パスタさんの詳細

TRPGオンセンのユーザー「パスタ」さんのプロフィール紹介ページです。

パスタさんにコメントする

※投稿するにはログインが必要です。

プロフィール

自己PR

パスタと申します。
オフセはPL、GMともに経験ありです。
主食はSW(2.0以降)。クトルゥフもできます。
オンセ経験は22度目に突入しました。

どうぞよろしくお願い致します。

GM・PL傾向

GM




PL

パスタさんの日記を全て見る

パスタさんが答えた100の質問を見る

パスタさんが参加申請したセッションを見る

パスタさんの立てたトピックを見る

スケジュール

040404040404040404040404040404040404040505050505050505050505050505050505050505050505050505050505050506060606060606060606
121314151617181920212223242526272829300102030405060708091011121314151617181920212223242526272829303101020304050607080910
(曜)(月)(火)(水)(木)(金)(土)(日)(月)(火)(水)(木)(金)(土)(日)(月)(火)(水)(木)(金)(土)(日)(月)(火)(水)(木)(金)(土)(日)(月)(火)(水)(木)(金)(土)(日)(月)(火)(水)(木)(金)(土)(日)(月)(火)(水)(木)(金)(土)(日)(月)(火)(水)(木)(金)(土)(日)(月)(火)(水)(木)
                                                            
                                                            
                                                           

○・・・空いています ●・・・セッションが決まってます △・・・たぶん空いています ×・・・空いてません

所持するルールブック (3)

パスタさんが所持するルールブック一覧を見る

タイムライン

パスタ
パスタ柿の種
2021/03/10 21:42[web全体で公開]
コメントありがとうございます!

確かに、人と人との会話ってTRPGにおいては重要な要素ですね。
人間という唯一無二の存在同士で物語を紡ぐのですから、これが面白くならないはずがない、と私は思っています。
パスタ
パスタ近衛兵
2021/03/10 21:39[web全体で公開]
コメントありがとうございます!

演じる楽しさ、確かにあると思います。
色々な楽しさを持つTRPGって、やっぱり奥が深い遊びだなぁ、と思いますね。
パスタ
パスタPI-TG001(ヒラヲカ)
2021/03/10 21:37[web全体で公開]
コメントありがとうございます!

確かに人って矛盾を多く抱えた生き物ですよね。でも、そこが人間の面白さ、深みにつながるのかな、と思います。
柿の種
柿の種パスタ
2021/03/10 21:13[web全体で公開]
> 日記:自論を述べます

私は人との会話かなぁって思ってます
諸葛TRPGって一人でもできないことはないけど(一部)人数が集まってこその面白さがあると思うんですのよ
人数が集まってってことは人とのコミュニケーションがあるわけでして
PCを通して人と思考を共有したり、時には反発したりして、それで仲良くなったらハッピーみたいな
無論TRPGのツールそのものの面白さはあると思うのですけど、根本のところには人との会話があると私は思っています
近衛兵
近衛兵パスタ
2021/03/10 18:15[web全体で公開]
> 日記:自論を述べます

TRPGを知るきっかけになった 遊〇王のフレーズで「TRPGは役割を演じる」って言葉が私の中では刺さってまして、自分は普段しがないサラリーマンやってるけど TRPGの中だけは魔法使いを演じられるんだ ってところが私は楽しさ、面白さ、だと思ってます。
PI-TG001(ヒラヲカ)
PI-TG001(ヒラヲカ)パスタ
2021/03/10 18:13[web全体で公開]
> 日記:自論を述べます

人間は矛盾だらけだし、創作においても、のちに矛盾の理由がうまく解消されたとき、なんか気持ちがいいですしね。
パスタ
パスタ
2021/03/10 18:05[web全体で公開]
😶 自論を述べます
TRPGの面白さって「矛盾したもの同士を内包していること」にある、て思うんです。

組んだビルドが刺さったりして、計算通りに行くと確かに楽しい。
でも、予想外の方向へ転んでもそれはそれで面白い。

思い通りにいかないままだと萎えてしまう、しかし、すべてが思い通りになり続けても飽きてしまう。

コントロールできる部分と出来ない部分。そのどちらかが欠けてしまうと多分ゲームとしては楽しくない。
水と油のごとく相反するものですが、それらが両立したとき、人は「面白い」というのかな、と思いました。
 24
パスタ
パスタ
2021/03/01 18:23[web全体で公開]
😶 【sw2.5】22回目のオンセ。そして、改・マキナ☆スイーパー卓感想
(▼ ネタバレを含むコメントを読む。 ▼)
 10
パスタ
パスタ
2021/02/28 18:25[web全体で公開]
😶 【sw2.5】21回目のオンセ。そして、姉妹の絆~妹・グレーテルの場合~卓感想
(▼ ネタバレを含むコメントを読む。 ▼)
 13
TK16
TK16パスタ
2021/02/28 15:10[web全体で公開]
コメント有難うございます! こうして伝えてもらえるのは本当に参考になります。

