チハさんの日記

日記一覧

チハ
2019/02/13 00:06[web全体で公開]
😶 ストームブリンガー
買っちゃった、にひひ。
 いいね!9
チハ
2018/11/23 23:51[web全体で公開]
😶 ほくほく
 CoC未邦訳第7版書籍が一式(コアるるぶ、探索者ハンドブック、時代別コンバート本、怪物本〔あ、これは表紙から察するに邦訳されてるっぽい...〕、魔道書本、KPスクリーン)が届いて、超絶ほくほく中。やっぱり非電源て、いいですね...目に優しいし。場所を取るのがアレですが。

 古典的なシステム(の後継版)にひととおり手をつけることができて、なんか、日常の中でそんな嬉しいこと滅多にないんですが、妙に嬉しい気分です。なんの利益(マニー)にもならないし、基本的に時間とカネと労力をつぎ込むだけの(あ、あと情熱か...)対象なんですけどね...不思議だ。

 これで、ダンジョンズ&ドラゴンズ、ロールマスター@指輪物語、クトゥルフ、と来て、次はSF物の元祖トラベラー(も)始動に向けてちょこちょこ具体的な準備を進めてまいりたいと思います。

 あ、あの、なんかですね、ロールマスター@指輪物語、けっこう面白いです。(ご参加くださっているお二方に心より感謝、ありがとうございますっ!) ルールブック持っていらっしゃらなくてオケですので(というか、入手は超困難)、指輪、シルマリル、旅、ビルボ、フロド、メリー、ピピン、サム、ガンダルフ、ラダガスト、トム・ボンバディル、アラゴルン、ボロミア、レゴラス、奥方、ギムリ、スマウグ、龍、サウロン、モルゴス、ゴクリ、あー、もう無尽蔵でキリガネ~...なトールキン作品が好きな貴方、けっこう楽しめる気がしますので、よかったらご一報ください。只今、第三紀1643年11月末、雪明けのルダウア国北部トロル森におります。後世(第三紀2930年)にかのアラゴルン2世の御祖父アラドールが山トロルの手にかかって命を落としてしまう、霧降山脈西麓の寒冷高地を目指し、とある秘宝を求めて探索中。
 いいね!11
チハ
2018/10/19 23:31[web全体で公開]
😶 Overlight - the RPG of Kaleidoscopic Journeys
https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/91Su1Ef9WeL._SL1500_.jpg
表紙に惹かれてポチッてしまった...
後悔はしていない(#`д´)ノ ルゥァァァ!!! 
 いいね!3
チハ
2018/10/18 21:09[web全体で公開]
😶 名作(迷作も)を遊ぶ
 ガキ(小学~中学)のころ、まだ電源系のゲーム機は黎明期で、ゲームブック(元祖ファイティング・ファンタジー!)にハマってしまい、ひいては初期のRPG(当時はRPGと言えば卓上のTRPGのことでした!)に夢中になり、あれからウン十年...
 
   やっぱり、当時の名作ゲームをやっておきたい

という欲求は抑えがたく。

 なんとまあ、今に至って、ここオンセンで、当時からの名作のいくつか(トラベラー、クトゥルフ、ロールマスター/指輪物語、D&D)を遊ぶ機会を得させていただきました。

 もう、ほんと、感謝です。
 このようなオンセ用プラットフォームを用意してくださった、ぽん太@番頭さんをはじめ、皆さん、ありがとうございます。

 これからも余暇を利用して楽しみましょう! 


PS. D&D以外はまだ各卓あと1名ほどのプレイヤー参加の余裕があります。進行はとてもスローですが、もしご興味のあるかたはメッセージください。
^^)9
 いいね!12
チハ
2018/10/13 03:53[web全体で公開]
😢 R.I.P - Mr. Greg Stafford
https://www.chaosium.com/blogvale-greg-stafford-1948-2018/
この人がいなければRuneQuestもChaosium社も存在しなかったことでしょう。
RuneQuestとChaosium社がなければ、きっとBasic Role-Playingは生まれておらず、
その後に来るCall of Cthulhu/クトゥルフ神話TRPGも無かったでしょう。
そして日本におけるTRPGが現在のような形で発展を見せることも恐らくなかったでしょう。

どうか安らかにお休みください...

https://basicroleplaying.org/topic/8417-greg-stafford-condolence-thread/
 いいね!7
チハ
2018/10/10 01:41[web全体で公開]
😶 J.R.R.トールキン
の『指輪物語』、『ホビットの冒険』、『シルマリルの物語』etc
の世界で遊びたい(TRPGしたい)という方
いらっしゃいません?

