座敷猫さんの詳細

TRPGオンセンのユーザー「座敷猫」さんのプロフィール紹介ページです。

座敷猫さんにコメントする

※投稿するにはログインが必要です。

プロフィール

自己PR

はじめまして。座敷猫と申すウサギです。
え?猫じゃないのかって?いえ一応人間です(´∀`)キリッ(多分)

SW2.0大好きウサギで、リプレイやルルブ、サプリメントはほぼ全てコツコツ集め抜きました。真っ白になっちまったヨ…フフフ
(マージナルライダーはなんとなく守備範囲外)
現在、ちょっとGMに疲れてイロイロ休業中。TRPGって難しい・・・?ね(´・ω・`)そうでもないのかな。
結構正統派なSW2.0のプレイがお好みです。
プレイヤーのお誘い、フレンドへのお誘い、超お待ち申しております。(海よりも深く土下座)
現在はTRPGに対する気持ちは下降気味な虚弱猫でございますが(あれ?ウサギじゃないっけ?)、もしGMとして旗を掲げる事がありましたなら、生暖かく「ぷくく、しゃーねぇなぁ」的に参加などをいただけますと、恐る恐るビクンビクンなりながら喜ぶかと存じます。その機会には是非遊んでやってくださいませ。(土下座)
どうぞよろしくお願いいたします(´・ω・`)

追記:リアル座敷猫は、北海道札幌市、北区在住です!
もしも近隣の方が居ましたら、ぜひぜひフレンドになってくださいね!場合によってはオフ会もOKでっす!ヽ(´ー`)ノ

GM・PL傾向

GM




PL

スケジュール

060606060607070707070707070707070707070707070707070707070707070707070707080808080808080808080808080808080808080808080808
262728293001020304050607080910111213141516171819202122232425262728293031010203040506070809101112131415161718192021222324
(曜)(日)(月)(火)(水)(木)(金)(土)(日)(月)(火)(水)(木)(金)(土)(日)(月)(火)(水)(木)(金)(土)(日)(月)(火)(水)(木)(金)(土)(日)(月)(火)(水)(木)(金)(土)(日)(月)(火)(水)(木)(金)(土)(日)(月)(火)(水)(木)(金)(土)(日)(月)(火)(水)(木)(金)(土)(日)(月)(火)(水)
                                                            
                                                            
                                                            

スケジュール・メモ

最近、またTRPGを遊びたくなってきました。主にSW2.0ですが・・・。昔富士見から長く一緒に遊んでいた仲間たちは、皆元気にしているのだろうか・・・懐かしい(・ω・)
またあのキャンペーンを共にした仲間達のようなユーザー達と遊べると良いなぁ。(過去プレイログ見返しつつ)

※硬く忌憚ない自身の感じた事を日記に書くユーザーです。プレイヤー、GMとしは皆で楽しめるマスタリング、プレイングが大好きですが、万一日記を目にして「気に障る」(意見があるのではなく)ような方であれば間違いなく気が合いませんので、コメ残しなどの接触を避け、ページを覗くのを辞め、フレンドさんであれば解除する事をお薦めします。その手のコメは問答せずに削除します。

○・・・空いています ●・・・セッションが決まってます △・・・たぶん空いています ×・・・空いてません

所持するルールブック (31)

座敷猫さんが所持するルールブック一覧を見る

タイムライン

座敷猫
座敷猫日記
2022/03/04 00:31[web全体で公開]
😭 はぁ。
自由に生きたい。
自由になるからだをえて。
家とかなにもかもにしばられず。
好きなだけ必要なだけ財をもって。
力をもって。
今から解放されたい。

(私的事情のコメントにつき)
いいね! 10
Ququ
Ququ座敷猫
2020/04/21 07:38[web全体で公開]
> 日記:「過去ログ」
是非また遊びましょう!
SW2.5だったり、どどんとふ以外のツールだったり、多少変わったこともありますが、古き良きRPGも生き続けていますよ。
私は、SW2.5には乗り遅れてますが、パスファインダーやりゅうたまを多く遊んでいます。
今はグランクレストもやってみたいですね。
ぜひセッションに参加してみてくださいね。
座敷猫
座敷猫日記
2020/04/21 02:07[web全体で公開]
😶 「過去ログ」
富士見サイト時代からオンセに入り、きつい体に鞭打ってプレイしていた。
その後も「どどんとふ」でGMやったりプレイヤーやったり。
体と状況、他様々な事となんとか折り合いを付けつつ、早朝までとかキッツかたけれど、でも楽しかったんだなぁ。

ここ数年、少しづつ、色々な状況に変化・好転があり、家人から使わなくなったと譲られたマックのノートブックで、ふと思い立ち、以前のパソコンに残してあった「過去のTRPGオンセのプレイログ集」データを写し、初の無線LUNを利用して、ソファやらベッドに横になったりやらで、本のように読み返して見ている。

面白い。楽しい。市販のリプレイ読むのより面白い。
それはそうか。自分も参加しているものだし。(自分がGMをしていたログは、むしろ今見返すとハッキリ落ち度が理解出来て、恥ずかしー!!ってなったが・・・w)
あー自分すごいTRPG好きだったんだなぁ(オンセは特に感情移入が楽だったし)と、久しぶりの気持ちにひたる。
そして一抹の寂しさ。
ログの中で活き活きプレイしている、あの時の仲間達は今、どうしているだろう。
無論共にセッションした全員にではないが。
キャンペーンを共有したプレイヤー達とまた、遊びたい。
そんな、あれからもう5年は経って不可能に近い気持ちが、今胸のうちにある。
色々ずれてるなぁ自分。

でも、あの頃のログを、ちゃんと取っておいて、本当に良かった。
今の自分には宝物です。
いいね! 30
橙。/(無期限活動停止中)
橙。/(無期限活動停止中)座敷猫
2018/08/06 01:00[web全体で公開]
> 日記:SW2.5なるもの。
正直新規さんホイホイの為の本。
古参からしてみれば所詮そんなもんや
ただ結論づけるのはルルブ3まで待とうや
座敷猫
座敷猫日記
2018/08/05 20:01[web全体で公開]
😟 SW2.5なるもの。
情報のチェックなども放置していた自分は、発売とほぼ同時期にこれの存在を知った。

「SW2.5」

・・・・ふむう。
2.0初版発売より相当年経っているのは知ってはいたから、バージョンアップ?版が出てもおかしくはない。
おかしくはないのだが・・・。
それならばなぜ、かつて「EX」などというものを出したのか理解に苦しむ。

ざっと内容を観た。(欲しいと思わなかったので購入はしていない)
ぶっちゃけ、これが「EX」っていう内容でしょう?と思ったのは果たしてファンの中で自分だけだろうか。
ルール自体は大きな変更はなく、いくつかの部分をマイナーチェンジ。ざっと見、どうやら別段「改善」でもない要素も多々ある様子。んー・・・?
「SW2.0」自体からも移行できるように考えられて作られている・・・んだよね?
あとは主な舞台を「別大陸」に替えただけ・・・。無論生息モンスターや一部文化圏・残されている「遺跡」的要素なども変化するのは当然・・・。だがこの部分だけを観れば、むしろサプリメントにすれば良いだけ。
これをどう捉えれば良いのか。
アイコンの変化なども行われている様なので、今まで出ていた高額の「SW2.0」の乱立サプリがそのまま使えないのでは?という疑問は読み込んでない(読み込む気もないが)ので的外れであるのか図りかねるが、もし使えないなら世界観を同じ「ラクシア」にしている意味すら不明な気がするのだが。
それとも既存サプリに何らかの「新解釈の付与」などを明確に提示して、利用可能とするのか。
まぁ「過去編サプリ」は問題なく使えるはずなのだろうが。

何故今、「2.5」なのか。
「2.0」の整理・拡張・充実ではなく、「2.5」であることに意味はあるのか・・・。
書式が整理され(そりゃ当たり前だよね。一応蓄積があるはずなので改善しない訳がない)、読みやすく美麗な本になってはいる。
いるのだが・・・。
「だからなんなのだろうか・・・」的な感想しかもてなかった。