自分としてはカットインとBGM、登場人物の風体も合わせて喜劇にできていたつもりだったんですが…。
演出力、構成力不足でした。残念。
パスタ
パスタTK16
2021/02/28 14:29[web全体で公開]
> 日記:なるほどこうなるのか
セッションお疲れ様でした。

ヘイトが高まったのは、闘うまでのいきさつにあったんじゃないかな、と私は思います。
もしこれが、腕を競い合う闘技場の大会、とかだったら印象も大分変ったんじゃなかろうか、と思いますね。
パスタ
パスタ
2021/02/26 23:03[web全体で公開]
😶 【sw2.5】20回目のオンセ。そして、今回のキャラビルド
20回目のオンセはユドナリウムでした。
今回のセッションは2日がかりで行われました。


 さて、今回私が組んだビルドは、キルヒアプリーストとスカウトをメインに組み合わせた支援系エルフです。キルヒアを選ぶプリーストは大抵セージをセットに取ると思います。私も当初はセージも取ろうとは思っていたのですが、他のPLの方がセージを取られていたので、自分はセージではなくドルイドを取得し、今回のビルドとなりました。
 セージを取らずともキルヒアを選ぶ意義がある理由の一つとしてプレコグの存在があると思います。プレコグは戦闘準備や補助動作のタイミングで行使できる呪文で、そのラウンドの間、自身の行使判定の出目が、振ったものか8かを選ぶことができるというものです。これはつまり行使判定の達成値を一定以上保障してくれること、行使判定によるファンブルをなくすことを意味します。
 プレコグは戦闘準備にも行使できるので、魔物知識判定や先制判定にも用いることが出来ます。どちらの判定も失敗が致命的になりうるものなので、一定以上の達成値が保証されるこの呪文とは相性がいいのです。
 機会があったら、今度はセージとスカウトを両方取ってプレコグの力を存分に発揮できるビルドを組みたいなと思いました。


 今回も素晴らしいセッションを体験することが出来ました。GM、PLの皆様、ありがとうございました。
 17
パスタ
パスタ
2021/02/21 22:36[web全体で公開]
😶 【sw2.5】19回目のオンセ。そして、夜明けの明星卓感想
(▼ ネタバレを含むコメントを読む。 ▼)
 13
パスタ
パスタフリア
2021/02/17 21:39[web全体で公開]
そうですね。
スカレンセージ、あとはヒーラーは誰か取ろうよ。てあたりは私も最低限のラインだと思います。
フリア
フリアパスタ
2021/02/16 21:58[web全体で公開]
まぁ……確かに

ただswのスカウトセージと言った判定面に必要なもの、いないとこまる場合が多いプリやレンジャーなどならそこまでならないかなぁ…という印象がありました
仮に疑問に持たれても、誰かしら必要ってなった時に相談し合えば取ってくれる方がいる。ないし自分で取るなどはなると思うのとしているつもりなので

個人的にはここが最低限ですね、あとは極端に前衛後衛に分かれないってくらいで。これでクリアがきついとかなったらそもそものシナリオが高難度とかと割り切るしかないのかなぁ…と
パスタ
パスタフリア
2021/02/16 12:36[web全体で公開]
コメントありがとうございます。

確かに、役割分担等といった領域と個性の領域とがあると思いますね。
ただ、このラインが人によって異なってくるわけでして…。
例えば、「なんでAを取らないの?」という人がいる一方で「なんでAを取らないといけないの?」という人もいる、というような事態が想定できると思います。
フリア
フリアパスタ
2021/02/15 13:32[web全体で公開]
> 日記:人によって意見は異なるでしょうが…

pt内で役割(他の人と被ってても何かしらできるように)さえはっきりして、明確な穴(プリ不在や火力無しなど)がなければビルドはそれから先は個人の個性を出す遊びの部分だと思ってますね…

いやまぁ最適解みたいなクソ強ビルドはありますが、別にそれしなきゃ詰むシナリオとか普通ないですし……(cpならキャラシ踏まえて作るからともかく、野良の単発ならある程度どんな構築でもクリアできるように作ると思うので
パスタ
パスタ
2021/02/15 11:33[web全体で公開]
😶 人によって意見は異なるでしょうが…
最低限こういう組み方しないとシナリオが詰むよ、という”最低限のビルド”と、こういう組み方の方が効率がいいよ、合理的だよ、という”強いビルド”は別物だよね、と私は思っています。
 45
パスタ
パスタ
2021/02/03 13:41[web全体で公開]
😶 【sw2.5】18回目のオンセ。そして、ふと思ったこと
18回目のオンセはユドナリウムでのセッションでした。
シナリオは用意されたカードを引いて、その内容に従うランダムイベント形式でした。
内容が毎回異なるので、同じ卓を経験したことがある人も楽しめる、という点が特徴的だな、と思いました。
自分もシナリオを作るときは、こういうランダム系のものも用意すれば、いざというとき便利だろうな、と思いました。


 さて、ここからちょっとグチっぽい内容になります。
 それは、セッションで上手くロールできてないな、という話です。
 自分なりにセリフは考えるんですよ。でも、考えてる最中もセッションなわけで、いいセリフ思いついた!と思ったら、もう話が進んでた、なんてことがままあります。そんなこんなで、他のPCさんに相槌を打つだけっていうことが何度かありまして…。