お友達になりませう ^^)9
ニヒヒっ
 いいね!11
チハ
2018/06/16 14:27[web全体で公開]
😶 トロルの森にて
引き続き不定期でまったりとロールマスター@(指輪物語)中つ国第三紀1640年秋のルダウア国周辺であそんでいます。
まだ回数も浅く、あまり『指輪物語』っぽさを出しきれていませんが、「ぽさ」を醸し出すことを目指してぼちぼち楽しんでいけるといいな、と淡い希望をいだいております。

現在、東街道沿いの宿屋の息子プイル、そして、焦げ茶国人の吟遊詩人リアム、という助っ人NPCがおりまして、これまでのところ毎回GMが中の人になっております。もし助っ人NPCで単回参加してみたい、興味があるというかた(トールキンや瀬田貞二さんが好きなかた)は、気が向いたらご一報ください _ _)9 

ルールをガチで運用すると超重い部類に入るので(かつ戦闘したら本当にすぐに死んでしまいそうなので)できるだけナラティブに比重を置いて進行中です。
https://trpgsession.click/session-detail.php?s=151978797400thiha74
 いいね!6
チハ
2018/06/15 07:59[web全体で公開]
😶 遅ればせながら2周年おめでとうございます
ぽん太さま&皆さま
いつも楽しいTRPGの場をオンラインで設けてくださり、本当にありがどうございます。
特に管理人さまにおかれましては、個人の立場でサポートを続けるのは大変な苦労を伴うことだと存じます。敬服いたしております。
_ _)9

また、日々ここに集う皆さまのゲームに寄せる情熱/好奇心に触れましても、やはりこう、熱い、感慨を覚えております。
管理人さま、皆さまの熱い衝動に支えられて今日もここでゲームに触れることができるのだなと思いを致し、ここに感謝申し上げる次第です。

本当にありがとうございます。
m( _ _)m

来たる日々もまたよりいっそう楽しいTRPGのひとときが皆さまに訪れますように!!
心よりお祈りいたしております。
 いいね!13
チハ
2018/04/18 19:01[web全体で公開]
😶 徒然に - L と R
 趣味便乗実益的な効果を期待して、洋物はなるべく英語で読むようにしているのですが、
 それでも、やっぱり、同じものを日本語環境でコミュニケーションするとなると、日本語訳がそれなり必要になりまして... 。 まあ、もう少し敷衍すれば、TRPGに限らず、色々な海外発の新しい概念や情報が、今では主として英語を介して沢山日本に入ってくるわけですが、その英語は、今の日本にとっては、昔の日本にとっての漢字や漢文と似たような地位にある(と個人的には思ってる)わけですが、つまり日本語にとって非常に影響力のある重要な地位に就いてしまっている訳ですよね。どうせなら、なるべくきっちり修得したい。
 で、印欧系の言語は、L と R を比較的厳密に区別していて、欧文の単語を最初にカタカナで頭にインプットしてしまうと、非常に不便なんですよね....  逆方向に喩えて言うと、欧米のかたが「おじいさん」と「おじさん」をごっちゃにしているのを聞いているのと同じくらいにもどかしく... 感じません? 個人的には、本を読んでいるとき、カタカナの単語に遭遇すると、(思い付いたときになるべく)半濁点か濁点を書き込むようにしています。 La は「ラ゜」、Ra は「ラ゛」と。弁別。

これが気になるのって、たぶん少数派なんですかね。

駄文だなコレ...

追記: この調子でいくと、「ルルイエ」は、正確には、「ル゛ル゜イェ」となります(そのはず...)。
 いいね!3
チハ
2018/04/16 18:43[web全体で公開]
😶 最近入手した作品: Trudvang Chronicles と Fragged Empire
今日、スウェーデン RiotMinds 社の Trudvang Chronicles のスリップケースセットが届きました(自分の撮った写真じゃないですが、このセット ⇒(https://i1.wp.com/yawningportal.org/wp-content/uploads/2017/11/trudvang-books-2818634933-1511265716663.jpg)。なんか、絵本見てる感覚でワクワクします。

で、昨日は(いったん日記に書いて間違って消しちゃいましたが)、Fragged Empire のセットが届きました。
入手したのは、この↓写真(出版元が撮ったもの)にある下段中央のコアルールブックと、上段の設定集3冊。新しい本のいい匂いが堪らんとです。
https://lh3.googleusercontent.com/-TjGsfcRNf_Y/WnudgCQoaEI/AAAAAAAACdc/UxQIOq2MmRgBLapzuqTGxTh9pG6qLpmGgCJoC/w900-h745/fragged_empire.jpg

もし、お持ちの方、ご一報を! 語りませう!
ちなみに、いずれも、電子書籍版は DriveTHRUrpgでも売ってます。Trudvang の値段設定が割高ですが...
 いいね!3
チハ
2018/04/13 09:09[web全体で公開]
😶 ロールマスターと指輪物語
本日21-23時で、4回目のセッションを行います ^^) やっとキャラクター作成を越えて本編です。
時は第三紀1640年(ビルボやフロドがいる時代の約1400年前)の秋、ルダウア国中北部のトロル森方面で薬草取りに出かけたまま帰ってこない宿屋の長男を探しに出かけます。ゆるゆる継続進行中。
 いいね!3
チハ
2018/04/11 20:24[web全体で公開]
😶 Torg Eternity と Symbaroum
 ここ数日、二つの英語圏TRPGのクラウドファンディング(進行中)に注目しています。
 ひとつは、トーグの新版(最近和訳が刊行されたリヴァイズド版の更にその先、Eternity版)の第二弾 ”The Living Land”、もうひとつは北欧のダークファンタジーで、スィンバロム Symbaroum の最新モジュール、”Yndaros” です。