公式的には「ひたすらテラスティアの一部地域のピックアップ」やら、「唐突に過去編」やら、「ひたすら上級ルール」やら、「特に盛り上がりもなかったグランドキャンペーン(フォールンというのね)」とかで狭くとっ散らかったまま、「2.0」は幕を閉じる、という事なのだろうか・・・。

かつてファンであったがゆえに、自分的には、受け止め方の分かりかねる一冊がまたひとつ。
TRPGから離れた今の自分にはまぁ、「関係ない事だろ」と言われればそれまでではあるのだが。

こんなもの、もっと早く出せば良かったものを。


いいね! 3
座敷猫
座敷猫日記
2018/04/12 05:39[web全体で公開]
🤢 久しぶりに書店で呆れつつ思う。
極めて久しぶりに、書店でTRPG、とりわけ以前思い入れをもってプレイしていた「SW2.0」の陳列棚を覗いた。
「グリモワールなんちゃら」「イスカイア博物誌」「冒険なんちゃら?」とタイトルもよく覚えていないが、とりあえず「過去モノ」となにやら「何周年記念モノ?」とが新しくサプリメントとして出ていたね。どれも税込み4000円弱かな。

プレイしていた時にはボンヤリと違和感で、そして経験後にすっかりプレイを離れた今ならハッキリ思う。

「本の出し方(作り方)、どへたくそじゃないのコレ」と・・・。

値段設定やら分量やらには何らかの事情があるのだろうか。出版業界的な。そこはよくわからないのであえて度外視して考える。
なおイラストレーションはいつも秀逸である。ビジュアルデザインも。

だが。

いつもSW2.0のサプリメントは「データ」と「設定的なモノ」が混在して、加えてSNEの「思いつき」としか思えない「(一応)追加要素」的な何かが入っている(というのが概ねの作りである)。
ルール的追加に至っては、重要変更部分などが「コラム」にのみ載っているなどという始末。
これはっきり言って「使いづらい」。「見づらい」。「読み込みづらい」。「取り回しづらい」。「手を出しづらい(高い)」。

追加要素をざっくり「データ」と「設定集」に分けてしまって、それぞれのみを纏めて価格帯を1500円程度、ページ数を約半分(薄い方が使いやすいのだ。TRPGのデータ集は)、大きさは従来どおりB5判。
この形式で出版していれば、もっと誰でも興味をもちやすく、手に取りやすい。上記の「づらい」がすべて解消されたはず。
「思いつきの遊びの追加要素」も、同じように別途出版すればよろしい。興味のある人は手をだすだろう。

簡潔に言うと、「くどい」のである。一冊一冊が。
この価格であの分量の本を出すなら1冊でいい。そう、「基本ルールブック完全版」。
あえてぐちゃぐちゃバラバラに出してるのは、商売的な方法なのか。だとしても正直下手くそに感じる。
売れなきゃ意味ないじゃん。
4000円弱は高いから。

さらに穿てば、昨今の新しいソレは揃って「過去編」。
いわば俗にオンラインゲームなんかで言われる「死んだ人気(?)キャラを復活さてシナリオにだすゲームは終わり」的な空気すら感じる。
世界観における過去の設定なんか、それこそ「追加データ」「追加設定集」的に分解して出版し、「GMのシナリオの素材」や一部データ大好きプレイヤーの妄想素材になればそれで充分。
専用ルールなぞ作るだけ弊害(商業的になら無駄な作業量)である。TRPGの本質、想像して創造する自由どこいった。

これは私見だが、むしろテラスティア大陸とゆうメイン舞台の詳密化を図り、そこを軸に周辺世界・過去時代などは断片的なソースのみを補完として提示し、過去時代のデータ的には「遺失魔法」・「遺失アイテム」・「選択的新種族」・「魔物のひな形」などを追加する、というスタイルのみを貫けば、おそらくGM達の想像力を最大限活性化させただろう。

ゲームデザイン側が、そういった部分(GMやプレイヤーが想像や環境的合意で設定できる要素)にまで公式データ的に手を入れようとする必要性はむしろ害悪である。TRPGでは。
作り手が楽しいのと、遊び手(この場合、ユーザーという言葉は少々語弊があるのでGMとプレイヤーを指す)が楽しいのは、イコールになる訳ではない。
商業用であるなら尚更イコールに近づける意識をもつ必要があるハズなのだが。ゲームな訳だし。(小説じゃないんで)
無論使わないと選ぶのは買い手側の自由であるのだが、つまるとこそれは「商業的に無駄な作業量を増やしている」事に他ならない(使われない可能性が高いかもしれぬ内容に時間と人材と資金を割く)。利益的な面で見てもなんの利点があるのか説明を聞きたいくらいである。

ひと・ふた昔前のSNEの出版物は、こうではなかった気がするが・・・。

作り手がインテリ&ゲームに詳しくなりすぎ&現代の「ゲーム」事情(主にコンピューターゲーム、オンラインゲームやソーシャルゲームなど)などが、逆に単純な事を見えなくさせているのか。

シンプルイズベスト。TRPGの書籍においてはことさらである。


だってじかに使って処理して遊ぶの、人間なんだよ?(`・ω・´)コンピューターじゃなくって。


いいね! 11
Ququ
Ququ座敷猫
2017/09/03 06:46[web全体で公開]
> 日記:SW2.0「ドラゴンスレイヤーズ3」(●´ω`●)ホクホク
お久しぶりです!
これ読むと、まずは口からオーガモール吐きたくなるーし、兄さんに話しかけたくなる。
ザルツ博物誌買ってしまいました。
皇帝陛下大好き(笑) 私のキャンペーンにも登場して欲しいな~w

座敷猫さんもまたセッションご一緒しましょう!
座敷猫
座敷猫日記
2017/09/03 06:35[web全体で公開]
😶 SW2.0「ドラゴンスレイヤーズ3」(●´ω`●)ホクホク
最近はリプレイにも食指が動かない。けれども、これはやはり違った。

単純な無双ゲーじゃねえか、とか思う人は浅薄の極み。読む人では居ないとは思うけど。
超高レベルキャラクターを使うTRPGは、「シナリオはプレイヤーキャラクターが進む(踏みつぶしていく)先にできるもの」。
明確に必然をともなう目的さえあれば、あとはぶっちゃけどうでもいい。どうとでもなるがいい、というGMのスタンスが光る。
それでこそ、大陸最高峰(今回、下手すると一時的にラクシア最高峰)の英雄キャラクターが、存分に魅力を発揮できると言うもの。GMが用意する目的は、やりすぎぃ!な位がちょうどいい。バランス?キャラの生死?なにそれ美味しいのでいけばよい。
今回も前2作を上回るハチャメチャさで、満足の極み。北沢さんのマスタリングリプレイは、メインゲームデザイナーでありながら、GM言動やリプレイの書き起こしの端々に傲慢さがなく心配りのある文章で、毎作とても気持ちがよい。
某〇〇みゆき氏のリプレイは、言動、書き起こしの端々に傲慢さが見て取れてうざい。PC陣の言動も同様。サーぺンターズの続編は出なくてよい。うざい。まぁ個人の好みだが。閑話休題。

セイヴェルとカーンという個性的なキャラが交代したのは残念だったが、吾輩の心の英雄ユリウス陛下が大活躍され、仲が良いのか悪いのか、「ラクシアのどら〇もん」ミスティン様も続投。Gmとしてはタブン一番下ろしたい人材だっただろけども(笑)今回はアルケミストまで超越し、GMの絶望に拍車をかける。

