことがほとんどだったので!
8レベルになると、データが多くなりすぎて、プレイヤーさんもたいへんになってしまうのです。

そして、今やキャンペーン参加のプレイヤーさんたちは、8レベルPCをぶん回せる力量に至っている・・・・・・!

ここから先は、私も未経験のことが多くなりそうで、とても楽しみです!♪
前回のセッションでは、長年のあこがれであった「ディメンジョンドア」というテレポーテーション呪文を敵NPCに唱えさせられて、ちょっと嬉しかったですw
 11
kangetsu
2020/07/24 14:48[web全体で公開]
😊 PF「王冠は堕ちた」前半終了!
昨夜、「王冠戦争」キャンペーンの第一回、「王冠は堕ちた」セッションをGMとして行いました。
公式シナリオではあるものの、今のところはネタバレがやばいところまでは来ていませんのでそのまま日記を書いてしまいます(ぉぃ)

このキャンペーンの特徴は、PCたちがみんなとある貴族のエージェント(工作員、スパイ)であること。
ある程度戦えるメンバーであることは当然として、みんな魅力的で交渉技能が高いのです!
舞台は、約6000年の伝統を誇る(そして、現在退廃してゆるやかに衰退している)帝国、タルドール。
そこで年に1度行われるパーティーと期を同じくして、今までのこの国の伝統法の一つ、貴族の身分や資産を承継できるのは男子の後継者である、という法の廃止を巡って投票が行われるのです。
法の廃止を求めるのは、皇女ユートリアム。
そして現皇帝には男性の嫡子がおらず後継者がいないのだけれども、この法が廃止になれば皇女ユートリアムが継承権を得る・・・。
そんな状況の中で、PCたちは、法の廃止を支持するとある女性貴族の依頼を受けパーティーに潜り込んで、支持者同士の連絡を手助けしたり、あるいは反対者の様子を監視したりするのです。

こういう状況なので・・・昨日のセッションでは、ほぼ戦闘は無し! (1件の素手での喧嘩を除く)
そもそも、公式なパーティーの場ですので、大げさな鎧や武器は、ドレスコードで持ち込めません。
NPCとの会話などを通じて、性格を判断したり、今後の関係性を予想したり(なんか仲間になりそう、とか、後で大きい問題起こしそう、とかw)でした。
その分、(いつもの私のパスファインダー卓と比べると)ちょっとロールプレイ分多めでした。

次回は、いよいよ皇帝本人がパーティー会場に登場、そしてタルドール帝国の伝統を問う重大な評決が行われます。
歴史が動くその瞬間に居合わせたPCたちがどのような行動をとるのか、今から次回がとても楽しみです ^^
 11
セスkangetsu
2020/07/20 19:53[web全体で公開]
 kangetsuさん、どうもです!

>そして、これはGMGの実物持ってないとわからないだろうなあと思いましたw

 たしかに!
 まぁ、
「こんなブツが存在しているよ!」
という感じですねw

  実際に遊ぶとなると、
「OGL準拠で、
 どんだけ自作が必要なんだよ!(走召糸色木亥火暴)」
になるわけで、
「本当に、
 キャンペーンセッションとして、
 ひとつのひとつのセッション毎に、
 一歩一歩つづ、
 色々な参加者さんたちと協力して遊んで行かないと
 つまらない、
 といおうか、
 何を遊んでいるのか不明になる」
ようなブツですからww

  まぁ、
「PathFinder 3eまでは、
 まだ9年位はありますので、
 OGL準拠で、
 ホチホチと遊んで楽しんで行きたい」
と思ってます!

 今後とも、宜しくお願い申し上げます。
 
kangetsuセス
2020/07/20 19:32[web全体で公開]
> 日記:[OGL][PathFInder 2e] GameMasterty Guideのお薦め

おもしろくってためになる日記ありがとうございます!
そして、これはGMGの実物持ってないとわからないだろうなあと思いましたw
PL用の本じゃないので、読めば強くなる類のデータ集ではないですが、GM用のツールボックスみたいな本ですね。
一般的NPCデータとか、オリジナルシナリオでは使い勝手いいですもんね。
セスkangetsu
2020/07/19 19:23[web全体で公開]
>今度、私もモンクやってみよう、という気持ちになります。

 はい、
「メーカー側の中の人たちが、
 白人系合理主義系のみなので、
 モンクという、
 このスカスカの内容のクラス、
 といおうか、
 デザイナー側でもどうしよう?・・・・・」
って感じが、
「逆に自由度になっている所が、
 OGL準拠で遊ぶのに最適!」
なので、
「一発キャラでも、
 キャンペーンキャラでも、
 遊んで笑うには最高!」
なので、
「謎の中華武侠小説の登場人物達のように、
 冠婚葬祭時に無理やり乱入、騒動を起こしたり、
 (なぜ平時に、それやらん!)
 とか、食事時に何故か日常会話から荒れる!
 (西洋でもそうですがwww)
 とかとかの、
 東洋風の悪習満載で遊ぶ切る!」
と、
「腹筋崩壊必死!(走召糸色木亥火暴)」
なので、
「是非是非、自分自身のモンク道を求める旅」
にご参加ください!
kangetsuセス
2020/07/19 18:59[web全体で公開]
> 日記:[d20][D&D5e] PC Helin Noble Elf Monk1

セスさんは、モンク一筋の人ですね! ^^
今度、私もモンクやってみよう、という気持ちになります。
システムkangetsu
2020/07/18 10:42[web全体で公開]
新しいセッションを作りました。
kangetsuさんは07月31日21時00分に開始予定の新しいセッション:
【パスファインダー2版】【初心者歓迎 1LVPC】失われた「星」を取り戻せを作りました。
//trpgsession.click/session-detail.php?s=159503654144kangetsu
kangetsu
2020/07/16 04:19[web全体で公開]
😶 深夜に目が覚めて、即ポチる
夜中3時過ぎに目が覚めて、ふとWEBを漁っていると、パスファインダー2版のルルブたちがHumble Bundle で安売りされているのに気がついてしまった!