 たぶん、時間的に、プレイする機会はないと思うけど、読み物として手に取りたい...
 只今ワクテカ中

 TORG Eternity - the Livinig Land
https://www.kickstarter.com/projects/1216685848/torg-eternity-the-living-land?lang=ja

 Symbaroum - Yndaros
https://www.kickstarter.com/projects/449518387/yndaros-the-darkest-star-award-winning-symbaroum-c?lang=ja
 いいね!5
チハ
2018/04/05 17:59[web全体で公開]
😶 Cthunoia
セッション募集で、クトゥルフとパラノイアのマッシュアップを何回かお見かけしましたが、
コレ、絶妙な組み合わせですねっ
惜しむらくは、どちらも実際にプレイした経験がない...  いつかチャレンジしてみたいと思います。(^^)
 いいね!4
チハ
2018/04/05 00:56[web全体で公開]
😶 Coriolis
ここ2~3年くらいかな、スウェーデン製のTRPGが英訳されて、英語圏で台頭してきています。
特にFria Ligan (Free League)というグループの製品群がかなり脚光を浴びていて、その英語版制作のクラウドファンディングに自分も何作か参加してみました。もっかクラウドファンディング進行中の作品はSF物で、Coriolis RPG のキャンペーンモジュール ”Emissary Lost” 
https://www.kickstarter.com/projects/1192053011/emissary-lost-epic-campaign-for-award-winning-cori
調達総額が100万スウェーデン・クローナ(約1,267万円)に達するとシナリオ集も書籍化されるので、頑張って欲しい... 
他にも、Järnringen の Symbaroum や、RiotMinds の Trudvang Chronicles などもスウェーデン発TRPGで注目を浴びてます。

Edit: 日本時間の本日4月5日夕方16時ごろ、めでたく100万SEK突破しましたっ!!
 いいね!3
チハ
2018/03/22 06:07[web全体で公開]
😶 ロールマスターと指輪物語
 朝っぱっからゲームの話でなんですが、今週金曜、ん?明日ですね...、の夜21~23時の二時間、キャラクター作成とセッション導入(の続き)を行います。世界設定を JRRトールキン作『指輪物語』にしていますが、ガチで忠実にしようとすると、凝り固まって遊べなくなるので、パラレル・ワールドくらいの、ある程度ゆるい感覚で遊べればいいなと思っています。あと一名まで募集しておりますので、ご興味のある方、もし宜しかったら、ご一報ください。

 ゲームシステムが、これまたガチでやると、かなり重い部類に入る『ロールマスター』なので、クライマックス以外は、できるだけシステム運用をはしょる方針でおります。

 ゲームの世界観としては、泥臭く危ない冒険の世界。ひとたび剣を手にすれば、肉を切らせて骨を断つ命を懸けた致命的な世界。
 日常の裏側では暗黒の勢力が虎視眈々と復活の機会を窺っており、超自然的な力(魔法etc)に触れた者は、暗黒の勢力と、それに抗う勢力の双方から追跡されうる。そんな世界。

 それでいて希望を捨てず、明るく目標に向かって旅路を踏みしめる...

 こんな感じのゲーム体験をぼちぼちと構築できるとイイな、と個人的には思っています。(^^)  ま、仲々そう理想的に進むとは限らないですが、楽しいゲームとなるように尽力いたします。ありがとうございます m( _ _)m

https://trpgsession.click/session-detail.php?s=151978797400thiha74
 いいね!3
チハ
2018/03/11 12:21[web全体で公開]
😶 洋書フェチの癖が...
 洋書フェチの癖が昂じたのか、ずっとイイなと思っていた Dungeons & Dragons v3.5 Premium Edition 5冊セットをポチッてしまった。装丁のデザインがこう、洋物ファンタジー好きの心をくすぐるんですよ。まるで「一つの指輪」のようなこの抗いがたい魔力はなんなのだ ... もう2つも前の版なのにぃぃ。そう、いとしいしと... はなれられない、いてて、ス、ス、ス! 気いつけろ、いとしいしと!ゴクリ、ゴクリ。ああ狂おしい。こりゃSAN値判定は逃れられないな。

 くそぅ... 寝かせてしまうのは、も、もったいない。まだD&D第3.5版に未練がある方は暇を見て語り合いましょう。もちろん、あわよくば、ちょこっとセッションも!? 我が書棚に眠る大著 ”War of the Burning Sky” が眠りから覚める日もそう遠くないか!?
 いいね!7
チハ
2018/03/09 00:11[web全体で公開]
😶 徒然に
今日は、ある種の感慨を得ました。

- 社会人になると、仕事や家庭や現下のシガラミで予定(まあ、ここオンセンではTRPGですね)の調整が難しい。みんな楽しい卓を囲みたいというだけなんですけどね... 好きなときに好きなだけ卓を囲めるなんざ、受験期/就活期に突入していない1、2年生か、社会での奮闘を終えて、パラディソに行った(逝った)後の贅沢なのかな。