新たに蛮族系の超越者と、「求道者」という蛮族スペシャルのキャラが加わり、こちらも大変面白い。
ケンタウロスの超越者とか、貴方はもはやケンタウロスじゃないよね?って言いたくなる脅威の9連撃を可能とするニンジャ!?将軍。アイエエ、ニンジャ、ナンデ!?その手が振るう斧はまさしく、慈悲はない。超越者にしてはやわこい防御は、GMにとってほっこり良心だったろう。1R裏でダメージがいく喜び。ジッサイ奥ゆかしい。
そして初めてお目にかかる「求道者」。ルールを見ても「なんだろうこれ?」と首をひねっていたその真価が、はっきりしめされている。これを読んだプレイヤー諸氏から、きっと「求道」を追及する者たちが増えてゆくことだろう。
超越判定や二つの命こそ持たないものの、恐るべきはその基礎能力値の増強。全能力値が50~90以上という、もはやなんのゲームのキャラだこれ状態からくりだされる高位魔法の数々、補助動作で代償すら無く繰り出される壁も城も「位置」も意味を成さない「魔眼」の奇抜さ。訳のわからない脅威がGMを蹂躙する(笑)
さらにラスボスがもつ驚愕の史上初の「究極」能力。神すら勝てんだろコレ(笑)
そんな中SW2.0リプレイ史上、究極の「不屈さ」を体現し「不倒の皇帝」として仲間を守り切り、最強の戦士っぷりを大きく増したユリウス陛下にさらに心酔。一生ついていきます。
個人的には、最後の凄まじい「魔剣」は、ユリウス陛下にこそふさわしい。彼の愛剣として譲渡されるべきだっただろう。と、この一点のみ不満が残る。陛下はその強さに反して、良い剣に恵まれなかった事が唯一の弱点だった故。
当社比。

とにもかくにも、リプレイの「痛快さ」の神髄を現した一冊だろうと確信する。
気軽に手に取ろう。
いいね! 6
Ququ
Ququ座敷猫
2017/06/30 22:35[web全体で公開]
> 日記:野兎の徒然綴り:TRPGのキャラクター
こんにちは! キャラクターだけど、リプレイ書いたらどうかな。プレイヤー視点でも、オンラインならログがあるから書きやすいかも。
そうすると、お話を何度でも読み返せるので、キャラクターは不滅です。
ハードディスクがとんだりしなければ…

今も、自分の駄文リプレイだって、楽しく読み返しています。それっきり見かねないプレイヤーも、その時ばかりは元気よく復活です。

どうにもオチがないなら、後日談を書いてみてはどうでしょうか。
きっとそれも楽しそう。
座敷猫
座敷猫日記
2017/06/30 03:41[web全体で公開]
😶 野兎の徒然綴り:TRPGのキャラクター
我輩はゲーム、とりわけ「RPG」で用いるキャラクターに、とても思い入れをしてしまう人である。
大抵は自分が使うキャラクターに対してだが、まぁ概ね誰でもそうだとは思う。NPC、ストーリーモードなどの物語NPCなんかにも結構惚れこむ事はあるけれども。
コンピューターRPGでは、コンシュマー系ならばデータとゲームマシンさえあれば半恒久的に、最近盛んなオンライン系ならば、自分で削除でもしない限りはサービス終了まで(垢バンなどがなければだが)思い入れ愛でて使う事が出来る。
育てたり修正したり、服を変えたり髪形を変えたり声を変えたり職業を変えたりと、最近のゲームは実に、様々にキャラクターを弄れて、長く愛着を持って使えることがとても気に入っている。
作る、と言う事はどこか、愛する、事にも似ている感じがする。キャラクターは作る訳だ。(無論、そこに有るがままを受け入れる事の方が、本質的な愛なのだが)

だから我輩は、TRPGのキャラクターを作ることが大好きで、だから大嫌いになった。
TRPGのキャラクターは、そも「使い捨て」である。
思い入れは持っていて良いし、愛着も持っていていいし、いつまで愛でていても構わない。
しかし、キャラクターが生きる場。つまり「使う場所」が、決定的に無いのである。
いや無論、ある。
誰かがシナリオを作れば、そこに即して「使う場所」が出来る。
キャンペーンともなれば、そこそこ長く「使う場所」を得ることも可能かもしれない。
だがしかし、それは極めて短い。
そしてよっぽど「他者依存」の人的環境に恵まれぬ限り、キャラクターの物語を最後まで綴る事は難しい。
もしも長いキャンペーンであれば高確率で、途中で「使う場所」を失う。
TRPGは「GM」と「プレイヤー」が必須だからである。シナリオは無くてもいい。即興でも出来る。
しかしこの2点の必要性が、キャラクターを結果使い捨てのものにしてしまう。

我輩はTRPGのキャラクターに強い愛着と思い入れをもってしまう。
それゆえに、この宿命的事実が致命的に悲しい。

小説や漫画などで、短編が大嫌いだ。(でも面白そうなのは読んでしまうんだけど)
短い時間の物語の中で、我輩はやはり登場人物に深く思い入れしてしまう。
しかし短編はいつも、「余韻」を残して、登場人物達の行く末は「脳内補完」となってしまう。
我輩はそれが切なくて、やっぱり悲しい。(切なくない短編もあるから、それは別腹となるが)

TRPGのキャラクターも結局はそれと似ていると思う。
シナリオという短編の後、「その後は脳内補完で」がほぼ大多数の、キャラクターの物語の行く末だろう。

たかがゲームのキャラクター。ゲームをするための「道具」「消耗品」と割り切る人も結構居るのかもしれないが、我輩はなかなかどうして、それが出来ない性分なようである。

今でも、最後まで走りきれなかったキャラクターを眺めて嘆息する事がある。
もっと、こう動かしたかった、こうやってみたかった。こうすれば仲間にこんな感じに貢献できたかも。こうやればこんな感じに仲間と楽しめたかも。
思い出になっているモノは確かにあるのかもしれないが、我輩は基本、切ない気持ちになるのが好きではないようだ。
切ない事は苦しい。
苦しい事は楽しくない。
実は向いていないのだなぁという事が、最近やっと判ったようだ。

それはともかく。
使い捨ての宿命にあるTRPGのキャラクターは、悲しい存在だと感じてしまう今日この頃なのである。
いいね! 5
座敷猫
座敷猫日記
2017/06/01 03:44[web全体で公開]
😶 ラクシアゴッドブックとか
読み物としては面白そうだったなぁ…。買ってないけど。ちょっといまさら感はあった。
実は強力な戦士だったライフォスさん(人間時)とか、彼とアステリア・ティダン・グレンダールが最初の仲間、今で言うパーティだったとか。ライフォスに姉神様がいたとか。やっぱ読み物だよね。
グレンダールさんは第2剣の神格ではなかったか…過去に言及あったような。まぁ、いいんだけど。
大好きなアベルカイン様が完璧なヴァンパイアスレイヤーになるので。銀炎十字に「剣の罰」効果つくし。
「竜伯爵は没落しました」シリーズは、なかなかの異色作だなぁと思う。
どこがっていうと、「主人公がとくに意味もない場所で死ぬ」ところw
過去例がない、GMがきっと頭真っ白けになる展開だったかと思う。ありえない程、不運ww
ドレイクナイトだから蘇生不可からの、即席半アンデッド化とかw GMも考えてもみなかったような救済措置だったのだろうと、想像に難くないネw 
ヴァルテック領、不幸すぎてかける言葉もない…w
あとは…とくにないか。
ゲームプレイはGMもプレイヤーもする気がなくなってしまった( *´-`)
今となっては何が楽しかったのか思いだせない…。
リプレイ読んでるほうがマシかも。
ドラゴンスレイヤーズ3はちょっと楽しみです。超越者はイイ…w
あ、でも、サーペンターズを超越者にするのだけは、マジ勘弁してくださいねSNEさんw
彼らいう事もやる事も調子に乗りすぎなんで( ̄ー ̄)。彼らは人族の限界英雄止まりで充分ダ…
いいね! 3
鷹羽りゅうら
鷹羽りゅうら座敷猫
2017/02/10 11:03[web全体で公開]
お久しぶりです!
私も初めての体験でしたが、kpさんやPLさんのおかげで楽しい時間を過ごせました。
クトゥルフでは猫は9つの命を持っていたり、ドリームワールドへ行けたりします猫たちの神、バステト神のご加護を受けたりとか出来るみたいです。
クトゥルフフラグメントというサプリメントですが、
キャトゥルフ以外にも古代ギリシャや幕末などの時代のサプリも一冊にはいっているので、毛色の変わったクトゥルフを遊ぶには良いサプリだと思います!
座敷猫
座敷猫鷹羽りゅうら
2017/02/09 23:45[web全体で公開]
> 日記:猫探索者たちが倫敦を救う