https://www.humblebundle.com/

まだ発売されてから1年経っていないのに、もう投げ売りか!
というか、もともと無料でルルブ公開している会社だったなw
1年しか経ってないこともあり、2版関係のデータは少ない(ほぼ持っているものだった)が、1版の時の小説、そしてマップ画像がいろいろとついている。

とりあえず買ったw
3週間程度、このセールをやっているので、興味のある人は見てみると良いかもだ。

5ドル・・・(個人的に、一番お得。ちょうど買おうかと思っていた中規模シナリオが含まれててラッキー)
コアルールブック、キャラクターシート、中規模シナリオx1、ごく小規模シナリオx2、マップ画像x3、小説x2

10ドル・・・(このラインはちょっと微妙かも)
5ドルの内容に加えて
世界設定(よく読むと、1版のキャンペーンのネタバレが諸々・・・w)、小規模シナリオx1、ごく小規模シナリオx1、マップ画像x4、小説x4

20ドル・・・(GMやるなら、モンスターデータのためにここまでほしい)
10ドルの内容に加えて
モンスターデータ集(データは公開されているけど、イラストはそうではないので、イラストのために持っておくというのも良い)、PC用追加データ集、小規模シナリオx2、マップ画像x5、小説x4

###
ルルブだけを考えれば、たぶん1年後や2年後にはもっと充実のラインアップで登場すると思うのでw,今ほしくない人は無理して買う必要はないかと思います。特にPL専の人は。
マップ画像が欲しい人は、お値段に納得できれば買ってもいいかと!
 13
kangetsuセス
2020/07/15 00:31[web全体で公開]
若い頃は、お金が足りない分、時間と意欲で自作もできましたが、
今となっては、時間と意欲を失った分、お金でサプリを買えてしまうw
セスkangetsu
2020/07/15 00:10[web全体で公開]
> スペルカードは、オンラインセッションであっても、持っておくと便利
>Excelでフォーマット作って、そこに文章コピーすればいい

 そうなんですよね!
 Paizo社さんとかも、
「もうお籠りモード長期化不可避なので、
 素直にセッションアプリ開発して出して欲しい!」
ですよね!

 自分たちで造るには、体力がwww
kangetsuセス
2020/07/14 23:13[web全体で公開]
> 日記:[PathFInder 2e]カード アクセサリー3発目
スペルカードは、オンラインセッションであっても、持っておくと便利かなーと思ったのです。

……が、自分のPC用くらいだったら、Excelでフォーマット作って、そこに文章コピーすればいいのか……
kangetsuセス
2020/07/13 19:47[web全体で公開]
ああ、それなら合点がいきます!
いわば、ロラン君冒険シリーズの最終回だったのですね!
勇敢だけど脳筋な(シリーズを通して視聴者にすりこみ済み)彼は、それ故に負けて斃れてしまう。
彼の仲間の勇者たちも一緒に逝って、一つの時代が終わった、と。
納得です、ありがとうございました!
セスkangetsu
2020/07/13 19:23[web全体で公開]
>そうじゃなくて、脳筋が仲間を巻き込んで自滅しただけなのでw、この物語の意図が汲めなかったのです

 分かります!
 要素としては「源義経」さんの滅びの話を知っていましたので、
最初にロランさんを読んだ時は、
「戦いの愚行の中で、どんな最強と言われる人も、結局は滅びる」
の判官贔屓+必滅の話で受けて後世に残っているかなぁ?って感じでした。
kangetsuセス
2020/07/13 19:10[web全体で公開]
いやあ、だいたいこういうのって、カッコいい、お手本的な内容にするではないですか。
例えば、副官が敵の多さにビビって撤退を具申するのを、今本体が後背から襲われたら被害甚大だから、反転するまで時間を稼ぐのだ、と突撃したり。
そうじゃなくて、脳筋が仲間を巻き込んで自滅しただけなのでw、この物語の意図が汲めなかったのです
セスkangetsu
2020/07/12 15:31[web全体で公開]
> 日記:武勲詩とは

 日本と言おうか、日本語の東洋的には、
「武勇伝」
つまり、
「三国志演技とか宮本武蔵とか源平合戦記とか」
なので(草)

 似非西洋だと、
「キリスト教前のローマ共和国/帝国もの以外は、
 その辺の変な宗教的エセ人道主義的慈悲=愛」
とかが鼻についてアレですが・・・
kangetsu
2020/07/12 13:11[web全体で公開]
😶 武勲詩とは
むかしむかし、大学生だった頃。

とあるエターナル・チャンピオンの影響で、「ロランの歌」(La chanson de Roland)を読んでみたのです。

『ローランの歌』((ローランのうた)または『ロランの歌』、仏: La Chanson de Roland)は、11世紀成立の古フランス語叙事詩(武勲詩)である。(Wikipediaより)

ロランは騎士で、フランス王の軍のしんがりに命じられて、ロランを慕う有力な騎士たちも彼に従った。
敵の圧倒的な大群がやってきて、彼の親友は本隊に知らせるよう助言するも、「大軍を相手に臆病風に吹かれたと思われたくない」などど供述して、手勢で応戦。
序盤は、騎士たちが敵将を一騎打ちで討ち取るなど成果を挙げるが、衆寡敵せず、当然のように押し込まれる。
ここに来て、ロランは「やっぱり本隊に連絡をとろうか」と言い出し、親友は「いまさら遅いわ!」とツッコミをいれる。
それでも、異常を知らせる角笛を鳴らし、本隊は駆けつけ敵を撃退するも、既にしんがりの軍は全滅していた、と。

始めて読んだ時は、「・・・・・・大丈夫かこいつ、というかなんでこれが武勲詩なのか」と思ったものでしたw
後ろから敵軍迫ってきてるんだから、救援来るか来ないかは別にして、ちゃんと報告しなさいよ!w いきなり背面から敵が来たら危ないでしょうが!
この話を聞いた騎士たちが、「よーし、オレも真似して、本隊に連絡入れずに黙って大軍に立ち向かうぜー!」となったら、たいへんなことになってしまいます。