- いっぽうで最近、数年越しに、昔卓を囲んだ方々と連絡が取れ、当時の思い出がフツフツと脳内に蘇り、振り返ることができました。いいですね、この感覚。没入感のある、一体感のある卓を共有できること、共有できたこと、っていうのは人生における幸せの一つなんだな、と、つくづく思いました。

 まあ、何にせよ、ゲームが出来るって贅沢なんですね...
 いいね!7
チハ
2018/03/04 11:33[web全体で公開]
😶 Rolemaster / Blood, Guts & Glory
 無茶苦茶ニッチなゲームですが、以前仕事の都合で立ち消えになった立卓に、再挑戦してみます。

https://trpgsession.click/session-detail.php?s=151978797400thiha74

 ファンタジー物で、舞台は『指輪物語』『ホビットの冒険』から時代を遡ること1500年ほど昔の中つ国。ブリー村(粥村)と裂け谷(リヴェンディル)を結ぶ東街道の周辺、今回はトロル森方面です。参加希望者ゼロだったら(ははは)、設定を読み込んで楽しみます(読むだけでも結構面白かったりします、ふふふ)。
 いいね!4
チハ
2018/02/25 22:59[web全体で公開]
😶 Midnight / Blood, Guts and Glory
来週末も読みます。次回は第6章”Creating a Character”(キャラクターの作成)
https://trpgsession.click/session-detail.php?s=151956359783thiha74
完読した暁には、1セッション2時間程度の時間枠で深夜卓(ボイセ兼テキセ折衷型)を開催してみたいと思います。
 いいね!3
チハ
2018/02/24 07:38[web全体で公開]
😶 Midnight / Blood, Guts and Glory
今週も読みます。今回はやっと第5章”Magic”
https://trpgsession.click/session-detail.php?s=151942487938thiha74
ロールマスター(指輪物語RPG)のルール枠組みをD&D第3.5版(OGLに基づく無償公開コンテンツ部分)の用語で再現したような汎用ファンタジーRPGです。
 *無償で入手可能。
 *英語を読む機会になる。
 *D&Dが好き。
 *ロールマスター/指輪物語RPGが好き(だった)。
以上の四項目にビビッときた人は(あまりいらっしゃらないかと思いますが)好きになると思います。
単独決行予定。
 いいね!2
チハ
2018/02/17 20:11[web全体で公開]
😶 Midnight / Blood, Guts and Glory
戊戌年(旧)正月初二日
冬季オリンピック男子フィギュアに酔ひしれた昨日今日ではありますが
先週末に引き続き、今夜もBlood, Guts and Gloryの講読を継続します。
http://drivethrurpg.com/product/177412/
引き続き第4章Skills(技能)です...まぁ、技能はけっこうルール上の肝なので、三週連チャンです。
Discordにて今晩22時より: https://discord.gg/FYUDwq

 いいね!1
チハ
2018/02/15 15:51[web全体で公開]
😶 戌年が良い年となりますように
今日は太陰暦の大晦日ですね。明日は戊戌年(旧)正月。
新しい年が良い年でありますように。
 いいね!7
チハ
2018/02/10 16:23[web全体で公開]
😶 Midnight / Blood, Guts and Glory
先週末に引き続き、今夜もルールブック講読深夜卓の続きをやりまーす。
今日は第4章 ”Skills” 精読の続き。
https://trpgsession.click/session-detail.php?s=151824681017thiha74
参加表明ゼロでも主催者で単独実行予定 (^皿^)
 いいね!1
チハ
2018/02/04 15:24[web全体で公開]
😶 Midnight / Blood, Guts and Glory
今晩もBlood, Guts and Gloryを読むでごんす。
http://drivethrurpg.com/product/177412/
昨日は第三章「Game System (ゲームシステム)」と第四章「Skills(技能)」の箇所を、しおり設定(Adobe Acrobat)しながら読みすすめ、今日はその続き。p.13の能力値説明の末尾”Charisma (abbreviated to ”Cha”)”から再開。
Dicordにて22時から24時の予定。

昨日さらっと読んだところだと、能力値はD&Dと同じですね。身体的能力値 Strength / Constitution / Dexterity と 精神的能力値 Intelligence / Wisdom / Charisma の合計6つ。

もともとロールマスターは主にAdvanced D&D用の拡張ルールとしてスタートしたから、D&D系ルールとの相性はイイ感じ。D&D第3版がそもそも攻撃表と痛打表を外したプチ・ロールマスターみたいなゲームだし。

Blood, Guts and Gloryは汎用ファンタジーRPGということになっていますが、一応、第2章に「The World(世界)」という章を設けて世界設定も提供しています。おおよそ、こんに感じ↓