なんとも一風変わった、素敵そうなクトゥルフですねw 面白かったみたいで良かったですね! 猫といえばたしか、クトゥルフワールドで強い立ち位置にいる生き物だったような。猫の神とか猫世界(星?)とかあったよね。
興味深いですニャw
座敷猫
座敷猫鴉山 響一
2016/12/10 22:51[web全体で公開]
おお・・・詳細な参考になるコメント、ありがとうござりまする(*´Д`*)

参考にいたします^^
鴉山 響一
鴉山 響一座敷猫
2016/12/10 16:38[web全体で公開]
> 日記:さてさて・・・

こんにちは。曜日や時間帯は人それぞれの生活習慣が異なるので一概には何とも言えませんが、私の場合ですと、仕事を終えて家事を必死でこなし、ようやくPC前にたどり着けるのが平日だと22:30くらいなので、オンセをしていただいてる方々にはいつもその時間くらいからでお願いしています。

とはいえ、平日は翌日も仕事があるわけで夜更かしもできず、24:30終了予定、25:00には完全終了としないと翌日に支障が出てしまいます。また、土日は突発的な予定が入ることが多く、事前の確約がしにくいです。もちろん、これは人それぞれですが、土日なら可能とか、深夜でも27時くらいまで可能とか、色々なパターンの人がいるでしょうね。

キャンペーン物をするのなら、最低月イチペース、できれば月二回程度は継続してしたいものです。が、じゃあ集まれる人なら誰とでも良いかというとそうでもなく、やはり感性が近い人と遊びたいものなので、これはなかなか簡単に答えが出るものではないですね。

セッション終了後のデブリーフィングは実はとても重要だと思っています。むしろこちらのボリュームを多く取っても良いくらいです
座敷猫
座敷猫日記
2016/12/10 03:41[web全体で公開]
😶 どうが(゜Д゜)
最近はTRPG動画増えてますね~。

ナニゴトかと思うほど。ブーム来てるんだろうかw

自分も大好きなので、よく見てましたし、見てるのですが、種類が・・・すごい多くなっていて・・・面白そうなの全部網羅できん!!w 増殖速度が凄いw

特にクトゥルフは動画でしか楽しめないので(ルルブナッシング)、本気で面白いのはチェックしてるのですが、本気で面白いの多すぎw やはり網羅しきれないね・・・(´д`)

SW2.0は結構こだわりがあるので、観ている動画は絞られるのですが・・・結構、途中で止まっている(未完で終わりかなぁと思える)のもあったりして残念です。動画製作はきっと大変なんでしょうね。作者様方には脱帽です。

そんな中、自分が一番リスペクトしているのが、通称「バルナッド・キャンペーン」です。
これは全199回にもおよぶ動画で、最後まできっちり完走してくださり、嬉しかったですねー。
今2周目を見てます。少しづつTRPGプレイ意欲がもどりはじめる・・・。栄養剤でござる・・・w

いわゆる「卓M@s」(っていうんだっけ?)の一つですが、シナリオの構成が素晴らしい逸品だと思います。
(他のSW2.0動画に比べると若干地味にみえるのか、再生数は少なめですが。中盤から支援立ち絵が入り、感情移入度が増します^^)
シナリオ自体は毎回、結構シビアな感じ。でも、バックボーンの作りこみがしっかりしていて、どんどん引き込まれます。
シビアなシナリオに、全力で立ち向かうPLの姿も見ててワクワクします。(おそらく仮想プレイなのだ、と思いますが・・・リアルプレイであそこまで出来れば凄いw挑戦したいなぁw)

個人的にはGMをやろうと思う人のシナリオ参考、マスタリング参考にもなりそうです。方向性はリアル志向&バランスギリギリです。その手の方向が好きな人向け。

PLとしても・・・あのくらいシナリオに気持ちを傾けてプレイできると、面白そう、かな?・・・さすがにそれは望みすぎだね(笑)我輩はあの手のシナリオを滅茶苦茶遊んでみたいですがPLで・・・w

我輩としては、大変お勧めです。興味のある方は是非見てみてくださいまし(´∇`)
いいね! 8
座敷猫
座敷猫日記
2016/12/10 03:22[web全体で公開]
😶 さてさて・・・
あれこれとトラブりつつ、敵も作りつつ(笑)、尚自分が「こうありたい形(TRPGデネ)」が少しづつ見えてきた感じ。

自分らしい形を曲げてまで遊ぶ意味は絶無なので、この「あり方」を模索していこうと考え始めておりますが・・・。

まだ実際の形にはできていない処。

体の様子なども鑑みて、来年からかな・・・?

自分の「セッションのあり方、SW2.0の遊び方」に有る程度共感を持ってくれ、GMをした場合シナリオのストーリーにもちゃんと興味を持ってくれそうな人たちと遊ぶ事が、もっとも楽しく、自然。そうゆう「楽しい事」を追求してこうと思う。

ところで、プレイヤーさん方というのは、概ね「週のいつごろ、何時ごろ~何時まで」がもっともオンセを集中して楽しめる時間なのだろう。

自分がGMをする時は、基本3時間、0~1時には終了。
大抵、そこそこ作りこんだシナリオでセッションをするのが好きなので、基本的に時間を過ぎれば次週へ持ち越し、という流れが多いです。

以前は平日に行っていたので、集まるのも大変だったり、終わった後も余韻(感想とか雑談とか)なしに即落ちで結構GM的に寂しいセッションが多かった・・・。

セッション開催日時っていうのは、何曜日の何時頃くらいが丁度良いものなのか。参考が欲しい処・・・。

普通に考えれば土日にかけて、なんだろーか。
いいね! 5
座敷猫
座敷猫うちょう
2016/12/10 03:08[web全体で公開]
> 日記:寝落ち
通りすがりに・・・こんばんは。

寝落ちされるのは悲しいですね・・・(゜▽゜;)

だ、大丈夫、きっと忙しくて眠かったんですよ!そう!きっと!(;´ρ`)w
座敷猫
座敷猫TALE@ゆとらいず工房
2016/11/30 13:41[web全体で公開]
同じく、遅レス失礼ですw)

どのキャラでの参加だったか気になるところですが・・・wプレイヤー参加されてらしたのは、サイトで読みました。
どの人もとても味のあるプレイしてらっしゃいますねw

ふむふむ・・・トレースというと、やっぱりマップスキャンとかして、それからペイントソフトで、といった感じですかね。やはりリプレイ用に描き起こされたんですねー。
プレイ当時あればGMはきっと歓喜してましたねw
でもネタバレ要素になるのかな・・・。

やっぱり慣れしかないですよねー。デスヨネー(´・ω・`)
ペイントソフトとかはどんなツールをお使いなのか・・・とか気になったり。(でも自分ツールをほぼ使いこなせないレトロ人間だったり(;´ρ`))
なんであれ慣れるまでやってみるしかないのか・・・。デジタルお絵かきはなんか、手軽なんですけど、ツールが使いこなせないとまるで描けない感、というのがなんとなくあります・・・。
ツールってどうやって使い方覚えるんだ・・・パソコンソフトって取説がほとんどないから判りづらい・・・(私古すぎ?w)



TALE@ゆとらいず工房
TALE@ゆとらいず工房座敷猫
2016/11/26 10:29[web全体で公開]
 遅レスですが。

 マップは公式のを大雑把にトレースしたあと、劇中の描写に合わせて一部地形の配置などを変えつつ描いたものですね。
 リプレイ用に新規に描き起こしたものなので、当時使っていたわけではないです。
(もしかしたら勘違いされてそうなので念のため補足しておくと、あのリプレイに関しては私はプレイヤー参加です)