さて、このロランはイタリアでも人気があったようで、「恋するオルランド」とか「狂えるオルランド」というお話があるようです。
オルランド(ロラン)は一目惚れした相手を探して、国の危機を放り出してその相手を追いかけた挙げ句、ふられて失恋のショックで発狂w
イタリアやフランスの騎士は、恋愛沙汰でほいほい発狂するから困りますw(ランスロットとか)

このあたり、騎士道ものRPGであるPendragonでは、「感情ロールでD20振って、出目20が出たらファンブルで発狂!」とルールで再現されており、仲間内では「クトゥルフよりも発狂率の高いゲーム」と評されていました。
(Pendragon も、その当時はChaosium から出版されていたこともあって)


今では、「現場仕事ができるヤツに迂闊に役職を与えてしまうと、本人はさておき、周囲の人に不幸や破滅をもたらすことがあるので、要注意! 頭のいい補佐をつけても、お話を聞かないヤツだったら意味なし!」という教訓話として、受け取っていますw
 7
kangetsu
2020/07/12 10:09[web全体で公開]
😶 悲劇とは
むかしむかし、大学生だった頃。

シェークスピアの作品が「悲劇」と呼ばれるのが納得いかなくて、というのは、キャラクターは一時の感情にまかせて重大な選択ミスをおかして、それが原因でひどい目にあっていくという、自業自得の物語にしか見えなかったのです。

そのことを英米文学科の先輩に話をしたところ、
「一時の感情にまかせて愚かな選択ミスをおかしてしまう、そこが人間の一番の悲劇」との回答。

その時は納得できなかったけど、今になってよくわかるようになりました。
常に理性的なままではいられず、感情に翻弄されてしまう、人間の悲劇性と喜劇性に。
そういう間違いを起こしてしまうから「人間らしい」のだと。

なお、この先輩は、なんやかんやあって、今では有名なラノベ作家さんになっています。
 15
kangetsu
2020/07/11 18:56[web全体で公開]
😲 レギュレーション 「ありあり」または「全部のせ」
パスファインダーRPG1版は、10年前に出版されたルールで、しかもその間おそろしい数のルールだったり設定集だったりシナリオだったり出しまくっているので、正直とても追いきれませんでした。

で、やっぱり基本ルールブックだけ使って作るキャラクターと、諸々のデータを参照して作るルールでは後者の方が強い。
しかし、慣れていない人だと、基本ルールブックだけでもいっぱいいっぱいで、他の膨大なデータなどちんぷんかんぷんなのです。
(PRDJ見ても、普通はどこから何を読めばいいのかわからないと思いますw)
ということで、最近は基本ルールのみ、あるいは基本ルール+α くらいなレギュレーションでやることが多かったのです。

しかし。
最近やった「悪の種」「森に潜むもの」や、これからやる「王冠戦争」ものは、敢えてアリアリのルールでやろうと思っています。
(あと、最近やっていないですが「ウスタラヴ」ものも、アリアリです! 忘れたわけではないです・・・そのうちゾンビのごとく復活します・・・予定)

冒頭に述べたとおり、GMである私も全てのルールを追いきれていません。
ですので、やってきたPCを見て、「ぎゃー、こんな能力があるのかー!!」と驚かされることも多いですw
GMは、全てのルールを知っておく必要はないのです。
PLにルールの出典と記述を見せてもらって、なるほどと納得できれば。
またルールの解釈の違うものの判断や、通すべきでないルールについて制限ができれば。
もちろん、セッション中はとりあえず流して、あとから次回以降の取り扱いを決定するのでもいいでしょう。
これでうまくセッションができるのも、プレイ人数が少ないために普段のセッションで信頼関係がしっかりと構築できているおかげです。(参加してくださってる皆様には、本当に感謝です!)

と、論点がもやもやしちゃいましたが、これから始まる「王冠戦争」も、PC作成の状態から「ああ、このルールを使うのかー!」と新鮮な驚きが多くて、セッション前から楽しんでいます。
基本ルールブックのみレギュレーションで始めた人が、私が使ったことのないルールを読み込んで使おうとしてくれるのを見ると、とてもうれしくなりますね! (^_^)
しっかりとPCを作り込んでくれているPCに答えるためにも、楽しいセッションになるようにしっかりと準備を進めなければ!
 12
kangetsu
2020/07/09 01:10[web全体で公開]
😶 20面体は出目が安定しないのです・・・
むかしむかしのお話です。
アメリカで作られたロボットものRPG、「メクトンZ」というゲームがあって、それはD10+修正値で目標値と比較で成功失敗を判定するというシステムでした。
この「メクトンZ」を元に、日本で「ガンダム戦記」というゲームが出たのですが、それはD10ではなくて2d6で判定する仕組みに・・・。
つまり、D10だとランダム性が強すぎて、パイロットの強弱が出しにくいということだっただので比較的出目の安定する2d6にしたのだ・・・・・というお話があったような記憶があります。(うろおぼえw)

で、D&Dやパスファインダーにおける、20面体ダイスですよ。
D10どころではありません、もっともっとランダムです。
強いPCを作っても、ダイス目が悪いと雑魚敵にも攻撃が当たらず、膠着してしまいます! ><
PCのレベルが上ってくると、ダイスの目に期待せずともそれに付加する修正値が高くなってきて安定するのですが、そうでないPCが低レベル帯のうちは、ダイスの目の影響が本当に大きいです。
そして、ダイスの振り直し系能力は、本当に限られた方法でしか存在しないのです・・・・・・。
私がPCを作る時は、この「限られた方法」を使うことが多いですw
(クレリックで、「幸運」の領域や「秩序」の領域を取ると、ダイスを振り直したり、出目を11に指定できたりする力を得るのです・・・・・・! ありがとう神様!)