 舞台は、16世紀のイギリス。1517年の万聖節前夜を境に、人間が子供を産めなくなる症状が発生、これが普遍的に拡大する状況(Barren Plague)が発生します。
 イギリスでは従来から存在する秘術系、信仰系の魔術に加え、東洋(日本からの渡欧使節等)からもたらされた精神系魔術を学ぶことによって、人口が減っていくなかでも、死んだ人をUndeadとして蘇らせる死霊術Necromancyの技を発達させ、Necromancyを利用して社会を維持しようとします。
 一方、ロンドンでは、1555年6月5日の月蝕の夜に、何千何万という動物たちがロンドン周辺や市街地に押し寄せ、子供が産めなくなった人々の戸口に赤子を置いていくという大事件が発生します。この赤子は、体躯は人間と同じなのですが、顔や体毛といった容貌はその赤子を置いていった獣と瓜二つで、尻尾があったりもするのです。
 その時点ですでに子供を産めないまま齢を重ねていた人々は、スケルトンやゾンビの中で生き永らえるよりは、たとえ獣の容貌をしていても、神から授かった自分の子供として、獣たちの置いていった赤子を育てていくようになります。
 やがて、人間の親たちは徐々にそれぞれの寿命を迎えて亡くなっていきます。ロンドンの新しい「人々」はアナグマ族、ネコ族、キツネ族、ウサギ族、ネズミ族、イタチ族、オオカミ族の系統からなり、同族間では同様の子が生まれ、子孫を残すことできました。
 西暦1558年にイングランド女王メアリーが逝去すると、その養子であったキツネ族のエリザベスが女王に即位します(エリザベスは宮殿の門の前にキツネが置いていった赤子だった)。新しい「人々」が第2世代、第3世代を迎えていく一方、西暦1599年には、記録される限り全ての人間が完全に死に絶えてしまいます。新しい「人々」の時代が幕を落とします...
 いいね!4
チハ
2018/02/03 22:03[web全体で公開]
😶 Midnight / Blood, Guts and Glory
今日もこれからBlood, Guts and Gloryを読むでごんす。
http://drivethrurpg.com/product/177412/
今日は第三章「ゲームシステム」と、第四章「技能」。0時ごろ終了予定。
今日のDicordは音声なしでメモ用のテキストチャット機能のみ、静々と黙読予定。

(読み込み途上の追記)
やっぱり無限ロールが出てきた。ただし、ロールマスターのd100をD&Dのd20で置き換えているので、1d20で無限ロール。

d20無限ロールで最初に出目20が出たら振り足し(出目20以外が出るまで延々と振り足し続ける)。
d20無限ロールで最初に出目1が出たら再度振ってまた出目を差し引くが、もしこの再度の出目が20だったら、再々度振って出目をさらに差し引き、以降、出目20以外が出るまで、出目を延々と差し引いていく。
なお、出目1が特別な機能(下方無限ロールの起動)を果たすのは最初の出目のみ。
このd20無限ロールを1E20と表記する。

他のダイス類はD&Dと同様(d6, d8, d10, d12, d20)。
なお、OGLの制約上、文中にはRolemasterともD&Dとも一言も書かれていない...
 いいね!1
チハ
2018/02/03 04:18[web全体で公開]
😶 Midnight / Blood, Guts and Glory #001
2時半過ぎに一段落して終了。予想したより、面白かった!
最初にざっと目次に眼を通しました。大まかな章構成は、
1. はじめに、 2. 世界、 3. ゲームシステム、 4. 技能、 5. 魔法、 6. キャラクター作成、 7. 装備、 8. 戦闘、 9. 負傷と治癒、 10. 冒険、 11. 物品(アイテム)作成、 付録(詳細データ類)、 索引、 OGL
…とこんな感じ。で、今日は第1章と第2章を読みました。

 第1章「はじめに」は、Blood, Guts & Gloryがどういった類いのRPGかについて説明してあります。一言でいうとMash-Up Gameだそうです。とある二つのゲームをすりつぶして(mash-up)、Blood, Guts & Gloryという一つのゲームに作り上げたということです。いわば、ツナサラダ(某ダンジョ●●&ドラゴ●●)とポテトサラダ(某ロー●マス●ー)を掛け合わせて、ツナポテトサラダを作った、といったところでしょうか。
 なぜそんなことをしたのか? わたしの個人的な理解と記憶に基づけば、それはOGL(Open Game License)とOSR(Old School Revival)があったからです。このOGLとOSRはRPGの元祖D&Dの約40年の歴史と深く関わってきますが、話し出すと長くなりますので一旦割愛します…

 第2章「世界」は、… 面白かった!  かいつまんで説明・レビューしたい! けどもう眠い.... のでまたの機会に書き込みしますっ。頭に残っているキーワードでいうと、16世紀アポカリプス、Barren Plague(「不毛/無精」の疫病)、人口縮小と獣人の到来、日本人の欧州到来 … といったところでしょうか。
 また機を改めて書き込みしたいと思いまーす、お休みなさい。眠い…寝ます。
 いいね!1
チハ
2018/02/02 23:56[web全体で公開]
😶 読むぞ~
https://trpgsession.click/session-detail.php?s=151755547090thiha74
 予想通り「参加申請」はこなかったですが(時間もレギュもハードル高いし!)、コメントや「いいね!」をくださったかた、ありがとうございました。
 誰もいないですけど、予定どおり0時からDiscordを立ち上げて(アクセス先 https://discord.gg/FZGdtr の ”Thiha’s Table”)、2時半まで Blood, Guts and Glory を読んできま~す。夜中に暇をもてあまして尚且つBlood, Guts and Gloryに興味持ったかたは時間内だったらいつでもいらしてください。(予想:たぶん誰もこない (^皿^) ニヒヒ)
 いいね!3
チハ
2018/02/02 16:30[web全体で公開]
😶 Midnight / Blood, Guts and Glory
https://trpgsession.click/session-detail.php?s=151755547090thiha74
やや突発ですが、試行的に、今夜、Blood, Guts and Glory のオンライン深夜講読会やります。
要項をご覧になってもし気が向いた方は、よろしかったらお越しください。
 いいね!3
チハ
2018/01/24 12:17[web全体で公開]
😶 Ursula K. Le Guin
ル=グインさんが他界された... 
悲しくもあるけれども、
88歳で亡くなられたことを考えると、大往生だったのかな