 キャラ絵に関しては……慣れ、としか言いようがないですね!
 調子が悪いときは良い線が引けるまで延々とctrl+Zしたりしていますが――……。
(お陰で描き上がりが遅いときはほんとうに遅い)
座敷猫
座敷猫TALE@ゆとらいず工房
2016/11/19 20:03[web全体で公開]
リプレイ画面の完成度は凄まじいと思います!
フォントはたぶん我輩の目がちょっと疲れているのではないかとwお気になさらずw

マップ画なのですが、あれは何かをトレースなどなさっているのですか? 大変綺麗なラインで見やすく、プレイでも(当時は使っていたわけではなかったのかも?)とても使いやすいだろうと感じました。

あとキャラ絵のラインのすっきりさは、やっぱり訓練のたまものなのでしょうか。自分、どうにも荒い線からのラフ画みたいにしかならなくて、いつも悔しく思っているのです・・・(;´ρ`) あれだけすっきりしてると、プレイヤーさんも見やすく印象が伝わりやすいですよね。コツ等あれば知りたいです・・・(-_-;)
TALE@ゆとらいず工房
TALE@ゆとらいず工房座敷猫
2016/11/16 10:00[web全体で公開]
 座敷猫さん、コメントありがとうございます。
 HNは「TALE」ですが、呼び方はどちらでも構いませんよ。(「ゆとらいず工房」はサークル名みたいなつもりではあります)。

「すごい方」なんてとんでもない! わたくし、器用貧乏のしがないよろず屋でございます。
 しかし、そうやって利用してお礼を言っていただけるというのは、作った甲斐があったというもので、たいへん嬉しく思います。ありがとうございます。
(実際のところ自分が楽するために作り始めたツール群ではありますが――……)

 リプレイのほうも、力を入れた作品なのでぜひ読んでいただけると嬉しいですね。かなりのロングキャンペーンなので、読了はちょっと大変かもしれませんが……。
 画面の色彩については貴重な参考意見として受け取っておきます――やっぱり白地に黒字とかの方が見やすいかた結構いらっしゃるのかしら……。

 絵に関するお褒めの言葉も、ありがとうございます! 嬉しいです。
 実を言うとプログラムよりそちらの方が年季が入っていたり……w(その割には力量が――ですが。げふん)
座敷猫
座敷猫TALE@ゆとらいず工房
2016/11/16 00:40[web全体で公開]
初めまして。久しぶりに覗いたら、すごい方が「足あと」残してくださっていてビックリ。お礼のコメントです。
いつも「ゆとシート」さん、利用させていただいております(おりました)。改めまして座敷猫と申します。

キャラシートにモンスターシート、妖精魔法シュミレーターと、ゆとらいず工房さんには、頭が上がりません。
本当に素晴らしいシステムを作ってくださって、ありがとうございます!
特にモンスターシートと妖精魔法シュミレーターは、GMをやっていた身としては本当にありがたかったです。
くどいですが、ありがとうございます。

リンクにあったリプレイサイトを拝見させていただきました。
さすがと言うか、素晴らしいレベルの出来ですね。リプレイは長いのでゆっくりゆっくり読ませていただこうと思います。
(ちょっと画面の色彩で目が疲れるけどw)
ゆとらいず工房さん・・・TALEさん?とお呼びするのが正しいのでしょうか。TALEさんはイラストレーションも描かれるのですね! キャラ設定がや地図の美麗さに惚れ惚れしました・・・w
座敷猫
座敷猫ゆき
2016/11/15 23:29[web全体で公開]
Σ(゜Д゜)あれプレミア価格だったんだ・・・定価かと思ってた(*’-’)
ゆき
ゆき座敷猫
2016/11/15 20:11[web全体で公開]
コメントありがとうございます^^
GMするのは、もうちょっと先の話になりそうなので// ゆっくり準備して行こうと思います。
「ゆうやけこやけ」ルールブック、人気が無いからか、プレミア付いてるみたいですね・・^^;
レアモノになってるみたいでびっくりです~。


座敷猫
座敷猫ゆき
2016/11/15 19:39[web全体で公開]
> 日記:無謀なのか、勇気なのか

最初の一歩は、勇気が必要。だけど、時が来たら気負わず気楽に踏み出してみるといいですよ~( *´-`)

緩くね。気持ちを緩く緩く。ゆきさんならきっと、楽しいセッションを行えますよ~^^

「ゆうやけこやけ」調べてみたけど高かった・・・w 我輩は手が出なさそうです_(._.)_残念。

(*’-’)ノシ

座敷猫
座敷猫鴉山 響一
2016/11/10 16:10[web全体で公開]
重要ですよね。

補正と妥協点を見つけるのがGMひとりになってしまうと完全な苦行になるだろうし。

PLさんにもその感覚が必要になると思います。

TRPGは気軽な遊びに見えて、この部分は結構難しい遊びかな、と思えます・・・。


座敷猫
座敷猫鴉山 響一
2016/11/10 16:06[web全体で公開]
初心者には酷ですよね(;´ρ`)長い間プレイを続けた上での、っていうのが大きいと思う(すっごい好きでデータを読み込んで空想して楽しめる人とか、例外的だったりする方もいらっしゃるかもしれませんがw)ので、初心者の内はゆっくり気軽に、「あ、こんな魔法もあるんだ~」的に楽しむのが良さそうですね。 
鴉山 響一
鴉山 響一座敷猫
2016/11/10 00:59[web全体で公開]
> 日記:おせっかいSW2.0講座「魔法つかい」

こんばんは。はじめまして。
私はSW2.0はホントにさわりを撫でた程度で、本業はCD&D, AD&Dというイニシエ系ゲームばかりしていましたが、魔術師のプレイングに関しては全く同意します。殊に、MP制ではなく、事前に仕込んでおいた魔法しか使えない(充分な睡眠と休息を得た後に時間をかけて花火を仕込んでいくイメージ)ですので、「状況をいかに先読みしておくか」が求められます。まあそれはさておいたとしても、自分のキャラが何ができて何ができないかを把握しておくことは冒険者としては必須ですよね。

その一方で、これら魔法を使いこなすことは、経験とセンスが必要になるので、初心者にいきなりレベルを積んだキャラからスタートさせるのは如何にも酷な仕打ちだとも最近思うのです。キャラクタ同様、プレイヤも同じように経験を積んでいくことができれば、よりバランスの取れたプレイスタイルを積んでいけるのではないか、と。

アーリング
アーリング座敷猫
2016/11/09 22:49[web全体で公開]
> 日記:おせっかいSW2.0講座「魔法つかい」
 ご自身のキャンペの結末が辛かったんだろうな、とは思いますが、最近の日記を読ませていただく限り、やや視野が狭くなっているんじゃないかなあ、と感じました。
 魔法使いに限らず、自PCが「何ができるか」を把握していた方が多彩に動けるとは思いますが、それを重要視しないからと言って楽しくない、というわけでもないと思います。
 セッションで楽しいと思う部分は人それぞれですしね。戦闘ひとつとっても RPを沢山盛りこみたい人もいれば、戦略シミュレーションみたいに数手先までの読みあいが好きな人、時間かかるしなるべく避けたいオマケ要素と考える人もいますし。そのどれもが間違ってるわけでもないし、卓内のみんなが楽しいなら問題もない。

 「いろいろ想定してた方が(座敷猫さん的に)楽しい」とか 「そのプレイスタイルの方が好き!」という主張なら超納得なんですが。

 自分もGMやPLしててつい忘れがちなのですが、自分が「楽しい!」と思うスタイルが、必ずしも他の人にとってそうとは限らないことをちょっと心の隅に置いておかれた方がいいかなー、と思います。
ごん太ん
ごん太ん座敷猫
2016/11/09 18:36[web全体で公開]
> 日記:おせっかいSW2.0講座「魔法つかい」