感覚的には、5LVくらいになってくると、ダイスの目のブレがあっても、安定して勝ちを引き寄せられるような気がしています。個人の感想です。
 15
Ququkangetsu
2020/07/08 12:00[web全体で公開]
森のミニゲーム
賛否両論ですが、これなら、みんなダイス振れる。
ダイス振るチャンス無いと、つまんないと感じ易いですからね。

活躍の場、という点でも底上げしてくれるかもと期待。
上手く使ってください。
ユドナリウムでもカードの扱いは簡単でした〜
kangetsuQuqu
2020/07/07 23:03[web全体で公開]
> 日記:パスファインダー2版「死病の石塚」エンド

そうだ、書き忘れていたことが。
森の探索のミニゲーム、良いアレンジだったと思います。
細かい遭遇、一つ一つやっていくと時間がいくらあっても足りないですものね。

ぜひ参考にさせてもらって、「王冠戦争」の貴族との関係づくりパートをスムーズに流せるように工夫したいと思います!!
kangetsuQuqu
2020/07/07 23:00[web全体で公開]
> 日記:パスファインダー2版「死病の石塚」エンド

2回のセッションで終了ということでちょっと慌ただしい感はあったものの、その2回でNPCの存在感が十分に強くなっていったので、素晴らしかったです。
敵役で登場したハロルドも、最後にはなんだか、許せはしないけど、気持ちはわかる・・・という感じになりましたし!
過去にあった不幸な出来事については・・・・・・まあ、仕方ない! のです。
むしろ、なんとかしたいと思うという気持ちが、シナリオの創作意欲になったりしますし。

過去の不幸な出来事をうまく乗り切って、きれいに育ったハロルドを見てみたいなと思いますもの!w
Ququkangetsu
2020/07/07 20:55[web全体で公開]
kangetsuさんの購買意欲を差し止めるなんて烏滸がましいのでw買っちゃってください〜

簡単にするため5年前、としていましたが、本シナリオには、ゴブリン戦争以来、七年前、五年前、とややこしく出来事があったように思います。

でも色々適当なので、本物シナリオと違っても許してくださいね!

あと、モンスター弱かった!強いやつ出すと時間もかかるし、困るところだけど、HPだけでも増やしてあげたら良かったかな〜
kangetsu
2020/07/07 20:43[web全体で公開]
😶 ヒャッハー、給付金使い切ったかどうかなんか数えてないぜー!
Humble Bundle で、ファンタジーもののマップを作るソフトのバンドルが提供されているのです。
https://www.humblebundle.com/software/maps-extravaganza-software
期限は、あとおよそ1日。価格は30USDで、いろいろとオプションが付きまくっている。

今まで、なんど「給付金もらえるから買っちゃえ!」をやってきたことか・・・
その合計が10万円を超えたかどうかなど、もはや数えてはいません・・・・・・(ぉぃ
そういえば、弊社は夏ボーナス出すし、30USD なんて3000円とちょっとだし、日曜日に買ったカルバドス1本より安いわけだし・・・・・・。

えいや!

と買いました、今!

あと、今月末にはパスファインダー2版のルルブが2冊出るので、それも買うでしょう。
PDFだから、2冊で40USD・・・いや、PDFなのに2冊で40? 高いな!
25USDの方は単にNPC集っぽいので、割引の時に買おう・・・・・・。
 12
kangetsuQuqu
2020/07/07 20:32[web全体で公開]
はーい!
前回のセッションの結果もとっても大事。
それはそれとして、もし、5年前の事件の日にプレイヤーキャラクターたちが居合わせたら? という状況も、想像意欲や好奇心をそそるのです。
5年前の出来事ですから、システムはPF1eで・・・・・・。

Ququさんがオムニバス的なお話作るなら、モジュール購入はちょっと待つことにします☆
kangetsuセス
2020/07/07 20:29[web全体で公開]
ですよね!

せっかくだから、空想の赴く限りいろいろとやれるといいなーと思います!
特に、不幸なNPCたちなんかは、もっと優しい世界だったら・・・とか妄想してしまいますね。

取り返しつかないのは現実だけで十分なのです!(ぉぃ
Ququkangetsu
2020/07/06 12:14[web全体で公開]
> 日記:RPGなのだから ”IF” があって良かろうなのだ!
良いと思います!
GMしていて、救いが無い話は、辛いものがありますし、
今回は、端折ってやると決めた手前、原作に忠実でないし、
色々な過去未来が有って良いと思います〜

オムニバス的な話を作れてもおもしろいかな…
出番少なかったキャラに焦点を当てたような…
セスkangetsu
2020/07/06 03:33[web全体で公開]
> 悲しい事件が起きなかった別の時間軸、を作れるのかもしれないですね!

 はい、そういうifがキャンペーンセッションの醍醐味のひとつかと。

 敷かれたレールの上を上手く走るのも、それはそれなりに難しいですが、
基本的には全く新しい未来?に向かって走って生きたい!の方が、面白い!!とは
思ってます!!!
 つーか、娯楽のゲームなので、そうありたい(走召糸色木亥火暴)
kangetsu
2020/07/05 23:37[web全体で公開]
😶 RPGなのだから ”IF” があって良かろうなのだ!
7/4(土)の夜にPLとして参加したパスファインダー2版のセッションが、ミッション無事コンプリートなのですが、敵NPCたちの動機が5年前に起きた不幸な事件に起因するもので・・・(公式シナリオなので、詳細は内緒!)
彼らを倒しはしたものの、後味の悪い結末となったのです。

しかし5年前の事件は既に起きたこと、覆すことは叶いません。

ところで、今私がGMをしているパスファインダーRPGのセッションの一つが、ちょうど5年ほど前、同じ国内で起きている別のトラブルを扱ったものなのです。

・・・・・・これは・・・・・・!

ひょっとしてそういうシナリオを作ってやれば、悲しい事件が起きなかった別の時間軸、を作れるのかもしれないですね!
我々が昨日プレイした未来にはつながらないですが、歴史にそういう分岐点があってもよいでしょう。
ゲームなので、楽しければよかろうなのです!