小学五年生のある日、図書館でふと『ゲド戦記・影との戦い』のタイトルが目にとまった瞬間は今でも鮮明に脳裏に焼き付いています。それから、当時出版されていた三部作『影との戦い』、『こわれた腕輪』、『さいはての島へ』を少年だった自分は貪るように読み耽りました。その時の、本の中の世界に迷い込んだ感覚、あの世界、出来事、人物が本当に眼前に躍動して感じられる不思議な感覚は、今でも忘れられません。

あのすばらしい体験をもたらしてくれたル=グインさんに心より感謝いたします。
そしてご冥福をお祈りいたします。
 いいね!8
チハ
2017/12/22 18:19[web全体で公開]
😶 なかなか、ななか
なかなか時間が取れませぬ
久しぶりに
TRPGに触れたい
そうと思った10月
登録したら縁あって
ロールマスターのGM役

受けてたとうローマスター
負けぬぞサウロン
倒すぞ魔王
探すよパラティア

つらぬき丸を携えて
勇んで踏み出すオンセン街

と、
ざざざー どどーん
敢え無く業務の波に飲まれゆき
勇者は時の藻屑と消え去りぬ

嗚呼
なかなか自由の身とはなりませぬ...

どこかでご飯の音が聞こえるよ...
...なに? 竜と地下迷宮の日本語版とな?
じゅるるるる...

嗚呼 まだ諦めませぬ 諦めませぬ
いつかきっと...
 いいね!4
チハ
2017/10/31 09:38[web全体で公開]
😶 Zweihander!
http://drivethrurpg.com/product/210516/ZWEIHANDER-Grim--Perilous-RPG--Core-Book?src=hottest
ウォーハンマーのルールをCreative Commonsに対応させて再現したZweihander RPG
のPDF版が、今ならハロウィン期間中だけ 無料で入手できるとぞい!!
 いいね!6
チハ
2017/10/16 18:18[web全体で公開]
😶 どなたか
この日記をご覧になっている方、教えてください。こちら(オンセン)のセッションルームを使うの初めてなのですが、

◆マップの番号付きマス目表示は消せないんでしょうか?

情景イラストや、すでにマス目適用済みの地図画像を使用する際に、既存のマス目表示が上から被さってしまって見づらいと思うのですが、みなさんどうされているのでしょう?

Edit) 「グリッド」の濃さを調節すれば線は消えるとのこと、ご教示のほど、ありがとうございました!
Edit2) その後さらにご教示いただきました!「設定」内のパネルで色々とマップ設定操作できるんですね! ありがとうございました!
 いいね!2
チハ
2017/10/15 18:36[web全体で公開]
😶 寒いぞなもし...
今日の北関東は冷えるでごんす
((´д`)) ぶるぶる・・

冷気... これセッションに使えるな
 いいね!6
チハ
2017/10/14 12:24[web全体で公開]
😶 ロールマスター#004勇敢な人たち
来週10/21(土)夜にロールマスターのセッションをやってみます。
https://trpgsession.click/session-detail.php?s=150772256301thiha74
(ポール・ブリッツさん、セッションのご提案ありがとうございました。ブリッツさんがいらっしゃらなければ、この企画は存在していなかったと思ひます。)

ルールブック入手可能性は、かなり稀少な部類に入るかと思いますので、もし既成キャラクター(魔法は使わない)でもよろしければルルブ無しで初めての方でも参加可です(2名まで)。立卓者自身もそれほど慣れているわけではありませんが、ゆるい感じで楽しめればなと思っています。

- - -

ルルブ無し参加ご希望で、もしキャラクターの「職業」や「種族」の希望があれば、お知らせください。もし時間的な都合がつけば、最初の能力値のダイス振りから開始して、キャラクター作成にお付き合い致します。