高レベルになればなるほど、出来ることが増えるキャラをプレイする上で「自分は何ができるのか」を忘れているPLは多いんですよね、よくわかります。

まぁ、実際データ量が増えるからってのもありますが、支援キャラは特にできる事をちゃんと把握しておいてほしいと思う昨今であります。
座敷猫
座敷猫日記
2016/11/09 17:35[web全体で公開]
😶 おせっかいSW2.0講座「魔法つかい」
仰々しいタイトルですね。はい。「何様じゃ!」と思われた方、スルーしてくださいまし(;´ρ`) ゴメンナサイ。

でもちょっと書かずには居られなかった。「11レベル」までウィザードを1年程PLとしてプレイした経験があって、さらにGmでそのレベルを相手して思う事。

えー、まずSW2.0というシステムにおいて、「戦闘」は大抵、外せません。そうゆうゲームだから。

そして「戦闘」において、この手のゲームがよく謳われる「剣と魔法」の字が如く、「魔法」は華です。
(戦闘以外でも大活躍するのがTRPGの素敵なところ)

どう華かと申しますと、「一定状況を操作してしまうチカラ」というのが、実体験感覚でしょうか。
(無論、魔法以外にもこの手の能力はあるが、今回は基本で魔法だけ)

特に、中~高レベル帯、7~11くらいになって来ると、この「魔法」によって状況の変化が顕著になります。
「魔法つかい」を遊ぶPLは、少なくとも「自分のキャラが出来る事」だけでも「ある程度」把握「したい気持ち」が、あったほうが、良いです。
何故かと申せば、Gmがシナリオを作り敵やギミックを配置する際、この「PC勢の使える魔法」をほぼ、確実にある程度は考慮にいれるからです。人によっては入れない方もいらっしゃいますが。多分大抵のGMはそうするかなと。

「魔法つかい」は、派手な攻撃魔法で敵を打ち砕くタイプも多いですが、ウィザード経験が長い故、むしろより重要なのは「様々な魔法による下支え」であると感じます。
実際、シナリオはその下支えを考慮した敵やギミックの組み方をする事は多いです。
GM経験者さんならなんとなく判るかと。

それ故に、高レベルの「魔法つかい」を遊ぶなら、自身の使える魔法のざっとした効果や、使えそうな状況をたまーに「空想する」、使用ルール(深智魔法なら真語・操霊どっちか高い方の魔力で使えちゃうトカ。)の簡単な理解。その上でキャラクター的方向性をきめとく。なんかをしておいた方が、どんなシナリオでも「楽しく」セッションを行え「ます」。
断定ですハイ。
経験上。絶対楽しいですよ。

自分の出来る事を有る程度しっかりイメージ出来ていると、シナリオがどう想定外であっても、そっちにキチンと集中して、その時どきのRPをはっちゃけたりしながらでも、ギミックやイベント、戦闘に充分対処できます。
(デスシナリオを組まれているのでなければw)

何故こんな事を書いてるかって言うと、上記の様な考慮の上で(大抵)GMはシナリオを組むのに対し、上記の様に「『自キャラの出来る事』を殆ど把握していない(なのに『したい事』だけは把握してたり)」PLさんが、高レベルにおいても意外といらっしゃるからです。
「余計なお世話だ」とおっしゃらず。

この場合、高確率でセッションが崩壊するのですから。
GMがシナリオを「PLがPC(自分のキャラ)を判ってない」前提で創らなきゃいけない世界となってしまうからです。

恐るべき苦行なんですコレ。
何故か文句だけは飛んでくる事があるし。

これは「最適解を探させられる」という事ではありません。(←こんな文句)

「自分がちゃんと楽しむ」ための行動です。「やれる事はやっておく」ただそれだけなのです・・・。

なので、「魔法つかい」のプレイヤーを楽しむ皆様、ぜひ、自分のキャラが使える魔法について、あれこれ想像しましょう。そして「楽しく魔法つかい」をプレイして欲しいと思いまする。そして楽しくGMの想定の斜め上をいってあげましょう。
そうすればGMは喜びながらビクンビクン悶絶します。周りもきっと楽しいです。

「こんな事なぞすでに承知の上じゃぜ」な方々、今更な文章でお目汚しいたしました_(._.)_

もしもどなたかの参考になれば、幸いです・・・(´・ω・`)

注)あくまで、「高レベルまで遊んできた」セッションにおいて、の仮定において(実体験もあるけど)の個人的な見解です。
低レベル帯や、あらゆる状況やシナリオで適用されるような「話」ではありません。
そうゆうラインではあまり、気にする必要がない事象であると明記させていただきます…。スルーしてやってください。




いいね! 17
座敷猫
座敷猫日記
2016/11/08 01:47[web全体で公開]
😶 (涙)
ううう、、、。正直「変な日記書いちゃったな・・・」と思っていたのに、いくつかコメントを寄せてもらっている上、皆様、優しい・・・(涙)

どうもありがとうございます(涙)

励みにいたします(涙)


見学かぁ・・・。そういえばそんなシステムも、あったっけね・・・。



いいね! 13
myumikami
myumikami座敷猫
2016/11/06 20:55[web全体で公開]
> 日記:TRPGってなんだろう…
日記を拝見して思わず書き込んでしまいます。
私は幸い、座敷猫さんの仰るような方々と長く遊ぶことはなかったです。
ですので、本当の意味で苦労がわかっているとは言えないと思いますが。
ご苦労様でした。

まずはゆっくりとお休みになられて心身ともに回復するのを待ってはいかがでしょうか。
休んでまた「遊びたいな」と思えたならその時に遊べばよいのだと思います。
言ってしまえばTRPGも趣味の一つでしかないわけで。
やらなければならない、ものだと考える必要はないと思うのです。

ただ今後、またやりたいと思った際にできるのなら。
件の方々との付き合いはもうおやめになり趣味の合う方と遊ばれるようにできるといいですね。 
互いに気遣いのできる楽しい卓に巡り合い心が癒されるといいな、と願っております。

勝手な私見で申し訳ございません。
ただお辛さの幾万分の一でも変わるなら、と思い書き込んでしまいました。
それでは。
カミカゲ
カミカゲ座敷猫
2016/11/06 14:41[web全体で公開]
> 日記:TRPGってなんだろう…

はじめまして!初めてコメントさせていただきますm(_ _)m

GMで人を楽しませるのは本当に難しい事ですよね。ルール、常識、プレイヤーの行動、気持ちの違い、「楽しい」と思うツボの違い…などなど。色々なモノの中で葛藤しなければならないですよね。
それは実はプレイヤーやる時も言える事なのですが・・・

たぶん今は疲れてるんじゃないでしょうか?これを機に他の事へ目を向けてみるべきかもしれません。
TRPGに限らず好きな事が嫌いになると言う事は結構ある事です。
一度思い切って離れて時間をとって見たら、無駄だと今は思ってる2年間も違う見方ができるかもしれません。

どうか「頑張らないで下さい」
このまま変に頑張ってしまうと本当にTRPGが嫌いになってしまうかもしれませんから
garuman
garuman座敷猫
2016/11/06 11:01[web全体で公開]
> 日記:TRPGってなんだろう…

>最近TRPGに関わる事もうんざりしてしまって
ああああああ,やっぱりそうなってしまうのですね。
今まで似たような人を多数見たことがありますが、残念です。


もし、よければ卓にきませんか? (見学でも)
座敷猫さんが思っているのと、全く違うセッションもありますよ。
てっしー
てっしー座敷猫
2016/11/06 09:01[web全体で公開]
> 日記:TRPGってなんだろう…
こんにちは、てっしーといいます。
私はSWをやったことはありませんが、GMさんは大変なんですね。トラウマになるほどワガママになってしまうとは… 自分も気を付けたいと思いました。
ここの人たちは優しい人が多いような気がしますので早く立ち直ってくださいね。
座敷猫
座敷猫日記
2016/11/06 03:04[web全体で公開]
😶 TRPGってなんだろう…
2年におおよぶキャンペーンのGmを頑張ってきましたが、結局のところ、もうぶっちゃけ「PL」の「有り方」(お客様プレイヤー参加。ナメプ。長く続くとこうなるのか?)でGmの心労マックス&PLの顔色伺いつつのシナリオ練り上げ、そして自身が暖めていた物語進行に対する過剰な「攻撃的(悪い意味で)反応」によるPL個人的感情からのシナリオ否定。
これを約2年頑張ってしまったのは、あまりに痛恨だったよう。