そのくらい、思い入れのできるセッションでした。
NPCのみんな、幸せになってほしいなーって。
 14
卵豆腐kangetsu
2020/07/03 20:38[web全体で公開]
シナリオと動画の紹介ありがとうございます!
知り合いはD&D3.5Eなどもプレイしてたみたいで、興味があるそうで。さっそく動画見てみます。
セスkangetsu
2020/07/02 00:48[web全体で公開]
>ゴブリンの挙動はほぼほぼアドリブなのでした・・・・・・。

 いやーーーっ!
 正直、面白かったです!!


>Dynamite社の Pathfinder Goblins! というアメコミ

 うーん、どっちが先の論議は、
「鶏が先か? 卵が先か?
 Pathfinder 1eが先か? Pathfinder Goblins! が先か?」
の話になっちゃうと思いますがw


>PF2eになると、ちょっと物分り良いいい子ちゃんになりすぎじゃない?

 まぁ、対人間/エルフ/ドワーフ主要種族社会で生きていくため、
って適応=RP要素でしょうか・・・
 あのままでは主要種族社会での生活は無理なので(走召糸色木亥火暴)


>Space Goblin は1e のGoblinぽいので可です。

 これも、
「宇宙は広いな、大きいな!」
ってことで主要種族社会で生活する必然性が
Pathfinder 2eほど高く無いってことですね。
kangetsuセス
2020/07/02 00:38[web全体で公開]
> 日記:[PF1e][GM kangetsuさん]  森に潜むもの 第二回セッション遊了!

ゴブリンの挙動はほぼほぼアドリブなのでした・・・・・・。
参考書籍は、Dynamite社の Pathfinder Goblins! というアメコミです。
あれを読むと、ゴブリンは悪だけど、それなりのかわいらしさがあるとわかりやすいのではないかと思ったのです。

PF2eになると、ちょっと物分り良いいい子ちゃんになりすぎじゃない? って思いますね!w
Space Goblin は1e のGoblinぽいので可です。
kangetsu卵豆腐
2020/06/29 22:35[web全体で公開]
お友達も、パスファインダーに興味あるのですね!
では、おすすめシナリオは 「伝承の職務」 です。
4つ程度の簡単なお使いをするシナリオです。
途中、透明になって飛ぶのが出てきたり、最後にはガチバトルになったりしますが、
パスファインダーの冒険がどんなものか体験するにはいいシナリオかと思います。
参考動画もありますし!
https://www.nicovideo.jp/watch/sm25565895
kangetsu
2020/06/29 21:31[web全体で公開]
🤔 初めての卓は、ちょっと怖いよね! という話
私は、遊ぶゲームはほぼパスファインダーRPGで、自分がGMやることが多くって。
他の卓に参加するときも、だいたい一度一緒に遊んだことのある人がGMやっている募集卓ばかりだったのですね。

それで、ふと、ルール持ってるけどあまり慣れてないゲームの卓に参加しようかな、と思って
そして手が止まったのでした! なぜか不安な気持ちになって。

慣れていないルールだけど大丈夫かな、置いてきぼりにならないかな?
セッションの雰囲気はあうかな、浮いてしまわないかな?
参加する人に迷惑かけないかな、自分が遊んで楽しめるかな、とか考え始めると、なかなか踏み切れない。

曲がりなりにも、GMとして自ら卓を立てている私でもこういう逡巡があるのだから、
本当の初心者の人は、もう不安でしょうがないのではないかなー、と思ったのでした。
間違って、ルールブック暗誦できて当たり前、世界設定一通り目を通していないとお話がわからないような卓に参加してしまったらどうしよう! とかとか、不安がうずまきますよね!!
なので、「初心者OK」って宣言してくれている卓が欲しいなー、という気持ちがよーくわかったのでした。

逆にGMの立場からすると、初心者OKの卓のこともあれば、ある程度ルールを分かっている人たちで集まってスイスイセッションを進めていきたいこともありますもんね。
そういう色分けをするためにも、「初心者向け」や「初心者OK」っていう宣言はあった方がいいのだろうなー。

あとは、シナリオ傾向やGMさんがどういう人かも不安になるところではあるので、過去のセッション記録やGMさんの日記を見たりするかもです。
なので、そういうものが参照できると、判断の助けになりそうです。

と、オチは無いのですが、そんな感じでちょっと自分がGMで卓募集するときに、参加しやすいように募集できたらいいなあ、と思ったのでした。
・・・・・・あ、パスファインダーRPG、やったことないけどやってみたい人っているのかな?
 22
卵豆腐kangetsu
2020/06/29 00:59[web全体で公開]
いいサイトを紹介ありがとうございます!
オリジナルシナリオは上手く作れるか自信が無いので現在考えておりませんが、慣れて可能そうだったら作ってみたいですね…。
戦闘はオンセだとその通りだと思いますので、参考にさせていただきます。
私の知人もやってみたいらしく、知人も参加となり、かつまだまだ先になりますが、GMするときはお声がけしますので、もしお暇が合えば参加してください。

王冠戦争は気づいて居たら応募したのですが…残念です。もしまた募集される事が有ったら、その時は参加させてください。
セスkangetsu
2020/06/29 00:07[web全体で公開]
>PCの一人が行商しようと提案

 この辺、それなりにまとまったウェブが無いのですが、
日本観点からだと、
https://k-kentan.repo.nii.ac.jp/?action=pages_view_main&active_action=repository_view_main_item_detail&item_id=1603&item_no=1&page_id=3&block_id=34
で、
「ある意味で、地域奉仕」
で、
「僻地があるからこそ行商人達が居る」
がその成り立ちなんですよ。
 行商人系ドラマだと、残念ですが現状は韓国ドラマの、
https://www.tv-tokyo.co.jp/plus/drama/entry/2017/016184.html
しか無いですねw
kangetsuセス
2020/06/28 23:57[web全体で公開]
PCの一人が行商しようと提案してくれたのですが、いかんせん小さい村だと住民数も少ないし、購買力も無いので、あまり儲けにならないのですよね。
食料はだいたい自給自足できるでしょうから、商品としてはお薬や小物やあとは緊急用の保存食などを、ホールディングバッグに詰め込めるだけ。