選択可能な種族と職業(ルルブを持っている方は下記職業に限りません)
種族: コモンマン(一般人)、ハイマン(上位人)、森エルフ、ドワーフ、ハーフリング(ホビット)
種族: 戦士(Fighter)、盗賊(Thief)、流れ者(Rogue)
 いいね!3
チハ
2017/10/09 19:49[web全体で公開]
😶 ロールマスター#003元祖版と改訂版
 またまた脱線しますが、ロールマスター、日本語版はとうの昔に絶版になってしまいましたが、英語版はまだ現役で、PDFとオンデマンド書籍(ソフトカバー)が販売されています。
 1995年ごろに一度大きい改訂を経ていて、その前後で大まかに元祖版(RM2/RM Classic)と改訂版(RMSS/RMFRP)に分かれます。
 元祖版と改訂版でルールの根幹は共通しているのですが、詳細部分にかなり差異があります(特に技能方面、改訂版はやたら精密です)。改訂版が精密過ぎたこともあってユーザーのバージョン移行があまり進まず、英語圏では元祖版と改訂版でユーザーが二分されているようです。(日本に当てはめれば、例えば、ソードワールドが仮に無印版と2.0版のユーザーで二分されて拮抗している感じを想像していただければ。)
 HJ社から日本語版が出版されていたのは元祖版(第2版、Rolemaster 2nd = RM2)です。なお、元祖中の元祖、第1版は、まだ独立したシステムとしてではなくて、主にD&Dなど他システムへの追加ルール群として出版されていました。
 元祖版は現在、RM2の(主に)レイアウトをリニューアルしたRM Classicというシリーズが販売されています(PDFとソフトカバー)。コアルールブックは次の3冊で成り立っています。
Character Law(勇者大典)
http://www.rpgnow.com/product/88652/Rolemaster-Classic-Character-Law
Arms Law(武術大典)
http://www.rpgnow.com/product/88653/Rolemaster-Classic-Arms-Law
Spell Law(呪文大典)
http://www.rpgnow.com/product/88654/Rolemaster-Classic-Spell-Law

 一方の改訂版は、改訂初期のシリーズRMSSの(主に)レイアウトと分冊構成をリニューアルしたRMFRPというシリーズがPDF販売されていす(書籍版はアマゾンやeBayで中古書籍を探すしかないです…)。こちらのコアルールブックは1冊だけで成り立っています。
http://www.rpgnow.com/product/91995/Rolemaster-Fantasy-Role-Playing

 で、ちなみに今、公式ウェブサイトではRMU (“Rolemaster Unified”)というコードネームで、再改訂版のプレイテストがゆっくり(すごくゆっくり)と進んでいます。RMUのプレイテスト用β版コアルールは下記のURLで無償公開されています(ただし、ICE公式サイト掲示板にユーザー登録しないとページが開けません)。
◆Beta2 Arms Law & Character Law (武術大典+勇者大典)
http://www.ironcrown.com/ICEforums/index.php?topic=15947.0
◆Beta2 Creature Law (生物大典)
http://www.ironcrown.com/ICEforums/index.php?topic=15928.0
◆Beta2 Spell Law (呪文大典)
http://www.ironcrown.com/ICEforums/index.php?topic=15929.0
◆Beta2 Treasure Law (宝物大典)
http://www.ironcrown.com/ICEforums/index.php?topic=16066.0

興味が沸いたら覗いてみてください~♫꒰・◡・๑꒱
 いいね!3
チハ
2017/10/08 23:25[web全体で公開]
😶 ロールマスター#002
 さて本題に戻りまして、能力値。
 ロールマスターの能力値は10個(!)あります。以下、基本的にHJ日本語版(絶版ですが…)の訳語を踏襲します。
【体力】【器用】【自律】【記憶】【理性】
【筋力】【敏捷】【人格】【霊感】【共感】
 一応、上下でそれぞれ対応しているので、5組と捉えれば、少しは簡単に見えるかも(?)。上段の5つは「向上用能力値」(Development Stats)、下段の5つは「主要能力値」(Primary Stats)という名前でグループ分けされています。
 というのも、上段の5つの能力値に応じて、「向上ポイント」(Development Points)という値が決まってくるからです。
 ロールマスターは、「クラス制の皮をかぶったスキル制のシステム」などと言われたりしまして、一定の経験値を稼いでレベルを向上していく毎に、向上用能力値に応じた向上ポイントが与えられ、向上ポイントを消費して「技能」(Skills)を向上していきます。なちみに、ロールマスターではクラスのことを「職業」(Professions)といいます。
能力値を原文用語に対応させると次のようになります。
向上用能力値
【体力】Constitution (CO)
【器用】Agility (AG)
【自律】Self-Discipline (SD)
【記憶】Memory (ME)
【理性】Reasoning (RE)
主要能力値
【筋力】Strength (ST)
【敏捷】Quickness (QU)
【人格】Presence (PR)
【霊感】Intuition (IN)
【共感】Empathy (EM)
です。このほかに、オマケとして【外見】Appearance (AP)もありますが、任意です。
(●´δ-`)フーン 
 いいね!2
チハ
2017/10/07 21:29[web全体で公開]
😶 ロールマスター#001 サイコロが無いときは
 昨日のロールマスター日記を#000として、毎回のロールマスター日記投稿にシリアル番号を付けてみます。何番まで続くかな…。
 キャラクター作成を意識して、能力値を見ていきたいと思いますが、…その前に思い出したので多面体サイコロの話を先に。
 10面体サイコロが入手できないときはどうするか?
 オンラインセッションの場合、チャットにダイス機能が付いているので、まあ心配ご無用かもしれませんが。ここでは物理的なサイコロ(ダイス)のお話です。
 最近はアマゾンやヤフオクなどインターネットでの購入が便利になったので、一昔前と比べると、地方にいても普通のサイコロ(6面体)以外の多面体サイコロも比較的入手しやすくなりました。
 でも、未成年だったりすると通販には手が出ないかもしれませんし、地方には中々ホビーショップもありません。
 そこで、多面体サイコロの代替方法です。
 まず、携帯電話の無料アプリです。多面体ダイスのアプリが幾つか出ています。私の場合iPhoneユーザーですが、Dicenomiconというアプリを愛用しています(d100無限ロールも振れます! 「d±%」という名称で入っています)。
 完全に非電源系で多面体ダイスを代替する場合には、トランプが便利です。トランプは田舎でも雑貨屋さんやコンビニ、スーパーなどで簡単に入手できますよね。
 で、ここではロールマスターの話なので、d100を例とします。
 まず、ジョーカーと絵札(J, Q, K)を外します。で、赤(ハートとダイヤ)と黒(スペードとクローバー)に分けて、片方の色を十の位、もう片方の色を一の位として予め決めておきます。で、赤と黒のそれぞれの山からそれぞれ一枚引くわけです。これで10面体ダイス2個を使ったd100を再現できます。
 ちなみにトランプで、D&Dで多用される20面体ダイスも再現できます。この場合は、赤と黒を分けずに合わせて使います。片方の色(例えば黒=スペードとクローバー)はそのまま1~10として使い、もう片方の色(例えば赤=ハートとダイヤ)は札の数字に10を足してあげます。上記カッコの色指定に従えば、黒10は出目10、赤10は出目20になります。
 12面体ダイス(これもD&Dでよく使いますよね)をトランプで代替するときは数字札以外に、Jを11として、Qを12として使います。