辞めれば快復するかな?と思ってた。

でも正直、最近TRPGに関わる事もうんざりしてしまって、あんなに読むのが好きだったルルブやサプリを眺めるのも気持ち悪くなっている様子。

はー・・・・。

好きだったと思ったのになTRPG。今では大好きだったリプレイを読むのも疲れてしまって途中で投げ出す。
最新刊のsw2.0「ウィアードテイルズ」は一風変わってて面白いな、と思ったけど、同時に頭をよぎるのは「キャンペーンで付き合ってきたあのPL達なら、こんな感じのシナリオにしたら導入で非難ごうごうだろうな・・・。」という、やっぱ疲れる気分。読み進めて行く中でも、「ああ、このシナリオ進行したらまた文句ばっか出すだろうなアイツラ」という、少しでも楽しんでいる処に唐突に割り込んでくる記憶と感覚。

トラウマっていうのかなコレ。

今は時々関連サイトを眺めてみたりはするけど、全く食指が動かない。ご一緒してみたいPLさんは何名かいらっしゃるのだけど、自身がキャラクターを作ってRP出来る気がしない。

時々昔のように、シナリオネタが浮かぶけれど、もう、形にしてGMをしてプレイする事が恐怖になっている感じ。

プレイヤーって怖いね。特に机上のデータでばかりモノを言う、プレイ時はなんも考えない(けど自身は正しいと思ってる)プレイヤーさんは、本気で恐怖です(主に半端にベテラン)。関わりたくない。

正直この2年間、恐ろしく無駄にしてきた気持ちに今さいなまれている・・・。

こんなに、PLをする事もGMをする事も恐ろしく感じた事は、過去になかったなぁ・・・。

今は出来るだけ他の事をして、TRPGに関わらないよう努力している・・・。

ふう・・・。

でもこうやって偶にその手のサイトを覗いてしまう、こやって日記とかに気持ちをつづってしまうあたり、捨て切れてないなぁと。

女々しい。

いいね! 11
座敷猫
座敷猫garuman
2016/10/28 16:52[web全体で公開]
> 日記:内輪化

こんにちは。サイトを眺めていたらお見かけしましたので…

TRPGに限らず、あるある、ですよね。

オンラインRPG(デジタル)とかでも、チームのシステム等があれば確かにチームメンバーは楽しいのでしょうが、逆に外には変に閉じて、オンラインなのにまるでオフラインゲームをやっているような気持ちになる時があります・・・w
(チーム未所属)

その時思うのは、ぶっちゃけ「チームシステムって無くて良いんじゃないのかなぁ…」でした。
有ると便利な時は多分あるんですけど、それがあるために、「小さな括り」の範囲に交流が限定されてしまう感じでした。
フレンドも皆チームメンバーとチーム会話でしか会話しなくなる傾向。

TRPGに関して考えれば、キャンペーンなどを行う際はきっと、ある方が便利なんだろうなぁ、と思います。
ただ、それ以外に関しては、多分、「内輪化」の弊害を無くす方法は、存在しないかもしれない。
人は、一定の集合体に囲われていると安心する生き物なので…。
…がんばりすぎないでくださいね。
老婆心のようなコメントになって失礼(;´ρ`)

座敷猫
座敷猫日記
2016/10/26 13:02[web全体で公開]
😶 プレイングと、マスタリング
さてはて、自キャンペーンを通してずっと考えていた事を・・・。

TRPGのキャラクターのプレイングについて、ちょっと徒然なるままに書いてみたい。

まずは「キャラクターのレベルとはなんの為に上げる、上げたいのか」でしょうか。

我輩なんかは、レベルが上がると嬉しい。ナンデ嬉しいかって言うとやっぱり「キャラクターの出来る事が増える」事が嬉しい。
そうすると、出来る事の「幅」が広がるのが楽しい。
「幅」が広がれば、仲間やシナリオのイベント(試練だったりもするw)に対して、即効的(データ的)に行える事が単純に増えるのが嬉しい。
シナリオの難易度に対しても、考えられる「幅」、また「高度な問題への対処法」が増えるのが楽しい。

個人的には、レベルが上がる(スキル制のシステムの場合、スキルの数字なのかな)楽しみは、そこにある、と思っていたりします。
それに応じて、プレイヤーとしても空想・思考・行動選択の「幅」が広がるし。
と、同時に、「広げる必要」もある、と思うんですよー。

何故?と、聞かれれば、「だって10レベルになって、いつまでも『洞窟いって2レベルのゴブリン退治』的なシナリオであり続ける訳がないハズだし」って答えます。

最初は、キャラレベル相応の思考・空想・ノリ・行動選択で、全然楽しんでOKだと思うんですよ~。

ただ、キャラクターのレベルが本当に高くなってくると、そういった楽しみを踏まえつつも、「もっとその幅と奥行きを広げる」のが、必須になってくる。と思う。

それは何故?

それは「いつまでも『洞窟いってゴブリン退治してきて』っていうシナリオにはならないハズだから」ですよね。

GMが居る。
彼(彼女)らは毎回、シナリオを組んで、プレイヤーが遊ぶ場所を提供してくれる。
もちろん、それがGMの楽しみでもあるのです。

で、それはやっぱり、プレイヤーがどうゆう風に遊びたいか、も考えるけど、同時に「GMがどう楽しみたいか、そして『これ面白そうだな!』って思うシナリオを遊びたい」っていうのがあるからだと思う。

その時に大きく「PLとGMの楽しさの間の調整=どっちも面白いと思えるようなシナリオにしたい!」という目的・作製行動の指針になるのが、選ぶゲームのシステムにもよるかもしれないけれど、基本的には「プレイヤーキャラクターのレベル・能力水準」だと思うんですよ。

それゆえに、ちょっと先の部分に戻りまして、プレイヤーのプレイングの「キャラクターのレベルが本当に高くなってくると、思考・空想・ノリ・行動選択の「幅と奥行きを広げる」のが、必須になってくる。」という事だと思う次第。

つまり、「3レベルなら、とにかく殴るしかない」から、「10レベルにもなっている。相手も結構強いのが出る。ここは豊富な支援をあらかじめ使っておいてから、戦闘に入ろう。GM、OK?」っていう感じへの、シフトチェンジ、プレイング自体のレベルアップが望まれるという事ですよね。

それは何故?