金銭的にはたいした稼ぎにはなりませんが、しかし非常用の物資を村に持ち込んだというのは、後の展開に影響を与えるかもしれないですね。
セスkangetsu
2020/06/28 23:48[web全体で公開]
> この村では彼らが必要とするような高度なアイテムの調達ができない

 NPCトルネッコンさんの出番ですね!
 ウソです。
 色々な高マジックアイテムも売っている
ひとり?行商人NPCなんて、最低20レベル位
無いと無理ですね!
 えっ、40レベルだって?
 というの昔ありましたwww

kangetsu
2020/06/28 23:36[web全体で公開]
😶 在宅勤務おしまい
都内のコロナ感染者はどんどん増えていているのですが、7/1から通常勤務に戻すぜーとお達しが出たので、在宅勤務は今週でおしまいなのでした。
正直、こわいんだけれども、仕方ない。

さてさて、昨日の午後は、私がGMをやっているパスファインダーRPGのキャンペーンの第三部、「鈎山の虐殺」の1回目でした。
第一部で「最初の町」、第二部で「都会」でそれぞれ成功して名を挙げた一行は、都会の市長から直々に依頼を受けて地方の小村に問題解決に赴くといったところです。
一行はレベルが上っているので、もう小村には彼らに叶う者はいない・・・まさに小英雄的な立場になっているのですね。
それはいいことではあるのですが、一方で、この村では彼らが必要とするような高度なアイテムの調達ができない、という不便さも併せ持っているのです・・・・・・。
自分たちが使うことができない、とんでもなく高価な物品は、商われないのです。

まあ、その割に、移動中に牛を一飲みにするような巨大魚が襲ってきたりして、村人たちはどうやって生き延びているのだろうと、至極もっともな疑問が出たり・・・w
まあそこは、普段は村の近くの砦に駐屯しているレンジャーたちが守ってくれていたのでしょうが、今回はまさにそのレンジャー達と連絡が取れなくなったので確認してほしいというのが依頼。
さらには、最近雨が多い・・・とか、ちょっと前に村の船上カジノが沈没した、とかあやしい情報がてんこ盛りなのでした。
・・・・・・情報がてんこ盛りな分、戦闘は先のお魚とのバトル1回だけでした! 残念ながら。

村で情報を集めた一行は、いよいよ次回、件の砦に向かって歩みを進めていきます・・・が、果たして彼らは無事に砦にたどり着けるのでしょうか!?

と、話は変わりますが、蜂蜜酒美味しく出来ました♪
蜂蜜を水で溶いて、パン用のイースト放り込んで放置しておくだけ! (澱引きはしたけど)
こんなお手軽に出来るんですねえ・・・・・・。
1%未満です。
 10
kangetsu卵豆腐
2020/06/28 18:17[web全体で公開]
和訳されているシナリオといえば、4thcage をあたってみるのが良いかと!

http://dnd.achoo.jp/4thcage/4thcage_top/4C_index.php

Path finders! を見てもらえると、いろいろとシナリオが見つかるかと!
オリジナルシナリオを作るのであれば、手法は他のファンタジー系RPGと同じで、
ざくっとストーリー考えて、登場させたいモンスターとかNPCとかを用意して、あとはダンジョンぽいもののマップを用意して罠や宝を適当に配置して、ストーリーやモンスター/NPCとガチャンコしてあげればOK!
ご存知のとおり、戦闘は結構時間かかるので、オンセだと1セッションに1~2回くらいの戦闘が限界かもです。

卵豆腐さんがGMされる暁には、どうぞお声がけくださいね!!

王冠戦争は、はい、魅力特化型交渉系技能持ちウィザードにはぴったりのキャンペーンですね! 加えて、貴族っぽいロールプレイが好物でしたら、最高にマッチすると思います。
今回は、既に4人枠が埋まってしまっていますが・・・・・・残念です。
卵豆腐kangetsu
2020/06/28 17:50[web全体で公開]
> 日記:「強い」PCと、悪い貴族との交流会
王冠戦争ですか、楽しそうですね…(今参加させてもらってるキャンペーンのPC候補の一体が、魅力特化型交渉系技能持ちウィザードだったのですが、そういうキャラで参加してみたくなるキャンペーンっぽい)

キャンペーンではないのですが、パスファインダーの単発のGMにチャレンジしてみようかと思っています。
コツやシナリオの探し方(できれば日本語化されているもの)など教えて頂けませんか?
(とはいえ、シナリオは、R&Rに載ってたやつを試しに一回やろうかと思ってます)
それでkangetsuさんが知らない(または知っていても大丈夫なら)シナリオがあれば、単発でいいのならお誘いしてみますが…。
kangetsu
2020/06/26 23:38[web全体で公開]
😶 それから2年の歳月が流れたのでした
そういえば、2年前の昨日、2018年の6/25、私は日本に帰国したのです。

オンセン参加は2016年の10月11日で、海外に滞在していてRPGをする機会が無かった自分には、TRPGオンセンは唯一のセッションができる場でした。
現地では、RPG売っている店は見つからなかったからねえ・・・・・・
私が帰国してから、Gameswork Shop を扱ってるお店が Wizards of the Coast を扱うようになって、D&D5eの販売を開始したらしい・・・・・・
当然、現地の言葉でのルルブはありません。英語だけです。
翻訳版が出版される、というのは、ある程度お金がある国ではないと実現不可なのです。

数多くのRPGのルルブが買えて、しかも日本語翻訳版や日本語オンリーのルルブもある、ってそれだけですごく恵まれてると思うのです。
 20
kangetsu
2020/06/26 22:32[web全体で公開]
😶 「強い」PCと、悪い貴族との交流会
明日のセッションに向けて準備中なのです。どどんとふ用に、マップを用意したり、敵のコマを用意したり・・・
あとは、シナリオ(英語)の訳です。
とりあえず、明日進みそうなところまでは大丈夫かも・・・ちょっとキリのいいところまで進めるか。