 一々紹介するまでも無かったかもしれませんが、自分が子供の頃、多面体ダイスなんてそう簡単に入手できるものではなかったので、... たぶん地方の田舎の中高生とかだとやっばり今でも入手難しいんじゃないでしょうか。

 トランプでやるときは、ちゃんと札をシャッフルするべね!
 いいね!6
チハ
2017/10/06 21:19[web全体で公開]
😶 ロールマスター
 趣味(とポテンシャルとして立卓前のウォームアップ?)を兼ねて、ちょこちょことロールマスターの話を日記に書いてみたいと思います。

◆1d100上方判定

 基本的には、パーセントダイス d100(d%とも)で判定します。

 d100は、『クトゥルフ神話TRPG』(以下、「クトゥルフ」と略称します)をプレイしている方ならご存知のアレです。10面体サイコロ(出目0~9)を2個使い、片方を十の位、片方を一の位に予め指定して、両方出目が0の場合は100として、1~100の目を出すサイコロ振りです。

 クトゥルフと違うのは、目標値以下を目指す下方判定ではなくて、目標値以上を目指す上方判定だという点です。その意味で、正確にはパーセント判定ではないと思います(1~100の範囲に収まらないので)。

 ここでロールマスターの目玉なのは、「無限ロール」だという点です。ロール(roll)はサイコロ振りで判定を行うことですが、ロールマスターでは上限・下限が無い(!)d100を使用することで有名です(だった)。

 どうやるのかというと、出目が6~95の場合はそのままなのですが、出目が1~5、96~100の範囲に来たときは、もう一度振ります。
 出目1~5の場合は、もう一度振って出た目を引きます。その出目が再び1~5の場合は、それ以外の出目が出るまで延々と振り続け、毎回の出目を差し引いていきます。
 出目96~100の場合は、もう一度振って出た目を足します。その出目が再び96~100の場合は、それ以外の出目が出るまで延々と振り続け、毎回の出目を足していきます。

 暗算訓練に最適ですね...

 自分も結果値が負数186とか、正数455とか出たことがあります...

 ですので、勇敢なお姫様が、恐ろしい翼竜に騎乗する魔王に対峙してこれを討ち取ったり、
 チビ助が自分よりも遥かに巨大な蜘蛛の化け物に喰われそうになる寸前、短剣の一刺しでこれを撃退したり、

 なんていう奇跡が発生しえます。

 ロマンに溢れます...ええ。


えー、今回はここまで。つづきは明日以降のお楽しみ(?)に。

(Edit: 投稿後、少し誤字脱字を訂正しました。)
 いいね!10
チハ
2017/10/03 00:38[web全体で公開]
😶 ブランクの後で
2011年に中国に渡ってからはや6年、やっとなのか、もうなのか、日本に戻ってきました。

中国にわたる以前、色々とぶつかりあいながらも何回かオンとオフでセッションを経験した喜怒哀楽の日々を思いだす今日この頃です。しばらく無沙汰していますが、思うに、TRPGは一種のソーシャルゲームだから実際にプレイするにはやはり最終的に社会性/社交性の面でのバランス感覚が大事ですね... その点反省する点も多々あったなあ、...などと思いを馳せつつ過ごす今宵の秋の夜長...

最近は、英語圏のTRPGの原書を趣味で読む程度ですが、やっばり、TRPGは面白いですね... 

個人的なTRPGの原点はファイティング・ファンタジー。
『火吹き山の魔法使い』と『ソーサリー!』四部作で、いまだに大好きです。◍˘‿˘◍
 いいね!6