そう、また戻りますが、「Gmがシナリオ作製をする際に、基本的には『プレイヤーキャラクターのレベル・能力水準』を考慮しなければいけない」からなんですよね。

「洞窟へゴブリン退治」のシナリオを10レベルまでもっていけば、ただひたすらに「上がったレベル数値で押しつぶすだけの簡単なおしごと♪」というただの作業になるという、ちょっとシナリオを作っている人にとってはツマラナイ事になっていくからですね。
(一部、それがひたすら好きなプレイヤーもいるようですが)

「10レベルかぁ。皆成長したなー。よし、今回はソレにふさわしい、熱い展開を用意して、10レベルっていう熟練者にふさわしいシナリオ(戦闘含む)を頑張ってもらおう!ワクワク」となっていく訳なんですよ。GMっていうものは。
そして、それに見合った準備やシナリオ作製、ギミックや進行もマスタリングとなる訳で。
シナリオ中の情報の出し方も、やっぱり「10レベル」に見合ったものにしないと、ある意味「育ったプレイヤーとキャラクター」をバカにしている、という事になっちゃう訳で。
それなりに、GMもマスタリングのレベルを「10レベル」にシフトチェンジしないと・・・!と頑張る次第なのですね。

これが、ごく自然なTRPGのキャンペーンにおける、PLとGMの変化、もしくは「成長」なんだと、我輩考えております。

そうでないと、キャンペーンという形でキャラクターを育てて、物語をどんどん紡いでいく事の「伸びていく広がっていく楽しさ」というモノが出てこない。

そんな事を考える。
いいね! 16
座敷猫
座敷猫鷹羽りゅうら
2016/10/23 14:32[web全体で公開]
(´∇`)ありがとう~ 結構ダメージは深刻だったようで、少しづつ実感してるところです。。。w

「思っていたより(ずっと堪えていた)」っていうのは、本当あるもんですね。

RPGでも、「まだいける、は、もう危ない、だ」という言葉もあるしね・・・w

「ちゃぶ台返すの、早まったかなぁ」という思いがチラッとよぎって口にでたりしますが、話を(リアルで)よく聞いてくれていた家人の話では、「それ、やっと『そうやって見れる』余裕が戻ってきたって事だよ。辞めたから」という感じだそうで。

あーなるほどなー、と思っているところです。
鷹羽りゅうら
鷹羽りゅうら座敷猫
2016/10/23 09:27[web全体で公開]
ありがとうございます。
本当に、怖いですね。。。
雷は私も結構平気なんですがねぇ・・・ワクワクするっていうか(オイ)
地震は半端ないので、やっぱり怖いですね・・・・。

追記:ちゃぶ台ひっくり返しましたか、本当に、お疲れ様でした(><)
今は少し休んで癒されて、活力をチャージしてくださいな。
また復活した折には、よろしければお誘いくだされば馳せ参じますですよ(^^)


座敷猫
座敷猫鷹羽りゅうら
2016/10/22 23:58[web全体で公開]
> 日記:地震

地震こわい地震こわい地震こわい・・・((((;゜Д゜)))

雷はまだいい。けど地震はほんとうにいやだー・・・。

早く復旧されると良いですね、お友達。 地震こわい地震こわい・・・。
座敷猫
座敷猫garuman
2016/10/22 23:56[web全体で公開]
その際は本当に、どうもありがとうございました。
お誘いもありがとうございます。

卓が週に5回!? 多っ!!ww

やっぱり、それなりにダメージはありますw 言わずには終われない所もあったので、綺麗な終わり方にはなりませんでしたから。仕方が無いと割り切ってはいます。
こう、潰してから思い返せば、ストレスになっている事がわんさか。やー、よくもまぁ無理をしたものです。
随分ズタボロになっていましたねぇ・・・。

TRPGはしばし休息して、それからですね。リプレイ読んだりGMサプリ遊んだり、PSO2でも遊んだりしながら。
まずは自分の中のSW2.0やTRPGの「楽しい、楽しい」を取り戻したい感じです。

我輩「ゆとシート」が使いやすく気に入っていて、もっぱらそれでキャラクターを作ります。
おんせん、ではこれをあまり使っている方を見かけませんね・・・。
大丈夫なのかなー。カナー。w
座敷猫
座敷猫鷹羽りゅうら
2016/10/22 03:36[web全体で公開]
再コメントありがとうです!

ほんと、そうですね。

なので、しっかり決めて、ちゃぶ台、ひっくり返してきましたw

本当。戦闘とかみてても、「おんぶにだっこ」なんて出来るか!と言いたくなっていました。で、言ってきましたw

10レベル近辺(経験点的には10~12レベル分、成長回数も)のキャラクター使ってるPLなのに、「こうしておいたほうがいいんじゃない?」とか「あの情報を考慮して戦闘開始したほうがいいんじゃ・・」とか、いちいちGMからアドバイスしなきゃいけないとか、アルワケアルカー!ヽ(`Д´)ノ という感じですね・・・w 自分達で考えてといい加減・・w与えるものは与えているのに・・・wちょっと強そうだと「詰んだ」を連発するしね・・・wもうねwやる事やってもいないのに(汗)

イロイロな方が、ご意見をくださって、「これも一つの選択で、ありなんだな」と、お陰で思えています。
少し休んで、「この人たちと、このキャンペーン紡いでいきたい」と思えるPLさん達と、またこのシナリオ(クリンナップして)使ってみたいなと思います。

ありがとう!(´∇`)
座敷猫
座敷猫ウィル
2016/10/22 03:17[web全体で公開]
初めまして。コメントありがとうございます。

もう、ほぼウィルさんのコメントくださったのと同じ状態でありました。
「PL達に出会いやイベントを与えますし、時には厳しい試練だって与えます。
シナリオを考えるのは楽しさ半分苦しさ半分であり、『此処の罠に掛けてピンチにさせよう』『此処ではこのPCの見せ場を作ろう』などと一生懸命に考えるものですよね。」
まさに、その通り。
「TRPGでのGMの役割は『ゲームの負担を全て請け負うゴミ箱』ではありません。
キツい言葉を使うなら、GMとPLが対等に楽しめないような状況はクソです。TRPGやってる意味がありません。
どうも最近GMをネットゲームのサーバと勘違いする輩が多いようですが、GMだって人間なんです。
キレたら投げていいんです。PLに媚びなくていいんです。」

まるで味方をしてくれる人が出来たみたいで、嬉しかったです!
媚びずに、きっちりキレて潰してきました。
このコメントを見る前ですがw
でも、「ああ、そうだよな。そうしたって良いんだ。」と思えました。
本当にありがとうございました!


ウィル
ウィル座敷猫
2016/10/21 20:59[web全体で公開]
私が言いたい最も大きなことは、『GMが全てを背負う責任など無い』と言う事です。
GMはそのシナリオ中は神様です。PL達に出会いやイベントを与えますし、時には厳しい試練だって与えます。
シナリオを考えるのは楽しさ半分苦しさ半分であり、『此処の罠に掛けてピンチにさせよう』『此処ではこのPCの見せ場を作ろう』などと一生懸命に考えるものですよね。
でも、そんな風に懸命に練り上げたシナリオを嫌々プレイされて嫌な気分になるくらいなら、ブチ壊してしまいましょう。

先ほど申し上げた通りGMは『神』です。
我慢が限界を越えたなら、その世界(シナリオ)を消してしまっても良いんです。
TRPGでのGMの役割は『ゲームの負担を全て請け負うゴミ箱』ではありません。
キツい言葉を使うなら、GMとPLが対等に楽しめないような状況はクソです。TRPGやってる意味がありません。
どうも最近GMをネットゲームのサーバと勘違いする輩が多いようですが、GMだって人間なんです。
キレたら投げていいんです。PLに媚びなくていいんです。
だって『神様』なんだから。

長々とお目汚し失礼しました<(_ _)>
ウィル
ウィル座敷猫
2016/10/21 20:51[web全体で公開]
> 日記:うーん。
はじめまして、コメント失礼いたします。
自分はこの温泉へ流れ着く前にオフセでPLとしてもGMとしてもかなりのストレスを受けていました(主に一人のせいなのですが)
GMに絞って言えば、少しでも不利になった瞬間に喚き散らして投げやりになるPL
想定外の事態が起きただけでGMを吟遊と罵るPL etc……
座敷猫さんと全く同じではありませんが、GMとしてのストレスというのは非常に厳しいと言うのも少しは分かっているつもりです。

最終的に私が辿り着いたのは、『GMは神様である』という結論です。
勿論吟遊GMやGM強権を乱用してTRPGをつまらなくするGMを肯定するものではありません。
PL達が遊んでいるシナリオはGMと言う名の『神』がPL達の為に用意したものです。
誤解の無いように言っておきますと、『だからGM様を敬え!媚びろ!』などと言うつもりは決してありません。
座敷猫
座敷猫ナガネコ
2016/10/21 14:42[web全体で公開]
重ねて、お礼申し上げます。2度目のコメントで自身の決断に、少し勇気がもてました。

本当にありがとうございました!

過去のタイムラインを見る