さて、「強い」というか、活躍しやすいPCについて。
私がやっているゲームはおもにパスファインダーRPGで、知っている人はわかると思うのですがかなり戦闘ルールが凝っているルールです。
そういうシステムですから、どうしても戦闘で活躍できるPC = ゲームで活躍しやすいPCになるのです。
もちろん、ダンジョンで罠を見つけたり外したりというPCも輝きますが、まあ手軽に活躍しようと思えば強いのが一番。
知力も、判断力も、魅力も、すべてかなぐり捨てて筋力を叩き上げるというのが一つの最適解だったりしたのです。
戦闘以外のロールプレイとかでキャラを立てることは当然出来るのですが、ただプレイ時間に占める戦闘の時間はやっぱり他のルールに比べて長めになるのです。

しかし、7月後半からやろうとしているキャンペーン「王冠戦争」はちょっと違って。
いつもどおりの迷宮探索や戦闘もあるのですが、キャンペーンのメインテーマは貴族の工作員になって社交界でコネを作りつつ賛同者を増やしていくようなお話。
魅力的な笑顔を振りまいて、相手の表情を伺いながら、豊富な話題を駆使した小粋なトークで自らを印象づけていかないといけないのです!
(結果、美男美女の揃ったパーティーになるのではないかと!!)
いつもの「戦闘で強い」に特化したPCはこのような対人技能や知識技能を捨てているためにこのキャンペーンでは「弱」く、一方で器用貧乏な「弱い」とされていたPCは様々な局面に一人で対応できるためにこのキャンペーンでは輝いたりするのです。
また社交の場であるため、しぜん重い鎧やでかい武器を常時持ち歩くわけにはいかず・・・・・・。
通常のプレイであれば重装備を纏えないPCは不利であったのですが、このキャンペーンではそこまで大きな差異にはならないケースも多いのです。
それだけに、PLの皆さんは普段と違った観点でPC作りを考えていらして、それを見ているGMも楽しんでいるのです。
やっぱり、いつもと違った新鮮な要素があるのは刺激があって楽しいですね。

あと、このキャンペーンの興味深いのは、あとで対立することになるであろう貴族たちも社交の場でPCたちに出会い、交流するのですね。
そしてうまくすると相手の関心を得ることができ・・・個人的には友情を感じつつも政治的対立で戦わざるを得ない! という場面になるかもなのです。
野心に身を焦がした悪い貴族が、しかしPCの一人を友と認めてできれば対立を避けたいと悩む・・・とか燃えるシチュエーションではないですか!! 悪にだって友情はあるんだー!!

現在進んでいる正統派キャンペーンの「ルーンロードの復活」、そしてこれから始まる貴族陰謀ものキャンペーン「王冠戦争」。
それぞれに違った味があって、とてもとても楽しみです。

・・・・・・あ。あと、キャンペーン、PLで参加するのも楽しみにしているので、誰かアドベンチャーパスのGMやってくださいよぅ・・・・・・。
 8
kangetsu
2020/06/24 21:22[web全体で公開]
😶 キャンペーンシナリオの続きを買った!
7月から始めるキャンペーン、「王冠戦争」の第二章、第三章をついつい買ってしまった!
第一章既に読み終わっていたんだけれど、つい続きが気になって……。この面白さを、ぜひセッション出せるといいなあ!

今週末は、別のキャンペーンセッション。
こちらは、今までの街を離れて田舎村を拠点としての冒険開始。
こちらも面白い展開が待っているので、PL/PCさん達に楽しんでもらいたいのです。
しっかり準備せにゃ。
 8
セスkangetsu
2020/06/24 05:28[web全体で公開]
> 日記:[SF]わあ、今はBattletech も無料お試しルール出してるんだね!

 素直に、
「ガンダム系で遊びたい!」
ですが、
「大人の事情がテンコ盛り」
なんで、身内キャンペーンセッションですねw

セスkangetsu
2020/06/24 05:26[web全体で公開]
>宇宙船戦闘はちょっと面倒くさかったけど!

 つーか、まだ発売されて、
「じゃすと3年しか」
経過してないので、
「現状でも、
 うちゅー艦戦はルールがすかすかでザル」
なので、
「過去のWarGame系というか、
https://boardgamegeek.com/boardgameexpansion/80570/star-munchkin-space-ships
とかなどの、
「謎の風味追加!」
にして、
「まさにカオス!w」
で、お笑いキャンペーンでちょっと齧った感じで遊んでました!www
kangetsu
2020/06/24 00:09[web全体で公開]
😶 [SF]わあ、今はBattletech も無料お試しルール出してるんだね!
日記のトピックにSFが出てたので便乗。
(本当は、サイバーパンク好きの人に今年って2020年ですよねと言いたかったり、Starfinder おもしろいよねと書くのもありなのですが、それは自制しておきます)

Battletechというロボットものボードゲームがあります。派生して、MechwarriorというRPGもあったんだけれども。
詳しい説明は省くけど、過去日本でも一度発売されたことのあるルールで、マクロスやダグラムに出てくるメカが戦うゲームw (過去、まじでマクロスやダグラムの丸パクリのイラストが使われてて問題になったゲーム。日本語版は、スタジオぬえ監修で絵はアップデートされた)
で、実は最近私はPCゲームでBattletechのゲームをやっていて、その関係でボードゲームの方の商品ラインナップも気になって見てみたのです。

すると!
最近のRPGの流れ、「無料お試し版ルールを公開する」を、Battletechもやっていたのでした! やったね!
https://bg.battletech.com/new-to-the-board-game/
ボードゲーム版、RPG版、どちらも簡易ルールありました。

ボードゲーム版は、メックは中量級のグリフィンとウルヴァリンのデータと、印刷して使えるヘクスシートとコマがありますね!!
・・・・・・グリフィンがソルティックで、ウルヴァリンがビッグフットだったっけ?w
なお、データはこの2体だけ、もちろんメック作成ルールは無いです。まあ、お試し版だからね!