 対策の結論としては、場数を踏んで、セリフの引き出しを増やす、これに尽きると思います。
 ただ、これだけだと日記としては面白くはないので、ロールが上手くいかない原因を3つに分類してみました。

1.気のせい
 これ、身も蓋もない話なんですけど、ロール下手だと思ってるのは自分だけ、というパターンです。自分の中でロールのハードルを上げ過ぎてしまい、そのハードルに届かなかった自分に自分で0点をつけてしまう…。そんなケースですね。つまりは、自分を客観視できてない。自分を基準にしている状態とも言えます。

2.自分でストッパーをかけてしまう
 セリフを思いついたけど、このPCには言わせられないな、とストッパーをかけてしまうパターンです。切れ者のPCロールをしたいから迂闊なことは言えないな、と黙っていたら相槌打つだけでセッション終わってしまった。みたいな感じです。要は、自分が演じたいキャラに合わせた発想力が足りてないんですよね。
 このパターンへの対策としては、自分の発想力にキャラを合わせる、というやり方があります。状況にふさわしくないセリフしか思い浮かばないならマイペースなキャラを作ればいい。作品世界の知識が乏しいのなら、専門バカなキャラを作ればいい。自分の力量を客観視して、「したいロール」ではなくて「出来るロール」にシフトする、というのが一つの解決策になります。

3.頭が回らない
 TRPGは処理するべき情報量が莫大です。一人で遊ぶ分なら自分のペースでやればいい話なのですが、複数人で遊ぶとなるとそうはいきません。自分のPCが今出来ることは何か?現在の目的はなんだったっけ?あのルールを確認しなきゃ…。等々考えながら片手間でロールをしなければなりません。
 慣れの問題、と言ってしまえばそれまでですが、これもパターン2の時と同様、「したいロール」ではなく「出来るロール」をすることが一つの解決策です。気にすることがたくさんあって満足にロールできないのなら、PCも、右も左も分からない新米キャラにしてみる。そうすれば、自分が分からないことをそのままセリフにして他のキャラに投げかける、というロールも可能です。

以上が、私の考える、上手くロールが出来ないパターンでした。
これはあくまで私が考えた分類なので、もっと他にパターンがあったりはするとは思います。
ただ、私が自信をもって言えるのは、「ロールはした分だけ経験値として身につく」ことです。
ロールが上手く行かなかった。あの時、こう言えばよかった。そんな後悔や失敗を重ねていくことで、その人なりのロールのコツが出来ていくと思います。


今回も楽しいセッションをすることが出来ました。GM、PLの皆様、ありがとうございました。
 22
パスタ
パスタ
2021/01/26 14:23[web全体で公開]
😶 【sw2.5】17回目のオンセ。そして『狼と目覚めし王(3卓目)』卓感想
(▼ ネタバレを含むコメントを読む。 ▼)
 10
パスタ
パスタ
2021/01/17 14:30[web全体で公開]
😶 【sw2.5】15回目と16回目のオンセ。そして今回のキャラビルド
 15回目はココフォリア、16回目はユドナリウムリリィを使用してのセッションでした。
 ココフォリアとユドナリウムはこれまで何度か使わせてもらいましたが、ユドナリウムの改造版であるユドナリウムリリィは今回が初でした。ユドナリウムリリィはユドナリウムと使用感は似ていますが、バフを記録出来たり、立ち絵を表示出来たり、HPやMPといった変数の増減を手軽にできたり、など色々な機能が追加されています。PLとしてはもちろん、GMとしても大分使いやすくなったとか。私もいつかGMとして使用してみたいな、と思いました。


 さて、今回私が使用したビルドは、15回目のセッションが人間のキルヒア神官で、16回目がドワーフの神官戦士です。キルヒア神官の方は以前の日記で言及したPCで、今回のセッションでも使わせていただいた形になっております。なので今回こちらについての語りは割愛。
 16回目のセッションで使用した神官戦士は、仲間をかばう盾役と、回復と支援の魔法を使う役の二つを受け持っております。前線で仲間をかばうという立ち回りが要求される以上、初手でバフの魔法を飛ばせず、以降はダメージを被る可能性が極めて高いので、かばいつつ回復魔法をひたすら唱え続ける立ち回りになりがちです。その為、攻撃をする機会があまりないので、戦士系技能は、HPが増えるタフネスを取得できるレベルに留め、プリースト技能をメインに伸ばしました。
 以前の日記で、似たようなビルドとしてコンジャラー混合型タンクを紹介しました。コンジャラーとプリーストは支援系魔法が豊富にある、という共通点がありますが、プリーストの方が回復よりの性能を持っております。そして、実際の戦闘では、かばうことの出来ない範囲攻撃が繰り出されることが多々あるので、魔法拡大数も取得して、複数人を一度に回復できるようにしておきました。


今回も素晴らしいセッションを体験できました。GMとPLの皆様、ありがとうございました。
 14

過去のタイムラインを見る