RPG版は・・・、えっとサンプルPCのメックウォーリアーのお姉さん、お腹に入れ墨で「性感」って彫ってるのはどうなのかしら? 笑わせに来てるのかしら・・・・・・。(ちなみに、ボードゲーム版の表紙に描かれているロボ(メック)には、右胸に「クリタ」ってカタカナで書かれていて、ちょっとかわいいw ちゃんとお名前書いててえらいね!)
ロボでバトルルールというよりは、基本は人間サイズでバトルルールのようですね!(ちゃんと読んでいないので、適当なことを言っている)

RPGルールの方は読むの面倒そうだけど、ボードゲームの方はもろもろ含めてたった14ページの冊子なので、いつか遊べると良いなあ。
 10
kangetsuセス
2020/06/23 23:21[web全体で公開]
わたくし的には宇宙船サジタリウスなセッションがやれると幸せなのですが、
Starfinder のPCたちはどこから見てもスーパーマンだし、スペースオペラの主役になっちゃうし、危機一髪も救えちゃうのですよね。まあ、シナリオ次第ですが。

ちょこっと何回かPLとして遊んだことがありますが、楽しかったです。
宇宙船戦闘はちょっと面倒くさかったけど!
(あと、パーティー内の役割によっては、熱狂度に差が出そうですよね)
セスkangetsu
2020/06/23 23:16[web全体で公開]
 >うっかり、

 そうですね!w
 StarFinderとかTROGとかは、
「うっかり 遊んでしまった!!!ww」
が一番だと思いますよ!

 特に、
https://www.nicovideo.jp/watch/sm26380232
こんな奴らシリーズなので、うっかりとwww

 
kangetsuセス
2020/06/23 23:03[web全体で公開]
> 日記:[余談][ジャンル論}SFって・・・

Starfinder いいですね!
私も、うっかり、「Starfinderやってもいいんじゃよ?」って言いそうになりました。
ビギナー箱は、まだ買っていません。
セスkangetsu
2020/06/22 14:31[web全体で公開]
>ブレイ(Bulette...

 これですね!
https://news.nicovideo.jp/watch/nw3585570

 スカイドン
https://www.youtube.com/watch?v=9m3P0iQM6i0
のような(走召糸色木亥火暴)
kangetsuセス
2020/06/22 12:38[web全体で公開]
ブレイ(Bulette...って、なんでこれでブレイと読むのだろう……)は、ランドシャークと呼ばれるのですが、見た目はサメというよりウルトラマンに出てくる怪獣なのです。

映画に出てくるサメがお好きなら……、Luscaです。
画像をご覧ください!
セスkangetsu
2020/06/22 00:16[web全体で公開]
> 超巨大な陸ザメ

 シャークネイド系、いいですね!
 これとゾンビものは、
「あちらの伝統芸!」
なので!!


kangetsu
2020/06/22 00:14[web全体で公開]
😆 昨日のパスファインダー(PL参加)
昨日、6月20日(土)は、kuroさんGMのパスファインダーRPGキャンペーン「黄金の像を取り戻す話」でした。
実際、像は最初に取り戻して、あとは持って逃げ続けている状態です。
パスファインダーRPG、プレイヤーで参加できるのはとても嬉しいのです。

今回は、前回の戦闘からの続き。
「ゼラチナス・キューブ」という、1辺3メートルの半透明な正方形のかたまり、触ったら麻痺させられて、中に取り込まれた挙げ句にゆっくりと消化されるというヒドイモンスターと、ドレイク(エルフが大好物のグルメ野郎)との戦闘です。
なお、戦闘中とはいえ実は前回と今回の間でみんなレベルアップしていて、前回は苦戦していたものの今回はあっさりと倒しきってしまったのでした。
ゼラチナス・キューブ、私も好きなモンスターです。
この季節は、冷やして糖蜜をかけて食べると美味しいのですよ?(嘘)

さて、道を進んでいると、ホブゴブリン軍の捕虜になったエルフたちが見えてきます。
そう、この世界では、ホブゴブリン軍たちが各地で優勢で、エルフたちは劣勢のようだったのです。
助けようにも多勢に無勢、ぐぬぬと歯噛みしながら先を急ぐ一行なのでした。

いよいよ山道を過ぎ、ホブゴブ軍の勢力圏を抜けようかというとき、残念ながらゴブリンのパトロールチームに見つかってしまいます。
どうやら、「黄金像を持っている人間たちを捕まえてこい」という命令を受けていたようです。
黄金像・・・・・・重要アイテムのようなのです!
さておき、数は相手が多いけれどもゴブリン相手だったら倒しきれると開戦したところ、さらにそこに強大な第三勢力が乱入。
ブレイという超巨大な陸ザメが、岩壁を突き破ってエントリー、誰彼構わず襲い始めたのです。
この乱入者の登場に、我々とゴブリン隊は一時休戦、みんなで取り囲んで群がり、陸ザメをボコボコと攻撃します。
とはいえ、さすがは超巨大な肉食獣、戦士がその牙にかかって倒れますが、すかさず回復がはいります。
衆寡敵せず、如何に強くとも所詮は単体、攻撃・援護・回復をチームで行う我々の前に、ブレイは倒れたのでした。

その後、回復と引き換えにゴブリン隊とも「我々には出会わなかった」ことにしてもらうよう交渉に成功。

ついに山を超え、平野に至った我々は、なにやらあやしい塔にたどり着いたのでした・・・続く!
ーーーー

キャラクターが5レベルになり、強さが安定してきた感じがしてきました!
私のPCは、Ququさんのキャンペーンでも、kuroさんのキャンペーンでも、PCのクラスはクレリックなのですが、Ququさんの方の子は治すより壊すほうが得意、kuroさんのキャンペーンの子は治すほうが得意なので、だいぶ勝手が異なります。
正直、PC側だと、やはり治すほうが得意な方がお役立ちですね!
なお、どちらもダイスの目操作系の特殊能力を持たせています。なんといってもダイスの目は信じられないですもんねっ!

次の冒険が楽しみです!
 8
システムkangetsu
2020/06/20 02:49[web全体で公開]
システムからのお知らせ
コミュニティ「PF 王冠戦争」を作りました。

過去のタイムラインを見る

同人誌、同人ゲーム、同人ソフトのダウンロードショップ - DLsite